大納言

歴史上の偉人

日野重光

-日野重光の生涯- 日野重光(1462年 - 1535年)は、室町時代後期から戦国時代にかけての公卿・歌人である。内大臣・日野勝光の三男・日野富子の子。兄に日野広光がいる。 * 生涯 日野重光は、1462年に内大臣・日野勝光の三男として生まれた。母は日野富子。兄に日野広光がいる。 1478年、17歳の時に従三位に叙され、侍従となる。1484年、正三位に叙され、権中納言に任じられる。1486年、従二位に叙され、権大納言に任じられる。 1489年、30歳の時に参議に任じられ、右大辨を兼ねる。1492年、左大辨に任じられる。 1505年、44歳の時に内大臣に任じられる。 1512年、51歳の時に辞任し、剃髪して蓮勝と号する。 1535年、74歳で死去した。 * 歌人として 日野重光は、歌人として知られ、勅撰和歌集に10首が入集している。また、私撰和歌集『新撰菟玖波集』を撰進した。 日野重光の歌は、優美で典雅な作風が特徴である。また、自然を詠んだ歌が多く、季節の移ろいを繊細に表現している。 * 日野富子と細川政元との戦い 日野重光は、日野富子の兄であり、細川政元の義兄であった。しかし、日野富子と細川政元は、権力争いを繰り広げていた。 1507年、細川政元は、日野富子を勝竜寺城に幽閉した。これに対して、日野重光は、細川政元に挙兵し、勝竜寺城を攻めた。 しかし、日野重光は、細川政元に敗れ、降伏した。 日野富子は、細川政元によって、幽閉されたまま、1511年に死去した。 * 晩年 日野重光は、細川政元に敗れた後、剃髪して蓮勝と号した。その後は、京都の西山に隠棲し、歌三昧の生活を送った。 1535年、74歳で死去した。
歴史上の偉人

久我通基:鎌倉時代の公卿

-久我通基の生涯- 久我通基(1223-1285)は、鎌倉時代の公卿であり、内大臣、右大臣を歴任した。 彼は藤原氏北家久我流の出身で、父は久我通光の嫡男として生まれた。 1237年に元服し、叙爵を受けて従五位上に叙される。 その後、侍従、右近衛権少将、左兵衛権少将などを歴任し、1245年に参議に任命された。 翌年、権中納言に昇進し、1249年に権大納言に就任した。 1252年に内大臣に任命され、1254年に右大臣に昇進した。 彼は在職中に多くの政務を行い、朝廷の安定に貢献した。 1285年に薨去し、享年63であった。 久我通基は、鎌倉時代の公卿として、朝廷の安定に貢献した人物である。 彼は、公卿として多くの政務を行い、朝廷の権威を高めた。 また、彼は、多くの文化事業にも力を入れ、日本の文化の発展に貢献した。 久我通基は、鎌倉時代の公卿として、その功績が称えられる人物である。
歴史上の偉人

源貞恒 – 平安時代前期から中期に活躍した光孝天皇の皇子

-源貞恒の生涯と功績- 源貞恒は、平安時代前期から中期に活躍した光孝天皇の皇子です。幼名は源定省で、貞恒と名乗ったのは晩年になってからです。 貞恒は、869年に光孝天皇の第三皇子として生まれました。光孝天皇が崩御すると、兄の宇多天皇が即位しました。貞恒は、宇多天皇の異母弟として、宮中に仕えました。 貞恒は、890年に左近衛少将に任じられました。892年には、摂津守に任じられ、地方官僚として勤務しました。895年には、右近衛権中将に任じられ、再び宮中に戻りました。 897年、宇多天皇が崩御すると、醍醐天皇が即位しました。貞恒は、醍醐天皇の同母弟として、引き続き宮中に仕えました。901年には、右近衛中将に任じられました。 903年、貞恒は、右衛門督に任じられました。905年には、左馬頭と右兵衛督を兼任しました。貞恒は、宮中での要職を歴任し、醍醐天皇の下で活躍しました。 910年、貞恒は、参議に任じられ、公卿となりました。参議は、国政を協議する最高機関である太政官のメンバーです。貞恒は、公卿として、国政に参与しました。 912年、貞恒は、権中納言に任じられました。権中納言は、中納言の代理を務める官職です。貞恒は、中納言の代理として、国政を執り行いました。 914年、貞恒は、中納言に任じられました。中納言は、太政官の次官です。貞恒は、中納言として、国政を総覧しました。 918年、貞恒は、大納言に任じられました。大納言は、太政官の最高官です。貞恒は、大納言として、国政を統轄しました。 920年、貞恒は、薨去しました。享年52でした。貞恒は、平安時代前期から中期にかけて、宮中での要職を歴任し、醍醐天皇の下で活躍した人物です。
歴史上の偉人

源 昇 – 平安時代前期-中期の公卿

源 昇の生涯 源 昇(みなもと の のぼる)は、平安時代前期から中期にかけての公卿。村上天皇、冷泉天皇、円融天皇の三朝にわたり、左大臣まで昇った。 昇は、醍醐天皇の皇子・源明親王の孫で、父は源助。母は藤原義孝の娘。昇は、天暦4年(950年)に誕生した。 昇は、円融天皇の信任が厚く、永観2年(984年)に権大納言に任じられた。その後、天元3年(980年)に左大臣に任じられ、寛和元年(985年)に薨去するまでその地位にあった。昇は、公卿として、円融天皇の治世に大きな影響を与えた。 昇は、冷泉天皇の皇后・藤原詮子の父としても知られている。詮子は、円融天皇の同母姉であり、昇は円融天皇の義理の父にあたる。昇は、円融天皇と詮子の間に生まれた皇子・懐仁親王の養育にも携わった。 昇は、歌人としても活躍した。昇の歌は、『後拾遺和歌集』や『金葉和歌集』などに収められている。昇の歌は、優美で繊細な作風で知られている。 昇は、寛和元年(985年)に薨去した。享年36。昇の薨去は、朝廷に大きな衝撃を与えた。円融天皇は、昇の死を悼んで、昇に正一位を追贈した。
歴史上の偉人

源通具

-源通具の生涯- 源通具は、平安時代初期の貴族で、文徳天皇の第二皇子として生まれる。母は、藤原北家の藤原良房の娘である藤原明子。 仁寿2年(852年)に生まれ、仁寿4年(854年)に、右大臣の藤原良房によって、清和天皇の養子とされ、翌仁寿5年(855年)には、春宮となり、11歳で践祚、文徳天皇の譲位によって、第59代天皇となる。 通具は、在位中に、藤原良房が太政大臣に就任し、藤原氏による摂関政治が開始された。また、通具は、貞観4年(862年)に、藤原良房の娘である藤原温子と結婚し、3人の皇子と9人の皇女を授かった。 文徳天皇は、貞観19年(877年)に、26歳で崩御。葬儀は、朱雀門で行われた。 通具の死後、異母弟の惟喬親王が践祚し、清和天皇となった。 清和天皇は、通具の皇太子を廃し、惟喬親王を皇太子とした。 惟喬親王は、貞観20年(878年)に践祚し、陽成天皇となった。 通具は、在位中に、藤原良房が太政大臣に就任し、藤原氏による摂関政治が開始された。また、通具は、貞観4年(862年)に、藤原良房の娘である藤原温子と結婚し、3人の皇子と9人の皇女を授かった。 通具は、貞観19年(877年)に、26歳で崩御。葬儀は、朱雀門で行われた。 通具の死後、異母弟の惟喬親王が践祚し、清和天皇となった。 清和天皇は、通具の皇太子を廃し、惟喬親王を皇太子とした。 惟喬親王は、貞観20年(878年)に践祚し、陽成天皇となった。
歴史上の偉人

紀古佐美733-797

紀古佐美733-797 蝦夷征伐と阿弖流為との戦い 紀古佐美733-797は、奈良時代から平安時代にかけての日本、特に蝦夷地(現在の北海道)を巡る政情不安の時代です。この時代には、蝦夷の首長である阿弖流為が、日本の征夷軍を相手に激しく戦い、蝦夷の独立を維持しようとする蝦夷征伐が行われました。 蝦夷征伐の原因は、蝦夷と日本の交易関係の悪化や、蝦夷の首長が日本の支配に反抗したことが挙げられます。蝦夷征伐は、789年に桓武天皇が征夷大将軍に坂上田村麻呂を任命し、蝦夷地への遠征を開始したことから始まりました。田村麻呂は、蝦夷の首長たちを次々と降伏させ、蝦夷を日本の支配下に置きました。 しかし、蝦夷の首長の中には、田村麻呂の征夷軍に最後まで抵抗した者もいました。その一人で、最も有名なのが阿弖流為です。阿弖流為は、蝦夷の北部に拠点を置き、田村麻呂の征夷軍と激しく戦いました。阿弖流為は、田村麻呂の征夷軍を何度も破り、蝦夷の独立を維持しました。 しかし、阿弖流為も最終的には田村麻呂の征夷軍に敗れ、797年に降伏しました。阿弖流為の降伏により、蝦夷征伐は終結し、蝦夷は日本の支配下に置かれました。 蝦夷征伐は、日本の歴史において重要な出来事であり、日本の国土を拡大する上で重要な役割を果たしました。また、蝦夷征伐は、阿弖流為という英雄を生み出し、阿弖流為の戦いに関する史料は、日本の歴史研究において重要な資料となっています。
歴史上の偉人

藤原冬緒 – 平安時代前期の能吏

- 藤原冬緒の生涯 藤原冬緒(ふじわらのふゆお)は、平安時代前期の貴族・能吏。右大臣・藤原長良の長男。官位は正二位・参議。 冬緒は、承和7年(840年)に藤原長良の長男として誕生する。生年は、『尊卑分脈』に仁寿3年(853年)とあるが、『日本三代実録』に承和7年生まれとあるのが正しいと考えられる。 冬緒は、幼少より聡明で、学問に励んだ。特に、文章を好んで学び、文章道に秀でた。貞観2年(860年)に右近衛権少将に任官され、貞観10年(868年)には従四位下に叙せられる。 貞観12年(870年)、冬緒は右近衛権中将に任官され、翌貞観13年(871年)には越前守に任命された。冬緒は、越前守として、勤勉に職務を遂行し、民衆の信頼を得た。 元慶2年(878年)、冬緒は参議に任命され、公卿に列した。元慶4年(880年)には、右近衛大将に任官され、翌元慶5年(881年)には従三位に叙せられた。 仁和元年(885年)、冬緒は正三位に叙せられ、左近衛大将に任官された。仁和3年(887年)には、右大臣に任命された。冬緒は、右大臣として、政治に参画し、朝廷の運営に貢献した。 寛平2年(890年)、冬緒は参議を辞任し、出家した。出家後は、法名を「貞観」と名乗り、仏教に専念した。 寛平9年(897年)、冬緒は薨去した。享年58。冬緒は、能吏として知られ、朝廷に重きをなした人物であった。
歴史上の偉人

大炊御門冬信-鎌倉・南北朝時代の公卿

大炊御門冬信の生い立ちと経歴 大炊御門冬信は、鎌倉時代後期から南北朝時代前期にかけての公卿。権大納言・大炊御門良宗の子。官位は従一位・内大臣。冬信は、1292年(正応5年)に生まれました。父は権大納言・大炊御門良宗、母は四条隆親の娘です。冬信は、幼い頃から聡明で、和歌や漢詩に秀でていました。14歳の時、従五位下侍従に任じられ、以後、順調に昇進を重ねていきます。 1313年(正和2年)、22歳の時、参議に任じられて公卿の仲間入りを果たします。その後、権中納言、権大納言を歴任し、1336年(建武3年)、内大臣に任じられます。冬信は、内大臣在任中に、北朝から南朝に帰順し、南朝政権の中枢として活躍しました。 1339年(延元4年)、冬信は、尊氏に捕らえられ、伊豆国に流されました。しかし、翌年、足利直義の仲介によって赦免され、京都に戻りました。冬信は、その後も南朝政権に仕え、1369年(正平24年)に78歳で亡くなりました。 冬信は、鎌倉時代後期から南北朝時代前期にかけて活躍した公卿です。冬信は、聡明で和歌や漢詩に秀でており、順調に出世を重ねていきました。冬信は、内大臣在任中に、北朝から南朝に帰順し、南朝政権の中枢として活躍しました。冬信は、1369年(正平24年)に78歳で亡くなりました。
歴史上の偉人

平安時代後期に活躍した医師「安倍盛親」

-安倍盛親の生涯と業績- 安倍盛親は、平安時代後期に活躍した医師です。平安時代中期に活躍した医師・安倍晴明の孫であり、平安時代末期に活躍した医師・安倍頼時の父でもあります。 盛親は、1123年に生まれました。幼少期から医学を学び、18歳で医師として独立しました。 盛親は、優れた医師として知られ、多くの患者を救いました。また、医術の研究にも熱心で、多くの医学書を著しました。 盛親の最も有名な業績は、痘瘡(天然痘)の治療法を確立したことでしょう。当時の痘瘡は、非常に致死率の高い病気でしたが、盛親は、痘瘡の病因を解明し、有効な治療法を開発しました。 盛親は、日本における医学の発展に大きく貢献した医師です。その業績は、現在に至るまで高く評価されています。 盛親は、1193年に亡くなりました。享年71歳でした。
歴史上の偉人

冷泉為和:戦国の歌人と公卿

-冷泉為和の生涯と経歴- 冷泉為和(れいぜいためかず)は、戦国時代の公卿・歌人です。五摂家の筆頭である冷泉家出身で、権大納言・冷泉為益の長男として、永正13年(1516年)に生まれました。 為和は幼い頃から聡明で、和歌の才能を早くから発揮しました。15歳で元服すると、すぐに和歌の会に参加するようになり、その才能を認められていました。 為和は20歳の時に、従五位上侍従に任じられ、朝廷に出仕しました。その後、順調に昇進を重ね、25歳の時に権中納言に任じられます。しかし、その翌年に父・為益が死去すると、家督を継いで冷泉家の当主となります。 為和は家督を継いだ後も、和歌の創作に励みました。また、公卿としての職務にも熱心に取り組み、朝廷の儀式や政務に参与しました。しかし、次第に朝廷の権威が衰退していくのを見て、深く憂慮するようになりました。 天文15年(1546年)、為和は40歳で権大納言に任じられます。しかし、その翌年に起こった天文法華の乱に巻き込まれ、一時的に失脚します。しかし、その後赦免されて朝廷に復帰し、再び和歌の創作に励みました。 天文23年(1554年)、為和は48歳で薨去しました。彼の死は、和歌の世界に大きな衝撃を与え、多くの歌人が彼の死を悼みました。 為和は、戦国時代の動乱の中で、公卿として、そして歌人として生きた人物です。彼の和歌は、戦国の世の世相を反映したものも多く、その作品は現在でも高く評価されています。
歴史上の偉人

「源師頼」

-「源師頼」- -源師頼の生涯- 源師頼は、平安時代中期から後期にかけての公卿。醍醐源氏、兵部卿・源高明の三男。官位は正三位・左近衛中将。 -幼少期と青年期- 源師頼は、醍醐源氏の名門である源高明の三男として、天慶5年(942年)に誕生した。承平2年(932年)に醍醐天皇の皇子・源兼明親王が早世した後、醍醐源氏の中で頭角を現したのが、師頼の父である高明であった。天暦元年(947年)に高明が兵衛佐に任じられてからは、高明の権勢はさらに強まり、師頼もその恩恵にあずかり、天徳3年(959年)には従五位下に叙爵された。 -官人として- 康保4年(967年)に美濃守に任じられ、その後、越後守、伊予守、信濃守を歴任。長徳2年(996年)には左近衛中将に任じられ、摂津守を兼務した。長保4年(1002年)には正三位に叙せられ、寛弘4年(1007年)には大蔵卿に任じられた。 -公家として- 一条天皇の治世において、源師頼は公家として活躍した。寛弘5年(1008年)には右近衛大将に任じられ、寛弘8年(1011年)には右大臣に任じられた。治安2年(1022年)には内大臣に任じられ、治安3年(1023年)には左大臣に任じられた。万寿4年(1028年)には太政大臣に任じられ、公卿としての最高位に就いた。 -晩年- 万寿4年(1028年)に太政大臣に任じられた源師頼は、翌長元元年(1029年)に75歳で薨去した。師頼の死後、醍醐源氏は衰退し、源頼義によって清和源氏が台頭していくこととなる。
歴史上の偉人

人物伝記 – 石上麻呂

-# 石上麻呂の生涯 石上麻呂は、奈良時代の貴族・武人で、石上乙麻呂の子。官位は従五位下・紀伊守・正五位下・左大臣まで昇った。 石上麻呂は、天平14年(742年)、石上乙麻呂の子として生まれた。天平勝宝7年(755年)、従五位下に叙爵し、紀伊守に任命された。天平宝字3年(759年)、正五位下に昇叙され、左大臣に任命された。 石上麻呂は、藤原仲麻呂の乱では、孝謙天皇を支持して戦った。乱後、功績により従四位上に昇叙され、太政大臣に任命された。 天平宝字8年(764年)、石上麻呂は、病のため薨去した。享年23。 石上麻呂は、若くして亡くなったが、その生涯は波乱に満ちたものであった。藤原仲麻呂の乱では、孝謙天皇を支持して戦い、功績を挙げた。しかし、乱後、藤原仲麻呂の残党によって暗殺されたとされる。 石上麻呂は、武勇に優れ、文才にも長けた人物であった。その死は、朝廷に大きな衝撃を与え、その後の日本の政治に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

藤原朝光 – 平安時代中期の公卿・歌人

藤原朝光 - 平安時代中期の公卿・歌人 藤原朝光の生涯 藤原朝光は、平安時代中期の公卿・歌人です。藤原北家真夏流の祖である藤原朝臣良門の子として、弘仁12年(821年)に生まれました。 朝光は、若くして文章生となり、承和9年(832年)には文章得業生に補せられました。翌承和10年(833年)には、左衛門少尉に任官され、その後、右衛門権佐、右衛門佐、右兵衛佐などを歴任しました。承和13年(836年)、従五位下に叙せられ、翌承和14年(837年)には、左近衛権少将に任官されました。 承和15年(838年)、朝光は、参議に任官されて公卿に列し、翌嘉祥元年(848年)には、正四位下に昇叙されました。仁明朝では、蔵人頭や中務卿を歴任し、文徳朝では、右兵衛督や丹波権守を歴任しました。 仁寿元年(851年)、朝光は、従三位に昇叙され、翌仁寿2年(852年)には、右衛門督に任官されました。斉衡元年(854年)、朝光は、権中納言に任官され、翌斉衡2年(855年)には、正三位に昇叙されました。 天安2年(858年)、朝光は、中納言に任官され、貞観元年(859年)には、正二位に昇叙されました。貞観3年(861年)、朝光は、右大臣に任官され、貞観6年(864年)には、従一位に昇叙されました。 貞観7年(865年)、朝光は、右大臣を辞任して太政大臣に任官されました。貞観8年(866年)には、氏長者となり、貞観10年(868年)には、太政大臣を辞任しました。 貞観11年(869年)、朝光は、薨去しました。享年49歳でした。 朝光は、歌人としても知られており、その歌は『古今和歌集』や『後撰和歌集』に収められています。また、和歌の書『朝光卿和歌集』を著しています。
歴史上の偉人

「大中臣清麻呂」

大中臣清麻呂の生涯 大中臣清麻呂(おおなかとみ の きよまろ)は、奈良時代末期から平安時代初期にかけて活躍した公卿・政治家。桓武天皇の治世に参議として活躍し、平安京への遷都や延暦寺の建立などに尽力した。 清麻呂は、神祇伯・大中臣御行の五男として生まれた。幼い頃から頭脳明晰で、18歳の時に大中臣氏の氏長者となる。その後、参議に任命され、桓武天皇の側近として重きをなした。 清麻呂は、桓武天皇の信任が厚く、平安京への遷都や延暦寺の建立など、数多くの重要事業を任された。また、道鏡の乱鎮圧にも尽力し、桓武天皇の皇位継承を支えた。 806年、清麻呂は参議のまま62歳で薨去した。清麻呂の死後、桓武天皇は清麻呂の功績を讃え、正一位を追贈した。 清麻呂は、平安時代初期を代表する政治家であり、桓武天皇の治世に大きな功績を残した。その功績は、平安京への遷都や延暦寺の建立など、現在も受け継がれている。 生涯主な出来事 * 733年神祇伯・大中臣御行の五男として生まれる * 751年18歳で氏長者となる * 770年参議に任命される * 784年延暦寺の建立に尽力 * 794年道鏡の乱鎮圧に尽力 * 806年正一位を追贈され薨去する
歴史上の偉人

– 万里小路豊房

-# 万里小路豊房の生涯 万里小路豊房(までのこうじ とよふさ、1098年 - 1160年)は、平安時代後期の公卿、歌人。藤原仲房の嫡男。官位は正二位、権中納言。父は内大臣藤原仲房、母は子源中将源資通の娘。醍醐源氏の流れをくむ。 -- 生い立ち 応徳5年(1088年)、父藤原仲房の早世により、12歳で源仲宗の養子となる。伯父にあたる源俊房の養子となった甥の永久4年(1116年)に、20歳で参議となり、検非違使別当、左衛門督などの要職を歴任した。 -- 歌人として 豊房は、和歌を愛好し、歌人として知られるようになった。永久元年(1113年)に、歌集『新古今和歌集』の撰者の一人となり、数多くの歌を詠んだ。また、歌論書『和漢朗詠集』を著し、和歌の理論を確立した。 -- 政治家として 豊房は、政治家としても活躍した。大治3年(1128年)に権中納言に任じられ、政務を取り仕切った。また、天承元年(1131年)に、藤原頼長が失脚すると、藤原忠実と協力して、政権を掌握した。 -- 没後 保元元年(1156年)、保元の乱が起こり、藤原忠通が失脚すると、豊房も連座して配流された。その後、赦免されて帰京し、正二位に叙せられたが、仁安2年(1160年)に死去した。 豊房は、和歌を愛好する歌人として知られるだけでなく、政治家としても活躍した。彼の歌は、古今和歌集や新古今和歌集に収められており、現在でも多くの人に親しまれている。
歴史上の偉人

藤原良教 – その生涯と歌才

- 藤原良教の生涯 藤原良教は、平安時代中期に活躍した歌人、公卿です。藤原北家魚名流の藤原長良の子として生まれ、良房の甥にあたります。幼少より学問を好み、特に和歌に優れていました。 元慶7年(883年)に文章生に補され、やがて文章博士、右大弁、左大弁、大納言などを歴任しました。醍醐天皇の信任が篤く、昌泰4年(901年)には右大臣に任ぜられます。 延喜3年(903年)には、宇多法皇の崩御に際して、醍醐天皇の勅命により「古今和歌集」の撰進を行いました。これは、勅撰和歌集の始まりであり、良教の和歌の才能を高く評価された結果です。 延喜11年(911年)に薨去しました。享年51。 良教は、和歌の才能だけでなく、学問にも優れていました。特に、漢詩に秀でており、多くの漢詩を残しています。また、書道にも堪能で、その書風は「良教流」と呼ばれ、平安時代の書壇に大きな影響を与えました。 良教は、平安時代中期を代表する歌人で、その和歌は「古今和歌集」に多く採録されています。また、学問や書道にも優れ、平安時代の文化に大きな貢献をしました。
歴史上の偉人

藤原元方と平将門の乱

-藤原元方の生涯- 藤原元方は、平安時代前期の貴族・政治家です。藤原北家良房の子であり、右大臣・藤原忠平の弟にあたります。参議・右近衛中将・左近衛中将を歴任し、清和天皇の代に蔵人頭に任じられました。 元方は、平将門の乱の鎮圧に大きな役割を果たしました。将門が乱を起こしたとき、元方は朝廷に派遣され、将門討伐の軍勢を率いました。元方は、将門の軍勢を破り、将門を討伐しました。 将門討伐の功績により、元方は正四位下・左近衛中将に叙せられました。その後、右近衛大将・左近衛大将を歴任し、従二位に昇りました。 元方は、天慶9年(946年)に薨去しました。享年59でした。元方の死後、その子孫は藤原北家嫡流として栄華を誇りました。 -元方の生涯を振り返ると、以下のようなことがわかります。- ・藤原元方は、藤原北家良房の子であり、右大臣・藤原忠平の弟であった。 ・元方は、参議・右近衛中将・左近衛中将を歴任し、清和天皇の代に蔵人頭に任じられた。 ・元方は、平将門の乱の鎮圧に大きな役割を果たし、将門を討伐した。 ・元方は、将門討伐の功績により、正四位下・左近衛中将に叙せられ、その後、右近衛大将・左近衛大将を歴任し、従二位に昇った。 ・元方は、天慶9年(946年)に薨去した。享年59であった。 ・元方の死後、その子孫は藤原北家嫡流として栄華を誇った。
歴史上の偉人

藤原小黒麻呂:天平の乱で功を挙げた公卿

-藤原小黒麻呂の生涯- 藤原小黒麻呂は、奈良時代の貴族であり、参議、太宰大弐などを歴任しました。天平の乱では、大伴旅人軍の一員として、大伴家持と共に乱を鎮圧し、功績を挙げました。 小黒麻呂は、684年に生まれ、藤原不比等の長男として幼い頃から将来を嘱望されていました。710年に参議に任じられ、715年には太宰大弐に任じられました。太宰大弐として、九州地方の行政を司り、天平の乱では、大伴旅人軍の一員として、乱を鎮圧する功績を挙げました。その後、724年には参議に復任し、732年には正三位に叙せられました。 小黒麻呂は、737年に薨去しました。享年54歳でした。小黒麻呂は、天平の乱で功績を挙げた公卿として記憶されており、その生涯は、奈良時代の歴史を知る上で貴重な資料となっています。 -小黒麻呂の功績- 小黒麻呂は、天平の乱で功績を挙げた公卿として記憶されています。天平の乱は、740年に起こった、大伴旅人軍と藤原広嗣軍の戦いです。小黒麻呂は、大伴旅人軍の一員として、乱を鎮圧するのに貢献しました。 小黒麻呂の功績は、翌年の741年に、正三位に叙せられたことからも窺えます。正三位は、当時の官位制度では、参議の位階であり、小黒麻呂が天平の乱で功績を挙げたことが認められたものと考えられます。 小黒麻呂は、天平の乱以外にも、九州地方の行政を司る太宰大弐として、功績を挙げました。太宰大弐は、九州地方の行政を司る職であり、小黒麻呂は、太宰大弐として、九州地方の治安維持や経済発展に貢献しました。 小黒麻呂は、奈良時代の公卿として、数多くの功績を残しました。その功績は、今日の日本にも受け継がれており、小黒麻呂は、奈良時代の歴史を知る上で重要な人物の一人です。
歴史上の偉人

四条隆親:鎌倉時代の公卿と歌人

-四条隆親の生涯- 四条隆親は、鎌倉時代初期の公卿、歌人です。1177年、右大臣四条隆季の子として誕生しました。1199年に参議に任じられ、その後、権中納言、権大納言を歴任しました。1221年には内大臣に昇進し、1223年には右大臣となりました。1228年に左大臣に転任し、1232年に従一位に叙せられました。1235年に薨去しました。 隆親は、歌人としても知られており、勅撰集に70余首が入集しています。また、家集『四条大納言集』を残しています。隆親の歌は、叙景歌が多く、その繊細な描写が特徴です。 隆親は、鎌倉幕府との関係も深く、将軍源実朝や執権北条義時と親交がありました。隆親は、実朝が主催した和歌会に参加しており、義時とは親しく和歌を贈答しています。 隆親は、鎌倉時代の公卿、歌人として重要な人物であり、その生涯は、鎌倉時代の政治、文化を知る上で重要な史料となっています。
歴史上の偉人

「阿倍御主人」

-阿倍御主人の生涯- 阿倍御主人は、平安時代前期の貴族・軍人。官位は従二位・左近衛大将。阿倍仲麻呂の子。 阿倍御主人は、宝亀11年(780年)に阿倍仲麻呂の子として生まれた。桓武天皇の寵妃である藤原薬子の兄であり、薬子の計らいで天長10年(833年)に正五位上・左少弁に叙任されて公卿に列し、淳和天皇の治世では侍従・左近衛少将を歴任した。 天長10年(833年)に仁明天皇が即位すると、御主人は従四位下・左近衛中将に叙任され、承和元年(834年)には従四位上に昇叙された。承和6年(839年)には参議に任命され、承和9年(842年)には正四位下に昇叙された。 嘉祥3年(850年)には従三位に昇叙され、嘉祥4年(851年)には左大弁に任命された。この頃、御主人は藤原良房と対立したが、良房の娘である藤原明子と文徳天皇との間に皇子(後の清和天皇)が生まれたことで和解した。 嘉祥4年(851年)10月には大納言に任命され、翌嘉祥5年(852年)1月には右近衛大将を兼任した。また、仁寿3年(853年)には正三位に昇叙された。この頃、御主人は藤原良房と協力して文徳天皇の弟である惟喬親王を皇太子とした。 天安2年(858年)には左近衛大将に任命され、貞観5年(863年)には従二位に昇叙された。貞観8年(866年)には清和天皇が即位し、御主人は左大臣に任命された。 貞観11年(869年)に御主人は病のため薨去した。享年90。 御主人は、桓武天皇の寵妃である藤原薬子の兄であり、文徳天皇の皇后である藤原明子の叔父であり、清和天皇の祖父である。また、御主人は文徳天皇と清和天皇の皇太子時代の傅を務め、両天皇の治世で重きをなした。
歴史上の偉人

柳原忠光 – 南北朝時代の公卿

柳原忠光の生涯 柳原忠光は、南北朝時代の公卿です。権中納言にまで上った。柳原家15代当主。 忠光は、柳原家14代当主・柳原経光の嫡男として誕生しました。母は北畠顕家の娘・顕子です。 忠光は、若い頃から公卿として活躍し、建武3年(1336年)には権中納言に任じられました。 正平2年/貞和4年(1348年)、忠光は父経光の死により家督を相続しました。 忠光は、公卿として朝廷に仕えながら、武家とも親密な関係を築き、南北朝の争乱を収束させることに尽力しました。 応永33年(1426年)、忠光は薨去しました。享年68。 忠光は、公卿として朝廷に仕え、武家とも親密な関係を築き、南北朝の争乱を収束させることに尽力した人物でした。 忠光の死後、柳原家は衰退し、公卿の地位を維持することができなくなりました。 しかし、忠光の子孫は、江戸時代まで柳原家の家督を継ぎ、代々公卿として活躍しました。
歴史上の偉人

平棟子(2)(へいとうし)- 京極准后とよばれた鎌倉時代の皇妃

人物紹介平棟子(2) 平棟子(2)は、鎌倉時代前期の皇族。第89代後深草天皇の皇女。母は右大臣・九条師教の娘である東二条院。 建長3年(1251年)に生まれ、弘長3年(1263年)に4月14歳で亀山天皇の皇后となった。 同年に憲仁親王を出産したが、文永元年(1264年)に亀山天皇が廃位されると、その翌年に憲仁親王も廃太子の憂き目に遭う。その後も、正応元年(1288年)に伏見天皇が誕生するまで皇后の座にあった。 永仁2年(1294年)に薨去。享年44。法号は清華院。 平棟子は、亀山天皇が廃位されても皇后の座にとどまり、伏見天皇の誕生を支えた。また、亀山天皇が復位した後も、その補佐役として活躍した。 平棟子は、鎌倉時代前期の天皇家において、重要な役割を果たした女性であった。
歴史上の偉人

阿野実為と南朝・後亀山天皇

-# 南北朝時代の公卿 南北朝時代は、14世紀後半から16世紀初頭にかけて、南北二つの朝廷が並立していた時代である。北朝は足利氏を中心とした武家政権であり、南朝は持明院統の皇統からなる朝廷であった。南北朝時代の公卿とは、この南北二つの朝廷に仕えていた公家である。 南北朝時代の公卿には、北朝に仕えた公卿と南朝に仕えた公卿の二種類がある。北朝に仕えた公卿は、足利氏から官職を与えられ、北朝の政務に参与していた。南朝に仕えた公卿は、持明院統の天皇から官職を与えられ、南朝の政務に参与していた。 南北朝時代の公卿は、いずれも貴族階級に属しており、高い教養を身につけていた。彼らは、和歌や漢詩などの文学に優れており、書道にも通じていた。また、彼らは、音楽や舞踊などにも堪能であった。 南北朝時代の公卿は、南北二つの朝廷の政務に参与し、重要な役割を果たしていた。彼らは、天皇の側近として天皇を補佐し、天皇の命令を諸国に伝達していた。また、彼らは、朝廷の儀式や祭祀を取り仕切り、朝廷の秩序を維持していた。 南北朝時代の公卿は、日本の歴史上重要な役割を果たした。彼らは、南北二つの朝廷の政務に参与し、日本の政治や文化の発展に貢献した。
歴史上の偉人

藤原是公 – 奈良時代の公卿

藤原是公の生涯 藤原是公(ふじわら の これきみ)は、奈良時代の公卿。藤原中臣鎌足の子である藤原不比等の長男。官位は従一位、左大臣。 天武天皇14年(685年)に生まれる。持統天皇9年(695年)に蔭位により直広肆・治部卿に任ぜられる。文武天皇元年(697年)に正五位下に叙せられ、兵部卿に任ぜられる。大宝2年(702年)に大宝律令の編纂に参加し、正五位上に叙される。慶雲3年(706年)に左大弁に任ぜられる。和銅2年(709年)に侍従に任ぜられる。 和銅4年(711年)に中納言に任ぜられる。霊亀2年(716年)に従三位に叙せられ、左近衛大将に任ぜられる。養老2年(718年)に右大臣に任ぜられる。養老4年(720年)に正三位に叙せられる。天平元年(729年)に正二位に叙せられる。天平3年(731年)に従一位に叙せられる。天平4年(732年)に左大臣に任ぜられる。天平12年(740年)に薨去。享年56。 藤原是公は、藤原不比等の長男として生まれ、奈良時代の公卿として活躍した。大宝律令の編纂に参加し、中納言、右大臣、左大臣を歴任した。天平12年(740年)に薨去し、享年56であった。