唐通事

歴史上の偉人

林道栄の生涯と功績

-中国からの渡来人- 林道栄は中国の福建省で生まれました。16世紀の後半に日本に渡り、京都で鋳物師として働いていました。1598年(慶長3年)に豊臣秀吉の命を受けて、大砲を鋳造しました。これが林道栄の鋳物師としての名声を高めるきっかけとなりました。 1600年(慶長5年)に関ヶ原の戦いで、林道栄は徳川家康に味方し、大砲を鋳造して徳川軍の勝利に貢献しました。戦後、林道栄は徳川家康から江戸城で鋳物師として働くよう命じられました。 1603年(慶長8年)に徳川家康が江戸幕府を成立させると、林道栄は幕府の鋳物師として働きました。林道栄は、大砲や鉄砲を鋳造し、江戸幕府の軍備増強に貢献しました。1611年(慶長16年)に林道栄は亡くなりました。 林道栄は、日本に大砲の鋳造技術を伝えた功績で知られています。また、林道栄は、江戸幕府の軍備増強に貢献し、江戸幕府の成立に大きな役割を果たしました。
芸術家

– 熊代熊斐(1693-1773)

熊代熊斐(1693-1773)は、江戸時代中期の儒学者、医師、本草学者。名は惟馨(いかおる)。字は均造。号は盤溪(ばんけい)。肥前国有馬温泉(現在の長崎県雲仙市)に生まれる。 熊代熊斐の生涯 熊代熊斐は、1693年(元禄6年)に肥前国有馬温泉(現在の長崎県雲仙市)に生まれた。父の熊代惟則(いかのり)は、有馬温泉の医師であり、熊斐は幼い頃から父から医学を学んだ。 熊斐が17歳の時、父が亡くなったため、家督を継いで有馬温泉の医師となった。しかし、熊斐は医学だけでなく、儒学や本草学にも興味があり、独学でこれらの学問を学んだ。 1721年(享保6年)には、30歳で江戸に出て、儒学者である山鹿素行(やまがそこう)の門下に入った。山鹿素行は、儒学だけでなく、医学や本草学にも通じており、熊斐は山鹿素行から多くのことを学んだ。 1725年(享保10年)には、江戸を離れて肥前国に戻り、有馬温泉の医師として働きながら、儒学や本草学の研究を続けた。 1744年(延享元年)には、52歳で有馬藩の藩医に任命された。藩医として、藩主の健康管理や領内の医療政策を担当した。 1773年(安永2年)には、81歳で亡くなった。 熊代熊斐は、儒学、医学、本草学の三拍子そろった学者であり、多くの著作を残した。その著作は、儒学、医学、本草学の分野で高く評価されており、現在でも多くの研究者に読まれている。
歴史上の偉人

魏五左衛門→ 天明元年から天保十四年まで長崎東京通事を務めた唐通事

- 魏五左衛門の生涯と経歴 魏五左衛門は、天明元年(1781年)から天保十四年(1843年)まで長崎東京通事を務めた唐通事である。 魏五左衛門は、長崎奉行の通訳役を務める唐通事として、長崎と中国との貿易交渉に尽力した。また、長崎奉行の命を受けて、清国へ渡航し、清国の皇帝に謁見したこともある。 五左衛門は、唐通事として活躍しただけでなく、長崎の文化の発展にも貢献した。長崎に西洋の科学や医学を伝え、長崎の文化の発展に寄与した。 魏五左衛門は、天保十四年(1843年)に死去した。享年63歳。 魏五左衛門は、長崎と中国との貿易交渉に尽力し、長崎の文化の発展に貢献した人物である。
歴史上の偉人

山田蘇作 – 江戸時代後期の唐通事

-山田蘇作の生涯- 山田蘇作は、江戸時代後期の唐通事であり、長崎奉行所の役人でもありました。1778年(安永7年)に長崎に生まれ、1842年(天保13年)に同地で亡くなりました。 蘇作は、若い頃から唐語(中国語)を学び、1804年(文化元年)に唐通事に任命されました。唐通事は、長崎奉行所の役人で、外国船の入港・出港手続きや、外国人と日本人との間の交渉を担当していました。 蘇作は、唐通事として、中国やオランダ、イギリスなどの外国船を相手に、交渉や通訳を行いました。また、外国の文化や技術を日本に紹介するなど、日中関係の発展に貢献しました。 1825年(文政8年)、蘇作は長崎奉行所の役人となり、1837年(天保8年)には、長崎奉行所の副奉行に昇進しました。副奉行として、蘇作は長崎の治安維持や外国船の取り締まりを担当しました。 1842年(天保13年)、蘇作は長崎で亡くなりました。65歳でした。蘇作は、日中関係の発展に貢献した功績で、日本政府から贈位されています。
歴史上の偉人

呉来安(1822-1896)江戸後期から明治時代にかけての医者・官吏

-出自と経歴- 呉来安は、1822年(文政5年)に、長崎県北松浦郡平戸市に生まれた。父は呉来宣、母は松尾家の娘である。幼い頃から聡明で、12歳の時には、平戸藩の奨学金を得て、長崎のオランダ商館に勤務していた蘭学者、高野長英の塾に入門した。1840年(天保11年)には、長崎のオランダ商館に勤務し、オランダ語や医学を学んだ。 1844年(弘化元年)には、平戸藩の藩医となり、1849年(嘉永2年)には、江戸に出府して、蘭方医の大家である、緒方洪庵の塾に入門した。1855年(安政2年)には、平戸藩の藩医に復職し、1858年(安政5年)には、長崎のオランダ商館の医官となった。 1861年(文久元年)には、平戸藩の藩医を辞職し、江戸に出て、蘭方医を開業した。1862年(文久2年)には、幕府の軍医となり、1865年(慶応元年)には、大阪の陸軍病院の院長となった。 1868年(明治元年)には、明治政府の軍医となり、1871年(明治4年)には、陸軍軍医総監となった。1873年(明治6年)には、陸軍省の医務局長となり、1874年(明治7年)には、陸軍軍医学校長となった。 1876年(明治9年)には、陸軍省の医務局長に再任され、1877年(明治10年)には、陸軍軍医学校長に再任された。1881年(明治14年)には、陸軍軍医総監に再任され、1885年(明治18年)には、陸軍軍医学校長に再任された。 1896年(明治29年)に、東京で死去した。享年75。
歴史上の偉人

「張友信」

-「張友信」- -唐の商人「張友信」- 張友信は、唐代の中国の商人で、揚州を拠点に活動した。彼は、シルクロードを通じた交易で大きな成功を収め、中国の最も裕福な商人の一人となった。張友信の生涯は、唐代の商業の発展を象徴するものであり、彼の業績は今日でも高く評価されている。 張友信は、7世紀後半に揚州で生まれた。揚州は、当時中国最大の商業都市であり、シルクロードの起点でもあった。張友信は、幼い頃から商才を発揮し、10代の頃には既に自分の店を持っていた。彼は、主に絹や茶などの商品を取り扱い、シルクロードを通じた交易で大きな利益を上げた。 張友信は、商売だけでなく、慈善活動にも熱心に取り組んだ。彼は、揚州に学校や病院を建設し、貧しい人々に食料を配布した。また、彼は仏教を信仰しており、多くの仏教寺院の建設にも協力した。 張友信は、8世紀前半に揚州で亡くなった。享年は70歳前後だったという。彼の死後、彼の業績は高く評価され、唐の皇帝からも賞賛された。張友信は、中国の最も裕福な商人の一人として、今日でもその名を広く知られている。 張友信の生涯は、唐代の商業の発展を象徴するものである。彼は、シルクロードを通じた交易で大きな成功を収め、中国の最も裕福な商人の一人となった。また、彼は慈善活動にも熱心に取り組み、揚州の発展に貢献した。張友信は、中国の商業史において重要な人物であり、彼の業績は今日でも高く評価されている。
研究者

劉東閣(1633-1695)-儒学者

-劉東閣の生涯- 劉東閣は1633年に中国浙江省金華で生まれた。本名は質、字は俊卿。清代の儒学者であり、義理の学派のリーダーの一人である。 幼い頃から聡明で、5歳で読書を始め、13歳で秀才となった。1655年に進士となり、翰林院編修となった。その後、翰林院侍講、礼部侍郎、吏部侍郎などの要職を歴任した。 明末清初は動乱の時代であり、儒学も衰退していた。劉東閣は儒学を復興するため、義理の学派を創始した。義理の学派は、朱熹の学説を継承し、仁義礼智信を重視した。 1695年、劉東閣は63歳で亡くなった。 劉東閣の学説は、清代に大きな影響を与えた。彼の著作である『読易図』や『礼経正解』は、儒学者に広く読まれている。
歴史上の偉人

「林梅卿」(江戸時代中期-後期の唐通事)

林梅卿の生涯 林梅卿は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した唐通事でした。1722年に長崎で生まれ、1781年に亡くなりました。 林梅卿は、唐通事として活躍する前に、オランダ語通詞として働いていました。1745年に唐通事に任命され、以降、長崎奉行所や幕府の外交交渉に携わりました。 林梅卿は、唐通事として、清との貿易交渉や漂流民の送還交渉など、多くの重要な交渉を成功させました。また、清の文化や制度を日本に紹介し、日本の文化や制度を清に紹介するなど、両国の文化交流に貢献しました。 林梅卿は、唐通事として活躍した功績により、幕府から多くの賞賛を受けました。1769年には、唐通事の中で最高の位である「通詞目付」に任命されました。また、1779年には、唐通事として初めて「勘定奉行」に任命されました。 林梅卿は、1781年に亡くなりましたが、その功績は今日でも語り継がれています。長崎には、林梅卿を祀る「林梅卿祠」があり、毎年、林梅卿の命日が近くなると、多くの人が参拝に訪れます。 林梅卿は、江戸時代中期から後期にかけて、唐通事として活躍した人物です。林梅卿は、清との貿易交渉や漂流民の送還交渉など、多くの重要な交渉を成功させ、両国の文化交流に貢献しました。林梅卿の功績は今日でも語り継がれており、長崎には、林梅卿を祀る祠があります。
歴史上の偉人

– 平井希昌→ 幕末から明治にかけて活躍した外交官

- 平井希昌の生涯と功績 平井希昌は、幕末から明治にかけて活躍した外交官です。幕府や明治政府の外交政策に深く関わり、日本の近代化に大きな貢献をしました。 平井希昌は、1828年(文政11年)に薩摩藩(現在の鹿児島県)で生まれました。1844年(天保15年)に江戸に遊学し、蘭学や漢学を学びました。1853年(嘉永6年)には、ペリーの黒船来航に際して、幕府の外交交渉に参加しました。 1854年(安政元年)には、日米和親条約の締結に尽力しました。この条約は、日本とアメリカ合衆国との間で初めて締結された条約であり、日本の近代化の第一歩となりました。 1859年(安政6年)には、上海でロシアと通商条約を締結しました。この条約は、ロシアと日本との間で初めて締結された条約であり、日露関係の基礎となりました。 1862年(文久2年)には、ロンドンに派遣され、イギリス政府と交渉を行いました。この交渉は、成功を収め、イギリスは日本の開国を認めました。 1868年(明治元年)に明治政府が成立すると、平井希昌は外務卿に任命されました。外務卿として、平井希昌は欧米列強と交渉を行い、日本の不平等条約の改正に尽力しました。 1871年(明治4年)には、アメリカ合衆国と日米修好通商条約を締結しました。この条約は、日米関係の基礎となり、日本とアメリカ合衆国は現在も友好関係を保っています。 1873年(明治6年)には、イギリスと日英修好通商条約を締結しました。この条約は、日英関係の基礎となり、日本とイギリスは現在も友好関係を保っています。 平井希昌は、1876年(明治9年)に外務卿を辞任し、1891年(明治24年)に死去しました。平井希昌は、日本の近代化に大きな貢献をした外交官であり、その功績は現在も高く評価されています。
研究者

陽其二 – 幕末から明治にかけて活動した活版印刷技術者

-陽其二の生涯と功績- 陽其二(1822-1889)は、幕末から明治にかけて活躍した活版印刷技術者です。日本の近代活版印刷の先駆者の一人として知られており、活版印刷技術の普及と発展に大きく貢献しました。 陽其二は、1822年に江戸で生まれました。幼い頃から学問に優れ、18歳で蘭学塾に入塾して西洋の学問を学び始めました。その後、1844年に長崎に遊学し、オランダ人宣教師から活版印刷技術を学びました。 1848年に、陽其二は宣教師から譲り受けた活版印刷機を使って、日本で初めて活版印刷による印刷物を出版しました。これは、日本最初の活版印刷による印刷物であると考えられています。 1853年にペリーが来航すると、陽其二は幕府に招かれてペリーとの交渉に参加しました。ペリーは、陽其二の活版印刷技術に感銘を受け、活版印刷機を日本に贈りました。 1868年に明治維新が起きると、陽其二は新政府に登用され、印刷局の設立に尽力しました。印刷局は、日本の近代印刷業の発展に大きな役割を果たし、陽其二は印刷局の初代局長に就任しました。 陽其二は、1889年に東京で死去しました。享年67歳でした。陽其二は、日本の近代活版印刷の父として、後世にその功績を称えられています。
歴史上の偉人

高大誦 – 江戸時代前期の唐通事

生涯と経歴 高大誦は1630年、長崎県の唐通事の家庭に生まれた。唐通事は、鎖国の時代に長崎にのみ認められた、清国との通商を行う公務員である。高大誦は、幼い頃から中国語と中国文化を学び、15歳の時に唐通事見習いとなった。 1654年、高大誦は唐通事に任命された。唐通事は、清国との通商交渉を担当するだけでなく、清国の政治や経済、文化などの情報を日本に伝える重要な役割を担っていた。高大誦は、唐通事として清国に何度も渡航し、清朝の皇帝や高官と交渉を重ねた。 1683年、高大誦は唐通事の最高位である唐通事頭取に就任した。唐通事頭取は、唐通事たちのリーダーであり、清国との通商交渉を統括する責任を負っていた。高大誦は、唐通事頭取として清国との通商を円滑に進め、日本の経済の発展に貢献した。 1697年、高大誦は唐通事を辞任した。唐通事を辞任した後も、高大誦は清国との通商に尽力し、日清貿易の発展に貢献した。1708年、高大誦は78歳で亡くなった。 高大誦は、江戸時代前期の唐通事として、清国との通商交渉を担当し、日本の経済の発展に貢献した功績を残した。また、高大誦は、中国語と中国文化に精通しており、清国の政治や経済、文化などの情報を日本に伝える役割を果たした。高大誦は、日中関係の発展に貢献した人物として高く評価されている。
歴史上の偉人

肥前長崎の唐通事・呉碩

- 呉碩の生涯 呉碩は、1649年に中国の福建省泉州市で呉敬吾の長男として生まれ、字を国用、後に鹿田と称し、号を石渠としました。 1670年に家業の船舶貿易に従事し、清朝が鄭氏政権を打倒した1683年、長崎の唐通事に任命されました。 唐通事は、清朝と日本の貿易を監督する役職で、長崎に居住し、清国の船舶の入港手続きや貿易品目の検査などを行いました。 呉碩は、唐通事として、清朝と日本の貿易を円滑に進め、日清関係の強化に貢献しました。 また、呉碩は、日本の文化にも興味を持ち、日本の書画や茶道などを学び、日本の文化を中国に紹介しました。 呉碩は、1721年に唐通事を辞任し、中国に帰国しました。 帰国後は、故郷の泉州で隠居し、「延平の巨眼」の肖像画を描き、1728年に79歳で死去しました。 呉碩は、日清関係の強化と日本の文化の紹介に貢献した功績で、日中両国から尊敬されています。
歴史上の偉人

彭城中平:明治時代の探検家

彭城中平とは? 彭城中平(1865-1935)は、明治時代の探検家。神職であり、天台宗の僧侶でもあった。 彭城は、1865年に現在の福岡県に生まれた。幼少期から聡明で、神童と呼ばれた。10代の頃に仏教に興味を持ち、出家して天台宗の僧侶となった。 1885年、彭城は探検家として活動を始めた。最初は、日本各地の山々を調査し、多くの新種を発見した。1893年には、中国の揚子江を調査し、その途中で太平天国の乱の激戦地である南京に立ち寄った。1897年には、アメリカ合衆国のアラスカを調査し、多くの氷河を発見した。 彭城は、探検家としてだけでなく、著述家としても活躍した。1899年には、探検記『北極探検記』を出版し、ベストセラーとなった。他にも、多くの著書を残している。 彭城は、1935年に70歳で亡くなった。彭城の死後、その功績を称えて、彭城山に彭城中平の銅像が建立された。 彭城は、日本における探検家の先駆者の一人であり、その功績は今日でも高く評価されている。
研究者

国造塵隠先生の生涯と業績

唐通事(とうつうじ)で活躍 国造塵隠先生は、江戸時代初期の外務官僚です。唐通事は、江戸幕府が中国との外交交渉を担当する役職であり、塵隠先生は、その唐通事として活躍しました。 塵隠先生は、1605年に長崎で生まれ、1645年に唐通事となりました。唐通事は、中国との外交交渉を担当する役職であり、塵隠先生は、その唐通事として、中国と江戸幕府の間の交渉をまとめる重要な役割を果たしました。 塵隠先生は、中国語に堪能であり、中国の文化や習慣にも詳しく、中国との交渉においては、その知識を十分に発揮しました。塵隠先生は、中国の使節団と交渉を行い、江戸幕府と中国の間の貿易や文化交流に関する協定をまとめました。 塵隠先生は、唐通事として活躍するだけでなく、儒学者としても知られており、多くの儒教の書物を著しました。塵隠先生の儒教の思想は、江戸時代後期に起こった儒学復興運動に大きな影響を与えました。 塵隠先生は、1672年に死去しました。しかし、塵隠先生の業績は、江戸時代を通じて高く評価されており、塵隠先生は、江戸時代を代表する外務官僚であり、儒学者の一人として知られています。
芸術家

「劉梅泉」

-「劉梅泉」- -長崎の画家-「劉梅泉」- 劉梅泉は、1887年(明治20年)に中国の福建省福州市に生まれ、1958年(昭和33年)に長崎市で亡くなった画家です。名は祥、字は潤章、号は梅泉、別号は心和堂、虚白楼、梅泉山人などがあります。 劉梅泉は、幼い頃から絵を描くことが好きで、14歳のときに父に連れられて来日し、長崎市に定住しました。長崎では、唐画を学び、20歳のときに長崎県立長崎中学(現・長崎県立長崎高等学校)に入学しました。長崎中学卒業後は、上京して東京美術学校(現・東京芸術大学)に入学し、西洋画を学びました。 東京美術学校卒業後は、長崎に戻り、長崎県立長崎中学の美術教師として働きながら、画家として活動しました。劉梅泉は、主に山水画を描きましたが、人物画や花鳥画も描きました。劉梅泉の作品は、写実的で精緻な描写が特徴で、中国の伝統的な画風と西洋の画風の融合が見られます。 劉梅泉は、1927年(昭和2年)に第1回文展に出品し、入選を果たしました。その後、文展で何度も入選し、1936年(昭和11年)には帝展に出品し、特選を受賞しました。劉梅泉は、1940年(昭和15年)に長崎県美術展覧会審査員に任命され、1948年(昭和23年)には長崎県美術協会会長に就任しました。 劉梅泉は、1958年(昭和33年)に長崎市で亡くなりました。享年71歳でした。劉梅泉の作品は、長崎県の美術館や博物館に所蔵されています。 -劉梅泉の作品- * 「山水画」 * 「人物画」 * 「花鳥画」 * 「長崎風景画」 * 「文展出品作」 * 「帝展出品作」 -劉梅泉の評価- 劉梅泉は、中国の伝統的な画風と西洋の画風を融合させた画家として評価されています。劉梅泉の作品は、写実的で精緻な描写が特徴で、中国の山水画の美しさや日本の風物の美しさを表現しています。劉梅泉は、長崎県の近代美術の発展に貢献した画家として、長崎県で高く評価されています。