外科

研究者

杉本忠恵 – 江戸時代前期の医師

-南蛮流外科のパイオニア- 杉本忠恵は、江戸時代前期の医師であり、南蛮流外科のパイオニアとして知られています。南蛮流外科とは、16世紀にポルトガル人宣教師によって日本に伝えられた西洋医学であり、外科治療を中心に据えたものでした。杉本忠恵は、この南蛮流外科を日本に広めた第一人者であり、その功績は今日でも高く評価されています。 杉本忠恵は、1590年に近江国甲賀郡(滋賀県甲賀市)に生まれました。幼い頃から医学を志し、京都で南蛮流外科を学んだ後、故郷の甲賀に戻って開業しました。杉本忠恵の診療所には、近隣の村々から多くの患者が集まり、その治療は評判を呼びました。 杉本忠恵の治療は、従来の日本の外科治療とは一線を画すものでした。杉本忠恵は、ポルトガル人宣教師から学んだ解剖学や生理学の知識を基盤にして、患者一人一人の症状や体質に合わせて治療計画を立案しました。また、杉本忠恵は、西洋から輸入した外科手術器具を用いて治療を行うなど、最新の医療技術を積極的に取り入れました。 杉本忠恵の治療は、大きな成果を上げました。杉本忠恵は、それまで治療が難しかった外傷や感染症など、多くの病気を治し、患者の命を救いました。また、杉本忠恵は、外科手術の技術を弟子たちに伝授し、南蛮流外科を日本に根付かせることに貢献しました。 杉本忠恵は、1660年に死去しましたが、その功績は今日でも高く評価されています。杉本忠恵は、日本の外科医療の発展に大きな貢献をした偉大な医師として知られており、その名は歴史に刻まれています。
研究者

能勢道仙について – 幕末-明治時代の医師

-能勢道仙の生涯 - 幕末・明治の医師- -1. 幼少期と医師への道-  能勢道仙は1834年、播磨国加古郡平荘村(現・兵庫県加古川市)で生まれた。幼名は文蔵。10歳の頃、父を亡くし、母と2人の姉と貧困生活を送る。16歳の時、医師である叔父のもとで医学を学び始める。20歳のとき、江戸に出て、シーボルト塾に入塾。シーボルト塾では、西洋医学を学び、さまざまな知識を吸収した。 -2. 幕末の医師として-  幕末期、能勢道仙は、江戸幕府の軍医として従軍した。1868年の戊辰戦争では、奥羽鎮撫総督府軍の軍医として、東北地方を転戦した。戊辰戦争後、能勢道仙は、東京に戻り、開業医となった。 -3. 医療制度の近代化と啓蒙活動-  明治政府が成立すると、能勢道仙は、医療制度の近代化に尽力した。1874年、東京医学校(現・東京大学医学部)の設立に尽力し、初代校長に就任した。また、1876年には、日本医学会を設立し、初代会長に就任した。能勢道仙は、日本の近代医療制度の確立に大きな役割を果たした。 -4. 教育者としての活躍-  能勢道仙は、教育者としても活躍した。東京医学校では、医学の教育に尽力し、多くの医師を育成した。また、1886年には、日本女子医学専門学校(現・東京女子医科大学)を設立し、女子の医学教育にも尽力した。能勢道仙は、日本の近代医学教育の発展に大きく貢献した。 -5. 晩年-  1910年、能勢道仙は76歳で死去した。能勢道仙は、日本の近代医学の発展に多大な貢献をした医師であり、その功績は、今日でも高く評価されている。
研究者

カスパル

-カスパルとは- カスパルは、1999年に任天堂が発売したゲームボーイカラー用ソフト『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』で初登場したキャラクターです。 12歳の少年で、軍師・ナバールの息子です。 父と同じく軍人として戦っており、その実力は折り紙付き。 頭脳明晰で冷静沈着な性格ですが、その一方で正義感も強く、時には猪突猛進な一面も見せます。 アルムとマリアの養子となり、後にアルム軍の主力として活躍します。 武器は剣を得意としており、弓や杖なども扱えます。 また、父親と同じく優れた策士としても知られており、アルム軍の勝利に大きく貢献しました。 『ファイアーエムブレム 暗黒竜と光の剣』の他にも、『ファイアーエムブレム 新・紋章の謎 〜光と影の英雄〜』や『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』などの作品にも登場しています。
研究者

烏田智庵-江戸時代中期の医師,本草家

- 江戸時代中期の医師,本草家 烏田智庵(1644-1707)は、江戸時代中期の医師であり、本草家であった。 彼は、常陸国新治郡長岡(現在の茨城県水戸市)に生まれ、17歳で江戸に出て医学を学んだ。その後、将軍徳川綱吉の侍医となり、1695年には江戸幕府の薬園である小石川薬園の管理者となった。 彼は、日本における本草学の発展に大きな貢献をした。1684年に出版した『扶桑薬品方』は、日本の薬物についてまとめた最初の本格的な本草書であり、後の本草書に大きな影響を与えた。また、1706年に出版した『本草綱目啓蒙』は、中国の本草書である『本草綱目』を解説したもので、日本での本草学の普及に大きな役割を果たした。 烏田智庵は、日本の近代医学の発展にも貢献した。1703年に、江戸幕府に初めて西洋医学を導入した。また、1707年には、日本最初の解剖書である『解剖全書』を出版した。 烏田智庵は、日本の医学の発展に大きな貢献をした偉大な医者であり、本草家であった。
研究者

伊良子道牛 – 江戸時代の医師

-伊良子道牛の生涯- 伊良子道牛は、1680年に薩摩国伊集院(現在の鹿児島県日置市)に生まれた。幼名は鶴太郎。父は島津藩の藩医であった。 道牛は幼い頃から聡明で、早くから医学の道を志した。1696年、17歳の時に江戸に出て、儒学者である荻生徂徠の門下に入った。徂徠の下で儒学を学びながら、医学も独学で学んだ。 1703年、24歳の時に医師として開業。江戸の本石町に診療所を開いた。道牛は、儒学の知識を医学に応用した独自の治療法を編み出し、評判を呼んだ。 1716年、37歳の時に島津藩の藩医に任命された。藩医として、島津藩士とその家族の治療にあたった。また、医学書を執筆し、後進の育成にも尽力した。 道牛は、1733年に54歳で死去した。彼の死後、その教えは弟子たちによって受け継がれ、江戸時代後期に活躍した名医である華岡青洲や緒方洪庵らに大きな影響を与えた。 道牛は、儒学の知識を医学に応用した独自の治療法を編み出し、江戸時代に活躍した名医として知られている。また、後進の育成にも尽力し、多くの弟子を輩出した。
研究者

「西島俊庵」

- 「西島俊庵」 -# 「西島俊庵」の生涯と業績 西島俊庵(1561-1621)は、江戸時代の初期に活躍した医師、外科医、儒学者である。本名は西島五郎左衛門重勝。諱は俊庵、字は子立、号は堅瓠。通称は五郎左衛門。 俊庵は、三河国額田郡矢作(現在の愛知県岡崎市矢作町)に生まれた。幼少期より学問を好み、医術、外科、儒学を学んだ。20歳のとき、上洛して医術を学び、外科医として開業した。 俊庵は、外科医としての技術に優れ、特に刀傷の治療を得意とした。また、儒学者としても知られ、朱子学を学んで、朱子学の普及に努めた。 俊庵は、1621年に京都で没した。享年61。俊庵の墓は、京都市右京区花園にある。 俊庵は、その生涯において、多くの業績を残した。その主な業績は以下の通りである。 * 外科医としての業績 俊庵は、外科医として多くの業績を残した。その主な業績は以下の通りである。 * 刀傷の治療を得意とした。俊庵は、刀傷の治療に独自の工夫を凝らし、成功率を向上させた。 * 外科用の器具を開発した。俊庵は、外科医としての経験を活かして、外科用の器具を開発した。 * 外科医の教育に努めた。俊庵は、外科医の教育に努め、多くの弟子を育てた。 * 儒学者としての業績 俊庵は、儒学者としても多くの業績を残した。その主な業績は以下の通りである。 * 朱子学を学び、朱子学の普及に努めた。 * 『堅瓠集』を著した。『堅瓠集』は、儒学に関するエッセイ集であり、俊庵の博学とユーモアが遺憾なく発揮されている。 * 多くの弟子を育てた。俊庵は、儒学者としての教育に努め、多くの弟子を育てた。 俊庵は、その生涯において、多くの業績を残した。その業績は、今日の医学と儒学の発展に大きく貢献している。
研究者

ー住田正雄

住田正雄の生涯 住田正雄は、1896年(明治29年)1月22日に、福島県いわき市に生まれました。父は住田喜三郎、母は住田りんの次男として誕生しました。住田家は、代々漁師の家系で、正雄も幼い頃から漁の手伝いをしており、海に慣れ親しんで生活していました。 正雄は、15歳の時に、父と兄と共に、北海道の石狩川に鮭漁に出かけました。正雄はその旅で、鮭の遡上の様子や、漁師のたくましさを見て感銘を受け、漁師として生きることを決意しました。 17歳の時、正雄は、漁船に乗り組み、北海道各地の漁場を転々として働きました。羅臼町でも漁をしていました。羅臼町は、鮭の宝庫として知られており、正雄は、鮭漁で大きな成功を収めました。 1925年(大正14年)、正雄は、29歳の時に、羅臼町に定住し、羅臼漁業組合を設立しました。正雄は、組合の長として、羅臼の漁業発展に尽力しました。 1930年(昭和5年)、正雄は、羅臼町長に就任しました。正雄は、町長として、羅臼の道路や港湾の整備、教育の充実などに努めました。 1936年(昭和11年)、正雄は、北海道議会議員に当選しました。正雄は、北海道議会議員として、北海道の漁業振興や、北海道の発展に尽力しました。 正雄は、1971年(昭和46年)3月19日に、75歳の時に、亡くなりました。正雄は、羅臼の漁業発展に貢献したとして、羅臼町の名誉町民に推挙されました。 住田正雄は、漁師として、羅臼町長として、北海道議会議員として、羅臼と北海道の発展に尽力した偉人であり、その功績は今もなお、人々から敬愛されています。
研究者

神戸文哉 – 明治時代の医師

神戸文哉の生涯 神戸文哉は、1836年に筑前国(現在の福岡県)に生まれました。1859年に長崎の医学伝習所に入り、西洋医学を学びました。1862年に卒業し、福岡に戻って診療所を開業しました。1868年には、明治政府の命を受けて東京に上京し、医務局で働きました。1871年に、文部省の命を受けてドイツに留学し、ベルリン大学で医学を学びました。1875年に帰国し、東京大学医学部の教授に就任しました。1885年には、東京大学医学部の初代学部長に就任しました。1890年には、東京大学総長に就任しました。1892年に、東京で亡くなりました。 神戸文哉は、日本の近代医学の発展に大きな貢献をした人物です。彼は、西洋医学を日本に導入し、日本の医学教育の近代化を推進しました。また、彼は、日本の公衆衛生の向上にも尽力しました。神戸文哉は、日本の近代医学の父と呼ばれています。
研究者

関場不二彦 – 明治から昭和初期にかけて活躍した医師の生涯

関場不二彦の生い立ちと教育 関場不二彦は、1883年(明治16年)1月27日、山形県山形市に生まれた。父は医師の関場貞蔵、母はスエの次男である。 不二彦は、幼い頃から読書好きで、特に医学書を好んで読んでいた。10歳の時、父が亡くなり、母と弟妹を残して家計を支えるために、山形市内の医院で住み込みで働きながら、山形県立山形中学校(現・山形県立山形東高等学校)に通った。 1903年(明治36年)に山形県立山形中学校を卒業後、東京帝国大学医科大学に入学した。在学中は、解剖学や生理学を専攻し、1909年(明治42年)に卒業した。 卒業後は、東京帝国大学の医科大学院に進学し、細菌学を専攻した。1912年(大正元年)に学位を取得し、東京帝国大学の医科大学助教授に就任した。 1916年(大正5年)に、東京帝国大学の医科大学教授に就任した。1923年(大正12年)には、東京帝国大学の医科大学長に就任した。 1928年(昭和3年)には、日本医師会の会長に就任した。1931年(昭和6年)には、帝国学士院会員に選出された。 1945年(昭和20年)に、東京帝国大学の医科大学長を辞任し、日本医師会の会長を辞任した。1946年(昭和21年)には、帝国学士院会員を辞任した。 1954年(昭和29年)12月25日に死去した。享年71。
研究者

– 鳩野宗巴

鳩野宗巴の生涯と業績 室町時代中期の堺に生まれた鳩野宗巴は、茶人、連歌師として活躍した人物です。宗巴は、幼い頃から聡明で、学問を好み、和歌や連歌を学びました。18歳の時には、京都に上京し、連歌師の宗祗に入門しました。 宗祗のもとで、宗巴は連歌の技法を学び、連歌師としての名を馳せました。また、宗巴は茶の湯にも通じ、茶人としても活躍しました。宗巴は、茶の湯を単なる飲み物を楽しむものではなく、精神性を重んじるものとして捉え、茶の湯の作法や道具について研究しました。 宗巴は、茶の湯と連歌を融合させた「茶湯連歌」という新しい文化を創始しました。茶湯連歌とは、茶の湯を楽しみながら連歌を詠むというもので、当時の人々に大いに人気を博しました。宗巴は、茶湯連歌の第一人者として知られ、多くの弟子を育てました。 宗巴は、1550年に71歳で亡くなりました。宗巴の死後も、宗巴の茶の湯と連歌は、後世の人々に受け継がれ、日本の文化に大きな影響を与えました。 宗巴の生涯と業績をまとめると、次のようになります。 * 1479年、堺に生まれる。 * 18歳の時に京都に上京し、連歌師の宗祗に入門する。 * 連歌師として活躍し、茶の湯にも通じる。 * 茶の湯と連歌を融合させた「茶湯連歌」を創始する。 * 茶湯連歌の第一人者として知られ、多くの弟子を育てる。 * 1550年、71歳で亡くなる。
研究者

前⽥友助(1887-1975)-大正・昭和時代を代表する外科学者の足跡をたどる

-外科学の発展に尽力した偉人- 前田友助は、1887年に宮城県に生まれ、1975年に東京で亡くなった、大正・昭和時代を代表する外科学者です。彼は、外科学の発展に大きな功績を残し、その業績は国内外で高く評価されています。 前田友助は、1913年に東京帝国大学医学部を卒業し、1917年に同大学の外科学教室に入局しました。1923年に教授に就任し、1952年までその職に就きました。彼は、外科学の分野で多くの業績を残しましたが、その中でも特に注目されるのは、次のようなものです。 * 1925年に、日本で初めて人工心臓肺を用いた手術を成功させました。これは、心臓外科手術の発展に大きな貢献をしました。 * 1931年に、日本で初めて胃癌の根治手術を成功させました。これは、胃癌の治療法の確立に貢献しました。 * 1937年に、日本で初めて肺癌の根治手術を成功させました。これは、肺癌の治療法の確立に貢献しました。 前田友助は、外科学の発展に尽力した偉大な外科医であり、その業績は国内外で高く評価されています。彼は、日本の外科学の発展に大きな貢献をした人物であり、その功績は永遠に語り継がれることでしょう。
研究者

可部安都志 – 幕末から明治時代にかけて活躍した医師・国学者

-可部安都志の生い立ちと教育- 可部安都志は、1817年(文化14年)8月1日に、備後国御調郡三谷村に生まれました。父は医師の可部貞享、母は同村の農家、小西治兵衛の娘です。安都志は、幼い頃から聡明で、読書を好み、漢学や医学を学びました。15歳の時に、広島藩の藩校である修道館に入学し、医学と漢学を学びました。修道館を卒業後、大阪や京都で医学と漢学をさらに学びました。 安都志は、25歳の時に、帰郷して、医師を開業しました。安都志の医術は評判がよく、遠方からも患者が訪れました。安都志は、医師としてだけでなく、国学者としても活躍しました。安都志は、備後国の歴史や文化を研究し、多くの著作を残しました。安都志の著作は、備後国の歴史や文化を知る上で、貴重な資料となっています。 安都志は、1886年(明治19年)12月25日に、69歳で亡くなりました。安都志の墓は、広島県福山市御調町の宝泉寺にあります。安都志は、医師として、国学者として、備後国の歴史と文化に貢献した人物です。
研究者

本島柳之助 – 放射線医学のパイオニア

-放射線医学のパイオニア- 本島柳之助は、1865年(慶応元年)に長崎県に生まれました。1888年(明治21年)に東京帝国大学医科大学を卒業し、1892年(明治25年)にドイツに留学しました。1895年(明治28年)に帰国し、東京帝国大学医科大学放射線科の初代教授に就任しました。本島は、放射線医学のパイオニアとして、X線やラジウムを用いた治療法を開発しました。また、放射線による生物学的研究も行い、放射線による発癌や突然変異を発見しました。本島は、1934年(昭和9年)に亡くなりましたが、その功績は今日でも高く評価されています。 -X線やラジウムを用いた治療法の開発- 本島は、1896年(明治29年)にX線による治療法を開発しました。X線は、1895年にドイツの物理学者レントゲンによって発見された電磁波の一種です。X線は、人体を透過する性質があり、骨や金属などの固いものを映し出すことができます。本島は、X線を用いて、結核や癌などの病気の治療を行いました。また、1903年(明治36年)にラジウムを用いた治療法も開発しました。ラジウムは、1898年にフランスの物理学者キュリー夫妻によって発見された元素です。ラジウムは、放射線を放出する性質があり、癌などの病気の治療に使用されました。 -放射線による生物学的研究- 本島は、放射線による生物学的研究も行いました。1903年(明治36年)に、放射線による発癌を発見しました。発癌とは、正常な細胞が癌細胞に変異する現象です。本島は、放射線が細胞の遺伝子を損傷させ、それが発癌につながることを明らかにしました。また、1914年(大正3年)に、放射線による突然変異を発見しました。突然変異とは、生物の遺伝子が突然変化する現象です。本島は、放射線が生物の遺伝子を変化させ、それが突然変異につながることを明らかにしました。 -本島の功績と影響- 本島は、放射線医学のパイオニアとして、放射線による治療法や放射線による生物学的研究に大きな貢献をしました。本島の功績は、今日でも高く評価されており、放射線医学の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

嵐山甫安:江戸時代前期に活躍した医師

嵐山甫安は、江戸時代前期に活躍した医師です。1593年に京都で生まれ、1657年に65歳で亡くなりました。彼の生涯は、波乱に満ちたものでした。 嵐山甫安は、幼い頃から神童と呼ばれ、勉学に励みました。15歳で京都の医学校に入学し、医学を学びました。その後、京都の町医者として働き始めました。しかし、彼の才能はすぐに認められ、徳川家康の侍医に抜擢されました。 徳川家康の侍医として、嵐山甫安は江戸城で暮らし、将軍の健康を管理しました。しかし、将軍の死後、彼は職を辞し、京都に戻りました。その後、彼は京都の町医者として働き続けました。 嵐山甫安は、医学の分野で多くの功績を残しました。彼は、日本の医学史上、初めて解剖学の研究を行い、その成果を『解体新書』という本にまとめました。この本は、日本の医学の発展に大きな影響を与えました。 また、嵐山甫安は、日本の医学史上、初めて西洋医学を導入しました。彼は、オランダの医師から西洋医学を学び、それを日本の医学に取り入れました。この功績により、彼は日本の近代医学の父と呼ばれています。 嵐山甫安の生涯は、波乱に満ちたものでしたが、彼は医学の分野で大きな功績を残しました。彼の功績は、今日でも高く評価されています。
研究者

佐藤恒久 – 明治時代の医師

佐藤恒久の生涯 佐藤恒久は、1840年(天保11年)に江戸で生まれた。父は医者で、恒久も父の跡を継いで医者になることを志した。16歳の時、恒久は江戸の緒方洪庵が開いた適塾に入塾し、西洋医学を学んだ。 1862年(文久2年)、恒久は適塾を卒業し、横浜の外国人居留地で開業した。当時は、日本に西洋医学を学んだ医師は少なく、恒久の診療所はすぐに多くの患者で賑わった。1868年(明治元年)、明治維新が起こり、恒久は新政府の医師に任命された。 恒久は新政府の医師として、日本の医療制度の近代化に尽力した。1870年(明治3年)、恒久は東京に医学校を開設し、西洋医学を教えた。この医学校は、後に東京医学校となり、日本の医学教育の中心となった。 恒久はまた、日本の医学雑誌の創刊にも尽力した。1871年(明治4年)、恒久は「医事新誌」を創刊し、西洋医学の最新の情報を日本の医師に紹介した。この雑誌は日本の医学の発展に大きな役割を果たした。 恒久は、1901年(明治34年)に61歳で亡くなった。恒久は日本の近代医学の発展に貢献した偉大な医師であり、その功績は今もなお讃えられている。
研究者

吉田自庵 – 江戸時代の医師

-長崎での修行- 吉田自庵は、青年期に長崎で医学を学びました。長崎は、当時は鎖国政策下で唯一の西洋との交易地であり、最先端の西洋医学がもたらされる場所でした。自庵は、長崎で、オランダ人医師から西洋医学を学び、オランダ語も習得しました。 自庵は、長崎での修行中に、当時としては最先端の医学知識を身につけ、西洋医学の重要性を認識しました。また、西洋医学の導入に積極的だったシーボルトとも交流があり、シーボルトから西洋医学の最新情報を学びました。 自庵は、長崎での修行を終えた後、故郷の佐賀に戻り、西洋医学を導入した医療活動を展開しました。自庵は、佐賀藩の藩医となり、藩の医療制度を改革しました。また、自庵は、西洋医学の普及に努め、一般の人々にも西洋医学の知識を伝えました。 自庵の努力により、佐賀藩は、西洋医学の導入が進んだ藩となりました。そして、自庵の弟子の中には、後に日本の近代医学の発展に貢献した人物も輩出されました。
研究者

宇都宮徠-明治時代の医師

大分県庁登録の開業医第1号 宇都宮徠は明治時代の医師であり、大分県庁登録の開業医第1号となった人物です。 宇都宮は肥後国(現在の熊本県)で生まれ、熊本医学校を卒業した後、大分県に赴任しました。大分県では、私設医院を開業し、地域の人々の診療に当たりました。 明治12年(1879年)、大分県庁が医師の登録制度を設けた際に、宇都宮は第1号として登録されました。これは、宇都宮が大分県で最初の開業医であったことを意味します。 宇都宮は、内科・外科・産婦人科・眼科など、幅広い診療科目を扱い、また、痘瘡の予防接種も行っていました。宇都宮の医療技術は高く評価され、多くの人々が彼の診察を受けに訪れました。 宇都宮は、明治27年(1894年)に死去するまで、大分県で医師として活躍しました。彼の死後、大分県医師会は宇都宮の功績を称え、彼の胸像を建立しました。 宇都宮徠は、大分県における近代医療の礎を築いた人物であり、その功績は今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

生熊順益-江戸時代後期の医師

-江戸で開業した生熊順益- 生熊順益は、江戸時代後期の医師である。江戸で開業し、多くの人々の命を救った。順益は、1787年に江戸で生まれ、本姓は源氏、諱は玄清。号は順益、南山、海東。 順益は、幼少期から聡明で、学問を好んだ。15歳の時に江戸に出て、儒学を学ぶ。20歳の時に医学を志し、医学校である昌平坂学問所に入学した。昌平坂学問所では、蘭学を学び、西洋の医学知識を習得した。 昌平坂学問所を卒業後、順益は江戸で開業した。順益は、西洋の医学知識を駆使して、多くの患者を診察し、治療した。順益の評判はすぐに広がり、江戸で最も有名な医師の一人となった。 順益は、西洋の医学知識だけでなく、日本の伝統的な医学知識にも精通していた。順益は、西洋の医学と日本の伝統的な医学を融合させて、独自の治療法を作り出した。順益の治療法は、多くの患者に効果があり、順益は江戸で最も信頼される医師の一人となった。 順益は、1859年に江戸で亡くなった。享年72歳。順益の死は、江戸の医学界に大きな衝撃を与えた。順益は、江戸で最も有名な医師の一人であり、順益の死は江戸の医学界に大きな損失となった。 順益は、江戸時代に活躍した医師の一人である。順益は、西洋の医学知識と日本の伝統的な医学知識を融合させて、独自の治療法を作り出した。順益の治療法は、多くの患者に効果があり、順益は江戸で最も信頼される医師の一人となった。順益の死は、江戸の医学界に大きな損失となった。
歴史上の偉人

勝田寿閑 – 江戸時代前期から中期の医師

-勝田寿閑の生涯と功績- 勝田寿閑(1638-1713)は、江戸時代前期から中期の医師であり、医師としてだけでなく、本草学者としても知られている。 -勝田寿閑の生涯- 勝田寿閑は、1638年(寛永15年)に越後国中魚沼郡川口村(現・新潟県魚沼市)に生まれた。1662年(寛文2年)に江戸に出て、儒者・医師の貝原益軒に師事した。益軒から儒学と医学を学び、1667年(寛文7年)には益軒の推薦で加賀藩の御典医となった。 加賀藩では、藩主前田綱紀に仕え、藩の医療を統括した。また、藩命により、加賀藩領内の薬草を調査し、その結果を『本草綱目啓蒙』にまとめた。 1694年(元禄7年)、加賀藩を退職して江戸に戻り、開業医となった。また、医学と本草学の研究を続け、多くの著作を残した。1713年(正徳3年)、76歳で死去した。 -勝田寿閑の功績- 勝田寿閑の功績は、医学と本草学の分野で数多くある。 医学の分野では、加賀藩の御典医として、藩の医療を統括し、藩民の健康に貢献した。また、多くの著作を残し、後世の医師に大きな影響を与えた。 本草学の分野では、『本草綱目啓蒙』を著し、加賀藩領内の薬草を調査し、その結果をまとめた。この著作は、日本の本草学の発展に大きく貢献した。 また、勝田寿閑は、医師としてだけでなく、本草学者としても活躍し、医学と本草学の両分野に大きな功績を残した。
研究者

村上治朗

-村上治郎- -生涯と業績- 村上治郎は、1929年(昭和4年)に東京都に生まれました。東京大学医学部を卒業後、同大学院に進学し、医学博士号を取得しました。1960年(昭和35年)には、東京大学医学部助手となり、1970年(昭和45年)には、同大学医学部助教授に昇進しました。1975年(昭和50年)には、東京大学医学部教授に就任し、1999年(平成11年)までその職を務めました。 村上治郎は、主に感染症の研究を行い、多くの業績を上げました。1960年代には、麻疹ウイルスの構造を明らかにし、麻疹ワクチンの開発に貢献しました。1970年代には、エイズウイルスの構造を明らかにし、エイズワクチンの開発に貢献しました。1980年代には、インフルエンザウイルスの構造を明らかにし、インフルエンザワクチンの開発に貢献しました。 村上治郎は、その業績が認められ、1985年(昭和60年)には、日本学士院賞を受賞しました。1990年(平成2年)には、文化功労者に選出され、1999年(平成11年)には、文化勲章を受章しました。 村上治郎は、2010年(平成22年)に81歳で逝去しました。
研究者

「橋本長綱」(1804-1851)

橋本長綱の生涯 橋本長綱は、1804年に現在の静岡県沼津市に生まれました。家は代々沼津藩の重臣で、長綱も幼い頃から文武両道に励みました。1825年に江戸に出て、昌平坂学問所で学びました。1830年に沼津藩に戻り、藩校の教授を務めました。 1835年に沼津藩主の随行として江戸に赴き、老中水野忠邦に謁見しました。水野忠邦の長綱の才能を見抜き、1837年に幕府の勘定奉行に抜擢しました。長綱は、勘定奉行として、財政改革や通貨改革に取り組みました。1841年に老中となり、ペリー来航時の交渉にも当たりました。 1851年に、長綱は老中を辞任し、沼津藩に戻りました。同年、沼津藩で死去しました。享年48歳でした。 長綱は、幕末の激動期に活躍した政治家でした。その功績は、明治維新後の日本にも大きな影響を与えました。
研究者

名医・二宮彦可の人となり

石見浜田藩医として活躍した二宮彦可 二宮彦可は、1623年に石見国浜田藩で生まれ、1693年に亡くなった医師です。名は甫、号は清庵、彦可はその別名です。 彦可は、幼い頃から聡明で、読書を好み、15歳のときに江戸に出て医学を学びました。その後、帰郷して浜田藩に仕え、藩医となりました。 彦可は、蘭方医学を学び、西洋の医学書を多く翻訳しました。また、処方薬の開発にも力を入れ、多くの薬剤を考案しました。 彦可は、石見浜田藩の藩医として活躍する傍ら、貧しい人々にも無料で診察を行い、薬を処方しました。また、地域で発生した疫病の治療にも尽くしました。 彦可の功績は、浜田藩のみならず、全国的に知られるようになりました。彦可は、1693年に亡くなりましたが、その死後も彦可の医学書は広く読まれ、多くの医師に影響を与えました。 彦可の墓は、石見浜田藩の菩提寺である浄土寺にあります。彦可の墓は、現在も多くの参拝者が訪れる観光スポットとなっています。
研究者

守屋庸庵 → 蘭方医の生涯と偉業

-緒方洪庵の適塾で学ぶ- 守屋庸庵は、1813年に緒方洪庵の適塾に入塾しました。適塾は、当時の日本における蘭学の最高学府であり、多くの優秀な蘭方医を輩出していました。庸庵は、適塾で蘭学の基礎を学び、西洋医学の最新知識を吸収しました。 庸庵は、適塾で緒方洪庵から直接指導を受けました。緒方洪庵は、蘭学の第一人者であり、西洋医学の導入に尽力した人物です。庸庵は、緒方洪庵から西洋医学の知識と技術を学び、蘭方医としての基礎を固めました。 庸庵は、適塾で学んだ後、蘭方医として開業しました。庸庵は、西洋医学の知識と技術を駆使して、多くの患者を治療しました。庸庵は、また、蘭学の普及にも尽力し、蘭書を翻訳したり、蘭学の講義をしたりしました。 庸庵は、1862年に亡くなりましたが、その功績は今日でも高く評価されています。庸庵は、日本における蘭方医の草分け的存在であり、西洋医学の導入に大きな貢献をしました。庸庵の功績は、日本の近代化に大きく寄与しました。
研究者

片倉寿繁

# 片倉寿繁の生涯 - 生い立ち 片倉寿繁は、1559年、伊達氏に仕える片倉景綱の嫡男として陸奥国米沢城下(現・山形県米沢市)に誕生した。幼名は清久。 寿繁は、幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時には、伊達政宗の信任を得て、伊達軍の総大将に任命された。15歳の若さで伊達軍の総大将というのは、非常に異例のことである。 - 伊達氏での活躍 寿繁は、伊達軍の総大将として、数々の戦いに参戦し、武功を挙げた。 1582年、織田信長の軍勢が伊達領に侵攻してきた際には、寿繁は、伊達軍を率いて織田軍を撃退した。 1589年、豊臣秀吉の軍勢が奥羽地方を平定するために侵攻してきた際には、寿繁は、伊達軍を率いて豊臣軍と激戦を繰り広げた。しかし、伊達軍は、豊臣軍の圧倒的な兵力に敗れ、降伏した。 - 仙台藩での活躍 1600年、関ヶ原の戦いで伊達政宗が東軍に味方したことで、伊達氏は、奥州一国の領主として認められた。 寿繁は、伊達政宗の命により、仙台城の築城を指揮し、1603年に仙台城が完成すると、仙台藩の重臣として藩政を担った。 寿繁は、仙台藩の財政を立て直し、仙台藩を東北地方屈指の藩に育て上げた。また、寿繁は、仙台藩士の教育に力を入れ、藩校「養賢堂」を創設した。 - 晩年 寿繁は、1627年に、仙台藩の重臣として死去した。享年69。 寿繁は、伊達政宗に仕え、伊達氏と仙台藩の発展に貢献した名臣である。