大津城主

歴史上の偉人

浅野高勝 – 織豊・江戸時代前期の武将

- 浅野高勝の生涯 浅野高勝(あさのたかかつ、1547-1611)は、織豊・江戸時代前期の武将、大名です。豊臣秀吉に仕えて、豊臣政権下で五大老の一人として活躍しました。徳川家康に仕えてからは、江戸幕府の重臣として活躍しました。 高勝は、現在の愛知県豊橋市に生まれたと言われています。若い頃は織田信長に仕えていましたが、後に秀吉に仕えました。秀吉に仕えてからは、賤ヶ岳の戦いや九州征伐などで軍功を上げ、1590年には豊臣政権下で五大老の一人になりました。五大老としては、外交や国内の政務を担いました。 1600年の関ヶ原の戦いでは、東軍(徳川家康方)に属して西軍(石田三成方)と戦いました。関ヶ原の戦いでは、東軍が勝利し、高勝は戦功を上げました。関ヶ原の戦いの後、徳川家康に仕え、徳川政権の重臣として活躍しました。徳川政権下では、江戸城の普請奉行や大坂城の普請奉行などを歴任しました。 1611年、高勝は死去しました。享年65。 高勝は、織豊・江戸時代前期を代表する武将の一人です。豊臣政権下では五大老の一人として活躍し、徳川政権下では江戸幕府の重臣として活躍しました。高勝は、その武功と政略で、豊臣政権と徳川政権の両政権で活躍した名将です。