天草

経済分野で活躍した人

三山近六

# -三山近六- -# 肥前時津に生まれる 三山近六は、文政13年(1830)9月20日、肥前国高来郡時津村(現在の長崎県西彼杵郡時津町)の庄屋・三山半兵衛九郎右衛門の長男として生まれた。幼名は弥一郎。幼少の頃から神童と呼ばれ、生後わずか2歳にして麻を紡ぎ、4歳でそれを織って和服をこしらえたという逸話が残されている。 近六は、学問にも秀で、8歳で時津村の郷学に入学した。ここでは、儒教、仏教、歴史、文学など、幅広い分野を学び、頭角を現したという。16歳になると長崎に遊学し、儒学者の中村敬宇に師事した。敬宇は、近六の才能を認め、熱心に指導した。 近六は、敬宇のもとで4年間学んだ後、江戸に上り、医学を学び始めた。このとき、近六は、軍医として幕府に仕えることを志していたという。しかし、嘉永3年(1850)に長崎に戻り、家督を相続した。 近六は、家督を相続した後、医師として開業した。しかし、近六は、医師としてよりも、教育者としての才能を発揮した。近六は、時津村に私塾を開き、多くの弟子を育てた。その中には、後に明治政府の要職を担うことになる大隈重信や松方正義もいた。 近六は、明治元年(1868)に時津村の戸長に任命された。戸長として、近六は、時津村の復興に尽力した。近六は、時津村に学校を設立し、教育の振興に努めた。また、近六は、時津村に道路を整備し、交通の利便性を向上させた。 近六は、明治14年(1881)に時津村の戸長を辞任した。その後、近六は、長崎に移り住み、医師として開業した。近六は、明治23年(1890)に61歳で亡くなった。
歴史上の偉人

志岐麟泉 – 信仰と外交に生きた戦国武将

志岐麟泉の生涯と功績 志岐麟泉は、戦国時代後期に活躍した武将です。志岐氏は、戦国時代には肥前国(現在の佐賀県)に根を下ろした戦国大名でした。麟泉は、志岐氏第12代当主である志岐兼親の嫡男として、1530年頃に誕生しました。 麟泉は、幼い頃から聡明で学問を好み、15歳で家督を継いだ後も、領国の経営に手腕を発揮しました。また、麟泉は、キリシタン大名として知られ、1563年に宣教師コスメ・デ・トーレスを迎え入れて布教を許可しました。麟泉自身も洗礼を受けてキリシタンとなり、洗礼名は「レオン」でした。 麟泉は、キリシタン大名として、ポルトガルやスペインと通商関係を結び、領国の発展に努めました。また、麟泉は、肥前国の統一を目指して、周辺の諸大名と戦いを繰り広げ、1570年には、龍造寺隆信を破って肥前国の大部分を平定しました。しかし、1578年に龍造寺隆信が巻き返しを図り、麟泉は敗れて、肥前国を奪われました。 麟泉は、肥前国を奪われた後も、キリシタンとして信仰を貫き、領民の救済に努めました。また、麟泉は、ポルトガルやスペインと交渉を重ね、1597年に、フィリピン総督フランシスコ・テッロと通商条約を締結しました。 麟泉は、1599年に、69歳で死去しました。麟泉は、戦国時代を代表する武将であり、キリシタン大名として、日本の歴史に大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

松田ミゲル – 織豊-江戸時代前期のキリシタン

松田ミゲルの生涯 松田ミゲルは、1562年に長崎で生まれたキリシタンです。幼い頃からイエズス会の宣教師からキリスト教の教えを受け、1580年に受洗しました。 1587年に豊臣秀吉が九州を平定すると、キリスト教の禁止令が出されました。松田ミゲルは、キリスト教を捨てて仏教に改宗するよう求められましたが、これを拒否しました。そのため、1597年に捕らえられ、長崎で処刑されました。 松田ミゲルは、キリスト教への信仰のために殉教した最初の日本人の一人です。彼の死は、日本におけるキリスト教の弾圧の始まりを告げるものでした。 松田ミゲルは、長崎の西坂にあるキリシタン墓地に葬られました。彼の墓は、「ミゲルさん」と呼ばれ、多くの人々が訪れる場所となっています。 松田ミゲルは、信仰のために殉教した勇敢な人として、今日でも尊敬されています。彼の生涯は、宗教の自由の大切さを私たちに教えてくれます。
歴史上の偉人

アルメイダ – 天文時代に平戸に来た宣教師

-ポルトガルの宣教師、アルメイダ- フェルナン・メンデス・ピンントは、平戸を訪れたアルメイダについて次のように述べています。 「アルメイダは、宣教師の功績の中で最も傑出している。彼は、最善の教育を受け、敬虔で、賢明だ。また、ポルトガル語、スペイン語、ラテン語、日本語に堪能だ。彼は、日本で15年間宣教しており、キリスト教の教えを多くの日本人に伝えている。彼は、また、日本語の辞書を編纂しており、これは、日本を理解するための貴重な資料になっている。」 アルメイダは、平戸に滞在中に、教会を建設したり、信徒を教育したりするなど、精力的に宣教活動を行っていました。また、日本語の辞書を編纂したり、日本人のための学校を開設するなど、日本の文化や教育にも貢献しました。アルメイダの功績は、日本とポルトガルの関係を深め、キリスト教の普及に大きく貢献したと言われています。 アルメイダは、平戸での宣教活動中に、多くの日本人と出会い、交流しました。その中には、キリシタン大名として知られる大村純忠もいました。大村純忠は、アルメイダの宣教活動に協力し、キリスト教の普及に尽力しました。また、アルメイダは、平戸を訪れたポルトガル人商人や宣教師とも交流しました。 アルメイダは、平戸で10年間宣教した後、1568年に日本を離れ、ポルトガルに戻りました。ポルトガルに戻った後は、宣教師としての活動を続け、1596年に亡くなりました。アルメイダは、生涯をかけてキリスト教の普及に尽力した偉大な宣教師でした。
歴史上の偉人

大伴継人 – 平安時代前期の遣唐使と暗殺事件

-遣唐使として中国に渡る- 大伴継人は、平安時代前期の公卿であり、遣唐使として中国に渡ったことで知られています。彼は、弘仁8年(817年)に遣唐使に任命され、翌年、唐に渡りました。唐では、長安に滞在し、唐の文化や政治を学びました。また、唐の政府と日本の関係を強化するための交渉にも携わりました。 継人は、唐に渡ってから3年後の弘仁11年(820年)に日本に帰国しました。帰国後、彼は遣唐使の経験を活かして、日本の政治や文化の発展に貢献しました。また、唐から持ち帰った多くの書物や文物も、日本の文化に大きな影響を与えました。 継人は、遣唐使として中国に渡った後、日本の政治や文化の発展に大きな貢献をした人物です。彼は、唐の文化や政治を学び、それを日本に紹介しました。また、唐の政府と日本の関係を強化するための交渉にも携わり、日本の外交政策の確立に貢献しました。継人は、日本の歴史上において、重要な役割を果たした人物の一人です。
歴史上の偉人

「メスキータ」

# メスキータとは誰か メスキータは、イスラム教の聖職者のことであり、礼拝の指導や説教、宗教教育を行う役割を担っています。一般的には、男性であり、イスラム法の専門家であることが多いです。メスキータは、イスラム社会において重要な役割を果たしており、尊敬される存在です。 メスキータになるためには、厳しい訓練を受ける必要があります。多くの場合、幼い頃からイスラム教の学校で学び、イスラム法やクルアーンの研究を行います。また、アラビア語の習得も必須とされます。メスキータはイスラム教の専門家であり、正確な知識と深い理解が求められます。 メスキータの仕事内容は、主に礼拝の指導と説教です。礼拝は、イスラム教徒にとって最も重要な宗教行事であり、メスキータは礼拝を導く役割を担っています。また、説教では、イスラム教の教えや倫理観について説き、信徒を正しい道に導きます。 メスキータは、宗教教育を行う役割も担っています。イスラム教の学校で、生徒たちにイスラム法やクルアーンを教え、イスラム教の教えについて指導します。また、信徒に宗教的な相談に応じたり、生活上のアドバイスをしたりすることもあります。 メスキータは、イスラム社会において重要な役割を果たしており、尊敬される存在です。メスキータは、イスラム教の教えを正しく理解し、信徒を正しい道に導く役割を担っています。
歴史上の偉人

石蔵卯平 – 幕末の尊攘運動家

-石蔵卯平の生涯- 石蔵卯平は、幕末の尊攘運動家。長州藩士。維新後、明治政府に出仕し、内務官僚、教育者、実業家として活躍した。 石蔵卯平は、1832年(天保3年)に長州藩の萩城下で生まれた。幼名は儀三郎。1854年(安政元年)、藩校明倫館に入学。1858年(安政5年)、藩主毛利敬親の側近となり、尊攘派の中心人物として活動した。 1863年(文久3年)、長州藩が攘夷を実行しようとしたが、幕府に阻止された(この事件を「下関戦争」という)。石蔵卯平は、この事件で長州藩の代表として幕府と交渉し、攘夷を主張した。しかし、幕府は石蔵卯平の主張を認めず、長州藩は攘夷を断念した。 1864年(元治元年)、長州藩が再び攘夷を実行しようとしたが、幕府の軍勢に敗れた(この事件を「禁門の変」という)。石蔵卯平は、この事件で長州藩の代表として幕府と交渉したが、幕府は石蔵卯平の主張を認めず、長州藩は攘夷を断念した。 1865年(慶応元年)、長州藩が幕府に降伏した(この事件を「蛤御門の変」という)。石蔵卯平は、この事件で長州藩の代表として幕府と交渉し、長州藩の降伏を申し入れた。幕府は石蔵卯平の申し入れを受け入れ、長州藩は幕府に降伏した。 1868年(慶応4年)、明治維新が成った。石蔵卯平は、明治政府に出仕し、内務官僚として活躍した。その後、教育者、実業家として活躍し、1909年(明治42年)に死去した。
歴史上の偉人

「鈴木正三」

--- -鈴木正三- -鈴木正三とは- 鈴木正三は、1920年(大正9年)に東京に生まれた日本の政治家である。東京大学法学部を卒業後、1942年(昭和17年)に大蔵省に入省した。1960年(昭和35年)に衆議院議員に初当選し、以来、10期連続当選を果たした。1972年(昭和47年)に福田赳夫内閣の大蔵大臣に就任し、1974年(昭和49年)に田中角栄内閣の官房長官に就任した。1980年(昭和55年)に鈴木善幸内閣の総理大臣に就任し、1982年(昭和57年)まで務めた。 鈴木正三は、戦後日本の経済成長を支えた政治家の一人である。大蔵大臣時代には、赤字国債の発行を抑制し、財政の健全化に努めた。また、自由貿易を推進し、日本の国際的な経済的地位の向上に貢献した。官房長官時代には、ロッキード事件の捜査にあたり、事件の幕引きに貢献した。 総理大臣時代には、オイルショック後の不況に対処するため、経済成長を優先する政策を推進した。また、日米関係を強化し、太平洋地域の安定に貢献した。鈴木正三は、1998年(平成10年)に死去した。享年78歳。 ---
歴史上の偉人

斎藤小左衛門 – 日本人初の司祭であり、キリシタン迫害の犠牲者

-斎藤小左衛門の生涯- 斎藤小左衛門は、1562年に鹿児島で生まれたとされています。幼名は弥三郎で、父は島津氏の家臣である斎藤宗龍、母は島津貴久の娘である菊姫でした。小左衛門には、2人の兄と1人の妹がいました。 小左衛門は、幼い頃から聡明で、10歳の時にフランシスコ・ザビエルが鹿児島を訪れた際には、その教えに興味を持ち、キリスト教に入信しました。小左衛門は、後にザビエルの弟子であるルイス・デ・アルメイダ神父に師事し、1583年に日本で初めて司祭に叙階されました。 小左衛門は、司祭として、鹿児島や長崎で布教活動を行い、多くの信者を獲得しました。しかし、1587年に豊臣秀吉がキリシタン禁教令を発布すると、小左衛門は捕らえられて長崎に送られました。 小左衛門は、長崎で拷問を受けましたが、信仰を棄教することはありませんでした。1597年、小左衛門は26名の信者とともに長崎で磔刑に処せられました。小左衛門の遺体は、長崎の西坂の丘に葬られました。 小左衛門の死後、キリシタンの迫害はさらに激化し、多くの信者が殉教しました。しかし、小左衛門の信仰は、多くの信者に勇気を与え、キリシタンの信仰は、日本で生き残ることになりました。 小左衛門は、日本初の司祭であり、キリシタン迫害の犠牲者として、カトリック教会から列福されています。小左衛門の列福は、2008年にローマ教皇ベネディクト16世によって行われました。
歴史上の偉人

中川栖山とは?幕末-明治時代の武士、実業家

-中川栖山の生涯- 中川栖山(なかがわ せいざん、1809年 -1888年)は、幕末-明治時代の武士、実業家。名は貞朝。字は子行。通称は助六(すけろく)。号は栖山・百拙・百庵・南百・岳愚など。 1809年(文化6年)1月12日に大和国丹波市に生まれる。丹波勤番士として勤め、1838年(天保9年)に家督を継ぐ。 1853年(嘉永6年)、ペリーが浦賀に来航したときには、備中松山藩の藩主・板倉勝静の命を受け、江戸湾の警備に赴いた。1858年(安政5年)、日米修好通商条約が締結されたときには、通訳を務めた。 1861年(文久元年)に、勝海舟が設立した神戸海軍操練所の教授方に就任。1862年(文久2年)に、神戸海軍操練所が閉鎖されると、勝海舟に従って江戸に戻り、海軍伝習所(後の海軍兵学校)の教授方に就任した。 1868年(明治元年)に、戊辰戦争が勃発すると、官軍に協力し、箱館戦争にも従軍した。1869年(明治2年)に、海軍少将に任命される。 1870年(明治3年)に、海軍中将に昇進し、兵部省の海軍局長に就任した。1872年(明治5年)に、海軍卿に就任し、1873年(明治6年)まで務めた。 1874年(明治7年)に、貴族院議員に勅任され、1875年(明治8年)に、海軍大将に昇進した。1880年(明治13年)に、麝香間祗候に任命され、1888年(明治21年)に、薨去した。