天正14年

美術分野の人

後藤立乗 – 江戸時代前期の装剣金工

- 後藤立乗の生涯と経歴 後藤立乗は、江戸時代前期に活躍した装剣金工で、後藤家の三代目当主です。彼は、1615年頃に山城国京都で生まれ、1688年に京都で亡くなりました。 立乗は、父である後藤光乗から装剣金工の技術を学び、若い頃から刀装具の制作に携わりました。1642年頃に後藤家の三代目当主を継ぎ、装剣金工としての名声を確立しました。 立乗は、江戸幕府の御用金工として活躍し、徳川家康や徳川家光など、歴代将軍の刀装具を制作しました。また、大名や豪商からも多くの注文を受け、数多くの名作を世に送り出しました。 立乗の作品は、精巧な細工と美しい装飾が特徴です。彼は、伝統的な技法を継承しつつも、新しい技法を積極的に取り入れ、独自の作風を確立しました。 立乗の弟子には、後藤光□など、多くの優れた装剣金工がおり、彼らは立乗の作風を受け継ぎ、江戸時代の装剣金工の発展に貢献しました。 立乗は、江戸時代前期を代表する装剣金工として、今日でも多くの人々から愛されています。
歴史上の人物

岡見中務妻の活躍 – 豊臣時代女性の戦い

-岡見中務妻の背景と出自- 岡見中務妻は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した女性武将です。豊臣秀吉の側室の一人であり、秀吉の正室であるねねとは対立していました。 中務妻の出生については、諸説あります。一説には、豊臣秀吉の従兄弟である岡見三河守の娘であるとされています。また、秀吉の姉である朝日姫の娘であるとも、秀吉の弟である豊臣秀長の娘であるともいわれています。 いずれにしても、中務妻は高貴な出自の女性であったことは間違いありません。また、中務妻はかなりの美人であったと伝えられています。 中務妻は、秀吉の側室となる前は、細川忠興の正室であったともいわれています。しかし、忠興と中務妻は離縁し、中務妻は秀吉の側室となりました。 秀吉は中務妻を寵愛しており、中務妻は秀吉の子供を3人産んでいます。しかし、中務妻はねねと対立しており、ねねから疎まれています。 中務妻は、秀吉の死後も豊臣家に仕えます。そして、秀吉の息子である豊臣秀頼が成人するまでは、豊臣家の事実上の当主を務めました。 中務妻は、戦国時代から安土桃山時代にかけて活躍した女性武将です。中務妻は、高貴な出自の女性であり、かなりの美人であったと伝えられています。中務妻は、秀吉の側室となり、3人の子供を産んでいます。中務妻は、ねねと対立しており、ねねから疎まれています。中務妻は、秀吉の死後も豊臣家に仕えます。そして、豊臣秀頼が成人するまでは、豊臣家の事実上の当主を務め、亡くなります。
歴史上の人物

半井宗洙

- 半井宗洙(生没年不詳)の生涯 半井宗洙(生没年不詳)は、日本の戦国時代の武将です。半井氏の一族で、半井正周の長男とされます。越前朝倉氏に仕え、加賀平野部で大友宗麟の侵攻を防ぐ活躍をしました。 宗洙の生誕地や生年は不明ですが、永正2年(1505年)に生まれたと推定されます。半井氏は加賀国江沼郡半井村(現在の石川県加賀市)を本拠とする国衆で、宗洙の父である正周は朝倉貞景に仕えていましたが、宗洙も貞景に仕えていたものと考えられます。 大永3年(1523年)、朝倉氏と大友氏が加賀国で戦いました。この戦いで、宗洙は朝倉軍の一員として参加し、大友軍を撃退するのに貢献しました。 永禄元年(1558年)、朝倉義景が加賀国に侵攻し、大友宗麟を撃退しました。この戦いで、宗洙は朝倉軍の一員として参加し、大友軍を撃退するのに貢献しました。 永禄11年(1568年)、朝倉義景が織田信長に滅ぼされました。この戦いで、宗洙は朝倉軍の一員として参加し、織田軍と戦いましたが、敗北しました。 その後、宗洙は織田信長に仕え、天正2年(1574年)には加賀国半井村に1,000石を与えられました。 宗洙の死没年については不明ですが、天正10年(1582年)の本能寺の変の後に死去したと推定されます。 宗洙は、朝倉氏に仕えて加賀平野部を治め、大友氏や織田氏と戦った戦国武将でした。
歴史上の人物

– 高橋紹運

-大見出し- 高橋紹運 -小見出し- 戦国時代、筑前に生きた武将 -本文- 高橋紹運は、戦国時代、筑前に生きた武将です。筑前国守護代の筑紫氏に仕えていましたが、後に主家を滅ぼして筑前を平定しました。高橋紹運は、戦国大名として筑前を統治し、豊臣秀吉の九州平定にも協力しました。 高橋紹運は、永正12年(1515年)に筑前国で生まれました。筑前国守護代の筑紫惟門に仕えていましたが、天文2年(1533年)に筑紫惟門が暗殺されると、高橋紹運は筑前を平定して筑前国主となりました。 高橋紹運は、戦国大名として筑前を統治し、筑前を繁栄させました。また、高橋紹運は、豊臣秀吉の九州平定にも協力しました。天正15年(1587年)、高橋紹運は、豊臣秀吉の九州平定軍に参加して島津義久を破りました。この功績により、高橋紹運は、筑前国主として安堵されました。 高橋紹運は、慶長2年(1597年)に死去しました。享年83歳でした。高橋紹運の長男の高橋元種が筑前国主を継ぎました。 高橋紹運は、戦国時代を代表する武将の一人です。高橋紹運は、筑前を平定して筑前国主となり、筑前を繁栄させました。また、高橋紹運は、豊臣秀吉の九州平定にも協力しました。高橋紹運は、筑前を代表する武将として、現在でも多くの人々に知られています。
歴史上の人物

「北畠具親」

- 北畠具親 -# 北畠具親の生涯 北畠具親(きたばたけともちか)は、南北朝時代の公卿・武将。北畠氏第3代当主。鎌倉幕府、建武政権、南北朝時代の有力者であった北畠顕家の長男。母は藤原公兼の娘・藤原公基。 1321年、顕家の長男として誕生。1330年、父・顕家が延元5年(暦応3年)に中先代の乱で足利氏に敗れて戦死した後、10歳で北畠氏の家督を継いだ。 1335年、後醍醐天皇が崩御すると、足利尊氏と新田義貞の間で後継者争いが勃発した。具親は尊氏に従い、新田義貞と戦った。 1336年、尊氏が後醍醐天皇の皇子・後村上天皇を擁立して建武政権を樹立すると、具親は政権の重臣の一人となった。しかし、翌1337年に尊氏が後村上天皇を廃して光厳天皇を擁立すると、具親は尊氏と決裂し、南朝に帰順した。 1339年、尊氏が京都を占領すると、具親は南朝軍を率いて京都奪還を目指したが、尊氏の軍勢に敗れた。その後、具親は吉野の南朝に身を寄せ、南朝政権の復興に尽力した。 1348年、具親は南朝軍を率いて京都を攻撃し、これを占領した。しかし、翌1349年に尊氏の軍勢に奪還され、具親は吉野に退却した。 1352年、具親は南朝軍を率いて再び京都を攻撃し、これを占領した。しかし、今回も翌1353年に尊氏の軍勢に奪還され、具親は吉野に退却した。 1354年、尊氏が死去すると、その子・足利義詮が室町幕府の将軍となった。義詮は南朝との和睦を模索し、具親もこれに応じた。 1357年、具親と義詮の間で和睦が成立し、南朝と北朝の間に貞治の和約が結ばれた。この和約により、南朝と北朝は互いの存在を認め合い、南北朝の分裂は一応の終結を迎えた。 1365年、具親は南朝軍を率いて九州に遠征し、九州の南朝勢力を統一した。しかし、翌1366年に九州で死去した。享年46歳。 具親は、南朝における有力な武将の一人であり、南朝政権の復興に尽力した。
歴史上の人物

九条幸家 – 織豊-江戸時代前期の公卿

-公卿九条幸家- 九条幸家は、織豊-江戸時代前期の公卿です。九条家16代当主。関白九条兼孝の六男。官位は従一位摂政。 -生涯- 元亀2年(1571年)、九条兼孝の六男として生まれる。 天正13年(1585年)、従五位下に叙位され、侍従に任官する。 天正16年(1588年)、近衛少将に任官する。 天正18年(1590年)、従四位下に昇叙される。 天正19年(1591年)、右近衛権少将に任官する。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いで東軍に属し、戦功を立てる。 慶長6年(1601年)、従三位に昇叙され、右近衛権中将に任官する。 慶長7年(1602年)、権中納言に任官する。 慶長11年(1606年)、正三位に昇叙される。 慶長17年(1612年)、右大臣に任官する。 慶長20年(1615年)、大坂夏の陣で豊臣家を滅亡させる。 元和元年(1615年)、内大臣に任官する。 寛永5年(1628年)、摂政に就任する。 寛永13年(1636年)、従一位に昇叙される。 寛永21年(1644年)、薨去。 -人物・逸話- 九条幸家は、公家でありながら武芸に優れており、関ヶ原の戦いでは東軍に属して戦功を立てた。また、茶道や和歌を好み、文人としても知られている。 九条幸家は、徳川家康の信任が厚く、徳川家康の死後は、その遺言により、徳川秀忠の補佐役を務めた。 九条幸家は、摂政として、徳川幕府の基礎を固めるのに貢献した。特に、寛永12年(1635年)に出された「寛永の禁教令」は、キリスト教の布教を禁止し、日本のキリスト教史に大きな影響を与えた。