大垣藩

歴史上の偉人

戸田三弥-江戸時代後期の武士

- 安政2年の藩政改革 戸田三弥は、安政2年(1855年)に藩政改革を実施しました。この改革は、藩財政の再建と藩政の刷新を目的としたものでした。 まずは、藩財政の再建のために、贅沢品の禁止や経費の削減などの緊縮財政を実施しました。また、藩の収入を増やすために、新規事業の奨励や藩札の発行などの殖産興業政策を推進しました。 藩政の刷新では、従来の世襲制を廃止し、能力主義による登用制度を導入しました。また、藩校を設置して藩士の教育を充実させ、藩士の士気向上を図りました。加えて、藩の法度を改正し、藩士の規律を厳格化しました。 これらの改革により、藩財政の再建と藩政の刷新が図られ、藩の体制が強化されました。また、藩士の士気向上や教育の充実により、藩の文化が向上しました。
研究者

馬島円如 – 江戸時代後期の眼科医

-馬島円如の生涯と功績- 馬島円如(ばじまえんにょ)は、江戸時代後期の眼科医です。1783年(天明3年)に江戸で生まれ、1853年(嘉永6年)に亡くなりました。 円如は、幼い頃から眼科に興味を持ち、15歳で眼科医の門下生となりました。20歳で開業し、その優れた技術で評判を呼びました。円如は、眼科医としての技術だけでなく、眼科に関する多くの著作も残しています。その中には、「眼科必読」「眼科大成」などがあります。これらの著作は、後の眼科医たちに大きな影響を与えました。 円如は、眼科医としてだけでなく、教育者としても活躍しました。1833年(天保4年)に、江戸に眼科の学校を開設しました。この学校は、眼科医を養成するための機関として、大きな役割を果たしました。 円如の功績は、眼科医としての技術だけでなく、眼科に関する著作や教育活動など、多岐にわたっています。円如は、日本の眼科医学の発展に大きな貢献をした人物です。 円如の生涯と功績をまとめると、以下のようになります。 * 1783年(天明3年)に江戸で生まれる。 * 15歳で眼科医の門下生となる。 * 20歳で開業する。 * 1833年(天保4年)に江戸に眼科の学校を開設する。 * 1853年(嘉永6年)に亡くなる。 円如は、眼科医としてだけでなく、教育者としても活躍し、日本の眼科医学の発展に大きな貢献をしました。
歴史上の偉人

小原鉄心-

-小原鉄心の生涯- 小原鉄心は、1867年(慶応3年)10月17日に、岐阜県飛騨国吉城郡船津町(現在の高山市)に生まれました。 1883年(明治16年)に、東京大学予備門に入学し、1887年(明治20年)に東京大学物理学科を卒業しました。 1888年(明治21年)に、東京帝国大学の講師となり、1890年(明治23年)に、東京帝国大学の助教授となりました。 1893年(明治26年)に、東京帝国大学の教授となり、1901年(明治34年)に、東京帝国大学の総長になりました。 1906年(明治39年)に、東京帝国大学を退職し、貴族院議員となりました。 1911年(明治44年)に、日本学士院の会員となりました。 1921年(大正10年)に、文化勲章を受章しました。 1927年(昭和2年)3月22日に、東京府南多摩郡下布田町(現在の東京都狛江市)で亡くなりました。 小原鉄心は、日本の物理学者、教育者、政治家で、日本の近代物理学の基礎を築いた人物の一人です。 東京帝国大学の総長を務め、日本の教育界に大きな貢献をしました。 また、貴族院議員を務め、日本の政治界にも大きな影響を与えました。
作家

「宮崎荊口」

-「宮崎荊口」大垣藩士で俳人- -宮崎荊口とは- 宮崎荊口(1637-1722)は、江戸時代前期から中期の大垣藩士で俳人です。俳諧師としては「楚人」の号を持ち、京都蕉門の俳人として活躍しました。 -略歴- 荊口は、1637年に尾張国海部郡(現在の愛知県海部郡)に生まれました。幼名は藤八郎、のちに内蔵介と改めます。1662年に大垣藩主戸田氏鉄に仕え、藩士となります。 俳諧は、おそらく大垣藩に仕えていた頃に始められました。京都蕉門の俳人である服部嵐雪に師事し、俳諧師としては「楚人」と号すようになりました。荊口の俳風は、蕉風を基本としながら、独自の境地を拓いたもので、その作品は「荊口風」と呼ばれるようになりました。 荊口は、1722年に86歳で死去しました。墓所は、岐阜県大垣市にある了徳寺にあります。 -作品- 荊口の作品は、蕉風を基本としながらも、独自の境地を拓いたもので、その作品は「荊口風」と呼ばれました。荊口の俳句は、自然の美を詠んだものが多く、その作品は庶民にも受け入れられました。 荊口の代表的な俳句に、次のものがあります。 * 「梅が香に酔うてころぶや石の上」 * 「夕されば郭公啼くや垣のねも」 * 「春は花 夏ほととぎす 秋は月」 -荊口の功績- 荊口は、京都蕉門の俳人として活躍し、蕉風を大垣に広めました。また、大垣に俳諧文化を根付かせ、大垣を俳諧の町にしました。 荊口の功績は、今日でも大垣市で受け継がれています。大垣市には、荊口の功績を顕彰する「荊口忌」という俳句大会が毎年開催されています。また、大垣市には荊口の俳句を展示する「荊口記念館」もあります。
歴史上の偉人

「清水平七」

-「温故焼の祖」- 清水平七は、江戸時代後期に活躍した陶芸家です。備前焼を復興した功績で知られており、「温故焼の祖」と呼ばれています。 清水平七は、1734年に備前国邑久郡下新庄村(現在の岡山県倉敷市児島下)に生まれました。幼名は七蔵。16歳の時に備前焼の窯元である伊部村(現在の岡山県備前市伊部)に移り住み、陶芸の修業を始めました。 清水平七は、備前焼の伝統的な技法を学びながら、独自の工夫も凝らしました。特に、鉄分を多く含む土を使い、高温で焼いた「黒備前」と呼ばれる作品を制作しました。この黒備前は、独特の光沢と力強さがあり、備前焼の代表的な作品として知られています。 清水平七は、1804年に69歳で亡くなりましたが、彼の功績は弟子たちによって受け継がれました。特に、高弟である山本陶秀(1769-1838)は、備前焼の発展に大きく貢献し、「備前焼の父」と呼ばれています。 清水平七の作品は、現在でも多くの美術館や博物館に所蔵されています。また、彼の功績を称えて、岡山県倉敷市には「清水平七記念館」が建てられています。 清水平七は、備前焼の復興に貢献した偉大な陶芸家です。彼の作品は、現在でも多くの人々に愛されています。
研究者

井田澹泊 – 江戸時代後期の儒学者

-朱子学から折衷学へ- 井田澹泊は、朱子学を基盤としつつも、儒教以外の思想や学問も取り入れた折衷学を唱えました。折衷学とは、異なる思想や学問を折衷して、新しい学問体系を構築しようとするものです。澹泊は、朱子学の合理主義と厳格な道徳観を重んじつつも、仏教の慈悲の精神や、老荘思想の自然主義も取り入れました。また、西洋の天文学や数学も学び、それらを儒教の思想と融合させました。 澹泊が折衷学を唱えた背景には、江戸時代後期の社会情勢があります。江戸時代後期は、朱子学が公的に支持された時代でしたが、朱子学の厳格な道徳観が人々を窮屈に感じさせるようになっていました。また、西洋の知識が流入し、それまで信じられてきた儒教的世界観が揺らぎ始めていました。澹泊は、こうした状況の中で、朱子学を基盤としつつも、他の思想や学問を取り入れた新しい学問体系を構築することで、人々の心のよりどころとなることを目指したのです。 澹泊の折衷学は、多くの人々に受け入れられました。その理由は、澹泊の折衷学が、朱子学の合理主義と厳格な道徳観を重んじつつも、仏教の慈悲の精神や、老荘思想の自然主義も取り入れていたからです。澹泊の折衷学は、人々に、より自由な生き方を可能にする思想を提供しました。
歴史上の偉人

知られざる大名、戸田氏信

幕府に仕え、領地を拡大した戸田氏信 戸田氏信は、室町時代末期から安土桃山時代にかけての武将です。 甲斐国守護武田信玄の弟、武田信繁の次男として生まれ、戸田氏繁と名乗りました。 幼少期から武芸に秀でており、15歳の時に武田信玄に仕えました。 信濃国の上田城を任され、毛利氏や上杉氏と戦って武功をあげました。 1573年、武田信玄が没すると、武田氏の内紛が起こりました。 氏信は、武田勝頼に仕えましたが、1582年に織田信長の軍勢が甲斐国に侵攻してくると、武田勝頼を裏切って織田信長に降伏しました。 信長は、氏信に相模国を与え、相模国北条氏と戦わせました。 氏信は、北条氏を降伏させ、相模国を平定しました。 1584年、羽柴秀吉が賤ケ岳の戦いで柴田勝家を破ると、氏信は秀吉に仕えました。 秀吉は、氏信に飛騨国を与え、飛騨国高山城を築かせました。 しかし、氏信は、高山城が完成する前に、病死してしまいました。 氏信は、武田氏の内紛に乗じて領地を拡大した武将であり、織田信長や羽柴秀吉に仕えて武功をあげました。 氏信は、勇猛果敢な武将であり、戦国時代の武人として名を残しています。
歴史上の偉人

戸田氏西 – 江戸時代前期の大名

-戸田氏西の生涯- 戸田氏西は、江戸時代前期の大名である。豊臣秀吉の近習として仕え、関ヶ原の戦いでは東軍に属した。戦後、信濃国松本藩主となり、後に信濃国高島藩主となった。 戸田氏西は、天正10年(1582年)に摂津国三田で生まれた。父は戸田氏正、母は松平家康の乳母であるお万の方である。秀吉の近習として仕え、文禄2年(1593年)に朝鮮出兵に従軍。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは東軍に属し、福島正則の軍勢と戦った。 戦後、氏西は信濃国松本藩主となり、1万石を与えられた。その後、信濃国高島藩主となり、1万2千石を与えられた。氏西は、高島藩主として、領内の開発や産業の振興に努めた。また、松代藩主・真田信之の娘・阿亀を正室に迎えた。 寛永12年(1635年)、氏西は死去した。享年54。跡を長男の氏信が継いだ。 氏西は、武勇に優れ、また、政治手腕にも長けた大名であった。領内の開発や産業の振興に努め、藩政を安定させた。また、松代藩主・真田信之の娘・阿亀を正室に迎えるなど、大名間の婚姻政策を積極的に推進し、藩の勢力を拡大した。 氏西の死後、戸田氏は高島藩主として代々続いた。明治維新まで、戸田氏は高島藩主を務めた。
歴史上の偉人

石川忠総:大久保忠隣次男にして江戸時代前期の大名

石川忠総の生い立ちと家康との出会い 石川忠総は、明智光秀による本能寺の変ののち、播磨まで侵攻してきていた毛利輝元に備えるべく、織田信長の命令で毛利の背後に位置する山陰出雲・伯耆を平定するべく大久保忠隣が派遣され、安濃津から出港した際に海上暴風雨に遭い、伯耆国御宿の浜(現境港市)に漂着して出生したとされます。 幼名は鎌之助、のちに徳川家康より拝領した偏諱により忠総と称します。忠総の母は本多平八郎忠勝の娘の久能殿とされます。 大久保忠隣が毛利と戦い、忠総2歳の時に討死したため、徳川家康に預けられて養育されることとなり、家康の三河国模範牧場(牛馬牧場)にて、子飼いの牛馬番として育てられました。また、祖父の大久保忠教の跡を継いで、駿河国田中城一万石の城主となりました。 慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、東軍に味方して戦い、功績を挙げます。そして、戦後には、近江国膳所城城主として、10万石の所領を安堵されます。また、家康の信任を得て、大老となった大久保忠隣と同様、忠総も老中として幕政に参与するようになりました。 忠総は、徳川家康の信任を得て、江戸幕府草創期の政治に大きな影響力を持ちました。そして、慶長19年(1614年)に、従四位下侍従に昇進し、越後国村上藩主として移封されます。そして、忠総は、村上藩主として藩政に力を尽くし、産業振興や領内の道路整備などを行い、藩の経済発展に貢献しました。
歴史上の偉人

– 高岡夢堂

-高岡夢堂とは- 高岡夢堂は、大阪市中央区の高津宮に、1919年(大正8年)に設立された、お椀、盆、菓子皿、茶碗、急須、花瓶、菓子鉢など、漆器の製造・卸売販売及び漆器製造に関する技術指導や、漆器の修理・加工を行っている、株式会社です。 高岡夢堂の漆器は、伝統的な技術と現代的なデザインを融合させた、独創的なデザインが特徴です。また、漆器の製造・卸売販売を行うだけでなく、漆器製造に関する技術指導や、漆器の修理・加工も行っており、漆器をより身近に感じてもらうための取り組みを行っています。 高岡夢堂の漆器は、世界中の人々に愛されており、海外にも広く輸出されています。国内外で高い評価を得ている、高岡夢堂の漆器は、日本の伝統文化の素晴らしさを、世界に発信しています。
研究者

守屋峨眉-江戸時代中期の儒学者

守屋峨眉の生涯 守屋峨眉(もりのや がび、1702年(元禄15年)- 1773年(安永2年))は、江戸時代中期の儒学者である。字は君章、通称は弥左衛門。号は峨眉、柄雲、芙蓉園主人。 守屋峨眉は、1702年(元禄15年)、武蔵国八王子(現在の東京都八王子市)に生まれた。父は代官を務めていたが、峨眉が幼い頃に亡くなった。峨眉は、母と姉に育てられたが、経済的に困窮していた。 峨眉は、14歳の頃から儒学を学び始めた。初めは、近所の寺子屋に通ったが、17歳の時に江戸に出て、儒学者である伊藤仁斎の門下に入った。仁斎の門下で峨眉は、儒学の基礎を学んだ。 峨眉は、25歳の時に、江戸で塾を開いた。塾では、儒学を教えるだけでなく、書画の指導も行っていた。峨眉の塾は、すぐに評判となり、多くの門人が集まった。 峨眉は、50歳の時に、著書である『峨眉集』を出版した。『峨眉集』は、峨眉の儒学の思想をまとめたもので、当時の儒学界に大きな影響を与えた。 峨眉は、1773年(安永2年)、72歳で亡くなった。峨眉の墓は、東京都八王子市の西光寺にある。 峨眉は、江戸時代中期の儒学を代表する学者の一人である。峨眉の儒学は、仁斎の思想を継承したもので、実践的な儒学を目指していた。峨眉の儒学は、当時の社会に大きな影響を与え、多くの人々に尊敬されていた。
歴史上の偉人

戸田氏共 – 明治時代の政治家

-幕末から明治維新期における戸田氏共の活躍- 戸田氏共は、幕末から明治維新期の政治家であり、明治維新後は初代大蔵卿を務めた。戊辰戦争では、新政府軍の総督として東北地方を転戦し、会津藩を降伏させた。 幕末期、戸田氏は幕府の老中に任命される。彼は、開国と富国強兵を推進し、薩摩藩や長州藩との関係改善にも尽力した。しかし、幕府の瓦解とともに失脚し、新政府軍に投降した。 明治維新後は、初代大蔵卿に任命される。彼は、財政改革を断行し、近代的な税制や通貨制度を整備した。また、殖産興業政策を推進し、日本の近代化に貢献した。 戊辰戦争では、新政府軍の総督として東北地方を転戦する。彼は、会津藩の降伏を受け入れ、東北地方を平定した。 戸田氏は、明治維新後も大蔵卿や元老院議長などの要職を歴任し、日本の近代化に貢献した。1886年、73歳で死去した。 戸田氏は、幕末から明治維新期に活躍した政治家である。彼は、開国と富国強兵を推進し、戊辰戦争では新政府軍の総督として東北地方を平定した。また、初代大蔵卿として財政改革を断行し、日本の近代化に貢献した。
歴史上の偉人

岡部宣勝 – 江戸時代前期の大名

-岡部宣勝の生涯- 岡部宣勝は、江戸時代前期の大名。甲斐国都留郡谷村藩の初代藩主。 宣勝は、徳川家康の側近として活躍した岡部正綱の三男として生まれた。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣に参陣した功績により、甲斐国都留郡谷村に1万石を与えられて大名に取り立てられた。 宣勝は、藩政に優れた手腕を発揮し、領内の開発に努めた。また、学問を奨励し、藩校である「谷村藩校」を創設した。 寛永12年(1635年)、宣勝は52歳で死去した。家督は長男の宣貞が継いだ。 宣勝は、江戸時代初期の大名として、領内の開発や学問の奨励に貢献した。
研究者

– 河合盛温 – 幕末から明治時代の和算家

-河合盛温の生涯- 河合盛温は、幕末から明治時代の和算家です。1817年に近江国(現在の滋賀県)に生まれ、1895年に東京で亡くなりました。 盛温は、幼い頃から数学に秀でており、15歳の時に江戸に出て、和算家である関孝和の塾に入門しました。盛温は、孝和から和算の基礎を学び、その後、独学で和算を研究しました。 盛温は、和算の分野で多くの業績を残しました。特に、1852年に出版した『算法正例』は、和算の教科書として広く使用され、和算の発展に貢献しました。 また、盛温は、和算だけでなく、洋算にも精通しており、1868年に出版した『代数学正例』は、洋算の教科書として広く使用されました。 盛温は、和算と洋算の両分野で活躍した、幕末から明治時代の代表的な数学者です。 盛温の生涯は、大きく分けて3つの時期に分けることができます。 1. 江戸時代(1817年~1868年) 2. 明治維新後(1868年~1885年) 3. 晩年(1885年~1895年) 江戸時代には、和算家として活躍し、多くの業績を残しました。明治維新後は、政府の要職に就き、近代日本の数学教育の発展に貢献しました。晩年には、数学の研究を続け、多くの著作を発表しました。 盛温は、和算と洋算の両分野で活躍した、幕末から明治時代の代表的な数学者です。その業績は、近代日本の数学教育の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

 本多助賢

-本多助賢の生涯- 本多助賢は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将です。徳川家康の家臣として仕え、数々の戦いで活躍しました。 助賢は、永禄9年(1566年)に三河国で生まれました。幼名は市松丸といい、のちに助賢と改名しました。助賢は、幼い頃から武芸に優れており、家康の目に留まりました。天正12年(1584年)、助賢は家康の小姓となり、その後、旗本として仕えました。助賢は、天正18年(1590年)の小田原征伐に参加し、武功を挙げました。 文禄元年(1592年)、助賢は朝鮮出兵に従軍します。助賢は、露梁海戦で活躍し、李舜臣率いる朝鮮水軍を破りました。助賢は、文禄4年(1596年)に帰国し、家康から褒賞を受けました。 慶長5年(1600年)、助賢は関ヶ原の戦いに従軍します。助賢は、井伊直政率いる赤備えの一員として、西軍の島津義弘と戦いました。助賢は、この戦いで武功を挙げ、家康から感状を受けました。 関ヶ原の戦いの後、助賢は家康の側近として仕えました。助賢は、家康の命を受けて、各地の城普請や検地などの任務を務めました。助賢は、元和3年(1617年)に死去しました。享年52歳でした。 助賢は、武勇に優れ、家康の信頼が厚い武将でした。助賢は、家康の天下統一に貢献し、徳川幕府の礎を築きました。
作家

漢詩人 山田鼎石の

-山田鼎石の- -山田鼎石の生涯と人物像- 山田鼎石は、1770年(明和7年)に、三河国碧海郡高浜村(現在の愛知県高浜市)に生まれた。本名は寿太郎、字は子振、通称は左衛門。晩年は鼎石と号した。 鼎石は、幼少期から儒学を学び、15歳の時に江戸に出て、儒学者である古賀精里に師事した。その後、京都に遊学し、詩文を学び、平賀元義、浅井了意、大窪詩仏らと親交を深めた。 28歳の時に、鼎石は故郷に戻り、私塾を開いて子弟を教育した。また、詩文を創作し、1804年(文化元年)に詩集『鼎石集』を刊行した。 1811年(文化8年)には、江戸に出て、昌平坂学問所に学び、翌年には藩主である松平信明の侍講となった。1816年(文化13年)には、儒官となり、1823年(文政6年)には、江戸城の紅葉山文庫の修史官となった。 鼎石は、儒学者としてだけでなく、詩人としても活躍し、多くの詩文を残した。その詩文は、清新で豪快な作風で知られ、多くの文人墨客に愛好された。 鼎石は、1840年(天保11年)に71歳で死去した。 鼎石は、詩人としてだけでなく、儒学者としても活躍し、多くの弟子を育て上げた。その門下からは、高野長英、渡辺崋山、吉田松陰ら、幕末の志士と呼ばれる人物を輩出した。 鼎石は、幕末の思想界に大きな影響を与えた人物であり、その生涯と人物像は、幕末史研究において重要な位置を占めている。
歴史上の偉人

織豊~徳川の武将・大久保忠為の生涯

- 大久保忠為の生涯 大久保忠為(おおくぼただため)は、織豊時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将・大名です。豊臣秀吉に仕えて頭角を現し、徳川家康の時代にも重用されました。 -# 豊臣秀吉に仕える 大久保忠為は、1544年に三河国(現在の愛知県)で生まれました。父は大久保忠員、母は織田信長の妹である織田信定の娘です。忠為は、幼い頃から武芸に秀でており、15歳の時に豊臣秀吉に仕官しました。 秀吉に仕えた忠為は、賤ヶ岳の戦いや九州平定など、数々の戦いで活躍します。また、行政手腕にも優れており、豊臣政権下で五大老の1人に任命されました。 -# 徳川家康に仕える 1600年の関ヶ原の戦いでは、忠為は徳川家康方に味方しました。戦後、忠為は家康から伊予国(現在の愛媛県)松山藩20万石を与えられました。 家康に仕えた忠為は、江戸幕府の初代老中として活躍しました。また、大阪夏の陣では、徳川軍の総大将を務め、豊臣氏を滅ぼしたことで知られています。 -# 死去 忠為は、1613年に死去しました。享年70歳でした。忠為の死後、松山藩は大久保忠隣が継ぎました。 -# 大久保忠為の人物像 大久保忠為は、武勇に優れ、行政手腕にも優れた武将でした。また、家康に忠義を尽くし、江戸幕府の安定に貢献した人物としても知られています。
歴史上の偉人

江戸時代後期の蘭方医-江馬松斎

江馬松斎の生涯 江馬松斎は、江戸時代後期の蘭方医である。1788年(天明8年)に肥前国島原(現在の長崎県島原市)に生まれた。幼名は庄太郎、のちに良才と改名した。1811年(文化8年)、長崎に遊学し、蘭方医・シーボルトに師事した。シーボルトの帰国後も、その教えを貫き、日本の近代医学の発展に貢献した。 1823年(文政6年)、松斎は長崎から江戸に移住した。そして、本所(現在の東京都墨田区)に蘭学塾を開いた。この塾は「青蓮社」と呼ばれ、多くの蘭方医を輩出した。1832年(天保3年)、松斎は幕府の医官に任命され、日本の近代医学の基礎を築いた。 1845年(弘化2年)、松斎は「日本外史」を刊行した。これは、日本の歴史を初めて西洋の史観で著したもので、日本の近代史学の発展に大きな影響を与えた。1861年(文久元年)、松斎は「日本通史」を刊行した。これは、「日本外史」の続編であり、日本の近代史学の発展にさらに大きな影響を与えた。 1863年(文久3年)、松斎は「医学提綱」を刊行した。これは、西洋医学の基礎を日本語で解説したもので、日本の近代医学の発展に大きな影響を与えた。1866年(慶応2年)、松斎は「医学入門」を刊行した。これは、「医学提綱」の続編であり、日本の近代医学の発展にさらに大きな影響を与えた。 1868年(明治元年)、松斎は明治政府の医官に任命され、日本の近代医学の基礎を築いた。1872年(明治5年)、松斎は「医学通論」を刊行した。これは、西洋医学の基礎をさらに詳しく解説したもので、日本の近代医学の発展にさらに大きな影響を与えた。1873年(明治6年)、松斎は東京大学の教授に任命され、日本の近代医学の発展にさらに大きな影響を与えた。 1876年(明治9年)、松斎は79歳で亡くなった。松斎は、日本の近代医学の発展に大きな貢献をした偉大な蘭方医である。
歴史上の偉人

「単伝文清」

- 「単伝文清」の生い立ちと経歴 「単伝文清」は、中国の清朝末期から民国初頭にかけて活動した画人で、主に山水画を制作した。1864年、安徽省宣城市に生まれた。「単伝文清」という名は、本名の「文清」に、号である「単伝」を冠したものである。 「単伝文清」は、幼い頃から絵を描くことを好んでおり、10代の頃には、地元の画家である「黄賓虹」に師事した。「黄賓虹」は、中国の近代山水画の巨匠であり、「単伝文清」は、その画風を受け継ぎ、独自の画風を確立していった。 「単伝文清」は、1900年頃には、上海に移住し、画家の仲間たちと交流を深めた。1910年には、中国各地を旅行し、各地の風景を写生した。この旅行は、「単伝文清」の画風に大きな影響を与え、彼の画風は、より雄大でスケールの大きなものへと変化していった。 1920年代には、「単伝文清」は、中国の画壇で活躍し、多くの作品を発表した。1928年には、上海で個展を開催し、大成功を収めた。1930年代には、日本やヨーロッパを旅行し、西洋の美術を学んだ。 1940年代には、「単伝文清」は、中国の抗日戦争に参加し、多くの作品を制作した。1949年、中華人民共和国が建国されると、「単伝文清」は、中国美術家協会の会員に選ばれた。1953年には、北京に移住し、中国画院の画師となった。 「単伝文清」は、1957年に北京で亡くなった。享年93歳。彼の作品は、中国国内外で高い評価を受けており、多くの美術館や博物館に収蔵されている。
歴史上の偉人

– 佐藤由理子

- 佐藤由理子の生涯 佐藤由理子は、1969年(昭和44年)1月17日に東京都に生まれた。父は政治家で、佐藤栄作元首相の孫に当たる。母は元歌手で、牧村真知子の長女である。 由理子は幼い頃から父から政治の英才教育を受けて育った。慶應義塾幼稚舎、慶應義塾中等部、慶應義塾女子高等学校を経て、慶應義塾大学法学部法律学科に入学。在学中は、父の後援会組織である「由進会」の会長を務め、政治活動に精を出した。 大学卒業後は、父の下で秘書を務めながら、政治家としての修業を積んだ。1996年(平成8年)、第41回衆議院議員総選挙に、父の地盤である埼玉4区から立候補し、初当選を果たした。 由理子は、当選後は自民党の若手議員として活躍。2001年(平成13年)、第2次森改造内閣で総務副大臣に就任し、2003年(平成15年)、第1次小泉第2次改造内閣で防衛庁長官に就任。女性として初めての長官職に就いた。 2005年(平成17年)、郵政民営化法案の審議をめぐって、自民党を離党。同年9月、郵政民営化推進を目指す保守系の新党「国民新党」を設立し、その代表に就任した。 国民新党は、2005年(平成17年)の第44回衆議院議員総選挙で9議席を獲得し、第3党に躍進。由理子は、新党代表として、内閣総理大臣の指名を受けた。しかし、野党の支持を得られず、組閣には至らなかった。 2007年(平成19年)、国民新党は自民党に合流。由理子も自民党に復党し、安倍晋三内閣で内閣総理大臣補佐官に就任した。 2009年(平成21年)、第45回衆議院議員総選挙で落選。政界を引退した。 由理子は、2023年(令和5年)1月17日に、54歳の若さで死去した。
歴史上の偉人

「伊藤伝右衛門(1)」

-大垣藩の郡奉行として活躍- 伊藤伝右衛門は、寛永11年(1634年)に、尾張国愛知郡鳴海(現在の愛知県名古屋市緑区鳴海町)に生まれた。父は伊藤伝兵衛、母は加納氏。伝右衛門は、幼少の頃から聡明で活発な子供であったという。 伝右衛門は、18歳の時に大垣藩の藩士となる。大垣藩は、尾張国南部に位置する藩で、藩主は戸田氏であった。伝右衛門は、藩主戸田氏に仕え、郡奉行として藩内の行政を担当した。 郡奉行は、藩内で最も重要な役職の一つであり、伝右衛門は、藩政改革や新田開発など、藩内のさまざまな事業に携わった。また、伝右衛門は、藩主戸田氏の命を受けて、江戸幕府の勘定奉行を務めたこともある。 伝右衛門は、藩政改革や新田開発など、藩内のさまざまな事業に尽力し、大垣藩の発展に貢献した。また、伝右衛門は、江戸幕府の勘定奉行を務めたこともあり、幕府の財政にも貢献した。 伝右衛門は、宝永7年(1710年)に、77歳で死去した。