大名

歴史上の人物

水野勝剛-江戸時代中期から後期の大名

-# 水野勝剛の生涯 水野勝剛は、1708年に三河国天領の旗本・水野忠剛の長男として誕生しました。幼名は源八郎、通称は将監でした。1715年に父が死去し、1718年に家督を相続しました。 勝剛は、1720年に徳川吉宗の初御目見えを果たし、1722年に奏者番に任じられました。1724年に江戸城の目付に任じられ、1726年に大番頭に昇進しました。 勝剛は、1728年に若年寄に任じられ、1731年に寺社奉行を兼務しました。1732年には、江戸城西の丸御門番頭兼定番に任じられ、1735年には大目付に昇進しました。 勝剛は、1737年に老中格に昇進し、1738年に若年寄に再任されました。1739年に、戸田忠余の辞任に伴い老中となり、吉宗の側近として幕政を主導しました。 勝剛は、吉宗の財政改革や武断政治を推進し、幕府の権威を強化しました。また、享保の改革の一環として、キリスト教の取り締まりを強化し、キリシタン弾圧を推進しました。 勝剛は、1751年に老中を辞任し、1752年に致仕しました。1766年に死去し、戒名は慈雲院釈道剛大居士でした。勝剛は、幕政に大きな影響を与えた人物であり、江戸時代中期から後期の大名として知られています。
歴史上の人物

戸田忠翰- 江戸時代後期の宇都宮藩主

-戸田忠翰の生涯- 戸田忠翰は、江戸時代後期の宇都宮藩主です。1801年、下野国黒羽藩主・戸田忠温の次男として生まれました。幼名は文太郎。1816年に兄の忠敞が早世したため、家督を継ぎました。 1822年、藩主として初めて江戸に参勤しました。翌1823年には、宇都宮藩の財政を立て直すために、藩士の俸禄を削減するなどの改革を行いました。 1830年、水戸藩主・徳川斉昭の娘・峯姫と結婚しました。峯姫は、忠翰の死後も宇都宮藩を支え続けました。 1840年、忠翰は宇都宮藩主から老中へと栄進しました。老中としては、幕府の改革に尽力しました。また、1846年には、黒船来航に際して、ペリーと交渉しました。 1847年、忠翰は老中を辞任しました。その後、1850年に宇都宮藩主に戻りました。 1858年、忠翰は宇都宮藩主を退き、家督を養子の忠友に譲りました。その後は、京都に隠居しました。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、忠翰は旧幕府軍に協力しました。しかし、新政府軍に敗れて降伏しました。 1870年、忠翰は東京で死去しました。享年70。 忠翰は、宇都宮藩の財政を立て直し、幕府の改革に尽力した名君でした。また、黒船来航に際して、ペリーと交渉したことで知られています。
歴史上の人物

―本多康政

-本多康政の生涯- 本多康政は、1548年に三河国岡崎城下(現在の愛知県岡崎市)に生まれた。幼名は源三郎。父は本多重次、母は杉浦定賢の娘である。康政は、15歳の時に主君である徳川家康に従って三河一向一揆の平定に参加し、初陣を飾った。その後、家康の関東移封に従って江戸に入り、江戸城の普請や、江戸幕府の基礎固めに尽力した。 康政は、1590年の小田原征伐では、家康の軍の先鋒として活躍し、北条氏を滅亡させた。また、1600年の関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に属して西軍と戦った。戦後は、越後国高田城(現在の新潟県上越市)に入封し、10万石の大名となった。 康政は、戦国武将としてだけでなく、政治家としても優れた才能を発揮した。江戸幕府の老中として、家康の側近として幕政を支え、幕府の安定的運営に貢献した。また、高田藩主として、藩政の改革を断行し、藩の財政を立て直し、領民の生活を改善した。 康政は、1616年に69歳で死去した。法名は、本多康政院殿秀岳宗心大居士。墓所は、東京都品川区の上行寺にある。 康政は、徳川幕府を支えた名将であり、政治家である。その功績は大きく、今でも語り継がれている。
歴史上の人物

織田信方 – 江戸時代中期の豊臣家家臣

織田信方の生い立ち 織田信方は、江戸時代中期に活躍した豊臣秀吉の末裔。1587年(天正15年)3月、豊臣秀吉の弟・豊臣秀長の長男として摂津国豊臣城で生まれる。母は北政所の甥・上杉景勝の養女である常高院。 信方は、幼少の頃から秀吉の寵愛を受け、5歳の時に従五位下侍従に叙任される。また、10歳の時には従四位下に昇叙し、左衛門佐に任命される。16歳で豊臣秀次事件が発生すると、信方は生き残った豊臣秀次の遺児である天満屋と婚約する。 1615年(元和元年)の大坂夏の陣では、豊臣秀頼を奉じて徳川家康に抵抗する。しかし、豊臣軍は敗北し、秀頼は自害。信方も豊臣氏滅亡後は浪人となり、各地を転々とする。 1635年(寛永12年)、信方は徳川家光に召し出され、旗本の身分を賜る。その後、信方は幕府の役職を歴任し、1662年(寛文2年)には老中に就任する。 信方は、老中在任中に江戸城の拡張や、参勤交代制度の整備などの功績を挙げる。また、信方は学問にも通じ、多くの著書を残している。 1683年(天和3年)、信方は老中を辞任し、隠居する。そして、1692年(元禄5年)に86歳で死去する。
歴史上の人物

石川総長 – 江戸時代前期の大名

石川総長(いしかわ そうちょう、1555年10月21日 - 1623年8月10日)は、江戸時代前期の大名。下総佐倉藩主、尾張清須藩主、備中足守藩初代藩主。官位は従四位下・山城守。石川家宗家4代。 その生涯 石川総長の父は、石川家宗家3代当主石川数正。母は、上杉憲政の娘。総長の幼名は、亀丸。初め、小早川隆景に人質として預けられた。その後、父・数正が織田信長に仕えると、総長も信長に仕えた。 信長の死後、羽柴秀吉に仕え、1582年の山崎の戦い、1583年の賤ヶ岳の戦い、1584年の小牧・長久手の戦いに参加した。1585年、秀吉の九州征伐に従い、泗水城の戦いで鍋島直茂の軍勢を撃退した。1587年、秀吉の九州平定後、肥後国熊本藩15万石を与えられた。 1590年、小田原征伐に従い、豊臣秀次軍の先鋒を務め、八王子城の戦いで北条氏政の軍勢を撃破した。1593年、秀吉の朝鮮出兵に従い、明軍と戦った。1597年、秀吉の死後、徳川家康に仕えた。 1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍に属し、上杉景勝軍と戦った。戦後、下総佐倉藩10万石を与えられた。1603年、江戸幕府が開かれ、総長は徳川家康に拝謁した。 1610年、尾張清須藩20万石に移封された。1615年、大坂夏の陣に従い、豊臣秀頼軍と戦った。戦後、備中足守藩10万石に減封された。 1623年、足守藩で死去した。享年69。法名は、紹芳院殿源珠宗山大居士。 総長は、武勇に優れた武将であり、家康からも信頼された。また、茶道にも通じ、茶人として知られていた。
歴史上の人物

江戸時代後期の大名・水野忠義と沼津藩

- 江戸時代後期の大名・水野忠義と沼津藩 -# 水野忠義の生涯と功績 水野忠義(みずのただよし)は、江戸時代後期の大名。沼津藩主を務めた。水野忠精の長男として大坂に生まれる。幼名は重之助。号は静観。 1815年(文化12年)に家督を相続し、沼津藩主となる。藩政改革を行い、財政の立て直しや殖産振興に尽力した。また、藩校「敬業館」を創設し、教育にも力を注いだ。 1834年(天保5年)には、老中首座に就任。天保の改革を推進し、幕政の刷新を目指した。しかし、改革は失敗に終わり、1843年(天保14年)に失脚した。 失脚後も、水野忠義は沼津藩主として藩政に尽力した。1859年(安政6年)に死去。享年68歳。 水野忠義の功績は、沼津藩の財政立て直しや殖産振興、藩校の創設など多岐にわたる。また、老中首座として天保の改革を推進し、幕政の刷新を目指した。
歴史上の人物

久世広之 – 江戸前期の大名

-久世広之の生涯- 久世広之は、江戸時代前期の大名である。徳川家康の曽孫にあたる。 1599年、尾張国名古屋城にて徳川秀忠の三男として生まれる。幼名は五郎八。 1606年、父・秀忠が征夷大将軍となると、その弟・徳川義直の養子となる。 1615年、大坂夏の陣に参陣し、武功を挙げる。 1617年、上野国高崎藩主となる。 1626年、出羽国山形藩主に転封となる。 1630年、肥前国佐賀藩主に転封となる。 1637年、武蔵国川越藩主に転封となる。 1642年、6月に上野国高崎藩主に再転封となる。7月に江戸城内で没する。享年44。 久世広之は、武勇に優れ、大坂夏の陣では先鋒を任されるなど、徳川家康からその武勇を賞賛されていた。また、藩政にも力を入れ、高崎藩、山形藩、佐賀藩、川越藩のいずれでも藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。 久世広之は、若くして亡くなったが、その功績は高く評価され、その子孫は代々大名として存続した。
歴史上の人物

知られざる戦国武将-本多康紀の生涯

-本多康紀の生い立ちと家系- 本多康紀は、戦国時代後期から江戸時代初期の武将です。徳川家康の家臣として、数々の戦いで功績を挙げ、徳川の天下統一に貢献しました。 康紀は、弘治元年(1552年)に三河国岡崎城下で生まれました。父は本多忠勝、母は西郷局です。忠勝は、家康の重臣として活躍した武将で、康紀は忠勝の嫡男として生まれました。 康紀は、幼い頃から武芸を学び、家康の側近として仕えました。天正10年(1582年)の本能寺の変では、家康が伊賀越えをする際に、康紀は家康の護衛を務めました。 その後、康紀は徳川の天下統一に貢献した数々の戦いで活躍しました。小田原征伐では、北条氏を破り、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍の主力として活躍しました。 関ヶ原の戦い後、康紀は徳川幕府の旗本となりました。元和4年(1618年)には、信濃国松本藩の藩主となり、松本城を居城としました。 康紀は、藩主として領内の統治に努め、松本藩の礎を築きました。寛永10年(1633年)、康紀は松本で亡くなりました。享年82歳でした。 康紀は、徳川の天下統一に貢献した名将として知られています。また、松本藩の藩主として、領内の統治に努め、松本藩の礎を築いた人物としても知られています。
歴史上の人物

菅沼定芳 – 豊臣と江戸時代の初期の藩主

- 菅沼定芳の生涯 菅沼定芳は、豊臣政権と江戸時代の初期に活躍した大名です。徳川家康に仕えて功を上げ、肥後国(現在の熊本県)の初代藩主となりました。 定芳は、1544年に尾張国(現在の愛知県)で生まれました。父は菅沼定則、母は水野忠政の娘です。幼少期は、織田信長の家臣である柴田勝家に仕えていました。 1582年、本能寺の変で信長が死去すると、定芳は勝家と対立して豊臣秀吉に仕えました。秀吉の九州征伐に従軍し、戦功を上げて肥後国の国主に任じられました。 1598年、秀吉が死去すると、定芳は徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、家康の東軍に加わり、西軍の石田三成を破りました。戦後、定芳は肥後国の藩主として認められ、熊本城を築城しました。 定芳は、肥後国の統治に努め、農地の開発や産業の振興を図りました。また、儒教を奨励し、学校を設立して人材の育成に努めました。 1608年、定芳は死去しました。享年65。跡を長男の忠政が継ぎました。 定芳は、豊臣政権と江戸時代の初期に活躍した有能な大名でした。肥後国の統治に努め、人材の育成にも尽力しました。その功績は、現在でも語り継がれています。
歴史上の人物

松平頼誠-江戸時代後期の大名

生い立ちと家督相続 松平頼誠は、1799年(寛政11年)に江戸で、伊予松山藩の第8代藩主・松平定永の長男として生まれました。幼名は万寿丸といい、幼少期から聡明で学問を好み、また武芸にも優れていました。 1818年(文政元年)、父・定永が死去したため、19歳で家督を相続して第9代藩主となりました。頼誠は、藩政改革を積極的に行い、藩財政の立て直しや殖産興業に努めました。また、藩校の「明倫館」を設立し、教育にも力を入れました。 頼誠は、1828年(文政11年)に江戸城で大老・水野忠邦に謁見し、天保の改革に協力しました。しかし、水野忠邦が失脚すると、頼誠も連座して失脚し、隠居を命じられました。その後、頼誠は1850年(嘉永3年)に死去するまで、隠居生活を送りました。
歴史上の人物

伊東長救-備中岡田藩第5代藩主

-伊東長救の生涯- 伊東長救は、備中岡田藩の第5代藩主である。1707年、第4代藩主・伊東長章の長男として生まれる。1715年、父が死去したため、9歳で家督を相続する。 幼少のため、藩政は家老の伊東左京と目付の伊東清右衛門が代行した。長救は15歳になった1721年に親政を開始する。藩政においては、倹約政策を断行し、藩財政の再建に尽力した。また、学問を奨励し、藩校・脩道館を設立する。 1732年、長救は江戸家督を相続する。江戸家督は、徳川将軍家の親藩である伊東家の当主が務める役職である。長救は、江戸家督として、将軍の側近として仕えることになる。 1741年、長救は55歳で死去する。家督は、長男・長央が相続する。 長救は、藩政の再建や学問の奨励など、藩のために尽力した藩主であった。また、江戸家督として、将軍の側近として仕え、伊東家の地位を維持した。
歴史上の人物

京極高直とその殉死

-京極高直の生涯- 京極高直は、室町時代の守護大名。丹波国の守護であり、応仁の乱では西軍の総大将を務めた。 高直は、1426年に丹波国の守護・京極持清の子として生まれた。幼名は貞増丸。1438年に父が死去し、家督を継いだ。 高直は、室町幕府の管領・畠山持国に仕え、若くして頭角を現した。1450年には、持国の命を受けて、赤松満祐の乱を平定した。この功績により、高直は丹波国の守護に加え、但馬国の守護にも任じられた。 1467年に応仁の乱が勃発すると、高直は西軍の総大将に任命された。高直は、東軍の総大将・細川勝元と激しく戦ったが、1477年に京都を追われ、近江国に逃亡した。 1479年に、高直は近江国で死去した。享年54。高直の死後、京極氏は衰退の一途をたどった。 -京極高直の殉死- 応仁の乱の末期、高直は近江国の小谷城に籠城していた。1479年3月、東軍の総大将・細川勝元が小谷城を攻撃した。高直は、勝元の大軍に抗しきれず、城を放棄して近江国の山中へ逃亡した。 高直は、山中をさまよっているうちに、地元の農民に捕らえられた。農民たちは、高直を勝元に引き渡した。勝元は、高直を京都に送り、そこで処刑した。 高直の死後、京極氏は衰退の一途をたどった。高直の嫡男・高清は、応仁の乱で戦死しており、高直の次男・政経も、1485年に細川政元に謀殺された。京極氏は、高清の孫・高吉の代にようやく復興した。
歴史上の人物

水野勝長:江戸時代前期の大名

水野勝長の生涯 水野勝長は、江戸時代前期の大名で、水野氏宗家の第14代当主です。1577年、父の忠重の死により家督を相続しました。 勝長は、徳川家康に仕え、姉川の戦い、小牧・長久手の戦い、関ヶ原の戦いなどで武功を挙げました。1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍に属して徳川秀忠の軍勢に加わりました。戦後、下野国足利藩1万石に加増され、大名となりました。 1603年、江戸幕府が開設されると、勝長は老中の職に任じられました。老中としては、大御所となった徳川家康の補佐役として、幕政の運営に当たりました。 1615年、大坂冬の陣・夏の陣が起こると、勝長は徳川秀忠の軍勢に加わって大坂城を攻めました。大坂城が落城した後、勝長は、豊臣秀頼の首を検分し、その遺体を京都の東福寺に葬りました。 1626年、勝長は老中を辞任し、隠居しました。隠居後は、京都で暮らし、1634年に死去しました。 勝長は、徳川家康に仕えて武功を挙げ、老中として幕政の運営に当たった人物です。また、豊臣秀頼の首を検分し、その遺体を葬ったことで知られています。
歴史上の人物

木下俊長-江戸時代前期-中期の大名

1. 生い立ちと家系 木下俊長は、1615年(元和元年)に、常陸国水戸藩の第2代藩主・徳川頼房の五男として誕生しました。母は側室の幸姫です。俊長には、兄に第3代藩主の綱條、弟に常陸国結城藩の藩祖となった松平頼元、徳川光圀、常陸国水戸新田藩の藩祖となった徳川頼雄などがいました。 俊長は、幼い頃から聡明で、学問にも優れていました。水戸藩では、第2代藩主の頼房が儒学を重視しており、俊長もその影響を受けて、儒学を深く学びました。また、俊長は、武芸にも秀でており、剣術や槍術に優れていました。 1636年(寛永13年)、俊長は、常陸国笠間藩の初代藩主として立藩しました。笠間藩は、水戸藩から分かれた藩であり、藩の石高は約10万石でした。俊長は、笠間藩の藩主として、藩政に力を入れ、藩の財政を立て直し、藩士の生活の安定を図りました。また、俊長は、笠間藩の学問を奨励し、藩校である笠間藩校を創設しました。 1661年(寛文元年)、俊長は、常陸国水戸藩の第4代藩主を継ぎました。水戸藩は、徳川御三家のひとつであり、藩の石高は約35万石でした。俊長は、水戸藩の藩主として、藩政に力を入れ、藩の財政を立て直し、藩士の生活の安定を図りました。また、俊長は、水戸藩の学問を奨励し、藩校である弘道館を創設しました。 1669年(寛文9年)、俊長は、水戸藩の藩主を弟の松平頼元と徳川光圀に譲り、隠居しました。隠居後は、笠間藩に隠居し、1682年(天和2年)まで生きました。
歴史上の人物

岡部長和-江戸時代後期の岸和田藩主-

文政から嘉永にかけて活躍した大名 岡部長和は、文政から嘉永にかけて活躍した大名です。彼は、岸和田藩の第8代藩主を務め、藩政改革や文化振興に尽力しました。 岡部長和は、1789年に岸和田藩の第7代藩主・岡部行恭の長男として生まれました。1815年に父が死去すると、家督を相続して藩主となりました。 岡部長和は、藩主就任後すぐに藩政改革に着手しました。彼は、財政再建や軍備強化、殖産興業などを推し進め、藩の財政状況を改善しました。また、彼は、藩校「順造館」を創設し、藩士の教育に力を入れました。 岡部長和は、文化振興にも熱心でした。彼は、絵画や書道、音楽などを奨励し、多くの文化人を藩に招きました。また、彼は、藩内に図書館を整備し、藩士や庶民に読書を奨励しました。 岡部長和は、1849年に死去しました。享年61歳でした。彼の死後、岸和田藩は衰退の一途をたどり、1868年に起こった戊辰戦争で新政府軍に敗北して藩が廃藩となりました。 岡部長和は、藩政改革や文化振興に尽力した名君として知られています。彼の功績は、今日でも岸和田藩の歴史の中で高く評価されています。
歴史上の人物

「六郷政信」- 六郷氏の栄華

-六郷政信の功績- 六郷政信は、六郷氏の祖先であり、鎌倉幕府の御家人と北条氏の有力な家臣でした。彼は、武勇に優れていただけでなく、政治家としても活躍し、鎌倉幕府の発展に貢献しました。 政信は、1173年に武蔵国六郷(現在の東京都大田区)で生まれました。彼は、北条時政の娘婿となり、北条氏の有力な家臣となりました。政信は、1180年の源平合戦で活躍し、平氏を滅ぼすことに貢献しました。また、1185年の奥州合戦で、奥州藤原氏を滅ぼすことにも貢献しました。 政信は、武勇だけでなく、政治家としても活躍しました。彼は、1203年に鎌倉幕府の執権に就任し、幕府の実権を握りました。政信は、幕府の財政を改革し、軍制を整備しました。また、全国の国衙を整備し、鎌倉幕府の支配を強固にしました。 政信は、1221年に亡くなりましたが、彼の功績は鎌倉幕府の発展に大きく貢献しました。政信の死後、六郷氏は、鎌倉幕府の有力な家臣として、幕府の発展に貢献し続けました。 -政信の功績の詳細- * -鎌倉幕府の執権に就任- 1203年、政信は鎌倉幕府の執権に就任しました。執権は、鎌倉幕府の最高権力者であり、幕府の実権を握りました。政信は、執権として、幕府の財政を改革し、軍制を整備しました。また、全国の国衙を整備し、鎌倉幕府の支配を強固にしました。 * -承久の乱の鎮圧- 1221年、承久の乱が起こりました。承久の乱は、後鳥羽上皇が鎌倉幕府に対して起こした反乱です。政信は、鎌倉幕府の軍を率いて、承久の乱を鎮圧しました。承久の乱の鎮圧により、鎌倉幕府の支配はさらに強固なものとなりました。 * -六波羅探題の設置- 1224年、政信は、六波羅探題を設置しました。六波羅探題は、鎌倉幕府の京都における出先機関であり、京都の治安維持を担当しました。六波羅探題の設置により、鎌倉幕府は、京都への影響力を強めました。 * -元寇の撃退- 1274年、元寇が起こりました。元寇は、モンゴル帝国が日本に侵攻した戦争です。政信は、鎌倉幕府の軍を率いて、元寇を撃退しました。元寇の撃退により、鎌倉幕府の威信は高まりました。
歴史上の人物

細川興文:江戸時代中期の傑出した大名

-財政再建と藩政改革を推進した名君- 細川興文は、江戸時代中期に肥後国熊本藩の第3代藩主を務めた名君である。財政再建と藩政改革を推進し、熊本藩の基礎を固めた。 興文は、元禄11年(1698年)、熊本藩主・細川綱利の長男として生まれた。享保5年(1720年)、父綱利の死により15歳で家督を相続した。 当時の熊本藩は、綱利の奢侈のため、財政難に陥っており、藩士の俸禄は3分の1まで減らされていた。興文は、藩政改革の第一歩として、綱利の浪費を断ち切り、藩士の俸禄を全額支給した。 また、興文は、藩の財政再建に向けて、産業振興にも力を入れ、酒造や陶磁器などの産業を奨励した。さらに、藩の特産品である米を江戸に送って販売し、藩の収入を増やした。 興文の財政再建と産業振興策は功を奏し、熊本藩の財政は好転していった。藩士たちも興文を信頼し、藩政に協力するようになった。 興文は、財政再建と並行して、藩政改革にも着手した。享保10年(1725年)、興文は、藩士の身分や禄高に応じて参勤交代の制度を定めた。また、藩校である時習館を設立し、藩士の教育に力を注いだ。 興文の藩政改革は成功し、熊本藩は、財政的に安定し、藩士たちも団結した強い藩となった。興文は、その功績を認められ、老中や京都所司代などの要職を歴任した。 興文は、寛延3年(1750年)、62歳で死去した。興文の死後、熊本藩は、財政的に安定し、藩士たちも団結した強い藩として、幕末まで続いた。 細川興文は、財政再建と藩政改革を推進し、熊本藩の基礎を固めた名君である。その功績は、今日に至るまで語り継がれている。
歴史上の人物

水野忠輝―江戸時代中期の大名

水野忠輝の生涯 水野忠輝は、1664年(寛文4年)に近江国長浜藩主・水野忠職の次男として生まれました。幼名は徳松。母は、徳川家康の異父弟・松平康元の娘・富子。正室は、土井利房の娘・於喜多。子女は、男子4人、女子6人。 徳川家綱の養子となり、1679年(延宝7年)に16歳で三河国刈谷藩主となり、1万石を領しました。1682年(天和2年)には、上野国沼田藩主となり、3万石に加増されました。1702年(元禄15年)には、豊後国杵築藩主に転封となり、4万石に加増されました。 水野忠輝は、藩政改革に尽力し、領内の荒廃地を開発し、年貢を軽減するなど、領民の生活の安定を図りました。また、学問を奨励し、藩校を設立しました。 1713年(正徳3年)に死去。享年50。 水野忠輝は、水野家のなかでも、とくに優れた藩主の一人とされています。藩政改革に尽力し、領民の生活の安定を図るなど、その功績は大きく、後世に語り継がれています。
歴史上の人物

「喜多長能」(⇒北七大夫長能)について

喜多長能とは 喜多長能(きたちょうのう)は、南北朝時代の武将。北朝方として活躍し、奥羽や関東で活躍。関東では、上杉憲顕や上杉禅秀の執事(しつじ)を務めた。 喜多長能の出自は不明だが、武蔵国出身とされる。喜多氏は、武蔵国喜多郡を領した豪族で、長能はその分家筋に当たる。長能は、はじめ北条氏に仕えていたが、建武の新政の際に北畠顕家に従って鎌倉を攻略。その後、北朝に属して奥羽や関東で転戦。奥州では、北畠顕家や畠山国清に従って、南朝方の菊池武光らと戦った。また、関東では、上杉憲顕や上杉禅秀の執事として、関東における北朝方の勢力拡大に貢献した。 長能は、武勇に優れ、特に弓矢の名手として知られていた。また、戦術にも長けており、数々の戦いで勝利を収めた。長能は、北朝方の中心人物の一人として活躍したが、応永6年(1399年)に没した。 喜多長能は、北朝方の名将として、その名を知られている。長能は、武勇に優れ、戦術にも長けており、数々の戦いで勝利を収めた。また、長能は、北朝方の中心人物の一人として活躍し、関東における北朝方の勢力拡大に貢献した。
歴史上の人物

徳川義宜-幕末の大名

-徳川義宜-幕末の大名- -尾張藩主徳川義宜の生涯- 徳川義宜は、尾張藩第12代藩主。徳川家慶の二十男として江戸城西の丸で生まれ、初名は八百之助。母は側室のお志賀の方(国姫)。慶喜、慶篤らと同母兄弟である。 幼少の頃から聡明で、学問にも優れていたという。1846年、尾張藩主・徳川斉荘の養嗣子となり、1849年に斉荘が隠居したため、藩主の座を継いだ。 義宜は、藩政改革に熱心に取り組み、藩の財政再建や軍備の強化を行った。また、洋学にも関心を持ち、藩内に洋学校を設立して、藩士に洋学を学ばせた。 1868年、戊辰戦争が勃発すると、義宜は新政府軍に味方した。しかし、新政府軍は敗北し、義宜は尾張藩の領地を没収された。 義宜は、その後、東京に移住して隠居生活を送った。1872年に死去。享年45。 義宜は、幕末の動乱期にあって、藩政改革や洋学振興に尽力した名君であった。
歴史上の人物

市橋長義

市橋長義の生涯 市橋長義(いちばし ながよし、享禄5年(1532年) - 天正10年11月8日(1583年11月29日))は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。通称は新七郎。 市橋長義は、市橋長政の嫡男として生まれた。市橋氏は、美濃国武儀郡市橋城主を居城とする国衆であった。長義は、父・長政とともに斎藤道三に仕え、永禄4年(1561年)の桶狭間の戦いで功を挙げた。 その後、長義は斎藤龍興に仕え、永禄11年(1568年)の織田信長の美濃侵攻では、龍興の命を受けて織田軍と戦った。しかし、龍興が織田軍に敗北すると、長義は織田信長に降伏した。 織田信長に仕えた長義は、天正3年(1575年)の長篠の戦いで戦功を挙げ、天正10年(1582年)の本能寺の変では、明智光秀に味方して織田信長を討った。しかし、本能寺の変後、豊臣秀吉に敗北して、岐阜城を明け渡した。 岐阜城を明け渡した長義は、秀吉に降伏した。秀吉は、長義の功績を認めて、越前国坂井郡5万石を与えた。長義は、越前国坂井郡で領地の経営に努めたが、天正10年11月8日(1583年11月29日)に死去した。
歴史上の人物

本庄資尹 – 江戸時代中期の大名

-家柄と生い立ち- 本庄資尹は、1689年に近江国彦根藩主、本庄重朝の次男として江戸に生まれた。母は、松平忠長の娘、春姫である。資尹の祖父、本庄重政は、浅井氏の旧臣であり、織田信長の近江侵攻に際して信長に臣従し、その武将として活躍した。資尹の父、本庄重朝は、徳川家康の江戸入府に従い、関東に所領を与えられ、常陸国下館藩の初代藩主となった。 資尹は、彦根藩主の嫡男として生まれ、幼くして父、重朝に家督を譲られた。資尹は、江戸で生まれ育ち、昌平坂学問所で儒学を学び、武芸にも秀でた。また、和歌や書にも通じ、文武両道の教養人であった。 1729年、資尹は、下総国古河藩の藩主となった。古河藩は、徳川家康の六男、松平忠輝の旧領であり、徳川将軍家の譜代大名として重要な藩であった。資尹は、古河藩主として、藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。また、学問と武芸を奨励し、藩の文化の向上に努めた。 1744年、資尹は、下野国宇都宮藩の藩主に転封となった。宇都宮藩は、下野国最大の藩であり、徳川将軍家の譜代大名として重要な藩であった。資尹は、宇都宮藩主として、藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。また、学問と武芸を奨励し、藩の文化の向上に努めた。 1752年、資尹は、64歳で死去した。資尹は、家柄と教養を兼ね備えた大名であり、藩政改革を行い、藩の財政を立て直した。また、学問と武芸を奨励し、藩の文化の向上に努めた。資尹は、幕末の戊辰戦争で活躍した本庄直行の祖父であり、本庄家の中興の祖として知られている。
歴史上の人物

– 松平忠昭(2)

松平忠昭(2)の生涯 松平忠昭(2)は、1602年に江戸城西の丸で生まれました。父は徳川将軍家の祖である徳川家康、母は松平康元の娘・久姫です。忠昭(2)は、幼い頃から利発で聡明な子供として知られ、家康から寵愛されました。 1611年、忠昭(2)は尾張藩主・徳川義直の養子となり、名古屋城に入城しました。義直は家康の四男であり、忠昭(2)にとって異母兄にあたります。忠昭(2)は尾張藩主として、藩政改革を行い、領内の安定に努めました。また、義直とともに大阪冬の陣・夏の陣に参加し、豊臣氏を滅亡させることに貢献しました。 1630年、義直が死去すると、忠昭(2)は尾張藩主を継ぎました。忠昭(2)は藩政をさらに強化し、領内の発展に尽力しました。また、寛永12年(1635年)には、京都西本願寺に多聞山同仁寺を建立しました。同仁寺は、忠昭(2)の菩提寺であり、現在も名古屋市中区に所在しています。 1669年、忠昭(2)は名古屋城で死去しました。享年68歳でした。忠昭(2)は、尾張藩主として40年間在任し、藩政に大きな功績を残した名君として知られています。
歴史上の人物

戸田忠利:江戸城西丸で将軍継嗣の世話をする

徳川綱豊の信頼を集めた側役 戸田忠利は、江戸時代初期の旗本です。徳川家康の死後、その孫である徳川家光が3代将軍となりました。家光には子供がなく、後継者問題が浮上しました。そこで、家光の弟である徳川忠長が4代将軍となりましたが、忠長は3年後に失脚しました。その後、家光の異母弟である徳川頼宣の息子である徳川綱吉が5代将軍となりました。 綱吉は、将軍職を継いだ当初は、側近の Obataya Sadaemon の影響を受けていました。しかし、やがて、戸田忠利に寵愛するようになりました。忠利は、綱吉の信頼を集め、側役として仕えるようになりました。綱吉は、忠利に多くのことを相談し、忠利は綱吉の信頼に応えて、忠実に仕えました。 忠利は、綱吉の信頼を集めたことで、多くの権力を得ることができました。忠利は、江戸城西丸で将軍継嗣の世話をするようになりました。また、忠利は、綱吉の側近として、多くの政務にも参画しました。忠利は、綱吉の信任を背景に、多くの権力を握った人物です。 忠利は、綱吉に仕えたことで、多くの恩恵を受けました。忠利は、綱吉から多くの領地を与えられ、大名となりました。また、忠利は、綱吉から多くの官職を与えられ、出世しました。忠利は、綱吉の信任を受けて、順調に出世した人物です。 忠利は、綱吉の死後も、徳川家綱に仕え続けました。家綱は、綱吉の息子で、6代将軍です。家綱は、忠利を重用し、忠利は家綱に仕えて、多くの功績を上げました。忠利は、徳川家綱に仕えたことで、ますます権力を強めました。 忠利は、江戸時代初期の有力な旗本です。忠利は、徳川綱吉に仕えて、多くの権力を得ることができました。忠利は、綱吉の死後も、徳川家綱に仕え続け、ますます権力を強めました。忠利は、徳川家の重臣として、幕政に大きな影響を与えた人物です。