国民新聞

政治分野の人

「岩淵辰雄」の生涯と功績

-新聞記者としての活躍- 岩淵辰雄は、新聞記者として活躍し、日本のジャーナリズムに大きな影響を与えました。彼は、1906年に東京朝日新聞に入社し、記者として活躍しました。その後、1914年に大阪朝日新聞に移籍し、1922年に東京朝日新聞に復帰しました。 岩淵辰雄は、新聞記者として、社会問題や政治問題を積極的に取り上げ、記事を執筆しました。彼は、労働問題や農民問題を積極的に取り上げ、社会の矛盾を明らかにしました。また、彼は、政治問題にも積極的に関わり、政党や政治家の不正を告発しました。 岩淵辰雄は、新聞記者として、日本のジャーナリズムに大きな影響を与えました。彼は、社会問題や政治問題を積極的に取り上げ、記事を執筆し、社会の矛盾を明らかにしました。また、彼は、政治問題にも積極的に関わり、政党や政治家の不正を告発しました。彼の記事は、多くの人々に読まれ、日本の社会に大きな影響を与えました。 岩淵辰雄は、1934年に肺結核で亡くなりました。彼は、享年50歳でした。しかし、彼の功績は、今日でも高く評価されています。彼は、日本のジャーナリズムに大きな影響を与えた偉大な新聞記者でした。
芸能分野の人

江口博氏について

舞踊評論家として活躍し、1997年には、日本舞踊協会舞踊評論家連盟理事長に就任。 舞踊評論家として活動するきっかけとなったのは、江口博の友人の舞踊家であり、後に日本舞踊協会副会長となる藤間藤雄の勧めであったとされる。 芸評は舞踊評論として、朝日新聞や舞踊雑誌「舞踊評論」などに寄稿した。 芸評の主眼は、演者個人への評価やその演目に留まらず、その分野における歴史的背景や社会文化的背景までを洞察し、客観的理論に基づいて語るとともに、舞踊が社会に与えてきた影響や発展性、舞踊を芸術として昇華させるための方向性についても考察を深めている。 演劇評論においては、演劇界の重鎮である松竹の大谷竹次郎に才能を認められて、大谷家と親密な関係を構築し、松竹専属の演劇評論家として活躍した。 松竹専属の演劇評論家となった江口博は、劇場で上演される芝居の脚本、演出、俳優の演技を鑑賞して、それらについて論評を加える仕事に携わった。 江口博は、演劇評論においても、舞踊評論と同様に、演者個人への評価やその演目だけに留まらず、その分野における歴史的背景や社会文化的背景までを洞察し、客観的理論に基づいて語るとともに、演劇が社会に与えてきた影響や発展性、演劇を芸術として昇華させるための方向性についても考察を深めている。 江口博は、舞踊評論と演劇評論の両方において、その分野における第一人者として活躍し、舞踊や演劇の芸術性を高めるために、多くの貢献をした。
政治分野の人

– 大島宇吉

-明治-昭和時代前期の新聞経営者,政治家- 大島宇吉は、明治から昭和時代前期にかけて活躍した新聞経営者、政治家です。1860年、現在の高知県高知市に生まれ、1882年に明治法律学校(現・明治大学)を卒業しました。翌1883年、高知新聞社に入社し、1896年に社長に就任しました。 大島宇吉は、新聞経営者として、高知新聞の近代化を推進し、全国紙としての地位を確立しました。また、政治家としても活躍し、1912年に衆議院議員に当選し、1928年には農林大臣に任命されました。 大島宇吉は、新聞経営者として、新聞の自由と独立を守り、言論の重要性を訴え続けました。また、政治家としても、農林業の発展に尽力し、農民の生活向上に貢献しました。1935年に死去するまで、高知新聞の経営と政治活動に力を注ぎ続けました。 -大島宇吉の功績- 大島宇吉は、新聞経営者として、以下の功績を残しました。 * 高知新聞の近代化を推進し、全国紙としての地位を確立した。 * 新聞の自由と独立を守り、言論の重要性を訴え続けた。 大島宇吉は、政治家として、以下の功績を残しました。 * 農林業の発展に尽力し、農民の生活向上に貢献した。 * 1928年に農林大臣に任命され、農林政策の推進に努めた。 大島宇吉は、新聞経営者として、政治家として、日本の近代化に貢献した偉大な人物です。
経済分野の人

「福田恭助」の生涯と功績

日本の新聞業界における福田恭助の役割 福田恭助は、明治時代から昭和時代にかけて活躍した新聞記者、編集者、ジャーナリストです。日本の新聞業界における福田恭助の役割は、大きく分けて以下の3つがあります。 1. 新聞の近代化への貢献 福田恭助は、日本の新聞を近代化するために尽力した人物です。1874年に創刊された「東京日日新聞」に入社し、1878年には同社の編集長に就任しました。福田恭助は、編集長として新聞の紙面を刷新し、欧米の新聞を参考にして新しい記事の書き方を取り入れました。また、福田恭助はニュースの速報性を重視し、記者を各地に派遣して取材を行いました。これにより、「東京日日新聞」は日本の新聞業界のトップに躍り出ることになります。 2. 言論の自由の擁護 福田恭助は、言論の自由を擁護するために尽力した人物でもあります。1875年に政府が「新聞紙条例」を公布し、新聞の発行を厳しく規制しました。福田恭助は、この「新聞紙条例」に反対し、言論の自由を主張しました。また、福田恭助は政府の弾圧にも屈することなく、新聞を発行し続けました。福田恭助の言論の自由への貢献は、今日の日本の言論の自由の礎を築いたといえるでしょう。 3.ジャーナリズムの確立 福田恭助は、日本のジャーナリズムの確立に貢献した人物でもあります。福田恭助は、1882年に「東京専門学校」を創設し、ジャーナリストの養成を始めました。また、福田恭助は1887年に「日本新聞記者協会」を設立し、ジャーナリストの倫理綱領を作成しました。福田恭助のこれらの功績により、日本のジャーナリズムは確立され、今日に至るまで日本の社会において重要な役割を果たしています。
美術分野の人

池部鈞(1886-1969)洋画家、漫画家

- 画家活動と漫画活動 池部鈞は、洋画家として主に油彩画を制作した一方、漫画家としても活動した。 画家としては、1911年に東京美術学校を卒業後、渡欧してフランスの国立高等美術学校に学んだ。1913年に帰国後は、二科展に出品し、優れた風景画や人物画が高く評価された。1922年には文部省主催の帝展に出品し、同展の審査員も務めた。 漫画家としては、1915年に雑誌「ホトトギス」に漫画を掲載したのを皮切りに、多くの雑誌や新聞に漫画を発表した。1922年には、漫画集「池部鈞漫画集」を出版し、そのユーモラスな画風と風刺的な内容で人気を博した。その後も、漫画集「池部鈞漫画全集」(1924年)、「池部鈞漫画選集」(1926年)、「池部鈞漫画新選集」(1930年)などを発表し、漫画家としての活動を続けた。 池部鈞の漫画は、社会問題や政治問題を風刺的に描いたものが多く、権力者や既成概念を痛烈に批判した。また、風俗画や人物画も多く描いたが、その画風はユーモラスで親しみやすいものだった。 池部鈞は、画家としても漫画家としても優れた才能を発揮した。彼の作品は、明治・大正・昭和の日本社会を映し出す貴重な資料であり、現在でも多くの人々に親しまれている。
政治分野の人

渡辺良夫(1)

-渡辺良夫(1)- -政治家としての経歴- 渡辺良夫は、1936年4月26日に東京都で生まれた。中央大学法学部を卒業後、1963年に東京ガスに入社。1972年に東京ガスを退社し、政治家に転身した。 1972年の第33回衆議院議員総選挙で、旧東京5区から立候補して初当選を果たした。その後、連続10回当選を果たし、通算11期務めた。 衆議院議員在任中は、建設大臣、国土庁長官、内閣官房長官、自民党幹事長、自民党政調会長などを歴任した。 2012年の第46回衆議院議員総選挙には立候補せず、政界を引退した。 渡辺良夫は、政治家として、道路や鉄道などのインフラ整備、住宅政策、環境政策などに尽力した。また、自民党幹事長として、小泉純一郎政権を支え、自民党の構造改革を進めた。 渡辺良夫は、2020年12月25日に肺炎のため死去した。享年84歳。
政治分野の人

野村秀雄 – 新聞記者、政治家、経営者

# 野村秀雄の生い立ちと経歴 野村秀雄は、1935年2月18日に東京都に生まれました。早稲田大学法学部を卒業後、1959年に毎日新聞社に入社しました。1981年に政治部に異動し、1985年には政治部長に就任しました。1991年に毎日新聞社を退社した後、1993年に自民党から衆議院議員に当選しました。1996年に小選挙区制導入に伴う衆議院議員選挙で落選しましたが、2000年に比例復活で衆議院議員に復帰しました。2003年に外務副大臣に就任し、2004年に防衛庁長官に就任しました。2005年に衆議院議員を辞職し、2007年に東京商工会議所会頭に就任しました。 野村秀雄は、毎日新聞社在籍中に、数々のスクープを報じました。1984年には、ロッキード事件の裁判で田中角栄元首相に有罪判決が下ったことをいち早く報道しました。1985年には、中曽根康弘首相がイラン・イラク戦争の停戦を仲介したことを報道しました。1987年には、リクルート事件の捜査が進展していることを報道しました。 野村秀雄は、政治家として、数多くの要職を歴任しました。1993年に衆議院議員に当選した後、1996年に小選挙区制導入に伴う衆議院議員選挙で落選しましたが、2000年に比例復活で衆議院議員に復帰しました。2003年に外務副大臣に就任し、2004年に防衛庁長官に就任しました。2005年に衆議院議員を辞職し、2007年に東京商工会議所会頭に就任しました。 野村秀雄は、経営者として、東京商工会議所会頭を歴任しました。東京商工会議所は、東京都内の中小企業を支援する団体です。野村秀雄は、会頭として、中小企業の経営支援策を推進しました。
政治分野の人

山高しげり→ 大正から昭和の女性運動家

市川房枝や山高しげり女性参政権運動の二大巨頭 市川房枝と山高しげりは、大正から昭和にかけて活躍した女性運動家であり、女性参政権運動の二大巨頭として知られています。 市川房枝は、1893年に東京に生まれ、1914年に日本女子大学校を卒業しました。卒業後は、日本女子大学校附属高等女学校で教鞭をとりながら、女性参政権運動に参加しました。1920年には、国際婦人参政権同盟の東京支部長に就任し、1924年には、日本婦人参政権協会を設立しました。 山高しげりは、1892年に大阪府に生まれ、1913年に大阪府立天王寺高等女学校を卒業しました。卒業後は、大阪朝日新聞社に入社し、記者として活躍しました。1920年に、日本女子大学校附属高等女学校に転職し、市川房枝と知り合いました。山高しげりは、市川房枝とともに、女性参政権運動に参加し、1924年には、日本婦人参政権協会の副会長に就任しました。 市川房枝と山高しげりは、ともに、女性参政権運動に尽力し、1945年に、女性参政権が実現しました。戦後は、ともに、参議院議員に当選し、女性の地位向上に貢献しました。 市川房枝は、1981年、山高しげりは、1970年に死去しました。しかし、二人の功績は、今もなお、女性運動の礎として語り継がれています。
歴史上の人物

塩津誠作:新聞記者として活躍した明治・昭和初期の人物

-塩津誠作の生涯- 塩津誠作は、1870年、兵庫県に生まれました。彼は、1887年に早稲田大学の前身である東京専門学校に入学、ジャーナリズムを学び、1890年に卒業しました。卒業後は、大阪毎日新聞に入社し、記者として活躍しました。 塩津誠作は、新聞記者として、社会問題に積極的に取り組みました。彼は、労働運動や社会主義運動を支援し、政府の弾圧に反対しました。また、彼は、日露戦争や第一次世界大戦などの戦争にも従軍し、戦場の惨状を世に伝えました。 塩津誠作は、新聞記者としての功績が認められ、1919年に衆議院議員に当選しました。彼は、政界でも社会問題に取り組み、労働者の権利の向上や社会主義運動の支援に尽力しました。 塩津誠作は、1927年に死去しました。享年57歳でした。彼は、新聞記者として、社会問題に積極的に取り組み、政界でも社会問題に取り組んだ、明治・昭和初期の代表的なジャーナリストでした。 塩津誠作の生涯は、社会問題に関心を持った一人の青年の、社会のために尽くした生涯でした。彼は、新聞記者として、政界人として、常に社会問題に取り組み、社会の改善に貢献しました。塩津誠作の生き方は、私たちに多くのことを教えてくれます。
政治分野の人

藤田孝子と彼女の事績:消費者運動家から女性政治家へ

藤田孝子は、1929年に東京で生まれました。彼女は、戦後すぐの1946年に、主婦連合会の前身である東京都生活協同組合連合会主婦部に入会しました。主婦連合会は、消費者の権利を守ることを目的とした団体で、藤田孝子は、すぐにその活動に熱心に取り組むようになりました。 藤田孝子は、主婦連合会の活動を通じて、消費者の権利を守るために多くのことを成し遂げました。彼女は、消費者庁の設立に尽力し、また、消費者保護法の制定にも貢献しました。また、彼女は、消費者教育の重要性を訴え続け、消費者の意識を高めるための啓蒙活動にも熱心に取り組みました。 藤田孝子の消費者運動は、日本の消費者の権利を守るために大きな役割を果たしました。彼女は、消費者保護法の制定や消費者庁の設立など、多くの功績を残しました。また、彼女は、消費者の意識を高めるための啓蒙活動にも熱心に取り組みました。藤田孝子は、日本の消費者の権利を守るために生涯を捧げた偉大な女性でした。
文学分野の人

沢田はぎ女:明治-昭和時代の俳人

沢田はぎ女の生涯 沢田はぎ女は、1858年(安政5年)10月23日、江戸日本橋の材木問屋「沢田屋」に生まれた。父は沢田政次郎、母はしづ。本名は富士子。幼い頃から読書を好み、和歌や俳句を作るようになる。 1874年(明治7年)、16歳の時に、俳人の内藤鳴雪の門下に入る。鳴雪は、はぎ女の才能を認め、指導する。1881年(明治14年)、23歳の時に、鳴雪の推薦で、俳誌「をちこち」に作品を発表する。これが、はぎ女の俳句デビューとなる。 1889年(明治22年)、31歳の時に、第一句集『はぎ女句集』を出版する。この句集は、明治期の俳壇に大きな反響を呼び、はぎ女は、一躍、人気俳人となる。 1895年(明治28年)、37歳の時に、俳誌「ホトトギス」を創刊する。この誌は、後に、明治・大正・昭和の俳壇を代表する俳誌となり、はぎ女は、その主宰として、俳壇に大きな影響を与える。 1901年(明治34年)、43歳の時に、第二句集『萩女句選』を出版する。この句集は、前作よりもさらに高い評価を受け、はぎ女は、俳人としての地位を確固たるものとする。 1912年(大正元年)、54歳の時に、俳誌「あらたま」を創刊する。この誌は、前衛的な俳句を掲載し、俳壇に大きな影響を与える。はぎ女は、その主宰として、俳壇の革新に貢献する。 1928年(昭和3年)、70歳の時に、第三句集『萩女全集』を出版する。この句集は、はぎ女の生涯の句業を集成したもので、俳壇に大きな反響を呼び、はぎ女は、俳人としての功績を称えられ、文化勲章を受章する。 1938年(昭和13年)12月28日、80歳で死去。 はぎ女は、明治・大正・昭和の俳壇を代表する俳人であり、その清新で自由な句風は、多くの俳人に影響を与えた。また、俳誌「ホトトギス」と「あらたま」を創刊し、俳壇の革新に貢献した。はぎ女は、日本俳句史上、最も重要な俳人の一人である。
政治分野の人

徳富蘇峰の激動の人生と功績

-徳富蘇峰の生い立ちと経歴- 徳富蘇峰は、1863年に肥後国熊本城下(現在の熊本県熊本市)で生まれた。本名は徳富猪一郎。父は熊本藩の士族で、母は肥後熊本藩士の娘であった。蘇峰は、幼い頃から漢学や兵学を学び、1877年の西南戦争では、熊本隊に参加して政府軍と戦った。 西南戦争後は、東京に出て、新聞記者として働き始めた。1887年に、福沢諭吉の支援を受けて、『國民の友』を創刊。後に、『時事新報』と改称し、日本の言論界に大きな影響を与えた。蘇峰は、日清戦争や日露戦争の際には、戦争を支持する論陣を張り、国民の士気を高めた。 1928年に、貴族院議員に勅選され、1934年には、文化勲章を受章した。蘇峰は、1957年に、94歳で死去した。 蘇峰は、言論人としてだけでなく、小説家としても活躍した。代表作に、『不如帰』、『春ごころ』、『微笑』などがある。蘇峰の小説は、明治、大正、昭和の世相を反映しており、当時の国民の生活や心情を生き生きと描いている。 蘇峰は、日本の近代化に大きな貢献をした人物であり、その功績は今もなお語り継がれている。
スポーツ分野の人

石川輝 – ボクシング評論家/

-石川輝氏の経歴- 石川輝氏は、元WBA世界スーパーバンタム級王者であり、現在はボクシング評論家として活躍している。1969年10月14日、東京都生まれ。拓殖大学卒業。 ボクシングを始めたのは大学生の時。拓殖大学ボクシング部に所属し、全日本学生選手権で優勝。1993年にプロデビューし、1997年にWBA世界スーパーバンタム級王座を獲得。3度の防衛に成功したが、1999年に王座陥落。2000年に引退した。 引退後は、ボクシング評論家として活躍。テレビや雑誌で、ボクシングに関する解説や評論を行なっている。また、講演会やイベントにも多数出演している。 石川輝氏は、ボクシング界の第一人者として知られており、その解説や評論は多くのボクシングファンから支持されている。また、後進の育成にも力を注いでおり、多くの若いボクサーを指導している。 石川輝氏は、ボクシング界に多大な貢献をした人物であり、今後もその功績は語り継がれると思われる。
スポーツ分野の人

人々を野球に導いた新聞記者、太田四州の生涯

-早慶戦を名文で報じる- 太田四州は、慶應義塾大学と早稲田大学の野球部が対決する早慶戦を名文で報じることで、人々を野球に導くことに貢献した。 四州は、1898年に東京朝日新聞に入社し、スポーツ記者として活躍した。彼は、早慶戦の取材を熱心に行い、その試合の模様を詳細に報じた。四州の記事は、臨場感あふれる文体で、読者を試合中に引き込むものであった。 また、四州は、早慶戦の意義や、その歴史についても詳しく報じた。彼は、早慶戦が日本の学生野球の最高峰であり、日本の野球界を牽引する存在であることを強調した。 四州の名文は、人々の野球への関心を高め、野球の人気を向上させることに大きく貢献した。彼の記事を読んだ多くの人々が、野球に興味を持ち、球場に足を運ぶようになった。 四州の功績は、日本の野球界に多大な影響を与えた。彼は、日本の野球界を盛り上げた功労者であり、日本の野球史において重要な人物である。 四州が活躍した時代は、日本の野球界が黎明期であり、野球はまだマイナースポーツであった。しかし、四州の名文によって、人々の野球への関心は高まり、野球はメジャースポーツへと成長していった。 四州の功績は、日本の野球界に多大な影響を与えた。彼は、日本の野球界を盛り上げた功労者であり、日本の野球史において重要な人物である。
文学分野の人

松根東洋城

-松根東洋城の生涯- 松根東洋城は、1875年(明治8年)に長崎県長崎市で生まれた。本名は松根豊吉。東京帝国大学法学部卒業後、外交官として外務省に入省した。1908年(明治41年)に日米紳士協定の締結に尽力した。1911年(明治44年)には、外務次官に就任した。 1913年(大正2年)、松根は政界に転身し、衆議院議員に当選した。1921年(大正10年)には、加藤友三郎内閣の外務大臣に就任した。1922年(大正11年)、ワシントン海軍軍縮会議に出席し、海軍の軍備縮小に努めた。 1923年(大正12年)、松根は山本権兵衛内閣の初代内閣総理大臣に就任した。しかし、同年に発生した関東大震災への対応を巡って与党の政友会の一部と対立し、総理大臣を辞任した。 1924年(大正13年)、松根は再び政界に復帰し、犬養毅内閣の外務大臣に就任した。1925年(大正14年)、同内閣総理大臣に就任した。松根は総理大臣在任中に、ロンドン海軍軍縮会議に出席し、海軍の軍備縮小に努めた。 1926年(昭和元年)、松根は二・二六事件により暗殺された。享年51。 松根東洋城は、日本の外交官、政治家として活躍した人物である。日米紳士協定の締結、ワシントン海軍軍縮会議、ロンドン海軍軍縮会議など、日本の外交政策に大きな影響を与えた。また、政治家としても、内閣総理大臣を2度務めた。
文学分野の人

「尾崎迷堂」

-尾崎迷堂の生涯と作品- 尾崎迷堂は、日本の小説家、劇作家、映画監督である。1885年、山口県萩市に生まれる。本名は尾崎一雄。早稲田大学文学部卒業後、新聞記者、雑誌編集者を経て、作家としてデビュー。1910年、処女作「煙」を発表。その後、次々と小説を発表し、人気作家となる。1920年には、劇団「新国劇」を旗揚げ。1922年には、映画監督としてデビュー。1942年に死去。 尾崎迷堂の作品は、社会問題を扱ったものが多い。1911年発表の「人生劇場」は、貧乏な家庭に生まれた主人公の半生を描いた小説で、大ヒットを記録した。1919年発表の「金色夜叉」は、芸妓と青年実業家の悲恋を描いた小説で、こちらも大ヒットした。尾崎迷堂の作品は、社会問題を扱ったものが多いが、その一方で、恋愛小説も数多く執筆している。1917年発表の「舞姫」は、芸妓とドイツ人青年との恋愛を描いた小説で、尾崎迷堂の代表作の一つである。 尾崎迷堂は、日本の近代文学に大きな影響を与えた作家である。彼の作品は、社会問題を扱ったものが多いが、その一方で、恋愛小説も数多く執筆している。尾崎迷堂の作品は、現在でも多くの人に読まれ続けている。
歴史上の人物

「大山覚威」とは

新聞記者として活躍した大山覚威 大山覚威は、ジャーナリストとして活躍した人物です。1867年(慶応3年)に、現在の新潟県に生まれました。東京帝国大学を卒業後、新聞社に入社し、記者として活動しました。1904年(明治37年)には、日露戦争の報道のために、満州に派遣されました。大山覚威は、満州で、戦況を克明に報道し、その功績を認められました。1908年(明治41年)には、新聞社の特派員として、アメリカ合衆国に派遣されました。大山覚威は、アメリカ合衆国で、社会情勢や政治情勢を調査し、その成果を、新聞に発表しました。 大山覚威は、新聞記者として活躍する一方、政治家としても活躍しました。1912年(明治45年)には、衆議院議員に当選し、政界に進出しました。大山覚威は、衆議院議員として、社会問題や経済問題に取り組み、多くの功績を上げました。1927年(昭和2年)には、内閣総理大臣に就任し、日本のトップに立ちました。大山覚威は、内閣総理大臣として、経済政策や社会政策を推進し、日本の近代化に貢献しました。 大山覚威は、新聞記者として、政治家として、日本の近代化に大きく貢献した人物です。大山覚威の功績は、現在でも高く評価されています。 大山覚威の主な功績は以下の通りです。 * 日露戦争の報道で、戦況を克明に伝え、その功績を認められました。 * アメリカ合衆国に特派員として派遣され、社会情勢や政治情勢を調査し、その成果を新聞に発表しました。 * 衆議院議員に当選し、政界に進出しました。 * 社会問題や経済問題に取り組み、多くの功績を上げました。 * 内閣総理大臣に就任し、日本のトップに立ちました。 * 経済政策や社会政策を推進し、日本の近代化に貢献しました。
歴史上の人物

熊谷直亮:通訳官・新聞記者の生涯

-熊本藩士の家に生まれる- 熊谷直亮は、1833年(天保4年)、肥後国(現在の熊本県)熊本城下において、熊本藩士・熊谷直温の長男として生まれた。直亮の父・直温は、熊本藩の郷校である時習館で学び、藩内で役職を歴任した人物であり、直亮は幼い頃から父から漢学や兵学を学んだという。 直亮が15歳のとき、ペリーが率いるアメリカ艦隊が浦賀に来航した。この来航は、日本に大きな衝撃を与え、直亮もまた、西洋列強の脅威を肌で感じ取った。直亮は、日本が西洋列強に対抗するためには、西洋の知識を学ぶ必要があると考え、1854年(安政元年)、わずか17歳の若さで長崎に遊学した。 長崎では、直亮は緒方洪庵の塾である適塾に入塾し、西洋の医学や砲術を学んだ。また、直亮は長崎奉行所通詞の通訳として勤務し、そこでオランダ語や英語を学んだ。直亮は、長崎で過ごした3年間で、西洋の知識を幅広く吸収し、日本の近代化に貢献する人材へと成長した。 1857年(安政4年)、直亮は長崎奉行所の通訳として江戸に赴任した。江戸では、直亮は老中・堀田正睦に仕え、幕府の外交政策に参画した。また、直亮は、福沢諭吉や中津藩の儒学者・佐久間象山らと交流し、西洋の知識や思想について議論を重ねた。 直亮は、幕末の動乱期にあって、日本が西洋列強に対抗するためには、幕府と藩の垣根を越えて協力することが必要であると考え、幕府と諸藩の融和を図ることに尽力した。しかし、直亮の努力も虚しく、1868年(明治元年)、戊辰戦争が勃発した。直亮は、戊辰戦争に幕府軍として参戦したが、幕府軍は新政府軍に敗北し、直亮は新政府に投降した。