城資国

歴史上の偉人

鎌倉時代の女性、坂額(板額)の生涯と功績

坂額(板額)の出自と家系 坂額(板額)は、鎌倉時代中期の女性です。北条時頼の正室であり、第4代執権・北条経時の母として知られています。彼女は、北条氏と有力御家人である三浦氏の血を引く名門の出身でした。 坂額の父は、北条氏の一門である北条重時です。重時は、北条時頼の異母兄であり、北条氏の一門の中でも有力な御家人でした。また、坂額の母は、三浦氏の有力御家人である三浦泰村の娘であり、三浦氏の一門の中でも有力な人物でした。 坂額は、北条氏と三浦氏という鎌倉幕府の有力御家人同士の婚姻によって生まれた女性であり、その出自は非常に高貴なものでした。このことが、彼女が北条時頼の正室となり、第4代執権・北条経時の母となる土台となったと考えられます。 坂額は、1230年(天福元年)に北条時頼と結婚し、1242年(寛元4年)に嫡男の経時を出産しました。経時は、北条時頼の死後、第4代執権に就任し、鎌倉幕府の有力者として活躍しました。 坂額は、北条時頼の正室として鎌倉幕府の権力の頂点に立ち、また、第4代執権・北条経時の母として、鎌倉幕府の政治に大きな影響を与えた女性でした。彼女の出自と家系は、彼女が鎌倉幕府の有力者となる土台となった重要な要素でした。