国学者

学術分野の人

偉大な国文学者、大滝光憲の歩み

-大滝光憲の生涯- 大滝光憲は、1868年(明治元年)6月23日に岐阜県高山に生まれました。幼少期から学問に秀で、1887年(明治20年)には東京帝国大学(現在の東京大学)に入学し、国文学を専攻しました。大学卒業後、東京高等師範学校(現在の筑波大学)の教授となり、国文学の講義を担当しました。 1900年(明治33年)には、雑誌『帝国文学』を創刊し、国文学の研究や紹介に尽力しました。1907年(明治40年)には、東京帝国大学の国文学科教授に任命され、後進の指導に当たりました。 大滝光憲は、国文学の研究者としてだけでなく、作家としても活躍しました。1911年(明治44年)に出版した長編小説『にごり江』は、ベストセラーとなり、大滝光憲の名を一躍有名にしました。 1919年(大正8年)には、日本芸術院会員に選ばれ、1926年(大正15年)には、学習院大学の国文学科教授に任命されました。1930年(昭和5年)には、文化勲章を受章しました。 大滝光憲は、1949年(昭和24年)10月11日に死去しました。享年81。大滝光憲は、国文学の研究者として、作家として、日本の文学界に大きな功績を残しました。
文学分野の人

桜井元茂

- 桜井元茂とは 桜井元茂(さくらい もとしげ)は、茨城県出身のプロ野球選手(投手)です。現在は、東北楽天ゴールデンイーグルスに所属しています。 2014年ドラフト会議で、東北楽天ゴールデンイーグルスからドラフト1位指名を受け、入団しました。 2015年は、開幕から一軍のローテーション入りを果たし、11勝を挙げ、新人王を受賞しました。 2016年は、14勝を挙げ、2年連続で新人王を獲得しました。 2017年は、16勝を挙げ、3年連続で新人王を獲得しました。 2018年は、18勝を挙げ、4年連続で新人王を獲得しました。 2019年は、19勝を挙げ、5年連続で新人王を獲得しました。 桜井は、速球とチェンジアップを武器とした右腕投手です。 2015年の新人王受賞後、桜井は「新人王は通過点」と語り、さらなる飛躍を誓いました。 2016年の2年連続新人王受賞後、桜井は「新人王は通過点」と語り、さらなる飛躍を誓いました。 2017年の3年連続新人王受賞後、桜井は「新人王は通過点」と語り、さらなる飛躍を誓いました。 2018年の4年連続新人王受賞後、桜井は「新人王は通過点」と語り、さらなる飛躍を誓いました。 2019年の5年連続新人王受賞後、桜井は「新人王は通過点」と語り、さらなる飛躍を誓いました。
文学分野の人

別府安宣

-別府安宣の生涯- 別府安宣は、1873年(明治6年)1月10日に佐賀県多久市で生まれました。貧しい農家の長男として生まれ、幼少期から苦労を重ねて育ちました。1889年(明治22年)に多久尋常小学校を卒業後、上京して東京府立第一中学校(現在の東京都立日比谷高等学校)に入学しました。 第一中学校を卒業後、1895年(明治28年)に東京帝国大学(現在の東京大学)法学部に入学しました。大学在学中に社会主義思想に傾倒し、1897年(明治30年)に社会主義研究会を結成しました。1898年(明治31年)には、社会主義者の中村是公と結婚しました。 大学卒業後は、弁護士として活動しながら社会主義運動を続けました。1901年(明治34年)には、社会民主党を結成し、党首に就任しました。しかし、1904年(明治37年)には、社会民主党が解散させられ、安宣は逮捕されました。 安宣は、1905年(明治38年)に釈放され、その後は社会主義運動から離れ、弁護士として活動しました。1912年(明治45年)には、衆議院議員に当選し、1915年(大正4年)には、司法大臣に就任しました。 安宣は、1923年(大正12年)に、脳溢血で急死しました。享年50歳でした。 安宣は、日本の社会主義運動の草分け的存在であり、その思想と行動は、後の社会主義運動に大きな影響を与えました。
学術分野の人

泉家胤:幕末から明治にかけて活躍した儒学者と国学者

-泉家胤の生涯と業績- 泉家胤は、幕末から明治にかけて活躍した儒学者であり、国学者でもありました。1817年(文化14年)、摂津国(現在の大阪府)で生まれ、幼少の頃から学問を好み、特に儒学や神道に傾倒していました。1838年(天保9年)、22歳の時に江戸に出て、佐藤一斎や安井息軒ら当時の著名な学者に師事しました。 1843年(天保14年)、27歳の時に帰郷し、私塾を開いて後進の指導にあたりました。また、この頃より国学にも関心を抱き、古事記や日本書紀の研究を始めました。1853年(嘉永6年)、37歳の時に、ペリーが浦賀に来航すると、尊王攘夷の思想に傾倒し、攘夷運動に参加しました。 1868年(明治元年)、52歳の時に、明治維新が起きると、新政府に出仕して文部少輔に任命されました。しかし、1871年(明治4年)、55歳の時に、病のため辞職し、郷里に戻りました。1874年(明治7年)、58歳で死去しました。 泉家胤は、儒学者として、佐藤一斎や安井息軒らの思想を学び、その教えを後進に伝えました。また、国学者としても、古事記や日本書紀の研究を行い、日本の歴史や文化に関する多くの著書を残しました。彼は、幕末から明治にかけて活躍した、重要な思想家であり、学者でした。
学術分野の人

渡辺政香 – 三河の郷土史家

-渡辺政香の生涯と功績- 渡辺政香は、1849年(嘉永2年)に三河国碧海郡刈谷村(現在の愛知県刈谷市)に生まれました。家は代々、医師を営んでいました。政香は幼少の頃から聡明で、漢学や国学を学び、18歳で江戸に出て、昌平坂学問所に学びました。 1871年(明治4年)に帰郷した政香は、郷土の歴史を研究し始めました。1873年(明治6年)には、「刈谷村誌」を出版し、郷土の沿革や風俗習慣を詳しく記録しました。 その後も、政香は郷土史の研究を続け、1883年(明治16年)には、「碧海郡誌」を出版しました。この書物は、碧海郡の地理や歴史、産業、文化などを詳述したもので、郷土史研究の基礎資料として高く評価されています。 また、政香は郷土の文化財の保存にも尽力しました。1886年(明治19年)には、碧海郡教育会の設立に尽力し、郷土の文化財の調査や保存活動を行いました。 1893年(明治26年)には、政香は愛知県師範学校に歴史の教授として招聘され、1896年(明治29年)には、愛知県史編纂掛の委員を委嘱されました。政香は、愛知県史の編纂に尽力し、1901年(明治34年)に、愛知県史の前編が完成しました。 政香は、1907年(明治40年)に死去しましたが、彼の郷土史研究の功績は高く評価されており、三河の郷土史研究の祖として、その名を今に伝えています。
学術分野の人

– 松岡辰方

松岡辰方の生涯 松岡辰方は、1913年5月28日に兵庫県に生まれました。彼は、幼いころから絵に興味を持ち、小学校・中学校では美術部に所属していました。1932年に、東京美術学校(現・東京藝術大学)に入学し、油画を学びました。同校を卒業後は、同校の助手として働きながら、画家として活動を開始しました。 1937年に、松岡辰方は《騎馬武者図》で第1回新文展に入選しました。同展では、その後も入選を続け、1941年に《若き日の安倍晴明》で特選を受賞しました。しかし、1943年に太平洋戦争が勃発すると、召集され、中国の戦地に派遣されました。 1946年に、松岡辰方は復員し、画家として活動を再開しました。同年に、第2回新文展で《静物》で特選を受賞し、その後も、新文展や日展などで入選を続けました。1952年に、国画会会員に推挙され、1958年には、同会の理事長に就任しました。 1966年に、松岡辰方は《家路》で日本芸術院賞を受賞しました。同年に、国画会を退会し、自由美術家として活動を開始しました。1971年に、文化勲章を受章しました。 松岡辰方は、1988年1月12日に、74歳で亡くなりました。彼は、日本の洋画界を代表する画家の一人とされています。彼の作品は、日本の美術館や博物館に所蔵されています。
歴史上の人物

堀江宗彰:江戸時代後期の国学者

-堀江宗彰の生涯- 堀江宗彰は江戸時代後期の国学者です。1783年(天明3年)に武蔵国入間郡久留島村(現在の埼玉県入間市)に生まれました。幼名は源之丞。通称は定吉、名は宗彰、字は子建、号は文台です。 宗彰は幼い頃から学問を好み、11歳の時に江戸に出て、儒学者である尾崎士郎に師事しました。16歳の時には儒学の心得を積んで、郷里に戻り、私塾を開いて漢学を教えました。しかし、宗彰は次第に国学に興味を持ち、20歳の時に江戸に戻って、国学者である村田春海に師事しました。 春海の門下で宗彰は、国学の基礎を学び、また、和歌や神道の研究にも打ち込みました。27歳の時には春海の娘婿となり、春海の死後には春海の学統を引き継いで、国学の大家となりました。 宗彰は、国学の研究において、古事記や万葉集などの古典を重視し、その注釈や研究を行いました。また、宗彰は国語学にも関心を持ち、日本語の語源や文法について研究しました。 宗彰は、国学の研究を通じて、日本の歴史や文化を深く理解し、日本人のアイデンティティを確立することに貢献しました。宗彰は1851年(嘉永4年)に69歳で亡くなりました。 宗彰の著書には、『古事記伝』、『万葉集私見』、『日本書紀纂解』、『古語拾遺考』などがあります。これらの著書は、国学の研究に大きな影響を与え、今日でも広く読まれています。
文学分野の人

国学者・斎藤真蔭について

-斎藤真蔭の生涯- 斎藤真蔭(1788-1868)は、江戸時代後期の国学者・歌人です。本名は重徳、通称は馬之助、号は真蔭。下総国香取郡(現在の千葉県香取市)の農家に生まれました。 幼少期から学問を好み、12歳の時には藩校・成徳館に入学しました。その後、江戸に出て国学者・本居宣長の門下生となりました。宣長から和歌や国学を学び、その才能を認められました。 1813年、宣長が没した後は、その遺志を継いで国学の研究に励みました。1819年には、国学の研究成果をまとめた『国学全書』を刊行しました。この書は、国学の入門書として広く読まれ、真蔭の名声を高めました。 真蔭は、国学の研究だけでなく、和歌の創作にも取り組みました。1821年には、歌集『真蔭歌集』を刊行しました。また、1828年には、皇居を詠んだ歌集『禁中百首』を刊行しました。 真蔭は、国学と和歌の両方で功績を残し、江戸時代後期の国学界を代表する人物となりました。1868年に81歳で没しました。 真蔭は、国学の研究を通じて日本の歴史や文化を再発見し、日本人のアイデンティティの確立に貢献しました。また、和歌の創作を通じて日本の美しい自然や情景を歌い上げ、日本人の心に響く歌を残しました。真蔭は、日本の国学と和歌の発展に大きく貢献した人物であり、その功績は今もなお高く評価されています。
文学分野の人

国学者 河辺一也の生涯と功績

河辺一也の生い立ちと経歴 河辺一也は、1719年(享保4年)11月27日、下総国香取郡(現在の千葉県香取市)の農家に生まれた。幼名は本太郎。父は河辺弥五兵衛、母はもん。一也は、幼い頃から読書を好み、漢籍や国学を独学で学んだ。 17歳で江戸に出て、儒学者・中村惕斎の門下生となる。中村惕斎は、伊藤仁斎の学統を継承した人で、一也は惕斎から朱子学を学んだ。惕斎の没後は、荻生徂徠の門下生である雨森芳洲に師事し、古文辞学を学んだ。 20代の頃、一也は、朝廷の儀式や典礼に関する書物である『大嘗会私考』を著し、当時の学者たちから高い評価を受けた。この頃から、一也は、国学に傾倒し、古事記や万葉集などの古典を研究するようになった。 30代に入ると、一也は、徳川吉宗に仕官し、侍講となった。吉宗は、一也の学識を高く評価し、一也を重用した。一也は、吉宗の命を受けて、古事記の注釈書である『古事記伝』を著した。この書は、古事記の研究に大きな貢献をしたとして、後世高く評価されている。 一也は、1766年(明和3年)に、58歳で亡くなった。一也の墓は、東京都文京区の護国寺にある。
歴史上の人物

中尾五百樹 – 明治時代国学者

中尾五百樹の生涯 中尾五百樹は、1844年(天保15年)1月25日、備前国上道郡酒津村(現・岡山県岡山市中区酒津)に生まれた。幼名は丑之助。生家は原田氏で、父・原田清兵衛は酒津村の名主を務めていた。五百樹は幼少の頃から学問に秀でており、12歳のときに京都の儒学者・中條秋挙(しゅうきょ)に入門し、儒学を学んだ。 1862年(文久2年)には、尊王攘夷運動の高まりを受けて京都に上り、尊攘派の公卿や志士と交わるようになった。1864年(元治元年)には、池田屋事件で捕らえられ、獄死した吉田稔麿(としなり)の遺志を継いで、尊攘派の志士を糾合して倒幕運動を展開した。 1868年(明治元年)には、戊辰戦争で官軍に参加し、奥羽鎮撫総督の参謀として東北地方を転戦した。戊辰戦争後には、欧州に留学し、フランスで法律を学び、1872年(明治5年)に帰国した。 帰国後は、司法省に入省し、司法官試補、裁判所判事などを歴任した。1877年(明治10年)には、西南戦争で官軍に参加し、熊本城の戦いで戦死した。享年34歳。 五百樹は、尊攘派の志士として倒幕運動を展開し、戊辰戦争や西南戦争でも官軍として活躍した。また、欧州に留学して法律を学び、帰国後は司法官として活躍した。短命に終わったが、明治維新に貢献した人物として知られている。
歴史上の人物

清家堅庭について

-清家堅庭について- -清家堅庭の生涯- 清家堅庭(せいけ・けんてい)は、明治維新から大正時代にかけて活躍した日本の武士(維新後は士族)、官僚、政治家、衆議院議員、華族。 旧豊後国日田郡(現・大分県日田市)の出身で、日田藩校で学んだ後、1868年(明治元年)に日田藩の兵として戊辰戦争に参加した。 戊辰戦争後は、明治政府に出仕して大蔵省や内務省で勤務したが、1900年(明治33年)に政界に転身し、衆議院議員に当選した。 その後、逓信大臣や内務大臣を歴任し、1920年(大正9年)に男爵に叙爵された。 清家堅庭は、1847年(弘化4年)1月5日に、豊後国日田郡(現・大分県日田市)で生まれた。 父の清家堅敬は、日田藩士で、日田藩校の教授を務めていた。 堅庭は幼少期から学問に優れ、日田藩校で儒学や兵学を学び、1865年(慶応元年)には、日田藩の兵として京都に派遣された。 1868年(明治元年)に戊辰戦争が勃発すると、堅庭は日田藩の兵として会津藩と戦った。 戊辰戦争後は、明治政府に出仕して大蔵省や内務省で勤務し、1871年(明治4年)に日田県権令に任命された。 1873年(明治6年)には、内務省に復帰し、地方局長や警保局長を歴任した。 1880年(明治13年)に、堅庭は日田県知事に任命され、1883年(明治16年)には、内務省に復帰して地方局長に任命された。 1885年(明治18年)に、堅庭は衆議院議員に当選し、政界に転身した。 その後、逓信大臣や内務大臣を歴任し、1920年(大正9年)に男爵に叙爵された。 堅庭は、1928年(昭和3年)に死去した。享年82。
歴史上の人物

川北丹霊について

-川北丹霊の生涯- 川北丹霊は、1791年に現在の和歌山県橋本市に生まれました。幼い頃から漢学を学び、16歳で江戸に出て、昌平坂学問所に学びました。1815年に、藩主の徳川斉明に仕え、1842年に若年寄に任命されました。 幕末の動乱期に、川北丹霊は、幕府の重臣として、尊王攘夷運動と公武合体運動の間で揺れ動きました。攘夷論を唱える薩摩藩や長州藩と対立し、公武合体を目指して孝明天皇に接近しました。しかし、孝明天皇は、薩摩藩と長州藩を支持し、公武合体は失敗に終わりました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、川北丹霊は、幕府軍を率いて、薩摩藩と長州藩の連合軍と戦いました。しかし、幕府軍は敗北し、川北丹霊は、薩摩藩に捕らえられました。 1869年、川北丹霊は、薩摩藩に処刑されました。享年79歳でした。川北丹霊は、幕末の動乱期に活躍した、悲劇の英雄として知られています。
歴史上の人物

池原日南の

池原日南の生涯 池原日南(1979年12月1日-)は、日本の女性作家。東京都出身。 幼少期から読書が好きで、特にミステリーやSFを好んで読んだ。中学生の時には、自分で小説を書き始めた。高校卒業後、早稲田大学教育学部に入学。大学在学中は、文芸サークルに参加し、小説の執筆を続けた。 大学卒業後、出版社に就職。編集者として働きながら、小説の執筆を続けた。2004年、デビュー作『死の接吻』が、第5回鮎川哲也賞を受賞し、作家デビューを果たした。 その後も、ミステリーやSF、青春小説など、幅広いジャンルの小説を執筆し続けている。2010年には、小説『少女殺人事件』が、第13回本格ミステリ大賞を受賞した。 池原日南の小説は、巧みなプロットと、登場人物の心理描写に定評がある。また、ミステリーやSFのジャンルにとらわれず、幅広いジャンルの小説を執筆していることも特徴である。 池原日南は、現在も執筆活動を続けており、今後も精力的に作品を発表していく予定である。
歴史上の人物

「内田庸」

-# 内田庸とは 内田庸(うちだ よう、1988年3月25日 - )は、日本の俳優、声優、ナレーター。兵庫県出身。フリーランス。 幼少期から子役として活躍。2000年にテレビドラマ「3年B組金八先生」でブレイクし、その後も数多くのテレビドラマ、映画、舞台に出演。 2010年からは声優としても活動を開始し、アニメ「機動戦士ガンダムAGE」で主人公のフリット・アスノを演じた。以降も「ソードアート・オンライン」「進撃の巨人」「僕のヒーローアカデミア」などの人気アニメに出演している。 ナレーターとしても活躍しており、ドキュメンタリー番組「情熱大陸」やニュース番組「報道ステーション」などを担当している。 2017年、第10回声優アワード新人男優賞を受賞。 2022年、第16回声優アワード主演男優賞を受賞。 内田庸は、その端正な顔立ちと爽やかな声で、幅広い役柄を演じこなすことができる俳優・声優として活躍している。
歴史上の人物

知られざる幕臣・内藤広前

律令と国史の専門家 内藤広前は、律令と国史の専門家として知られる幕臣です。彼は、江戸時代中期に生まれ、旗本の子として育ちました。若い頃から学問に励み、特に律令と国史の研究において頭角を現しました。 内藤広前が活躍した時代は、江戸幕府の最盛期であり、文化や学問が盛んでした。彼は、幕府の儒官として仕え、律令や国史に関する著作を多く残しました。 内藤広前の著作の中で、最も有名なのは『律令格式私考』です。この著作は、律令格式の解釈や考証をまとめたもので、江戸時代における律令研究の集大成とも言われています。 また、内藤広前は、『本朝通鑑』の編纂にも参加しました。『本朝通鑑』は、日本の古代から江戸時代までの歴史をまとめた歴史書であり、江戸時代における歴史研究の代表的な著作です。 内藤広前は、律令と国史の専門家として、江戸時代における学問の発展に大きく貢献しました。彼の著作は、今日でも研究者や歴史家によって引用されており、江戸時代における学問の水準の高さを知ることができます。
文学分野の人

「田島尋枝」

-生涯と業績- 田島尋枝(たじまひろえ、1874年6月15日 - 1945年8月15日)は、日本の医師、医学者。日本の女性として初めて医籍を取得した女性医師である。 1874年6月15日、広島県広島市に生まれる。幼い頃から学問を好み、1893年に広島県尋常師範学校を卒業。その後、上京して帝国大学医科大学に入学する。1900年に帝国大学医科大学を卒業し、日本の女性として初めて医籍を取得した。 卒業後は、東京府立医学専門学校(現・東京都立大学医学部)の助手として勤務。1903年に東京女子医学専門学校(現・東京女子医科大学)を開校し、その校長に就任する。東京女子医学専門学校は、日本初の女子医科大学であり、田島は日本の女性医師教育に大きな貢献をした。 1911年に東京女子医学専門学校を退職し、東京市衛生試験所(現・東京都衛生研究所)の技師に就任する。1921年に東京市衛生試験所を退職し、旗の台に開業医を開業する。開業医として、地域の住民の健康を守り、地域社会に貢献した。 1945年8月15日、東京都渋谷区旗の台で死去する。享年71歳。 田島尋枝は、日本の女性医師教育に大きな貢献をし、日本の女性の地位向上に尽力した。日本の女性医師の第一人者であり、その功績は高く評価されている。
学術分野の人

「金子杜駿」

- 金子杜駿とは? -金子杜駿 (かねこ としはる)-は、2003年7月10日生まれ、東京都出身のプロ野球選手(外野手)です。 筑波大学附属高等学校から、慶應義塾大学を経て、2021年ドラフト1位で横浜DeNAベイスターズに入団しました。 金子杜駿選手は、身長180cm、体重83kgの恵まれた体格の外野手です。 右投げ右打ちで、俊足強肩が武器の選手です。 50m走は5秒95をマークしており、守備では広い守備範囲と強肩を活かして、センターを中心に外野の全ポジションをこなすことができます。 打撃では、長打力があり、2021年大学選手権では、打率.500、2本塁打、5打点の成績を残しました。 金子杜駿選手は、横浜DeNAベイスターズに入団後、1年目から一軍で活躍しています。 2022年シーズンは、101試合に出場し、打率.276、9本塁打、31打点の成績を残しました。 金子杜駿選手は、横浜DeNAベイスターズの次世代を担う若手選手として期待されています。
文学分野の人

– 大館高門 – 江戸時代後期の国学者

早稲田大学所蔵の「清廬文集」について 大館高門の著作物は多くが散逸してしまい、現在ではその全貌をうかがい知ることは困難になっています。しかし、早稲田大学図書館には、高門の著作物がまとまった形で残されています。それが「清廬文集」です。 「清廬文集」は、高門が生前に書き残した文章をまとめたもので、和歌、漢詩、文章など、さまざまなジャンルの作品が収録されています。このうち、和歌は、高門が詠んだ和歌をまとめたもので、その数は千首以上にも及びます。漢詩は、高門が中国の詩を模倣して作ったもので、その数は百首以上にも及びます。文章は、高門がさまざまなテーマについて書いたもので、その数は百編以上にも及びます。 「清廬文集」は、高門の学識と文才の高さをうかがい知ることができる貴重な資料です。また、江戸時代後期の国学の動向を知る上でも、重要な資料となっています。 なお、「清廬文集」は、早稲田大学図書館のデジタルアーカイブで公開されており、誰でも閲覧することができます。ぜひ、一度、ご覧になってみてください。
歴史上の人物

「天津孟雄」

「天津孟雄」 人名辞典-「天津孟雄」の紹介 「天津孟雄」とは、中国の小説家、詩人、劇作家である。本名は天津孟雄(拼音 Tiānjīn Měngxióng)。1903年、中国の河北省天津市に生まれる。天津南開中学卒業後、北京大学文学部に入学。1924年、同大学卒業後、日本に留学。1926年、東京帝国大学文学部を卒業。その後、中国に戻り、上海で作家として活動を開始する。1930年、小説「梟の城」を発表。この小説は、中国で大きな反響を呼び、天津孟雄は一躍有名になる。その後も、小説「華氏451度」や詩集「逆行」など、数多くの作品を発表。1949年、中華人民共和国建国後、天津孟雄は上海作協の委員長に任命される。1957年、反右派闘争で批判され、天津市に下放される。1966年、文化大革命が始まると、天津孟雄は再び批判され、投獄される。1976年、死去。 天津孟雄の作品は、中国の社会問題や人間の生き方をテーマとしたものが多い。彼の小説は、リアリズムに徹した文体が特徴的で、中国の庶民の生活を描いた作品が多い。また、彼の詩は、自由奔放な発想と斬新な表現で知られている。 天津孟雄は、中国の近代文学を代表する作家の一人である。彼の作品は、中国語圏だけでなく、世界各国で翻訳され、読まれている。 代表作 * 小説「梟の城」(1930年) * 小説「華氏451度」(1953年) * 詩集「逆行」(1960年) 評価 天津孟雄は、中国の近代文学を代表する作家の一人である。彼の作品は、リアリズムに徹した文体が特徴的で、中国の庶民の生活を描いた作品が多い。また、彼の詩は、自由奔放な発想と斬新な表現で知られている。 天津孟雄の作品は、中国語圏だけでなく、世界各国で翻訳され、読まれている。彼の作品は、社会問題や人間の生き方をテーマとしたものが多く、読者に深い感銘を与えている。
学術分野の人

村田橋彦→ 江戸時代中期-後期の国学者

村田橋彦の生涯と功績 村田橋彦は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した国学者です。本名は村田晋、号は橋彦または橋雲。1700年(元禄13年)に、河内国(現在の大阪府)に生まれました。 橋彦は、幼少期から学問を好み、儒学や和歌、神道を学びました。特に、神道には深く傾倒し、神道の復興を目指して生涯を捧げました。 橋彦の最大の功績は、神道に関する多くの著作を残したことでしょう。代表作である「神道大義」は、神道の基本的な考え方をまとめた書物で、神道復興の運動に大きな影響を与えました。他の著作としては、「神道通釈」「神道物語」「神道紀聞」などがあります。 また、橋彦は、神道復興の運動にも積極的に参加しました。1737年(元文2年)には、伊勢神宮に参拝して神道復興を祈願し、1739年(元文4年)には、大国隆正らとともに神道復興を訴える書簡を幕府に提出しました。 橋彦の熱心な活動は、幕府の注目を浴び、1742年(寛保2年)には、幕府から神道復興の政策を任されました。橋彦は、この任務を全うし、幕府の支持を受けて神道復興の運動を推進しました。 橋彦は、神道復興の運動に尽力したことで、神道界から敬愛され、「神道復興の祖」と称されるようになりました。1766年(明和3年)に死去しましたが、その功績は今日まで語り継がれています。
学術分野の人

「加納諸平」

- 「加納諸平」 -# 人名辞典「加納諸平」 加納諸平(かのうしょへい、1829年 - 1898年)は、日本の武士、軍人、華族、政治家である。戊辰戦争で活躍し、明治維新後は新政府の要職を歴任した。特に、陸軍卿として軍制の近代化に貢献し、日本の建軍の父と呼ばれることがある。 加納諸平は、1829年に加賀藩士加納久兵衛の長男として生まれた。幼名は虎之助。加賀藩校の明倫堂で学び、その後、江戸に出て昌平黌で儒学を学んだ。1853年、ペリーが浦賀に来航すると、藩命により軍艦奉行に任命され、軍制の改革に取り組んだ。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、加納諸平は北越鎮撫総督に任命され、北越の平定に貢献した。明治維新後は新政府の要職を歴任し、1869年に陸軍卿に任命された。陸軍卿としては、軍制の近代化に努め、徴兵制度の導入や陸軍士官学校の設立など、日本の近代軍隊の基礎を築いた。 1873年に陸軍大将に昇進し、1884年には伯爵に叙爵された。1898年に死去。 加納諸平は、日本の近代化に貢献した功績を称えられ、現在では「建軍の父」と呼ばれている。また、彼の名前は東京の加納公園や、加納町など、多くの地名に残されている。 加納諸平の功績については、様々な研究が行われており、多くの書籍や論文が出版されている。また、彼の生涯は、小説やドラマなど、様々な作品にもなっている。
歴史上の人物

国学者・歌人「近藤光輔」とは?

-近藤光輔の生涯- 近藤光輔は、1828年(文政11年)に近江国蒲生郡佐生村(現・滋賀県蒲生郡日野町佐生)に生まれました。父は近藤重之丞、母はキヌ。光輔は幼少の頃から和歌に親しみ、10歳の頃にはすでに和歌を詠んでいました。 光輔は、1843年(天保14年)に江戸に出て、歌人・国学者である鈴屋 wani 幹駅に入門しました。當時光輔は15歳。wani 幹駅は光輔の才能を高く評価し、光輔に和歌の指導を行いました。光輔は、wani 幹駅の指導を受けて和歌の腕を上げ、1851年(嘉永4年)に『近江歌集』を出版しました。 『近江歌集』は、光輔が近江で詠んだ和歌を集めた歌集で、光輔の歌人の名声を高めました。光輔は、その後も数多くの和歌を詠み、1870年(明治3年)に『光輔歌集』を出版しました。光輔の和歌は、清澄で雅趣に富む作風で、多くの歌人に影響を与えました。 光輔は、和歌の創作活動のかたわら、国学の研究にも力を入れました。光輔は、1863年(文久3年)に『近江国風土記』を出版し、近江国の歴史や文化について論述しました。光輔の『近江国風土記』は、近江国の歴史を研究する上で重要な資料となっています。 光輔は、1874年(明治7年)に東京で没しました。享年46歳。光輔の死は、歌壇に大きな衝撃を与えました。光輔の和歌は、現在でも多くの歌人に愛唱されており、日本の和歌史において重要な位置を占めています。
歴史上の人物

平田篤胤:江戸時代後期の国学者

-平田篤胤の経歴と功績- 平田篤胤(ひらた あつ胤、1776年12月4日〜1843年2月2日)は、江戸時代後期の国学者、神職、思想家です。 江戸に生まれ、17歳から儒学を学び、21歳で神道を学び始めました。28歳の時に『古史伝』を著し、古事記の研究に大きな影響を与えました。 篤胤は、古事記や日本書紀などの古代の文献を研究し、日本の歴史や神道を体系化しました。また、儒教や仏教などの foreign ideologyも積極的に取り入れ、独自の思想を形成しました。 篤胤の思想は、尊皇攘夷や神道復興を唱える国粋主義者たちに大きな影響を与えました。また、篤胤の著作は、後の明治維新にも大きな影響を与えました。 篤胤は、1843年に江戸で亡くなりましたが、その思想は今日でも多くの研究者や思想家の間で研究されています。 -篤胤の主な功績- * 古事記や日本書紀などの古代の文献を研究し、日本の歴史や神道を体系化しました。 * 儒教や仏教などのforeign ideologyも積極的に取り入れ、独自の思想を形成しました。 * 尊皇攘夷や神道復興を唱える国粋主義者たちに大きな影響を与えました。 * 篤胤の著作は、後の明治維新にも大きな影響を与えました。
文学分野の人

「本居宣長」1730-1801

- 「本居宣長の生涯」 本居宣長は、1730年3月22日に伊勢国松坂(現在の三重県松阪市)に生まれた。幼名は松之助といい、家業の呉服屋を営む裕福な家庭に育った。宣長は幼い頃から学問を好み、10歳の頃にはすでに『源氏物語』や『万葉集』などの古典を読みこなしていたという。 宣長は17歳で松坂の大商人の娘である歌姫と結婚し、3人の息子と2人の娘を授かった。しかし、歌姫は1762年に病死し、宣長は32歳の若さで未亡人となった。宣長はその後、二度と結婚することはなかった。 宣長は歌姫の死後、松坂を離れ、京都に移住した。京都では、国学者や歌人の交流を深め、国学の研究に没頭した。また、宣長は京都で多くの弟子を育て、国学の普及に努めた。 宣長は1783年に『古事記伝』を完成させた。古事記伝は、古事記を注釈したもので、宣長の国学の集大成ともいわれる。古事記伝は、当時の知識人や国学者に大きな影響を与え、国学の隆盛に貢献した。 宣長は1785年に京都を離れ、故郷の松坂に戻った。松坂では、晩年まで国学の研究を続け、多くの著作を残した。宣長は1801年11月14日に松坂で死去した。享年72歳だった。 宣長は、国学の祖の一人とされ、日本の古典文学研究に多大な功績を残した。宣長の著作は、現在でも国文学研究者や古典文学愛好家たちに広く読まれている。