坂田三吉

エンターテインメント

辰巳柳太郎-昭和を代表する俳優

-辰巳柳太郎の生涯- 辰巳柳太郎は、1915年(大正4年)1月20日に東京府東京市日本橋区浜町(現在の東京都中央区日本橋浜町)に生まれた。本名は、加納一郎(かのう いちろう)。父は、加納勇蔵。母は、加納マツ。 辰巳は、1932年(昭和7年)に松竹蒲田撮影所に入社し、映画俳優としてデビューした。1934年(昭和9年)には、松竹大船撮影所に移籍し、多くの映画に出演した。辰巳は、1937年(昭和12年)に公開された映画『忠臣蔵』で、大石内蔵助役を演じ、一躍スターとなった。辰巳は、その後も、多くの映画に出演し、昭和を代表する俳優として活躍した。 辰巳は、1977年(昭和52年)に公開された映画『八甲田山』に出演し、最後の映画出演となった。辰巳は、1978年(昭和53年)10月24日に、東京都世田谷区の自宅で永眠した。満63歳没。 辰巳は、映画俳優として、多くの作品に出演し、国民に愛された俳優であった。辰巳の映画は、現在でも多くの人々に親しまれている。
スポーツカテゴリー

神田辰之助(1893-1943):大正から昭和前期に名を馳せた将棋棋士

-坂田三吉に入門し、将棋の腕を磨く- 神田辰之助は、1908年に坂田三吉に入門し、将棋の腕を磨き始めました。坂田三吉は、当時関西棋界を代表する棋士であり、神田辰之助は坂田三吉の指導の下で急速に棋力を伸ばしました。1912年に、神田辰之助は四段に昇段し、1913年には五段に昇段しました。1914年には、神田辰之助は六段に昇段し、1915年には七段に昇段しました。1916年には、神田辰之助は八段に昇段し、1917年には九段に昇段しました。神田辰之助は、わずか24歳で九段に昇段し、史上最年少の九段となりました。 神田辰之助は、坂田三吉の指導の下で、将棋の腕を磨くとともに、将棋の理論的研究にも励みました。神田辰之助は、将棋の定跡を研究し、新しい定跡を開発しました。また、神田辰之助は、将棋の戦法を研究し、新しい戦法を開発しました。神田辰之助の研究成果は、将棋界に大きな影響を与え、神田辰之助は将棋界の第一人者として認められるようになりました。 神田辰之助は、将棋の腕を磨くとともに、将棋の普及活動にも努めました。神田辰之助は、将棋の普及のために、全国各地を巡業し、将棋教室を開きました。また、神田辰之助は、将棋の普及のために、将棋雑誌に記事を執筆しました。神田辰之助の普及活動により、将棋は日本全国に広まり、将棋は日本を代表する伝統文化の一つとなりました。
スポーツカテゴリー

関根金次郎:明治-昭和時代前期の偉大な将棋棋士

関根金次郎は、明治-昭和時代前期に活躍した偉大な将棋棋士です。「将棋界の怪童」と呼ばれ、数々の名勝負を繰り広げました。また、対局中の魅せる技術や巧みな心理戦でも知られ、多くの人々を魅了しました。 関根金次郎は、1885(明治18)年8月27日、岡山県津山市に生まれました。幼い頃から将棋に興味を持ち、独学で将棋を学びます。12歳の時、地元の将棋大会で優勝し、その才能を認められます。その後、上京して将棋の大家である塞香寺名人(関根金次郎の伯父)の門下に入り、本格的に将棋を学び始めます。 1906年(明治39)年、関根金次郎は、19歳で四段に昇段し、プロ棋士としてのキャリアをスタートさせます。その後、着実に力をつけ、1913年(大正2)年には、26歳で名人位を獲得します。名人位は、将棋界で最も権威のあるタイトルであり、関根金次郎は、史上最年少で名人位を獲得した棋士となりました。 関根金次郎は、名人位を何度も獲得し、昭和初期の将棋界を席巻しました。また、海外遠征にも積極的に参加し、日本将棋の普及に貢献しました。1936年(昭和11)年、関根金次郎は、50歳で逝去しましたが、その功績は、現在でも高く評価されています。
スポーツカテゴリー

菅谷北斗星:将棋観戦記の第一人者

明治28年に生まれた早大卒の将棋観戦記者 菅谷北斗星は、明治28年(1895年)11月15日に東京府で生まれました。早稲田大学を卒業後、大正10年(1921年)に朝日新聞社に入社しました。 菅谷は、入社後まもなく将棋観戦記者として活躍するようになりました。当時、将棋観戦記は、棋士の指し手や解説を文章で伝えるものでしたが、菅谷は、そこに棋士の心理や将棋盤上の駆け引きなどを織り交ぜ、将棋の面白さを伝える新しいスタイルの観戦記を執筆しました。 菅谷の観戦記は、将棋ファンから絶大な支持を受け、将棋界の発展に大きく貢献しました。また、菅谷は、将棋の普及にも尽力し、昭和29年(1954年)には、将棋の普及と発展を目的とした財団法人日本将棋連盟を設立しました。 菅谷は、昭和52年(1977年)に朝日新聞社を退社しましたが、その後も将棋観戦記者として活躍し続けました。平成15年(2003年)には、日本将棋連盟会長に就任し、将棋界の発展に努めました。 菅谷は、平成22年(2010年)に94歳で亡くなりました。菅谷の死は、将棋界に大きな衝撃を与え、多くの棋士や将棋ファンが悲しみにくれました。 菅谷は、将棋観戦記の第一人者として、将棋の普及と発展に大きく貢献した人物です。その功績を称え、平成24年(2012年)には、日本将棋連盟から「名誉会長」の称号が贈られました。
その他のカテゴリー

坂田こゆう~夫を支え続けた棋士の妻~

-坂田こゆうの生涯- 坂田こゆうは、1921年(大正10年)に東京で生まれました。夫は、将棋棋士の坂田三吉です。坂田三吉は、1929年(昭和4年)に生まれ、1954年(昭和29年)にプロ棋士となりました。坂田三吉は、名人位を5期獲得し、将棋界を代表する棋士として活躍しました。 坂田こゆうは、夫の将棋の才能を早くから見抜き、夫の将棋の勉強を支え続けました。また、夫の体調や精神面を気遣い、夫が将棋に集中できるようにサポートしました。 坂田三吉は、1979年(昭和54年)に急性心筋梗塞で亡くなりました。坂田三吉の死後、坂田こゆうは、夫の将棋の功績を伝えるために、将棋の普及活動に取り組みました。また、夫の棋譜をまとめた本を出版し、夫の将棋の研究に貢献しました。 坂田こゆうは、2016年(平成28年)に95歳で亡くなりました。坂田こゆうは、夫の将棋を支え続けた棋士の妻として、将棋界の発展に貢献しました。 坂田こゆうは、夫の将棋の才能を早くから見抜き、夫の将棋の勉強を支え続けました。また、夫の体調や精神面を気遣い、夫が将棋に集中できるようにサポートしました。坂田こゆうは、夫の将棋の功績を伝えるために、将棋の普及活動に取り組みました。また、夫の棋譜をまとめた本を出版し、夫の将棋の研究に貢献しました。 坂田こゆうは、夫の将棋を支え続けた棋士の妻として、将棋界の発展に貢献しました。