大友氏

歴史上の人物

志賀親次 – 戦国・豊臣・江戸時代の武将

永禄9年(1566?)に生まれ、豊後(ぶんご)(大分県)岡城主となる 志賀親次(しが ちかつぐ)は、永禄9年(1566?)に豊後(ぶんご)(大分県)国東郡岡城主・志賀親清の長男として生まれる。母は豊後守・大友宗麟の娘で、姉に鶴姫がいる。 弘治2年(1556)に父・親清が没すると、家督を継いで岡城主となる。永禄12年(1569)には、大友宗麟の命を受けて肥後(ひご)(熊本県)に侵攻し、隈本城を落としている。その後も、天正6年(1578)の耳川の戦い、天正10年(1582)の中津城の戦いなど、大友氏の各地での戦いに参加した。 天正14年(1586)に豊臣秀吉の九州平定軍が豊後に侵攻すると、志賀親次は岡城に籠城して豊臣軍に抵抗する。しかし、秀吉の調略により、同年12月に開城し、豊臣氏に降伏する。降伏後は、秀吉の小姓となり、天正17年(1589)には、肥後国の八代郡、天草郡を与えられた。 慶長5年(1600)の関ヶ原の戦いの際には、西軍に属して石田三成に味方し、三成の居城である佐和山城に籠城する。しかし、関ヶ原の戦いで西軍が敗北すると、佐和山城を開城し、徳川家康に降伏する。 徳川家康に降伏した後は、改易され、浪人となる。その後、徳川家康の次男である結城秀康に仕え、上野(こうずけ)(群馬県)国箕輪城を与えられた。 元和9年(1623)に死去する。享年58。
歴史上の人物

菊池武士 – 南北朝時代の武将

菊池武時の息子として生まれる 菊池武時は、南北朝時代の武将です。菊池氏の第14代当主で、肥後国(現在の熊本県)の守護を務めました。菊池武時の息子として生まれたのが、菊池武朝です。菊池武朝は、菊池氏の第15代当主で、肥後国の守護を務めました。 菊池武朝は、1333年に菊池武時の息子として生まれました。1350年に父が亡くなり、菊池氏の家督を継ぎました。菊池武朝は、1352年に九州探題の今川了俊と戦い、勝利しました。この戦いで、菊池武朝は「肥後の熊」の異名をとるようになりました。 1356年、菊池武朝は足利尊氏の軍勢と戦い、勝利しました。この戦いで、菊池武朝は「九州の雄」の異名をとるようになりました。菊池武朝は、1362年に九州探題の今川了俊と再び戦い、勝利しました。この戦いで、菊池武朝は「九州の覇者」の異名をとるようになりました。 菊池武朝は、1374年に亡くなりました。享年42歳でした。菊池武朝の死後、菊池氏は衰退し、1587年に豊臣秀吉によって滅ぼされました。
歴史上の人物

「志賀義天」(?-? 南北朝時代の武将。大友氏の支族志賀氏の庶流。康応年間(1389-90)に豊後(ぶんご)(大分県)白丹南山城を拠点とし,南志賀氏と称された。常楽寺を改修し,久住神社を勧請(かんじょう)し,桑迫天満社,仲原神社を再興した。)

-志賀義天の生涯と業績- 志賀義天(?-?)は、南北朝時代の武将で、大友氏の支族志賀氏の庶流にあたる。康応年間(1389-90)に豊後(ぶんご)(大分県)白丹南山城を拠点とし,南志賀氏と称された。 志賀義天は、康応年間(1389-90)に豊後(ぶんご)(大分県)白丹南山城を拠点とし,南志賀氏と称された。北朝方に属し、南朝方の菊池氏と戦った。応永年間(1394-1428)に南朝方の菊池氏を破り、豊後を平定した。 志賀義天は、軍略に優れた武将として知られ、また、文化にも関心を持った。常楽寺を改修し,久住神社を勧請(かんじょう)し,桑迫天満社,仲原神社を再興した。 志賀義天は、応永年間(1394-1428)に没した。彼の死後、南志賀氏は衰退し、やがて大友氏に吸収された。 志賀義天は、豊後を平定し、文化にも貢献した武将として知られている。彼の業績は、現在でも大分県で語り継がれている。
歴史上の人物

「田尻鑑種」

- 「田尻鑑種」 田尻鑑種は、筑後(現在の福岡県)の武将です。戦国時代後期から安土桃山時代にかけて活躍しました。 1559年(永禄2年)、筑後国三潴郡田尻城(現福岡県久留米市田尻町)に生まれました。田尻氏は、筑後を支配する大名・大友氏の家臣でした。 鑑種は、1578年(天正6年)に父・田尻鑑重の跡を継いで田尻城の城主となりました。その後、大友氏に仕えて、筑後各地の戦いで活躍しました。 1586年(天正14年)、豊臣秀吉の九州平定が始まると、鑑種は大友氏と敵対します。しかし、秀吉の軍勢が筑後に侵攻すると、鑑種は降伏しました。 秀吉に降伏した後、鑑種は所領を安堵され、筑後国三潴郡8千石の領主となりました。また、秀吉から「筑後守」の官位を与えられました。 鑑種は、1598年(慶長3年)に死去しました。享年40歳でした。 - 筑後(現在の福岡県)の武将 筑後は、九州北部に位置する地域です。現在の福岡県に当たります。 筑後には、戦国時代から安土桃山時代にかけて、多くの武将が活躍しました。その中でも、特に有名な武将を挙げてみましょう。 ・田尻鑑種 ・立花宗茂 ・鍋島直茂 ・黒田官兵衛 ・小早川隆景 ・宇喜多秀家 ・毛利輝元 ・島津義久 ・大友宗麟 これらの武将たちは、筑後を舞台に、数多くの戦いを繰り広げました。筑後はいわば戦国の舞台だったのです。
歴史上の人物

大友義鑑→ 戦国時代の武将

戦国時代の武将大友義鑑 大友義鑑は、戦国時代の武将で、豊後国の大名である。大友氏は、豊後国を拠点に、九州地方北部を支配した有力な戦国大名であった。 義鑑は、大友義長の長男として生まれた。1521年、父が死去すると、家督を継いで大友氏第21代当主となった。義鑑は、勇猛果敢な武将として知られ、また、文武両道に秀でた人物でもあった。 義鑑は、大友氏を九州地方北部で最も強力な大名とするために、積極的な領土拡大政策を展開した。1529年、肥後国に侵攻して、阿蘇氏を降伏させた。また、筑前国に侵攻して、少弐氏を滅ぼした。さらに、1541年には、豊前国を支配していた大内氏を破り、豊前国を併合した。 義鑑は、大友氏を九州地方北部で最も強力な大名とすることに成功したが、1550年に死去した。義鑑の死後、大友氏は衰退し、やがて、島津氏によって滅亡させられた。 義鑑は、戦国時代の武将として、その勇猛果敢な戦いぶりと、文武両道に秀でた人物であることから、後世に語り継がれている。
歴史上の人物

「美濃局(2)」

「美濃局(2)」
歴史上の人物

大友親世とは?その生涯と功績

大友親世の生涯 大友親世は、1493年に豊後国に生まれました。父は大友宗麟、母は西園寺実澄の娘です。親世は幼少の頃から聡明で、学問や武芸に秀でていました。1530年に父が死去すると、家督を継いで豊後国の国主となりました。 親世は戦国大名として、豊後国を統一し、さらに九州全土を平定しようとしていました。しかし、1562年に薩摩国の島津義久と争い、敗北して豊後国を追放されました。その後、親世は京都に移住し、公家として活躍しました。1582年に本能寺の変が起こると、豊臣秀吉に仕えて、九州征伐に参加しました。 1587年に朝鮮出兵が始まると、親世は秀吉の命を受けて朝鮮に渡り、釜山を守備するなど、活躍しました。しかし、1591年に病のため帰国し、1592年に京都で死去しました。 親世は、戦国大名としてだけでなく、学者としても有名であり、多くの著作を残しています。その中でも特に有名なのは、『大友記』です。『大友記』は、親世の生涯や豊後国の歴史を記したもので、戦国時代の貴重な史料となっています。 また親世は、キリシタンとして知られており、豊後国にキリスト教を布教するなど、積極的な活動を行っていました。親世の死後、豊後国ではキリシタンが弾圧されるようになりましたが、親世が残したキリスト教への影響は、その後の日本の歴史に大きな影響を与えました。
歴史上の人物

玉堂宗条:戦国時代の僧侶、茶人

玉堂宗条の生涯と功績 玉堂宗条は、戦国時代の僧侶、茶人であり、大徳寺第167世住持を務めた。1509年(永正6年)、河内国(現在の大阪府)に生まれる。幼名は小太郎。13歳の時に大徳寺に入寺し、1525年(大永5年)に17歳で出家して、宗条と号した。1530年(享禄3年)に22歳で得度し、1535年(天文4年)に27歳で法嗣となった。 1541年(天文10年)に33歳で住職となり、1547年(天文16年)に39歳で法主となった。1551年(天文20年)に43歳で将軍足利義輝に拝謁し、1558年(永禄元年)に49歳で後奈良天皇より紫衣を賜った。1560年(永禄3年)に51歳で上洛して、大徳寺に住まう。1565年(永禄8年)に57歳で後奈良天皇より大和国(現在の奈良県)の興福寺の別当に任命された。 1570年(元亀元年)に62歳で興福寺別当を辞任し、1573年(天正元年)に65歳で京都に帰る。1576年(天正4年)に68歳で再び興福寺別当に任命されたが、1579年(天正7年)に71歳で再び辞任した。1580年(天正8年)に72歳で京都に帰った。 玉堂宗条は、茶人としても知られ、利休七哲の一人に数えられている。利休七哲とは、千利休の七人の弟子を指す。宗条は、千利休に茶の湯を学び、利休の茶の湯の精神を継承した。宗条は、茶の湯を通じて、多くの武将や文化人と交流し、茶の湯の普及に努めた。 1590年(天正18年)に81歳で死去した。
歴史上の人物

「大友義鎮」から大友宗麟(おおとも-そうりん)について

- 大友義鎮という名前は、どのようにして大友宗麟になったのでしょうか 大友義鎮は、筑前国、豊前国、豊後国の戦国大名です。1550年に、父である大友義鑑を討って家督を継ぎました。大友氏は、九州で最も有力な戦国大名の一つであり、義鎮は、その権力をさらに強固なものとしました。 1562年、義鎮は、キリスト教の宣教師であるフランシスコ・ザビエルと出会い、キリスト教に改宗しました。そして、洗礼を受けて、大友宗麟という名前に改名しました。宗麟という名前は、ポルトガル語で「大将」を意味する「Senhor」から取られたものです。 宗麟は、キリスト教を保護し、布教に熱心に取り組みました。また、イエズス会に多くの土地を与え、教会や学校を建設しました。宗麟は、キリスト教の信仰を、大友氏の領国を統一し、強固にするための手段として利用しようとしたのです。 しかし、宗麟のキリスト教政策は、家臣や領民の間で反発を招きました。特に、仏教の僧侶たちは、宗麟のキリスト教政策に強く反対しました。1587年、宗麟は、豊臣秀吉の九州征伐によって、その領国を没収され、剃髪して隠居しました。大友氏は、こうして滅亡しました。 宗麟は、キリスト教を保護し、布教に熱心に取り組みました。しかし、そのキリスト教政策は、家臣や領民の間で反発を招き、大友氏は滅亡しました。宗麟は、キリスト教と日本の伝統文化との間で、苦悩した戦国大名でした。
歴史上の人物

「糟谷右馬允」- 糟谷武文について

糟谷武文の生涯 糟谷武文は、戦国時代の武将です。尾張国(現在の愛知県西部)の出身で、糟谷氏の家臣として仕えていました。永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで今川義元が織田信長に敗れた後、糟谷氏は信長に臣従しました。武文もまた、信長の家臣として仕えるようになりました。 武文は、信長の重臣として活躍しました。永禄11年(1568年)、足利義昭を奉じて上洛した際には、先鋒を務めました。元亀元年(1570年)、姉川の戦いで浅井・朝倉連合軍と戦った際には、功を挙げました。天正2年(1574年)、長篠の戦いで武田勝頼と戦った際には、本陣を守備しました。 武文は、信長の死後も豊臣秀吉に仕えました。天正10年(1582年)、本能寺の変で秀吉が明智光秀を討った後は、秀吉の側近として活躍しました。天正13年(1585年)、賤ヶ岳の戦いで柴田勝家と戦った際には、秀吉の勝利に貢献しました。天正15年(1587年)、九州征伐では、秀吉の軍勢の一翼を担いました。 武文は、天正18年(1590年)、小田原征伐で北条氏を滅ぼした後に、秀吉から五奉行に任命されました。五奉行は、秀吉の政権を支える最高機関であり、武文は、その中枢として活躍しました。武文は、天正19年(1591年)に死去するまで、五奉行を務めました。 武文は、戦国時代を代表する武将の一人です。信長や秀吉に仕えて活躍し、五奉行として秀吉の政権を支えました。武文の功績は、戦国時代の歴史を語る上で欠かせないものです。
歴史上の人物

田原直貞 – 鎌倉から南北朝時代にかけての武将

田原直貞の生涯 田原直貞は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての武将です。新田義貞の側近として活躍し、建武の新政に貢献しました。しかし、足利尊氏と対立し、楠木正成とともに戦死しました。 田原直貞は、1306年に常陸国田原郷(現在の茨城県常陸太田市)で生まれました。父は田原義貞、母は新田義貞の妹と言われています。幼少期は新田義貞のもとで育てられ、武芸の稽古に励みました。 1331年、新田義貞が鎌倉幕府を滅ぼし、建武の新政を樹立すると、田原直貞は新田義貞の側近として活躍しました。1333年、足利尊氏が鎌倉を攻めると、田原直貞は新田義貞に従い、足利尊氏と戦いました。しかし、新田義貞は敗北し、建武の新政は崩壊しました。 1336年、田原直貞は楠木正成とともに足利尊氏と戦いました。しかし、湊川の戦いで楠木正成が戦死し、田原直貞もまた戦死しました。享年31歳でした。 田原直貞は、新田義貞の側近として活躍し、建武の新政に貢献しました。しかし、足利尊氏と対立し、楠木正成とともに戦死しました。田原直貞は、日本の歴史において、重要な役割を果たした武将の一人です。
歴史上の人物

少弐資元について

- 少弐資元の生涯 少弐資元は、室町時代中期から戦国時代にかけての武将、守護大名です。肥前国、筑前国、筑後国の守護を務め、少弐氏の第16代当主となりました。 資元は、少弐満貞の次男として生誕しました。兄の冬資が家督を継ぎましたが、1477年に死去したため、資元が跡を継ぎました。資元は、肥前、筑前、筑後の3国を統治し、少弐氏の一大勢力を築き上げました。 資元は、応仁の乱では、西軍に属して戦いました。しかし、乱後は、東軍の細川政元と和睦し、室町幕府に接近しました。1485年には、九州探題に任じられました。 しかし、資元は、九州探題として九州の諸大名を統制することができず、九州で一揆が頻発しました。1491年、大内政弘が九州に侵攻し、資元は敗北しました。資元は、筑前国の大友義鑑を頼り、筑前国に逃亡しました。 その後、資元は、大友氏の支援を受けて、筑後国に帰国しました。しかし、1507年、大内政弘が再び筑後国に侵攻し、資元は再び敗北しました。資元は、肥前国に逃亡し、そこで没しました。 少弐資元は、少弐氏の最盛期を築き上げた武将ですが、晩年は、大内氏に敗れ、没落しました。
歴史上の人物

石出吉胤

-石出吉胤とは- 石出吉胤(いしでよしつね)は、室町時代中期から戦国時代にかけての武将。伊予国の戦国大名。河野氏の家臣。吉胤とも称する。 父は石出宗実。母は河野通之の娘。正室は伊予国守護・細川成之の娘。子に宗胤、隆胤、信胤、重胤、胤益など。 石出氏は、伊予国河野氏の庶流で、家臣団の筆頭家老を務めた。吉胤は、河野通之の娘を正室に迎えたことで、河野氏との関係を強化した。 永享10年(1438年)、細川成之の娘を正室に迎えた。嘉吉元年(1441年)、河野通春が細川持之を攻めた際には、吉胤は河野氏の一族に属して、細川軍を破った。嘉吉3年(1443年)、細川持之の挙兵に応じ、河野氏に従って、伊予国内の畠山基国を攻めた。 文安2年(1445年)、河野通春が細川勝元を攻めた際には、吉胤は河野軍の総大将を務めて、細川軍を破った。文安4年(1447年)、河野通春が細川勝元と和睦すると、吉胤は河野氏の家臣団の筆頭家老に就任した。 享徳元年(1452年)、河野通春が細川勝元と通じたとして、細川持之を攻めた際には、吉胤は河野軍の総大将を務めて、細川軍を破った。享徳2年(1453年)、河野通春が細川勝元と和睦すると、吉胤は河野氏の家臣団の筆頭家老に再任した。 康正元年(1455年)、河野通春が細川勝元と通じたとして、細川持之を攻めた際には、吉胤は河野軍の総大将を務めて、細川軍を破った。康正2年(1456年)、河野通春が細川勝元と和睦すると、吉胤は河野氏の家臣団の筆頭家老に三任した。 寛正6年(1465年)、河野通春が没すると、吉胤は河野通春の後を継いで、伊予国の守護代に就任した。応仁元年(1467年)、応仁の乱が勃発すると、吉胤は西軍に属して、細川勝元の軍勢を破った。 文明14年(1482年)、吉胤は死去した。享年67。
歴史上の人物

– 秋月種実

筑前古処山城の武将 秋月種實は、筑前国古処山城の武将であり、秋月氏の第13代当主です。1517年に誕生し、1550年に父である秋月種貞の死を受けて家督を継ぎました。 種實の治世は、筑前国における秋月氏の勢力拡大の時期でした。彼は、周辺の諸勢力との戦いに勝利し、領土を拡大しました。また、家臣団の統制を強化し、秋月氏の権威を高めました。 1562年、種實は毛利元就の九州侵攻を迎え撃ちました。毛利軍は、筑前国に上陸し、古処山城を攻撃しました。しかし、種實は毛利軍を撃退し、筑前国を守り抜きました。 1584年、種實は豊臣秀吉の九州征伐に従軍しました。九州征伐後、筑前国は黒田孝高に与えられ、秋月氏は筑後柳川藩に移封されました。 種實は、1587年に柳川城で死去しました。享年71。 種實は、戦国時代の筑前国を代表する武将の一人であり、筑前国の戦国大名として活躍しました。彼は、秋月氏の勢力拡大に貢献し、筑前国を守り抜きました。また、家臣団の統制を強化し、秋月氏の権威を高めました。
歴史上の人物

城親冬 – 戦国-織豊時代の武将

-肥後の国人領主- 城親冬は、肥後国(現在の熊本県)の国人領主でした。戦国時代から織豊時代にかけて活躍し、肥後の北部を支配していました。 城親冬は、1534年に肥後の国人領主である城親政の子として生まれました。1561年に父が亡くなると家督を継ぎ、肥後の北部を支配するようになりました。 城親冬は、織田信長に仕えており、1578年に九州征伐に参加しました。1587年に豊臣秀吉が九州を平定すると、秀吉に臣従しました。1592年に朝鮮出兵に参加し、肥後の軍勢を率いて朝鮮に渡りました。 城親冬は、1598年に肥後の国人領主として死去しました。享年65でした。 城親冬は、肥後の国人領主として肥後の北部を支配していました。また、織田信長と豊臣秀吉に仕えており、九州征伐や朝鮮出兵に参加しました。城親冬は、戦国-織豊時代を代表する肥後の国人領主の一人でした。
歴史上の人物

大友持直 → 室町時代の武将で朝鮮貿易も行った大友氏12代当主

大友持直の生涯と功績 大友持直は、室町時代の武将で、大友氏の12代当主である。1432年に生まれる。父は大友氏11代当主の大友持永である。持直は幼少の頃から武勇に優れ、15歳のときに初陣を果たした。1454年に父が亡くなると、家督を継いで大友氏12代当主となった。 持直は、家督を継いだ後、積極的に領土を拡大した。1469年には菊池氏を破って肥後国を征服し、1477年には島津氏を破って薩摩国を征服した。また、1480年には朝鮮との貿易を開始し、莫大な利益を得た。 持直は、領土の拡大と朝鮮貿易によって、大友氏を九州屈指の戦国大名に育て上げた。しかし、1487年に死去した。死後、大友氏は衰退していった。 持直の功績は、以下の通りである。 * 九州の戦国大名として、領土を拡大した。 * 朝鮮との貿易を開始し、莫大な利益を得た。 * 大友氏を九州屈指の戦国大名に育て上げた。 持直は、室町時代の九州を代表する戦国大名の一人である。
歴史上の人物

– 田原氏能

-田原氏能とは- 田原氏能(たわら うじよし、生没年不詳)は、鎌倉時代初期の武将。通称は Jirō。父は田原景能。子に田原景政。 -概要- 田原氏は、伊賀国阿拝郡田原(現・三重県伊賀市田原)を本拠とした豪族。伊勢平氏の一族であり、平家滅亡後は後鳥羽上皇に従って戦った。氏能は、建久4年(1193年)に伊賀国守護に任じられ、承久3年(1221年)に承久の乱が起こると、後鳥羽上皇側に参じて官軍と戦った。しかし、乱は幕府軍の勝利に終わり、氏能は敗走して伊賀国に逃亡した。その後、氏能は幕府に降伏して赦免され、建保2年(1214年)に伊賀国守護に再任された。貞応2年(1223年)には、伊賀国守護を辞任して隠居した。 -エピソード- 『平家物語』には、氏能が平家滅亡の際に、平清盛の娘である建礼門院徳子を匿ったという話が伝わっている。徳子は、平家滅亡後に出家して尼となり、建礼門院と号した。氏能は、徳子を伊賀国に匿って手厚く保護し、徳子は建久9年(1198年)まで、伊賀国に滞在した。 -田原氏能の意義- 田原氏能は、鎌倉時代初期の伊賀国の豪族であり、伊賀国守護を歴任した。承久の乱では、後鳥羽上皇側に参じて幕府軍と戦ったが、敗北して伊賀国に逃亡した。その後、氏能は幕府に降伏して赦免され、伊賀国守護に再任された。貞応2年(1223年)には、伊賀国守護を辞任して隠居した。氏能は、伊賀国の豪族として活躍し、鎌倉幕府の支配下で伊賀国の統治に貢献した。
歴史上の人物

宗久-南朝時代の歌人

-宗久の歌風と作品の特徴- 宗久の歌風は、彼の師匠である飛鳥井雅有の影響を強く受けています。「花袋詠草」には、宗久の歌謡で雅有の和歌の約半分が収められていることから、宗久はそのほどを受けていたことがうかがえます。 宗久の歌風は、雅有の歌風の特色である、優美で華麗な言葉遣いを特徴としています。また、宗久は雅有よりも感傷的な傾向が強く、彼の歌には、人生の無常や憂愁を詠んだものが多く見られます。 宗久の作品には、次のようなものがあります。 * -「花袋詠草」- 宗久が30歳の頃に詠んだ和歌を集めた歌集。宗久の歌風の特色である、優美で華麗な言葉遣いが特徴的な歌が収められています。 * -「宗久卿集」- 宗久が40歳の頃に詠んだ和歌を集めた歌集。宗久の感傷的な傾向が強く現れた歌が多く収められています。 * -「宗久卿百首」- 宗久が50歳の頃に詠んだ和歌100首を収めた歌集。宗久の歌風の集大成ともいえる歌集で、優美で華麗な言葉遣いと感傷的な傾向が強く現れています。 宗久の歌は、その優美で華麗な言葉遣いと感傷的な傾向が特徴的です。彼の歌は、雅有の歌風の特色を継承しつつ、宗久独自の感性で詠まれたものであり、南朝時代の和歌を代表する歌人の一人として高く評価されています。
歴史上の人物

城親賢 – 戦国から織豊時代にかけて活躍した武将

- 城親賢の生涯 城親賢は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将です。河内国の守護であった畠山氏の家臣として生まれ、畠山氏の内紛に巻き込まれながら、徐々に頭角を現していきました。1573年に畠山氏の家督を継いだ畠山顕綱に仕え、他の畠山氏家臣とともに顕綱を支えました。しかし、顕綱は1580年に織田信長の家臣である羽柴秀吉に攻められて、顕綱は自害しました。 秀吉に降伏した城親賢は、秀吉の配下として活躍しました。1584年の小牧・長久手の戦いで秀吉方の軍として参戦し、徳川家康の軍と戦いました。その後も、九州平定や小田原征伐などの秀吉の主要な戦役に従軍し、功績をあげました。 秀吉の死後は、豊臣政権に仕え、豊臣秀次の家老として活躍しました。しかし、1595年に秀次は切腹を命じられ、城親賢も連座して自刃しました。 城親賢は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した名将の一人です。畠山氏の家臣として生まれ、秀吉の配下として九州平定や小田原征伐などの主要な戦役に従軍し、功績をあげました。豊臣政権に仕えていましたが、豊臣秀次の切腹に連座して自刃しました。
歴史上の人物

戦国時代の武将「秋月種方」の生涯

筑前を治めた秋月種方 秋月種方は、戦国時代に筑前を治めた武将です。秋月政種の子として生まれ、幼名は千世丸。通称は与五郎。官位は従五位下、豊前守、丹波守。 種方は、父・政種の死後、家督を継いで秋月氏を継承しました。当初は、筑前の守護大名である少弐氏に従っていましたが、後に大内義隆と結び、少弐氏を滅ぼしました。 その後、種方は筑前を平定し、筑前の太守となりました。また、大内義隆の九州侵攻を助けて、九州統一に貢献しました。 しかし、大内義隆が毛利元就に敗れると、種方は大内氏から離反し、毛利氏に接近しました。そして、毛利氏と手を組んで、肥前国の龍造寺氏を滅ぼしました。 その後、種方は豊臣秀吉に臣従し、九州征伐に参加しました。そして、九州征伐後、秀吉から豊前国の領地を与えられました。 種方は、豊前国で隠居し、1596年に亡くなりました。享年57。 秋月種方は、戦国時代に筑前を治めた名将として知られています。また、豊臣秀吉の九州征伐に貢献し、豊前国の領主となりました。
歴史上の人物

隈部親永について

隈部親永の生涯 隈部親永(くまでもちかひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名、冒険家、貿易家である。 隈部親永は、1541年に尾張国愛知郡隈部村(現在の愛知県名古屋市緑区)に生まれた。父は、隈部氏当主の隈部親職(ちかのぶ)である。親永は、幼少の頃から英邁(えいまい)にして、学問を好み、また武芸にも秀でていた。 16歳の時、家督を相続した。1560年の桶狭間の戦いで、織田信長に仕えて、今川義元を討ち取った功績により、三河国幡豆郡内400石を与えられた。 1568年、信長が足利義昭を奉じて上洛した際に、これに随行して上洛し、従五位下・河内守に叙任された。 1570年の姉川の戦いで、浅井長政、朝倉義景の連合軍を破った功績により、近江国坂田郡内2000石を与えられた。 1573年の長篠の戦いでは、武田勝頼の軍勢を破った功績により、美濃国加茂郡内3000石を与えられた。 1575年、信長が越前国一向一揆を討伐した際に、これに随行して越前国に赴き、一揆を鎮圧した功績により、加賀国能美郡内5000石を与えられた。 1582年の本能寺の変の後、柴田勝家と羽柴秀吉が対立した際、親永は柴田方に属した。しかし、1583年の賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、剃髪して仏門に入り、閑雲居士と号した。 1586年、秀吉の赦免により、蟄居を解かれた。そして、1593年に伏見城の城代に任命された。 1598年、秀吉の死後、徳川家康に仕え、石見国浜田城の城主に任命された。 1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して、大坂城を守備した。しかし、戦後、家康に降伏して、所領を安堵された。 1603年、家康が江戸幕府を開くと、幕府の老中の一人として、江戸城の普請奉行や大坂城の再建奉行を歴任した。 1605年、家康の命により、南蛮貿易の朱印状を賜り、朱印船を派遣して、東南アジアに赴き、貿易を行った。 1607年、朱印船を派遣して、南米に渡り、インカ帝国の遺跡であるマチュ・ピチュを発見した。 1611年、家康の死後、徳川秀忠に仕え、引き続き老中として幕政を担った。 1614年の大坂冬の陣では、豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、加増されて、石見国津和野藩10万石の大名となった。 1615年の大坂夏の陣では、再び豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、播磨国赤穂藩10万石に加増された。 1624年(寛永元年)、84歳で死去した。法名は、寿昌院殿法雲日栄。
歴史上の人物

甲斐宗運 – 戦国-織豊時代の武将

甲斐宗運の生涯 甲斐宗運は、戦国時代から織豊時代にかけての武将。甲斐武田氏の家臣で、武田信玄、武田勝頼の二代に仕えた。甲斐宗運は、永禄5年(1562年)、甲斐国に生まれた。父は甲斐守備の武士である跡部昌綱である。幼名は源七郎。信玄に仕えた父と共に駿河や三河などで戦功を挙げた。天正元年(1573年)、武田家の家督を継いだ武田勝頼の命を受けて、信玄の墓守を務めた。天正10年(1582年)、本能寺の変で織田信長が倒れると、勝頼は上杉氏と同盟して織田氏と戦うが、天正15年(1587年)、徳川家康の攻撃を受けて武田氏は滅亡する。甲斐宗運は、武田氏の滅亡後は、徳川家康に仕えた。慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで功を挙げ、大名に取り立てられた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣で病死した。享年53。
歴史上の人物

筑紫惟門:戦国時代の武将

筑紫惟門の生涯 筑紫惟門は、戦国時代の武将です。大内氏の家臣であり、防長二国を治めました。官位は従五位下周防守。惟門は、筑紫広門の嫡男として生まれました。幼名は鶴千代丸。16歳の時に元服し、惟門と名乗りました。1521年、父・広門が死去すると、家督を継いで防長二国を治めました。 惟門は、勇猛果敢な武将として知られていました。1527年、陶興房が謀反を起こした際には、これを鎮圧して陶氏を滅ぼしました。また、1530年には、尼子晴久の侵攻を撃退しました。 惟門は、大内氏の中興の祖と称されています。大内氏を最盛期に導き、防長二国を安定させました。1547年、惟門は死去しました。享年47歳でした。惟門の死後、大内氏は衰退の一途をたどりました。 筑紫惟門は、戦国時代の武将であり、大内氏の中興の祖として知られています。勇猛果敢な武将であり、防長二国を安定させました。惟門の死後、大内氏は衰退の一途をたどりました。
歴史上の人物

戸次鎮連-戦国-織豊時代の武将

戸次鎮連の生涯 戸次鎮連は、戦国時代から織豊時代にかけて活躍した武将です。日向国(現・宮崎県)の戦国大名である島津氏の家臣であり、島津義久の側近として活躍しました。 鎮連は、永正18年(1521年)に日向国の戸次氏の一族として生まれました。幼名は亀寿丸、その後、鎮連と改名しました。15歳で元服し、島津義久に仕え始めました。 鎮連は、島津氏の家臣として、数々の戦いで活躍しました。1569年には、大友宗麟が率いる大友軍と戦った耳川の戦いで、島津軍の勝利に貢献しました。また、1578年には、肥後国(現・熊本県)の相良氏を討伐する相良攻めに参加しました。 1587年、島津義久が豊臣秀吉に降伏すると、鎮連も秀吉に臣従しました。秀吉による九州平定の後、鎮連は肥後国の守護代に任命されました。しかし、1590年、豊臣秀次が謀反を起こすと、鎮連は秀次に加担したとして、秀吉に誅殺されました。 鎮連は、武勇に優れた武将として知られており、島津氏に仕えた名将として知られています。