大正文学

作家

「薄田泣菫」

薄田泣菫の生涯と経歴 薄田泣菫(うすだ きゅうきん、1877年2月17日 - 1949年3月18日)は、日本の小説家、詩人、評論家。本名、義一。 薄田泣菫は、1877年2月17日に石川県金沢市に生まれた。東京府尋常中学校(現・東京都立日比谷高等学校)を卒業後、早稲田大学に入学したが、文学を志して中退した。 1899年、与謝野鉄幹、石川啄木らとともに詩誌「明星」を創刊し、詩壇にデビューした。1900年には詩集「月に吠える」を発表し、詩人としての地位を確立した。 1906年、「白樺」の創刊に参加し、小説家としても活動を開始した。1909年には小説「塵埃」を発表し、文壇に認められた。 1914年、日本芸術院会員に選出された。1926年には詩集「月に吠える」が、読売文学賞を受賞した。 1935年、日本ペンクラブ会長に就任した。1949年3月18日、東京府世田谷区の自宅で死去した。享年72。 薄田泣菫は、日本の近代文学史を代表する詩人、小説家、評論家として知られている。詩では、象徴主義の手法を用いた幻想的な詩を多く書き、小説では、抒情的な作風が特徴である。評論では、日本の近代文学について多くの評論を執筆し、日本近代文学の発展に貢献した。
作家

– 「時任謙作」

-時任謙作の人物像と魅力- 時任謙作は、1965年5月13日生まれの日本の俳優です。東京都出身で、血液型はA型です。身長は178cm、体重は65kgです。 時任謙作は、1983年に映画『ションベン・ライダー』で俳優デビューしました。その後、映画『愛と死の境界線』『ブラック・レイン』『失楽園』などの作品に出演し、人気俳優の地位を確立しました。 時任謙作の魅力は、その端正な容姿と演技力の高さにあります。また、彼は映画だけでなくドラマや舞台でも活躍しており、その演技力には定評があります。 時任謙作は、私生活では2002年に女優の檀れいと結婚し、一児をもうけました。しかし、2019年に離婚を発表しました。 時任謙作は、これからも俳優として活躍していくことが期待されています。 -時任謙作の主な出演作品- * 映画 * 『ションベン・ライダー』(1983年) * 『愛と死の境界線』(1986年) * 『ブラック・レイン』(1989年) * 『失楽園』(1997年) * 『海猿 ウミザル』(2004年) * 『海猿 ウミザル2』(2006年) * 『海猿 ウミザル3』(2010年) * ドラマ * 『金曜日の妻たちへ』(1985年) * 『男女7人夏物語』(1986年) * 『愛さずにいられない』(1991年) * 『ロングバケーション』(1996年) * 『ビューティフルライフ』(2000年) * 『海猿 ウミザル』(2005年) * 『海猿 ウミザル2』(2007年) * 『海猿 ウミザル3』(2010年) * 舞台 * 『ハムレット』(1990年) * 『マクベス』(1993年) * 『ヴェニスの商人』(1995年) * 『オイディプス王』(1997年) * 『リア王』(2000年) * 『ハムレット』(2005年) * 『マクベス』(2007年) * 『ヴェニスの商人』(2010年)
作家

渡辺喜恵子:波乱の生涯を歩んだ作家

- 昭和-平成時代の小説家 渡辺喜恵子波乱の生涯を歩んだ作家 渡辺喜恵子は、1925年(大正14年)に東京に生まれた小説家です。幼少期から文学に親しみ、1947年(昭和22年)に「深淵」で作家デビューを果たしました。その後、1950年(昭和25年)に発表した「痴人の愛」が大ベストセラーとなり、一躍脚光を浴びるようになりました。 「痴人の愛」は、老年の男性と若い女性の恋愛を描いた小説で、その大胆な内容が話題となりました。また、1953年(昭和28年)に発表した「女の勲章」も同様に大ヒットし、渡辺喜恵子は一躍人気作家となりました。 渡辺喜恵子は、情熱的で官能的な作風が特徴で、多くの読者から支持を集めました。しかし、その一方で、その作品が風紀を乱すと批判されることも多く、何度か発禁処分を受けたこともあります。 渡辺喜恵子は、プライベートでも波乱万丈な人生を送りました。結婚と離婚を繰り返し、3度目の結婚をした後に夫を亡くしています。また、晩年は病に倒れ、1992年(平成4年)に66歳で亡くなりました。 渡辺喜恵子は、その波乱の生涯と情熱的な作風で、多くの読者の心を掴んだ作家です。その作品は、現在でも多くの人々に読み継がれています。
作家

杉本鉞子:大正・昭和期に活躍した女流作家

杉本鉞子大正・昭和期に活躍した女流作家 杉本鉞子の生い立ちと結婚 杉本鉞子は、1885年(明治18年)9月24日、大阪市北区に生まれた。父は、大阪の商人・杉本重三郎、母は、とみである。鉞子は、幼い頃から文学に興味を持ち、小説や戯曲を好んで読んだ。また、作文が得意で、学校の作文コンクールで入賞したこともある。 鉞子は、1905年(明治38年)に、大阪女子専門学校(現在の大阪樟蔭女子大学)を卒業し、教師となった。しかし、鉞子は、教師として働きながら、小説の執筆を続けていた。そして、1910年(明治43年)に、小説『花物語』で文壇デビューを果たした。 鉞子は、デビュー後も小説の執筆を続け、多くの作品を発表した。その作品は、女性の人生や社会問題をテーマにしたものが多く、多くの読者から支持された。また、鉞子は、女性解放運動にも積極的に参加し、女性の社会的地位の向上に尽力した。 鉞子は、1921年(大正10年)に、編集者・杉本貞雄と結婚した。貞雄は、鉞子の作品を積極的に支援し、鉞子の執筆活動を支えた。鉞子は、貞雄との間に、二男一女をもうけた。 鉞子は、1962年(昭和37年)10月25日に、77歳で死去した。鉞子は、日本の近代文学史において、重要な役割を果たした作家であり、その作品は、現在でも多くの人に読み継がれている。
作家

水守亀之助:大正-昭和の作家

文壇へのデビューと初期の作品 水守亀之助は、1912年(大正元年)に短編小説「ある夜」で文壇デビューしました。この作品は、雑誌「新潮」に掲載され、その清新な文体と鋭い観察眼で注目を集めました。 その後、水守亀之助は、「蠢く」や「暗夜行路」などの短編小説を次々と発表し、その才能を遺憾なく発揮しました。これらの作品は、いずれも人間の内面を深くえぐり、人間の孤独や苦悩を描いたもので、読者から大きな共感を呼びました。 1919年(大正8年)には、長編小説「運命」を発表し、これが彼の代表作となりました。「運命」は、二人の男女の愛と別れを描いた作品で、その人間描写の深さと、美しい文体で高い評価を受けました。 水守亀之助は、その後も精力的に執筆活動を行い、短編小説や長編小説を数多く発表しました。その作品は、常に人間の内面に迫るものであり、多くの読者に愛されました。 水守亀之助の作品は、昭和の文壇を代表する作家の一人として評価されており、その作品は現在も読み継がれています。
作家

金子豊水-金子健四郎について

金子豊水とは 金子豊水は、1881年に日本の愛媛県で生まれた政治家です。彼は東京帝国大学を卒業後、農務省に入省しました。そこで彼は農業政策の立案に携わり、日本の農業の発展に貢献しました。1924年に衆議院議員に当選し、政界入りしました。彼は政界で活躍し、農林大臣や内務大臣を歴任しました。1945年に太平洋戦争が終結すると、彼は公職から追放されました。しかし、1951年に公職追放が解除され、政界に復帰しました。1955年に衆議院議長に就任し、1957年に退任しました。1961年に死去しました。 金子豊水は、日本の農業の発展に貢献した政治家として知られています。彼はまた、衆議院議長を務めた唯一の愛媛県出身者でもあります。
作家

文豪久米正雄の波瀾万丈な人生-俳人俳句作品と小説の関係

-劇作家として活躍した久米正雄の人生- 久米正雄は、小説家、劇作家、俳人として活躍した文豪です。1891年(明治24年)に現在の広島県福山市に生まれ、1952年(昭和27年)に東京都世田谷区で亡くなりました。 久米正雄は、1914年(大正3年)に早稲田大学英文学科を卒業後、小説家としてデビューしました。1919年(大正8年)に発表した小説『父帰る』で注目を集め、1922年(大正11年)に発表した小説『破船』で直木賞を受賞しました。 しかし、久米正雄は小説家としてだけではなく、劇作家としても活躍しました。1923年(大正12年)に発表した戯曲『夜の宿』で劇作家としてデビューし、1926年(大正15年)に発表した戯曲『街の灯』で読売文学賞を受賞しました。 久米正雄の戯曲は、社会問題や人間の心理を鋭く描いたものが多く、当時の知識層に大きな影響を与えました。また、久米正雄は、新劇運動にも積極的に参加し、新劇の普及に貢献しました。 久米正雄は、小説家、劇作家としてだけではなく、俳人としても活躍しました。1924年(大正13年)に発表した俳句集『落椿』で俳人としてデビューし、1936年(昭和11年)に発表した俳句集『春泥』で俳人協会賞を受賞しました。 久米正雄の俳句は、叙情的なものが多く、当時の俳壇に大きな影響を与えました。また、久米正雄は、俳句雑誌の編集にも携わり、俳句の普及に貢献しました。 久米正雄は、小説家、劇作家、俳人として活躍したマルチな才能を持った文豪です。彼の作品は、当時の社会や人間の心理を鋭く描き、多くの人々に影響を与えました。
作家

保高みさ子 時代の女性作家

保高みさ子 時代の女性作家 保高みさ子の生涯と文学活動 保高みさ子(1913-1990)は、昭和初期から戦後にかけて活躍した女流作家である。近代日本の女性作家の中で最も早く社会主義運動に参加し、生涯を通じて社会正義と女性の解放を訴え続けた。その文学活動は、プロレタリア文学運動から始まり、戦後はリアリズム文学の旗手的存在として活躍した。 保高みさ子は、1913年(大正2年)に広島県福山市に生まれた。貧しい家庭に育ち、幼い頃から労働者階級の生活を肌で感じた。1927年(昭和2年)に上京し、日本プロレタリア作家同盟(ナルプ)に参加。プロレタリア文学運動の機関誌『戦旗』に短編小説を発表し、注目を集めた。 1933年(昭和8年)に発表した長編小説『橋のない川』は、女工の生活と労働運動を描いた作品で、一躍保高みさ子の名を世に知らしめた。この作品は、プロレタリア文学の傑作として高く評価され、現在も読み継がれている。 1940年(昭和15年)に治安維持法違反で逮捕され、獄中に7年間を過ごす。出獄後は、リアリズム文学の旗手的存在として活躍。1956年(昭和31年)に発表した長編小説『地の果てまで』は、朝鮮戦争を背景に、戦争の悲惨さと平和の尊さを描いた作品で、読者に大きな感動を与えた。 1964年(昭和39年)に、文化勲章を受章。1990年(平成2年)に77歳で死去した。 保高みさ子は、生涯を通じて社会正義と女性の解放を訴え続けた。その文学活動は、プロレタリア文学運動から始まり、戦後はリアリズム文学の旗手的存在として活躍した。その作品は、労働者階級の生活と労働運動、戦争の悲惨さと平和の尊さを描き、読者に大きな感動を与えた。
作家

・小島勗

-# 生涯と作品 小島勗は、1869年(明治2年)10月21日に、現在の静岡県富士宮市に生まれました。幼い頃から絵を描き始め、1882年(明治15年)に上京して川端玉章に師事しました。その後、1889年(明治22年)に東京美術学校に入学し、1893年(明治26年)に卒業しました。 卒業後は、画家として活動を始め、1895年(明治28年)に日本美術協会展で初入選を果たしました。その後、1901年(明治34年)に文部省美術展覧会で特選を受賞し、1907年(明治40年)には帝国美術院会員に推挙されました。 小島勗は、主に歴史画や人物画を描き、その作品は写実的で繊細な描写が特徴です。代表作としては、「源義経の首途」(1895年)、「楠木正成の死」(1901年)、「徳川家康の入城」(1907年)などがあります。 小島勗は、1928年(昭和3年)4月28日に、東京府荏原郡蒲田町(現在の東京都大田区)で亡くなりました。享年58歳でした。 小島勗の作品は、現在でも各地の美術館に所蔵されており、その功績は高く評価されています。
作家

– 幸田露伴とは?

- 幸田露伴とは?
作家

劇作家・詩人 長田秀雄について

-明治・大正・昭和を代表する劇作家- 長田秀雄は、明治・大正・昭和の時代に活躍した劇作家・詩人です。明治31年(1898年)に福井県福井市に生まれ、東京帝国大学文学部卒業後、劇作家として活動を始めました。 長田秀雄は、日本の近代劇の創始者の一人とされており、その作品は写実主義を基調としたリアリズム演劇として高く評価されています。代表作には、「人生劇場」「夜明け前」「土」「沓掛時次郎」などがあり、いずれも日本の演劇史に残る名作として知られています。 長田秀雄は、劇作家としてだけでなく、詩人としても活躍し、その詩集には「草木風土記」「山と村」「人と土地」などがあります。長田秀雄の詩は、日本の風土や民俗を題材としたものが多く、その叙情的な表現と深い洞察力が特徴です。 長田秀雄は、日本の近代演劇と詩に大きな足跡を残した作家であり、その作品は現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 -長田秀雄の生涯と作品- 長田秀雄は、明治31年(1898年)に福井県福井市に生まれました。東京帝国大学文学部卒業後、劇作家として活動を始め、大正8年(1919年)に処女作「人生劇場」を発表しました。 「人生劇場」は大正8年(1919年)から大正10年(1921年)まで東京日日新聞に連載され、大きな反響を呼びました。長田秀雄は、「人生劇場」の成功により一躍注目を集め、日本の近代劇の創始者の一人と称されるようになりました。 長田秀雄は、「人生劇場」のほかに、「夜明け前」「土」「沓掛時次郎」など多くの作品を発表しました。長田秀雄の作品は、いずれも日本の風土や民俗を題材としたもので、リアリズム演劇として高く評価されています。 長田秀雄は、昭和45年(1970年)に亡くなりましたが、その作品は現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 -長田秀雄の評価と影響- 長田秀雄は、リアリズム演劇の創始者として日本の近代劇に大きな役割を果たした劇作家です。リアリズム演劇とは、日常的な生活を描いた、現実感のある演劇のことです。長田秀雄は、リアリズム演劇を日本に根付かせ、近代劇の発展に貢献しました。 長田秀雄の作品は、そのリアリティと洞察力の深さで高く評価されています。長田秀雄は、日本の風土や民俗をよく理解しており、その作品には日本の生活や文化が如実に描かれています。長田秀雄の作品は、日本の近代演劇の金字塔として、現在も多くの読者や観客に愛され続けています。 長田秀雄は、日本の近代劇だけでなく、詩にも大きな影響を与えました。長田秀雄の詩は、その叙情的な表現と深い洞察力で知られています。長田秀雄の詩は、日本の近代詩の金字塔として、現在も多くの読者から愛され続けています。
作家

鬼城(村上鬼城)について

-村上鬼城とは- 村上鬼城(むらかみきじょう)とは、明治から昭和にかけて活躍した俳人・歌人・小説家である。本名は村上伝四郎(でんしろう)。山形県西置賜郡白鷹町(現・西置賜郡白鷹町)に生まれる。 幼少期より俳句に親しみ、1877年(明治10年)に高浜虚子や正岡子規らとともに「ホトトギス」を創刊する。その後、正岡子規亡き後、「ホトトギス」を主宰し、写生を重視した俳風を確立する。 また、「鬼城俳論」「万葉集私解」などの著書もあり、歌人・小説家としても活躍した。 村上鬼城は、写生を重視した俳風で知られる。鬼城は、「俳句は自然をありのままに写生したものであるべきだ」と考えており、自然をありのままに観察し、その情景をありのままに詠むことを目指した。 鬼城の俳句は、その写生の正確さと、その情景に対する繊細な感受性によって特徴づけられる。鬼城の俳句は、読者に自然の美しさや、季節の移ろい、人生の哀歓などをありありと感じさせる。 鬼城の俳句は、多くの俳人に影響を与え、近代俳句の発展に大きく貢献した。また、鬼城の歌や小説も、その独自の文体と、その鋭い洞察力によって高く評価されている。
作家

「塚原渋柿園」

塚原渋柿園の概要 塚原渋柿園は、奈良県御所市塚原にある渋柿園です。 1880年(明治13年)に塚原清兵衛氏が、渋柿の生産・加工・販売を行うために設立した会社です。 現在では、渋柿の生産・加工・販売のほか、柿酢の製造・販売も行っています。 塚原渋柿園の主力商品は、渋柿を干した「柿渋」です。 柿渋は、渋柿の果実を干して、その表面に柿渋を塗って作られます。 柿渋は、防腐剤や殺菌剤として使われており、古くから建築物や家具の保護に使用されてきました。 また、柿渋は、渋柿の渋味成分である渋柿タンニンを豊富に含んでいます。 渋柿タンニンは、抗菌・抗炎症作用や、メタボリックシンドロームの予防効果があると言われています。 塚原渋柿園では、渋柿を干すために、専用の干場を設けています。 干場は、柿渋を塗った柿を、日光に当てて干す場所です。 柿渋を塗った柿を干すことで、柿渋タンニンが柿の果実の中に浸透し、柿渋が完成します。 塚原渋柿園では、渋柿以外にも、柿酢を製造・販売しています。 柿酢は、渋柿の果実を発酵させて作られるお酢です。 柿酢は、アミノ酸やビタミン類が豊富に含まれており、健康に良いとされています。 塚原渋柿園では、柿酢を、ドリンクや調味料として販売しています。 塚原渋柿園は、渋柿の生産・加工・販売のほか、柿酢の製造・販売も行っている会社です。 塚原渋柿園の主力商品は、渋柿を干した「柿渋」です。 柿渋は、防腐剤や殺菌剤として使われており、古くから建築物や家具の保護に使用されてきました。 また、柿渋は、渋柿の渋味成分である渋柿タンニンを豊富に含んでいます。 渋柿タンニンは、抗菌・抗炎症作用や、メタボリックシンドロームの予防効果があると言われています。
作家

犬養道子:昭和後期から平成時代にかけて活躍した評論家

-犬養道子昭和後期から平成時代にかけて活躍した評論家- -犬養道子の生涯と功績- 犬養道子は、1935年に東京で生まれた評論家です。父は内閣総理大臣を務めた犬養毅、母は随筆家の犬養千代です。道子は3人姉妹の長女として育ち、幼少期から文学や歴史に興味を持っていました。 道子は1958年に東京大学文学部を卒業した後、文藝春秋に入社し、編集者として働きました。1963年からは「週刊文春」の記者となり、政治や社会問題を鋭く取材・評論しました。 1970年に文藝春秋を退社後、フリーランスの評論家として活動を始めました。道子はテレビやラジオにも出演し、歯に衣着せぬ物言いで世相を斬りました。また、多数の著書を出版し、ベストセラーとなりました。 道子は1990年に評論家協会賞を受賞しました。また、1994年には紫綬褒章を受章しました。道子は2008年に73歳で亡くなりました。 道子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した評論家として知られています。道子の評論は、政治や社会問題を鋭く分析しており、多くの読者に影響を与えました。また、道子は歯に衣着せぬ物言いで世相を斬り、社会に大きなインパクトを与えました。 道子の功績は、以下の通りです。 * 政治や社会問題を鋭く分析した評論を発表し、多くの読者に影響を与えた。 * 歯に衣着せぬ物言いで世相を斬り、社会に大きなインパクトを与えた。 * 多数の著書を出版し、ベストセラーとなった。 * 評論家協会賞や紫綬褒章を受賞した。 道子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した評論家として、今後も人々に語り継がれていくでしょう。
作家

江戸川乱歩の

江戸川乱歩の生誕と初期の作品 江戸川乱歩、本名平井太郎は、1894年10月21日、三重県名賀郡名張町に生まれた。父は医師、母は旧津藩士族の娘であった。乱歩は幼い頃から読書に親しみ、特に推理小説を好んで読んだ。1912年、早稲田大学英文科に入学。大学在学中は、夏目漱石や森鷗外など、当時の文豪たちの作品に影響を受けた。1916年に大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社。新聞記者として働きながら、推理小説の執筆を始めた。 乱歩の初期の作品は、主に短編小説であった。1923年、処女作「二銭銅貨」を発表。この作品は、後に乱歩の代表作の一つとなる「人間椅子」の原型となった。1925年、乱歩は「D坂の殺人事件」を発表。この作品は、日本初の本格的な推理小説として高く評価された。乱歩はその後も、「パノラマ島綺譚」「黄金仮面」「怪人二十面相」など、数多くの推理小説を発表し、日本ミステリー界の第一人者として活躍した。 乱歩の推理小説は、巧妙なトリックと意外な結末で読者を魅了した。また、乱歩は、推理小説の執筆だけでなく、評論やエッセイも数多く執筆した。乱歩の評論やエッセイは、推理小説の楽しみ方や書き方について論じられており、推理小説ファンのバイブルとして親しまれている。 乱歩は、1965年に71歳で亡くなった。しかし、乱歩の作品は、今もなお多くの人に読み継がれている。乱歩は、日本ミステリー界の巨匠として、永遠に語り継がれるだろう。
作家

菊池リウ 明治-大正時代の女性

-菊池リウの生涯- 菊池リウ(1882-1959)は、明治-大正時代の女性作家、ジャーナリストであり、日本の近代文学の発展に大きな影響を与えました。 リウは、1882年に高知県の旧家に生まれました。1900年に東京女子師範学校を卒業した後、東京音楽学校に入学し、ピアノを学びました。1904年に卒業後、音楽教師として働いていましたが、1906年に雑誌「青鞜」を創刊し、日本の女性解放運動に大きな影響を与えました。 青鞜は、1911年に廃刊となりましたが、リウはその後も女性解放運動や社会運動に積極的に参加し、1918年には日本初の女性参政権運動団体である婦人参政権同盟を結成しました。1920年には、国際連盟の女性委員に任命され、女性の権利向上に尽力しました。 リウは、また、作家としても活躍し、1916年に小説「夜明け前」を発表し、1918年に「元子」を発表しました。これらの作品は、当時の女性の生き方をリアルに描き、大きな反響を呼びました。 リウは、1959年に東京で死去しましたが、彼女の業績は今もなお多くの人々に影響を与え続けています。 -菊池リウの主な著書- * 夜明け前(1916年) * 元子(1918年) * 婦人の生活(1920年) * 婦人の権利(1922年) * 新しい女性(1924年)
作家

– 岡本霊華

- 岡本霊華の生涯と経歴 岡本霊華は、日本の彫刻家で、明治時代から昭和時代にかけて活躍しました。 1866年(慶応2年)、現在の京都府京都市に生まれました。 父は岡本豊彦で、彫刻家でした。 霊華は幼いころから父に彫刻を学び、18歳の頃にはすでに優れた作品を制作していました。 1887年(明治20年)に東京美術学校に入学し、1893年(明治26年)に卒業しました。 卒業後、霊華は彫刻家として活動を始め、1895年(明治28年)に東京美術学校助教授に就任しました。 1899年(明治32年)に渡欧し、フランスやイタリアで彫刻を学びました。 1903年(明治36年)に帰国し、1905年(明治38年)に東京美術学校教授に就任しました。 1911年(明治44年)に帝国美術院会員に選出され、1919年(大正8年)に帝国美術院評議員に就任しました。 1923年(大正12年)に起きた関東大震災で、霊華の彫刻作品は多くが失われました。 しかし、霊華はその後も彫刻活動を続け、1933年(昭和8年)に文化勲章を受章しました。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争終結後、霊華は東京芸術大学の初代学長に就任しました。 1947年(昭和22年)に、東京都内にて死去しました。享年81歳。 霊華は、日本の近代彫刻界を代表する彫刻家の一人とされ、その作品は現在も高く評価されています。
作家

小説家・寺崎浩の生涯と作品

-寺崎浩の生い立ちと文学への目覚め- 寺崎浩は、1926年(昭和元年)に、東京府豊多摩郡渋谷町(現・東京都渋谷区)に生まれた。父は銀行員、母は専業主婦の長男である。 寺崎浩は、幼い頃から文学に興味を持っていた。小学校4年生の頃、ジャック・ロンドンの『野生の呼び声』を読んで、小説家になることを志したという。 その後、寺崎浩は、東京府立第二中学校(現・東京都立西高等学校)に進学。しかし、当時はまだ戦争中で、学業は疎かになり、文学に没頭するようになった。 寺崎浩は、旧制第二高等学校(現・東京大学)に進学したが、ここでも文学を専攻。1947年(昭和22年)に卒業し、東京大学文学部仏文科に入学した。 東京大学在学中は、サルトルやカミュなど、フランスの近代文学に傾倒した。また、学生運動にも参加し、活発な学生生活を送った。 寺崎浩は、1951年(昭和26年)に東京大学を卒業し、文藝春秋新社に入社した。編集者として勤務しながら、小説の執筆を続けた。 1957年(昭和32年)に、長編小説『青い山脈』を発表。この作品は、大ヒットし、寺崎浩は一躍、人気作家となった。 『青い山脈』は、戦後の若者の青春を描いた小説で、当時の若者の共感を呼んだ。また、同作は、映画化もされ、大ヒットした。 寺崎浩は、その後も、多くの小説を発表した。その代表作には、『愛と死の砂漠』『戦争と平和』『人間合格』などがある。 寺崎浩は、1998年(平成10年)に、72歳で亡くなった。しかし、その作品は、今でも多くの人々に読み継がれている。
作家

田中貢太郎→ 大正・昭和時代前期の小説家

田中貢太郎は大正・昭和時代前期の小説家です。日本近代文学で忘れられない人物として数多くの比類無い作品を世に出しました。田中貢太郎には、田岡嶺雲・幸徳秋水・奥宮健之追懐録という作品があります。 田岡嶺雲・幸徳秋水・奥宮健之追懐録は、田中貢太郎が出世するきっかけとなった作品です。この作品は、田中貢太郎が田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家との交流を描いたもので、その内容が非常に高い評価を受けました。 田中貢太郎は、田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家から大きな影響を受けました。田岡嶺雲からは、自由主義思想を学び、幸徳秋水からは、社会主義思想を学び、奥宮健之からは、民族主義思想を学びました。 田中貢太郎は、これらの思想を融合して、独自の思想を形成しました。田中貢太郎の思想は、自由主義、社会主義、民族主義の3つの思想を兼ね備えたもので、非常に革新的なものでした。 田中貢太郎は、田岡嶺雲、幸徳秋水、奥宮健之という3人の思想家との交流を通じて、出世するきっかけを得ました。また、田中貢太郎は、これらの思想家から大きな影響を受け、独自の思想を形成しました。田中貢太郎の思想は、日本近代文学の発展に大きな影響を与えました。
作家

– 小栗風葉

-- 小栗風葉- -小栗風葉の生涯- 小栗風葉は、1875年(明治8年)に東京府東京市麻布区(現在の東京都港区麻布)に生まれた。本名は小栗三九郎。 1896年(明治29年)、東京専門学校(現在の早稲田大学)を卒業し、新聞記者として働き始める。1899年(明治32年)、処女作「罪と罰」を雑誌『太陽』に発表。 1903年(明治36年)、小説「金色夜叉」を雑誌『新小説』に連載開始。この小説は、大ヒットとなり、小栗風葉を一躍有名にした。 1908年(明治41年)、アメリカ合衆国に渡り、1年間滞在。1909年(明治42年)、帰国後、小説「三等車」を発表。この小説は、芥川龍之介に絶賛され、小栗風葉の代表作の一つとなった。 1911年(大正元年)、小説「魔風恋風」を発表。この小説は、芥川龍之介に酷評され、小栗風葉は文壇から遠ざかることになる。 1920年(大正9年)、小説「生ける人形」を発表。この小説は、大ヒットとなり、小栗風葉の復活と評価された。 1923年(大正12年)、関東大震災が発生。小栗風葉は、自宅を焼失し、多くの原稿を失う。 1928年(昭和3年)、小説「藤十郎の恋」を発表。この小説は、芥川龍之介に絶賛され、小栗風葉の代表作の一つとなった。 1934年(昭和9年)、脳溢血で倒れ、療養生活に入る。1936年(昭和11年)、61歳で死去。 小栗風葉は、日本の近代文学史において重要な作家の一人である。リアリズムとロマンティシズムを融合した作風で、大衆に支持された。
作家

– 「広津和郎」

広津和郎の生涯と作品 広津和郎(1886-1963)は、日本の小説家、評論家。本名・広津金之助。東京市麹町区(現・東京都千代田区)に生まれる。第一高等学校を卒業後、東京帝国大学文科大学国文科に入学。卒業後は、坪内逍遥主宰の文芸誌『早稲田文学』に作品を発表し、文壇デビューを果たす。 1910年(明治43年)、長編小説『神経病時代』を発表。この作品は、日本の近代文学史に残る名作として知られ、広津和郎を一躍有名にする。その後も、『鴨東綺譚』(1913年)、『おさんの狂死』(1913年)、『お富の貞操』(1914年)などの作品を発表し、近代文学史にその名を刻む。 1920年(大正9年)には、私小説『風雨強かるべし』を発表。この作品は、広津和郎の代表作ともいわれる。1926年(昭和元年)には、小説『鶴亀双紙』を発表。この作品は、広津和郎が晩年まで書き続けた「大衆小説」の代表作である。 広津和郎は、1963年(昭和38年)に77歳で逝去。その生涯において、小説、評論、戯曲など、多くの作品を残した。また、文芸家協会の会長や、日本芸術院の会員などを歴任し、日本の近代文学の発展に貢献した。 広津和郎の作品は、日本の近代文学史を代表する名作として、現在でも多くの人に読まれている。その作品は、人間の内面を鋭く見つめ、社会問題を真正面から取り上げたものが多く、時代を超えて人々の共感を呼んでいる。
作家

「新井紀一」

-# 新井紀一とは 新井紀一とは、日本の元プロ野球選手、野球指導者である。プロ野球チームの監督を歴代最長の13年間務めた。 1971年に東映フライヤーズ (現北海道日本ハムファイターズ) に投手として入団。1973年、新井はドラフトで近鉄バファローズに移籍する。1975年に一軍に昇格。1980年には18勝を挙げ、最多勝利のタイトルを獲得する。1982年には16勝を挙げ、最多勝利と最優秀防御率の2つのタイトルを獲得。1984年には14勝を挙げ、最多勝利のタイトルを再び獲得した。 1986年に近鉄バファローズを退団し、読売ジャイアンツに移籍。1988年に引退する。 引退後は、1989年から1991年まで近鉄バファローズの投手コーチを務める。1992年から2004年まで近鉄バファローズの監督を務め、1995年に日本シリーズ優勝、1996年にはパ・リーグ優勝を果たした。2005年から2007年まで阪神タイガースの監督を務め、2005年には日本シリーズ優勝を果たした。2008年から2012年までオリックス・バファローズの監督を務め、2008年にはパ・リーグ優勝を果たした。2013年から2016年まで横浜DeNAベイスターズの監督を務め、2016年にはクライマックスシリーズでリーグ優勝を果たし、日本シリーズに進出した。 2017年からは、野球評論家として活動している。