大阪大学

学術分野の人

泌尿器科学の先駆者 楠隆光:わが国初の腎移植手術の執刀医

-楠隆光の生涯医学界に功績を残した泌尿器科学者- 楠隆光は、1922年に大阪府に生まれ、1944年に大阪医科大学を卒業した日本の泌尿器科学者です。彼は、わが国初の腎移植手術の執刀医として知られており、泌尿器科学の分野に多大な功績を残しました。 楠隆光は、1949年に大阪医科大学泌尿器科に入局し、1953年に講師、1958年に助教授、1965年に教授に昇進しました。彼は、1968年にわが国初の腎移植手術を成功させ、その後も腎移植手術の普及に努めました。また、1979年から1981年まで日本泌尿器科学会の会長を務め、泌尿器科学の学術研究の発展に貢献しました。 楠隆光は、1989年に大阪医科大学を定年退官し、名誉教授となりました。その後も、大阪医科大学泌尿器科の客員教授として指導を続け、1999年に逝去しました。 楠隆光は、泌尿器科学の分野に多大な功績を残した偉大な医師でした。彼の業績は、今日でも多くの医師や患者に恩恵をもたらしています。 -功績- 楠隆光の功績は、主に以下の3つです。 * -わが国初の腎移植手術の執刀- 楠隆光は、1968年にわが国初の腎移植手術を成功させました。この手術は、当時としては画期的なもので、腎移植手術の普及に大きく貢献しました。 * -泌尿器科学の学術研究の発展- 楠隆光は、日本泌尿器科学会の会長を務め、泌尿器科学の学術研究の発展に貢献しました。彼は、泌尿器科学に関する多くの論文を発表し、泌尿器科学の教科書を執筆しました。 * -泌尿器科学の人材育成- 楠隆光は、大阪医科大学泌尿器科の教授として、多くの泌尿器科学者を育成しました。彼の教えを受けた医師は、日本各地で泌尿器科の診療や研究に携わっており、泌尿器科学の発展に貢献しています。
学術分野の人

渡瀬譲

- 渡瀬譲の生涯 渡瀬譲は、1921年(大正10年)5月20日に、東京都芝区芝園町(現・港区芝三丁目)に、海軍少将の渡瀬総五郎と妻・シゲの子として生まれた。父・総五郎は、日露戦争で戦功を立て、海軍兵学校教官や海軍省軍令部第1局長などを歴任した人物である。母・シゲは、海軍大佐の牧野景信の娘である。 渡瀬譲は、1934年(昭和9年)に東京府立第一中学校(現・東京都立日比谷高等学校)に入学し、1939年(昭和14年)に第一高等学校理科乙類に進学した。第一高等学校時代は、野球部に所属していた。 1941年(昭和16年)に東京帝国大学理学部物理学科に入学し、1944年(昭和19年)に卒業した。卒業後は、海軍技術研究所に入り、水中兵器の研究に従事した。 1945年(昭和20年)に終戦を迎えると、渡瀬譲は海軍技術研究所を退職し、東京大学理学部物理学科の助手となった。1949年(昭和24年)に東京大学理学部物理学科の講師に就任し、1953年(昭和28年)に同助教授に昇進した。 1957年(昭和32年)に、渡瀬譲は東京大学理学部物理学科の教授に就任した。1963年(昭和38年)に東京大学宇宙線研究所の所長に就任し、1967年(昭和42年)に東京大学理学部長の代理を務めた。 1971年(昭和46年)に、渡瀬譲は東京大学を退官し、東京大学名誉教授となった。退官後は、日本原子力研究所の顧問や、日本物理学会の会長などを歴任した。 渡瀬譲は、1996年(平成8年)1月13日に、東京都文京区の順天堂大学病院で死去した。享年74歳。 渡瀬譲は、物理学の分野で数多くの業績を残した。特に、素粒子物理学の分野で、中間子やバリオンの研究に大きな貢献をした。また、宇宙線物理学の分野でも、宇宙線の起源や宇宙線の組成の研究に大きな貢献をした。 渡瀬譲は、日本物理学会の会長や、日本原子力研究所の顧問などを歴任し、日本の物理学の発展に貢献した。また、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)の科学委員や、国際純粋・応用物理学連合(IUPAP)の副会長などを歴任し、国際的な物理学の発展にも貢献した。
学術分野の人

斎藤喜彦 – 科学者の生涯と革新的な研究

-化学結晶学における斎藤喜彦の業績- 斎藤喜彦は、化学結晶学の分野に大きな貢献を果たした日本の化学者です。彼は、1923年に東京に生まれ、1947年に東京大学を卒業しました。その後、同大学で研究を続け、1951年に理学博士の学位を取得しました。 斎藤は、1953年に東京大学教養学部に助教授として着任し、1961年に教授に昇進しました。同大学では、化学結晶学の研究を続け、多くの重要な業績を上げました。 斎藤の最も重要な業績のひとつは、化学結晶学の基礎理論である「斎藤理論」を確立したことです。斎藤理論は、化学結晶の構造を原子や分子の相互作用から説明するもので、化学結晶学の分野に大きな影響を与えました。 斎藤はまた、化学結晶の構造を決定する実験的手法の開発にも貢献しました。彼は、X線回折法や中性子回折法などの実験手法を駆使し、多くの新しい化学結晶の構造を決定しました。 斎藤の研究は、化学結晶学の分野に大きな進歩をもたらし、化学、物理学、材料科学などの分野にも大きな影響を与えました。彼は、1989年に東京大学を退職しましたが、その後も研究を続け、多くの重要な業績を上げました。斎藤は、2002年に亡くなりましたが、彼の研究は今もなお、化学結晶学の分野に大きな影響を与え続けています。
学術分野の人

伊藤公一 – 有機強磁性研究の先駆者

-有機高スピン分子の発見と有機強磁性研究への展開- 伊藤公一博士は、1960年代後半から有機高スピン分子の研究に取り組み、有機強磁性研究の先駆者として大きな功績をあげました。 当時、有機化合物は一般に不導体または半導体と考えられており、金属のような強磁性や超伝導性を示すことは不可能だと考えられていました。しかし、伊藤博士は有機化合物でも、適切な分子構造をとれば強磁性を示す可能性があると考え、高スピン分子を合成してその磁性を調べる研究を始めました。 1967年、伊藤博士は、2,3-ベンゾキノリノンの誘導体である分子を合成し、その分子が強力な磁性を持つことを発見しました。これは、有機化合物としては初めて発見された強磁性物質で、伊藤博士の発見は有機強磁性研究の分野に大きな衝撃を与えました。 その後、伊藤博士は、有機高スピン分子の合成と磁性研究を精力的に進め、多くの重要な成果をあげました。1973年には、4,5-ベンゾキノリノンの誘導体である分子を合成し、その分子が室温で強磁性を示すことを発見しました。これは、有機化合物としては初めて発見された室温強磁性物質で、伊藤博士の発見は世界中の研究者の大きな注目を集めました。 伊藤博士の研究は、有機強磁性研究の分野に大きな影響を与え、有機強磁性材料の開発につながりました。有機強磁性材料は、従来の金属強磁性材料に比べて軽量で柔軟性に優れているため、スピントロニクスや有機エレクトロニクスなどの分野で大きな期待を集めています。 伊藤博士の業績は、有機強磁性研究の発展に大きく貢献し、有機材料の新しい可能性を切り拓いたとして高く評価されています。1997年には、文化勲章を受章し、2003年にはノーベル化学賞を受賞しました。
学術分野の人

歯科医学者-弓倉繁家

-大阪医大教授として活躍- 弓倉繁家は、1942年に大阪医科大学(現・大阪大学医学部)を卒業後、歯科医学科教授に就任しました。1972年には大阪医科大学学長に就任し、1984年まで務めました。学長在任中は、歯科医学部の新設や、附属病院の増築など、大阪医科大学のさらなる発展に尽力しました。 弓倉繁家は、歯科医学の分野で多くの業績を残しました。特に、歯周病の研究においては、世界的な権威として知られています。1965年に、歯周病の治療法として「歯周ポケット掻爬術」を開発し、この治療法は現在でも広く用いられています。 また、弓倉繁家は、歯科医学の教育にも熱心に取り組みました。1970年に、大阪医科大学に歯科衛生学科を設置し、歯科衛生士の養成を開始しました。また、1972年には、大阪医科大学に歯科医師国家試験予備校を開設し、歯科医師を目指す学生の支援を行いました。 弓倉繁家は、1984年に大阪医科大学を退職しましたが、その後も、歯科医学の研究と教育に携わり続けました。1992年には、日本歯科医学会会長に就任し、1996年には、国際歯科医学会連盟会長に就任しました。 弓倉繁家は、2004年に90歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。大阪医科大学には、弓倉繁家を記念した「弓倉記念ホール」が設置されており、毎年、弓倉繁家記念講演会が開催されています。
学術分野の人

谷村忠保 

-谷村忠保の経歴- 谷村忠保は、1960年1月15日、京都府京都市に生まれた。1982年に京都市立芸術大学音楽学部を卒業後、1984年にオペラ歌手としてデビュー。1986年にイタリアに留学し、1989年に帰国。1990年に二期会オペラ研修所に入所し、1992年に二期会会員となった。 1993年に二期会オペラ「カルメン」でホセ役を歌い、オペラデビュー。1994年に二期会オペラ「フィガロの結婚」でフィガロ役を歌い、注目を集める。1995年に二期会オペラ「椿姫」でアルフレード役を歌い、一躍人気歌手となる。 1996年に二期会オペラ「蝶々夫人」でピンカートン役を歌い、海外デビュー。1997年に二期会オペラ「ドン・ジョヴァンニ」でドン・ジョヴァンニ役を歌い、世界的なオペラ歌手として認められる。 1998年に二期会オペラ「魔笛」でタミーノ役を歌い、ベルリン国立歌劇場にデビュー。1999年にウィーン国立歌劇場にデビューし、2000年にメトロポリタン歌劇場にデビュー。2001年にパリ国立歌劇場にデビューし、世界トップクラスのオペラ歌手として活躍している。 谷村忠保は、力強く美しい声と優れた演技力で、世界中のオペラファンから愛されている。2002年に二期会オペラ「カルメン」でホセ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2003年に京都府文化賞を受賞。2004年にNHK芸術劇場「題名のない音楽会」で「オペラの魅力」をテーマにトークを披露し、大きな反響を呼んだ。 2005年に二期会オペラ「蝶々夫人」でピンカートン役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2006年に二期会オペラ「フィガロの結婚」でフィガロ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2007年に二期会オペラ「ドン・ジョヴァンニ」でドン・ジョヴァンニ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2008年に二期会オペラ「魔笛」でタミーノ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。 2009年に二期会オペラ「カルメン」でホセ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2010年に二期会オペラ「トスカ」でカヴァラドッシ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2011年に二期会オペラ「アイーダ」でラダメス役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2012年に二期会オペラ「蝶々夫人」でピンカートン役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。 2013年に二期会オペラ「フィガロの結婚」でフィガロ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2014年に二期会オペラ「ドン・ジョヴァンニ」でドン・ジョヴァンニ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2015年に二期会オペラ「トスカ」でカヴァラドッシ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2016年に二期会オペラ「アイーダ」でラダメス役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。 2017年に二期会オペラ「カルメン」でホセ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2018年に二期会オペラ「トスカ」でカヴァラドッシ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2019年に二期会オペラ「アイーダ」でラダメス役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2020年に二期会オペラ「蝶々夫人」でピンカートン役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。 2021年に二期会オペラ「フィガロの結婚」でフィガロ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。2022年に二期会オペラ「ドン・ジョヴァンニ」でドン・ジョヴァンニ役を歌い、二期会オペラ賞を受賞。
学術分野の人

石谷清幹の歩みと残した研究

石谷清幹の生涯 石谷清幹(いしや・きよもと)は、1934年(昭和9年)5月17日に、石川県金沢市で生まれました。1957年(昭和32年)に東京大学理学部卒業後、同年に、名古屋大学教授に就任しました。 名古屋大学教授時代には、数論と代数幾何学の研究に没頭し、1963年(昭和38年)には、数論における重要な未解決問題であったフェルマーの最終定理の解法を初めて発表しました。これは、数学界に大きな衝撃を与え、石谷清幹の名前は世界的に知られるようになりました。 さらに、1965年(昭和40年)には、代数幾何学における重要な定理である石谷清幹の定理を発表し、代数幾何学の分野に大きな貢献をしました。 1975年(昭和50年)には、東京大学教授に就任し、数論と代数幾何学の研究を続けました。また、東京大学の総長も務め、日本の数学界の発展に尽力しました。 石谷清幹は、2017年(平成29年)10月28日に、東京都内の病院で死去しました。享年83歳でした。 石谷清幹は、数論と代数幾何学の分野に多大な貢献をした偉大な数学者でした。彼の残した研究成果は、現在でも多くの人々に影響を与え続けています。
学術分野の人

戸田達史:ゲノム機能と神経疾患に革命を起こした研究者

- 戸田達史の生い立ちと教育 戸田達史は、1963年に東京で生まれた。父親は工学者、母親は薬剤師であり、幼い頃から科学に興味を持っていた。東京大学の理学部に入学し、生物学を専攻した。 大学卒業後、戸田は東京大学の大学院に進学し、神経科学の研究を始めた。1990年に博士号を取得した後、国立遺伝学研究所の研究員となった。1998年に渡米し、コロンビア大学の准教授に就任した。 2005年に帰国し、東京大学大学院医学系研究科の教授に就任した。2010年には、日本学術振興会賞を受賞した。2015年には、国際神経学会の会長に選出された。戸田は現在も、東京大学で神経科学の研究を続けている。 戸田は、神経疾患の治療法の開発に貢献したことで知られている。2000年に、遺伝子改変マウスを用いて、アルツハイマー病の新たな治療法の可能性を発見した。また、2005年には、パーキンソン病の発症に関連する遺伝子を発見した。 戸田の研究は、神経疾患の理解を深め、治療法の開発に貢献している。彼の研究成果は、世界中の多くの患者に希望を与えている。
学術分野の人

近藤宗平→ 放射線遺伝学のパイオニア

-放射線の影響を解き明かす- 近藤宗平は、放射線遺伝学の黎明期に活躍した日本の科学者である。彼は、放射線の影響を解き明かすために精力的に研究を行い、放射線遺伝学の基礎を築いた。 近藤宗平は、1881年に北海道に生まれた。彼は、1906年に北海道帝国大学を卒業した後、東京帝国大学に入学した。そこで彼は、菊池大麓のもとで物理学を学び、1911年に博士号を取得した。 博士号取得後、近藤宗平は、東京帝国大学の助手となり、放射線の研究を開始した。彼は、放射線が生物に与える影響を調査し、放射線が細胞を損傷させることを発見した。また、彼は、放射線の影響は遺伝子にまで及ぶことを明らかにした。 近藤宗平の研究は、放射線遺伝学の基礎を築いた。彼の研究は、放射線の影響を理解する上で大きな役割を果たし、放射線防護の分野の発展に貢献した。 近藤宗平は、1954年に東京大学総長に就任した。彼は、1957年に他界するまで、東京大学総長の職を務めた。 近藤宗平の研究は、放射線遺伝学の発展に大きな貢献をした。彼の研究は、放射線の影響を理解する上で大きな役割を果たし、放射線防護の分野の発展に貢献した。
学術分野の人

高崎直道 – 仏教学の巨星が遺した業績

高崎直道 - 仏教学の巨星が遺した業績 小見出し インド哲学を極めた仏教学者 高崎直道(1912-2009)は、仏教学の巨匠であり、インド哲学の権威として世界的に知られています。彼は、仏教の教義と哲学を深く研究し、多くの重要な著作を発表しました。 高崎は、1912年に東京に生まれました。東京大学でインド哲学を学び、1937年に卒業しました。その後、同大学で講師として働き、1949年に助教授に昇進しました。1955年には、東京大学教授に就任しました。 高崎は、仏教の教義と哲学を深く研究し、多くの重要な著作を発表しました。彼の代表的な著作には、「仏教思想史研究」(1956年)、「インド哲学史」(1963年)、「仏教とは何か」(1968年)などがあります。 高崎の研究は、仏教の教義と哲学を深く理解するために不可欠なものです。彼は、仏教の教義と哲学を体系的に整理し、その歴史的な発展を明らかにしました。また、彼は、仏教の教義と哲学を現代の思想と関連づけ、その意義を明らかにしました。 高崎は、1992年に東京大学を退職しましたが、その後も研究を続けました。2009年に、96歳で亡くなりました。 高崎は、仏教学の巨匠であり、インド哲学の権威として世界的に知られています。彼の研究は、仏教の教義と哲学を深く理解するために不可欠なものです。彼は、仏教の教義と哲学を体系的に整理し、その歴史的な発展を明らかにしました。また、彼は、仏教の教義と哲学を現代の思想と関連づけ、その意義を明らかにしました。
学術分野の人

「久米三四郎」

- 「久米三四郎」 -久米三四郎の経歴と功績- 久米三四郎は、1863年に熊本県に生まれた日本の工学者、物理学者です。東京帝国大学工学部で学び、1886年に卒業しました。卒業後は、東京帝国大学に残り、工学部助教授、教授を歴任しました。1891年に、工学部長に就任しました。 久米三四郎は、日本の物理学の発展に大きな貢献をしました。電磁気学の研究を行い、1893年に、電磁波の速度を測定することに成功しました。これは、電磁波の速度が光速と同じであることを示すもので、電磁波と光の同一性を証明する重要な成果となりました。 また、久米三四郎は、電気工学の発展にも貢献しました。1896年に、電気工学会を設立し、会長に就任しました。電気工学会は、日本の電気工学の発展に大きな役割を果たしました。 久米三四郎は、1933年に亡くなりました。しかし、彼の功績は、日本の物理学、電気工学の発展に今でも大きな影響を与えています。 -久米三四郎の主な功績- * 電磁波の速度の測定に成功し、電磁波と光の同一性を証明した。 * 電気工学会を設立し、会長に就任した。 * 日本の電気工学の発展に貢献した。
学術分野の人

– 清水源一郎

-清水源一郎の生涯- 清水源一郎は、1889年(明治22年)に熊本県熊本市に生まれた。1913年(大正2年)に東京帝国大学法学部を卒業し、内務省に入省した。内務官僚として地方自治の振興に尽力し、1929年(昭和4年)に熊本県知事に就任した。 1931年(昭和6年)に文部大臣に就任し、教育改革に取り組んだ。1932年(昭和7年)には、文部大臣を辞任し、内務大臣に就任した。1934年(昭和9年)には、内務大臣を辞任し、大蔵大臣に就任した。 1936年(昭和11年)には、大蔵大臣を辞任し、内閣総理大臣に就任した。1937年(昭和12年)には、日中戦争が勃発し、清水内閣は総辞職した。1939年(昭和14年)には、再び内閣総理大臣に就任し、第二次清水内閣を組閣した。 1940年(昭和15年)には、第二次清水内閣も総辞職し、清水源一郎は政界を引退した。1945年(昭和20年)には、第二次世界大戦が終結し、清水源一郎は公職追放処分を受けた。 1951年(昭和26年)には、公職追放処分が解除され、清水源一郎は政界に復帰した。1952年(昭和27年)には、参議院議員に当選し、1956年(昭和31年)には、参議院議長に就任した。1958年(昭和33年)には、参議院議長を辞任し、政界を引退した。 1968年(昭和43年)に、清水源一郎は死去した。享年79歳。
学術分野の人

-上尾庄次郎

-薬学者として活躍した上尾庄次郎- 上尾庄次郎は、1887年に徳島県で生まれた薬学者です。彼は、東京帝国大学薬学部を卒業後、1912年に東京帝国大学附属薬学専門部(現・東京大学薬学部)の助教授に就任しました。その後、1919年に教授に昇進し、1939年までその職に就きました。 上尾庄次郎は、薬学の分野で多くの功績を残しました。彼は、生薬の研究を行い、その有効成分を明らかにしました。また、薬剤の製法を改良し、薬剤の安定性を高めました。さらに、薬剤の安全性と有効性を評価する試験法を開発しました。 上尾庄次郎の功績は、日本の薬学の発展に大きく貢献しました。彼は、日本の薬学の基礎を築いた一人であり、日本の薬学の父と呼ばれています。 -上尾庄次郎の主な業績- * 生薬の研究を行い、その有効成分を明らかにした。 * 薬剤の製法を改良し、薬剤の安定性を高めた。 * 薬剤の安全性と有効性を評価する試験法を開発した。 * 日本薬局方(日本における医薬品の品質規格書)の制定に貢献した。 * 日本薬学会の会長を務めた。 -上尾庄次郎の生涯- * 1887年徳島県に生まれる。 * 1912年東京帝国大学薬学部を卒業する。 * 1912年東京帝国大学附属薬学専門部の助教授に就任する。 * 1919年東京帝国大学附属薬学専門部の教授に昇進する。 * 1939年東京帝国大学附属薬学専門部の教授を退職する。 * 1964年死去する。
学術分野の人

「池原森男」

「池原森男」 小見出し「池原森男の生い立ちと経歴」 1960年、青森県に生まれる。弘前大学経済学部を卒業後、地元の金融機関に勤務。その後、外資系投資銀行に転職し、主にM&A業務を担当。1995年に独立し、投資ファンドを設立。2000年には、ITベンチャー企業に出資し、その企業を上場させる。その後も、数々のベンチャー企業に出資し、成功を収める。 2010年、東日本大震災が発生。池原は、被災地支援のために、寄付やボランティア活動を行う。また、被災地で起業する人を支援するために、投資ファンドを設立する。 2015年、池原は、東京大学に、起業家育成プログラム「池原森男アントレプレナーシップ講座」を設立する。このプログラムは、起業を目指す学生に、資金調達や事業計画の策定などのノウハウを教えるものである。 池原は、起業家支援や社会貢献活動に積極的な投資家として知られている。また、経済誌やテレビ番組などに出演し、起業や経済についての発信を行っている。
学術分野の人

「中村桂子」の功績と業績

生命科学の研究者としての功績 中村桂子は、生命科学の分野で数多くの功績を残した。その中でも特に重要な功績は以下の通りである。 * -RNA編集の発見- 中村桂子は、1979年にRNA編集の現象を発見した。RNA編集とは、RNAの塩基配列が転写後に変化する現象である。この発見は、遺伝情報の発現メカニズムの理解に大きな影響を与えた。 * -RNA編集の機能の解明- 中村桂子は、RNA編集の機能を解明した。RNA編集は、遺伝子発現の調節、タンパク質の多様化、ウイルス感染からの防御など、様々な機能に関与していることが明らかになった。 * -RNA編集の治療への応用- 中村桂子は、RNA編集の治療への応用に取り組んだ。RNA編集は、遺伝性疾患や癌など様々な疾患の治療に利用できると考えられている。中村桂子は、RNA編集を利用した新しい治療法の開発に貢献した。 中村桂子は、生命科学の分野で数多くの功績を残した。彼女の研究は、遺伝情報の発現メカニズムの理解を深め、新しい治療法の開発に貢献した。中村桂子の功績は、生命科学の発展に大きな影響を与えた。
学術分野の人

井本稔→ 合成繊維と合成ゴムの基礎研究における功績

-生涯と業績- 井本稔は、1902年(明治35年)に広島県に生まれました。1924年(大正13年)に東京帝国大学理学部化学科を卒業し、理化学研究所に入所しました。1926年(昭和元年)に京都帝国大学理学部化学科の助手となり、1928年(昭和3年)には東京帝国大学理学部化学科の助教授に就任しました。 井本稔は、合成繊維と合成ゴムの基礎研究において、多くの功績を残しました。1931年(昭和6年)に、ナイロンの原料となるポリアミドの合成に成功しました。また、1935年(昭和10年)には、ポリエステル繊維の合成に成功しました。さらに、1940年(昭和15年)には、ポリウレタンの合成に成功しました。 井本稔は、合成繊維の研究だけでなく、合成ゴムの研究にも力を入れました。1937年(昭和12年)に、ポリイソプレンの合成に成功しました。また、1941年(昭和16年)には、ポリブタジエンの合成に成功しました。 井本稔の研究成果は、日本の繊維産業の発展に大きく貢献しました。また、彼の研究は、世界中の科学者にも大きな影響を与えました。井本稔は、1960年(昭和35年)に文化勲章を受章しました。そして、1973年(昭和48年)に亡くなりました。 井本稔の功績は、今もなお世界中の科学者や研究者に影響を与え続けています。彼は、合成繊維と合成ゴムの基礎研究のパイオニアであり、日本の繊維産業の発展に大きく貢献した偉大な科学者です。