大坂

芸術家

歌川芳梅 – 江戸時代の浮世絵師

- 歌川芳梅の生涯 歌川芳梅は、江戸時代の浮世絵師です。本姓は鈴木、名は芳之助。歌川国芳の門人であり、芳梅と号した。芳梅の生没年は不詳ですが、1820年代に活躍したとされています。 芳梅は、江戸の日本橋に生まれました。幼い頃から絵を好み、歌川国芳に入門して浮世絵を学びました。芳梅は、国芳の門下生の中でも特に才能があったとされ、国芳から「芳梅は吾が右に出づ」と賞賛されたほどです。 芳梅は、主に役者絵や美人画を描きました。芳梅の役者絵は、その写実性と躍動感で人気を博しました。また、芳梅の美人画は、その繊細な線描と美しい色彩で多くのファンを魅了しました。 芳梅は、30歳前後で亡くなったとされています。芳梅の死は、浮世絵界に大きな衝撃を与え、国芳は「芳梅の死は、浮世絵の大きな損失である」と嘆いたと言われています。 芳梅の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。芳梅の作品は、その高い芸術性と史料的価値から、浮世絵研究者や美術愛好家から高く評価されています。
エンターテインメント

歌舞伎役者 松島茂平次(1700-1765)

-初代市川八百蔵の父- 松島茂平次は、江戸時代中期の歌舞伎役者であり、初代市川八百蔵の父として知られています。1700年に江戸で生まれ、1765年に65歳で亡くなりました。 茂平次は、若くして歌舞伎の世界に入り、初代市川團十郎の門下生となりました。1716年に初舞台を踏み、その後すぐに頭角を現しました。茂平次は、その優れた演技力と端正な容姿で人気を博し、江戸屈指の歌舞伎役者の一人となりました。 茂平次は、特に世話物(庶民の生活を描いた演目)を得意としており、そのリアルな演技は人々の共感を呼びました。また、茂平次は舞踊にも優れており、その華麗な舞いは多くの観客を魅了しました。 茂平次は、1741年に初代市川八百蔵を跡継ぎとして養子に迎えました。八百蔵は、茂平次の指導のもとですぐに才能を開花させ、江戸屈指の歌舞伎役者の一人となりました。 茂平次は、1765年に65歳で亡くなりましたが、その演技は人々の記憶に長く残りました。茂平次は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した偉大な歌舞伎役者の一人です。
歴史上の偉人

「鴻池善右衛門(4代)」

-豪商鴻池善右衛門の歴史- 鴻池善右衛門は、江戸時代から明治時代にかけて活躍した豪商。鴻池財閥の祖です。 * 1654年、摂津国西成郡鴻池村(現在の大阪府大阪市西区)で、鴻池半右衛門の四男として生まれる。 * 幼い頃から商才を発揮し、17歳で江戸に遊学。 * 21歳の時に父が亡くなり、家業を継ぐ。 * 以後、大坂を拠点に米、綿花、生糸などの取引を行い、巨万の富を築く。 * 1703年、将軍徳川綱吉から「善右衛門」の苗字を拝命する。 * 1718年、大坂の町奉行に就任。 * 1720年、大坂の商人仲間の頭取に就任。 * 1722年、江戸の商人仲間の頭取に就任。 * 1723年、大坂の鴻池町に本店を移す。 * 1728年、京都の鴻池町に支店を移す。 * 1730年、東京の鴻池町に支店を移す。 * 1733年、江戸で没する。享年80。 鴻池善右衛門は、江戸時代屈指の大富豪として知られ、その財産は「鴻池の七不思議」と呼ばれるほど莫大であった。 また、彼は社会貢献にも熱心であり、大阪の商取引の近代化に尽力するとともに、大阪市に学校や病院を設立するなど、多くの功績を残した。
芸術家

– 正甫

- 正甫 -正甫は江戸時代前期から中期の画家です。- 正甫は、1671年に京都で生まれました。幼い頃から絵が得意で、10代の時に狩野派の画家に弟子入りしました。その後、京都で活躍し、1716年に江戸に上りました。江戸では、徳川将軍家のお抱え絵師となり、多くの作品を描きました。正甫は、花鳥画や山水画を得意とし、彼の作品は、写実的で繊細な描写が特徴です。正甫は、1756年に江戸で亡くなりました。 - 正甫の生涯 正甫は、1671年に京都で生まれました。幼い頃から絵が得意で、10代の時に狩野派の画家に弟子入りしました。その後、京都で活躍し、1716年に江戸に上りました。江戸では、徳川将軍家のお抱え絵師となり、多くの作品を描きました。正甫は、花鳥画や山水画を得意とし、彼の作品は、写実的で繊細な描写が特徴です。正甫は、1756年に江戸で亡くなりました。 - 正甫の特徴 正甫は、写実的で繊細な描写が特徴です。彼は、花鳥画や山水画を得意とし、その作品は、自然の美しさを表現しています。正甫は、また、人物画も描き、その作品は、人物の表情や仕草をリアルに表現しています。正甫は、江戸時代を代表する画家の1人で、彼の作品は、現在も多くの人々に愛されています。 - 正甫の代表作 正甫の代表作には、以下のものがあります。 * 「花鳥図屏風」 * 「山水図屏風」 * 「人物図屏風」 * 「釈迦涅槃図」 * 「阿弥陀如来図」 これらの作品は、正甫の写実的で繊細な描写の特徴をよく表しています。正甫の作品は、現在も多くの美術館や博物館に収蔵されており、多くの人々に愛されています。
エンターテインメント

中山富三郎(初代):傾城と世話女房役で活躍した歌舞伎役者

-初代中山文七と4代松本幸四郎の門下- 中山富三郎(初代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者です。中山富三郎(初代)は、初代中山文七の門下から4代松本幸四郎の門下に移り、名を中山富三郎(初代)と改めました。 初代中山文七は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。中山富三郎(初代)は、初代中山文七の門下に入り、中山文蔵と名乗りました。中山文蔵は、中山文七の芸風を学び、若手有望株として活躍しました。 4代松本幸四郎は、江戸時代後期の歌舞伎役者です。4代松本幸四郎は、中山文蔵の才能を見抜き、自分の門下に移籍させました。中山文蔵は、4代松本幸四郎の芸風を学び、中山富三郎(初代)と改名しました。中山富三郎(初代)は、4代松本幸四郎の門下で、傾城と世話女房役で活躍しました。 中山富三郎(初代)は、傾城役を得意とし、その美貌と艶やかな演技で人気を集めました。また、世話女房役も得意とし、庶民の生活をリアルに表現した演技で好評を博しました。中山富三郎(初代)は、歌舞伎界で活躍した名優の一人です。
歴史上の偉人

刀工祐国とは?

-祐国の生い立ちと人生- 祐国(ゆうくに)は、平安時代後期の刀工。備前国(現在の岡山県)生まれ。本名は藤原祐国。号は祐国左衛門尉。 幼い頃から刀工としての才能を発揮し、18歳の時に備前国で刀工として独立。その後、京都に移り住み、朝廷の刀工として活躍しました。 祐国は、刀工として非常に高い評価を受けており、その作品は「祐国刀」と呼ばれ、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されています。祐国刀の特徴としては、美しい地肌と切れ味の良い刃文が挙げられます。 祐国は、刀工としてだけではなく、刀剣鑑定家としても活躍しており、その鑑定眼は非常に高く評価されていました。また、祐国は刀剣の製造方法を記した『刀工秘伝書』を著しており、その内容は現在でも刀工の教科書として使用されています。 祐国は、1189年に65歳で亡くなりました。祐国の死後、その弟子たちは祐国刀の伝統を受け継ぎ、備前国で刀工として活躍しました。祐国刀は、現在でも多くの刀剣愛好家に愛されており、その価値は高まっています。
研究者

「東竹堂」

-志頭磨流の祖佐々木志頭磨に学ぶ- 志頭磨流は、佐々木志頭磨(ささき しとうま)によって創始された柔術の流派である。佐々木志頭磨は、1545年に近江国坂田郡志頭磨村(現在の滋賀県長浜市志頭磨町)に生まれた。幼少の頃から武術を学び、18歳の頃に上京して、各地の武術家に師事した。 佐々木志頭磨は、特に柔術に秀でており、各地の柔術家と試合をして、勝利を重ねた。また、佐々木志頭磨は、柔術の理論を研究し、独自の技法を編み出した。佐々木志頭磨の柔術は、体格が小さい人でも、大きな相手を倒すことができるという特徴があり、多くの武術家に支持された。 佐々木志頭磨は、1613年に、志頭磨流を創始した。志頭磨流は、江戸時代を通じて、多くの武術家に学ばれた。また、志頭磨流は、海外にも伝わり、現在でも、世界各地で学ばれている。 佐々木志頭磨は、柔術の大家として、だけでなく、生涯を通じて、武術の普及に努めた。佐々木志頭磨は、後に、徳川将軍家の御指南役を務め、武術の振興に貢献した。 佐々木志頭磨は、1634年に、70歳で亡くなった。しかし、佐々木志頭磨の柔術は、今日でも、多くの武術家に学ばれており、佐々木志頭磨の武術に対する情熱は、今もなお、受け継がれている。 佐々木志頭磨から学ぶべきことは、以下の通りである。 * 武術は、体格や年齢に関係なく、誰でも学ぶことができる。 * 武術は、護身術としてだけでなく、心身を鍛えるのにも役立つ。 * 武術は、国際交流や文化交流にも貢献できる。 佐々木志頭磨は、武術の大家としてだけでなく、生涯を通じて、武術の普及に努めた。佐々木志頭磨の武術に対する情熱は、今もなお、受け継がれており、佐々木志頭磨から学ぶべきことは多い。
歴史上の偉人

加須屋貞蔵-幕末の尊攘運動家

加須屋貞蔵とは 加須屋貞蔵(かすや ていぞう)は、幕末の尊攘運動家。通称は正之。諱は幹。加須屋政之の子。通称を正之、のち貞蔵と改めた。字は子弘。号は左右、あるいは左右翁。 1838年2月、加須屋政之の長男として、京都で生まれる。15歳で父の死去に伴い加須屋家当主となる。1853年、黒船来航に際して攘夷を主張。1858年、安政の大獄により捕縛されるが、まもなく釈放された。1860年、尊攘運動に参加し、水戸藩の浪士たちと協力して、京都で尊攘派の結社である「壬戌浪士組(みずのえいぬしぐみ)」を結成した。1861年、文久の変で長州藩が京都を攻撃した際(八月十八日の政変)、薩摩藩の島津久光とともに長州藩を討伐した。1862年、生麦事件が発生すると、攘夷派の急先鋒として、生麦村のイギリス人居留地を襲撃した。1863年、薩摩藩の西郷隆盛らとともに、京都で「攘夷決行の盟約」を結び、朝廷に攘夷を実行するよう迫った。 同年8月、加須屋貞蔵は、薩摩藩の島津久光や大久保利通らとともに、京都で「八月十八日の政変」を引き起こした。この政変で、幕府は攘夷派の公卿を追放し、長州藩を京都から追放した。加須屋貞蔵は、この政変で活躍した功績により、朝廷から「従五位下修理亮」の官位を授与された。 1864年、禁門の変で長州藩が京都を攻撃した際、加須屋貞蔵は、幕府軍に加わって長州藩を討伐した。この戦いで、加須屋貞蔵は負傷し、その後まもなく病没した。享年26。
芸術家

景斎英寿-江戸時代後期の浮世絵師,戯作者

-景斎英寿の生涯と作品- 景斎英寿は、江戸時代後期の浮世絵師、戯作者です。本名は斎藤勇次郎、通称は八丁堀の英さん。 -生い立ちと修行- 景斎英寿は1787年(天明7年)に江戸八丁堀に生まれました。幼少期より絵を好み、狩野派の画家に師事して絵を学びました。 -浮世絵師としての活動- 景斎英寿は、浮世絵師として、主に役者絵や美人画を描きました。役者絵では、当時の歌舞伎の人気役者を描いた作品が多く、美人画では、華やかな衣装をまとった女性を描いた作品が多いです。 -戯作者としての活動- 景斎英寿は、戯作者としても活躍しました。戯作とは、江戸時代の庶民向けの娯楽小説のことです。景斎英寿は、恋をテーマにした作品や、社会風刺を込めた作品など、様々なジャンルで戯作を執筆しています。 -代表作- 景斎英寿の代表作には、浮世絵では「役者絵揃」「美人揃」などがあり、戯作では「色道雛形」「恋草紙」などがあります。 -評価- 景斎英寿は、江戸時代後期の浮世絵師、戯作者として、活躍しました。浮世絵師としては、役者絵や美人画で人気を博し、戯作者としては、恋をテーマにした作品や、社会風刺を込めた作品など、様々なジャンルで戯作を執筆しました。景斎英寿の作品は、江戸の人々の暮らしや文化を伝える貴重な資料となっています。
作家

半井金陵 – 江戸時代中期の浮世草子作者とその作品

-半井金陵の生涯と背景- 半井金陵は、江戸時代中期の浮世草子作者であり、その作品は当時の社会風俗を色濃く反映しています。金陵の生涯と背景を知ることで、彼の作品をより深く理解することができるでしょう。 金陵は、1736年に江戸の下谷に生まれました。父は町人で、金陵は幼い頃から読書を好んでいました。特に好んだのは、当時の流行作家である十返舎一九の作品でした。一九の作品から、金陵は浮世草子の世界に魅了され、やがて自身も浮世草子を書くようになりました。 金陵の作品は、当時の庶民の生活をリアルに描いたもので、庶民の不満や喜びを代弁するような作品が多かったため、庶民からの人気を集めました。また、金陵の作品には、当時の社会問題を風刺したものも多く、その辛辣な風刺は、権力者から反発を招くこともありました。 金陵は生涯にわたって浮世草子を書き続け、その作品数は数千編に及ぶとされています。彼の作品は当時の社会を知るための貴重な資料であり、現在でも多くの人に読まれています。 -金陵をとりまく社会背景- 金陵が活躍した江戸時代中期は、享保の改革によって庶民の生活が向上し、文化が花開いた時代でした。しかし、一方で、幕府の財政が悪化し、庶民の生活は次第に困窮していくようになりました。また、この時代には、天保の大飢饉やペリー来航など、多くの出来事が起こり、社会は大きく変化しました。 このような社会情勢の中で、金陵の作品は庶民の生活をリアルに描くことで、庶民の共感を集めました。また、金陵の作品は当時の社会問題を風刺することで、庶民の不満を代弁する役割を果たしました。 金陵の作品は、当時の社会を知るための貴重な資料であり、現在でも多くの人に読まれています。彼の作品を通して、当時の庶民の生活や社会問題を知ることができるのです。
ミュージシャン

豊竹駒太夫(2代)→ 江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃太夫

-豊竹駒太夫(2代)の生涯と経歴- 豊竹駒太夫(2代)は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した浄瑠璃太夫です。本名は中川権兵衛。京都府丹後半島に生まれ、16歳の時に初代豊竹駒太夫に入門しました。1753年に2代目豊竹駒太夫を襲名し、江戸の歌舞伎座で初舞台を踏みました。 2代目豊竹駒太夫は、その美声と優れた語り口で瞬く間に人気となり、江戸の浄瑠璃界を代表する太夫となりました。また、作曲の才能にも優れ、多くの名曲を手がけました。中でも、1755年に初演された浄瑠璃「菅原伝授手習鑑」は、その後の浄瑠璃界に大きな影響を与えた傑作として知られています。 2代目豊竹駒太夫は、1795年に60歳で亡くなりました。しかし、その死後もその功績は語り継がれ、多くの浄瑠璃太夫がその芸風を学びました。現在でも、2代目豊竹駒太夫は浄瑠璃界の巨匠として尊敬されています。 2代目豊竹駒太夫の生涯と経歴は、江戸時代の浄瑠璃界を代表する太夫の足跡を知る上で貴重な資料となっています。その芸は、現在でも多くの浄瑠璃太夫が学ぶべきお手本となっています。
エンターテインメント

鶴沢蟻鳳(2代):江戸時代後期の浄瑠璃三味線方の名手

-鶴沢蟻鳳(2代)の生涯- 鶴沢蟻鳳(2代)(つるざわ・ぎおう)(1849年5月23日〜1929年8月28日)は、江戸時代後期の浄瑠璃三味線方の名手である。本名は三輪留治郎(みわ・とくじろう)。 鶴沢蟻鳳は、1849年5月23日、江戸・牛込に生まれる。父は浄瑠璃三味線方の鶴沢蟻雀(つるざわ・ぎじゃく)。幼少より父に浄瑠璃三味線を学び、1864年に初舞台を踏む。1870年に2代目鶴沢蟻鳳を襲名。 鶴沢蟻鳳は、明治時代を代表する浄瑠璃三味線方の名手で、その演奏は「鶴沢流」と呼ばれ、現在に至るまで浄瑠璃の演奏に大きな影響を与えている。また、作曲家としても活躍し、多くの浄瑠璃の作曲を手掛けた。 1897年には、帝劇(現在の帝国劇場)のこけら落とし公演に出演。1903年には、文部省主催の音楽会に出演し、宮内省御用掛に任命された。 1929年8月28日、東京で死去。享年81。 鶴沢蟻鳳は、浄瑠璃三味線の演奏技術の向上に努め、浄瑠璃の普及に貢献した人物である。その演奏は、繊細かつ力強く、聴衆を魅了したと言われている。また、作曲家としても活躍し、多くの浄瑠璃の作曲を手掛けた。鶴沢蟻鳳の死後、その演奏技術は弟子たちによって受け継がれ、現在に至るまで浄瑠璃の演奏に大きな影響を与え続けている。
エンターテインメント

喜志喜太夫 – 江戸時代前期の能役者

喜志喜太夫の生涯 喜志喜太夫は、江戸時代前期に活躍した能役者である。生没年は不詳であるが、1603年に生まれたと推定されている。能楽の流派である「喜志流」の創始者であり、その芸は「天下第一」と称賛されたと言われている。 喜志喜太夫は、大和国(現在の奈良県)に生まれた。幼少期から能楽を学び、16歳で初舞台を踏んだと言われている。その後、京都、大阪、江戸など各地を巡業して、その芸を披露した。1633年には、江戸城で将軍徳川家光の前で演能を行い、その芸を大いに賞賛されたという。 喜志喜太夫は、能楽において、優れた演技力と謡曲の美声で知られていた。特に、シテ方(主役)として演じた「石橋」「葵上」「野守」「隅田川」などの演目は、その芸の最高峰として称賛された。また、喜志喜太夫は、能楽の指導者として、多くの弟子を育成し、喜志流の芸を後世に伝えた。 喜志喜太夫は、1662年に亡くなったと推定されている。享年60歳。喜志喜太夫の死後、喜志流は衰退したが、その後、19世紀初めに復興し、現在に至っている。
作家

福田寵松軒

-福田寵松軒の概要- 福田寵松軒(ふくだ ちょうしょうけん、1890年(明治23年)3月22日 - 1952年(昭和27年)12月13日)は、日本の政治家、自由民主党随一の保守派・党人派政治家。 秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市)出身。早稲田大学政治経済学部卒業。大日本生産党、日本進歩党、昭和会、日本協同党、翼賛政治体制協議会、大日本政治会を経て、戦後は日本自由党幹事長、自由民主党副総裁を歴任した。 福田寵松軒は、1890年3月22日に秋田県仙北郡角館町(現在の仙北市)で、福田弥一、ならの長男として生まれた。1915年、早稲田大学政治経済学部を卒業し、大日本生産党に入党。1920年、衆議院議員に当選し、1942年まで連続当選12回を果たした。 1946年、日本自由党に入党し、幹事長に就任。1947年、自由民主党を結成し、副総裁に就任した。1952年、総裁に立候補したが、吉田茂に敗れた。同年12月13日、心臓麻痺のため死去した。 福田寵松軒は、戦前には大日本生産党、日本進歩党、昭和会、日本協同党、翼賛政治体制協議会、大日本政治会で活躍した。戦後は日本自由党幹事長、自由民主党副総裁を歴任し、保守派の代表的な政治家として知られた。
作家

– 桃李園栗窓 (1756-? 江戸時代中期-後期の狂歌師)

桃李園栗窓の人物像 桃李園栗窓は、江戸時代中期から後期にかけて活躍した狂歌師です。狂歌とは、当時の風俗や社会情勢を風刺した庶民の間で流行した詩歌のことです。栗窓は、狂歌の普及に貢献した人物として知られています。 栗窓の生年は不明ですが、享保年間(1716~1736)に生まれたと推定されています。名は景孝、通称は彦太郎。号は桃李園栗窓のほか、三荷亭栗窓、栗園と号しました。江戸の町人家庭に生まれ、幼少期から狂歌を好みました。 栗窓は、狂歌を詠むだけでなく、狂歌の会を主催したり、狂歌集を出版したりするなど、狂歌の普及に努めました。また、狂歌師同士の交流を深めるために、狂歌会を結成したり、狂歌雑誌を発行したりしました。 栗窓は、狂歌師としてだけでなく、戯作者としても活躍しました。戯作とは、江戸時代後期に流行した、滑稽な内容の小説のことです。栗窓は、戯作を多く執筆し、当時の庶民の間で人気を博しました。 栗窓は、狂歌と戯作を通して、江戸時代の庶民の生活や風俗を伝える役割を果たしました。栗窓の作品は、当時の庶民の生活や風俗を知る上で貴重な資料となっています。 栗窓は、文化文政の頃(1804~1830)に亡くなったと推定されていますが、没年は不明です。しかし、栗窓の作品は現在でも多くの人々に親しまれており、その功績は今も語り継がれています。
作家

佐々木魯庵 – 江戸時代中期の漢詩人

-生涯と経歴- 佐々木魯庵は、江戸時代中期の漢詩人。名は成章、字は伯儀、号は魯庵。1691年(元禄4年)に江戸に生まれ、1753年(宝暦3年)に没した。 魯庵は、幼い頃から漢籍を学び、19歳の時に『魯庵詩集』を刊行して名を上げた。その後、幕府の儒官に任命され、漢詩や儒学の教授に当たった。また、多くの著作を残し、日本の漢詩の発展に貢献した。 魯庵の漢詩は、清雅で淡泊な作風が特徴である。また、儒教の精神を詩に込め、世の中を正そうとする姿勢がうかがえる。魯庵の詩は、多くの人々に読まれ、愛された。 魯庵は、1753年(宝暦3年)に63歳で没した。魯庵の墓は、東京都文京区の吉祥寺にある。 魯庵は、日本の漢詩の発展に大きな功績を残した詩人である。魯庵の詩は、今もなお多くの人々に愛されている。
研究者

儒学者・加古川周蔵の生涯と功績

播磨出身の思想家 加古川周蔵は、1865年(慶応元年)8月9日に、播磨国加古郡加古川町(現在の兵庫県加古川市)に生まれた。父は、加古川藩の儒者・加古川直蔵、母は、堀江氏である。周蔵は、幼い頃から聡明で学問を好んだ。10歳の時に、藩校の好古堂に入学し、儒学を学んだ。16歳の時に、藩主の命で江戸に遊学し、昌平黌に入学した。昌平黌では、朱子学を学び、頭角を現した。1886年(明治19年)に、昌平黌を卒業し、加古川藩に戻った。 周蔵は、加古川藩の儒官として、藩主の教育や藩政の改革に尽力した。また、私塾を開いて、多くの弟子を育てた。周蔵の弟子の中には、後に日本の思想界や政界で活躍する人物が多く輩出した。 1890年(明治23年)に、周蔵は、東京府尋常中学校の教諭に任命された。周蔵は、東京府尋常中学校で、倫理学や国語を教え、多くの生徒の教育に携わった。また、周蔵は、東京府尋常中学校の教員として、教育改革にも尽力した。 1900年(明治33年)に、周蔵は、東京帝国大学の教授に任命された。周蔵は、東京帝国大学で、倫理学や哲学を教え、多くの学生の教育に携わった。また、周蔵は、東京帝国大学の教授として、学術研究にも尽力した。 1927年(昭和2年)に、周蔵は、東京帝国大学を退官した。退官後は、私塾を開いて、弟子を育てたり、著述活動を行ったりした。周蔵は、1934年(昭和9年)7月24日に、東京で死去した。
作家

斎藤賀子-江戸時代前期の俳人

-斎藤賀子とは- 斎藤賀子(さいとうかこ)は、江戸時代前期の俳人です。1660年、信濃国埴科郡戸倉村(現・長野県千曲市戸倉)の庄屋・斎藤孫右衛門の娘として生まれました。1734年に亡くなりました。 賀子は、幼い頃から和歌に親しみ、17歳の時に江戸に上り、俳諧師・野坡(やば)の門下に入りました。野坡は、江戸俳壇の中心的俳人で、賀子は野坡から俳諧の基礎を学びました。 賀子は、1700年に野坡の死後、俳諧師として独立しました。賀子は、女性でありながら、男性俳人と肩を並べて活躍しました。賀子の句は、女性らしい繊細さと、男性的な力強さを兼ね備えた独特の作風で知られています。 賀子は、1734年に亡くなるまで、俳諧師として活躍し続けました。賀子の句は、多くの俳諧集に掲載され、後世の俳人に大きな影響を与えました。賀子は、江戸時代前期の俳諧を代表する俳人の一人です。
エンターテインメント

松本重巻-江戸時代歌舞伎役者の生涯と功績

松本重巻-歌舞伎の世界における足跡 1. 松本重巻の生い立ちと歌舞伎界への入門 松本重巻(1782-1858年)は、江戸時代中期の歌舞伎役者です。1782年に江戸に生まれ、本名は中村重助でした。幼少の頃より歌舞伎を好み、1795年に市川団蔵の門人として入門しました。 2. 若手時代と立役への転向 松本重巻は1800年に初舞台を踏み、1804年に「松本重巻」を襲名しました。若手時代は女形として活躍し、1811年に「若女形」の称号を授与されました。しかし、1820年代半ば頃から立役へと転向し、時代物や世話物の主人公役を数多く演じました。 3. 成熟期と名優としての活躍 松本重巻は1830年代に入ると、江戸の歌舞伎界でトップクラスの名優として活躍しました。その演技は、力強く華やかな「荒事」と、繊細で切ない「和事」を併せ持ったもので、観客を魅了しました。特に、『勧進帳』の弁慶、『義経千本桜』の平知盛、『仮名手本忠臣蔵』の大星由良之助などの役は、松本重巻の当たり役として知られています。 4. 歌舞伎界への貢献と晩年 松本重巻は、歌舞伎界への貢献も多大でした。1837年に劇場の運営や俳優の管理を行う「歌舞伎座世話人」に就任し、歌舞伎の興行を統括しました。また、1842年には俳優の養成機関である「守田座」を創設し、歌舞伎の伝統と技芸の継承に努めました。松本重巻は1858年に江戸で亡くなりましたが、その生涯は歌舞伎界に大きな足跡を残しました。
エンターテインメント

「嵐三右衛門(3代)」-江戸時代中期の歌舞伎役者

-嵐三右衛門(3代)の生涯- 初代嵐三右衛門が早世したため、三右衛門を名乗った役者が2代限りということもあって、嵐三右衛門(3代)は嵐三右衛門を襲名した役者の中では最も有名な役者となった。 嵐三右衛門(3代)は、1710年に京都で生まれた。父は中村又五郎の養子となった嵐三右衛門(2代)、母は藤生とされたが、江戸市中見聞録などでは多くの遊女がその母として挙げられるなど、母に関しては定かではなかった。 曾祖母が歌舞伎役者の嵐璃寛であったことから、幼い頃から河原崎座で子役として舞台を踏んでいたが、1717年に父が亡くなると、兄の嵐三右衛門(4代)の養子となり、家督を継いだ。 嵐三右衛門(3代)は、容姿端麗で声もよく、立役から女方までこなすオールラウンドプレイヤーとして人気を集めた。特に女方としての人気は高く、初代瀬川菊之丞と並ぶ名女方として評判になった。 また、嵐三右衛門(3代)は、役者としての才能だけでなく、経営者としても優れた才能を発揮した。1732年に中村座の座元になると、座の経営を合理化し、宣伝に力を入れるなどして、中村座を繁栄させた。 嵐三右衛門(3代)は、1756年に亡くなった。享年46。 嵐三右衛門(3代)は、その短い生涯の中で、歌舞伎界に大きな足跡を残した。その優れた演技と経営手腕は、後世の役者に大きな影響を与えた。
芸術家

寺沢昌次 – 江戸時代中期の浮世絵師

-生涯と作品- 寺沢昌次(1711-1792)は、江戸時代中期に活躍した浮世絵師です。名は長助、初名は万助。別号は松翁、采松亭。江戸に生まれ、岸駒の門下で日本画を学びました。その後、浮世絵師として活動を始め、肉筆浮世絵や錦絵などを制作しました。 寺沢昌次の作品は、美人画や役者絵、風景画など、幅広いジャンルを扱っています。特に、美人画では、女性の美しい姿を優雅に描き出すことに優れていました。また、役者絵では、歌舞伎役者の特徴をよく捉えた作品を残しています。 寺沢昌次の作品は、江戸時代の人々から高い人気を集めました。特に、美人画は、多くの浮世絵師に影響を与えました。また、役者絵も、歌舞伎ファンから愛されました。 寺沢昌次は、江戸時代中期を代表する浮世絵師の一人です。その作品は、今でも多くの人に親しまれています。 -代表作- * 「見立八橋姿見(みつたてやばしすがたみ)」 * 「当世美人揃(とうせいびじんぞろえ)」 * 「役者似顔絵(やくしゃにがおえ)」 * 「東海道五十三次之内(とうかいどうごじゅうさんつぎのうち)」 * 「名所江戸百景(めいしょえどひゃっけい)」 -関連する出来事- * 1721年寺沢昌次が江戸に生まれる。 * 1730年岸駒の門下に入る。 * 1740年浮世絵師として活動を開始する。 * 1760年美人画の傑作「見立八橋姿見」を制作する。 * 1770年役者絵の傑作「当世美人揃」を制作する。 * 1780年東海道五十三次之内を制作する。 * 1790年名所江戸百景を制作する。 * 1792年江戸で死去。
エンターテインメント

5代目市川団之助 – 歌舞伎役者の生涯

- 市川団之助の生い立ちと入門 市川団之助は、1864年(元治元年)10月18日に江戸浅草花川戸(現在の台東区浅草)で、四代目中村芝翫(のちの五代市川団蔵)の長男として生まれました。幼名は、栄之助。 1871年(明治4年)には、父・芝翫の養子となり、同年12月には、市村座で「助高屋(すけたかや)」の名で初舞台を踏みました。 1876年(明治9年)には、五代目市川団之助を襲名し、1883年(明治16年)には、歌舞伎座が完成すると、そこで公演を行いました。 団之助は、歌舞伎の四大名優の一人と評され、特に、荒事や豪快な役柄を得意としました。代表作には、 「勧進帳」の義経、「平家物語」の源義仲、「菅原伝授手習鑑」の菅原道真などがあります。 団之助は、1935年(昭和10年)12月28日に、肺結核のために亡くなりました。享年71。 団之助の死後、市川団之助の名跡は、彼の養子である六代目市川団之助が継承しました。
エンターテインメント

– 竹沢弥七(2代)

-竹沢弥七(2代)の生涯- 竹沢弥七(2代)は、江戸時代後期の浮世絵師です。本名は竹沢清三郎、通称は弥七郎。別号に蝶屋、杉風、杉花楼、杉花堂などがあります。 竹沢弥七(2代)は、天明元年(1781年)に江戸で生まれました。父親は竹沢弥七(初代)で、浮世絵師として活躍していました。弥七(2代)は父親から浮世絵の技法を学び、10代半ばで浮世絵師としてデビューしました。 弥七(2代)は、歌川国芳の門下生となり、国芳の画風を基に独自の画風を確立しました。弥七(2代)の作品は、美人画、役者絵、風景画など多岐にわたりますが、特に美人画に優れていました。弥七(2代)の美人画は、華やかさと繊細さを兼ね備えており、当時の浮世絵ファンから人気を博しました。 弥七(2代)は、安政6年(1859年)に江戸で亡くなりました。享年79歳でした。弥七(2代)は、浮世絵師として活躍した生涯を送りました。 -代表作- * 『東都名所尽』 * 『役者絵尽』 * 『美人合』 * 『風俗画尽』 * 『絵本百物語』 -画風- 弥七(2代)の画風は、歌川国芳の画風を基にしています。しかし、弥七(2代)は国芳の画風をそのまま受け継いだのではなく、独自の画風を確立しました。 弥七(2代)の画風の特色は、華やかさと繊細さです。弥七(2代)の作品は、鮮やかな色彩と細やかな描写が特徴です。また、弥七(2代)は、人物の表情や仕草を巧みに捉えることができました。 弥七(2代)の画風は、当時の浮世絵ファンから人気を博しました。弥七(2代)の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。
作家

「荒木蘭皐」

「荒木蘭皐の生涯と功績」 荒木蘭皐(あらき らんこう)は、江戸時代後期の京都の浮世絵師、蘭学者です。 蘭皐は、京都で生まれ、幼い頃から絵を学びました。後に、江戸に出て、葛飾北斎に師事しました。北斎のもとで、浮世絵の技術を学び、また、蘭学にも興味を持ちました。 蘭皐は、浮世絵師として、多くの作品を残しました。その作品は、風景画、美人画、武者絵など、様々なジャンルにわたります。蘭皐の作品は、その写実的な描写と、繊細な色彩で知られています。 蘭皐は、浮世絵師としてだけではなく、蘭学者としても知られています。蘭皐は、西洋の医学や科学書を翻訳し、日本に紹介しました。蘭皐の翻訳書は、日本の近代化に大きな影響を与えました。 蘭皐は、1838年に52歳で亡くなりました。しかし、その作品と翻訳書は、現在でも高く評価されています。蘭皐は、日本の浮世絵と蘭学の発展に大きな貢献をした人物です。