向田邦子賞

芸能分野の人

北川悦吏子(脚本家)

-脚本家・北川悦吏子の経歴と代表作- 北川悦吏子は、1961年に東京都で生まれ、1984年に日本テレビに入社しました。入社後は、バラエティ番組や情報番組のディレクターとして活躍し、1989年に脚本家としてデビューしました。 北川悦吏子の代表作といえば、1991年に放送されたドラマ「東京ラブストーリー」でしょう。このドラマは、赤名リカとカンチの恋愛模様を描いたもので、大ヒットを記録しました。このドラマで北川悦吏子は、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しました。 その後も、北川悦吏子は数々のヒット作を世に送り出しました。1993年に放送された「あすなろ白書」、1995年に放送された「ロングバケーション」、1997年に放送された「ラブジェネレーション」などは、いずれも大ヒットを記録しました。 北川悦吏子のドラマは、恋愛模様を軸にしながらも、社会問題や家族の問題など、さまざまなテーマを扱っています。また、北川悦吏子のドラマには、個性豊かなキャラクターが登場することが多く、視聴者の共感を呼んでいます。 北川悦吏子は、脚本家としてだけでなく、小説家としても活躍しています。1997年に出版された小説「ロングバケーション」は、ベストセラーとなりました。また、北川悦吏子は、映画の監督としても活躍しています。2001年に公開された映画「ロングバケーション」は、興行収入10億円を突破しました。
芸能分野の人

宮藤官九郎→ 日本映画界の脚本の鬼才

宮藤官九郎の生い立ちと経歴 宮藤官九郎は1970年7月10日、大阪府大阪市生まれ。幼い頃から映画やテレビドラマを観ることが大好きで、将来は脚本家になることを夢見ていた。高校卒業後は京都大学に進学し、そこで演劇部に入部。演劇部の活動を通して、脚本の書き方を学ぶ。 大学卒業後は、劇団「大人計画」に入団。劇団員として舞台を中心に活動するが、次第に脚本家としての才能を開花させる。2000年には、テレビドラマ「池袋ウエストゲートパーク」の脚本を担当し、一躍注目を集める。その後も、「木更津キャッツアイ」「タイガー&ドラゴン」「あまちゃん」など、数多くのヒットドラマの脚本を手掛ける。 2003年には、映画「凶悪」の脚本を担当して、日本アカデミー賞脚本賞を受賞。2007年には、映画「パコと魔法の絵本」で、監督デビューを果たす。以降も、「ソラニン」「俺俺」「銀魂」「翔んで埼玉」など、数多くの映画の脚本・監督を務めている。 宮藤官九郎は、その独特な世界観と、軽妙洒脱な会話劇で、日本映画界を代表する脚本家・監督の一人となった。彼の作品は、常に多くの人々に愛され続けている。
芸能分野の人

「寺内小春」

-寺内小春の生涯- 寺内小春は、1926年(大正15年)に、東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)に生まれた。父親は寺内寿太郎で、母親は寺内よねである。小春は、5人兄弟の末っ子であり、3歳上の兄がいた。 小春は、10歳のときに、父親を亡くした。父親の死後、小春は母と兄の3人で貧しい生活を送った。小春は、高等小学校を卒業後、裁縫学校に通った。裁縫学校を卒業後、小春は、デパートの店員として働き始めた。 小春は、1945年(昭和20年)に、21歳のとき、空襲で結婚していた実家の家を失った。小春は、母と兄と3人で焼け出され、路頭に迷った。小春は、焼け跡で、母の死体を抱きながら、泣き崩れた。 小春は、母の死後、兄と2人で、ホームレス生活を送った。小春は、街中で、物乞いをしたり、闇市で、商品を売ったりして、生活費を稼いだ。小春は、兄と2人で、毎日、空腹に苦しんだ。 小春は、1946年(昭和21年)に、22歳のとき、進駐軍の兵士と結婚した。小春は、兵士と結婚後、アメリカに渡った。小春は、アメリカで、2人の息子を産んだ。小春は、アメリカで、幸せに暮らした。 小春は、2006年(平成18年)に、82歳のとき、アメリカで亡くなった。小春は、生前、日本に帰国したいと願っていたが、その願いはかなわなかった。
芸能分野の人

田向正健:昭和後期-平成時代の脚本家

松竹から脚本家に転向 田向正健は、松竹蒲田撮影所に入社し、助監督としてキャリアをスタートさせました。しかし、彼はすぐに脚本に興味を持ち、1950年に「ジャンケン娘」で脚本家デビューを果たしました。それ以来、彼は脚本家として数多くの映画を手がけ、松竹の黄金期を支えました。 田向の脚本は、庶民的な視点とユーモアに溢れた作風が特徴で、多くの人々に親しまれました。また、彼は社会問題を風刺した作品も多く、その鋭い洞察力と社会意識の高さには定評がありました。 松竹蒲田撮影所が閉鎖された後も、田向はフリーの脚本家として活躍を続けました。彼は東宝や大映など、他社でも多くの映画の脚本を担当し、日本映画界に多大な貢献を果たしました。 田向の代表作には、「ジャンケン娘」「駅前シリーズ」「社長シリーズ」「家族」「寅さんシリーズ」などがあります。これらの作品は、いずれも日本映画史に残る名作であり、田向の脚本の才能を証明しています。 田向正健は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した脚本家で、松竹の黄金期を支えた立役者の一人です。彼の脚本は、庶民的な視点とユーモアに溢れた作風が特徴で、多くの人々に親しまれました。また、彼は社会問題を風刺した作品も多く、その鋭い洞察力と社会意識の高さには定評がありました。田向は、日本映画界に多大な貢献を果たした偉大な脚本家です。
文学分野の人

野沢尚-文筆家で脚本家の生涯

-脚本家・小説家・野沢尚の魅力- 野沢尚は、1929年9月23日生まれの文筆家、脚本家です。法政大学社会学部を中退後、劇団民芸に入り、演技や演出を学びました。1954年に結婚、1955年に長男が誕生します。1957年にNHK教育テレビジョン「お話でてこい」の脚本を担当してデビューし、1960年には同番組で放送された「時の川」で芸術祭優秀賞を受賞しました。 その後、脚本家として数多くのテレビドラマや映画の脚本を執筆し、文筆家として小説やエッセイも出版しました。 野沢尚は、脚本家として数多くのテレビドラマや映画の脚本を執筆し、その作品は高い評価を得ています。野沢尚の脚本は、人間の心の機微を繊細に描き出し、その巧みなストーリー展開で視聴者を惹きつけます。 また、野沢尚は、文筆家として小説やエッセイも出版しており、その作品は幅広い読者に愛されています。野沢尚の小説やエッセイは、その温かい文体と豊かな人間観察力で読者に感動を与えます。 野沢尚は、脚本家・小説家・文筆家として、幅広い分野で活躍した人物です。野沢尚の作品は、その高い芸術性と人間愛に溢れており、多くの人々に感動を与えてきました。 -野沢尚の魅力- 野沢尚の魅力は、その作品の魅力そのものです。 野沢尚の脚本は、その巧みなストーリー展開で視聴者を惹きつけ、人間愛に溢れたその作品は多くの視聴者に感動を与えてきました。 野沢尚の小説やエッセイは、その温かい文体と豊かな人間観察力で読者に感動を与えます。野沢尚の作品は、その高い芸術性と人間愛に溢れており、多くの人々に感動を与えてきました。 野沢尚は、脚本家・小説家・文筆家として、幅広い分野で活躍した人物です。野沢尚の作品は、その高い芸術性と人間愛に溢れており、多くの人々に感動を与えてきました。
文学分野の人

「山田信夫(2)」1932-1998

-山田信夫の生い立ちと経歴- 山田信夫は、1932年(昭和7年)1月1日に東京府東京市(現・東京都)に生まれた。父は山田信太郎、母は山田きよ。信夫は、四男三女の七人兄弟の長男であった。 信夫は、幼い頃から成績優秀で、東京府立第四中学校(現・東京都立戸山高等学校)を卒業後、東京大学法学部に進学した。大学卒業後は、三菱商事に入社し、ロンドン支店に勤務した。しかし、信夫は、商売よりも政治に興味があり、1963年(昭和38年)に三菱商事を退社し、政界入りした。 信夫は、1967年(昭和42年)に衆議院議員選挙に立候補し、初当選を果たした。信夫は、自民党に入党し、1972年(昭和47年)に田中角栄内閣の経済企画政務次官に就任した。その後、1976年(昭和51年)に三木武夫内閣の科学技術庁長官に就任し、1978年(昭和53年)には福田赳夫内閣の経済企画庁長官に就任した。 1980年(昭和55年)、信夫は衆議院議員を辞職し、参議院議員選挙に立候補し、当選した。信夫は、参議院議員として、1985年(昭和60年)に中曽根康弘内閣の経済企画庁長官に就任し、1989年(昭和64年)に宇野宗佑内閣の経済企画庁長官に就任した。 信夫は、1992年(平成4年)に参議院議員を辞職し、東京都知事選挙に立候補し、当選した。信夫は、東京都知事として、1998年(平成10年)に死去するまで、2期8年務めた。 信夫は、政治家として、経済政策に詳しく、経済の立て直しに尽力した。また、東京都知事として、東京の都市開発に尽力した。信夫は、その功績により、国民栄誉賞を受賞している。
芸能分野の人

ー池端俊策

-池端俊策の生涯と作品- 池端俊策は、1906年(明治39年)1月11日に兵庫県の洲本市に生まれました。幼少期より絵に興味を持ち、絵画の専門学校を卒業した後は、東京の美術学校(現・東京藝術大学)に進学しました。 美術学校卒業後は、画家として活動を開始し、数々の賞を受賞しました。代表作には、「緑衣の婦人」(1935年)、「花と少女」(1937年)、「森の少女」(1940年)などがあります。これらの作品は、優美な女性像や自然を題材としたものが多く、池端俊策の繊細な筆致と豊かな色彩感覚が特徴です。 また、池端俊策は、戦後には日本美術院の会員に推挙され、日本の近代美術の発展に貢献しました。 池端俊策は、1974年(昭和49年)10月10日に東京都で亡くなりました。享年68歳でした。池端俊策の作品は、現在でも国内外の美術館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。 池端俊策は、日本を代表する画家の一人であり、その作品は、優美さ、繊細さ、多彩さで知られています。彼の作品は、日本のみならず世界中の人々に愛され続けています。
芸能分野の人

「鎌田敏夫」

- -脚本家鎌田敏夫- 鎌田敏夫は、1936年4月15日に東京都で生まれた脚本家です。早稲田大学第一文学部演劇科を卒業後、1960年に東映東京撮影所に入社しました。入社後は、助監督として数々の作品に参加し、1967年に『俺が斬る』で脚本家としてデビューしました。 鎌田敏夫は、主に任侠映画やアクション映画の脚本を執筆しました。代表作には、『仁義なき戦いシリーズ』(1973年~1974年)、『トラック野郎シリーズ』(1975年~1988年)、『二代目はクリスチャン』(1983年)、『極道の妻たちシリーズ』(1986年~1998年)などがあります。 鎌田敏夫は、ハードボイルドな作風が特徴で、男の生きざまや美学を描き出すことに長けていました。また、ユーモアとシリアスを織り交ぜた脚本も得意としており、幅広い層から支持を集めていました。 鎌田敏夫は、1998年に亡くなりましたが、彼の作品は現在でも多くの映画ファンに愛され続けています。 -鎌田敏夫の脚本の特徴- * ハードボイルドな作風 * 男の生きざまや美学を描き出すことに長けている * ユーモアとシリアスを織り交ぜた脚本が得意 * 幅広い層から支持を集めている -鎌田敏夫の代表作- * 仁義なき戦いシリーズ(1973年~1974年) * トラック野郎シリーズ(1975年~1988年) * 二代目はクリスチャン(1983年) * 極道の妻たちシリーズ(1986年~1998年)