天武天皇

歴史上の人物

紀大人とは? 〜飛鳥時代の官吏〜

-紀大人の生涯と経歴- 紀大人(き おおひと)は、飛鳥時代の官吏。天武天皇、持統天皇の二帝に仕えて活躍した。 紀大人の生年は不詳だが、630年代にはすでに官職に就いていたと見られる。天武天皇4年(676年)、右大臣・阿倍内麻呂と共に朝鮮半島に派遣され、高句麗の将・淵蓋蘇文と交渉を行った。また、天武天皇9年(681年)には、新羅に派遣され、新羅王・文武王と会見した。 持統天皇の時代に入ると、紀大人の中央政府での地位はさらに高まった。持統天皇2年(688年)、左大臣に任命され、持統天皇4年(690年)には、太政大臣に任命された。太政大臣は、律令制のもとで最高位の官職であり、紀大人は、律令国家の最高責任者となった。 紀大人は、太政大臣として、持統天皇を支えて国政を運営した。持統天皇6年(692年)、藤原不比等と共に、飛鳥浄御原令を制定した。飛鳥浄御原令は、律令国家の基礎となる法典であり、紀大人は、その制定に重要な役割を果たした。 紀大人は、持統天皇10年(696年)に死去した。死後、正一位を贈られた。 紀大人の墓は、奈良県明日香村にある。紀大人の墓は、国の史跡に指定されており、多くの観光客が訪れる。
歴史上の人物

置始菟 – 飛鳥時代の武人

-壬申の乱で活躍した武人- 置始菟(おきそとべ)は、飛鳥時代の武人である。壬申の乱では、大海人皇子(のちの天武天皇)側に立ち、勝利に貢献したとされる。 壬申の乱は、天智天皇の死後、その弟の大海人皇子と、天智天皇の息子の大友皇子(弘文天皇)の間で起こった皇位継承戦争である。この乱で、置始菟は、大海人皇子の側について戦った。 大海人皇子は、壬申の乱の初期、近江国(滋賀県)にいた。大友皇子は、大和国(奈良県)にいた。両軍は、近江国と大和国の国境付近で衝突した。この時、置始菟は、大海人皇子の軍勢を率いて、大友皇子の軍勢を破った。 その後、大海人皇子は、近江国から大和国へ進軍した。大友皇子は、大和国から九州へ逃亡した。大海人皇子は、九州まで追撃し、大友皇子を降伏させた。壬申の乱は、大海人皇子の勝利に終わった。 壬申の乱後、大海人皇子は、天武天皇として即位した。天武天皇は、置始菟の功績を称えて、位階を上げ、土地を与えた。 置始菟は、壬申の乱後も、天武天皇に仕えた。彼は、天武天皇の側近として、政治や軍事に関与した。 置始菟は、飛鳥時代の代表的な武人の一人である。彼は、壬申の乱で活躍し、天武天皇の勝利に貢献した。
歴史上の人物

村国男依:飛鳥時代の武人

壬申の乱における活躍  村国男依は、壬申の乱において、大海人皇子(後の天武天皇)側に立って戦った。乱の初期には、大海人皇子の命を受けて、近江国(現在の滋賀県)で大友皇子(後の弘文天皇)の軍を迎え撃った。そして、近江国野州郡(現在の滋賀県野洲市)の野洲川で、大友皇子軍を破った。この勝利は、大海人皇子にとって大きな転機となり、乱の趨勢を一気に変えた。  その後、村国男依は、大海人皇子の軍に加わって、近江国を攻め入った。そして、近江国の都である大津宮を陥落させ、大友皇子を自害に追い込んだ。この勝利によって、壬申の乱は、大海人皇子の勝利に終わり、村国男依は、その功績を賞されて、従五位上勲三等に叙せられた。  壬申の乱の後、村国男依は、大海人皇子に仕え、引き続き、朝廷で活躍した。そして、天武天皇の死後、持統天皇が即位すると、持統天皇の信任を得て、さらに重きをなした。  村国男依は、壬申の乱で、大海人皇子側の勝利に大きく貢献しただけでなく、その後も、朝廷で活躍して、飛鳥時代の政治に大きな影響を与えた。
歴史上の人物

桑原訶都 – 飛鳥時代の医師

-天武天皇の侍医として活躍- 桑原訶都は、天武天皇の侍医として活躍した人物です。 彼は、613年に大和国山辺郡(現在の奈良県山辺郡)に生まれました。幼い頃に両親を亡くし、叔父に育てられました。 彼は、叔父から医学を学び、医術に精通しました。 28歳の時、天武天皇の侍医に任命されました。 彼は、天武天皇の健康管理に努め、多くの病気を治癒しました。 また、彼は、医学書「医心方」を執筆しました。 「医心方」は、当時の医学の集大成であり、後の医学の発展に大きな影響を与えました。 彼は、701年に亡くなりました。 彼は、医学の発展に貢献した偉人として、現在も人々に敬愛されています。 彼は、日本の医学の父と呼ばれています。 彼は、日本初の医学書である「医心方」を著しました。 「医心方」は、当時の日本の医学の集大成であり、後の日本の医学の発展に大きな影響を与えました。 彼は、日本の医学の発展に大きな貢献をした人物です。
歴史上の人物

「三宅石床」

-三宅石床とは- 三宅石床とは、奈良県御所市三宅町にある弥生時代の石床墓である。国の史跡に指定されている。 三宅石床は、1931年(昭和6年)に発掘された。墓は、長さ約20メートル、幅約10メートル、高さ約1.5メートルの規模で、2基の石室からなる。石室は、大小2つの石を組み合わせた箱形のもので、内部には遺物が多数納められていた。 三宅石床から出土した遺物には、銅剣、銅矛、銅戈、銅鐸、玉類などがある。これらの遺物は、弥生時代中期のものである。 三宅石床は、弥生時代の石床墓としては、規模も大きく、出土した遺物も豊富であることから、重要な史跡である。
歴史上の人物

佐伯大目

-佐伯大目- -佐伯大目の生涯- 佐伯大目(さえきのおおめ)は、奈良時代の貴族・文人・儒学者です。氏は佐伯、名は不明で、通称は大目です。生没年は不詳ですが、735年(天平7年)の『続日本紀』の成書以前には生まれ、777年(宝亀8年)の『懐風藻』の成書時には存命であったと推測されています。 佐伯大目は、武蔵国豊島郡の人物で、国司として任地を訪れた吉備真備にその才を見出され、上京することになりました。その後、大学寮に入り、文章生として学びました。文章生とは、文章博士の弟子で、文章道の研究や文筆に従事する学生のことです。 佐伯大目は、文章生として優秀な成績を収め、752年(天平勝宝4年)には文章博士に任命されました。文章博士は、文章道の最高位であり、宮中の文書作成や外国との外交文書の起草など、重要な任務を担いました。 佐伯大目は、文章博士として活躍する傍ら、多くの和歌や漢詩を残しました。彼の和歌は、『万葉集』に12首、『懐風藻』に1首収められています。漢詩は、『懐風藻』に6首が収められています。 佐伯大目の和歌は、自然の美しさを清麗な言葉で詠んだものが多く、漢詩は、人生の無常や世の中の移ろいをテーマにしたものが多くあります。彼の作品は、その高い文学性と豊かな教養で知られています。 佐伯大目は、777年(宝亀8年)に『懐風藻』が完成した頃には、すでに亡くなっていたと考えられています。しかし、彼の作品は今日まで読み継がれ、その文学的才能を讃えられています。
歴史上の人物

上毛野三千(?-681 飛鳥時代の官吏)

上毛野三千とは 上毛野三千(かみつけのの みち)は、飛鳥時代の官吏。名は三千、姓は上毛野氏。冠位は正四位下。 上毛野三千の生年は不詳。上毛野国(現在の群馬県)の出身とされる。 上毛野三千は、舒明天皇の代に上毛野氏の族長として国政に参加した。舒明天皇13年(641年)、蘇我入鹿が暗殺されると、中臣鎌足や藤原鎌足らとともに中大兄皇子を擁立して乙巳の変を起こし、蘇我氏を滅ぼした。 乙巳の変の後、上毛野三千は、大化改新に協力して中央集権国家の建設に尽力した。大化3年(646年)には、左大臣に任命された。 大化5年(649年)、上毛野三千は、蝦夷征伐に従軍し、功績を挙げた。 斉明天皇6年(660年)、白村江の戦いで唐・新羅連合軍に敗北した。上毛野三千は、この戦いで戦死した。享年不詳。 上毛野三千は、舒明天皇・皇極天皇・斉明天皇・天智天皇の4代に仕え、大化の改新や蝦夷征伐、白村江の戦いなど、多くの重要な出来事に参画した。飛鳥時代を代表する官吏の一人である。
歴史上の人物

小子部鉏鉤-飛鳥時代の武人

-飛鳥時代の武人、小子部鉏鉤- 小子部鉏鉤とは、飛鳥時代の武人で、聖徳太子の親衛隊の隊長を務めた人物です。 彼は、物部守屋との戦いで活躍し、聖徳太子が勝利するのに貢献しました。 また、彼は、遣隋使の一員として、隋に渡航した経験もあります。 小子部鉏鉤は、飛鳥時代を代表する武人として知られており、彼の功績は、日本史の教科書にも掲載されています。 -小子部鉏鉤の生涯- 小子部鉏鉤は、571年、飛鳥の地で生まれました。 彼は、物部守屋の部下の武士の家に生まれましたが、父の死後は、聖徳太子の配下となりました。 聖徳太子は、彼の人柄と武勇を評価し、親衛隊の隊長に任命しました。 603年、物部守屋が聖徳太子を討とうと挙兵しました。 小子部鉏鉤は、聖徳太子の命を受けて、物部守屋を討伐しました。 戦いは、激戦となりましたが、最終的には、聖徳太子が勝利しました。 この戦いで、小子部鉏鉤は、大いに活躍し、聖徳太子の信任をさらに厚くしました。 607年、小子部鉏鉤は、遣隋使の一員として、隋に渡航しました。 彼は、隋の皇帝である煬帝に、聖徳太子の書状を届けました。 煬帝は、小子部鉏鉤の人柄と武勇を気に入り、彼に厚遇しました。 小子部鉏鉤は、翌年、日本に帰国しました。 帰国後は、彼は、聖徳太子の側近として活躍しました。 622年、聖徳太子が亡くなると、小子部鉏鉤は、聖徳太子の遺志を継いで、蘇我入鹿を討伐しました。 しかし、この戦いで、小子部鉏鉤は、戦死してしまいました。 -小子部鉏鉤の功績- 小子部鉏鉤は、飛鳥時代を代表する武人で、数多くの功績を残しました。 彼は、物部守屋との戦いで活躍し、聖徳太子が勝利するのに貢献しました。 また、彼は、遣隋使の一員として、隋に渡航し、聖徳太子の書状を煬帝に届けました。 さらに、彼は、聖徳太子の遺志を継いで、蘇我入鹿を討伐しました。 小子部鉏鉤の功績は、日本史に大きな影響を与えており、彼の名は、後世まで語り継がれています。
歴史上の人物

民小鮪とは? 飛鳥・奈良時代の武人

-民小鮪の生涯- 民小鮪は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した武人です。634年、舒明天皇の命により百済救援軍の副将として出征し、白村江の戦いで唐・新羅連合軍と戦いました。しかし、この戦いで民小鮪は敗北し、捕虜となりました。その後、唐に連行され、そこで10年間を過ごしました。644年に帰国し、孝徳天皇から「民部少輔」の官職を授けられました。その後、民小鮪は、壬申の乱で大海人皇子(後の天武天皇)を支持し、功績を上げました。天武天皇が即位すると、民小鮪は「大納言」に任命されました。686年に民小鮪は亡くなり、正一位の官位を追贈されました。 民小鮪は、飛鳥・奈良時代に活躍した武人として知られています。白村江の戦いで敗北し、捕虜となったにもかかわらず、帰国後は再び朝廷に仕え、功績を上げました。民小鮪の生涯は、武人の生き方を示すものとして、現在でも語り継がれています。 -民小鮪の功績- 民小鮪は、飛鳥・奈良時代に活躍した武人として、多くの功績を残しました。その中でも、最も有名なのは、白村江の戦いで、唐・新羅連合軍と戦ったことです。この戦いで民小鮪は敗北し、捕虜となりましたが、その後、帰国後は再び朝廷に仕え、功績を上げました。壬申の乱では、大海人皇子(後の天武天皇)を支持し、功績を上げました。天武天皇が即位すると、民小鮪は「大納言」に任命されました。686年に民小鮪は亡くなり、正一位の官位を追贈されました。 民小鮪は、武人としてだけでなく、政治家としても活躍しました。天武天皇の治世に、「民部少輔」という官職に任命されました。この官職は、民政を司る役所である民部省の次官であり、民小鮪は、この職務を通じて、国の政治に参画しました。また、民小鮪は、天武天皇の信任が厚く、多くの重要な任務を任されました。例えば、684年に、民小鮪は、新羅に派遣され、新羅王と会談して、両国の友好関係を深めるための交渉を行いました。 民小鮪は、飛鳥・奈良時代に活躍した武人として、多くの功績を残しました。その功績は、現在でも語り継がれており、民小鮪は、武人の生き方を示すものとして、多くの武人に尊敬されています。
歴史上の人物

倭姫王-飛鳥時代の皇后

-倭姫王とは- 倭姫王(やまとひめのおおきみ)は、飛鳥時代の皇后。第39代天智天皇の皇后で、草壁皇子の母。諱は不明。天智天皇の妃となった後、皇太子草壁皇子を産むと同時に皇后に立てられた。 生年は不明だが、天智天皇よりもかなり年長であったと考えられている。父は、蘇我馬子と穴穂部間の娘である蘇我蝦夷。母は、蘇我馬子の妻である刀自古郎女。蘇我蝦夷の娘であり、蘇我入鹿の妹。 倭姫王は、聡明で政務に長けており、天智天皇を助け、政務を執った。また、仏教を篤く信仰し、多くの寺を建立した。 672年に天智天皇が崩御すると、草壁皇子が皇太子に立ったが、すぐに壬申の乱が勃発。乱は、天智天皇の弟である大海人皇子(後の天武天皇)が勝利し、草壁皇子は敗死した。 倭姫王は、壬申の乱で敗れた後、幽閉された。しかし、その後、許されて出家し、尼僧となった。出家後は、法均寺に住み、仏教の教えを説いた。 686年に薨去。享年不明。法名は大明皇太后。陵墓は、奈良県天理市にある安居寺陵。
歴史上の人物

難波王

# 難波王 -(天武天皇14年(685)広瀬王,竹田王らとともに京・畿内の兵器を検閲する。)- 天武天皇14年(685)に、難波王は広瀬王、竹田王らとともに、京畿内の兵器を検閲した。これは、天武天皇が、壬申の乱で勝利した後に、全国の兵器を掌握し、中央集権体制を強化するために行った措置である。 難波王は、聖徳太子の孫であり、皇族として高い地位にあった。彼は、天武天皇の信頼が厚く、壬申の乱では、東国軍の総帥として戦った。乱後、難波王は、天武天皇の側近として、朝廷の重要事項に参画した。 兵器の検閲は、難波王の重要な任務の一つであった。彼は、京畿内の各所に赴き、兵器の数を調べ、その状態を点検した。また、兵器が適切に保管されているかどうかなども調べた。 難波王の兵器検閲は、天武天皇の全国統一政策の一環であった。天武天皇は、壬申の乱で勝利した後、全国を統一し、中央集権体制を強化した。そのために、彼は、全国の兵器を掌握し、有力豪族の力を削ぐ必要があった。 難波王の兵器検閲は、天武天皇の全国統一政策を成功させるために重要な役割を果たした。彼は、京畿内の兵器を徹底的に調査し、天武天皇に報告した。天武天皇は、難波王の報告に基づいて、全国の兵器を掌握し、中央集権体制を強化することができた。 難波王は、天武天皇の信頼が厚く、朝廷の重要事項に参画した。彼は、兵器検閲以外にも、税制改革や律令制定などにも携わった。難波王は、天武天皇の治世に大きな貢献をした功臣の一人である。
歴史上の人物

氷上娘 – 飛鳥時代の天皇の妃

-氷上娘の生涯- 氷上娘は、飛鳥時代の天皇の妃である。生年は不明だが、540年頃に生まれたと推定されている。出身は上総国で、父は大伴金村、母は蘇我馬子の娘である。 氷上娘が天皇の妃となったのは、572年である。当時、天皇は敏達天皇であり、氷上娘は第二皇子である押坂彦人大兄の妃となった。押坂彦人大兄は、敏達天皇の第一皇子である厩戸皇子の異母弟であり、敏達天皇の死後に即位して用明天皇となった。 氷上娘は、用明天皇の妃として、二子を儲けた。一人は、586年に生まれた聖徳太子である。聖徳太子は、日本史上最も偉大な人物の一人とされ、政治、宗教、文化の分野で大きな功績を残した。もう一人は、587年に生まれた押坂彦人大兄皇子である。押坂彦人大兄皇子は、603年に蘇我馬子によって殺害された。 用明天皇は、587年に崩御した。用明天皇の死後、氷上娘は、推古天皇の妃となった。推古天皇は、敏達天皇の異母妹であり、用明天皇の妃であった。 氷上娘は、推古天皇の妃として、五子を儲けた。一人は、593年に生まれた舒明天皇である。舒明天皇は、推古天皇の死後に即位し、628年に崩御した。もう一人は、594年に生まれた田村皇子である。田村皇子は、622年に蘇我蝦夷によって殺害された。三人は、596年に生まれた鸕野讃良皇女である。鸕野讃良皇女は、推古天皇の死後に即位し、斉明天皇となった。四人は、598年に生まれた間人皇女である。間人皇女は、舒明天皇の妃となった。五人は、601年に生まれた葛城王である。葛城王は、皇太子となったが、舒明天皇の死後に薨去した。 氷上娘は、603年に崩御した。享年63歳であった。氷上娘は、日本史上最も偉大な人物の一人である聖徳太子の母であり、推古天皇の妃としても活躍した。氷上娘は、日本史において重要な役割を果たした女性である。
歴史上の人物

大津皇子:悲劇的皇子の人生

-大津皇子の生涯- 大津皇子は、663年、天智天皇と皇后の倭姫王との間に生まれた皇子です。父、天智天皇は、皇位継承争いである乙巳の変で勝利した人物であり、大津皇子は幼いころから皇位継承者として育てられました。 しかし、大津皇子は701年に謀反の疑いで逮捕され、翌年には自害に追い込まれました。この事件は、歴史上「大津皇子事件」と呼ばれています。大津皇子の死因については、様々な説がありますが、有力なのは、大津皇子を皇位から排除したい藤原不比等が、大津皇子の殺害を画策したという説です。 大津皇子の死は、天智天皇と藤原不比等にとって、大きな損失となりました。天智天皇は、大津皇子の死を悼んで、大津皇子を弔うために、大津皇子を祀った大津皇子廟を建立しました。藤原不比等は、大津皇子の死によって、皇位継承争いにおけるライバルを排除することができたため、大津皇子の死を喜んだと考えられています。 大津皇子は、悲劇的な生涯を送った皇子ですが、その死は、天智天皇と藤原不比等にとって、大きな影響を与えました。大津皇子の死は、天智天皇と藤原不比等の権力争いの火種となり、最終的には、天智天皇の死後、藤原不比等が権力を掌握することになりました。
歴史上の人物

弘文天皇-飛鳥時代の第39代天皇

弘文天皇の生涯 弘文天皇は、飛鳥時代の第39代天皇です。舒明天皇の第一皇子として生まれ、母は皇極天皇です。672年に即位し、673年に崩御しました。在位期間はわずか1年でした。 弘文天皇は、幼少期から聡明で、学問を好みました。特に、中国の古典に精通しており、その知識は朝廷でも高く評価されていました。また、弘文天皇は、仏教にも帰依しており、仏教の普及に努めました。 弘文天皇の在位期間は、壬申の乱の勃発直前にあたります。壬申の乱は、大海人皇子と大友皇子の間で行われた内乱であり、最終的には大海人皇子が勝利し、天武天皇として即位しました。弘文天皇は、壬申の乱に巻き込まれることなく、崩御しました。 弘文天皇は、在位期間が短かったにもかかわらず、その学問と仏教への帰依により、朝廷で高い評価を受けました。また、弘文天皇の死後、その功績を称えて、弘文天皇陵が築かれました。弘文天皇陵は、奈良県橿原市にあり、国の史跡に指定されています。
歴史上の人物

鈴鹿王 – 天武天皇の孫で、高市皇子の第2王子

鈴鹿王とは 鈴鹿王は、天武天皇の孫で、高市皇子の第2王子、天智天皇の曾孫になります。鈴鹿王の生母は、高市皇子の正妃である河内娘である。 天智天皇の没後に即位した天武天皇は、壬申の乱によって、天智天皇の弟で近江朝廷の首領である大友皇子を破り、大和朝廷を統一しました。 この乱後、天武天皇は、皇統を安定させるため、自分の皇族である皇子や皇孫を高位に就けることで、皇族の勢力を強化しました。 鈴鹿王もまた、天武天皇の皇孫の一人として、681年に大倭国造、683年に東宮大夫に任命され、皇族の中でも重要な地位を占めるようになりました。 しかし、鈴鹿王は、696年に、34歳の若さで亡くなってしまいます。鈴鹿王の死因は、はっきりしていませんが、病死である可能性が高いと考えられています。 鈴鹿王の死によって、高市皇子の皇統は途絶えてしまい、1052年まで高市皇統の候補者は出現しませんでした。
歴史上の人物

「氷高皇女」(げんしょうてんのう)

-「氷高皇女」(げんしょうてんのう)- -「氷高皇女」とは?- 氷高皇女(717年 - 770年1月28日)は、奈良時代の日本の第44代天皇。在位715年10月19日 - 724年1月30日。 -略歴- 聖武天皇の娘として生まれる。母は、藤原武智麻呂の娘、光明皇后。715年、父聖武天皇の譲位を受けて、19歳で即位。元号は養老と改めた。 720年、藤原武智麻呂と長屋王らによる争いが起きる。藤原武智麻呂は、長屋王を謀反の罪で告発。長屋王は、自邸に火を放ち、一族郎党とともに自害した。この事件は、氷高皇女の治世において最大の事件であった。 724年、氷高皇女は、病気のため、叔父である大炊王(のちの孝謙天皇)に譲位して、出家した。法名は、法均。孝謙天皇の退位後、749年に再び即位。758年に再び譲位して、出家した。法名は、光明皇太后。 770年、54歳で崩御。陵墓は、奈良県奈良市の佐保山にある正覚寺陵。 -人物像- 氷高皇女は、聡明で、文武に優れていた。書道の名手として知られ、書も多く残した。また、仏教にも篤く帰依しており、東大寺の大仏の建立を命じた。 しかし、氷高皇女は、病弱であり、在位中は、たびたび病気で倒れた。そのため、政務は、藤原武智麻呂らに任せていた。 -功績- 氷高皇女は、藤原武智麻呂らによる政争を収拾し、国の安定に努めた。また、東大寺の大仏の建立を命じ、仏教の興隆に貢献した。 また、氷高皇女は、遣唐使を派遣し、唐から多くの文物を取り入れた。これにより、日本の文化は、大きく発展した。
歴史上の人物

倉墻麻呂 – 壬申の乱で大海人皇子を助けた武人

-壬申の乱での功績- 倉墻麻呂は、壬申の乱において大海人皇子を助けて戦った武人です。壬申の乱は、天武天皇と大海人皇子との間で起こった皇位継承争いで、倉墻麻呂は大海人皇子の側について戦いました。 倉墻麻呂の功績は、主に以下のようなものがあります。 1. -大友皇子を破った戦いで活躍- 倉墻麻呂は、壬申の乱の初期段階において、大友皇子と大海人皇子の間で行われた野洲川の戦いで活躍しました。この戦いで、倉墻麻呂は、大友皇子の部下を討ち取るなど、勝利に貢献しました。 2. -大海人皇子の勝利に貢献- 壬申の乱の最終段階において、倉墻麻呂は大海人皇子の勝利に貢献しました。倉墻麻呂は、大海人皇子の軍勢に加わり、天武天皇の軍勢を破るために戦いました。この戦いで、倉墻麻呂は、武勇を振るい、天武天皇の軍勢を破ることに成功しました。 3. -大海人皇子の信頼を得た- 倉墻麻呂は、壬申の乱における功績によって、大海人皇子の信頼を得ました。壬申の乱が終結した後、倉墻麻呂は大海人皇子から、飛鳥藤原京の造営を命じられました。このことから、倉墻麻呂は、大海人皇子から非常に信頼されていたことがわかります。 倉墻麻呂は、壬申の乱において、大海人皇子の勝利に大きく貢献した武人です。倉墻麻呂の功績は、今日でも高く評価されています。
歴史上の人物

藤原五百重娘(⇒五百重娘(いおえのいらつめ))について

五百重娘の生涯 五百重娘は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した貴族女性です。父は藤原不比等、母は橘三千代の娘で、藤原四兄弟の妹にあたります。生年は不明ですが、700年頃と考えられています。 五百重娘は、幼い頃から聡明で才色兼備の女性として知られていました。15歳の頃、天武天皇の皇子である高市皇子に嫁ぎ、二男一女をもうけました。しかし、高市皇子は701年に急死してしまいます。 悲しみに暮れた五百重娘でしたが、悲しみを乗り越えて、子どもたちを立派に育て上げていきます。娘の氷上真部は、後に聖武天皇の皇后となり、長男の高市麻呂は、桓武天皇の祖父にあたります。 五百重娘は、子どもたちを立派に育て上げた後、757年に亡くなりました。享年は58歳でした。五百重娘は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した、聡明で才色兼備の女性として知られる人物です。 五百重娘は、高市皇子亡き後、再婚することなく、子どもたちを立派に育て上げました。彼女は、飛鳥時代から奈良時代にかけて活躍した、聡明で才色兼備の女性として知られる人物です。
歴史上の人物

– 「但馬皇女」

-但馬皇女とは- 但馬皇女は、天武天皇の第4皇女で母親は持統天皇であるとされています。持統天皇は即位前までは「鸕野讚良皇女」として知られており、天武天皇及び持統天皇の娘として、弘文天皇、大津皇子、草壁皇子、高市皇子、長皇子を授かっています。また、但馬皇女には上毛野皇子や、文武天皇の皇后となる藤原不比等の妻、藤原宮子(宮子女王)がいました。これらのことは、但馬皇女と藤原不比等との間に子供を授かっていたことを示唆していますが、藤原氏の家系を記した「藤氏家伝」の中では、宮子は天智天皇の息子、大友皇子の娘とされています。そのため、但馬皇女と藤原不比等との関係は確定的ではありません。 但馬皇女には、美貌と才能という評判がありました。大宝元年(701年)に持統天皇が崩御すると、次の天皇として但馬皇女を推す声があったほどです。しかし、文武天皇が即位したことで、但馬皇女が即位することはありませんでした。 文武天皇が亡くなった後、但馬皇女は聖武天皇の皇后となりました。聖武天皇は、但馬皇女との間に安宿王、井上内親王、新田部親王、氷上塩焼内親王の4人の子供を授かりました。 天平5年(733年)、但馬皇女は亡くなりました。享年は47歳でした。
歴史上の人物

石川王 – 壬申の乱で大海人皇子の味方をし、亡くなった飛鳥時代の官吏

石川王の生涯 石川王は、飛鳥時代の官吏であり、壬申の乱では大海人皇子の味方に付き、亡くなった人物である。石川王の父は、中大兄皇子の異母弟である山背大兄王で、母は蘇我石川麻呂の娘である。石川王は、645年に誕生した。 石川王は、幼い頃から聡明な子供で、成長するにつれて、官吏として活躍するようになった。石川王は、壬申の乱が起こるまで、天智天皇や大海人皇子の下で仕えていた。 672年、壬申の乱が起こると、石川王は、大海人皇子の味方に付き、官軍を率いて、近江朝廷軍と戦った。石川王は、近江朝廷軍を破って、大海人皇子の勝利に貢献した。しかし、石川王は、乱の最中に戦死した。 石川王の死は、大海人皇子にとって大きな痛手となった。大海人皇子は、石川王の死を悼み、石川王に贈位した。石川王は、正三位に叙せられ、石川王の霊は、大和国葛城郡にある石川陵に葬られた。 石川王の死は、壬申の乱における大海人皇子の勝利に大きく貢献した。石川王の死は、壬申の乱における大海人皇子の勝利を象徴する出来事であり、石川王の名前は、壬申の乱の歴史に刻まれることになった。
歴史上の人物

ー栗栖王について

-栗栖王とは?- 栗栖王とは、鎌倉時代の人間、武蔵国の豪族である。栗栖氏の祖。本来「栗栖口」とあるのは「栗栖」の誤記であり、「口」の字は尊称として、または俗にサニ或いはサンと付することからか、あるいは混乱を避けるためかと推定される。 栗栖氏は新川口(にっかわぐち)氏の一門で、武蔵国多摩郡栗栖郷(東京都日野市)を本拠とした。新川口氏は藤原姓、北条氏の傍流もしくは庶流とされるが、新川口氏の祖である口入道日野氏は清和源氏の一族とされることから、栗栖氏も源氏と推定できる。 栗栖王の系譜は明らかではないが、新川口氏初代の日野氏は、清和源氏の傍流・河内源氏の祖である源頼親の孫・源師季の子とされる。師季は、承久の乱で北条氏側に付き、のちに渋谷氏に養子に出されている。師季の兄・頼季は、元久2年(1205年)に駿河国の栗栖郷の地頭職に補任されており、栗栖王の祖と考えられている。 栗栖王は、承久の乱で北条氏側に付き、恩賞として越後国蒲原郡鳥坂郷の地頭職を与えられた。また、嘉禄2年(1226年)に、武蔵国多摩郡栗栖郷の地頭職に補任された。栗栖王は、栗栖郷を本拠として勢力を拡大し、武蔵国多摩郡の一大豪族となった。 栗栖王は、建治2年(1276年)に死去し、子の栗栖高清が家督を継いだ。高清は、弘安8年(1285年)に、蒙古襲来に際して軍功を上げ、武蔵国多摩郡渋谷荘の地頭職を与えられた。渋谷荘は、現在の東京都渋谷区にあたり、栗栖氏は渋谷氏の家臣として渋谷荘を支配した。 栗栖氏は、南北朝時代には、南朝側に付いて戦った。康暦2年(1380年)に、栗栖氏は関東管領・上杉憲定に攻められ、栗栖城(東京都日野市)が落城した。栗栖氏は滅亡し、渋谷荘は上杉氏の所領となった。
歴史上の人物

-大分恵尺-

壬申の乱での活躍 672年、壬申の乱が勃発しました。壬申の乱とは、天智天皇の弟である大海人皇子(弘文天皇)と、天智天皇の皇子である大友皇子(弘文天皇)との間で起こった皇位継承争いです。 恵尺は、大海人皇子の側につきました。恵尺は、軍師として大海人皇子を支え、673年に大友皇子を破り、壬申の乱を勝利に導きました。 壬申の乱後、恵尺は、大海人皇子から重用されました。恵尺は、675年に豊後国大宰となり、678年に正三位に叙せられました。また、恵尺は、681年に律令制定の責任者の一人として任命されました。 恵尺は、694年に亡くなりました。恵尺は、壬申の乱での活躍や、律令制定への貢献によって、日本の歴史に名を残しました。 恵尺は、大海人皇子に仕えたことにより、壬申の乱で勝利を収めることができました。また、恵尺は、壬申の乱後も、大海人皇子から重用され、律令制定にも貢献しました。恵尺は、日本の歴史に名を残した人物です。
歴史上の人物

坂合部石積→ 飛鳥時代の官吏と遣唐使

遣唐使として活躍した坂合部石積 坂合部石積は、飛鳥時代の官僚、遣唐使であり、日本における最初の遣唐使として知られています。630年、遣唐使の副使として唐に渡り、隋唐の文化を日本に伝えました。 また、石積は帰国後、大化の改新に参画し、律令制度の整備に尽力しました。さらに、日本における最初の遣唐使として、唐の文化を日本に伝え、日本の文化・社会の発展に大きな役割を果たしました。 石積の遣唐使としての貢献は大きく、日本の文化・社会の発展に大きな役割を果たしました。石積は、遣唐使として唐に渡り、隋唐の文化を日本に伝え、日本の文化・社会の発展に大きな貢献をしました。また、石積は、帰国後、大化の改新に参画し、律令制度の整備に尽力しました。 石積は、遣唐使として唐に渡り、隋唐の文化を日本に伝え、日本の文化・社会の発展に大きな貢献をしました。また、石積は、帰国後、大化の改新に参画し、律令制度の整備に尽力しました。
歴史上の人物

「三輪子首」

-# 三輪子首とは? 三輪子首とは、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて流行した女性の髪型のことで、三輪山に生えている背丈が低く、葉の短いすすきを束ねた冠状のもので、正面に子(こ)の形に垂らしたことからこの名がある。 三輪子首の髪型は、平清盛の娘建礼門院徳子によって流行したとされており、徳子の父である平清盛が平治の乱で勝利を収めた際に、戦勝記念として作ったと伝えられている。 徳子自身も、三輪子首の髪型を気に入り、徳子に仕えた女官たちも、徳子に倣って三輪子首の髪型を結うようになった。 三輪子首の髪型は、朝廷の女性の間で流行し、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて、女性の髪型の主流であった。 しかし、鎌倉時代中期以降になると、三輪子首の髪型は次第に廃れ、室町時代には、ほとんど見られなくなった。 三輪子首の髪型は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて流行した女性の髪型のことで、三輪山に生えている背丈が低く、葉の短いすすきを束ねた冠状のもので、正面に子(こ)の形に垂らしたことからこの名がある。