図書館長

研究者

郷土を愛した教育者 西村謙三

-大正-昭和前期に活躍した教育者- 西村謙三(1893年-1966年)は、大正から昭和前期に活躍した日本の教育者。静岡県伊東市生まれ。東京高等師範学校卒業後、小学校教師として勤務。その後、静岡県師範学校教諭、静岡県教育委員会事務局長、静岡県教育長などを歴任。 西村は、郷土を愛する教育を推進し、静岡県の教育の発展に貢献した。また、全国教育研究協議会(全教研)の委員長を務め、日本の教育改革に尽力した。 西村は、1966年73歳で死去した。 -西村の教育理念- 西村の教育理念は、「郷土を愛する心」を育てることであった。西村は、郷土の歴史や文化を学び、郷土に誇りを持つことが大切だと考えていた。また、郷土の人々と協力して郷土をより良い場所にすることも大切だと考えていた。 西村は、この教育理念に基づいて、静岡県の教育改革を進めた。具体的には、郷土の教材を取り入れた授業を推進したり、郷土の文化行事や郷土の産業に関する学習活動を取り入れたりした。また、児童生徒が郷土の現状を調査したり、郷土の課題を解決したりするなどの活動も推進した。 西村の教育改革は、静岡県の教育の発展に大いに貢献した。静岡県は、郷土を愛する心を持った児童生徒を多く輩出し、全国的にも教育水準の高い県として知られるようになった。 -西村の全国教育研究協議会での活動- 西村は、1951年から1953年まで、全国教育研究協議会の委員長を務めた。全教研は、日本の教育改革を推進する組織であり、西村は全教研の委員長として、日本の教育改革に尽力した。 西村は、全教研の委員長として、日本の教育改革の方向性を示した「教育基本法」の制定に尽力した。また、全教研の委員長として、日本の教育改革のための具体的な施策を打ち出した「教育課程基準」の改訂にも尽力した。 西村の全教研での活動は、日本の教育改革に大いに貢献した。日本の教育改革は、西村の尽力によって、大きく進展した。
研究者

「大岩誠」

-大岩誠- -京都帝国大学法学部助教授を辞職- 京都帝国大学法学部助教授の大岩誠氏が、7月31日付で辞職した。大岩氏は、1901年に京都帝国大学法科大学を卒業後、同大学院で学び、1904年に助教授に就任。以来、民法や商法などを講じてきた。 大岩氏の辞職は、同氏が京都帝国大学の学生に対する弾圧に加担したことが原因とみられている。1918年、同大学の学生が米騒動に参加したとして逮捕された際、大岩氏は学生たちを厳しく取り調べ、その結果、多くの学生が退学処分となった。この事件は、学生たちから大きな反発を招き、大岩氏は学生たちから「弾圧者」として非難されるようになった。 大岩氏の辞職は、同氏の弾圧に対する学生たちの抗議活動が功を奏したものとみられている。学生たちは、大岩氏の辞職を求めてストライキを起こし、大学の授業を妨害。また、大岩氏を非難するビラを撒き、大岩氏の辞職を求める署名活動を行った。こうした学生たちの抗議活動が、大岩氏の辞職に追い込んだとみられている。 大岩氏の辞職は、京都帝国大学の歴史において、学生たちの抗議活動が成功したという点で画期的な出来事である。この事件をきっかけに、学生たちは大学当局に対してより積極的に発言するようになり、その結果、大学における学生の権利が拡大していくこととなる。