囲碁棋士

スポーツカテゴリー

長谷川知仙とは?人生や業績

-長谷川知仙の生涯- 長谷川知仙は、1783年(天明3年)に江戸の赤坂に生まれました。本名は知撰(ともあき)です。父は紀伊藩江戸藩邸の剣術師範だった長谷川玄順(はるみつ)です。幼い頃から剣術を学び、12歳で免許皆伝となりました。その後、柳生新陰流の奥義を学ぶために紀州藩に出向き、柳生宗厳(むねとし)に入門しました。 20歳で江戸に戻ると、剣術道場を開き、多くの弟子を集めました。また、柳生新陰流の奥義を学んだことから、柳生新陰流の正統な継承者と認められるようになりました。1816年(文化13年)には、将軍徳川家斉の御前試合で勝利し、江戸城に道場を開くことを許されました。 知仙は、剣術の腕前だけでなく、剣術理論にも優れていました。1823年(文政6年)に、剣術書「剣術口伝」を著し、柳生新陰流の奥義を体系的に解説しました。この書物は、多くの剣術家に読まれ、柳生新陰流の普及に大きく貢献しました。 知仙は、1843年(天保14年)に61歳で亡くなりました。その生涯で、多くの弟子を育て、柳生新陰流の普及に貢献しました。また、剣術書「剣術口伝」を著し、剣術理論の発展にも貢献しました。知仙は、江戸時代を代表する剣術家の一人として知られています。
スポーツカテゴリー

– 林海峰

-天才棋士・林海峰の歩み- 林海峰は、1970年1月14日に台湾の台北市で生まれた。5歳の頃に碁を覚え、すぐにその才能を発揮した。7歳の時には、台湾の全国少年少女碁囲碁大会で優勝し、史上最年少優勝者となった。 1986年、林海峰はプロ棋士となり、すぐにトップ棋士の仲間入りを果たした。1989年には、台湾の最高峰の大会である名人戦で優勝し、台湾最年少名人となった。1990年には、日本棋院の棋聖戦で優勝し、史上初の外国人棋聖となった。 1992年、林海峰は世界選手権で優勝し、史上最年少の世界王者となった。1993年には、世界選手権を連覇し、2連覇を達成した。1994年には、世界選手権3連覇を達成し、世界棋界の頂点に立った。 1995年、林海峰は引退を発表した。引退後は、台湾棋院の理事長を務め、囲碁の普及に努めた。2006年には、囲碁殿堂入りを果たした。 林海峰は、史上最も偉大な囲碁棋士の一人とされている。その天才的な才能と、独創的な棋風で、囲碁界に大きな影響を与えた。
スポーツカテゴリー

「本因坊察元」の人物伝

-「本因坊察元」の生い立ちと囲碁の始まり- 本因坊察元は、江戸時代初期に活躍した囲碁棋士です。1558年、京都に生まれ、幼い頃から囲碁を学びました。10代の頃には、すでに京都でトップクラスの棋士として知られていました。 ある日、察元は将軍・徳川家康の前で囲碁を打つ機会を得ました。家康は察元の才能を見抜き、彼を江戸に招き寄せました。察元は江戸で、家康の庇護のもと、囲碁の普及に努めました。 察元は、囲碁のルールや戦法を体系的にまとめた「本因坊流」を確立しました。本因坊流は、その後、日本の囲碁界を代表する流派となり、今日に至るまで受け継がれています。 察元はまた、多くの弟子を育て、囲碁の普及に貢献しました。彼の弟子の中には、本因坊道策や本因坊秀策など、後に名を残す棋士たちも多くいました。 察元は、1623年に66歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は今日に至るまで語り継がれており、囲碁界における偉大な人物として尊敬されています。
スポーツカテゴリー

「本因坊道策」とは?その生涯と功績

- 本因坊道策の生涯 本因坊道策(1604年 - 1672年)は、江戸時代前期の囲碁棋士で、本因坊家の跡目争いにおける勝利者として名が知られている。また、碁史上最強の棋士の一人とされ、名人位を30年間保持し、その間2000局以上を打ってわずか4敗しかしなかった。 道策は肥後国(現在の熊本県)に生まれ、幼い頃から囲碁の才能を発揮した。13歳の時に江戸に出て、本因坊算砂の門下に入る。18歳で初段となり、21歳で四段に昇段する。25歳の時には六段に昇段し、本因坊家の跡目争いに参戦する。 跡目争いは、算砂の死後、その跡を継ぐ者が誰になるかの争いである。道策のライバルは、算砂の息子である本因坊道悦であった。道悦は道策よりも年上であり、また四段であったため、跡目争いでは有利とみられていた。しかし、道策は持ち前の才能と努力で、道悦を破って本因坊家の跡目を継いだ。 道策は、本因坊家の跡目を継ぐと、名人位を30年間保持した。その間、2000局以上を打ってわずか4敗しかしなかった。道策の棋風は、力強い打ち方で、特に中盤での攻めが鋭かった。また、道策は研究熱心であり、数多くの囲碁の定石を開発した。 道策は、江戸時代前期を代表する囲碁棋士であり、その功績は現在でも高く評価されている。道策の墓は、東京都台東区の谷中墓地にあり、多くの囲碁ファンが訪れる。
歴史上の偉人

松本因碩:江戸後期-明治時代の囲碁棋士

松本因碩の生い立ちと早年期 松本因碩は、1779年(安永8年)に江戸で生まれました。本名は松本良周(りょうしゅう)といい、因碩は彼の号です。 因碩の父は、松本玄斎といい、医者でした。因碩は、幼い頃から囲碁の才能を発揮し、10歳の頃には、すでに名人と呼ばれていました。 15歳の時、因碩は江戸城に登城し、老中松平定信の前で対局しました。因碩は定信に勝利し、褒美として100両を賜りました。 18歳の時、因碩は因碩の称号を授与されました。因碩は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて活躍した、最も偉大な囲碁棋士の一人です。 因碩は、1862年(文久2年)に死去しました。享年84歳でした。因碩は、その生涯で数多くのタイトルを獲得し、多くの弟子を育て上げました。 因碩の死後、彼の業績を称えて、東京の谷中にある全生庵に、因碩の墓が建立されました。 因碩は、江戸時代後期から明治時代初期にかけて活躍した、最も偉大な囲碁棋士の一人です。彼の棋力は強く、多くの弟子を育て上げ、日本の囲碁界の発展に貢献しました。
歴史上の偉人

林門入 2世 – 江戸前期の囲碁棋士

-棋界の巨匠「林門入」の功績- 林門入は、江戸前期の囲碁棋士です。本因坊道悦、本因坊道策、本因坊道恵の3人を破り、名人まで上り詰めた棋士です。林門入の功績は、名人位を4回獲得したこと、碁法を改良したこと、碁書を出版したことなどです。 林門入は、1609年に京都で生まれました。幼い頃から囲碁を学び、16歳で初段を取得しました。その後、道悦、道策、道恵らと対戦し、勝利を収めました。1647年には、名人位を初めて獲得しました。その後、名人位を3回防衛し、1657年に引退しました。 林門入は、碁法を改良したことで知られています。林門入は、それまでの囲碁が「打ち合い」を重視していたのに対し、「布石」を重視する碁法を確立しました。林門入の碁法は、現代の囲碁にも大きな影響を与えています。 林門入は、碁書を出版したことでも知られています。林門入は、1656年に『近世碁経』を出版しました。『近世碁経』は、囲碁の基本的な打ち方や戦法を解説した碁書です。『近世碁経』は、多くの棋士に読まれ、囲碁の発展に貢献しました。 林門入は、囲碁界に大きな功績を残した棋士です。林門入の功績は、現代の囲碁にも大きな影響を与えています。
歴史上の偉人

「本因坊秀甫」

- 本因坊秀甫の功績 本因坊秀甫は、江戸時代中期に活躍した囲碁棋士で、本因坊家の13世を継いだ。本因坊歴代の中で最も多くのタイトルを獲得した棋士であり、その功績は高く評価されている。 秀甫は1721年、京都に生まれた。7歳の時に碁を学び、頭角を現した。1738年に本因坊家に入門し、1746年に13世を継いだ。秀甫は1748年から1754年まで、7連覇を達成し、本因坊歴代最長の連覇記録を樹立した。 秀甫は囲碁の普及と発展に貢献した。1762年に、京都に「本因坊囲碁道場」を開設し、多くの弟子を育てた。また、囲碁の定石や戦法を研究し、その成果を「本因坊秀甫碁譜」にまとめた。この碁譜は、後世の棋士に大きな影響を与えた。 秀甫は1783年に、63歳で死去した。その功績は高く評価され、1940年に日本棋院から「本因坊秀甫名誉名人」の称号を贈られた。 秀甫の功績は、以下の通りである。 * 7連覇を達成し、本因坊歴代最長の連覇記録を樹立。 * 本因坊囲碁道場を開設し、多くの弟子を育てた。 * 囲碁の定石や戦法を研究し、その成果を「本因坊秀甫碁譜」にまとめた。 * 1940年に日本棋院から「本因坊秀甫名誉名人」の称号を贈られた。
歴史上の偉人

幕末から明治にかけて活躍した囲碁棋士 – 梶川昇

- 医師を志すも囲碁に傾倒、本因坊秀和に入門 梶川昇は、幼い頃から囲碁に親しみ、10歳で江戸の本因坊道節に入門しました。しかし、その後医師を志し、江戸に出て医学を学びました。しかし、囲碁への情熱は捨てきれず、本因坊秀和に入門し、プロ棋士となりました。 梶川昇は、囲碁の才能に恵まれ、すぐに頭角を現しました。1868年には、本因坊秀和から四段を許され、1877年には六段に昇段しました。1882年には、七段に昇段し、本因坊秀策と並ぶトップ棋士となりました。 梶川昇は、囲碁の棋風は、粘り強く、着実な打ち方が特徴でした。また、終盤の勝負に強く、多くの逆転勝ちを収めました。1890年には、本因坊秀策を破り、本因坊位を奪取しました。 梶川昇は、本因坊位在位中に、囲碁の普及に努めました。1892年には、日本囲碁協会を設立し、囲碁の普及に貢献しました。1894年には、日清戦争に従軍し、前線で囲碁を打つなど、囲碁の普及に努めました。 梶川昇は、1916年に、本因坊位を引退しました。しかし、その後も囲碁の普及に努め、1935年に死去するまで、囲碁界の発展に貢献しました。
スポーツカテゴリー

結城聡 – 平成時代の囲碁棋士

-# 結城聡の生い立ちと入門 結城聡は、1968年10月29日に東京都で生まれた。父は囲碁棋士の結城信輝、母はアマチュア囲碁棋士の結城清子。両親の影響もあり、幼い頃から囲碁に親しむ。小学校入学後、地元の囲碁教室に通い始め、頭角を現す。 1981年、結城は第2回小学生囲碁名人戦で優勝。この大会で優勝したのは、後にトップ棋士となる趙治勲、羽根直樹、依田紀基に次いで4人目であり、結城の才能を印象づけた。 1983年、結城は14歳で入段。入門したのは、父信輝が師事していた加藤正夫門下であった。加藤は、結城の才能を高く評価し、熱心に指導した。結城も、加藤の指導に応え、着実に力をつけていった。 1986年、結城は第37期名人戦でベスト8に進出。この大会でベスト8に進出したのは、当時17歳であり、歴代最年少記録であった。翌1987年には、第17期棋聖戦でベスト4に進出。この大会でベスト4に進出したのは、当時18歳であり、こちらも歴代最年少記録であった。 結城は、その後も順調に昇段を重ね、1992年には九段に昇格。同年、第41期名人戦で挑戦者となり、小畑昌宏名人との七番勝負を戦った。しかし、結果は1-4で敗れ、タイトル獲得はならなかった。 結城は、その後もタイトル戦に出場する機会はあったが、タイトル獲得には至らなかった。しかし、常にトップ棋士として活躍し、平成の囲碁界を支えた一人である。
歴史上の偉人

「日置源次郎」

- 日置源次郎の生涯 日置源次郎は、1771年(明和8年)に、丹波国桑田郡日置村(現在の京都府京丹後市)に生まれました。幼名は源太郎と言い、豪農の家に生まれました。 1784年(天明4年)に、京都に出て、儒学を学びました。その後、京都で医者をしながら、尊皇攘夷思想を唱えました。 1863年(文久3年)には、長州藩の奇兵隊に入隊し、幕府軍と戦いました。1864年(元治元年)には、池田屋事件で捕らえられましたが、脱走して薩摩藩に逃れました。 1865年(慶応元年)には、薩摩藩の御用掛となり、薩摩藩の近代化に貢献しました。1866年(慶応2年)には、薩長同盟の締結に尽力し、戊辰戦争では、薩摩藩軍を率いて幕府軍と戦いました。 戊辰戦争後、日置源次郎は、薩摩藩の大参事に任命されました。しかし、1871年(明治4年)に、廃藩置県が行われて薩摩藩が解体されると、政府の官職を辞しました。 その後、日置源次郎は、京都で隠居生活を送りました。1876年(明治9年)に、京都で死去しました。 日置源次郎は、尊皇攘夷思想を唱え、戊辰戦争で薩摩藩軍を率いて幕府軍と戦った人物です。薩摩藩の近代化に貢献し、薩長同盟の締結にも尽力しました。
スポーツカテゴリー

藤沢朋斎:昭和時代の囲碁棋士

藤沢朋斎の生涯 藤沢朋斎は、1912年(昭和24年)に神奈川県平塚市に生まれました。 8歳の時に囲碁を始め、13歳で常磐木囲碁研究所に入所しました。 1931年(昭和6年)に、19歳で入段しました。 1935年(昭和10年)には、本因坊秀哉に挑戦し、1勝4敗で敗れましたが、これが朋斎の七大タイトル挑戦の始まりでした。 1937年(昭和12年)には、大阪毎日新聞の主催で行われた第一回本因坊戦で、決勝戦で木谷實九段を破り、本因坊位を獲得しました。 これは、朋斎の最初の七大タイトル獲得であり、以後、朋斎は12回本因坊位を獲得するなど、七大タイトルを23回獲得しました。 1954年(昭和29年)には、日本棋院の理事長に就任しました。 1973年(昭和48年)に引退しましたが、1976年(昭和51年)に、藤沢朋斎記念会館が設立されました。 1984年(昭和59年)には、勲四等旭日小綬章を受章しました。 1991年(平成3年)には、囲碁の殿堂入りを果たしました。 2002年(平成14年)に、90歳で死去しました。 藤沢朋斎は、昭和の三大棋士の一人で、七大タイトルを23回獲得した史上最多記録保持者です。 また、囲碁界の普及に努め、多くの後進を育てました。
歴史上の偉人

内垣末吉 – 幕末・大正時代の囲碁棋士

内垣末吉の生涯 内垣末吉は、1844年(天保15年)に備中松坂村(現在の岡山県倉敷市)に生まれました。幼い頃から囲碁を学び、14歳で江戸にに出て、本因坊家に入門しました。1862年(文久2年)に初段となり、1865年(元治2年)に二段に昇段しました。 1868年(慶応4年)に明治維新が起こると、内垣は本因坊家を離れ、関西に渡って棋士として活躍しました。1877年(明治10年)に五段に昇段し、1884年(明治17年)に六段に昇段しました。1895年(明治28年)には七段に昇段し、1900年(明治33年)には八段に昇段しました。 内垣は、囲碁界の発展に尽力しました。1896年(明治29年)に日本囲碁協会を設立し、初代会長に就任しました。また、1903年(明治36年)には囲碁雑誌「碁道」を創刊しました。 内垣は、1921年(大正10年)に78歳で亡くなりました。内垣の死後、日本囲碁協会は内垣の功績を称え、内垣末吉賞を創設しました。内垣末吉賞は、毎年、囲碁界に貢献した棋士に贈られています。 内垣は、明治・大正時代に活躍した囲碁棋士であり、囲碁界の発展に尽力しました。内垣の功績は、今日まで語り継がれています。
スポーツカテゴリー

井山裕太:囲碁界の天才

-天才棋士の誕生- 井山裕太は、1995年5月24日に東京都・昭島市で生まれました。父親はアマチュア二段で、井山裕太が3歳のときに囲碁を始めました。そして、5歳の時に囲碁の才能を発揮し、地元の少年少女囲碁大会で優勝しました。 1997年、井山裕太が6歳のときに、東京・吉祥寺に住むプロ棋士・高川秀格の門下生となり、本格的に囲碁の勉強を始めました。 1999年、井山裕太が8歳のときに、第1回朝日アマチュア囲碁選手権大会に出場しました。この大会では、井山裕太は決勝戦まで進出しましたが、惜しくも準優勝に終わりました。しかし、この大会での活躍により、井山裕太は天才棋士として注目されるようになりました。 2000年、井山裕太が9歳のときに、第2回朝日アマチュア囲碁選手権大会に出場しました。この大会では、井山裕太は決勝戦で前年度優勝者である酒井真樹に勝利し、史上最年少で優勝を果たしました。 2002年、井山裕太が11歳のときに、プロ棋士試験を受けました。プロ棋士試験は、毎年1回行われる試験で、この試験に合格するとプロ棋士になることができます。井山裕太は、プロ棋士試験に一発合格し、プロ棋士になりました。プロ棋士になった井山裕太は、すぐに頭角を現し、2005年に第20期竜王戦で優勝し、史上最年少でタイトルを獲得しました。 2006年、井山裕太は第21期竜王戦で優勝し、2連覇を達成しました。2007年、井山裕太は第22期竜王戦で優勝し、3連覇を達成しました。2008年、井山裕太は第23期竜王戦で優勝し、4連覇を達成しました。 2009年、井山裕太は第24期竜王戦で優勝し、5連覇を達成しました。2010年、井山裕太は第25期竜王戦で優勝し、6連覇を達成しました。2011年、井山裕太は第26期竜王戦で優勝し、7連覇を達成しました。 2012年、井山裕太は第27期竜王戦で優勝し、8連覇を達成しました。2013年、井山裕太は第28期竜王戦で優勝し、9連覇を達成しました。2014年、井山裕太は第29期竜王戦で優勝し、10連覇を達成しました。 2015年、井山裕太は第30期竜王戦で優勝し、11連覇を達成しました。2016年、井山裕太は第31期竜王戦で優勝し、12連覇を達成しました。2017年、井山裕太は第32期竜王戦で優勝し、13連覇を達成しました。 2018年、井山裕太は第33期竜王戦で優勝し、14連覇を達成しました。2019年、井山裕太は第34期竜王戦で優勝し、15連覇を達成しました。2020年、井山裕太は第35期竜王戦で優勝し、16連覇を達成しました。 井山裕太は、2021年現在、竜王戦17連覇中であり、史上最長連覇記録を更新し続けています。井山裕太は、天才棋士として、囲碁界をリードする存在となっています。
スポーツカテゴリー

「杉内寿子」

- 杉内寿子の生い立ち 杉内寿子は、1940年3月10日に東京で生まれた。彼女の父親は、外交官であり、彼女が幼い頃に海外に転勤となったため、幼少期はアメリカとイギリスで過ごした。その後、彼女は日本に戻り、桜蔭学園高等学校に入学した。 高校卒業後は、東京大学に進学し、経済学部で学んだ。大学在学中に、彼女は日本銀行の調査部でアルバイトを始め、卒業後は日本銀行に就職した。 日本銀行に就職してからは、主に国際金融を担当し、ニューヨークとロンドンに駐在した。また、彼女は世界銀行にも出向し、アジア地域の経済政策について研究した。 1989年、彼女は日本銀行の東京本部に返任し、国際局長に就任した。その後、彼女は日本銀行の副総裁に就任し、2003年には日本銀行の第30代総裁に就任した。 杉内寿子は、日本銀行の総裁として、金融政策の運営や金融システムの改革に取り組んだ。また、彼女は国際通貨基金(IMF)や世界銀行の会議にも参加し、国際的な金融政策の調整に尽力した。 2008年に日本銀行の総裁を退任した後、彼女は国際通貨基金(IMF)の専務理事に就任した。IMFでは、2008年の金融危機への対応や途上国への融資などに取り組んだ。 2011年、彼女はIMFの専務理事を退任し、現在では国際通貨研究所の会長を務めている。
歴史上の偉人

碁の名人、本因坊算砂の人生と棋譜

-本因坊算砂の生涯- 本因坊算砂は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した囲碁棋士です。本因坊家第4世の名人であり、江戸時代初期の碁界を代表する棋士の一人でした。 算砂は、1589年に京都で生まれました。本名は藤原算寿(かずとし)です。幼少の頃から碁に興味を持ち、10代の頃にはすでに名人級の棋士として知られていました。1603年に本因坊家を継ぎ、名人となりました。 算砂は、名人として多くの棋譜を残しています。その棋風は、丁寧で正確な打ち回しが特徴で、後世の棋士に大きな影響を与えました。算砂は、1623年に病没しましたが、その死後もその棋譜は研究され続け、現代でも高く評価されています。 算砂の生涯は、まさに碁一筋の生涯でした。幼少の頃から碁に取り組み、名人として多くの棋譜を残しました。その棋風は、丁寧で正確な打ち回しが特徴で、後世の棋士に大きな影響を与えました。算砂は、現代でも高く評価されている棋士の一人です。 算砂は、碁の名人としてだけでなく、その人柄でも知られていました。温厚で謙虚な性格で、多くの人々に慕われていました。算砂の死後、その弟子である本因坊道悦が名人となりました。道悦は、算砂の棋風を受け継ぎ、江戸時代中期の碁界を代表する棋士の一人となりました。 算砂は、江戸時代初期の碁界を代表する棋士の一人であり、その棋譜は現代でも高く評価されています。その人柄もまた、多くの人々に慕われていました。算砂は、囲碁の歴史において重要な人物の一人です。
歴史上の偉人

服部因淑:江戸時代後期の囲碁棋士

棋士人生の始まり井上因碩門下へ 服部因淑は、1779年(安永8年)に江戸に生まれた。幼少の頃から囲碁の才能を現し、10歳のときにはすでに三段の腕前を持っていた。12歳のとき、当時の碁界の第一人者である井上因碩に入門し、その指導を受けることとなった。 因碩は、因淑の才能を高く評価し、熱心に指導したため、因淑は飛躍的に棋力を向上させた。16歳のときには、因碩から四段の免状を授かり、プロ棋士としての道を歩み始めた。 因淑は、プロ棋士となってからもその勢いは衰えず、すぐに五段、六段と昇段を重ねた。20歳のときには、七段の免状を授かり、第一線棋士の仲間入りを果たした。 因淑は、その後も順調に棋力を伸ばし、25歳のときには、八段に昇段した。そして、28歳のときには、ついに名人位を奪取し、碁界の頂点に立った。 因淑は、名人位を9期連続で防衛し、その間、一度も敗れることなく、碁界を席巻した。因淑の強さは、正確な読みと、緻密な打ち回しで、相手を圧倒するものであった。また、因淑は、常に冷静沈着であり、どんな状況でも動じない強さも持っていた。 因淑は、37歳のとき、名人位を引退したが、その後も第一線で活躍し続けた。そして、55歳のとき、九段の免状を授かり、碁界の第一人者としてその生涯を終えた。
スポーツカテゴリー

中川亀三郎(2代)-明治から大正時代の囲碁棋士

-囲碁結社の方円社に入会- 中川亀三郎(2代)は、明治27年(1894年)に、方円社に入会した。方円社は、明治22年(1889年)に、本因坊秀栄・橋本宇太郎らが中心となって設立した囲碁結社である。結社の目的は、囲碁の普及と棋力の向上を図ることであった。 方円社は、定期的に例会を開催し、会員同士の対戦や研究会を行っていた。また、囲碁に関する雑誌『方円新報』を発行し、囲碁の最新情報を会員に提供していた。 中川亀三郎(2代)は、方円社に入会後、例会に積極的に参加し、会員との対戦や研究会を重ねた。また、『方円新報』に棋譜を投稿し、囲碁の普及と棋力の向上に貢献した。 中川亀三郎(2代)は、方円社に入会したことで、囲碁の知識と棋力を向上させることができ、明治33年(1900年)に、本因坊秀栄に初段を許されるまでに成長した。また、方円社で出会った棋士たちとは、生涯にわたって親交を深め、囲碁界の発展に貢献した。
スポーツカテゴリー

瀬越憲作:囲碁のパイオニア

-方円社での学習と棋士への道- 瀬越憲作は、1921年(大正10年)に北海道函館市に生まれました。幼い頃から囲碁に興味を持ち、12歳の時に地元の囲碁教室に通い始めました。14歳の時に上京し、方円社に入門しました。方円社は、当時日本最高峰の囲碁道場であり、本因坊秀哉や呉清源など、多くのトップ棋士が所属していました。 瀬越憲作は、方円社で一から囲碁を学び直し、わずか2年後の1937年(昭和12年)にアマチュア四段に昇段しました。その後、1939年(昭和14年)にプロ棋士となり、1940年(昭和15年)には五段に昇段しました。 しかし、戦時中は徴兵され、中国戦線に派遣されました。戦後、瀬越憲作は囲碁界に復帰し、1946年(昭和21年)には六段に昇段しました。翌1947年(昭和22年)には、本因坊秀哉の引退を受けて、本因坊戦に出場し、本因坊秀哉の独占が続く中、最終的に藤沢庫之助とともに決勝三番勝負に残ったものの、惜しくも敗れましたが、七段に昇段しました。 1950年(昭和25年)には、九段に昇段し、1953年(昭和28年)には、名人戦に出場し、史上最年少で名人位を獲得しました。その後、名人位を5期連続で防衛し、1958年(昭和33年)に退位しました。 瀬越憲作は、1962年(昭和37年)に棋聖戦で優勝し、史上初の五冠を達成しました。その後も、1964年(昭和39年)に名人位を奪回して六冠となったほか、1969年(昭和44年)には、王座戦で優勝して七冠を達成しました。 瀬越憲作は、1975年(昭和50年)に引退するまで、通算1,137勝391敗の成績を残しました。これは、当時の歴代最多勝利数であり、現在でも歴代5位となっています。 瀬越憲作は、囲碁界に革命を起こした棋士であり、現代囲碁の礎を築いた人物として知られています。瀬越憲作の功績は、今なお高く評価されており、2000年(平成12年)には、日本棋院から永世名誉棋聖の称号を贈られました。
歴史上の偉人

林玄悦 – 江戸時代前期-中期の囲碁棋士

林玄悦の生涯 林玄悦は、江戸時代前期から中期にかけて活躍した囲碁棋士です。生没年は不詳ですが、1640年代に生まれ、1700年代初頭に没したと推定されています。本名は林玄悦でしたが、玄悦の他に玄悦庵、玄悦法印、玄悦道喜など、いくつかの別名でも知られています。 玄悦は、京都で生まれ育ちました。囲碁を始めたのは、10代の頃だと言われています。玄悦は、天性の才能と努力によって、すぐに頭角を現しました。20代になると、当時のトップ棋士の一人である本因坊道策と互角に戦えるまでに成長しました。 1682年、玄悦は本因坊道策を破り、名人位を獲得しました。しかし、翌年には道策に敗れて名人位を失いました。その後、玄悦は道策と何度もタイトルを争いましたが、ついに名人位を奪還することはできませんでした。 玄悦は、囲碁の技術だけでなく、その風貌でも知られていました。玄悦は、身長が低く、痩せていて、顔に大きなあざがありました。そのため、玄悦は「鬼玄」などと呼ばれ、恐れられていました。 玄悦は、1700年代初頭に亡くなったと推定されています。玄悦の死後、玄悦の弟子たちは玄悦流を興し、玄悦の囲碁理論を伝承しました。玄悦流は、江戸時代中期以降、多くのトップ棋士を輩出し、日本の囲碁界の発展に大きく貢献しました。
スポーツカテゴリー

高橋杵三郎 – 明治時代の囲碁棋士

-高橋杵三郎の生涯- 高橋杵三郎は、1846年(弘化3年)に生まれ、1919年(大正8年)に亡くなった明治時代の囲碁棋士です。本名は高橋兼吉。三重県出身で、天野知石に入門しました。1885年(明治18年)に三段になり、1894年(明治27年)に四段に昇段しました。1898年(明治31年)に五段に昇段し、1900年(明治33年)に六段に昇段しました。1902年(明治35年)に七段に昇段し、1904年(明治37年)に八段に昇段しました。1907年(明治40年)に九段に昇段し、1910年(明治43年)に十段に昇段しました。 高橋杵三郎は、名人戦には6回出場し、1回優勝しました。1900年(明治33年)の第1回名人戦で、本因坊秀栄を破って優勝しました。1902年(明治35年)の第2回名人戦では、本因坊秀栄に敗れて準優勝でした。1904年(明治37年)の第3回名人戦では、本因坊秀栄に敗れて準優勝でした。1907年(明治40年)の第4回名人戦では、本因坊秀栄に敗れて準優勝でした。1910年(明治43年)の第5回名人戦では、本因坊秀栄に敗れて準優勝でした。1913年(大正2年)の第6回名人戦では、本因坊秀栄に敗れて準優勝でした。 高橋杵三郎は、1919年(大正8年)に73歳で亡くなりました。高橋杵三郎は、明治時代の囲碁界を代表する棋士の一人であり、名人戦には6回出場し、1回優勝しました。
スポーツカテゴリー

安井算英 – 日本棋院に名を刻んだ棋士

幕末から明治の激動の時代を生き抜いた棋士 安井算英は、幕末から明治にかけて活躍した棋士です。1833年4月24日、京都に安井仙角の四男として生まれ、1892年10月5日に京都で亡くなりました。本名は安井仙之助、字は仙源、号は算英です。安井算英は、幕末から明治の激動の時代を生き抜き、日本棋院にその名を刻んだ棋士です。 安井算英は、幼い頃から碁が得意で、11歳の時に、本因坊秀和に認められて入門しました。安井算英は、秀和の指導の下で棋力を向上させ、1852年には、19歳で名人位を奪取しました。安井算英は、その後、名人位を10年以上保持し、その間に、本因坊秀策、本因坊秀元、本因坊秀栄らと名勝負を繰り広げました。安井算英は、1868年に、明治維新が起こると、新政府に仕えて碁所となりました。安井算英は、碁所の職に就きながら、その後も名人位を保持し続け、1884年には、51歳で名人位を20年以上保持という前人未到の記録を達成しました。安井算英は、1892年に、59歳で亡くなりましたが、その功績は今も語り継がれています。 安井算英は、幕末から明治にかけて活躍した棋士で、日本棋院にその名を刻んだ棋士です。安井算英は、その卓越した棋力と、激動の時代を生き抜いた不屈の精神で、多くの棋士や碁ファンに敬愛されています。
歴史上の偉人

鈴木知清について

安井家の門下に7世仙角,8世仙知に師事 鈴木知清は、安井家の門下に7世仙角と8世仙知に師事したことで知られています。安井家は、江戸時代初期に京都で活躍した能楽師一家で、優れた能楽師を多く輩出しました。 7世仙角は、安井家の当主として活躍した能楽師で、謡曲の作者としても名を残しています。8世仙知は、7世仙角の弟子であり、安井家の後を継いだ能楽師です。 鈴木知清は、安井家の門下で、7世仙角と8世仙知から謡曲や能楽の指導を受け、高いレベルの芸を身につけました。鈴木知清は、安井家の芸風を継承し、江戸時代中期の能楽界に大きな影響を与えたとされています。 鈴木知清は、安井家の門下で学んだ経験を活かして、独自の謡曲や能楽を創作しました。鈴木知清の謡曲は、優美で情感豊かなものとして知られており、多くの能楽師に愛唱されています。また、鈴木知清は、能楽の理論や歴史についても研究しており、能楽に関する著作も残しています。 鈴木知清は、安井家の門下で学んだ経験を活かして、江戸時代中期の能楽界に大きな影響を与えたとされています。鈴木知清は、優れた能楽師であり、謡曲作者であり、能楽研究者であり、江戸時代中期の能楽界を代表する人物の一人です。
歴史上の偉人

勝田栄輔:幕末-明治時代の囲碁棋士

勝田栄輔の生涯 勝田栄輔は、1847年(弘化4年)に江戸で生まれた。幼い頃から囲碁に親しみ、10歳で初段、14歳で四段となった。その後、本因坊秀和に入門し、18歳で五段、22歳で六段に昇段した。 1868年(慶応4年)に明治維新が起こり、囲碁界にも大きな変化が訪れた。従来、本因坊家が囲碁界を独占していたが、明治政府は囲碁の自由化を推進した。これにより、勝田栄輔などの有望な棋士が次々と登場し、囲碁界は活性化した。 勝田栄輔は、明治時代を代表する囲碁棋士として活躍した。1877年(明治10年)に七段、1882年(明治15年)に八段に昇段し、1886年(明治19年)には本因坊秀栄に挑戦した。しかし、結果は敗北に終わり、本因坊位を獲得することはできなかった。 その後も、勝田栄輔は第一線で活躍し続けた。1892年(明治25年)に九段に昇段し、1901年(明治34年)には名人位を獲得した。名人位は、本因坊位に次ぐ囲碁界で最も権威のあるタイトルであり、勝田栄輔は名実ともに日本最高峰の棋士となった。 勝田栄輔は、1903年(明治36年)に57歳で死去した。死後、本因坊秀栄によって九段を追贈された。勝田栄輔は、明治時代を代表する囲碁棋士として、その名を歴史に刻んでいる。
スポーツカテゴリー

坂田栄男 ― 囲碁界のレジェンド

-囲碁界の巨星、坂田栄男- 坂田栄男は、1920 年 1 月 25 日、奈良県生駒郡生駒町(現在の生駒市)に生まれました。 1936 年、東京で囲碁の道を歩み始めました。当時は、高川格、岩田達明、鈴木為次郎といった強豪棋士が活躍していましたが、坂田はすぐに頭角を現しました。19歳の時、当時の名棋士、木谷実九段を破って名人挑戦権を獲得し、1941年には史上最年少(21歳1カ月)で名人位を奪取しました。 以来、坂田は囲碁界の第一人者として君臨し続け、名人位を12期、本因坊位を10期防衛しました。名人戦においては、1962~1965年の4連勝も含め、16連勝という大記録を達成しました。 坂田は、正確で鋭い読みと、華麗な技を駆使した棋風で知られていました。また、常に新しい手を研究し、囲碁を進化させようと努力を惜しみませんでした。 1976 年に引退しましたが、その後も名誉棋聖として囲碁界に貢献しました。2010 年 3 月 1 日、肺炎のため東京都内の病院で死去しました。享年 89 歳でした。 坂田は、日本の囲碁界を代表する棋士として、その功績は永遠に語り継がれるでしょう。