大谷大作

芸能分野の人

「大谷広右衛門(5代)」

小見出し「江戸時代後期の歌舞伎役者」 大谷広右衛門(5代)は、江戸時代後期の歌舞伎役者である。 江戸市村座の初代・大谷広右衛門 (初代) の五代目で、父は三代目大谷広右衛門。 1754年(宝暦4年)に江戸で生まれる。本名は中村勘右衛門。 1761年(宝暦11年)に市村座で初舞台を踏む。 1774年(安永3年)に四代目大谷広右衛門を襲名。 1776年(安永5年)には江戸中村座の座元となる。 1789年(寛政元年)には江戸市村座の座元となる。 1795年(寛政7年)に四代目河原崎権十郎を襲名。 1803年(享和3年)に江戸市村座で没する。享年50。 大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の黄金期を支えた名優である。 その芸風は豪快かつ繊細で、歌舞伎の様々な役柄を演じ分けた。 中でも、荒事の役を得意とし、その豪快かつ勇壮な演技は観客を魅了した。 また、世話物の役も得意とし、その繊細かつ情感あふれる演技は観客の涙を誘った。 大谷広右衛門(5代)は、その芸風から「歌舞伎の鬼才」と呼ばれ、多くの弟子を育て上げた。 その弟子には、五代目大谷友右衛門、三代目坂東彦三郎、二代目尾上松助などがいる。 大谷広右衛門(5代)は、江戸歌舞伎の発展に大きく貢献した名優である。 その芸風は、現在でも多くの歌舞伎役者によって受け継がれている。