嘉祥

歴史上の人物

「円明」

-「円明」- -円明の生涯- 円明(1934-)は、中国の政治家、軍人。中華人民共和国の第2代党総書記。文化大革命期の最高指導者。 -生い立ちと青年期- 円明は1934年、四川省安県に生まれる。貧しい農民の長男として生まれ、幼い頃から農作業を手伝いながら育つ。1950年、16歳の時に中国人民解放軍に入隊。朝鮮戦争に参加し、戦功を挙げて昇進を重ねる。1959年、25歳の若さで共産党中央政治局委員に選出される。 -権力の座への登り詰め- 1966年、文化大革命が始まると、円明はその指導者の一人となる。同年、国防相に任命され、軍の最高実力者となる。1969年、党総書記に就任し、毛沢東の死後、最高権力者となる。 -文化大革命の推進者- 文化大革命期間中、円明は「四人組」と呼ばれるグループとともに、過激な革命路線を推進した。知識人や官僚を迫害し、数百万人の国民が犠牲になった。1976年に毛沢東が死去すると、四人組は失脚し、円明も失脚する。 -失脚と晩年- 1976年10月、四人組とともに逮捕される。1981年、党中央政治局拡大会議で「反革命集団の頭目」として糾弾され、党籍剥奪、終身刑を宣告される。1991年、北京で死去。
歴史上の人物

 実敏

-僧の実敏の生涯- 実敏(972~1027)は、平安時代中期の天台宗の僧侶です。実敏は藤原道長の庇護を受け、天台座主の座を巡る権力争いの中で出世しました。実敏は、成功と挫折を繰り返し、最終的には権力争いに巻き込まれ、流罪となりました。 実敏は、摂津国(現在の大阪府)に生まれました。実敏の父は藤原道長に仕える貴族であり、実敏は幼少期から道長の庇護を受けました。実敏は、比叡山に登り、天台宗の僧侶となりました。実敏は、天資聰明で、若くして頭角を現しました。実敏は、比叡山の学問僧として知られ、多くの弟子を育てました。 994年、実敏は、天台座主の座に就きました。天台座主は、天台宗の最高位であり、実敏は、若くして天台宗のトップに立ったことになります。実敏は、天台座主として、天台宗の復興に努めました。実敏は、比叡山に多くの堂塔を建立し、天台宗の学問を奨励しました。 しかし、実敏は、権力争いの中で挫折しました。実敏は、藤原道長のライバルである藤原頼通と対立し、頼通の策略により、1002年に天台座主の座を追われました。実敏は、比叡山を追放され、出羽国(現在の山形県)に流罪となりました。 1013年、実敏は流罪を許され、比叡山に帰還しました。実敏は、天台座主の座には復帰しませんでしたが、比叡山の学問僧として、天台宗の発展に貢献しました。実敏は、1027年に比叡山で亡くなりました。 実敏は、平安時代中期の天台宗の代表的な僧侶であり、天台宗の発展に貢献した人物です。実敏の生涯は、平安時代の権力争いの激しさを物語っています。
歴史上の人物

百済慶命 – 平安前期の女官、嵯峨天皇の寵姫

# 嵯峨天皇の寵姫 百済慶命は、平安前期の女官で、嵯峨天皇の寵姫として知られています。生没年は不詳ですが、嵯峨天皇の在位期間(809年~823年)に活躍したとされています。 百済慶命は、渡来人である百済氏の出身で、百済王敬福の娘であるとされています。嵯峨天皇が皇太子のときに侍女として仕え、やがて寵姫となりました。嵯峨天皇との間には、恒貞親王(のちの仁明天皇)をはじめ、数人の皇子皇女を儲けています。 百済慶命は、嵯峨天皇の寵愛を受け、宮中において大きな権勢を誇りました。嵯峨天皇の皇后である檀林皇后を差し置いて、実質的な第一夫人として扱われていたといいます。また、百済慶命の父である百済王敬福も嵯峨天皇の信任を得て、参議に任じられるなど、百済氏は朝廷で大きな勢力を持ちました。 しかし、嵯峨天皇が崩御すると、百済慶命とその一族は檀林皇后派によって失脚させられました。百済慶命は出家させられ、その後の消息は不明です。百済王敬福も失脚し、参議を解任されました。 百済慶命は、嵯峨天皇の治世に大きな権勢を誇った女官でしたが、嵯峨天皇の崩御とともにその栄華は終わりを告げました。彼女の生涯は、平安前期の宮廷の権力闘争を象徴するエピソードとして知られています。
歴史上の人物

仲野親王

# 仲野親王 - 平安時代前期の皇族 仲野親王(なかのしんのう、延暦23年(804年) - 仁明4年5月21日(835年6月27日))は、平安時代前期の皇族。仁明天皇の第一皇子。母は藤原峯緒の女、藤原順子。桓武天皇の孫。文徳天皇、恒貞親王、兼覧王の同母兄。 -# 生涯 桓武天皇の曾孫として延暦23年(804年)仁明天皇とその妃・藤原順子の間に長男として生まれる。延暦24年(805年)親王宣下を受け、弘仁2年(810年)9月に左兵衛督に任じられた。弘仁5年(814年)8月、五畿内巡察の勅使に任じられる。弘仁6年(815年)8月に大宰権帥、弘仁7年(816年)8月には大宰帥となる。 弘仁8年(817年)2月に帰京し、従三位に叙される。弘仁10年(819年)3月には左大弁に遷り、弘仁13年(822年)1月に右近衛大将、同年5月には春宮権大夫となる。承和元年(834年)4月には参議に昇任し、6月に従二位に叙される。 翌承和2年(835年)4月、文徳天皇が即位すると、仲野親王は皇太子となり、5月には中宮亮を兼任する。しかし、同年5月、仁明天皇の死去に伴い、服喪を理由に参議、皇太子、中宮亮を辞任し、淡路国に隠棲した。同年6月、23歳の若さで薨去した。 文徳天皇の崩御後、仁明天皇の第16皇子・人康親王が光孝天皇として即位した。光孝天皇は、仲野親王の遺児を養子に迎えて清和天皇とし、即位させた。 -# 人物 仲野親王は、温厚で仁慈に満ちた性格の人物であったと伝わる。また、学問を好み、詩歌に優れていた。
歴史上の人物

秀子内親王 – 平安時代前期の皇女

秀子内親王の生涯 秀子内親王は、平安時代前期の皇女です。仁明天皇の第一皇女で、母は藤原順子です。 823年(天長10年)に生まれ、幼い頃から才色兼備で知られました。837年(承和4年)に、15歳で父・仁明天皇の死を受けて、皇太子・常恒親王(後の文徳天皇)の妃となりました。 843年(承和10年)に、常恒親王は文徳天皇として即位し、秀子内親王は皇后となりました。845年(嘉祥2年)には、第一皇子・惟仁親王(後の清和天皇)を出産しました。 850年(嘉祥3年)に、文徳天皇が崩御し、惟仁親王が清和天皇として即位しました。秀子内親王は皇太后となり、政務を輔佐しました。 859年(貞観元年)に、清和天皇が崩御し、安徳天皇が即位しました。秀子内親王は太皇太后となり、引き続き政務を輔佐しました。 871年(貞観13年)に、89歳で崩御しました。 秀子内親王は、平安時代前期の皇族として、重要な役割を果たしました。文徳天皇と清和天皇の妃として、二人の天皇を支え、太皇太后として、安徳天皇を輔佐しました。また、才色兼備で知られ、和歌や絵画に優れた才能を発揮したと伝えられています。
歴史上の人物

– 泰景

-泰景の生涯- 泰景(やすかげ)は、鎌倉時代前期の武将・御家人。三浦氏の祖とされる。三浦大介泰村は子。三浦義明の孫。三浦義継の兄。 源頼朝の挙兵に従い、石橋山の戦い(治承4年5月23日)では16歳にして出陣し、敵の大将平忠直を討ち取る。頼朝に褒賞され、三浦郡を与えられた。 寿永3年(1184年)には、平家追討軍の総大将として西国に派遣され、壇ノ浦の戦い(寿永4年3月24日)に勝利した。 文治5年(1189年)には、源義経追討軍の総大将として奥州に派遣され、義経を討ち取った。 建久7年(1196年)には、頼朝の死後、権力を握った北条時政によって謀殺された。 泰景は、三浦氏の祖として代々三浦郡を支配した。また、源頼朝の挙兵に従い、壇ノ浦の戦い、源義経追討戦いで功績を上げ、鎌倉幕府の有力御家人として活躍した。 泰景は、謀殺された後、三浦郡三浦に葬られた。現在、三浦市に泰景の墓がある。 泰景は、三浦氏の祖として慕われ、三浦郡の人々から尊敬されている。
歴史上の人物

「明詮」平安時代前期の僧

-明詮の生涯- 明詮は、平安時代前期の僧である。天長3年(826年)に生まれ、貞観13年(871年)に没した。 明詮は、京都の出身である。父は源信、母は藤原氏である。明詮は、幼い頃から仏教に興味を持ち、10歳の時に出家して、延暦寺に入った。 延暦寺で明詮は、比叡山で修行を重ね、密教を学び、密教の奥義を体得した。明詮は、密教の奥義を体得したことで、多くの弟子を集め、密教の教えを広めた。 明詮は、貞観13年(871年)に没した。享年46歳であった。明詮の死後、弟子たちは、明詮の教えを受け継ぎ、密教をさらに広めた。 明詮は、平安時代前期の密教の代表的な僧侶である。明詮の教えは、平安時代中期以降の密教の発展に大きな影響を与え、日本の仏教文化の発展に貢献した。
歴史上の人物

秋篠高子 – 平安時代前期の嵯峨天皇の更衣

秋篠高子 - 平安時代前期の嵯峨天皇の更衣
歴史上の人物

膳伴家吉:承和の白亀献上者

膳伴家吉承和の白亀献上者 平安時代前期の豪族 膳伴家吉(かじわりのやえよし)は、平安時代前期の豪族です。弘仁7年(816年)に権少外記に任じられ、承和3年(836年)には従五位下に叙されました。承和7年(840年)に白亀を朝廷に献上し、従五位上に叙されました。承和9年(842年)には淳和天皇の死により喪に服し、従四位上に叙されました。 家吉は、下野国(栃木県)を本拠地とする豪族でした。下野国は、東国の中でも比較的早く開発が進んだ地域であり、家吉は下野国で有力な豪族として勢力を誇っていました。家吉は、朝廷に白亀を献上することで、朝廷との関係を強化し、自らの権勢を誇示しました。 家吉は、承和9年(842年)に没しました。家吉の死後、下野国の豪族たちは、家吉の遺領をめぐって争いを起こしました。この争いは、承和の変と呼ばれる事件に発展し、最終的には朝廷の介入によって鎮圧されました。 家吉は、平安時代前期を代表する豪族の一人です。家吉は、朝廷に白亀を献上することで朝廷との関係を強化し、自らの権勢を誇示しました。家吉の死後、下野国の豪族たちは、家吉の遺領をめぐって争いを起こし、この争いは承和の変と呼ばれる事件に発展しました。
歴史上の人物

興世書主 – 平安時代前期の官吏

-興世書主とは誰なのか- 興世書主とは、平安時代前期の官吏であり、皇室の財産である田地や荘園の管理や帳簿作成を担当しました。また、皇室の経済活動や財政に関する記録の作成や保管にも携わりました。興世書主は、皇室の財政を管理する重要な役割を果たし、その地位は非常に高いものでした。 興世書主の始まりは、平安時代初期の嵯峨天皇の時代にまで遡ります。嵯峨天皇は、皇室の財政を管理するために、興世書主の設置を命じました。興世書主は、当初は皇室の財政を管理する官吏の一人でしたが、次第にその地位を確立し、皇室の財政を管理する最高責任者となりました。 興世書主となるためには、官吏としての高い能力と皇室に対する忠誠心が求められました。興世書主は、皇室の財政を管理するだけでなく、皇室の経済活動や財政に関する記録の作成や保管にも携わりました。そのため、興世書主には、経済に関する深い知識と記録作成能力が必要とされました。 また、興世書主は、皇室に対する忠誠心も求められました。興世書主は、皇室の財政を管理する重要な役割を果たすため、皇室に対して忠誠を尽くすことが求められました。興世書主は、皇室の財政を管理するだけでなく、皇室の経済活動や財政に関する記録の作成や保管にも携わりました。そのため、興世書主には、経済に関する深い知識と記録作成能力が必要とされました。 興世書主は、平安時代前期には非常に重要な役割を果たした官吏でした。しかし、平安時代後期になると、興世書主の地位は次第に低下し、最終的には廃止されました。興世書主の廃止は、皇室の財政が衰退したことや、皇室の経済活動が民間企業に移管されたことが原因であると考えられています。
学術分野の人

– 「大春日雄継」の生涯と功績

- 大春日雄継の生い立ちと経歴 大春日雄継は、明治4年(1871年)に東京都に生まれました。父は大春日彌次右衛門、母は大春日ますです。雄継は、幼い頃から柔道と剣道を学び、18歳の時に講道館に入門しました。 講道館では、嘉納治五郎の指導を受け、柔道の技を磨きました。19歳の時に初段を取得し、20歳の時に二段を取得しました。1893年には、嘉納治五郎の推薦でドイツに留学し、柔道の普及に努めました。 ドイツ留学中に、雄継は柔道の重要性を認識し、帰国後には柔道の普及に尽力しました。1897年に講道館の師範となり、1900年には講道館の教授になりました。同年、柔道がオリンピックの正式種目となり、雄継はオリンピックの柔道選手として出場しました。 オリンピックでは、雄継は順調に勝ち進み、決勝でイギリスの選手を破って金メダルを獲得しました。雄継の金メダル獲得は、日本の柔道のレベルの高さを世界に示すこととなり、柔道の国際的な普及に貢献しました。 1906年に雄継は講道館の館長となり、1922年に講道館の最高師範になりました。以後、雄継は柔道の普及に努め、1938年に亡くなるまで講道館の最高師範を務めました。 雄継は柔道の発展に大きな貢献をした人物であり、柔道の父と呼ばれています。
歴史上の人物

藤原古子

藤原古子(ふじわら の ふるこ、生没年不詳)は、平安時代前期の女御。右大臣・藤原仲成の娘。母の名は不詳。 右大臣・藤原定基の正室。蔵人頭・藤原総貞の生母。 古子については、その実名や経歴に関する記録に乏しい。しかし、藤原定基の妻であり、蔵人頭を務めた藤原総貞を産んだことは判明している。また、藤原基経の異母姉であるとも言われる。 古子が女御として立后したのは、延喜3年(903年)のことである。このとき、定基は権中納言の地位にあり、古子は従四位下に叙せられた。古子は、定基との間に一人息子の総貞を産むが、その後は男子を授かることはなかった。 延長8年(930年)、定基が内大臣に任じられたのを機に、古子は従三位に昇叙される。また、承平5年(935年)には、定基が右大臣に昇進したのに伴い、古子は正三位に叙せられた。 古子は、定基の死後も、女御の位を保ち続けた。天暦5年(951年)には、甥である藤原実頼が左大臣に任じられたのを機に、従二位に昇叙される。また、天徳4年(960年)には、実頼が内大臣に昇進したのに伴い、正二位に叙せられた。 古子は、康保4年(967年)に薨去したと伝えられる。享年は不明である。 古子は、平安時代前期の女御として、その生涯を全うした。彼女は、定基との間に一人息子の総貞を産み、実頼や伊尹などの名臣を輩出する藤原北家の繁栄に貢献した。
歴史上の人物

橘御井子→ 奈良-平安時代前期の桓武天皇の女御

-橘御井子- 橘御井子は、奈良時代後期から平安時代前期にかけての桓武天皇の女御。桓武天皇の第三皇子である大伴親王(のちの淳和天皇)と嵯峨天皇、仁明天皇の母。 -橘御井子の出自と生涯- 橘御井子は、橘奈良麻呂と橘古那可智の娘として生まれた。桓武天皇の即位後、入内して女御となった。御井子は、桓武天皇の寵愛を受け、802年に大伴親王、805年に嵯峨天皇、808年に仁明天皇を出産した。 御井子は、子女の教育にも熱心に取り組んだ。大伴親王は、後に淳和天皇として即位し、嵯峨天皇と仁明天皇も、後にそれぞれ天皇に即位した。御井子は、子女の即位を見て、その晩年を安らかに過ごした。 御井子は、830年に薨去した。薨去の際には、桓武天皇が深い悲しみを露わにし、御井子の菩提を弔うために、薬師寺に橘御井子菩提寺を建立した。 橘御井子は、桓武天皇の寵愛を受けた女御として、桓武天皇の皇子を次々と出産し、皇室の発展に貢献した。また、御井子は、子女の教育にも熱心に取り組み、子女が後に天皇に即位するなど、その教育の成果は大きく、長く皇室にその功績が受け継がれた。 橘御井子は、日本の歴史上、重要な役割を果たした人物である。
歴史上の人物

大宅内親王 – 平城天皇の妃

大宅内親王(おおやけのないしんのう)は、平安時代初期の皇族。嵯峨天皇の第二皇女で、母は藤原薬子の妹・藤原美都子。平城天皇の妃で、仁明天皇の母。 大宅内親王の生涯 大宅内親王は、810年に嵯峨天皇の第二皇女として生まれました。母は藤原薬子の妹・藤原美都子です。大宅内親王は、嵯峨天皇の寵愛を受けて育ち、827年に平城天皇の妃となりました。833年に仁明天皇を産み、850年に平城天皇が崩御すると、仁明天皇の摂政を務めました。 858年、仁明天皇が崩御すると、大宅内親王は出家して法名を「紹聖」と改めました。879年に69歳で崩御するまで、仁明天皇の菩提を弔い、仏教の修行に励みました。 大宅内親王は、温厚で慈悲深い性格で、人々から慕われていました。また、学問を好み、和歌にも秀でていました。大宅内親王の和歌は、『古今和歌集』に数多く収められています。 大宅内親王は、平城天皇の妃として、仁明天皇の母として、また、出家後は仏教の修行に励んだ女性として、平安時代初期の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の人物

妙冲尼と承和の変

- 妙冲尼と承和の変 平安時代前期、律令政治の衰退と貴族社会の隆盛を背景に、朝廷内の権力争いが激化していた。承和の変とは、弘仁14年(823年)に起きた朝廷内のクーデター事件である。この事件は、嵯峨天皇の寵愛を受け、権勢を振るっていた僧侶・橘逸勢と、嵯峨天皇の皇太子・淳和天皇の生母である妙冲尼との対立が背景にあった。 - 橘逸勢と妙冲尼 橘逸勢は、弘仁4年(813年)に大僧都に任命され、嵯峨天皇の寵愛を受けた。彼は、天皇の側近として権勢を振るい、朝廷内の要職を歴任した。一方、妙冲尼は、嵯峨天皇の皇太子・淳和天皇の生母である。彼女は、嵯峨天皇の皇后・藤原薬子と不仲であり、橘逸勢とも対立していた。 承和10年(823年)、橘逸勢は、嵯峨天皇の廃位と淳和天皇の即位を企てた。しかし、この計画は事前に発覚し、橘逸勢は逮捕された。橘逸勢は、処刑され、妙冲尼は、出家させられた。承和の変は、橘逸勢と妙冲尼の対立が背景にあった事件である。
歴史上の人物

平安時代の僧侶 安高に関する基礎知識

- 平安時代の僧侶 安高に関する基礎知識 -# 嘉祥2年(849)年の宇治への土地寄進 平安時代初期の僧侶である安高は、嘉祥2年(849)年に宇治に土地を寄進しています。この土地寄進は、安高が宇治に建立した寺、安祥寺のために行われたものです。安祥寺は、安高が宇治に滞在していた頃に建立した寺で、安高の死後も長く存続していました。しかし、安祥寺は、応仁の乱(1467-1477)の際に焼失し、現在ではその跡地は残されていません。 安高が宇治に土地を寄進した理由は、明確にはわかっていません。しかし、安高が宇治に滞在していた頃、宇治には多くの貴族や官僚が別荘を構えていました。そのため、安高は、宇治に土地を寄進することで、貴族や官僚との交流を深めようとしたのではないかと考えられています。 また、安高が宇治に土地を寄進した理由は、安高が宇治の水質を気に入り、宇治に寺を建立したいと考えたからではないかと考えられています。宇治は、古くから水質が良いことで知られており、宇治の茶は、その水質の良さが影響して、独特の風味を持っていると言われています。安高も、宇治の水質を気に入り、宇治に寺を建立したいと考えたのではないかと考えられています。 安高が宇治に寄進した土地は、現在の宇治市宇治山田町にあるとされています。この土地は、安祥寺が焼失した後も、安祥寺の跡地として残され、現在では、安祥寺跡公園として整備されています。安祥寺跡公園には、安祥寺の跡地を示す石碑が建てられており、安高が宇治に土地を寄進したことを偲ぶことができます。
歴史上の人物

「明福」

平安時代前期の僧 平安時代前期には、多くの僧が登場し、仏教文化の発展に貢献しました。その中でも、特に有名な僧の一人が、空海です。空海は、弘法大師としても知られ、真言宗の開祖です。空海は、774年に讃岐国(現在の香川県)に生まれ、幼い頃から仏教に親しみました。19歳の時に出家し、奈良の唐招提寺で学びました。その後、唐に留学して、密教を学びました。帰国後は、高野山に金剛峯寺を開き、真言宗を広めました。空海は、また、優れた書家でもあり、三筆の一人に数えられています。 平安時代前期の僧には、空海以外にも、多くの著名な僧がいます。その中には、慈覚大師円仁、天台宗の開祖である最澄、比叡山の開祖である良遍などがいます。平安時代前期の僧たちは、仏教文化の発展に貢献し、日本の文化や歴史に大きな影響を与えました。 空海(弘法大師) 空海は、774年に讃岐国(現在の香川県)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、19歳の時に出家しました。奈良の唐招提寺で学び、その後、唐に留学して密教を学びました。帰国後は、高野山に金剛峯寺を開き、真言宗を広めました。空海は、また、優れた書家でもあり、三筆の一人に数えられています。 慈覚大師円仁 慈覚大師円仁は、794年に近江国(現在の滋賀県)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、19歳の時に出家しました。比叡山で学び、その後、唐に留学して密教を学びました。帰国後は、比叡山に円融寺を開き、天台宗を伝えました。慈覚大師円仁は、また、優れた学者でもあり、多くの著作を残しています。 最澄 最澄は、767年に近江国(現在の滋賀県)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、19歳の時に出家しました。奈良の東大寺で学び、その後、唐に留学して密教を学びました。帰国後は、比叡山に延暦寺を開き、天台宗を広めました。最澄は、また、優れた学者でもあり、多くの著作を残しています。 良遍 良遍は、798年に近江国(現在の滋賀県)に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、19歳のの時に出家しました。比叡山で学び、その後、唐に留学して密教を学びました。帰国後は、比叡山に横川を開き、天台宗を伝えました。良遍は、また、優れた学者でもあり、多くの著作を残しています。
歴史上の人物

人名辞典「恵運」

恵運の生涯 恵運は、634年に百済に生まれ、706年に亡くなった僧侶です。恵運は、百済の王族であり、聖王の弟である武王の子として生まれました。恵運は幼い頃から仏教に帰依し、15歳のときに僧侶となりました。恵運は唐に留学し、玄奘三蔵に師事して仏教を学びました。 恵運は、660年に百済に帰国し、法興寺に住みました。恵運は、法興寺の住職となり、仏教の布教に努めました。恵運は、百済が唐に滅亡した後は、日本に亡命しました。恵運は、日本で仏教の布教に努め、多くの弟子を育てました。恵運は、706年に日本で亡くなりました。 恵運は、百済と日本の仏教の発展に大きな貢献をした僧侶です。恵運は、仏教の経典を翻訳し、仏教の教義を日本に伝えました。恵運は、また、多くの弟子を育て、仏教の布教に努めました。恵運は、日本仏教の祖の一人として知られています。 恵運の生涯は、波乱に満ちたものでした。恵運は、百済が唐に滅亡した後は、日本に亡命しました。恵運は、日本で仏教の布教に努めましたが、迫害を受けました。恵運は、晩年まで迫害を受け続け、706年に日本で亡くなりました。 恵運は、百済と日本の仏教の発展に大きな貢献をした僧侶です。恵運は、仏教の経典を翻訳し、仏教の教義を日本に伝えました。恵運は、また、多くの弟子を育て、仏教の布教に努めました。恵運は、日本仏教の祖の一人として知られています。
歴史上の人物

真昶 – 平安時代前期の僧

真昶の生涯 真昶は、平安時代前期の僧侶です。869年、和泉国(現在の大阪府)に生まれ、幼い頃から仏教に親しんでいました。15歳の時に、京都の比叡山延暦寺に入山し、天台宗の教えを学びました。 真昶は、比叡山延暦寺で、慈覚大師円仁や安然といった高僧のもとで修行し、頭角を現しました。894年には、円仁の跡を継いで比叡山延暦寺の座主となりました。 真昶は、比叡山延暦寺の座主として、天台宗の発展に尽くしました。また、比叡山延暦寺に、円頓戒壇を建立しました。円頓戒壇は、比叡山延暦寺で受戒できるようになったことを意味し、天台宗の権威を高めることになりました。 真昶は、947年に亡くなりました。享年78歳。真昶は、天台宗の発展に尽くした高僧として、今なお尊敬されています。