土屋宗俊

歴史上の偉人

筑前博多の豪商一族、大賀宗恩の生涯

大賀宗恩の生涯 - 茶道と南坊録を愛した江戸時代中期の豪商 1. 生い立ちと家業 大賀宗恩は、江戸時代中期、筑前博多に生まれた。家は代々博多で豪商として栄えており、宗恩も幼い頃から商才を発揮していたという。 2. 茶道への傾倒 宗恩は、若い頃から茶道に傾倒し、茶の湯を嗜んでいた。博多には、茶の湯文化が盛んであり、宗恩もその影響を受けていたと思われる。 3. 南坊録の発見 宗恩は、ある時、古書の中から「南坊録」という書物を見つけた。南坊録とは、鎌倉時代の禅僧、南坊宗啓が編纂した、禅宗の公案集である。宗恩はこの書物に魅了され、南坊録の研究に没頭することになった。 4. 南坊録の出版 宗恩は、南坊録を世に広めるために、この書物を出版することを決意した。しかし、南坊録は難解な書物であり、出版には多大な苦労を要した。宗恩は、粘り強く交渉を重ね、ついに南坊録の出版に成功した。 5. 茶道と南坊録の融合 宗恩は、茶道と南坊録を融合させ、独自の茶道観を確立した。宗恩の茶道は、南坊録の教えに基づいており、悟りを目指すものであった。 6. 死去 宗恩は、寛政11年(1799年)に死去した。享年77。宗恩の死後、その茶道観は弟子たちに受け継がれ、博多の茶道文化に大きな影響を与えた。 7. 宗恩の功績 宗恩は、博多の豪商として活躍する傍ら、茶道と南坊録を愛し、その研究に没頭した。宗恩の功績は、南坊録の出版と、茶道と南坊録の融合にある。宗恩の茶道観は、博多の茶道文化に大きな影響を与え、今日まで受け継がれている。