大島左源太

芸能分野の人

大島嘉十郎 – 江戸時代中期の歌舞伎役者

- 道外方の名手として活躍 大島嘉十郎は、道外方を最も得意とした役者の一人として知られています。道外方とは、江戸時代の歌舞伎で、歌舞伎十八番の一つである「勧進帳」に登場する熊谷次郎直実の家来である道外記直行を演じる役のことです。道外方は、主に二枚目役を演じる役者によって演じられますが、嘉十郎は立役として道外方を演じ、その演技は多くの人から絶賛されました。 嘉十郎の道外方の演技は、主に三つの特徴がありました。一つは、その華やかな衣装と化粧です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、豪奢な着物や頭飾りなどを身に着けており、その姿は観客の目を引きました。二つ目は、その豪快な立ち回りです。嘉十郎は、道外方を演じる際には、切れ味鋭い刀捌きを披露しており、その立ち回りには迫力がありました。三つ目は、その繊細な演技です。嘉十郎は、道外方を演じる際には、その内心の葛藤を繊細に表現しており、その演技には深みがありました。 嘉十郎の道外方の演技は、多くの観客から絶賛され、嘉十郎は江戸時代中期の歌舞伎界を代表する役者の一人となりました。嘉十郎の道外方の演技は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれており、その伝統は今もなお続いています。