国際民主婦人連盟

政治分野の人

苅田アサノの生涯 – 戦前から戦後までの人生

-革命運動への参加- 1920年代後半、苅田アサノは革命運動に関わるようになりました。彼女は中国の毛沢東率いる共産党に感化され、1928年に中国共産党に入党しました。入党後、彼女は共産党の地下活動に参加し、プロパガンダ活動や労働運動を支援しました。また、彼女は共産党の機関紙である「赤旗」の記者としても活動し、共産党の主張を広く世に発信しました。 1931年、日本が満州に侵攻し、日中戦争が勃発しました。苅田アサノは日本軍の侵略に反対し、反戦運動に参加しました。彼女は反戦デモを組織し、日本軍の暴行を告発するビラを配布しました。また、彼女は共産党の地下組織を通じて、日本の軍需工場で働く労働者をストライキに誘導するなどの活動も行いました。 1937年、日本軍が盧溝橋事件を起こし、日中戦争が本格化しました。苅田アサノは共産党の指示のもと、日本軍の侵略に抵抗するゲリラ組織を結成しました。彼女はゲリラ組織のリーダーとして、日本軍と戦い、多くの戦果を挙げました。しかし、1940年に日本軍に逮捕され、投獄されました。 苅田アサノは獄中で拷問を受けましたが、最後まで共産党の信念を貫き通しました。彼女は1945年に獄中で死亡しましたが、彼女の革命運動への貢献は今日でも高く評価されています。
政治分野の人

櫛田ふきと戦後日本の女性運動

- フェミニズムと民主主義 第二次世界大戦後、連合国による日本占領下で、日本は民主化政策の一環として、女性の参政権を獲得しました。これは、女性が選挙権と被選挙権を持つことを意味し、女性が政治に参加できるようになりました。 櫛田ふき氏は、戦後日本の女性運動において重要な役割を果たした人物です。彼女は、1945年に日本婦人有権者同盟を結成し、女性の参政権の実現に尽力しました。また、1946年には日本初の女性国会議員に当選しました。 櫛田氏の活動は、日本の女性運動において大きな影響を与えました。彼女は、女性が政治に参加することが民主主義にとって不可欠であると主張し、女性の権利向上に努めました。また、彼女は、女性が経済的に自立することが重要であると考え、女性の労働問題にも取り組んでいました。 櫛田氏の活動によって、日本の女性たちは、政治に参加する権利を得ることができ、女性の社会的地位も向上しました。また、女性が経済的に自立することが重要であるという考え方は、日本の女性運動において重要な理念となりました。 櫛田氏の活動は、日本の民主主義の発展に大きな貢献を果たしました。彼女は、女性が政治に参加することが民主主義にとって不可欠であると主張し、女性の権利向上に努めました。また、彼女は、女性が経済的に自立することが重要であると考え、女性の労働問題にも取り組んでいました。櫛田氏の活動によって、日本の女性たちは、政治に参加する権利を得ることができ、女性の社会的地位も向上しました。また、女性が経済的に自立することが重要であるという考え方は、日本の女性運動において重要な理念となりました。