名古屋大学

研究者

– 続有恒

教育心理学における科学的方法論の確立 20世紀の初頭、教育心理学は、徐々に科学的な研究方法論を取り入れ始めました。この動きは、ジョン・デューイやエドワード・ソーンダイクなどの心理学者によって主導されました。デューイは、教育は「経験的な過程」であり、科学的方法によって研究されるべきであると主張しました。ソーンダイクは、学習は「習慣の形成」であり、実験的方法によって研究されるべきであると主張しました。 これらの心理学者たちの努力によって、教育心理学は、科学的な研究方法論を確立し、心理学の他の分野と同様の厳密な学問分野となりました。このことは、教育心理学の研究成果を、教育実践に適用することを可能にしました。 例えば、ソーンダイクの学習に関する研究成果は、教育方法の改善に役立てられました。ソーンダイクは、学習は、反復練習によって強化され、誤りは罰によって抑制されることを明らかにしました。この研究成果は、教師が、生徒に学習内容を反復練習させ、誤りを罰する教育方法を採用するようになりました。 デューイの教育に関する研究成果は、カリキュラムの開発に役立てられました。デューイは、カリキュラムは、生徒の経験や興味に基づいて構成されるべきであると主張しました。この研究成果は、教師が、生徒の経験や興味に基づいたカリキュラムを開発するようになりました。 教育心理学における科学的方法論の確立は、教育心理学の研究成果を教育実践に適用することを可能にし、教育の質の向上に貢献しました。
研究者

宮本憲一 – 昭和後期から平成時代の経済学者

# -財政学と地域経済論の専門家- 宮本憲一は、財政学と地域経済論の専門家であり、昭和後期から平成時代にかけて活躍した経済学者です。1928年(昭和3年)に山口県に生まれ、東京大学経済学部を卒業後、同大学院で経済学を学びました。1955年(昭和30年)に東京大学経済学部助教授となり、1965年(昭和40年)に同大学教授に昇進しました。1989年(平成元年)には東京大学を退官し、名誉教授となりました。 宮本憲一は、財政学と地域経済論の分野において、数多くの業績を残しました。財政学の分野では、地方財政の理論と実態を研究し、地方財政の改革に貢献しました。地域経済論の分野では、地域経済の構造と発展を研究し、地域経済の活性化策を提言しました。 宮本憲一の研究は、財政学と地域経済論の分野の発展に大きく貢献しました。また、宮本憲一は、東京大学経済学部長や日本経済学会会長などの要職を歴任し、経済学の発展に貢献しました。 宮本憲一は、2016年(平成28年)に88歳で死去しました。
研究者

近藤孝男:植物生理学の権威

- 近藤孝男植物生理学の権威 -# 植物の「時計」の研究で知られる生物学者 近藤孝男は日本の植物生理学者で、京都大学名誉教授である。植物の「時計」の研究で知られ、2017年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。 近藤は1943年、京都府に生まれた。京都大学農学部を卒業後、同大学院に進学し、植物生理学を専攻した。1971年に博士号を取得後、京都大学農学部に助手として着任した。1981年に准教授、1989年に教授に昇進した。2009年に京都大学を退官し、現在に至る。 近藤の研究は、植物の「時計」の解明に焦点を当てている。植物は、太陽の光を浴びると、体内で時計遺伝子の発現が変化する。この時計遺伝子の発現は、植物のさまざまな活動のリズムを制御している。近藤は、時計遺伝子の発現を制御するメカニズムの解明に成功し、植物の「時計」のしくみを明らかにした。 近藤の研究は、植物の生理学の理解を深めるだけでなく、人間の体内時計の研究にも貢献している。人間の体内時計も、時計遺伝子の発現によって制御されている。近藤の研究は、人間の体内時計のしくみを解明し、睡眠障害や時差ぼけなどの治療法の開発に役立つことが期待されている。 近藤の研究は、国際的に高く評価されており、多くの賞を受賞している。2017年には、ノーベル生理学・医学賞を受賞した。近藤は、日本の植物生理学者として初めてノーベル賞を受賞した。
作家

新村猛の多彩な人生と作品

- 新村猛の生い立ちと経歴 新村猛は、1920年(大正9年)に大阪で生まれました。幼少期は、大阪で過ごします。父は裁判所の役人で、家は中産階級の家庭でした。 新村は、大阪市立天王寺中学校(現・大阪市立天王寺高等学校)に進学します。中学校時代は、テニス部に所属し、スポーツに熱中していました。また、文芸部にも所属し、短歌や俳句を詠んでいました。 1939年(昭和14年)に、東京帝国大学(現・東京大学)の英文科に入学します。大学時代は、演劇部に所属し、俳優として活躍していました。また、文芸部にも所属し、小説や戯曲を書いていました。 1943年(昭和18年)に、東京帝国大学を卒業します。卒業後は、毎日新聞社に入社します。毎日新聞社では、記者として働きます。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結します。新村は、毎日新聞社を退社し、作家として独立します。 1946年(昭和21年)、最初の小説『春の雪』を発表します。『春の雪』は、戦後の混乱期を背景に、若者たちの恋愛や友情を描いた小説です。『春の雪』は、大きな反響を呼び、新村は一躍人気作家となります。 1947年(昭和22年)、『第二の接吻』を発表します。『第二の接吻』は、戦後の新しい時代を生きる若者たちの生き方を描いた小説です。『第二の接吻』も大きな反響を呼び、新村はますます人気作家となります。 1948年(昭和23年)、『細雪』を発表します。『細雪』は、京都の老舗呉服店を舞台に、四姉妹の生き方を描いた小説です。『細雪』は、新村の代表作であり、日本文学史上屈指の名作として高く評価されています。 新村は、その後も精力的に活動を続け、多くの小説や戯曲を発表しました。1991年(平成3年)に、脳梗塞で倒れ、半身不随となります。しかし、それでも執筆活動を続け、1996年(平成8年)に『音に聞けば』を発表します。『音に聞けば』は、新村の最後の小説となりました。 新村は、1997年(平成9年)に、77歳で死去しました。新村は、日本の近代文学に多大な貢献をした作家として、現在でも高く評価されています。
研究者

佐藤知雄:鉄鋼中の炭化物研究で学士院賞を受賞した金属工学者

-佐藤知雄の生涯と業績- -鉄鋼中の炭化物研究で学士院賞を受賞した金属工学者、佐藤知雄氏が亡くなった。(享年94歳)- 佐藤知雄は1928年、福岡県に生まれた。九州帝国大学工学部冶金学科を卒業後、八幡製鉄所に入社し、製鉄技術の研究開発に従事した。1965年に九州大学工学部鉄鋼学科に転じ、教授に就任。1989年に定年退職後は、九州大学名誉教授として研究を続けた。 佐藤氏の研究は、鉄鋼中の炭化物に関するもので、特に、炭化物の生成と成長のメカニズムを明らかにした「佐藤-サンスチング理論」は、鉄鋼材料の熱処理や鋳造など、さまざまな分野で広く応用されている。佐藤氏は、この業績により、1976年に日本鉄鋼協会賞、1978年には学士院賞を受賞している。 佐藤氏の研究は、鉄鋼材料の製造技術や品質向上に大きく貢献し、日本の鉄鋼産業の発展に寄与した。佐藤氏は、2023年3月15日に肺炎のため、福岡県内の病院で死去した。 佐藤氏の訃報を受け、鉄鋼業界や学界からは、佐藤氏の研究を称賛するコメントが相次いだ。 鉄鋼協会会長の渡部和行氏は、「佐藤氏の研究は、鉄鋼材料の熱処理や鋳造などの分野に大きな影響を与え、日本の鉄鋼産業の発展に貢献した。佐藤氏の逝去は、鉄鋼業界にとって大きな損失である。」と述べた。 九州大学工学部鉄鋼学科の教授である鈴木一雄氏は、「佐藤先生は、鉄鋼材料の研究の第一人者であり、その研究は、日本の鉄鋼産業の発展に大きく貢献した。佐藤先生の逝去は、鉄鋼業界にとって大きな損失である。」と述べた。 佐藤氏の功績は、鉄鋼業界や学界において長く語り継がれることだろう。
経済分野で活躍した人

鈴木亨市 – 銀行家であり、名古屋商工会議所会頭を務めた人物

- 鈴木亨市の生涯 -# 生い立ちと銀行家としての活躍 鈴木亨市は、1878年(明治11年)1月4日、愛知県名古屋市に生まれました。父は、名古屋の豪商であった鈴木伊勢松、母は、鈴木なかでした。鈴木亨市は、7人兄弟の6番目として生まれ、幼い頃から商人としての素質を発揮しました。 鈴木亨市は、1903年(明治36年)に名古屋商業学校(現在の名古屋大学経済学部)を卒業後、東京高等商業学校(現在の一橋大学)に進学しました。東京高等商業学校卒業後は、名古屋の実業家である伊藤次郎左衛門の経営する株式会社伊藤商店に入社しました。 伊藤商店では、鈴木亨市の才能はすぐに開花し、伊藤次郎左衛門の信頼を得て、若くして重役の座に就きました。伊藤商店では、鈴木亨市は銀行業務を担当し、その手腕を発揮しました。 1912年(明治45年)、鈴木亨市は伊藤商店を退職して、名古屋銀行を設立しました。名古屋銀行は、鈴木亨市が頭取を務め、名古屋の有力な銀行として成長しました。 -# 名古屋商工会議所会頭として 1925年(大正14年)、鈴木亨市は名古屋商工会議所会頭に就任しました。名古屋商工会議所会頭としては、名古屋市の経済発展に尽力しました。 鈴木亨市は、名古屋市の産業界の発展を図るため、名古屋商工会議所内に「名古屋産業振興会」を設置しました。名古屋産業振興会は、名古屋市の産業振興に関する調査研究を行い、名古屋市の産業発展に貢献しました。 また、鈴木亨市は、名古屋商工会議所の会頭として、名古屋市のインフラ整備にも尽力しました。名古屋商工会議所の会頭在任中に、名古屋港の建設や名古屋鉄道の開通などが実現しました。 -# 死去 鈴木亨市は、1945年(昭和20年)8月14日、名古屋市で死去しました。享年67歳でした。鈴木亨市の死は、名古屋市の経済界に大きな損失を与えました。 -# 功績 鈴木亨市は、名古屋の経済発展に多大な貢献をした人物です。鈴木亨市は、名古屋銀行を設立して名古屋の金融界の発展に貢献し、名古屋商工会議所会頭として名古屋市の産業振興やインフラ整備に尽力しました。鈴木亨市の功績は、今日でも名古屋の発展の礎となっています。
研究者

宇都宮清吉 – 昭和-平成時代の東洋史学者

- 宇都宮清吉の生涯 宇都宮清吉は、1904年に東京で生まれた。東京帝国大学史学科を卒業後、同大学院に進学し、東洋史学を専攻した。1930年に東京帝国大学助教授となり、1938年に同大学教授に昇進した。1962年に定年退官し、名誉教授となった。1985年に死去した。 宇都宮清吉は、中国史研究の第一人者であり、中国古代史、中国近現代史、中国思想史など幅広い分野で研究を行った。特に、中国古代史の研究においては、甲骨文字や金石文などの資料を駆使して、中国古代の社会や文化を解明する先駆的な業績を残した。また、中国近現代史の研究においては、日中関係史や中国共産党史などについて論考を発表し、中国近現代史の理解に大きな貢献をした。 宇都宮清吉は、研究者としての業績だけでなく、教育者としての功績も顕著である。東京帝国大学や東京大学で教鞭を執り、多くの学生を指導した。また、日本東洋史学会の会長を務めるなど、東洋史学の発展に尽力した。 宇都宮清吉は、中国史研究の第一人者として、中国史学の発展に大きな貢献をした。また、教育者としても多くの学生を指導し、東洋史学の発展に尽力した。
研究者

「岩村秀」

- 岩村秀 -# 岩村秀の業績 岩村秀氏は、日本の実業家であり、株式会社メルカリの創業者兼代表取締役社長である。1989年8月1日生まれ、東京都出身。2013年にメルカリを設立し、2018年には東京証券取引所マザーズ市場に上場。2020年には東京証券取引所第一部に市場変更した。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことである。メルカリは、2013年にサービスを開始し、2018年には月間利用者数が1,000万人を突破。2020年には月間利用者数が2,000万人を突破し、世界最大のフリマアプリとなった。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことだけでなく、メルカリを日本のユニコーン企業に成長させたことでもある。ユニコーン企業とは、創業から10年未満で評価額が10億ドル(約1,000億円)を超える企業のことである。メルカリは、2018年10月に評価額が10億ドルを超え、日本のユニコーン企業となった。 岩村氏の業績は、メルカリを世界最大のフリマアプリに成長させたことと、メルカリを日本のユニコーン企業に成長させたことの2点である。岩村氏の業績は、日本の経済界に大きな影響を与え、岩村氏自身も日本の経済界を代表する人物となった。
研究者

塩野谷祐一 – 経済倫理

-塩野谷祐一の略歴- 塩野谷祐一は、日本の経済学者、僧侶、社会運動家。1950年、東京都生まれ。1972年、東京大学経済学部卒業。1974年、東京大学大学院経済学研究科博士課程中退。 1974年、曹洞宗の僧侶となる。1979年、東京大学経済学部非常勤講師となる。1981年、東京大学大学院経済学研究科非常勤講師となる。 1984年、東京大学経済学部助教授となる。1989年、東京大学経済学部教授となる。2015年、東京大学を定年退職。 2015年、曹洞宗の僧侶を辞める。2016年、立命館大学客員教授となる。2017年、立命館大学名誉教授となる。 塩野谷祐一の専門分野は、経済倫理、社会経済学、公共経済学である。経済倫理の分野では、経済活動と倫理の関係について研究している。社会経済学の分野では、社会問題と経済政策の関係について研究している。公共経済学の分野では、公共政策と経済効果の関係について研究している。 塩野谷祐一は、経済倫理の重要性を訴えている。経済活動は、倫理的な規範に従って行われるべきだと考えている。また、社会問題と経済政策の関係については、社会問題を解決するために経済政策を活用することが必要だと考えている。公共政策と経済効果の関係については、公共政策の効果を検証することが重要だと考えている。 塩野谷祐一は、著書や論文で、経済倫理、社会経済学、公共経済学の分野に多くの貢献をしている。また、社会運動にも積極的に参加しており、経済正義の実現を目指して活動している。
研究者

依田新の生涯と心理学への貢献

依田新の経歴と業績 依田新は、1914年(大正3年)に東京府で生まれました。1937年(昭和12年)に東京帝国大学文学部哲学科を卒業し、1941年(昭和16年)に東京帝国大学大学院文学研究科博士課程を修了しました。その後、東京帝国大学文学部助手、東京教育大学助教授、東京大学教授などを歴任し、1977年(昭和52年)に定年退官しました。 依田新は、心理学の分野で多くの業績を上げました。その中でも特に著名なのが、1954年(昭和29年)に発表した「行動の心理学」です。この著作は、心理学の分野に大きな影響を与え、行動主義心理学の普及に貢献しました。また、依田新は、1960年(昭和35年)に発表した「知覚の心理学」でも知られており、この著作は、知覚心理学の分野に大きな影響を与えました。 依田新の心理学への貢献は、行動主義心理学と知覚心理学の分野において特に顕著です。行動主義心理学は、人間の行動を客観的に観察し、その原因を探求する学問であり、知覚心理学は、人間の感覚器官が外界の情報をどのように知覚しているかを研究する学問です。依田新は、これらの分野において、多くの業績を上げ、心理学の発展に貢献しました。
研究者

– 増井清

- 増井清 -# 増井清の生涯 増井清は、1907年(明治40年)4月7日に、青森県北津軽郡金木町(現・五所川原市)で生まれた。父は増井清作、母は増井てう。増井家は代々呉服商を営んでおり、裕福な家庭だった。 増井は、金木尋常小学校を卒業後、青森県立青森中学校(現・青森県立青森高等学校)に進学した。中学校時代は、野球部に所属し、投手として活躍した。 1925年(大正14年)に、青森中学校を卒業後、東京帝国大学経済学部に進学した。大学時代は、東京六大学野球連盟に加盟する東京帝国大学野球部で活躍し、4年生の時には主将を務めた。 1930年(昭和5年)に、東京帝国大学を卒業後、日本銀行に入行した。日本銀行では、調査局に配属され、経済情勢の分析や金融政策の立案に携わった。 1937年(昭和12年)に、日本銀行を退職し、横浜正金銀行に入行した。横浜正金銀行では、調査部次長や調査部長を歴任し、戦後の日本の経済復興に貢献した。 1949年(昭和24年)に、横浜正金銀行を退職し、日本銀行総裁に就任した。日本銀行総裁としては、金融引き締め政策を実施し、戦後のインフレを抑制した。 1956年(昭和31年)に、日本銀行総裁を辞任した。その後は、日本経済研究センター理事長や日本銀行政策委員会委員などを歴任した。 1990年(平成2年)11月29日、東京都渋谷区で死去。享年83。
研究者

「大澤省三」

-「大澤省三」- -*昭和後期-平成時代の分子生物学者-* 大澤省三は大正10年(1921年)7月10日、愛知県知多郡横須賀町(現・知多市)に生まれる。昭和17年(1942年)、愛知県立第一中学校(現・愛知県立旭丘高等学校)卒業。昭和21年(1946年)、名古屋大学理学部化学科卒業。昭和27年(1952年)、名古屋大学大学院理学研究科博士課程修了。 昭和28年(1953年)から名古屋大学理学部助手、昭和31年(1956年)、名古屋大学助手として、ウサギの表皮の培養細胞を用いた研究を行い、ウサギ乳頭腫ウイルスによる細胞増殖の亢進を発見した。 昭和38年(1963年)、名古屋大学理学部教授に就任。昭和40年(1965年)、アメリカ国立がん研究所の客員研究員として、ウサギウイルス肉腫ウイルスによる細胞増殖の亢進を研究した。 昭和43年(1968年)、名古屋大学理学部長に就任。昭和45年(1970年)、財団法人癌研究会理事長に就任。昭和46年(1971年)、日本学術会議会員に選出。 昭和48年(1973年)、名古屋大学学長に就任。昭和51年(1976年)、紫綬褒章を受章。昭和52年(1977年)、財団法人日本癌学会理事長に就任。昭和53年(1978年)、勲二等瑞宝章を受章。 昭和54年(1979年)、名古屋大学退官。昭和55年(1980年)、財団法人癌研究会総裁に就任。昭和57年(1982年)、文化功労者に選出。昭和58年(1983年)、東京大学理学部教授に就任。昭和59年(1984年)、日本学士院会員に選出。 昭和62年(1987年)、東京大学退官。昭和63年(1988年)、財団法人癌研究会総裁に再任。平成2年(1990年)、勲一等旭日大綬章を受章。平成4年(1992年)、財団法人癌研究会総裁を退任。平成6年(1994年)、歿。 大澤省三は、ウサギの表皮の培養細胞を用いた研究を行い、ウサギ乳頭腫ウイルスによる細胞増殖の亢進を発見した。また、アメリカ国立がん研究所の客員研究員として、ウサギウイルス肉腫ウイルスによる細胞増殖の亢進を研究した。さらに、名古屋大学理学部長、学長、財団法人癌研究会理事長、総裁などを歴任し、日本の分子生物学の発展に貢献した。
歴史上の偉人

大久保利謙→ 日本史学に多大な貢献をした学者の生涯

卓越した学者 大久保利謙の軌跡 大久保利謙は、日本史学の発展に多大な貢献をした歴史学者であり、その業績は高く評価されています。 1925年、新潟県に生まれた大久保利謙は、東京大学文学部国史学科に進学し、日本史学を専攻します。大学卒業後は、東京大学大学院に進学し、日本史学の研究を続けます。1955年、東京大学大学院博士課程を修了し、博士号を取得しました。 その後、大久保利謙は、東京大学文学部助教授、教授を務め、1972年に東京大学文学部長に就任しました。1978年には、東京大学総長に就任し、4年間務めました。また、大久保利謙は、日本史学会会長、日本学士院会員、文化功労者など、数多くの栄誉を授与されました。 大久保利謙は、日本史学の分野で数多くの業績を残しており、その中でも特に有名なのが、「日本中世史の研究」です。大久保利謙は、中世日本における政治制度、社会構造、文化などを研究し、中世日本の歴史を体系的に解明しました。また、大久保利謙は、「日本史学の方法論」についても研究しており、日本史学の研究方法を確立することに貢献しました。 大久保利謙は、日本史学の分野で多大な貢献をした卓越した学者であり、その業績は高く評価されています。大久保利謙の研究は、日本史学の発展に大きな影響を与え、現在でも多くの歴史学者によって研究されています。
研究者

折原浩→ 社会学における偉大な思想家

-折原浩の生い立ちと経歴- 折原浩は、1942年に愛知県碧南市に生まれた。愛知県立碧南高等学校を卒業後、名古屋大学経済学部に進学。在学中に社会学に興味を持ち、卒業後は同大学の大学院社会学研究科に進学した。 大学院在学中に、社会学の大家である西川潤教授の指導を受け、社会学の理論と方法を学ぶ。1970年に大学院を修了し、愛知大学経済学部に助手として着任した。 1975年に愛知大学経済学部助教授に昇進。1980年に教授に昇進し、1993年に学部長に就任。1997年に大学院社会学研究科長に就任し、2003年に退任した。 折原浩は、社会学の分野で数多くの研究成果を上げ、社会学の理論と方法の進歩に貢献した。また、社会学の普及と啓蒙にも努め、多くの一般向け書籍を執筆した。 折原浩は、2019年に逝去したが、その業績は社会学の分野で高く評価されている。折原浩の思想は、多くの社会学者に影響を与え、社会学の発展に大きく貢献した。 折原浩の主な著書には、以下のものがある。 * 『社会学入門』(有斐閣、1980年) * 『現代社会学の潮流』(有斐閣、1985年) * 『社会変動と社会理論』(有斐閣、1990年) * 『社会学の理論と方法』(有斐閣、1995年) * 『社会学の冒険』(有斐閣、2000年)
研究者

天野郁夫:日本の高等教育を研究した教育学者

# 「人名辞典-天野郁夫」 - 天野郁夫 天野郁夫は、1925年10月12日に大阪府で生まれ、2016年12月27日に東京都で亡くなった日本の教育学者です。専門分野は、高等教育論、生涯教育論、教育政策研究、教育行政学であり、日本の高等教育の研究に大きな貢献をしました。 天野郁夫は、1949年に大阪大学法学部を卒業後、1951年に大阪大学大学院教育学研究科修士課程を修了しました。その後、1954年に大阪大学大学院教育学研究科博士課程を修了し、教育学博士の学位を取得しました。 天野郁夫は、1954年に大阪大学教育学部に助手として採用され、1959年に大阪大学教育学部助教授に昇進しました。1964年に大阪大学教育学部教授に昇進し、1971年に大阪大学教育学部長に就任しました。1973年からは、大阪大学学長を務めました。 天野郁夫は、1979年から1983年まで、日本教育学会会長を務めました。その後、1983年から1987年まで、日本私立大学連盟会長を務めました。また、1987年から1991年まで、日本学術会議会員を務めました。 天野郁夫は、日本の高等教育の研究に大きな貢献をした教育学者でした。天野郁夫の研究は、日本の高等教育の現状と課題を明らかにし、日本の高等教育の改革に大きな影響を与えました。天野郁夫の研究は、日本の高等教育の研究の発展に大きく貢献しました。
研究者

ノーベル物理学賞受賞者 – 天野浩

-天野浩の生い立ちと経歴- 天野浩は、1950年に静岡県清水市(現・静岡市清水区)で生まれました。幼い頃から理系に興味を持っており、小学校では科学クラブに入っていました。中学生になると、電子回路やトランジスタに興味を持ち始め、独学でラジオやアンプを製作するようになりました。 高校卒業後は、東京工業大学に進学し、電子工学科に入学しました。大学院を卒業後、浜松ホトニクス株式会社に入社し、半導体レーザーの研究開発に従事しました。 1985年、天野浩は青色発光ダイオード(LED)の開発に成功しました。青色LEDはそれまで実現が困難とされていたもので、その開発は大きな注目を集めました。1993年には、赤色LEDと緑色LEDを組み合わせた白色LEDの開発にも成功しました。 白色LEDは、従来の電球や蛍光灯に比べて消費電力が少なく、長寿命で、環境にも優しいという特徴を持っています。そのため、照明器具やディスプレイ、自動車のヘッドライトなど、さまざまな分野で広く使用されるようになりました。 2014年、天野浩は青色LEDの開発を評価され、赤﨑勇、中村修二とともにノーベル物理学賞を受賞しました。天野浩は、青色LEDの開発を通して、世界をより明るく、より持続可能なものにすることに貢献しました。 天野浩は、現在でも半導体レーザーの研究開発を進めており、新しい半導体デバイスの開発を目指して日々研究を続けています。
研究者

竹市雅俊 – 細胞生物学者

細胞接着因子カドヘリンの発見 竹市雅俊は、1983年に細胞接着因子カドヘリンを発見し、細胞接着の研究に大きな貢献をした。カドヘリンは、細胞の表面に存在する糖タンパク質の一種であり、細胞同士を接着させる働きを持つ。竹市雅俊は、カドヘリンが細胞の接着を担う重要な分子であることを発見し、その働きを明らかにした。 竹市雅俊は、1940年に東京に生まれた。1963年に京都大学理学部を卒業し、1968年に同大学院理学研究科博士課程を修了した。その後、東京大学医学部助手、カリフォルニア大学サンフランシスコ校研究員などを経て、1977年に京都大学医学部教授に就任した。1983年にカドヘリンを発見し、1995年に京都大学総長に就任した。2011年に逝去した。 カドヘリンは、細胞接着の研究において重要な役割を果たす分子である。カドヘリンが細胞の接着を担う重要な分子であることを発見した竹市雅俊の功績は非常に大きく、細胞接着の研究に大きな貢献をしたと言える。 竹市雅俊がカドヘリンを発見した研究は、細胞接着の研究に大きな進展をもたらした。カドヘリンが細胞の接着を担う重要な分子であることを発見したことで、細胞接着の仕組みがより詳しく解明されるようになった。また、カドヘリンの働きを応用した新しい治療法の開発も期待されている。 竹市雅俊は、細胞接着因子カドヘリンの発見により、細胞接着の研究に大きな貢献をした。竹市雅俊の功績は、細胞接着の研究において重要な役割を果たしており、今後も細胞接着の研究の発展に貢献していくであろう。
研究者

杉浦昌弘 – 植物分子生物学の偉業を成し遂げた科学者

-経歴と功績偉大な科学者の生涯- 杉浦昌弘は、1958年に東京生まれの日本の植物分子生物学者です。東京大学を卒業後、1984年に東京大学大学院理学系研究科博士課程を修了しました。その後、1985年に東京大学理学部助手、1987年に同大学助教授となりました。1993年には、同大学教授に就任しました。 杉浦昌弘の研究分野は、植物の光合成と窒素固定です。彼は、植物の光合成に関わる酵素の構造と機能を研究し、植物の窒素固定に関わる遺伝子のクローニングに成功しました。また、彼は、植物の光合成と窒素固定を制御する遺伝子の発現を研究し、植物の成長と発達を制御する仕組みを明らかにしました。 杉浦昌弘の研究成果は、植物の光合成と窒素固定の理解に大きく貢献しました。また、彼の研究成果は、植物の成長と発達を制御する仕組みの解明にもつながりました。杉浦昌弘の研究成果は、植物の分子生物学の発展に大きく貢献しました。 杉浦昌弘の主な受賞歴は以下の通りです。 * 1992年 - 日本植物学会賞 * 1995年 - 日本分子生物学会賞 * 1998年 - 文部科学大臣表彰科学技術賞 * 2001年 - 紫綬褒章 * 2004年 - 文化功労者 * 2006年 - 瑞宝重光章 杉浦昌弘は、2023年に東京大学を定年退職しました。現在、彼は、東京大学名誉教授として研究を続けています。
研究者

「松井芳雄」

-「松井芳雄の生涯」- 松井芳雄は、1889年(明治22年)11月3日、北海道函館市に生まれた。父は、松井万之助、母は、まつ。万之助は、函館区会議員や函館市長を務めた。芳雄は、5人兄姉の末っ子であった。 芳雄は、1908年(明治41年)に、函館商業学校(現・函館中央高等学校)を卒業した。その後、東京高等商業学校(現・一橋大学)に進学した。1912年(大正元年)に、東京高等商業学校を卒業した。 芳雄は、卒業後、三井物産に入社した。三井物産では、ニューヨーク、ロンドン、上海などで勤務した。1924年(大正13年)に、三井物産を退社した。 芳雄は、三井物産を退社後、実業家として活躍した。1925年(大正14年)に、大日本製糖を設立した。大日本製糖は、1933年(昭和8年)に、台湾製糖と合併して、日本製糖となった。芳雄は、日本製糖の社長に就任した。 芳雄は、1939年(昭和14年)に、日本製糖の社長を退任した。その後、大日本産業を設立した。大日本産業は、1945年(昭和20年)に、三井物産と合併した。 芳雄は、1946年(昭和21年)に、公職追放となった。1951年(昭和26年)に、公職追放が解除された。 芳雄は、1963年(昭和38年)に、勲一等旭日大綬章を受章した。1965年(昭和40年)に、死去した。享年75。
研究者

「菅原健」

-「菅原健」- -菅原健の生涯と業績- 菅原健は、1906年(明治39年)に東京で生まれた。幼い頃から数学に秀で、東京帝国大学に進学して数学を専攻した。大学卒業後は、東京帝国大学助手、東京高等師範学校教授などを歴任し、1945年(昭和20年)に東京帝国大学教授に就任した。 菅原健は、数学の分野で多くの業績を残した。特に、関数解析学と確率論の分野で大きな功績をあげた。関数解析学では、スペクトル論の発展に貢献し、確率論では、確率過程の研究に大きな影響を与えた。 菅原健は、数学の教育にも力を注いだ。東京帝国大学や東京高等師範学校で教鞭をとり、多くの学生を指導した。また、数学の普及にも努め、一般向けの数学書を執筆したり、数学の講演会を開いたりした。 菅原健は、1983年(昭和58年)に亡くなった。享年77歳。菅原健は、数学の分野に多大な貢献をした偉大な数学者である。 -菅原健の数学的業績- 菅原健は、数学の分野で多くの業績を残したが、特に関数解析学と確率論の分野で大きな功績をあげた。 関数解析学では、スペクトル論の発展に貢献した。スペクトル論とは、線形作用素のスペクトルを研究する数学の一分野である。菅原健は、スペクトル論の基礎となる重要な定理である「菅原の定理」を証明した。菅原の定理は、スペクトル論の発展に大きな影響を与えた。 確率論では、確率過程の研究に大きな影響を与えた。確率過程とは、時間の経過とともに変化する確率変数の系列のことである。菅原健は、確率過程の性質を研究し、確率過程の理論の発展に貢献した。菅原健の研究は、確率論の分野に大きな影響を与え、確率論の発展に貢献した。 -菅原健の数学教育への貢献- 菅原健は、数学の教育にも力を注いだ。東京帝国大学や東京高等師範学校で教鞭をとり、多くの学生を指導した。また、数学の普及にも努め、一般向けの数学書を執筆したり、数学の講演会を開いたりした。 菅原健は、数学の教育に情熱を注いだ。学生に対しては、数学の面白さを伝え、数学を学ぶことの大切さを説いた。また、一般の人々に対しては、数学の普及に努め、数学の面白さを伝えることに尽力した。 菅原健は、数学の教育に大きな貢献をした。菅原健の教育を受けた学生は、数学者として活躍し、数学の発展に貢献した。また、菅原健の数学の普及活動は、多くの人々に数学の面白さを伝え、数学に対する関心を高めた。
研究者

神谷信夫とは?功績と経歴を紹介

神谷信夫の生い立ちと経歴 神谷信夫は、1912年1月1日に東京で生まれました。父親は古書店を営んでおり、母親は専業主婦でした。神谷信夫は、裕福な家庭で育ち、幼い頃から読書を好みました。 神谷信夫は、1930年に第一高等学校に入学し、1934年に東京帝国大学法学部に入学しました。大学在学中は、法学を専攻し、また、プロレタリア文学にも関心を持ちました。 神谷信夫は、大学卒業後、司法省に入省し、検事を務めました。その後、1942年に司法省を退官し、弁護士を開業しました。 神谷信夫は、弁護士として活躍する傍ら、社会運動にも積極的に参加しました。1946年には、日本社会党に入党し、1947年には衆議院議員に当選しました。 神谷信夫は、国会議員として、労働問題や社会保障問題に取り組みました。また、1951年には、社会党の書記長に就任しました。 神谷信夫は、1955年に衆議院議員を辞職し、その後は弁護士として活動を続けました。また、1960年には、早稲田大学法学部の教授に就任しました。 神谷信夫は、1994年11月1日に神奈川県鎌倉市で死去しました。享年82歳でした。
研究者

野辺地慶三→ 細菌学者と公衆衛生学者の生涯

-公衆衛生のパイオニア- 野辺地慶三(1848-1926)は、日本の細菌学者であり、公衆衛生学者である。日本の公衆衛生の基礎を築いた人物として知られている。 野辺地は、1848年に青森県に生まれた。1873年に東京大学医学部を卒業し、その後、ドイツに留学して細菌学を学んだ。1877年に帰国し、東京大学医学部の教授に就任した。 野辺地は、帰国後、日本の細菌学の研究を推進し、多くの研究成果を上げた。また、公衆衛生の重要性を説き、日本の公衆衛生制度の整備に貢献した。野辺地は、1926年に亡くなったが、その業績は日本の公衆衛生の発展に大きな影響を与えた。 野辺地の公衆衛生に関する研究の中で最も重要なもののひとつは、コレラ菌の発見である。コレラは、19世紀後半に日本では大流行し、多くの人々が亡くなった。野辺地は、コレラ菌の分離と培養に成功し、コレラ菌がコレラの原因であることを証明した。この発見は、コレラの予防と治療に大きな貢献をした。 野辺地は、また、日本の公衆衛生制度の整備にも貢献した。1879年に、野辺地は、日本初の公衆衛生法である「伝染病予防法」の制定に尽力した。この法律は、日本の公衆衛生制度の基礎となり、日本の公衆衛生の発展に大きな影響を与えた。 野辺地は、日本の公衆衛生のパイオニアであり、その業績は日本の公衆衛生の発展に大きな影響を与えた。野辺地の業績は、今日でも日本の公衆衛生の基礎となっている。
研究者

水田珠枝:西洋の女性解放思想史を研究した思想史学者

生い立ちと経歴 水田珠枝は、1923年(大正12年)3月8日、東京都に生まれました。父親は英語教師、母親はピアニストでした。水田は、幼い頃から音楽や文学に親しみ、英語も堪能でした。 1941年(昭和16年)、水田は東京女子大学に進学しました。そこで彼女は、西洋史を専攻し、女性解放思想史に興味を持つようになりました。1945年(昭和20年)、水田は大学を卒業し、大学院に進学しました。 大学院では、水田は西洋の女性解放思想史を研究しました。その研究成果は、1953年(昭和28年)に出版された『西洋女性解放思想史』としてまとめられました。この本は、西洋の女性解放思想の歴史を網羅的に解説したもので、日本における女性解放思想研究の基礎となりました。 1954年(昭和29年)、水田は東京女子大学講師に就任しました。その後、同大学の助教授、教授を歴任し、1986年(昭和61年)に定年退職しました。 水田は、西洋の女性解放思想史の研究者としてだけでなく、女性解放運動の活動家としても活躍しました。1960年(昭和35年)には、女性史研究会を結成し、女性史の研究と啓発活動を行いました。また、1970年(昭和45年)には、日本女性学会を設立し、女性学の研究と普及に努めました。 水田は、2009年(平成21年)10月29日に86歳で亡くなりました。しかし、彼女の研究成果と活動は、今日の女性解放運動に大きな影響を与えています。
研究者

‘本多波雄’-情報工学者について

- 本多波雄のプロフィールと業績 本多波雄は、1966年7月16日に東京都に生まれた情報工学者である。東京大学工学部電子工学科を卒業後、同大学の大学院に進学し、1993年に博士号を取得した。その後、NECに入社し、人工知能やパターン認識の研究開発に従事した。2003年に東京大学に戻り、教授に就任した。2013年には、東京大学総長に就任し、2017年まで務めた。 本多波雄の研究業績は、人工知能、パターン認識、ロボット工学など多岐にわたる。特に、物体認識や画像処理の分野で顕著な成果を挙げている。1990年に、世界で初めて人や動物の顔を認識するシステムを開発し、1994年には、世界で初めて自然物体(車や飛行機など)の認識システムを開発した。また、2000年には、世界で初めて人間のように歩くことができる二足歩行ロボット「ASIMO」を開発した。 本多波雄は、その研究業績により、多くの賞を受賞している。1999年に、紫綬褒章を受章し、2000年に、日本学士院賞を受賞した。また、2002年には、世界情報技術会議(WITSA)から「ITの殿堂」に選出され、2005年には、米国工学アカデミーの外国人会員に選出された。 本多波雄は、情報工学の分野で世界をリードする研究者の一人である。その研究業績は、人工知能、パターン認識、ロボット工学の発展に大きく貢献している。