嘉太郎

エンターテインメント

演劇評論家・岡鬼太郎の人生と功績

明治・昭和初期の演劇界で活躍した岡鬼太郎 岡鬼太郎(1868~1934)は、明治・昭和初期に活躍した演劇評論家である。本名は岡良平。東京府(現東京都)に生まれる。早稲田大学を卒業後、新聞記者や雑誌記者として働く。1906年、演劇雑誌「演劇新報」を創刊し、演劇評論の第一人者として活躍する。 岡鬼太郎は、演劇を「国民生活の重大問題」と位置づけ、演劇の社会性を重視した。また、演劇の美しさや芸術性を追求し、演劇の近代化に貢献した。 岡鬼太郎の演劇評論は、演劇界に大きな影響を与えた。また、演劇評論以外にも、戯曲や小説、評論などを執筆し、文筆家としても活躍した。 岡鬼太郎は、1934年に脳溢血で死去した。享年66。 岡鬼太郎の功績 岡鬼太郎は、演劇評論の第一人者として、演劇界に大きな影響を与えた。また、演劇評論以外にも、戯曲や小説、評論などを執筆し、文筆家としても活躍した。 岡鬼太郎の演劇評論は、演劇の社会性を重視し、演劇の近代化に貢献した。また、演劇の美しさや芸術性を追求し、演劇を国民生活の重大問題と位置づけた。 岡鬼太郎は、1934年に死去したが、その功績は現在も演劇界に受け継がれている。