命拾い

歴史上の人物

紀馬養 – 流木取りから遁世までの人生

紀馬養の生涯 紀馬養は、奈良時代の僧侶であり、詩人でもありました。紀馬養がいつ生まれたのかは、はっきりとは分かっていませんが、奈良時代の初期とされています。紀馬養は、紀氏の出身であり、幼い頃から仏教に親しんでいました。紀馬養は、18歳の時に、出家して僧侶となりました。紀馬養は、東大寺に住み、修行を積みました。紀馬養は、東大寺で、仏教の経典を学び、詩を詠みました。紀馬養は、東大寺で、多くの僧侶や学者と交流しました。紀馬養は、東大寺で、10年間修行を積んだ後、東大寺を離れて、諸国を巡歴しました。紀馬養は、諸国を巡歴する中で、多くの知識と経験を積みました。紀馬養は、諸国を巡歴した後、東大寺に戻りました。紀馬養は、東大寺に戻ってから、再び修行を積みました。紀馬養は、東大寺で、10年間修行を積んだ後、東大寺を離れて、山中に隠遁しました。紀馬養は、山中で、修行を続け、詩を詠みました。紀馬養は、山中で、70歳で亡くなりました。 紀馬養は、生涯にわたって、仏教を信仰し、修行を続けました。紀馬養は、また、詩を詠み、多くの詩を残しました。紀馬養の詩は、優美で、叙情的なものが多いです。紀馬養の詩は、後世の詩人に大きな影響を与えました。紀馬養は、日本仏教史と日本文学史上において、重要な人物です。