大田氏

歴史上の偉人

根鳥皇子 – 记纪に书かれ応神天皇の皇子

-根鳥皇子の系譜と生涯- 根鳥皇子(ねとり の みこ)は、記紀に書かれた応神天皇の皇子である。系譜は、古事記では天皇の68番目の皇子であり、日本書紀では60番目の皇子となっている。 根鳥皇子の母は、伊勢国度会の出身とされる忍海部宇毛津売命(おしうまのくに の うみつめ のみこと)である。彼女は、応神天皇が皇后の仲姫命と結婚する前に寵愛した女性であり、根鳥皇子以外にも、五瀬命、仁徳天皇、履中天皇、反正天皇、允恭天皇、安康天皇、雄略天皇、清寧天皇の父であるという。 根鳥皇子は、兄の仁徳天皇の意向によって、河内国に封じられた。その場所は、現在の大阪府八尾市にあたる。根鳥皇子は、河内国で勢力を伸ばし、北は大和国、南は紀伊国にまで領土を拡大したという。 根鳥皇子は、仁徳天皇の死後、履中天皇、反正天皇、允恭天皇の3代の天皇を支持した。しかし、雄略天皇の即位後は、天皇の政策に反発して挙兵した。しかし、雄略天皇の軍に敗れて、河内国で自害したという。 根鳥皇子は、記紀にはあまり詳しく書かれていないが、河内国で大きな勢力を持っていたことがうかがえる。また、天皇の政策に反対して挙兵したことは、根鳥皇子が独立心が強く、野心的な人物であったことを示している。
歴史上の偉人

「大碓皇子」

- -大碓皇子と日本武尊- -# -兄弟の確執- 大碓皇子と日本武尊は、景行天皇の皇子で、兄弟同士だった。しかし、二人は仲が悪く、常に争っていた。その原因の一つは、日本武尊が、大碓皇子の妻である弟橘媛を奪ったことだった。弟橘媛は、日本武尊の美しさに惹かれて、彼と駆け落ちしたのだ。 大碓皇子は、弟橘媛を奪われたことに激怒し、日本武尊を討とうと決意した。彼は、兵を集めて日本武尊が滞在していた信濃の国に攻め入った。日本武尊は、大碓皇子の軍勢を迎え撃ち、激戦が展開された。 最終的に、日本武尊が勝利し、大碓皇子は戦死した。弟橘媛は、大碓皇子の死を知り、海に身を投げて死んだ。 -# -大碓皇子と日本武尊の死後の評価- 大碓皇子と日本武尊の死後、二人はどちらも神として祀られた。大碓皇子は、全国各地に祀られているが、特に、長野県の諏訪大社が有名である。日本武尊は、全国各地に祀られているが、特に、三重県の伊勢神宮が有名である。 大碓皇子と日本武尊は、どちらも日本の歴史上の人物として、その名を知られている。しかし、二人は、兄弟でありながら仲が悪く、争ったという暗い過去も持っている。 -# -大碓皇子の功績- 大碓皇子は、日本武尊と争ったことで知られているが、実は、日本武尊よりも先に東征を行い、その功績は日本武尊よりも大きいとされている。 大碓皇子は、景行天皇の命を受けて、東征に出発した。彼は、信濃国、甲斐国、相模国など、東国の各地を平定した。また、彼は、蝦夷を討伐し、東北地方を平定した。 大碓皇子の功績は、日本武尊よりも大きかったとされているが、日本武尊の方が、より有名なのは、彼が、弟橘媛を奪ったというスキャンダラスなエピソードを持っているためである。 -# -大碓皇子の死の謎- 大碓皇子は、日本武尊との戦いで戦死したとされているが、その死の詳細は謎に包まれている。 一説によると、大碓皇子は、日本武尊の軍勢に囲まれて、自害したとされている。また、一説によると、大碓皇子は、日本武尊の軍勢に捕らえられ、殺害されたとされている。 しかし、大碓皇子の死の真相は、今もなお謎である。