天正15年

歴史上の人物

戦国-織豊時代の武将・松平清善とは

-松平清善の生涯- 松平清善(まつだいらきよよし)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。三河国岡崎城主。松平広忠の嫡男。徳川家康の異父兄。 -生い立ち- 松平清善は、永禄3年(1560年)、三河国岡崎城主・松平広忠の嫡男として誕生する。母は正室・於大の方。清善は、幼少期から聡明な子供として評判が高く、家臣たちからも厚い信頼を得ていた。 -桶狭間の戦い- 永禄3年(1560年)、桶狭間の戦いで父・広忠が戦死。12歳となった清善が家督を継承する。織田信長による三河侵攻を防ぐため、清善は家臣たちと一致団結して戦った。 -三河一向一揆- 永禄6年(1563年)、三河一向一揆が発生する。一向一揆は、浄土真宗の門徒を主体とした農民の反乱で、清善の領国である岡崎城を包囲した。清善は、家臣の酒井忠次や本多忠勝らとともに奮戦し、一揆勢を退けた。 -徳川家康による三河統一- 永禄7年(1564年)、清善の弟である徳川家康が成人し、三河統一を志す。家康は、清善の協力を得て、今川氏や武田氏を相手に戦い、三河を統一した。 -清善の死- 永禄10年(1567年)、清善は病死する。享年18。家督は、弟の家康が継承した。 -清善の功績- 清善は、幼少の頃から家督を継承し、三河一向一揆や織田信長による三河侵攻など、数々の危機を乗り越えた。清善の死は、家康にとって大きな痛手となり、家康は清善の墓前で「兄上、兄上」と泣き崩れたと伝えられている。
歴史上の人物

五島純玄 – 戦国時代の武将

五島純玄の生涯 五島純玄(ごとう すみはる)は、戦国時代の武将。肥前国五島列島の領主。五島氏第13代当主。 生誕は1531年とされる。幼名は鶴寿丸。父は五島氏第12代当主・五島盛勝。母は塚脇氏。 1559年に家督を継ぐ。 1562年に有馬晴信攻め に参加。 1569年に肥前国平戸を領有する松浦隆信と戦い、これを破る。 1570年に肥前国平戸を併合し、五島列島の統一を果たす。 1578年に豊後国の大友宗麟に降伏。 1585年に豊臣秀吉の九州征伐に参陣。 1586年に豊臣秀吉から肥前国松浦郡を与えられた。 1587年に死去。享年57。 五島純玄は、五島氏の領地を拡大し、五島列島の統一を果たした名将である。また、豊臣秀吉の九州征伐に参陣するなど、豊臣政権にも仕えた。
歴史上の人物

「宥印」

- -宥印の生涯- 宥印は、1866年(慶応2年)7月13日、京都府京都市上京区の浄土寺に生まれた。幼名は、千代丸。父は、浄土寺第22世住職の宥仁。母は、操子。宥印は、3人兄弟の次男であった。 宥印は、幼い頃から仏教に親しみ、10歳の時に得度して浄土寺に入寺した。16歳の時に、第23世住職の宥暁より法灯を受け、浄土寺の住職となった。 宥印は、住職となってからも仏教の研究に励み、1893年(明治26年)には、真宗大学(現・龍谷大学)に入学した。真宗大学卒業後は、1897年(明治30年)に浄土宗大学(現・浄土宗総合研究所)に入学し、1900年(明治33年)に卒業した。 宥印は、1901年(明治34年)に、浄土宗の宗務総長に就任した。宗務総長は、浄土宗の最高責任者であり、宥印は、浄土宗の近代化に尽力した。宥印は、1903年(明治36年)に、浄土宗の機関誌である「浄土宗報」を創刊し、1905年(明治38年)には、浄土宗の教義を解説した「浄土宗要義」を出版した。 宥印は、1911年(明治44年)に、浄土宗の管長に就任した。管長は、浄土宗の最高幹部であり、宥印は、浄土宗の運営に携わった。宥印は、1913年(大正2年)に、浄土宗の布教機関である「浄土宗布教使」を創設し、1914年(大正3年)には、浄土宗の慈善事業を行う「浄土宗慈善事業団」を設立した。 宥印は、1921年(大正10年)に、皇室から「宥印」の称号を授与された。宥印は、1926年(昭和元年)に、浄土宗の管長を退任し、1928年(昭和3年)に、浄土宗の宗務総長に再任された。 宥印は、1931年(昭和6年)に、浄土宗の宗務総長を退任し、1933年(昭和8年)に、浄土寺の住職を退任した。宥印は、1936年(昭和11年)に、京都市上京区の浄土寺で死去した。享年70歳。 宥印は、浄土宗の近代化に尽力した偉大な僧侶であった。宥印は、淨土宗の機関誌「淨土宗報」を創刊し、「淨土宗要義」を出版した。また、浄土宗の布教機関「浄土宗布教使」を創設し、浄土宗の慈善事業を行う「浄土宗慈善事業団」を設立した。宥印は、1921年(大正10年)に、皇室から「宥印」の称号を授与された。宥印は、1936年(昭和11年)に、京都市上京区の浄土寺で死去した。享年70歳。
歴史上の人物

清原マリア:戦国時代に生きたキリスト教徒の女性

-清原マリアの生涯- 清原マリアは、戦国時代の女性で、戦国大名・清原景綱の娘として生まれました。清原景綱は、豊臣秀吉の九州征伐で敗北し、戦死しました。マリアは、清原景綱の死後、キリスト教に改宗しました。そして、キリスト教の伝道を始めました。マリアは、各地でキリスト教の教えを説き、多くの信者を獲得しました。しかし、当時の日本は、キリスト教を禁じており、マリアは、キリスト教の弾圧を受けました。 1597年、マリアは、他の信者たちと共に長崎で捕らえられました。そして、マリアは、キリスト教への改宗を迫られました。しかし、マリアは、キリスト教への改宗を拒否しました。そして、マリアは、他の信者たちと共に処刑されました。マリアは、キリスト教への殉教者として、現在でもその名が語り継がれています。 マリアは、キリスト教への信仰のために、命を捧げました。マリアの信仰は、多くの人々の心に感動を与えています。そして、マリアは、戦国時代に生きた、偉大な女性として、現在でも多くの人々から尊敬されています。
歴史上の人物

松屋久政:茶の湯と商人道の巨匠

-# 茶人としての人生 松屋久政は、茶人として生涯を捧げた人物でした。14歳で茶の湯の師匠である村田珠光の養子となり、茶道の奥義を学びました。珠光の死後、久政は茶道の家元を継承し、多くの弟子を育てました。また、数々の茶器を収集し、茶の湯の普及に貢献しました。久政は、茶の湯を通して、心の豊かさや人生の美しさを見出すことを説き、多くの人々に影響を与えました。 久政の茶室「待菴(たいあん)」は、京都の北野天満宮境内にあり、国の重要文化財に指定されています。この茶室は、久政が珠光の屋敷内に建てた茶室を移築したもので、質素で簡素な作りとなっています。久政はこの茶室で、多くの茶会を開き、弟子たちを指導しました。 久政は、茶人としてだけでなく、商人としても活躍しました。彼は、京都の四条河原町に呉服店「松屋」を開き、財を成しました。久政は、商売においても、茶の湯の精神を生かし、誠実さと真心を持って商売を行いました。そのため、松屋は多くの人々に愛され、繁盛しました。 久政は、茶人として、商人として、そして人生の師として、多くの人々に影響を与えた人物でした。彼の茶の湯の精神は、今もなお、多くの茶人に受け継がれています。
歴史上の人物

上井覚兼-戦国・織豊時代の武将

薩摩の国で生まれた武将 上井覚兼は、戦国時代から織豊時代にかけての武将です。薩摩国祁答院(現在の鹿児島県薩摩川内市)に生まれました。父は祁答院忠次、母は島津氏の一族である島津忠親の娘です。上井覚兼は幼い頃から武芸に優れ、15歳で初陣を飾りました。 上井覚兼は、島津氏の家臣として、数々の戦いで活躍しました。特に、1578年の木崎原の戦いでは、島津義久の命を受けて、敵方の毛利軍を奇襲し、大勝利を収めました。この戦いで、上井覚兼は「薩摩の鬼」と称されるほど、その武勇を讃えられました。 上井覚兼は、その後も島津氏に仕え、1587年の九州平定戦では、豊臣秀吉の軍勢と戦いました。しかし、島津氏は秀吉に降伏し、上井覚兼も秀吉に臣従しました。秀吉は、上井覚兼の武勇を高く評価し、肥後国に1万石を与えました。 上井覚兼は、1600年の関ヶ原の戦いで、西軍に属して戦いました。しかし、西軍は敗北し、上井覚兼も捕らえられました。上井覚兼は、徳川家康に許されて、所領を没収されたものの、命は助けられました。 上井覚兼は、その後は浪人として暮らし、1615年の大坂夏の陣では、豊臣秀頼の軍勢に属して戦いました。しかし、豊臣軍は敗北し、上井覚兼も戦死しました。上井覚兼は、その武勇を讃えられ、薩摩の国に祀られています。
歴史上の人物

戦国武将「武藤義興」の生涯

-出羽田川郡尾浦城主・武藤義興の生涯- 武藤義興は、出羽国田川郡尾浦(現在の山形県尾花沢市)の城主で、戦国時代の武将です。生年は不明ですが、永正15年(1518年)に父である武藤義胤が死去した際に家督を継いだことがわかっています。 義興は、伊達氏や最上氏の傘下に入ったことがありましたが、のちに独立して、近隣の領主と争って勢力を拡大していきました。また、山城や館を築いて領国を固め、領民の生活を安定させました。 義興は、永禄12年(1569年)に死去しました。享年52歳でした。跡を子の義氏が継ぎました。 義興は、戦国時代の混乱期にあって、領国を固めて領民の生活を安定させた名君として知られています。また、義興の子孫は、江戸時代まで続く出羽武藤氏として栄えました。 義興の生涯については、史料が少なく、謎に包まれている部分が多くあります。しかし、義興が戦国時代の出羽国において重要な役割を果たした人物であったことは間違いありません。 -武藤義興の功績- 武藤義興は、戦国時代の出羽国において、数々の功績を残しました。その主な功績は以下の通りです。 - 領国の安定化義興は、領国を固めて領民の生活を安定させました。山城や館を築いて領国を固め、領民の生活を安定させたと言われています。 - 勢力の拡大義興は、近隣の領主と争って勢力を拡大していきました。伊達氏や最上氏の傘下に入ったことがありましたが、のちに独立して、近隣の領主と争って勢力を拡大していきました。 - 出羽武藤氏の繁栄義興の子孫は、江戸時代まで続く出羽武藤氏として栄えました。義興の功績により、出羽武藤氏は江戸時代まで続く大名家として栄えました。
歴史上の人物

秋田愛季-戦国時代の武将

-戦国時代を駆け抜けた名将 秋田愛季- 秋田愛季は、戦国時代の武将です。出羽国秋田郡(現在の秋田県秋田市)の戦国大名・秋田氏の一族で、秋田城主を務めました。 愛季は、天文10年(1541年)に秋田晴季の次男として生まれました。幼名は駒松丸。永禄11年(1568年)、兄の秋田実季が死去すると、家督を継いで秋田城主となりました。 愛季は、勇猛果敢な武将として知られ、多くの戦で活躍しました。特に、天正10年(1582年)の天正壬午の乱では、織田信長に味方して、上杉景勝と戦いました。この戦いで、愛季は信長の軍勢を率いて、上杉軍を破りました。 また、愛季は、領内の治世にも力を入れました。民政に力を入れ、領内の経済発展に努めました。また、学問を奨励し、多くの学者を招いて、領内に学校を開設しました。 愛季は、天正15年(1587年)に死去しました。享年47。家督は、嫡男の秋田実季が継ぎました。 愛季は、戦国時代の武将として、多くの功績を残した名将です。勇猛果敢な武将として知られ、多くの戦で活躍しました。また、領内の治世にも力を入れ、領内の経済発展に努めました。また、学問を奨励し、多くの学者を招いて、領内に学校を開設しました。
歴史上の人物

戦国時代と織豊時代を駆け抜けた名将 大友宗麟

- 大友宗麟生涯とその功績 大友宗麟は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将であり、大友氏の第20代当主です。豊後の国(現在の大分県)を拠点に勢力を拡大し、九州の覇者として君臨しました。また、キリシタン大名としても知られ、キリスト教の布教を奨励しました。 宗麟は、永正10年(1513年)に大友義鑑の子として生まれました。幼名は義鎮、通称は塩法師丸でした。天文23年(1554年)に父が死去すると、家督を相続して大友氏の当主となりました。 宗麟は、勇猛果敢な武将として知られ、数々の戦いで勝利を収めました。永禄3年(1560年)には、豊前国(現在の大分県東部)の戦国大名である秋月種実を破り、豊前国を平定しました。永禄10年(1567年)には、薩摩国(現在鹿児島県)の島津義久を破り、九州の覇権を確立しました。 宗麟は、キリシタン大名としても知られています。天文18年(1549年)に、ポルトガルの宣教師であるフランシスコ・ザビエルが来日し、宗麟と会見しました。宗麟は、ザビエルの説くキリスト教に興味を持ち、永禄3年(1560年)に受洗しました。宗麟は、キリスト教の布教を奨励し、領内に多くの教会を建設しました。 宗麟は、永禄12年(1569年)に朝廷から従三位左近衛権少将に任官され、戦国大名として認められました。しかし、天正14年(1586年)に、豊臣秀吉の九州征伐によって敗北し、剃髪して隠居しました。宗麟は、文禄2年(1593年)に死去しました。 宗麟は、戦国時代から安土桃山時代にかけて、九州の覇者として君臨した名将であり、キリシタン大名としても知られています。宗麟の功績は、現在でも高く評価されています。
歴史上の人物

吉岡一味斎:毛利氏に仕えた悲劇の剣術家

-吉岡一味斎の生涯と功績- 吉岡一味斎は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した剣術家です。毛利氏に仕え、毛利元就の剣術指南役を務めました。一味斎は、剣術の達人として知られており、多くの弟子を育て上げました。しかし、一味斎は、主君である毛利元就の死後、毛利輝元と対立し、自害を余儀なくされました。 一味斎は、永禄元年(1558年)に備後国(現在の広島県東部)で生まれました。父は、吉岡重友といい、毛利氏の家臣でした。一味斎は、幼い頃から剣術を学び、18歳の時に毛利元就の剣術指南役となりました。一味斎は、剣術の達人として知られ、多くの弟子を育て上げました。その中には、宮本武蔵も含まれていました。 慶長5年(1600年)、関ヶ原の戦いが勃発すると、一味斎は、毛利輝元に従って西軍に参戦しました。しかし、西軍は敗北し、一味斎は、毛利輝元とともに萩城に逃れました。その後、一味斎は、毛利輝元と対立し、自害を余儀なくされました。 一味斎は、剣術の達人として知られており、多くの弟子を育て上げました。一味斎の剣術は、一味斎一流と呼ばれ、現在も伝承されています。また、一味斎は、剣術の理論書である「兵法指南書」を著しており、この書は、剣術の古典として知られています。 一味斎は、悲運の剣術家として知られていますが、その剣術は、現在も多くの剣術家に受け継がれています。一味斎は、日本の剣術史に大きな功績を残した剣術家であるといえます。
歴史上の人物

丿貫-奇行で知られた織豊時代の茶人

-丿貫の奇行と逸話- 丿貫は、織豊時代の茶人。その奇行や逸話は今なお語り継がれています。 * -茶室の天井を壊した- 丿貫は、茶室の天井を壊したことで知られています。それは、茶室を訪れた人が、天井に描かれた絵に夢中になって、茶を忘れているのを見て、 「茶を飲み忘れている」と怒って、天井を壊したのだそうです。 * -茶釜を投げ捨てた- 丿貫は、茶釜を投げ捨てたことで知られています。それは、茶会で茶釜を運ぶ茶坊主が、茶釜を落としてしまったのを見て、 「茶釜を落とした」と怒って、茶釜を投げ捨てたのだそうです。 * -茶碗を割った- 丿貫は、茶碗を割ったことで知られています。それは、茶会で茶碗を運ぶ茶坊主が、茶碗を落としてしまったのを見て、 「茶碗を落とした」と怒って、茶碗を割ったのだそうです。 * -茶室を焼いた- 丿貫は、茶室を焼いたことで知られています。それは、茶室で火事を起こした茶坊主が、火事を消せなかったのを見て、 「火事を消せなかった」と怒って、茶室を焼いたのだそうです。 これらの奇行や逸話は、丿貫の茶道に対する厳しい姿勢と、茶室や茶道具へのこだわりを示しています。丿貫は、茶道を単なる趣味ではなく、人生の修行として捉えており、茶室や茶道具は、その修行のための道具であると考えていました。そのため、茶室や茶道具をぞんざいに扱われることを許さず、奇行や逸話を起こしたのです。 丿貫の奇行や逸話は、茶道の世界ではよく知られており、茶道を学ぶ人々にとって、戒めのようになっています。茶道を学ぶ人は、丿貫の奇行や逸話を教訓として、茶道を厳しく学び、茶室や茶道具を大切に扱わなければならないのです。
歴史上の人物

加藤景乗-日本の陶工

加藤景乗の生涯 加藤景乗は、安土桃山時代から江戸時代前期に活躍した日本の陶工です。 肥前国(現在の佐賀県)に生まれ、豊臣秀吉に仕えていました。その後、秀吉の命によって朝鮮へ渡り、陶磁器の製作を学びました。帰国後、唐津藩主の寺沢広高に招かれ、唐津焼の祖となりました。景乗は、唐津焼の窯元として活躍する一方、朝鮮陶磁器の影響を受けた独自の作品も数多く残しました。 景乗は、慶長年間(1596~1615年)に朝鮮半島の慶尚南道泗川市に残されていた窯跡で陶磁器の製作を学びました。帰国後、唐津藩主の寺沢広高に招かれて唐津焼の祖となりました。景乗は、唐津焼の窯元として活躍する一方、朝鮮陶磁器の影響を受けた独自の作品も数多く残しました。 景乗の作品には、茶器や花器などがあります。茶器には、高麗茶碗を模した作品や、朝鮮風の文様が描かれた作品などがあります。花器には、唐津焼の特徴である鼠色地に白釉をかけた作品や、絵付けを施した作品などがあります。 景乗は、唐津焼の発展に大きく貢献した陶工です。その作品は、日本各地の美術館や博物館に収蔵されています。
歴史上の人物

隈部親永について

隈部親永の生涯 隈部親永(くまでもちかひさ)は、戦国時代から江戸時代初期にかけての武将、大名、冒険家、貿易家である。 隈部親永は、1541年に尾張国愛知郡隈部村(現在の愛知県名古屋市緑区)に生まれた。父は、隈部氏当主の隈部親職(ちかのぶ)である。親永は、幼少の頃から英邁(えいまい)にして、学問を好み、また武芸にも秀でていた。 16歳の時、家督を相続した。1560年の桶狭間の戦いで、織田信長に仕えて、今川義元を討ち取った功績により、三河国幡豆郡内400石を与えられた。 1568年、信長が足利義昭を奉じて上洛した際に、これに随行して上洛し、従五位下・河内守に叙任された。 1570年の姉川の戦いで、浅井長政、朝倉義景の連合軍を破った功績により、近江国坂田郡内2000石を与えられた。 1573年の長篠の戦いでは、武田勝頼の軍勢を破った功績により、美濃国加茂郡内3000石を与えられた。 1575年、信長が越前国一向一揆を討伐した際に、これに随行して越前国に赴き、一揆を鎮圧した功績により、加賀国能美郡内5000石を与えられた。 1582年の本能寺の変の後、柴田勝家と羽柴秀吉が対立した際、親永は柴田方に属した。しかし、1583年の賤ヶ岳の戦いで秀吉に敗れ、剃髪して仏門に入り、閑雲居士と号した。 1586年、秀吉の赦免により、蟄居を解かれた。そして、1593年に伏見城の城代に任命された。 1598年、秀吉の死後、徳川家康に仕え、石見国浜田城の城主に任命された。 1600年の関ヶ原の戦いでは、西軍に属して、大坂城を守備した。しかし、戦後、家康に降伏して、所領を安堵された。 1603年、家康が江戸幕府を開くと、幕府の老中の一人として、江戸城の普請奉行や大坂城の再建奉行を歴任した。 1605年、家康の命により、南蛮貿易の朱印状を賜り、朱印船を派遣して、東南アジアに赴き、貿易を行った。 1607年、朱印船を派遣して、南米に渡り、インカ帝国の遺跡であるマチュ・ピチュを発見した。 1611年、家康の死後、徳川秀忠に仕え、引き続き老中として幕政を担った。 1614年の大坂冬の陣では、豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、加増されて、石見国津和野藩10万石の大名となった。 1615年の大坂夏の陣では、再び豊臣秀頼を攻め、大坂城を落とした功績により、播磨国赤穂藩10万石に加増された。 1624年(寛永元年)、84歳で死去した。法名は、寿昌院殿法雲日栄。
歴史上の人物

高木正成 – 戦国時代から江戸時代にかけて活躍した大名

- 戦国時代の高木正成 高木正成は戦国時代の武将で、甲斐国の武田氏の家臣でした。永禄4年(1561年)に武田信玄が川中島に上杉謙信と戦った際には、上杉軍の猛攻をしのいで武田軍の勝利に貢献しました。元亀2年(1571年)の三方ヶ原の戦いでは、徳川家康軍を破った後に武田軍が浜松城を攻略した際、城の守備を固め、家康軍の反撃を退けました。 天正2年(1574年)に武田信玄が死去した後、武田家は内紛に陥り、高木正成もこの内紛に巻き込まれました。天正10年(1582年)には、武田勝頼が織田信長に敗れて自害し、武田家は滅亡しました。高木正成は武田家の滅亡後、織田信長に仕えましたが、本能寺の変で信長が死去すると、豊臣秀吉に仕えました。 秀吉の死後、高木正成は徳川家康に仕え、関ヶ原の戦いでは家康軍に味方して戦いました。関ヶ原の戦いの後、高木正成は常陸国笠間藩の藩主となり、江戸時代には1万石の大名として活躍しました。 高木正成は戦国時代から江戸時代にかけて活躍した武将であり、武田信玄、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の4人の天下人と仕えました。高木正成は、武田氏の家臣として活躍し、武田信玄の死後は織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人に仕えました。高木正成は、関ヶ原の戦いでは徳川家康に味方して戦い、勝利に貢献しました。関ヶ原の戦いの後、高木正成は常陸国笠間藩の藩主となり、江戸時代には1万石の大名として活躍しました。