地上の土の神

歴史上の人物

国之狭土神 – 古事記と日本書紀に登場する山の神と野の神

国之狭土神の誕生と系譜 国之狭土神は、古事記と日本書紀に登場する山の神と野の神です。国之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神であり、山や野を司る神として信仰されてきました。 古事記によれば、国之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命が最初に生んだ子であり、山や野を司る神として生まれたとされています。また、日本書紀によれば、国之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた五番目の神であり、山や野を司る神として生まれたとされています。 国之狭土神の系譜は、古事記と日本書紀によって異なります。古事記によれば、国之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた最初の神であり、山の神として生まれたとされています。一方、日本書紀によれば、国之狭土神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた五番目の神であり、山の神と野の神として生まれたとされています。 国之狭土神は、山の神と野の神として信仰されており、山の安全や野の豊穣を祈願するための祭祀が行われてきました。また、国之狭土神は、山の神として、山の安全や登山者の安全を祈願するための祭祀が行われてきました。 国之狭土神は、古事記と日本書紀に登場する山の神と野の神であり、山の安全や野の豊穣を祈願するための祭祀が行われてきました。また、国之狭土神は、山の神として、山の安全や登山者の安全を祈願するための祭祀が行われてきました。