大阪産業大学

学術分野の人

経済学者・尾上久雄の生涯

-生い立ちと教育- 尾上久雄は、1930年2月14日に東京で生まれた。父親は銀行員、母親は専業主婦だった。尾上は、幼い頃から勉強熱心で、特に数学と理科を得意とした。 尾上は、東京都立日比谷高等学校に進学し、そこで経済学を学んだ。日比谷高校卒業後は、東京大学経済学部に進学し、経済学を専攻した。東京大学卒業後は、同大学の大学院に進学し、経済学を研究した。 尾上は、大学院在学中に、経済学の権威である林周二に師事した。林周二は、尾上に経済学の基礎を教え、尾上の経済学者としての基礎を築いた。 尾上は、大学院卒業後は、東京大学経済学部の助手となった。助手時代には、経済学の研究を続け、多くの論文を発表した。尾上の論文は、経済学界で高く評価され、尾上は若手有望な経済学者として注目されるようになった。 1960年に、尾上は東京大学経済学部の助教授に昇進した。助教授時代には、経済学の研究を続け、さらに多くの論文を発表した。尾上の論文は、ますます経済学界で注目されるようになり、尾上は日本を代表する経済学者の一人となった。 1967年に、尾上は東京大学経済学部の教授に昇進した。教授時代には、経済学の研究を続け、さらに多くの論文を発表した。尾上の論文は、経済学界でますます注目されるようになり、尾上は世界のトップクラスの経済学者の一人となった。 尾上は、2002年に東京大学経済学部を定年退職した。退職後は、経済学の研究を続け、多くの論文を発表した。尾上の論文は、経済学界でますます注目されるようになり、尾上は経済学界の重鎮として尊敬されるようになった。 尾上は、2019年11月14日に亡くなった。享年89歳だった。尾上の死は、経済学界に大きな衝撃を与え、多くの経済学者が尾上の死を悼んだ。
学術分野の人

石谷清幹の歩みと残した研究

石谷清幹の生涯 石谷清幹(いしや・きよもと)は、1934年(昭和9年)5月17日に、石川県金沢市で生まれました。1957年(昭和32年)に東京大学理学部卒業後、同年に、名古屋大学教授に就任しました。 名古屋大学教授時代には、数論と代数幾何学の研究に没頭し、1963年(昭和38年)には、数論における重要な未解決問題であったフェルマーの最終定理の解法を初めて発表しました。これは、数学界に大きな衝撃を与え、石谷清幹の名前は世界的に知られるようになりました。 さらに、1965年(昭和40年)には、代数幾何学における重要な定理である石谷清幹の定理を発表し、代数幾何学の分野に大きな貢献をしました。 1975年(昭和50年)には、東京大学教授に就任し、数論と代数幾何学の研究を続けました。また、東京大学の総長も務め、日本の数学界の発展に尽力しました。 石谷清幹は、2017年(平成29年)10月28日に、東京都内の病院で死去しました。享年83歳でした。 石谷清幹は、数論と代数幾何学の分野に多大な貢献をした偉大な数学者でした。彼の残した研究成果は、現在でも多くの人々に影響を与え続けています。
学術分野の人

玉田珖(1915-2004)

京大教授としての経歴 1951年に京都大学助教授に就任し、1956年に教授に昇進。 1979年に定年退官するまで、京都大学の農学部で教鞭を執りました。 専門分野は植物生理学で、植物の光合成や呼吸に関する研究を行った。 1960年に、植物の光合成に必要不可欠な酵素であるルビスコを発見。 この発見は、植物の光合成の仕組みを解明する上で大きな役割を果たし、1971年に日本学士院賞を受賞しました。 また、1972年には、米国科学アカデミーの外国人会員にも選出されています。 京大教授時代の玉田珖は、研究者としてだけでなく、教育者としても活躍しました。 学生に分かりやすく植物生理学を指導し、多くの優秀な人材を育成しました。 玉田珖は、京大教授を退官した後も、植物生理学の研究を続け、2004年に89歳で逝去するまで、第一線で活躍しました。