大分県

研究者

竹内東門(2代) – 江戸時代後期の儒者

-竹内東門(2代)の生涯- 竹内東門(2代)は、江戸時代後期の儒学者です。1798年(寛政10年)、江戸に生まれます。名は孝、字は子文、通称は厚蔵、号は東門です。父は竹内東門(初代)で、儒学者として知られていました。 東門は幼い頃から学問に秀でており、10歳で父から四書五経を学び始めます。14歳で江戸に出て、昌平坂学問所に学びます。昌平坂学問所では、朱子学を学び、頭角を現しました。 20歳で昌平坂学問所を卒業し、帰郷して家塾を開きます。家塾では、儒学を教え、多くの弟子を育てました。また、著述にも励み、多くの書物を著しました。 40歳で江戸に出て、昌平坂学問所の教授となります。昌平坂学問所では、多くの学生を指導し、幕府の儒学政策にも影響を与えました。 60歳で昌平坂学問所を辞任し、帰郷して隠居します。隠居後は、著述に専念し、多くの書物を著しました。 70歳で死去します。 東門は、朱子学の大家として知られ、幕府の儒学政策にも影響を与えました。また、多くの書物を著し、儒学の発展に貢献しました。
研究者

鳥潟恒吉と大分県医療の近代化

-近代化の先駆けとなった初代院長兼校長- 鳥潟恒吉は、大分県医療の近代化において重要な役割を果たした人物である。1849年、大分県生まれ。1875年に東京医学校を卒業し、大分県に帰郷した。1877年に大分県立病院の初代院長に就任し、1880年には大分県立医学校の初代校長に就任した。 鳥潟は、就任後すぐに病院と医学校の改革に着手した。病院では、近代的な医療機器を導入し、外国人の医師を招いて指導にあたらせた。また、医学校では、最新の医学教育を取り入れ、優秀な医師を育成した。 鳥潟の改革により、大分県の医療は大きく進歩した。大分県立病院は、九州地方屈指の病院となり、大分県立医学校は、九州地方有数の医学校となった。また、鳥潟の指導を受けた医師たちは、大分県各地で活躍し、県民の健康を守った。 鳥潟は、1898年に院長兼校長を退任したが、その後も大分県の医療の発展に貢献し続けた。1922年に亡くなったが、その功績は今もなお語り継がれている。 鳥潟恒吉は、大分県医療の近代化に多大な貢献をした偉人である。その功績は、今もなお県民に敬愛されている。
歴史上の偉人

江利門五左衛門 – 江戸時代後期の農民一揆指導者

江利門五左衛門の生い立ちと背景 江利門五左衛門は、江戸時代後期の農民一揆指導者です。1758年(宝暦8年)に、下総国香取郡下根村(現在の千葉県香取市)の農民の家に生まれました。父は門右衛門、母は芳といい、五左衛門には4人の姉と2人の妹がいました。 五左衛門は幼い頃から体が丈夫で、勉強も得意でした。しかし、12歳の時に父が亡くなると、家計を助けるために学校を中退して農業を手伝い始めました。五左衛門は働き者で、すぐに一人前の農民となりました。また、五左衛門は正義感が強く、村人の間でも評判でした。 五左衛門が20歳の時、村に洪水が起きました。洪水で田畑が流され、多くの農民が困窮しました。五左衛門は村人たちに呼びかけ、村を再建するための協力を求めました。五左衛門の呼びかけに応じた村人は多く、村はすぐに復興することができました。 五左衛門の活躍は、周辺の村にも知られるようになりました。1783年(天明3年)、天明の大飢饉が起こると、五左衛門は周辺の村の農民たちを糾合して、幕府に米の放出を求める一揆を起こしました。一揆は成功し、幕府は米を放出しました。五左衛門は農民たちの英雄となり、その名は全国に知られるようになりました。
研究者

「土居震発」

「土居震発」の生涯と業績 1. 幼少期と青年期 土居震発は、1873年(明治6年)11月11日に、愛知県名古屋市中区栄に生まれました。幼少期から成績優秀で、1893年(明治26年)に東京帝国大学工科大学に入学しました。工科大学では、建築学科で学び、1897年(明治30年)に卒業しました。 2. 土木工学者としての業績 卒業後は、土木局に勤務し、土木技術者として活躍しました。1900年(明治33年)には、九州鉄道の建設に携わり、九州の鉄道網の整備に貢献しました。1908年(明治41年)には、台湾総督府に転勤し、台湾のインフラ整備に尽力しました。 3. 建築家としての業績 1912年(大正元年)に、台湾総督府から内務省に転勤し、建築局長に就任しました。建築局長として、東京駅や京都駅の建設を指揮し、日本の近代建築の発展に貢献しました。また、1919年(大正8年)には、帝都復興院総裁に就任し、関東大震災後の帝都東京の復興に努めました。 4. 教育者としての業績 1923年(大正12年)に、東京帝国大学工科大学教授に就任しました。教授として、建築学の講義を行い、多くの学生を育てました。また、1936年(昭和11年)には、日本建築学会の初代会長に就任し、日本の建築界の発展に貢献しました。 5. 死去 土居震発は、1948年(昭和23年)11月11日に、東京都文京区本郷で死去しました。享年75歳でした。
経済分野で活躍した人

荘田平五郎 – 明治・大正時代の偉大な実業家

三菱の礎を築いた男 - 荘田平五郎 明治・大正時代に活躍した実業家・荘田平五郎は、三菱グループの礎を築いた偉大な人物です。1841年に肥前国(現在の佐賀県)に生まれ、幼い頃から商才を発揮していました。1863年に長崎で貿易商として独立し、その事業は順調に拡大していきます。 1868年に東京に移住し、岩崎弥太郎が経営する九十九商会に入社しました。この会社は後に三菱商会と改称され、三菱グループの中核企業となります。荘田平五郎は三菱商会で頭角を現し、岩崎弥太郎の右腕として活躍しました。 1885年に三菱商会の社長に就任した荘田平五郎は、積極的な事業展開を進めます。三菱商事は船舶や鉱山、銀行などさまざまな分野に進出し、一大財閥に成長しました。荘田平五郎は三菱グループの経営を近代化し、その発展に大きく貢献しました。 1916年に三菱商会の会長に就任した荘田平五郎は、1922年に亡くなるまで三菱グループの経営を指導しました。彼は三菱グループを日本を代表する財閥に育て上げ、日本の近代化に大きな功績を残しました。 荘田平五郎は三菱グループの創業者である岩崎弥太郎とともに、日本の産業発展に大きく貢献した偉大な実業家です。彼の功績は今もなお語り継がれています。
歴史上の偉人

松島善海 – 明治-大正時代の僧侶

松島善海の生涯 松島善海(1858-1934)は、明治-大正時代の僧侶であり、仏教改革運動の指導者でした。彼は、日本の仏教を近代化し、社会に役立つものにすることを目指しました。 善海は、1858年に石川県で生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、18歳のときに得度して僧侶となりました。その後、京都の智積院で仏教を学び、1889年に卒業しました。 卒業後、善海は京都で仏教改革運動を始めました。彼は、仏教を近代化し、社会に役立つものにすることを目指しました。善海は、仏教の教義や儀式を簡略化し、仏教を一般の人にもわかりやすいものにしました。また、仏教を学校教育に取り入れ、仏教を広く普及させました。 善海の仏教改革運動は、多くの僧侶や信者の支持を得て、全国に広がっていきました。1905年には、善海は浄土真宗本願寺派の門主となり、日本の仏教界のトップに立ちました。 善海は、門主として仏教改革運動をさらに推進しました。彼は、仏教の教義や儀式をさらに簡略化し、仏教を一般の人にもわかりやすいものにしました。また、仏教を社会事業に取り入れ、仏教を社会に役立つものにしました。 善海の仏教改革運動は、日本の仏教界に大きな影響を与えました。善海は、日本の仏教を近代化し、社会に役立つものにすることに成功しました。善海の功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の偉人

大賀信好 – 織豊から江戸時代前期にかけて活躍した商人

-大賀信好の生涯と功績- 大賀信好(おおが のぶよし)は、織豊から江戸時代前期にかけて活躍した商人です。三井グループの源流をたどると、大賀信好が信濃国諏訪郡(現在の長野県諏訪市)の豪農に生まれた1559年(永禄2年)にさかのぼります。大賀信好は、若くして家業を手伝い、早くから商才を発揮しました。20歳の時に京都に移住し、呉服商を営むようになります。 信好はその才能を買われ、三井家に出仕することとなりました。三井家は、代々近江国坂田郡三井村(現在の滋賀県長浜市)で庄屋を務めてきた名家で、信好は三井宗家に婿入りすることになりました。信好は、三井家の事業を拡大し、近江国だけでなく、京都や江戸にも進出しました。 信好は、三井家の発展に大きく貢献しただけでなく、商業界の発展にも尽くしました。1603年(慶長8年)に、徳川家康から「三井越後」の称号と、京都に屋敷を賜りました。また、1615年(元和元年)には、大阪夏の陣で功績を挙げ、徳川家康から「三井越後守」の称号と、摂津国三津屋村(現在の兵庫県西宮市)の領地を賜りました。 信好は、商売だけでなく、文化や学問にも造詣が深く、俳諧や茶の湯をたしなみ、多くの文人墨客と交友しました。また、町人の地位向上にも尽力し、1626年(寛永3年)に、町人の参勤交代を許可するよう幕府に働きかけ、成功しました。 大賀信好は、商業界の発展と町人の地位向上に大きく貢献した偉人です。三井グループの源流である大賀信好は、商売だけでなく、文化や学問にも造詣が深く、多くの文人墨客と交友しました。また、町人の地位向上にも尽力し、1626年(寛永3年)に、町人の参勤交代を許可するよう幕府に働きかけ、成功しました。
歴史上の偉人

国摩侶

-国摩侶- 国摩侶(くにまろ)とは、古代日本の九州にあった国のひとつ。現在の熊本県を中心とする肥後国にあたる。 -景行天皇12年の九州遠征- 景行天皇12年(西暦112年)、景行天皇は九州に遠征し、国摩侶を降伏させた。この遠征は、景行天皇の九州平定事業の一部であった。 景行天皇は、九州の諸国を平定するため、10年にわたって九州に遠征した。景行天皇の九州遠征は、北部九州から始まり、次第に南下していった。景行天皇は、九州の諸国を降伏させ、九州を平定した。 景行天皇の九州平定事業は、日本の歴史上、重要な出来事であった。景行天皇の九州平定事業によって、九州は日本の領土となった。また、景行天皇の九州平定事業によって、九州の諸国は日本の支配下に入った。 景行天皇の九州遠征は、日本の歴史上、重要な出来事であった。景行天皇の九州遠征によって、九州は日本の領土となった。また、景行天皇の九州遠征によって、九州の諸国は日本の支配下に入った。
スポーツカテゴリー

楠木早紀 – かるたクイーンの軌跡

競技かるた界の女王 楠木早紀は、幼い頃から競技かるたに親しみ、小学4年生の時に全国大会で優勝するなど、早くからその才能を発揮していました。中学、高校と全国大会で活躍し、2007年には史上最年少の16歳で名人位を獲得しました。 楠木は、名人位を7連覇するなど、長い間競技かるたのトップを走り続けました。その間、彼女は国内外の大会で数々のタイトルを獲得し、かるたクイーンの称号をほしいままにしました。 楠木の強さの秘密は、その類まれなる集中力と反射神経にあります。彼女は、相手の動きをしっかりと見極め、一瞬の隙を見逃さずに札を奪い取ります。また、彼女は非常に冷静な性格で、どんな緊迫した場面でも平常心を保つことができます。 楠木は、競技かるた界のレジェンドとして、多くの人々から尊敬されています。彼女は、競技かるたの普及にも尽力しており、全国各地で教室を開いたり、講演会を行ったりしています。 楠木は、2019年に名人位を返上しましたが、現在も競技かるたを続けています。彼女は、これからも競技かるたの第一線で活躍し続け、多くの人々に感動と興奮を与えてくれることでしょう。 楠木早紀は、競技かるた界の女王として、多くの偉業を成し遂げてきました。彼女は、競技かるたの普及にも尽力しており、多くの人々から尊敬されています。楠木は、これからも競技かるたの第一線で活躍し続け、多くの人々に感動と興奮を与えてくれることでしょう。
歴史上の偉人

円龕昭覚(?-1384 南北朝時代の僧)

円龕昭覚の生涯と業績 円龕昭覚は、南北朝時代の僧です。生年については諸説ありますが、1323年、1325年、1326年、1336年などと言われています。出生地も不明ですが、越前国(福井県)または近江国(滋賀県)である可能性が高いと考えられています。 円龕昭覚は、若い頃から仏教に帰依し、14歳の時に出家しました。その後、京都の建仁寺で修行を重ね、1356年には臨済宗の僧として認められました。その後、円龕昭覚は全国各地を遊行しながら布教活動を行い、多くの信者を集めました。 1370年、円龕昭覚は足利義満に招かれ、室町幕府の禅宗顧問となりました。円龕昭覚は、義満に禅の教えを説き、義満の精神的な支柱となりました。また、円龕昭覚は義満の命を受けて、京都の相国寺を創建しました。相国寺は、臨済宗の五山の一つであり、円龕昭覚の功績を称えて「円覚昭覚寺」と名付けられました。 円龕昭覚は、禅宗の教えを日本に広め、室町時代の禅宗文化の発展に貢献した重要人物です。また、円龕昭覚は、義満の信頼を得て、室町幕府の政治にも影響を与えました。円龕昭覚は、1384年に相国寺で亡くなりました。 円龕昭覚の業績としては、次のようなものがあります。 ・臨済宗の教えを日本に広めた。 ・相国寺を創建した。 ・足利義満の禅宗顧問を務めた。 ・室町幕府の政治に影響を与えた。 円龕昭覚は、禅宗の僧として、また、政治家として、室町時代の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

深妙 – 鎌倉時代の女性

深妙の生涯 深妙は、鎌倉時代の女性であり、忍性によって立てられた忍性寺の中興の祖とされる人物です。深妙は、安達盛長の娘であり、忍性との間に子はありませんでした。深妙は、忍性とともに寺に参拝するなど、忍性の活動を手助けしていました。 深妙は、忍性が亡くなった後に、忍性寺の中興の祖として、寺を運営していました。深妙は、寺を運営する傍ら、忍性の教えを広める活動も行っていました。深妙は、忍性の教えをまとめた『深妙抄』を著しています。深妙は、忍性の教えを人々に広め、忍性寺の発展に貢献しました。 深妙は、晩年まで忍性寺で暮らしました。深妙は、1284年に亡くなりました。深妙は、忍性寺に葬られています。深妙の墓は、忍性寺境内の裏手にあります。深妙は、忍性寺の発展に貢献した人物であり、忍性寺の中興の祖として、人々に敬われています。
歴史上の偉人

「毛利高翰」

- 毛利高翰の生い立ちと家督相続 毛利高翰は、元亀2年(1571年)に毛利輝元の次男として生まれました。毛利輝元は、毛利元就の嫡男であり、毛利氏の第12代当主でした。毛利高翰は、幼少期から武芸に秀でており、毛利輝元からも寵愛されていました。 天正10年(1582年)、羽柴秀吉による中国攻めが起こると、毛利輝元は毛利高翰を総大将として派遣しました。毛利高翰は、羽柴秀吉の軍勢と激戦を繰り広げましたが、最終的には敗北しました。しかし、毛利高翰は、この戦いで武勇を振るい、羽柴秀吉から賞賛されました。 天正15年(1587年)、毛利輝元が豊臣秀吉に臣従すると、毛利高翰も豊臣秀吉に仕えました。毛利高翰は、豊臣秀吉の九州平定や朝鮮出兵に従軍し、数々の戦功を挙げました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが起こると、毛利輝元は西軍に属しました。毛利高翰も、西軍に加わり、関ヶ原の戦いで奮戦しましたが、敗北しました。しかし、毛利高翰は、毛利輝元の命により、毛利氏の領国である周防国と長門国に帰還しました。 慶長16年(1611年)、毛利輝元が死去すると、毛利高翰が毛利氏の第13代当主となりました。毛利高翰は、毛利氏の領国を安堵され、大老に任命されました。毛利高翰は、毛利氏の領国を安定させ、毛利氏の勢力を拡大しました。 毛利高翰は、寛永11年(1634年)に死去しました。享年64歳でした。毛利高翰は、毛利氏を安泰に導いた名君として知られています。
歴史上の偉人

湯谷基守 – 明治から大正時代を生きた国学者

湯谷基守の生い立ち 湯谷基守は、1859(安政6)年2月20日、肥前国杵島郡矢上村(現在の長崎県諫早市)に、父・湯谷吉蔵、母・はるの長男として生まれた。 幼い頃から神道を深く信仰していた父の影響を受け、幼い頃から国学に興味を持ち、16歳の時には、杵島郡の中心部にある松浦神社の社司・蓬田総助のもとで神道や国学を学び始めた。 1880(明治13)年、21歳の時に上京し、国学者・黒川真頼の門下生となり、神道や古事記などを深く学んだ。 特に、黒川真頼が唱えていた「神道は国家の根本である」という思想に深く共感し、国家のために尽くすことを目指すようになった。 1884(明治17)年には、神道会を結成し、神道に基づく国家建設を目指して活動を開始した。 また、翌1885(明治18)年には、神道雑誌『神風』を創刊し、神道思想の普及に努めた。 その後、湯谷基守は、神道界や国学界で活躍し、1919(大正8)年に60歳で亡くなるまで、神道に基づく国家建設を目指して活動し続けた。
研究者

「広瀬旭荘」(1807-1863)

広瀬淡窓の弟にして、亀井昭陽、菅茶山に学ぶ 広瀬旭荘(1807-1863)は、江戸時代後期に活躍した儒学者である。筑後国柳河藩(現・福岡県柳川市)生まれ。幼名は万之丞。号は旭荘、淡斎、半麓。 兄の広瀬淡窓に学び、その後、亀井南冥の門に入り、さらに菅茶山に師事した。 1838年(天保9年)に柳河藩の藩校・藩校の教授となり、1840年(天保11年)には藩主・立花鑑通の侍講を務めた。 1858年(安政5年)に兄・淡窓の跡を継いで藩校の学頭となった。 旭荘は、儒学だけでなく、和歌や連歌にも通じ、歌集『旭荘歌集』を残している。また、教育者としても優れた手腕を発揮し、多くの門人を育てた。 旭荘の弟子のうち、最も有名なのは、明治時代の儒学者・政治家である木戸孝允である。木戸は、旭荘の教えを受け、尊王攘夷思想を身につけることになった。 旭荘は、1863年(文久3年)に57歳で死去した。 旭荘は、兄・淡窓とともに、筑後国柳河藩における儒学の発展に大きな功績を残した。旭荘の教えは、明治維新後の日本の近代化にも大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

広瀬勝比古:明治時代の軍人

広瀬勝比古の生い立ちと軍歴 広瀬勝比古は、1860年3月7日に鹿児島県で生まれました。幼い頃から武道をたしなみ、1877年に海軍兵学校に入学しました。1883年に卒業し、少尉候補生として海軍に勤務しました。 1884年に日清戦争が勃発すると、広瀬勝比古は軍艦「松島」に乗艦し、黄海海戦に参加しました。この戦いで広瀬勝比古は功績を挙げ、中尉に昇進しました。 1894年に日清戦争が終結すると、広瀬勝比古は海軍大学校に入学し、1899年に卒業しました。その後、広瀬勝比古は軍艦「八島」の艦長を務め、1903年に大佐に昇進しました。 1904年に日露戦争が勃発すると、広瀬勝比古は軍艦「浅間」の艦長を務め、旅順港攻撃に参加しました。この戦いで広瀬勝比古は戦死し、少将に昇進しました。 広瀬勝比古は、日本海軍の英雄として知られています。広瀬勝比古の功績は、現在も海軍の歴史の中で語り継がれています。
研究者

– 武藤東里

武藤東里の生涯 武藤東里は、1853年(嘉永6年)10月15日に、丹波国多紀郡味間村(現・兵庫県丹波篠山市味間)に、父・武藤東蔵、母・あいの子として生まれました。幼名は喜三郎。 1869年(明治2年)に、17歳の時に上京し、東京英語学校に入学しました。1873年(明治6年)に卒業後、文部省に就職し、学務課長、師範学校校長などを歴任しました。 1884年(明治17年)に、文部大臣に就任し、教育改革を断行しました。1898年(明治31年)に、東京帝国大学総長に就任し、大学改革を行いました。 1904年(明治37年)に、文部大臣に再任し、教育勅語を発布しました。1911年(明治44年)に、東京帝国大学総長を辞任し、貴族院議員に勅任されました。 武藤東里は、1929年(昭和4年)12月28日に、東京市京橋区木挽町(現・東京都中央区銀座)の自宅で死去しました。享年76歳。 武藤東里は、日本の近代教育制度の確立に尽力した教育者です。教育勅語の発布など、日本の教育に大きな影響を与えました。また、東京帝国大学総長として、大学の自治と学問の自由を守り抜きました。
歴史上の偉人

中村元雄 – 明治時代の官僚・政治家

- 中村元雄の生涯と功績 中村元雄(なかむら もとお、1844年12月2日 - 1901年11月11日)は、明治時代の官僚・政治家。旧姓は佐々。字は子孫。号は薌生。 -# 生い立ち 中村元雄は1844年12月2日に、肥後国八代郡鏡町(現在の熊本県八代市)に、佐々徳蔵の長男として生まれた。幼名は忠次郎。家は代々代官を務めた名家だったが、元雄の父・徳蔵が早世したため、家督は叔父の佐々宗寿が継いだ。宗寿は元雄を実子のように可愛がり、学問を授けた。元雄は15歳のときに藩校・時習館に入学し、儒学を学んだ。18歳で江戸に出て、昌平黌で学び、さらに1865年には蕃書調所に遊学した。 -# 官僚として 1868年、戊辰戦争が勃発すると、元雄は八代藩の軍に加わり、鳥羽・伏見の戦いや北越戦争に参加した。1869年、明治政府に出仕し、太政官に出仕。その後、大蔵省、内務省、外務省などで勤務した。1876年、東京府知事に任命され、1878年まで務めた。1879年、元老院議官に任命され、1881年、貴族院議員に勅任された。 -# 政治家として 1890年、元雄は第1次山縣内閣の内務大臣に就任した。内務大臣として、地方自治制度の整備や警察制度の改革に取り組んだ。1892年、第2次山縣内閣の内務大臣に再任され、1894年まで務めた。内務大臣として、日清戦争の遂行に尽力した。1895年、伊藤博文の後を受けて内閣総理大臣に就任した。総理大臣として、日清戦争後の講和条約である下関条約の締結や、台湾の統治問題に取り組んだ。1896年、第2次伊藤内閣の内閣総理大臣に再任されたが、1898年に健康を害して辞任した。 -# 死去 元雄は1901年11月11日に、東京市麹町区富士見町(現在の東京都千代田区麹町)の私邸で死去した。享年56。 -# 功績 元雄は、明治時代の官僚・政治家として、地方自治制度の整備や警察制度の改革、日清戦争の遂行、下関条約の締結、台湾の統治問題への取り組みに功績を残した。
研究者

鴛海謙斎:文政5年から明治25年まで生きた医師

鴛海謙斎の生い立ちと経歴 鴛海謙斎は、1821年(文政5年)10月5日に、美濃国(現在の岐阜県)加茂郡太田宿(現在の加茂郡八百津町)に、医師・鴛海信斎の次男として生まれました。幼名は、岩太郎。幼い頃から聡明で、6歳の時には父から漢学を学び始め、8歳の時に、京都の蘭方医・緒方洪庵の塾に入門しました。15歳の時には、江戸に出て、坪井信道の蘭方医学塾に入門しました。 1840年(天保11年)には、長崎のオランダ商館医・シーボルトの塾に入門し、西洋医学を学びました。1843年(天保14年)には、シーボルトが国外追放となり、塾は閉鎖されましたが、謙斎はその後もシーボルトから西洋医学を学び続けました。 1847年(弘化4年)には、江戸に戻り、蘭方医・高野長英の塾に入門しました。1853年(嘉永6年)には、ペリーが浦賀に来航し、日本は開国しました。謙斎は、西洋医学の重要性を痛感し、西洋医学の普及に努めました。 1858年(安政5年)には、江戸に「種痘所」を開設し、種痘の普及に努めました。1861年(文久元年)には、「医学校」を開設し、西洋医学の教育を始めました。1868年(明治元年)には、東京大学医学部の教授に就任し、西洋医学の教育に努めました。 1872年(明治5年)には、東京大学医学部の学長に就任しました。1877年(明治10年)には、日本医師会の初代会長に就任しました。1893年(明治26年)には、男爵に叙せられました。1894年(明治27年)には、東京で没しました。 鴛海謙斎は、西洋医学の普及に努めた日本の医師です。謙斎の功績により、西洋医学は日本に根付き、日本の医学の近代化に貢献しました。
エンターテインメント

喜劇俳優 石井均の歴史と代表作

石井均の生い立ちと経歴 1945年12月11日、東京都に生まれる。幼少期から役者を目指し、高校卒業後に劇団四季に入団。1964年に「ウェストサイド物語」で初舞台を踏む。その後、数々の舞台やテレビドラマに出演し、1972年に映画「喜劇 泥棒野郎」で映画デビュー。1974年に公開された映画「喜劇 男はつらいよ」シリーズで、寅さんの親友「源ちゃん」役を演じて一躍人気者に。以降、数多くの映画やテレビドラマに出演し、日本を代表する喜劇俳優として活躍する。 石井均は、1964年に劇団四季に入団し、舞台俳優としてデビュー。その後、1966年に松竹に入社し、映画俳優としても活躍するようになった。1971年には、渥美清主演の映画「男はつらいよ」シリーズに出演し、寅さんの親友「源ちゃん」役を演じた。 「男はつらいよ」シリーズは、大ヒットとなり、石井均は国民的な人気俳優となった。その後も、数多くの映画やテレビドラマに出演し、喜劇俳優として活躍。1983年には、故郷の東京都世田谷区に「石井均記念館」を設立した。 石井均は、2004年に75歳で亡くなった。しかし、その功績は今もなお多くの人々に愛されている。
エンターテインメント

竹本咲太夫(8代)

-経歴- 竹本咲太夫(8代)は、1893年(明治26年)に大阪に生まれた。本名は竹本次郎。幼少期から父である7代竹本咲太夫に師事し、1905年(明治38年)に初舞台を踏んだ。その後、1913年(大正2年)に2代目竹本津太夫を襲名し、1919年(大正8年)に8代竹本咲太夫を襲名した。 咲太夫は、義太夫節の名手として知られ、その芸は「清元節の王者」と称された。1931年(昭和6年)には、文部省の芸術院賞を受賞。1940年(昭和15年)には、人間国宝に認定された。 咲太夫は、1968年(昭和43年)に75歳で死去した。その死は、義太夫節の世界に大きな衝撃を与えた。咲太夫の芸は、後世に受け継がれ、現在でも多くの義太夫節の演奏家によって演奏されている。
歴史上の偉人

寂室堅光-江戸時代後期の曹洞宗の僧侶

寂室堅光-江戸時代後期の曹洞宗の僧侶 寂室堅光-寂室堅光の生涯 寂室堅光は、江戸時代後期の曹洞宗の僧侶です。1780年(安永9年)に、現在の新潟県長岡市に生まれました。幼名は弥五郎。父は越後長岡藩の武士でした。 寂室堅光は、15歳の時に出家し、曹洞宗の僧侶となりました。その後、各地を巡錫し、修行を積みました。1811年(文化8年)に、江戸の増上寺で嗣法を受け、翌年に長岡に戻りました。 寂室堅光の生涯を通じての大きなテーマの一つは、曹洞宗の教学の革新でした。 寂室堅光は、曹洞宗の伝統的な教学を批判し、独自の教学を唱えました。寂室堅光の目指した仏教は、制度や儀礼にとらわれることなく、自らの心と向き合い、悟りを開くことを重視するものでした。 寂室堅光の教学は、多くの人々に支持され、曹洞宗の教学に大きな影響を与えました。寂室堅光は、曹洞宗の教学を革新し、曹洞宗の近代化に貢献した偉大な僧侶です。
歴史上の偉人

鎌倉時代の武士・詫磨能秀と詫摩氏の祖

詫磨能秀の生い立ちと家族 詫磨氏は大和国(現在の奈良県)に根付いていた豪族で、鎌倉時代末期に活躍した詫磨能秀がその祖とされています。能秀は、現在の奈良県御所市にあった詫摩荘(かまのしょう)を拠点としており、南朝方の武将として活躍しました。 能秀の生年は不詳ですが、鎌倉時代の初期に生まれたと考えられています。父は詫磨能宗(かまのよしむね)で、母は出自不詳です。能秀には、兄に詫磨能明(かまのよしあき)、弟に詫磨能兼(かまのよしかね)、詫磨能継(かまのよしつぐ)がいました。 能秀は、幼い頃から武芸に優れており、特に弓矢の腕前は抜群でした。また、和歌や蹴鞠(けまり)などの文芸にも通じており、教養豊かであったと言われています。 能秀は、鎌倉時代の末期に南朝方に加わり、北朝方の足利尊氏(あしかがたかうじ)と戦いました。能秀は、南朝方の武将として活躍しましたが、足利尊氏に敗れて討死しました。 能秀の死後、詫磨氏は衰退しましたが、子孫は奈良県に残り、代々詫摩姓を名乗っていました。
歴史上の偉人

「美濃局(2)」

「美濃局(2)」
歴史上の偉人

吉武以梯 – 幕末・明治時代の医師

吉武以梯の生涯 吉武以梯は、1830年(天保元年)に摂津国西成郡難波村(現在の大阪府大阪市西区)に生まれた。幼名は吉武才三郎。蘭方医の吉武直道の長男として生まれ、幼い頃から医学を学び始めた。1847年(弘化4年)には、大阪の緒方洪庵が主宰する適塾に入塾。緒方洪庵の薫陶を受け、蘭学を修めた。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航。日本は欧米列強の脅威にさらされることとなり、蘭学を学ぶ者が増加した。吉武以梯もその一人であり、1855年(安政2年)には、長崎のシーボルト塾に入塾。シーボルトから医学を学び、西洋医学の知識を深めた。 1859年(安政6年)、吉武以梯は、大阪に戻り、医師を開業した。また、適塾で教鞭をとり、後進の育成にも努めた。1868年(明治元年)、明治天皇の侍医となり、東京に移住。1871年(明治4年)には、大学東校の教授に就任。西洋医学の教育に尽力した。 1876年(明治9年)、吉武以梯は、大学東校の校長に就任。1881年(明治14年)には、東京帝国大学の初代医学部長に就任した。日本の西洋医学の基礎を築き、近代医学の発展に貢献した。 1882年(明治15年)、吉武以梯は、東京で死去。享年53。