大協石油顧問

歴史上の人物

久邇朝融 – 大正・昭和前期の皇族と軍人

-久邇朝融の人生と経歴- 久邇朝融(くにのぶ あさひろ)は、大正・昭和前期の皇族であり、陸軍軍人である。久邇宮朝彦親王の第十七王子として東京に生まれる。幼名は稔彦(としひこ)。 1907年(明治40年)、陸軍士官学校を卒業し、陸軍歩兵少尉に任官。1910年(明治43年)、陸軍大学校を卒業し、参謀本部員に任命された。 1914年(大正3年)、第一次世界大戦が勃発すると、シベリアに派遣され、ロシア軍と交戦した。1918年(大正7年)、帰国し、陸軍歩兵中佐に昇進した。 1922年(大正11年)、久邇朝融は陸軍歩兵大佐に昇進し、近衛歩兵第3連隊長に任命された。1924年(大正13年)、陸軍少将に昇進し、陸軍省軍務局長に任命された。 1929年(昭和4年)、久邇朝融は陸軍中将に昇進し、第16師団長に任命された。1931年(昭和6年)、満州事変が勃発すると、第16師団を率いて満州に派遣され、中国軍と交戦した。 1933年(昭和8年)、久邇朝融は陸軍大将に昇進し、教育総監に任命された。1936年(昭和11年)、侍従長に任命され、昭和天皇の側近として仕えた。 1941年(昭和16年)、太平洋戦争が勃発すると、久邇朝融は参謀総長に任命された。しかし、太平洋戦争の戦況が不利になると、1944年(昭和19年)7月に参謀総長を辞任した。 1945年(昭和20年)、終戦後、久邇朝融は皇籍を離脱し、臣籍降下した。1951年(昭和26年)、東京で死去した。