喜多十大夫親能

歴史上の人物

「喜多親能」

-「喜多親能」とは?- 喜多親能とは、戦国時代に活躍した武将です。美濃国の戦国大名・斎藤道三の重臣として仕え、数々の戦いで功績を上げました。後には斎藤家の家督を継いで斎藤道三となりました。 喜多親能は、永正11年(1514年)に美濃国加茂郡喜多村(現・岐阜県美濃加茂市)に生まれました。若い頃は、斎藤道三の傘下で戦功を上げ、次第に出世していきました。 天文11年(1542年)、斎藤道三が美濃国の守護・土岐頼芸を討ち取って美濃国を統一すると、喜多親能は斎藤家の家老となりました。その後、斎藤道三は、信濃国への侵攻を開始し、小笠原氏や武田氏と戦いました。喜多親能は、これらの戦いで斎藤道三を支え、数々の功績を上げました。 天文21年(1552年)、斎藤道三が信濃国で戦死すると、喜多親能は斎藤家の家督を継ぎ、斎藤道三となりました。斎藤道三は、美濃国を統一し、信濃国や尾張国にも侵攻して勢力を拡大しました。しかし、永禄10年(1567年)、斎藤道三は、織田信長の軍に敗れて稲葉山城(現・岐阜県岐阜市)を奪われ、美濃国を追放されました。 斎藤道三は、美濃国を追放された後、近江国(現・滋賀県)に逃れ、織田信長に臣従しました。しかし、永禄12年(1569年)、斎藤道三は、織田信長の家臣・明智光秀の謀反によって殺害されました。 斎藤道三の死後、斎藤家は衰退し、美濃国は織田信長の領国となりました。喜多親能は、斎藤道三の死後、織田信長に仕えましたが、天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が横死すると、織田家を離れました。その後、喜多親能は、豊臣秀吉に仕え、文禄・慶長の役にも従軍しました。 喜多親能は、慶長5年(1600年)に死去しました。享年87歳でした。
芸能分野の人

喜多十大夫親能 – 江戸時代中期の名シテ方 能楽師

喜多流7代目の養子となり、8代を継承 喜多十大夫親能は、江戸時代中期の名シテ方能楽師である。本名は牧野進義といい、京都に生まれた。幼少期に喜多流7代目の喜多七左衛門後に正能、宗広に養子となり、喜多七太夫と名乗る。その後、8代目を襲名し、喜多十大夫親能と称した。 親能は、シテ方として優れた技量を持ち、特に「隅田川」や「安宅」などの舞踊系の曲を得意とした。また、能楽に関する著作も残しており、その著書「能楽雑話」は、能楽史研究の貴重な資料となっている。 親能は、江戸時代中期に能楽界を代表するシテ方として活躍し、喜多流の発展に大きく貢献した。その功績は現在でも高く評価されており、喜多流の宗家として代々受け継がれている。 親能が7代目の養子となったのは、16歳の時であった。7代目は、親能が幼い頃からその才能を見抜き、養子として迎えたのである。親能は、7代目の薫陶を受け、シテ方としての技量を磨いていった。 17歳の時、親能は8代目を襲名した。8代目は、喜多流の宗家として、能楽界を代表するシテ方として活躍した。親能は、8代目の教えを受け、さらに技量を磨いていった。 親能は、シテ方として優れた技量を持つだけでなく、能楽に関する著作も残している。その著書「能楽雑話」は、能楽史研究の貴重な資料となっている。親能は、能楽界の発展に大きく貢献した人物である。