声帯模写

芸能分野の人

桜井長一郎 – 漫談家


-生涯と経歴- 桜井長一郎(さくらい ちょういちろう、1909年8月23日 - 1991年4月27日)は、日本の漫談家、喜劇俳優、タレントである。東京都出身。本名は大山英夫。 1909年8月23日、東京都下谷区(現・台東区)に生まれる(ただし、『東京人』1988年12月号のインタビューでは「浅草生まれ」と語っている)。生家は小間物商を営んでいたが、長一郎が3歳の時に父を亡くしている。その後、実家は化学薬品工場を経営。 旧制東京府第六中学校(現・東京都立第五高等学校)卒業後、苦学を経て、1932年に浅草常盤座に入社。先輩の柳家金語楼に弟子入りし、漫談と喜劇の道を歩み始める。 1940年に徴兵され、戦争中は中国戦線に従軍。1945年、復員後、映画『無法松の一生』でデビュー。 1950年代には、テレビ番組『シャボン玉ホリデー』、『植木等の一夫多妻物語』などに出演し、人気を博した。 1960年代には、映画『サラリーマン清水港』シリーズ、『社長シリーズ』などに出演し、コメディアンとしての地位を確立した。 1970年代には、映画『男はつらいよ』シリーズに出演し、寅さんの叔父役を演じた。 1980年代には、テレビ番組『必殺仕事人』、『水戸黄門』などに出演し、活躍を続けた。 1991年4月27日、肺炎のため死去。享年81歳。
芸能分野の人

古川緑波→ 昭和の喜劇俳優

声帯模写の巨匠 古川緑波は、声帯模写の巨匠として知られています。彼の声帯模写は、その声質やイントネーションを忠実に再現したもので、まるで本人がその場に現れたかのような錯覚を覚えました。 古川緑波は、俳優として活動する傍ら、声帯模写の活動も精力的に行っていました。1920年代には、ラジオ番組に出演して声帯模写を披露し、その人気は全国に広がりました。また、1930年代には、映画にも出演し、その中で声帯模写を披露しました。 古川緑波の声帯模写は、その完成度の高さから、多くの賞賛を受けました。1935年には、芸術選奨受賞、1947年には紫綬褒章を受章しました。 古川緑波は、声帯模写の巨匠として、日本の芸能界に大きな功績を残しました。彼の声帯模写は、今もなお多くの人々に親しまれています。 古川緑波の代表的な声帯模写 古川緑波は、数多くの政治家、芸能人、軍人を声帯模写しました。その中でも、特に有名なのは、以下の声帯模写です。 ・榎本武揚 ・板垣退助 ・西郷隆盛 ・勝海舟 ・犬養毅 ・田中義一 ・小林一三 ・楠木正成 ・豊臣秀吉 ・徳川家康 古川緑波の声帯模写は、その高い技術力から、多くの人の喝采を浴びました。また、彼の声帯模写は、その人物の性格や人柄を巧みに再現しており、単なる物まねではなく、芸術の域に達していると評価されています。
芸能分野の人

2代目江戸家猫八 – 昭和の寄席芸人の人生と功績

-落語家から漫談師へ転向した2代目江戸家猫八- 初代江戸家猫八の息子として1924年に東京に生まれた2代目江戸家猫八は、幼い頃から落語に親しみ、15歳の時に柳家きん平に入門して「春丸」の名で初舞台を踏んだ。当初は落語家として活動していたが、後に漫談師に転向した。 猫八が漫談師に転向したきっかけは、1950年代に開催された「アサヒ芸能文芸コンクール」である。このコンクールで猫八は、漫談部門で優勝を果たした。この優勝を機に、猫八は漫談師として本格的に活動を開始した。 猫八の漫談は、ユーモアと風刺に富んだもので、多くの人々から支持された。また、猫八は、三味線を演奏しながら漫談を披露するなど、独自のスタイルを確立した。 猫八は、漫談師としての活躍だけではなく、映画やテレビにも出演するなど、幅広く活躍した。また、猫八は、1978年に落語協会の会長に就任するなど、落語界の発展にも尽力した。 猫八は、1994年に亡くなったが、現在でもその功績は多くの人々に語り継がれている。
芸能分野の人

「片岡鶴太郎」

# 片岡鶴太郎の生い立ちと経歴 片岡鶴太郎は、1944年12月25日に、東京府武蔵野市鷹の台で、本名・片岡仁志として誕生しました。父親は、片岡仁右衛門 (14代目)で、歌舞伎役者として活躍していました。母親は、片岡秀太郎 (初代)の娘で、同じく歌舞伎役者として活躍していました。 鶴太郎は、幼少期から歌舞伎の英才教育を受け、1957年に、片岡秀太郎 (2代目)を襲名して、歌舞伎役者としてデビューしました。しかし、鶴太郎は、歌舞伎の世界に馴染めず、1968年に、歌舞伎役者を廃業しました。 その後、鶴太郎は、俳優として活動を開始し、1970年代には、テレビドラマや映画に出演するようになりました。1974年に、映画『ノストラダムスの大予言』で主演を務め、一躍人気俳優となりました。以降、鶴太郎は、映画やテレビドラマに多数出演し、人気を博しました。 1980年代には、鶴太郎は、タレントとしても活動を開始し、バラエティ番組に出演するようになりました。1985年からは、日本テレビで放送されていた『鶴ちゃんのぷっつん5』に出演し、高視聴率を記録しました。鶴太郎は、以降も、バラエティ番組に多数出演し、お茶の間の人気者となりました。 1990年代には、鶴太郎は、画家としても活動を開始し、絵画展を開催するようになりました。2000年には、東京都美術館で、鶴太郎の大規模な個展が開催され、大きな話題となりました。鶴太郎は、以降も、画家として活動し、現在も精力的に個展を開催しています。 2010年には、鶴太郎は、参議院議員選挙に出馬し、当選しました。鶴太郎は、参議院議員として、文化芸術の振興や福祉の充実などに尽力しました。2016年に、鶴太郎は、参議院議員を引退しました。 鶴太郎は、2022年現在、俳優、タレント、画家、政治家など、幅広く活動しています。鶴太郎は、その多彩な才能で、多くの人々に愛されています。
芸能分野の人

江戸家猫八(初代)の生涯と功績

-江戸家猫八(初代)の生い立ちと入門- 江戸家猫八(初代)は、1865年(慶応元年)に東京に生まれた。本名は、鈴木政吉。幼い頃から落語が好きで、よく寄席に通っていたという。1881年(明治14年)、16歳のときに、落語家の初代三遊亭圓窓に弟子入りし、三遊亭圓若を名乗った。 圓若は、天賦の才を発揮し、すぐに寄席で頭角を現した。特に、得意としていたのが、人情噺や滑稽噺だった。圓若の噺は、丁寧な語り口と巧みな身振り手振りで、聴衆を魅了したという。 1896年(明治29年)、圓若は、師匠の三遊亭圓窓から「猫八」を襲名した。猫八は、真打昇進後も、寄席や劇場で活躍を続け、人気を博した。1903年(明治36年)には、初の海外公演を行い、好評を博した。 猫八は、1934年(昭和9年)に亡くなった。享年69。猫八は、落語界に多くの功績を残した。特に、人情噺や滑稽噺の分野において、その功績は大きい。また、猫八は、海外公演を行い、落語を世界に広めることに貢献した。