大正時代

歴史上の人物

角田忠行-幕末から大正にかけて活躍した武士と神職

- 信濃(長野県)岩村田藩士から脱藩し、藤田東湖や平田銕胤の門下生へ 角田忠行は、幕末から大正にかけて活躍した武士であり神職でもありました。1818年に信濃国岩村田藩 (現在の長野県松本市) に生まれ、1871年に54歳で亡くなりました。 忠行は、幼い頃から漢学や兵学を学び、1838年に岩村田藩の藩校である弘道館に入学しました。弘道館では、藤田東湖や平田銕胤などの思想家から影響を受け、尊王攘夷の思想に目覚めるようになりました。 1841年に弘道館を卒業した後、忠行は江戸に出て、藤田東湖や平田銕胤の門下生となりました。藤田東湖からは「尊王攘夷」の思想を、平田銕胤からは「神道」の思想を学び、忠行は尊王攘夷運動のリーダーとしての地位を確立していきました。 1848年に忠行は、江戸で「神道無念流」という道場を開き、尊王攘夷運動に参加する志士たちを指導しました。1868年に明治維新が起きると、忠行は新政府に協力し、神祇官の権大史に任命されました。 しかし、忠行は新政府の政策に不満を持ち、1871年に神祇官を辞任しました。その後、忠行は郷里の信濃に戻り、神職として活動しました。1871年、54歳で亡くなりました。 忠行は、幕末から大正にかけて活躍した武士であり神職であり、尊王攘夷運動のリーダーとしての活躍で知られています。また、忠行は「神道無念流」という道場を開き、尊王攘夷運動に参加する志士たちを指導しました。
経済分野の人

– 神野金之助(初代)

-生い立ちと紅葉屋事業への参加- 神野金之助は、1648年(慶安元年)に江戸で生まれた。父は金兵衛といい、紅葉屋という呉服屋を営んでいた。金兵衛は、金之助を商人の後継者として育て、幼い頃から商売の心得を教えた。 金之助は、1670年(寛文10年)に22歳の時に紅葉屋に入店した。当時、紅葉屋は江戸有数の呉服屋として知られていた。金之助は、紅葉屋の店頭に立って接客をしたり、仕入れや販売の業務を担当したりした。 金之助は、商売の才能を発揮して紅葉屋の経営に貢献した。また、金之助は江戸の商人の間で人望を集め、紅葉屋の屋号を江戸中に広めた。 金之助は、1700年(元禄13年)に52歳の時に紅葉屋の当主となった。金之助は、当主として紅葉屋の経営をさらに発展させた。また、金之助は江戸の商人の代表として、幕府の政策に参画した。 金之助は、1713年(正徳3年)に65歳で亡くなった。金之助は、紅葉屋を江戸有数の呉服屋に育て上げた名経営者であり、江戸の商人の代表として活躍した人物であった。
歴史上の人物

中村枝幸 – 農政家・タバコ栽培のパイオニア

農政家としての人生 中村枝幸は、1833年に徳島県美馬郡に生まれた。1871年に徳島県会議員に当選し、1876年に衆議院議員に当選した。衆議院議員在任中は、農政問題に力を入れ、農業振興法の制定や、農事試験場の設立などに尽力した。また、1880年には、日本最初の農事新聞である「農報」を創刊した。 1881年に、中村枝幸は農商務大臣に任命された。農商務大臣在任中は、農業振興政策を推進し、農事試験場の拡充や、農業教育の充実、農村協同組合の設立などを行った。また、1883年には、タバコ専売法を制定し、タバコの専売を開始した。 中村枝幸は、タバコ専売法の制定により、タバコ栽培の振興を図った。当時、タバコは日本国内で広く栽培されていたが、品質が低く、海外への輸出が困難であった。中村枝幸は、タバコ専売法を制定することで、タバコの生産と販売を一元化し、品質の向上と海外への輸出を促進した。 中村枝幸は、1890年に農商務大臣を辞任した。その後も、引き続き農政問題に取り組み、1896年には、日本農業会を設立した。日本農業会は、日本の農業の発展に貢献した団体として、今日まで続いている。 中村枝幸は、日本の農政の基礎を築いた人物である。中村枝幸の功績は、今日でも高く評価されている。
芸能分野の人

田中筆子:女優の生涯

大正から昭和までを駆け抜けた女優 田中筆子は、大正から昭和にかけて活躍した女優です。1909年、東京に生まれ、1923年に宝塚少女歌劇団に入団しました。宝塚時代には、「お嬢吉三」の主人公、お嬢吉三を演じるなど、スターとして活躍しました。1928年に宝塚を退団後、映画界入りし、1930年に映画「何が彼女をそうさせたか」でデビューしました。その後、数多くの映画に出演し、1934年に映画「人生の路」でキネマ旬報ベストテン第1位を獲得しました。また、1935年には、映画「浮草物語」でヴェネツィア国際映画祭最優秀女優賞を受賞しました。 田中筆子は、可憐な容姿と演技力で、多くの人々から愛されました。また、私生活では、1936年に俳優の岡田時彦と結婚し、二児をもうけました。しかし、1948年に岡田と離婚し、その後は独身を貫きました。田中筆子は、1977年に亡くなりましたが、その演技は今もなお語り継がれています。 田中筆子は、大正から昭和までを駆け抜けた女優であり、日本映画史に残る名女優の一人です。
歴史上の人物

– 沢原為綱

-沢原為綱の人物像- 沢原為綱は、戦国時代の武将で、滝川一益の重臣として活躍しました。美濃国恵那郡沢原(現在の岐阜県恵那市)出身で、通称は弥九郎。諱は為綱、のちに貞綱と改めたとされています。 為綱は、永禄11年(1568年)に滝川一益に仕官し、その勇猛果敢な働きで、すぐに頭角を現しました。元亀4年(1573年)には、長島一向一揆との戦いで、一揆勢を撃破し、その功績で滝川家中で重臣の地位に上りました。 天正12年(1584年)、賤ヶ岳の戦いで、織田信長の息子である信雄が、豊臣秀吉に謀反を起こし、滝川一益が信雄に加担しました。秀吉は、この反乱を鎮圧するため、滝川一益の居城である岐阜城を攻め、一益は降伏しました。このとき、為綱は、一益とともに岐阜城に籠城し、秀吉軍と激しく戦いましたが、ついに力尽きて、戦死しました。 為綱は、勇猛果敢で、主君である滝川一益に忠誠を尽くした武将でした。また、軍略に優れており、数々の戦いで勝利を収めています。為綱の死は、滝川一益にとって大きな痛手となり、その後、一益は、豊臣秀吉に仕えることになりました。 為綱は、戦国時代を代表する武将の一人で、その勇猛果敢な働きは、今も語り継がれています。
歴史上の人物

社会主義運動の犠牲者、川合義虎ってどんな人?

-生い立ち- 川合義虎は、1898年(明治31年)2月22日に、大阪府東成郡生野村(現・大阪市生野区)で生まれました。父は川合義之、母は川合きよです。義虎は、4人兄弟の末っ子でした。 義虎の父は、生野村の村会議員を務めるなど、地元で活躍していました。義虎は、父の背中を見て育ち、政治に興味を持つようになりました。 義虎は、生野村の小学校を卒業後、大阪市立生野中学校に進学しました。中学時代は、野球部に所属し、活躍していました。また、義虎は、弁論大会にも出場し、優勝したこともあります。 義虎は、中学卒業後、大阪高等商業学校(現・大阪市立大学)に進学しました。高商時代は、社会主義運動に関心を持つようになりました。義虎は、社会主義研究会に参加し、社会主義思想を学びました。 義虎は、高商を卒業後、大阪の出版社に就職しました。出版社に勤務しながら、義虎は、社会主義運動を続けました。義虎は、労働運動にも参加し、労働者の権利のために闘いました。 義虎は、社会主義運動に参加したことで、警察に逮捕されるようになりました。義虎は、何度も逮捕され、投獄されました。しかし、義虎は、社会主義運動を諦めませんでした。 義虎は、1933年(昭和8年)に、治安維持法違反の罪で逮捕されました。義虎は、1934年(昭和9年)に、死刑判決を受けました。義虎は、1935年(昭和10年)に、死刑を執行されました。 義虎は、社会主義運動の犠牲者となりました。しかし、義虎の死は、社会主義運動の発展に大きな影響を与えました。義虎の死は、社会主義運動の弾圧に対する抵抗の象徴となりました。そして、義虎の死は、社会主義運動の勝利への決意を強めました。
美術分野の人

守住周魚 – 明治-大正時代の日本画家

-守住周魚の生涯- 守住周魚(もりずみ しゅうぎょ、1856年(安政3年) - 1902年(明治35年)8月4日)は、明治-大正時代の日本画家。 1856年(安政3年)に、京都で生まれた。幼名は周。家は130年ほど続く酒造業を営んでいた。周魚は、幼い頃から絵を好み、10歳の時に、建仁寺の快庵龍翠に師事して、絵を学んだ。15歳の時には、京都画学校の第1期生として入学し、そこで、四条派の画家である岸派の岸駒や岸竹堂に師事して、絵を学んだ。 1875年(明治8年)に、京都画学校を卒業した後、上京して、東京美術学校に入学した。東京美術学校では、小山正太郎や高橋由一に師事して、絵を学んだ。1880年(明治13年)に、東京美術学校を卒業した後、京都に戻り、画家として活動した。 1882年(明治15年)に、京都府画学校の教員に就任した。1889年(明治22年)に、第3回内国勧業博覧会に出品した作品が入選した。1890年(明治23年)に、第4回内国勧業博覧会に出品した作品が金牌を受賞した。 1896年(明治29年)に、京都府画学校の校長に就任した。1898年(明治31年)に、第5回内国勧業博覧会に出品した作品が入選した。1900年(明治33年)に、第6回内国勧業博覧会に出品した作品が金牌を受賞した。 1902年(明治35年)8月4日に、京都で死去した。享年46。 守住周魚は、明治-大正時代の日本画壇を代表する画家の1人である。彼の作品は、写生に基づいた正確な描写と、華麗な色彩で知られている。また、彼は、京都画壇の中心人物として、多くの画家を育てた。
芸能分野の人

伝統芸能の保存者-小坂豊山

幼少期から三味線と日本舞踊を学ぶ 小坂豊山氏は幼い頃から、三味線と日本舞踊を学び始めました。彼の父親は三味線奏者であり、母親は日本舞踊の先生でした。そのため、彼は幼い頃から両方の芸術に囲まれて育ち、自然と興味を持つようになりました。 彼は地元の音楽教室に通い、三味線を習い始めました。最初は難しく感じましたが、次第に慣れていき、上達していきました。また、彼は地元の日本舞踊教室に通い、日本舞踊を習い始めました。こちらも最初は難しく感じましたが、次第に慣れていき、上達していきました。 彼は、三味線と日本舞踊の両方において、才能を発揮しました。三味線では、正確な音程と熟練した技巧で知られるようになり、日本舞踊では、優雅な動きと美しい表現力で知られるようになりました。 彼は、地元の音楽会や日本舞踊の公演会に出演し、その才能を披露しました。また、彼は、地元の学校や老人ホームなどで、三味線や日本舞踊の指導も行いました。 彼は、三味線と日本舞踊を深く愛し、その保存に努めてきました。彼は、三味線や日本舞踊の指導を行うことで、後世に伝統芸能を伝えていこうとしています。
芸能分野の人

青木鶴子(1891-1961):伝説的な女優の生涯と功績

-青木鶴子とは?彼女の生涯とキャリア- 青木鶴子は、1891年4月20日に東京で生まれました。青木鶴子は、1910年代に松竹キネマで女優としてのキャリアを開始しました。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。 青木鶴子は、日本映画界で活躍した伝説的な女優です。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。 青木鶴子は、日本映画界で活躍した伝説的な女優です。彼女は、1920年代に日本映画界のトップスターとして活躍し、松竹キネマの黄金時代を支えました。青木鶴子は、1930年代に結婚して引退しましたが、1940年代に再び松竹キネマで女優として活動を再開しました。彼女は、1950年代に女優としてのキャリアを引退しましたが、1960年代に再び松竹キネマで映画に出演しました。青木鶴子は、1961年10月29日に東京で亡くなりました。
経済分野の人

種田健蔵 – 大正-昭和時代の日本の実業家

-種田健蔵とは誰か?- 種田健蔵は、大正昭和時代の日本の実業家である。 1880年(明治13年)に、大阪府大阪市に生まれる。1903年(明治36年)に、東京高等商業学校(現・一橋大学)を卒業。1907年(明治40年)に、三井物産に入社する。 1919年(大正8年)に、三井物産のニューヨーク支店長に就任する。1925年(大正14年)には、三井物産の常務取締役に就任する。1934年(昭和9年)には、三井物産の専務取締役に就任する。1939年(昭和14年)には、三井物産の副社長に就任する。 1941年(昭和16年)に、三井物産を退社する。1942年(昭和17年)には、経済同友会を設立する。1946年(昭和21年)には、日本商工会議所会頭に就任する。1956年(昭和31年)には、日本経済団体連合会を設立する。 1957年(昭和32年)に、死去。77歳没。 種田健蔵は、三井物産を率いて日本の経済界をけん引した人物である。また、戦後日本の経済界の復興に尽力した人物である。
経済分野の人

原善一郎(1)

原善一郎(1)の生涯 原善一郎(1)は、日本の実業家、政治家である。 1851年(嘉永4年)6月16日、山梨県西八代郡八代村(現・韮崎市)で、父・原善太郎、母・フミの長男として生まれる。 1868年(明治元年)、17歳の時に、静岡藩による戊辰戦争の徴兵に応募し、会津戦争に従軍する。 1871年(明治4年)、20歳の時に、上京し、慶應義塾に学ぶ。 1873年(明治6年)、22歳の時に、慶應義塾を卒業し、実業界に入る。 1879年(明治12年)、28歳の時に、原善一郎合名会社を設立する。 1881年(明治14年)、30歳の時に、横浜商工会議所の理事長に就任する。 1882年(明治15年)、31歳の時に、横浜市会議員に当選する。 1884年(明治17年)、33歳の時に、横浜市長に就任する。 1885年(明治18年)、34歳の時に、内務省の商工局長に就任する。 1886年(明治19年)、35歳の時に、横浜商工会議所の会頭に就任する。 1887年(明治20年)、36歳の時に、衆議院議員に当選する。 1890年(明治23年)、39歳の時に、衆議院議長に就任する。 1891年(明治24年)、40歳の時に、内閣総理大臣に就任する。 1892年(明治25年)、41歳の時に、内閣総理大臣を辞任する。 1894年(明治27年)、43歳の時に、枢密顧問官に就任する。 1896年(明治29年)、45歳の時に、原善一郎合名会社を解散する。 1897年(明治30年)、46歳の時に、横浜商工会議所の会頭を辞任する。 1900年(明治33年)、49歳の時に、死去する。
政治分野の人

馬屋原二郎の

-馬屋原二郎の生い立ちと経歴- 馬屋原二郎は、1934年(昭和9年)1月1日、熊本県熊本市に生まれた。父は馬屋原勇、母は馬屋原千代。勇は熊本県庁に勤務する官僚であり、千代は専業主婦であった。二郎は2人兄弟の次男であり、兄が1人いる。 二郎は幼い頃から頭脳明晰で、勉強好きであった。小学校では常に成績優秀であり、中学、高校でもトップクラスの成績を収めた。高校卒業後は東京大学に進学し、法学部政治学科に入学した。大学でも二郎は成績優秀であり、在学中に司法試験に合格した。 二郎は大学卒業後、国家公務員採用試験に合格し、通商産業省に入省した。入省後は貿易政策、産業政策など様々な分野で活躍し、出世街道を歩んだ。1993年(平成5年)には通商産業事務次官に就任し、日本の経済政策を担うトップの一人となった。 1998年(平成10年)、二郎は通商産業事務次官を退官し、財団法人日本貿易振興機構(ジェトロ)の理事長に就任した。ジェトロは日本の貿易振興を目的とする団体であり、二郎は日本の貿易政策を民間セクターから支えた。 2002年(平成14年)、二郎はジェトロ理事長を退任し、政界に進出した。自由民主党から衆議院議員選挙に出馬し、当選した。衆議院議員としては経済産業委員会、外務委員会など様々な委員会で活躍し、日本の経済政策、外交政策に影響を与えた。 2007年(平成19年)、二郎は経済産業大臣に就任した。経済産業大臣としては、リーマンショック後の日本の経済を立て直すため、様々な政策を打ち出した。不況に陥った企業を支援する政策、新しい産業を育成する政策などであり、日本の経済回復に貢献した。 2009年(平成21年)、二郎は経済産業大臣を退任し、政界を引退した。引退後は財界に戻り、財団法人日本経済団体連合会(経団連)の副会長に就任した。経団連は日本の財界を代表する団体であり、二郎は日本の経済政策に引き続き影響を与えた。 2014年(平成26年)、二郎は経団連副会長を退任し、完全に政界と財界を引退した。引退後は穏やかな生活を送り、2022年(令和4年)に88歳で逝去した。
芸能分野の人

人形遣いの洞奥一郎

-人形遣いの洞奥一郎の功績- 人形遣いの洞奥一郎は、その長きにわたるキャリアの中で、日本の伝統芸能である人形浄瑠璃の世界に数多くの功績を残しました。洞奥一郎は、人形浄瑠璃の技法の革新、後進の育成、海外公演など、様々な分野で活躍しました。 まず、人形浄瑠璃の技法の革新において、洞奥一郎は、人形の動作をより自然で滑らかに見せるための新しい技法を考案しました。従来の人形浄瑠璃では、人形の動きはぎこちなく、まるでロボットのようなものでした。洞奥一郎は、人形の首を左右に動かしたり、手を上げ下げしたりすることで、人形に生気を与えることに成功しました。また、洞奥一郎は、人形の目線を観客の目線に合わせて動かしたり、人形同士の視線を合わせたりすることで、人形劇に臨場感を持たせました。 次に、後進の育成において、洞奥一郎は、人形浄瑠璃の伝統を後世に伝えるために、数多くの後進を育て上げました。洞奥一郎は、人形浄瑠璃の技法や理論を体系的にまとめ、弟子たちに伝授しました。また、洞奥一郎は、弟子たちを海外公演に連れて行き、日本の伝統芸能を世界に発信する機会を与えました。 最後に、海外公演において、洞奥一郎は、日本の伝統芸能である人形浄瑠璃を世界に発信するために、数多くの海外公演を行いました。洞奥一郎は、ヨーロッパ、アメリカ、アジアなど、世界各地で人形浄瑠璃を上演し、日本の伝統芸能の素晴らしさを世界の人々に伝えました。洞奥一郎の海外公演は、日本の伝統芸能に対する世界の注目を集めることに大きく貢献しました。 洞奥一郎は、人形浄瑠璃の技法の革新、後進の育成、海外公演など、様々な分野で活躍した偉大な人形遣いです。洞奥一郎の功績は、日本の伝統芸能である人形浄瑠璃の発展に大きく寄与しました。
歴史上の人物

川合清丸 – 伯耆出身の宗教家

川合清丸の生涯 川合清丸は、1865年に伯耆国(現在の鳥取県倉吉市)に生まれました。幼少期から仏教に親しみ、15歳の時に出家して僧侶となりました。 清丸は、若くして仏教の奥義を究め、多くの信者を集めました。しかし、清丸は従来の仏教に疑問を抱き、新たな宗教を創始することを決意しました。 1900年、清丸は「大乗妙典」という経典を著し、天台宗から独立して「妙典宗」を創立しました。妙典宗は、従来の仏教よりも簡素で、庶民にも分かりやすい教えが特徴です。 清丸は、妙典宗の布教に努め、各地に信者を増やしていきました。1920年には、妙典宗の本山である「妙典寺」を京都市に建立しました。 清丸は、1935年に70歳で亡くなりました。しかし、清丸の教えは現在もなお受け継がれており、妙典宗は日本の主要な宗教の一つとなっています。 清丸は、伯耆出身の宗教家であり、妙典宗の創始者です。清丸の教えは現在もなお受け継がれており、妙典宗は日本の主要な宗教の一つとなっています。
芸能分野の人

岡村文子:大正-昭和の喜劇女優

女優としての軌跡 岡村文子は、1909年(明治42年)に東京に生まれました。幼い頃から舞台に憧れ、1923年(大正12年)に松竹に入社。同年、映画『御誂え向う三軒両隣』でデビューしました。 岡村は、その愛嬌のあるキャラクターとユーモラスな演技で人気を博し、すぐに喜劇女優として活躍するようになりました。1930年(昭和5年)には、喜劇俳優の榎本健一と結婚。夫婦で喜劇映画に出演し、大いに人気を博しました。 戦後、岡村は映画界を引退し、舞台やテレビで活躍するようになりました。1960年(昭和35年)には、テレビドラマ『女と味噌汁』で主演。このドラマは、主婦の日常を描いたもので、岡村の演技が多くの視聴者から支持されました。 岡村は、1985年(昭和60年)に亡くなりましたが、その演技は今でも多くの人々に愛されています。日本の喜劇女優を代表する一人として、岡村文子の名はこれからも語り継がれていくでしょう。
スポーツ分野の人

長谷川照治 – 日本陸上界の伝説

-長谷川照治の生涯と功績- 長谷川照治は、1914年3月1日、兵庫県姫路市に生まれた。1932年に姫路師範学校に入学し、陸上競技を始める。1936年に東京高等師範学校に進学し、陸上競技の成績を伸ばしていく。1937年にベルリンオリンピックに出場し、マラソンで6位入賞を果たす。 1939年に東京高等師範学校を卒業し、母校の姫路師範学校に教諭として赴任する。1941年に召集され、太平洋戦争に出征する。1945年に復員し、姫路師範学校に復職する。 1947年に姫路師範学校が兵庫教育大学に昇格し、長谷川は兵庫教育大学の教授となる。1951年に日本陸上競技連盟の理事となり、1955年には日本陸上競技連盟の会長に就任する。 長谷川は日本陸上競技連盟の会長として、日本の陸上競技の発展に尽力する。1964年に東京オリンピックが開催され、長谷川はオリンピック組織委員会の委員長を務める。東京オリンピックは成功裏に終わり、長谷川は日本の陸上競技界の功労者として称えられる。 1966年に長谷川は日本陸上競技連盟の会長を退任する。1970年に兵庫教育大学を定年退職し、その後は日本陸上競技連盟の顧問として陸上競技界の発展に貢献した。 長谷川照治は、1994年12月24日に80歳で死去した。長谷川は日本陸上競技界の草分け的存在であり、日本の陸上競技の発展に大きな功績を残した偉人である。
美術分野の人

石川柳城 – 明治・大正時代の日本画家

-# 生い立ちと修業時代 石川柳城は、1881年(明治14年)1月22日に、石川県金沢市に生まれました。本名は幸治郎(こうじろう)と言い、父は石川県庁に勤務する役人で、母は地元の資産家の娘でした。 柳城は幼い頃から絵を描くことが好きで、9歳の時には地元の画塾に通い始めました。12歳の時には、林谷重信(はせがわじゅうしん)に師事して日本画を学び始め、16歳の時には上京して東京美術学校に入学しました。 東京美術学校では、日本画科で横山大観(よこやまたいかん)や下村観山(しもむらかんざん)に師事しました。1902年(明治35年)に卒業した後も、そのまま東京美術学校に残って助教授を務め、1907年(明治40年)には文部省美術展覧会に初入選を果たしました。 1912年(大正元年)には、文部省美術展覧会で二等賞を受賞し、1915年(大正4年)には、帝展(帝国美術院展覧会)に初入選を果たしました。1917年(大正6年)には、帝展で三等賞を受賞し、1921年(大正10年)には、帝展で二等賞を受賞しました。 柳城は、1922年(大正11年)に東京美術学校を退職し、その後は主に日本画の制作に専念しました。1926年(昭和元年)には、帝展で一等賞を受賞し、1929年(昭和4年)には、帝展で特選を受賞しました。1931年(昭和6年)には、帝国美術院会員に推挙されました。 柳城は、1953年(昭和28年)に72歳で亡くなりました。
政治分野の人

高瀬伝について

- 高瀬伝について -# 官僚・政治家の軌跡 高瀬伝は、1863年(文久三年)に肥後国熊本藩(現在の熊本県熊本市)に生まれた。1885年(明治18年)に東京帝国大学法学部を卒業し、司法省に入省した。1890年(明治23年)には、衆議院議員に当選し、以降、10期連続当選を果たした。1900年(明治33年)には、法務大臣に就任し、1906年(明治39年)には、内務大臣に就任した。1913年(大正2年)には、総理大臣に就任し、1914年(大正3年)まで務めた。 高瀬伝は、総理大臣在任中に、大正デモクラシーの基礎を築いた。1914年(大正3年)には、普通選挙法を公布し、選挙権を大幅に拡大した。また、同年には、労働組合法を公布し、労働者の権利を保護した。さらに、同年には、社会保険法を公布し、国民の社会保障制度を整備した。 高瀬伝は、1914年(大正3年)に総理大臣を辞任した後も、政界で活躍を続けた。1918年(大正7年)には、枢密顧問官に任命され、1930年(昭和5年)には、貴族院議員に勅任された。1936年(昭和11年)に、73歳で死去した。 高瀬伝は、日本の民主主義の発展に大きく貢献した政治家である。その功績は、今日でも高く評価されている。
美術分野の人

– 松原竹坡

-松原竹坡 - 生涯- 松原竹坡は、本名松原長蔵、1860年(万延元年)1月1日、広島県山県郡加茂町(現安芸太田町)で生まれました。家は代々紀州藩士で、父は松原祐吉、母は田辺氏でした。竹坡は、幼少の頃から絵に興味を持ち、10歳の頃には、地元の画家である井上玉山の門下に入りました。1872年(明治5年)、13歳の時には、東京に出て、川端玉章に師事しました。翌年には、東京府画学校(現在の東京藝術大学)に入学しました。竹坡は、画学校在学中は、洋画を学び、写生に打ち込みました。 1880年(明治13年)、同校を卒業した竹坡は、京都に移住しました。京都では、画家の松林桂月や谷口藹山と交流を深めました。1882年(明治15年)、竹坡は、第1回内国勧業博覧会に出品した「秋風紅葉」が入選し、一躍有名になりました。その後、竹坡は、京都を拠点に、日本各地を旅行して、風景画を描きました。1894年(明治27年)、竹坡は、日清戦争に従軍し、戦場で絵を描きました。1897年(明治30年)、竹坡は、第4回内国勧業博覧会に出品した「帰帆」が、金牌を受賞しました。 1901年(明治34年)、竹坡は、東京に戻り、日本美術院を設立しました。日本美術院は、竹坡が、洋画の技法を取り入れた新しい日本画を確立することを目指して設立した画塾です。竹坡は、日本美術院を拠点に、多くの弟子を育て上げました。1909年(明治42年)、竹坡は、文部省美術展覧会に出品した「早春」が、文部大臣賞を受賞しました。1921年(大正10年)、竹坡は、帝国美術院会員に任命されました。 竹坡は、1924年(大正13年)8月12日、東京で死去しました。享年65。竹坡は、日本の近代日本画の礎を築いた重要な画家の一人として知られています。
歴史上の人物

大島直道-警視庁官房主事。内務省参事官になる。佐賀県,広島県の警察部長。神奈川県内務部長を歴任。

大島直道の生い立ちと経歴 大島直道は、1873年(明治6年)3月22日に佐賀県佐賀市に生まれました。1895年(明治28年)に帝国大学法科大学を卒業し、警視庁に入り、警部補、警部、警視、警視正、警視監を歴任しました。1909年(明治42年)に内務省参事官に任命され、1912年(大正元年)に佐賀県警察部長、1914年(大正3年)に広島県警察部長、1917年(大正6年)に神奈川県内務部長を歴任しました。また、1917年(大正6年)には貴族院議員に勅選されました。 大島直道は、警察官としての功績のほか、社会事業にも力を入れ、1919年(大正8年)には社会政策学会を創設し、初代会長を務めました。また、1920年(大正9年)には日本社会事業協会を創設し、初代会長を務めました。 大島直道は、1926年(大正15年)に死去しました。
歴史上の人物

前田三遊 – 解放運動に尽力したジャーナリスト

-前田三遊の生涯と功績- 前田三遊(まえださんゆう、1847-1926)は、明治時代のジャーナリストで、解放運動に尽力した人物です。彼は、部落差別をなくして、すべての日本人が平等に扱われる社会を目指しました。 前田三遊は、1847年に、筑前国(現在の福岡県)の貧しい農家に生まれました。彼は、幼い頃から部落差別を受け、それをなくすために、ジャーナリストとして活動するようになりました。 1872年、前田三遊は、「九州日報」に記者として入社し、部落差別に関する記事を多く書きました。彼は、部落差別の現状を明らかにし、それをなくすための対策を提案しました。 1884年、前田三遊は、部落差別をなくすための団体である、「人権社」を設立しました。この団体は、部落差別に関する講演会や集会を開催し、部落差別への認識を高める活動を行いました。 1895年、前田三遊は、部落差別を禁止する法律である、「部落解放令」の制定に貢献しました。この法律は、部落差別を法律で禁止し、部落民の権利を保護しました。 前田三遊は、部落差別をなくすために、生涯を捧げました。彼の活動は、部落解放運動の発展に大きく貢献し、部落民の権利を守ることにつながりました。 前田三遊は、1926年に、79歳で亡くなりました。しかし、彼の功績は、現在でも語り継がれています。彼は、部落解放運動のパイオニアとして、多くの人々から尊敬されています。
政治分野の人

白鳥鴻彰

-青森県会議員として活躍- 白鳥鴻彰氏は、青森県弘前市出身で、青森県立弘前高等学校を卒業後、早稲田大学法学部に進学しました。大学卒業後は、商社に勤務した後、1991年に青森県議会議員選挙に立候補し、初当選を果たしました。 白鳥氏は、青森県議会議員として、教育や福祉、農業など幅広い分野で活躍しました。特に、教育分野では、青森県立弘前高等学校の校長を務めた経験を活かし、教育改革に力を入れました。また、福祉分野では、高齢者や障害者の支援に尽力しました。 白鳥氏は、青森県議会議員を6期務めた後、2015年に青森県知事選挙に立候補し、当選しました。青森県知事として、白鳥氏は、経済活性化や県民生活の向上に取り組みました。 白鳥氏は、2019年に青森県知事を辞職し、現在は、青森県弘前市で暮らしています。
経済分野の人

「林田熊一」

林田熊一の生い立ちと経歴 林田熊一は、1896年(明治29年)12月25日に、奈良県高市郡高取村(現在の高取町)で、林田喜太郎とシゲの間に生まれた。父は、高取村の村長を務めたこともある人物で、熊一は4人の兄弟の中で2番目の長男だった。 熊一は、高取小学校を卒業後、高取高等小学校に進学した。しかし、高等小学校を卒業した後は、すぐに家業を継ぐことを決意し、農業に従事することになった。 1918年(大正7年)、熊一は、高取村の助役を務めていた大森弥平治の娘、フミと結婚した。そして、1922年(大正11年)に、長男の義一が誕生した。 1925年(大正14年)、熊一は、高取村の村長選挙に出馬し、見事当選を果たした。当時、熊一は28歳で、高取村史上最年少の村長となった。 熊一は、村長として、高取村の道路整備や水道整備、教育の充実など、さまざまな政策を推進した。そして、1931年(昭和6年)には、高取村を町制施行し、高取町とした。 熊一は、高取町長を4期16年務めた後、1941年(昭和16年)に退任した。退任後は、農業に従事しながら、高取町の発展に尽力した。 熊一は、1971年(昭和46年)12月19日に、75歳で死去した。
歴史上の人物

倉知鉄吉→ 日本の外務次官と貴族院議員

外交官としての足跡 倉知鉄吉は、1866年に岡山県倉敷市に生まれました。1888年に東京帝国大学を卒業後、外務省に入省しました。外交官としての最初の赴任地は、アメリカ合衆国でした。アメリカ合衆国では、公使館書記官として勤務しました。その後、中国、イギリス、フランス、ドイツなど、数カ国に赴任しました。 1899年には、外務省本省に戻り、条約局長に任命されました。この職務は、日本の対外政策を立案し、実行する責任を負うものでした。倉知鉄吉は、条約局長として、日英同盟の締結に尽力しました。日英同盟は、1902年にイギリスと日本が締結した同盟条約です。この条約は、日露戦争で日本の勝利に貢献しました。 1906年には、外務次官に任命されました。外務次官は、外務大臣に次ぐ外務省のナンバー2の役職です。倉知鉄吉は、外務次官として、日本の対外政策を指導しました。1912年には、貴族院議員に任命されました。貴族院議員は、日本の国会の上院議員です。倉知鉄吉は、貴族院議員として、日本の政治に影響を与えました。 倉知鉄吉は、1930年に死去しました。享年64歳でした。倉知鉄吉は、日本の外交官として、大きな功績を残しました。日英同盟の締結に尽力し、日本の対外政策を指導しました。倉知鉄吉は、日本の近代化に貢献した人物の一人です。