名は幸綱

歴史上の偉人

田中如山について

田中如山について 田中如山の生涯 田中如山は、1900年(明治33年)1月1日、石川県金沢市に生まれました。本名は田中房雄(たなか・ふさお)です。父は田中雪堂(たなか・せつどう)、母は田中チヨです。 田中如山は、5歳の時に父を亡くし、母と祖父母に育てられました。10歳の時に、金沢市立第二中学校に入学し、その後、石川県立第四高等学校(現・石川県立小松高等学校)に進学しました。 石川県立第四高等学校卒業後は、東京帝国大学工学部建築学科に入学しました。1925年(大正14年)に東京帝国大学を卒業し、逓信省に入省しました。逓信省では、電話交換機の設計や開発に従事しました。 1930年(昭和5年)に、田中如山は逓信省を退職し、日本電気株式会社に入社しました。日本電気株式会社では、電話交換機の製造や販売に従事しました。 1945年(昭和20年)に、田中如山は日本電気株式会社を退職し、田中通信工業株式会社を創業しました。田中通信工業株式会社は、電話交換機の製造や販売を行う会社でした。 1950年(昭和25年)に、田中如山は田中通信工業株式会社を日本電気株式会社に売却しました。その後、田中如山は、日本電気株式会社の顧問を務めました。 1970年(昭和45年)に、田中如山は勲三等旭日中綬章を受章しました。 1975年(昭和50年)に、田中如山は死去しました。享年75。