大関

歴史上の偉人

大達羽左衛門:明治時代の力士

-大達羽左衛門の生涯- 大達羽左衛門は、明治時代の力士です。右四つ、寄り、押しを得意とし、明治23年(1890年)に横綱免許を獲得しました。 大達羽左衛門は、嘉永元年(1848年)、現在の福島県いわき市に生まれました。本名は関口源蔵です。幕末の戊辰戦争では、会津藩に従軍し、戊辰戦争後には、郷里の福島県に戻って農業を営んでいました。 明治9年(1876年)、上京して角界入りし、春日山部屋に入門しました。明治13年(1880年)には、三段目に昇進し、明治17年(1884年)には、幕下まで昇進しました。 明治20年(1887年)には、十両に昇進し、明治21年(1888年)には、入幕を果たしました。入幕後も、着実に番付を上げ、明治23年(1890年)には、横綱免許を獲得しました。 横綱昇進後は、明治24年(1891年)から明治26年(1893年)まで、3連覇を達成しました。しかし、明治27年(1894年)に、右膝を負傷して、引退を余儀なくされました。 引退後は、年寄・尾車として後進の指導にあたりました。明治36年(1903年)に死去しました。 大達羽左衛門は、明治時代の相撲界を代表する力士の一人です。土俵の上では、右四つ、寄り、押しを得意とし、豪快な相撲で人気を集めました。また、人格者としても知られ、後輩力士から慕われていました。
歴史上の偉人

水原親憲 – 織豊・江戸時代前期の武将

-水原親憲の生涯- 水原親憲は、織豊・江戸時代前期の武将です。備中国賀陽郡出身で、父は水原勝時、母は不詳です。幼名は太郎八郎といい、後に親憲と改名しました。 親憲は、はじめ豊臣秀吉に仕え、文禄の役で朝鮮に出兵しました。その後、関ヶ原の戦いで東軍に属し、徳川家康に仕えました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属し、功績を上げて備中国賀陽郡1万石を拝領しました。慶長19年(1614年)、大坂冬の陣では、豊臣方と戦って功績を上げ、備中国賀陽郡2万石に加増されました。 元和元年(1615年)、大坂夏の陣では、豊臣方と戦って戦死しました。享年38歳でした。 親憲は、勇猛果敢な武将として知られ、徳川家康から「鬼親憲」と呼ばれていました。また、和歌や茶の湯にも通じた文武両道の武将でした。 親憲の死後、跡を継いだのは長男の水原親清でした。親清は、備中国賀陽郡2万石を継ぎ、子孫は代々備中国賀陽郡の領主を務めました。
スポーツカテゴリー

「平井隈山」

-「平井隈山」とは何か- 「平井隈山」は、岐阜県と富山の県境にある標高1,737mの山である。南北に連なる飛騨山脈の北端に位置し、岐阜県側は高山市上宝町、富山県側は南砺市井口に属する。 平井隈山の山体は花崗岩で構成されており、周辺の山々よりも標高が高い。そのため、平井隈山は飛騨山脈のランドマーク的な存在であり、遠くからもその姿を見ることができる。 平井隈山は、高山と富山を結ぶ街道である飛騨街道の難所として知られている。江戸時代には、飛騨街道の平井隈山付近には関所が設置されており、通行する人々の荷物や身分を改めた。 平井隈山は、登山者にも人気の山である。山頂からは、360度の景色が広がり、飛騨山脈の他の山々や、岐阜県と富山の街並みを見ることができる。また、平井隈山の周辺には多くの高山植物が生息しており、季節によっては、花を愛でながら登山を楽しむことができる。
スポーツカテゴリー

力士の巨体 – 釈迦ケ岳雲右衛門

-雲右衛門の生い立ちと力士としての経歴- 釈迦ケ岳雲右衛門は、天明6年(1786年)、山形県酒田市に生まれた。幼名は、弥八。父親は、酒田の裕福な商家、五十嵐家の次男で、母は、同郡の庄内藩士の娘であった。弥八は、幼い頃から相撲を好んでおり、近所の子供たちとよく取っ組み合っていた。 12歳の時、弥八は上京し、浅草の相撲茶屋「相模屋」に入門した。当時の相撲界は、江戸相撲と上方相撲に分かれており、江戸相撲は外様力士と呼ばれていた。弥八は、外様力士として江戸相撲で活躍した。 弥八は、1807年(文化4年)に初土俵を踏んだ。1812年(文化9年)には、前頭筆頭に昇進し、1814年(文化11年)には、大関に昇進した。1816年(文化13年)には、横綱に昇進した。 雲右衛門は、身長2m10cm、体重200kgを超える巨体で、怪力の持ち主であった。また、足腰が強く、投げ技を得意とした。雲右衛門は、横綱に昇進してから10年間、相撲界の第一人者として君臨した。 雲右衛門は、1826年(文政9年)に引退した。引退後は、江戸の相撲茶屋「田沼屋」を経営し、相撲の後進の指導に当たった。雲右衛門は、1833年(天保4年)に死去した。享年47。
スポーツカテゴリー

力士からタレントへ転身した小錦八十吉(2代)の歩み

生まれと入門 小錦八十吉(2代)は、1963年3月12日に東京都墨田区で生まれました。本名は竹内寿宏です。父親は元力士で、母親は元芸者でした。小錦は幼い頃から相撲が大好きで、小学校5年生の時に相撲クラブに入りました。その後、中学校卒業後、元横綱の大鵬幸喜にスカウトされて、1978年に九重部屋に入門しました。 小錦は、入門後すぐに頭角を現し、1984年には新十両に昇進。翌1985年には新入幕を果たしました。小錦は、その巨体と豪快な取り口で人気を集め、1990年には大関に昇進しました。しかし、1993年に交通事故に遭い、大関から陥落してしまいました。 その後、小錦は再起を目指して相撲を続けましたが、1999年に引退しました。引退後は、タレントに転身し、テレビや映画に出演しました。また、タレント活動のかたわら、相撲解説者としても活躍しています。
スポーツカテゴリー

力士千代大海の強さと人生

-千代大海の素晴らしい経歴- 千代大海龍二(ちよのうみ りゅうじ、1971年2月25日 - )は、石川県小松市出身の元大相撲力士。開放的な取り口で「石川の暴れ川」の異名を取り、1999年11月場所では横綱に昇進した。最高位は横綱。引退後は年寄・九重を襲名し、日本相撲協会理事の役職にあったが、2023年3月10日に協会を退職した。大阪相撲記者クラブからは特別賞を受賞した。 千代大海は、1989年3月場所で初土俵を踏んだ。1992年5月場所に十両に昇進し、1993年1月場所で新入幕を果たした。幕内では、1996年9月場所と1997年3月場所の2回、優勝を果たした。1999年11月場所に横綱に昇進し、2000年1月場所では、横綱貴ノ浪を破って初優勝を果たした。 しかし、その後は怪我に悩まされ、優勝争いに絡むことが少なくなった。2003年5月場所限りで現役を引退した。千代大海の通算成績は、856勝397敗22休、勝率.683である。 千代大海は、その素晴らしい成績と開放的な取り口で、多くの人々に愛された力士であった。引退後は、年寄・九重を襲名し、日本相撲協会理事の役職にあったが、2023年3月10日に協会を退職した。
スポーツカテゴリー

出島武春 ~平成時代の力士~

出島武春の経歴と成績 出島武春は、1971年1月13日に熊本県熊本市で生まれた。本名は成松武春。熊本市立白藤中学校卒業後、熊本県立熊本東高等学校に進学。高校卒業後は、大相撲の二所ノ関部屋に入門した。 1989年3月場所に、初土俵を踏んだ。四股名は、出島。同年7月場所に、序二段で優勝。1990年1月場所に、三段目で優勝。同年3月場所に、幕下で優勝。1991年3月場所に、十両に昇進。同年5月場所に、新入幕を果たした。 幕内在位は、14場所。最高位は、前頭3枚目。1994年5月場所には、10勝5敗の成績で、敢闘賞を受賞した。1996年5月場所に、引退した。 引退後は、年寄・出島を襲名。2002年には、放駒部屋の師匠に就任した。2010年には、日本相撲協会の理事長に就任した。2012年には、退任した。 出島武春は、身長185cm、体重135kg。得意技は、右四つ、寄り、押し。
スポーツカテゴリー

「雅山哲士」(幕内力士)

-「雅山哲士」(幕内力士)- -雅山哲士のプロフィール- 雅山哲士は、青森県八戸市出身の本名・紺野哲士さん。 2007年3月場所初土俵。 身長188.5cm、体重140kg。 所属部屋は、宮城野部屋です。 最高位は、東前頭8枚目。 得意技は、突き、押し。 雅山の主な戦績は、2016年名古屋場所で優勝決定戦に進出し、残念ながら優勝を逃したという実績があります。 他にも、2016年3月場所では敢闘賞を受賞し、2017年九州場所では技能賞を受賞しています。 雅山は、2019年1月場所では新入幕を果たし、2019年3月場所では東前頭8枚目まで番付を上げました。 雅山は、今後も大活躍が期待される力士の1人です。
スポーツカテゴリー

武双山正士 – 幕内優勝を果たした力士

武双山の歩み 武双山正士は、1973年3月13日に青森県青森市で生まれた。本名は吉岡正士。身長189cm、体重160kg。 武双山は、小学生の頃から相撲を始め、中学時代には全国大会に出場した。その後、青森県立青森高等学校に進学し、高校2年の時に全国高等学校相撲選手権大会で優勝した。 高校卒業後は、日本大学に進学。大学3年の時に学生横綱となり、全日本相撲選手権大会でも優勝した。 1996年に、武双山は二子山部屋から大相撲に入門した。入門時の四股名は、本名と同じ吉岡正士であった。 1997年3月場所に初土俵を踏む。同年7月場所には幕下に昇進し、11月場所では十両に昇進した。 1998年1月場所では、新入幕を果たした。同年3月場所では、11勝4敗の好成績を収めて、幕内優勝を果たした。武双山は、青森県出身としては初の幕内優勝力士となった。 武双山は、その後も活躍を続け、2002年9月場所では、2度目の幕内優勝を果たした。 しかし、2003年1月場所後に、急性腎不全を発症した。武双山は、その後も闘病を続けたが、2005年11月17日に、32歳の若さで亡くなった。 武双山は、短期間の現役生活ながら、幕内優勝2回、三賞1回を受賞するなど、活躍しました。武双山の死は、相撲界に大きな衝撃を与えました。
歴史上の偉人

「丸山権太左衛門」

# 「丸山権太左衛門」 - 丸山権太左衛門の生い立ちと経歴 丸山権太左衛門は、1549年に能登国珠洲郡で生まれました。父は丸山権太左衛門尉重吉、母は不明です。権太左衛門は、幼い頃から武芸に秀でており、15歳で上洛して剣術を学びました。18歳のときには、織田信長の家臣となり、各地を転戦しました。 1582年、本能寺の変が起こると、権太左衛門は羽柴秀吉に仕えました。秀吉の九州征伐では、島津氏を破って九州を平定するのに貢献しました。1590年の小田原征伐では、北条氏を破って関東を平定するのに貢献しました。 秀吉の死後は、徳川家康に仕えました。関ヶ原の戦いでは、東軍に属して西軍を破りました。1603年、家康が江戸幕府を開くと、権太左衛門は幕府の重臣となりました。1615年の大坂冬の陣、夏の陣では、豊臣氏を破って大坂城を陥落させるのに貢献しました。 権太左衛門は、武勇に優れていただけではなく、行政手腕にも優れていました。1619年には、大坂城の代官に任命され、大坂の復興に尽力しました。1623年には、京都所司代に任命され、京都の治安維持に努めました。 権太左衛門は、1627年に79歳で亡くなりました。権太左衛門は、戦国時代から江戸時代にかけて活躍した名将であり、徳川幕府の礎を築いた功臣の一人です。
スポーツカテゴリー

鏡岩善四郎:偉大な力士とその人生

鏡岩善四郎偉大な力士とその人生 鏡岩善四郎とは? 鏡岩善四郎は、日本の大相撲で活躍した力士です。 1872年(明治5年)に大分県で生まれ、1891年(明治24年)に相撲界に入門しました。 四股名は、地元の鏡山に由来する「鏡岩」に、師匠である佐ノ山宗五郎の四股名「善四郎」を合わせたものです。 鏡岩は、恵まれた体格と抜群の運動神経を活かして、順調に出世を遂げました。1896年(明治29年)には、わずか24歳で横綱に昇進。大相撲史上3人目の最年少横綱となりました。鏡岩は、横綱として11年間在位し、10回も優勝しています。 鏡岩は、大相撲界で活躍しただけでなく、社会貢献にも力を入れました。1907年(明治40年)には、社会福祉施設「鏡岩善四郎奨学金」を設立し、貧しい学生を支援しました。また、1918年(大正7年)には、大相撲の興行のため、アメリカ合衆国に渡航しています。 鏡岩は、1928年(昭和3年)に現役を引退し、年寄「鏡岩」を襲名しました。その後は、相撲界の発展に尽力し、1935年(昭和10年)に大相撲協会の理事長に就任しました。鏡岩は、1946年(昭和21年)に死去するまで、大相撲界に多大な貢献を果たしました。
スポーツカテゴリー

貴乃花光司 – 平成の相撲のレジェンド

-貴乃花光司の栄光に満ちたキャリア- 貴乃花光司は、平成を代表する相撲のレジェンドです。1972年8月17日、東京都墨田区に生まれ、本名は貴乃花光司。父は元横綱の初代若乃花幹士、母は元宝塚歌劇団星組トップスターの藤間紫。 貴乃花は、1988年3月に初土俵を踏み、1993年5月に新入幕を果たします。1994年11月に大関に昇進し、1995年5月に横綱に昇進します。横綱在位中は、11回の優勝を果たし、1998年5月には、史上最多の69連勝を記録しています。 貴乃花は、1998年9月に引退し、年寄貴乃花を襲名して日本相撲協会に残ります。2002年1月、師匠である藤島審判部長(元大関貴ノ花利彰)が死去したため、貴乃花一門を継承します。 貴乃花は、2004年1月に日本相撲協会の理事長に就任します。理事長在任中は、相撲界の改革を積極的に推進し、2007年1月に八百長問題が発覚した際には、八百長に関与した力士の引退勧告処分を下しました。 貴乃花は、2008年12月に理事長を辞任し、2009年1月に年寄貴乃花を廃業して日本相撲協会を退職します。その後は、タレントとしてテレビや雑誌に出演するなど、幅広く活躍しています。 貴乃花は、平成を代表する相撲のレジェンドであり、その栄光に満ちたキャリアは、これからも語り継がれるでしょう。
スポーツカテゴリー

~~「緋縅力弥」

緋縅力弥の生涯 緋縅力弥は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて活躍した武将です。源平合戦では源氏方に属し、壇ノ浦の戦いで平氏を破るのに功績をあげました。また、鎌倉幕府の初代執権である源頼朝の側近として、幕府の運営に携わりました。 緋縅力弥は、武蔵国児玉郡(現在の埼玉県児玉郡)の出身です。生年は不詳ですが、1160年頃と推定されています。父は児玉党の有力な武将である児玉景頼、母は畠山重忠の娘と言われています。 緋縅力弥は、幼い頃から武芸に優れており、16歳の時に源頼朝の挙兵に従いました。頼朝の側近として各地を転戦し、寿永3年(1184年)の壇ノ浦の戦いで平氏を破るのに貢献しました。 壇ノ浦の戦い後、緋縅力弥は鎌倉幕府の初代執権に就任した源頼朝に仕えました。頼朝の側近として、幕府の運営に携わり、幕府の基礎固めに貢献しました。 建久10年(1199年)、頼朝が亡くなると、緋縅力弥は頼朝の嫡男である源頼家を補佐して幕府を運営しました。しかし、頼家は病弱で政務に不慣れだったため、幕府の運営は次第に乱れていきました。 元久2年(1205年)、緋縅力弥は頼家の側近である比企能員の謀反を鎮圧しました。比企能員は頼家の死後に権力を握ろうとしていましたが、緋縅力弥の活躍によって謀反は失敗に終わりました。 比企能員の謀反を鎮圧した後、緋縅力弥は幕府の最高権力者となりました。緋縅力弥は、幕府の運営を立て直し、頼家の弟である源実朝を将軍に就けました。 実朝が将軍に就任した後も、緋縅力弥は幕府の最高権力者として実権を握りました。緋縅力弥は、幕府の財政を立て直し、諸国の武士を統制しました。また、頼朝が制定した「御成敗式目」を改訂し、「建久御成敗式目」を制定しました。「建久御成敗式目」は、鎌倉幕府の基本法であり、幕府の運営に大きな影響を与えました。 建保7年(1219年)、緋縅力弥は承久の乱を鎮圧しました。承久の乱は、後鳥羽上皇が鎌倉幕府を打倒するために起こした反乱です。緋縅力弥は、幕府軍を率いて後鳥羽上皇の軍勢を破り、承久の乱を鎮圧しました。 承久の乱を鎮圧した後、緋縅力弥はさらに権力を強固にしました。緋縅力弥は、諸国の武士を統制し、幕府の支配を強固にしました。また、新たに御家人の身分である「御家人」を創設し、幕府と御家人の関係を強固にしました。 嘉禄3年(1227年)、緋縅力弥が亡くなりました。緋縅力弥は、鎌倉幕府の初代執権として、幕府の基礎固めに貢献した偉大な武将です。
スポーツカテゴリー

豪栄道豪太郎-平成の相撲界を代表する大関-

豪栄道の生い立ちと相撲との出会い 豪栄道豪太郎は、1986年1月29日、愛知県名古屋市に生まれました。本名は花田秀太郎です。父親は元大関の琴稲妻、母親は元幕下の花田勝治です。 豪栄道は、相撲の盛んな名古屋市で生まれ育ち、幼い頃から相撲に触れる機会が多くありました。父親の琴稲妻も相撲の指導者として活躍しており、豪栄道も自然と相撲に興味を持つようになりました。 豪栄道が初めて相撲の稽古をしたのは、5歳の時です。地元の相撲道場で稽古を始め、すぐにその才能を発揮しました。豪栄道は、体が大きく、力があり、相撲のセンスも抜群でした。 小学6年生の時に、豪栄道は全国小学生相撲大会に出場し、優勝を果たしました。この優勝を機に、豪栄道は全国的にその名が知られるようになりました。 中学卒業後、豪栄道は相撲の強豪校である埼玉栄高校に進学しました。埼玉栄高校では、全国高等学校相撲選手権大会で団体優勝を果たすなど、活躍しました。 高校卒業後は、大相撲の入門を決意しました。2004年3月に、鳴戸部屋に入門しました。入門後は、番付を順調に上げていき、2010年3月に新入幕を果たしました。 新入幕後は、すぐに頭角を現しました。2011年3月には、新小結に昇進しました。小結在位中は、3場所連続で二桁勝利を挙げるなど、大活躍しました。 2012年3月には、新関脇に昇進しました。関脇在位中は、2場所連続で二桁勝利を挙げるなど、さらに活躍しました。 2013年3月には、ついに新大関に昇進しました。大関昇進後は、3場所連続で二桁勝利を挙げるなど、大活躍しました。 豪栄道は、2014年5月場所から2016年9月場所まで、大関を維持しました。大関在位中は、2度の優勝を果たしました。 2016年11月場所、豪栄道は右膝の前十字靱帯断裂の大怪我を負い、長期休場を余儀なくされました。怪我からの復帰後は、番付を下げましたが、2018年3月場所には、見事に再入幕を果たしました。 豪栄道は、2020年3月場所限りで引退しました。引退後は、年寄「武隈」を襲名し、相撲界に残りました。 豪栄道は、平成の相撲界を代表する大関として活躍しました。豪栄道の活躍は、多くの相撲ファンに感動を与えました。
スポーツカテゴリー

大関北葉山英俊の華麗な戦歴と強さの秘訣

-大関北葉山英俊のプロフィールと経歴- 大関北葉山英俊は、1990年1月1日に東京都足立区で生まれた大相撲力士である。身長189cm、体重170kg。血液型はO型。所属する相撲部屋は、北葉山部屋である。 北葉山は、2005年3月に小学6年生で北葉山部屋に入門した。入門時の体重は110kgで、体格に恵まれ、期待の新星として注目を集めた。 北葉山は、入門直後の2005年5月に初土俵を踏み、2006年1月に序二段に昇進した。2007年1月に幕下、2008年1月に十両に昇進した。2009年1月に新入幕を果たした。 北葉山は、入幕後は安定した成績を残し、2010年1月に小結に昇進した。2011年1月に新関脇を果たし、同年7月に大関に昇進した。 北葉山は、大関として3場所連続優勝を果たし、2012年3月に横綱に昇進した。北葉山は、横綱として6場所連続優勝を果たし、2013年3月に大関に陥落した。 北葉山は、2014年1月に大関に復帰し、2015年1月に横綱に再昇進した。北葉山は、横綱として4場所連続優勝を果たし、2016年1月に大関に陥落した。 北葉山は、2017年1月に大関に復帰し、2018年1月に横綱に再昇進した。北葉山は、横綱として2場所連続優勝を果たし、2019年1月に大関に陥落した。 北葉山は、2020年1月に大関に復帰し、2021年1月に横綱に再昇進した。北葉山は、横綱として1場所優勝を果たし、2022年1月に大関に陥落した。
スポーツカテゴリー

小柳常吉:江戸時代後期の力士

- 小柳常吉の生涯 小柳常吉は、江戸時代後期の力士であり、大坂相撲の大関を務めました。 小柳常吉は、文化10年(1813年)に紀伊国伊都郡(現・和歌山県橋本市)で生まれました。 14歳の時に、江戸で力士としてデビューしました。 当時は相撲の階級制度が確立されておらず、力士は年寄りの弟子として修行を積み、師匠の推薦を得て大関以上の地位に昇進することができました。 小柳常吉は、天保11年(1840年)に大関に昇進し、大坂相撲で活躍しました。 小柳常吉は、体格が大きく、力も強く、得意技は投げ技でした。 特に、外掛け投げを得意とし、その技で多くの相手を破りました。 小柳常吉は、10年間大関を務め、嘉永6年(1853年)に引退しました。 引退後は、大坂相撲の年寄となり、若手力士の育成に尽力しました。 小柳常吉は慶応元年(1865年)に52歳で亡くなりました。 小柳常吉は、江戸時代後期の力士の代表的な一人であり、その強さは多くの相撲ファンから称賛されました。 また、小柳常吉は、後進の育成にも尽力し、相撲界の発展に貢献しました。
スポーツカテゴリー

朝汐太郎(初代) – 明治時代の伝説の力士

朝汐太郎の生い立ちと相撲への入門 朝汐太郎は、1860年(万延元年)1月15日に、現在の岡山県倉敷市児島に生まれた。本名は、山崎太郎である。父親は、山崎善太郎、母親は、山崎はまという。太郎は、幼い頃から体が大きく、力持ちだった。10歳の時には、すでに身長が180センチを超え、体重が100キロ以上あったという。 太郎は、16歳の時に、地元の相撲大会で優勝した。その大会を見た相撲関係者が、太郎にスカウトし、東京の相撲部屋に入門することを勧めた。太郎は、スカウトの勧めに乗り、1877年(明治10年)に、東京の相撲部屋である境川部屋に入門した。 境川部屋に入門した太郎は、本名である山崎太郎ではなく、朝汐太郎という四股名を名乗った。朝汐という四股名は、太郎の出身地である岡山県の児島湾にちなんでいる。児島湾は、古くから潮の流れが速いことで知られており、太郎もまた、潮の流れのように速く、強い力士になることを願って、朝汐という四股名を名乗ったとされている。 朝汐は、入門後すぐに頭角を現し、1884年(明治17年)に、わずか24歳の若さで、大関に昇進した。翌1885年(明治18年)には、横綱に昇進し、明治時代の相撲界を代表する力士となった。朝汐は、横綱として10年間君臨し、1895年(明治28年)に引退した。引退後は、年寄・高砂を襲名し、相撲界の発展に貢献した。朝汐は、1922年(大正11年)に、63歳で亡くなった。
スポーツカテゴリー

「西ノ海嘉治郎(2)」1880-1931 明治-大正時代の力士

井筒部屋に入門し明治39年入幕 西ノ海嘉治郎は、明治23年(1890年)に佐賀県唐津市で生まれました。本名は、武田嘉治郎です。幼い頃から相撲が大好きで、地元の相撲大会で活躍していました。明治33年(1900年)に、井筒部屋に入門しました。入門後は、稽古に励み、明治39年(1906年)に新入幕を果たしました。 新入幕の場所では、10勝5敗と好成績を収め、敢闘賞を受賞しました。その後も、着実に成績を上げ、明治43年(1910年)には、関脇に昇進しました。大正2年(1913年)には、大関に昇進し、大正5年(1916年)には、横綱に昇進しました。 横綱昇進後は、圧倒的な強さで、横綱在位中に38連勝を記録するなど、数々の偉業を達成しました。しかし、大正11年(1922年)に左肩を脱臼してからは、成績が下降し、大正13年(1924年)に引退しました。 引退後は、年寄・井筒として、後進の指導に当たりました。昭和6年(1931年)に、51歳で亡くなりました。
スポーツカテゴリー

稀勢の里寛 – 平成の土俵を席巻した横綱

-生い立ちと入門- 稀勢の里寛は、1987年7月3日に茨城県稲敷郡美浦村で、米農家の父と、小学校の教諭であった母の間に生まれた。本名は萩原寛。幼い頃から相撲に興味を持ち、地元の相撲クラブに通っていた。また、相撲部のあった茨城県立霞ヶ浦高等学校に進学し、活躍した。 高校卒業後は、当時横綱であった貴乃花光司が創設した貴乃花部屋に入門した。貴乃花部屋は、元横綱の貴乃花が師匠を務める部屋で、厳しい稽古と高いレベルの指導で知られていた。稀勢の里は、貴乃花部屋に入門してからも、稽古に励み、頭角を現していった。 入門してから3年後の2004年に、稀勢の里は初土俵を踏んだ。初土俵の当時は、まだ体重が軽く、幕下まで番付を上げるのに苦労したが、着実に実力を付けていき、2007年1月には新十両に昇進した。その後も、稀勢の里は順調に番付を上げ、2009年1月には新入幕を果たした。 新入幕を果たした稀勢の里は、すぐに大関候補と目されるようになり、2010年5月には、大関に昇進した。大関昇進後は、安定した成績を残し、2012年1月には、横綱に昇進した。稀勢の里は、平成生まれ初の横綱で、日本の相撲界に大きな期待を寄せられた。
スポーツカテゴリー

魁皇博之:左四つのスペシャリストの偉業

-大相撲界の伝説魁皇博之の功績- 魁皇博之は、大相撲界の伝説的な人物である。左四つのスペシャリストとして知られ、その卓越した技術と強さを誇った。魁皇の功績は、大相撲の歴史に永く残るものである。 魁皇博之は、1961年10月24日に北海道函館市で生まれた。本名は、佐藤博之。魁皇という四股名は、出身地である北海道の「魁」と、師匠の二子山親方が好んだ「皇」を組み合わせたものである。 魁皇は、15歳の時に二子山部屋に入門した。入門当初からその才能を高く評価され、順調に出世を重ねた。1981年には、わずか20歳で新入幕を果たした。 新入幕を果たしてからは、魁皇はすぐにトップ力士の仲間入りを果たした。1984年には、大関に昇進。1986年には、横綱に昇進した。 横綱に昇進した魁皇は、その圧倒的な強さで相撲界を席巻した。特に、左四つの相撲は圧巻で、対戦相手を次々と寄せ付けていった。 魁皇は、1990年には、年間69勝を挙げて全勝優勝を果たした。また、1994年には、年間73勝を挙げて2度目の全勝優勝を果たした。 魁皇は、2003年に大相撲を引退した。しかし、その功績は今もなお語り継がれている。魁皇は、大相撲界の歴史に永く残る偉大な横綱である。 魁皇の功績は、以下のようにまとめることができる。 * 15歳の時に二子山部屋に入門し、わずか20歳で新入幕を果たした。 * 1984年には、大関に昇進し、1986年には、横綱に昇進した。 * 1990年には、年間69勝を挙げて全勝優勝を果たし、1994年には、年間73勝を挙げて2度目の全勝優勝を果たした。 * 2003年に大相撲を引退したが、その功績は今もなお語り継がれている。
スポーツカテゴリー

鶴竜力三郎 – 平成時代の力士

- 鶴竜力三郎 - 平成時代の力士 -# プロフィール 鶴竜力三郎(かくりゅう りきさぶろう、1985年8月11日 - )は、モンゴル・ウランバートル出身で、日本の元大相撲力士。第71代横綱。所属部屋は阿武松部屋。血液型はA型。 本名は「ムンフバト・ダワージャルガ(モンゴル語 Мөнхбатын Даваажаргал)」。結婚後、本名の頭文字である「MD」に、横綱名の「鶴竜」を合わせて、「MD鶴竜」の愛称で呼ばれている。 身長190cm、体重155kg。得意技は左四つ、右四つ、寄り切り、送り出し。 1998年に来日し、2001年1月場所で初土俵を踏む。2004年1月場所で新十両に昇進。2005年5月場所で新入幕を果たす。2006年1月場所で関脇に昇進。2008年3月場所で小結に昇進。2009年1月場所で新三役に昇進。2012年1月場所で新大関に昇進。そして、2015年3月場所で新横綱に昇進した。 横綱昇進後は、2015年9月場所で初優勝、2016年1月場所で2度目の優勝、2017年3月場所で3度目の優勝を果たしている。しかし、2018年以降は怪我に悩まされ、優勝争いに加わることができなくなった。2021年3月場所で現役を引退した。 鶴竜は、平成の時代に活躍した力士の中で最も成功した一人である。横綱として3度の優勝を果たし、平成の横綱の中では最多記録となっている。また、大相撲史上初のモンゴル人力士の横綱であり、モンゴルで大相撲の人気を高めることに貢献した。
スポーツカテゴリー

前田山英五郎 – 日本横綱伝

-前田山英五郎の生涯と功績- 前田山英五郎は、1895年(明治28年)1月10日に福岡県小郡市に生まれました。幼名は、松之助。本名は、田中松之助です。前田山は、1914年(大正3年)に高砂部屋に入門し、1918年(大正7年)に初土俵を踏みました。 前田山は、1921年(大正10年)に新入幕を果たし、翌1922年(大正11年)に優勝しました。1923年(大正12年)に関脇に昇進し、1924年(大正13年)には大関に昇進しました。 1925年(大正14年)に横綱に昇進し、1926年(昭和元年)には二度目の優勝を果たしました。1928年(昭和3年)には三度目の優勝を果たし、1930年(昭和5年)には四度目の優勝を果たしました。 前田山は、1931年(昭和6年)に引退し、年寄・伊勢ヶ濱を襲名しました。1932年(昭和7年)に日本相撲協会の理事長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めました。 前田山は、1973年(昭和48年)1月27日に死去しました。享年77。 前田山は、大柄で力強い相撲で、相手を圧倒する土俵さばきを身上としました。また、性格は温厚で、人望が厚い人物でした。 前田山は、日本相撲協会の理事長として、相撲道の発展に尽力しました。また、相撲の普及と発展に貢献した功績により、1964年(昭和39年)に文化功労者に選ばれました。 前田山は、日本相撲界の偉大な功労者の一人であり、その功績は今もなお称えられています。
スポーツカテゴリー

日馬富士公平- 大相撲におけるスピードと力技の王者

日馬富士公平の経歴- モンゴルから日本の頂点へ 日馬富士公平は、1984年3月29日にモンゴルで生まれた。本名は大青龍明瀬(おおあおりょう あきせ)。モンゴル名はバト ボルト。 日馬富士は、18歳で来日し、藤島部屋に入門した。入門当初は日本語がまったく話せなかったが、猛練習を重ねて頭角を現し、2001年に新入幕を果たした。 新入幕後は、スピードと力技を兼ね備えた取り口で、着実に番付を上げていった。2006年には小結に昇進し、2007年には関脇に昇進。 2008年には、初優勝を果たし、大関に昇進した。2012年には、横綱に昇進した。 日馬富士は、横綱として6回優勝を果たした。2015年には、史上初の6連覇を達成した。 2017年、日馬富士は傷害事件を起こして引退した。しかし、その後はモンゴルで相撲指導者として活躍している。 日馬富士は、スピードと力技を兼ね備えた取り口で、大相撲の頂点を極めた偉大な力士である。
スポーツカテゴリー

大木戸森右衛門 (1876-1930) – 明治から大正時代に活躍した力士

大木戸森右衛門の生い立ちと入門 大木戸森右衛門は、1876年(明治9年)8月15日に、現在の福井県敦賀市に生まれました。本名は森右衛門でした。幼少期から相撲好きで、地元の相撲大会では常に優勝していました。体が大きかったことから、周囲の人々から「大木戸」と呼ばれていました。 1896年(明治29年)、19歳で上京し、相撲部屋に入門しました。入門当時は、体重が100kg以上あり、身長も180cm以上あったため、すぐに注目を集めました。入門後は、熱心に稽古を重ね、1902年(明治35年)には、わずか25歳で関脇に昇進しました。 大木戸森右衛門は、左四つからの押し相撲が得意でした。押し相撲とは、相手を土俵際まで押し出す相撲のことです。大木戸森右衛門は、相手の懐に入り込んで、徐々に押し出すことで、勝利を収めていました。 大木戸森右衛門は、1904年(明治37年)には、横綱に昇進しました。横綱は、相撲の最高位であり、大相撲界の頂点に立つ力士のことを指します。大木戸森右衛門は、横綱として活躍し、1915年(大正4年)に引退するまで、数々の優勝を飾りました。