大原農業研究所

学術分野の人

– 大杉繁

-酸性土壌の研究で知られた土壌学者 - 大杉繁- -大杉繁とは- 大杉繁は、1871年に東京府に生まれた土壌学者です。東京帝国大学農科大学を卒業後、農商務省に勤務しました。1901年にドイツに留学し、土壌学を学びました。帰国後は、東京帝国大学農科大学の教授を務めました。 -酸性土壌の研究- 大杉繁は、酸性土壌の研究で知られています。酸性土壌は、植物の生育に悪影響を及ぼします。大杉繁は、酸性土壌を改良する方法を研究し、多くの成果を上げました。 -業績- 大杉繁は、酸性土壌の研究以外にも、多くの業績を残しています。例えば、土壌の分類や、土壌の物理性と化学性の研究などです。また、大杉繁は、土壌学の普及にも努めました。 -功績- 大杉繁の功績は、日本の土壌学の発展に大きく貢献しました。大杉繁の研究成果は、現在でも土壌学の基礎として活用されています。また、大杉繁の土壌学の普及活動は、多くの人々に土壌学について理解を深めてもらうきっかけとなりました。 -まとめ- 大杉繁は、日本の土壌学の発展に大きく貢献した土壌学者です。大杉繁の研究成果は、現在でも土壌学の基礎として活用されています。また、大杉繁の土壌学の普及活動は、多くの人々に土壌学について理解を深めてもらうきっかけとなりました。