天邪鬼

文学分野の人

人名辞典「瓜子姫」について

-瓜子姫とは- 瓜子姫とは、中国の古典小説『西遊記』に登場する架空の人物である。瓜子国(別名・車遅国)の国王の娘。三蔵法師の一行が車遅国に訪れた際、国中の桃を食べ尽くすという妖魔と対決することとなる。法師は、妖魔の正体の骨精を倒して瓜子姫を救い、国王は法師に褒美を与え、その国から立ち去ることとなる。 瓜子姫は、中国の古典小説『西遊記』に登場する架空の人物である。瓜子国(別名・車遅国)の国王の娘。瓜子姫は、容姿端麗な美女として描かれ、その美しさは、国中の人々を魅了していた。瓜子姫は、ある日、国中の桃を食べ尽くすという妖魔に襲われた。妖魔は、瓜子姫をさらって、洞窟に閉じ込めてしまった。 瓜子姫は、妖魔に捕らわれ、毎日、桃を食べさせられていた。瓜子姫は、妖魔の洞窟から脱出する方法を考え、ある日、ついに妖魔を倒すことに成功した。瓜子姫は、妖魔を倒したことで、瓜子国の王様から褒美を授かった。瓜子姫は、褒美として、銀の杯を授かった。瓜子姫は、銀の杯を大切に保管し、毎日、銀の杯を使って水を飲んでいた。瓜子姫は、銀の杯を使って水を飲むことで、長寿を保つことができた。瓜子姫は、100歳まで生きた。 瓜子姫は、中国で人気のあるキャラクターである。瓜子姫は、勇気と知恵を持った女性として描かれ、多くの人々から愛されている。瓜子姫は、中国の古典小説『西遊記』だけでなく、テレビドラマや映画にも登場している。
文学分野の人

「坂元雪鳥」

- 坂元雪鳥の生涯 -# 生い立ち 坂元雪鳥は、1867年(文久2年)12月11日、旧長州藩・山口県玖珂郡川上村(現在の岩国市)に生まれた。幼名は「きよ」。父・坂元吉蔵と母・まつの長女だった。吉蔵は村の庄屋を務める傍ら、漢学や俳句を嗜む文人でもあった。雪鳥は、父の薫陶を受けて、幼い頃から詩歌や書画に親しんだ。 -# 京浜女子大学への入学 1887年(明治20年)、雪鳥は、日本の女子教育の先駆者であった中村春二が創立した明治女学校(現在の東京女学館)に入学する。明治女学校は、女子に高等教育を施すことを目的とした私立学校で、女流歌人や作家を多く輩出した。雪鳥も、明治女学校で詩歌や文学を学び、創作活動を開始する。 -# 与謝野晶子と出会い、詩歌の道へ 1891年(明治24年)、雪鳥は、同じ明治女学校に通っていた与謝野晶子と知り合う。晶子は、雪鳥の詩歌の才能を見抜き、その道を進むことを勧めた。晶子と雪鳥は、共に雑誌に短歌や詩を発表し、新しい文学の潮流である「新体詩」運動を推進していった。 -# 日露戦争従軍と軍歌『露営の歌』 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、雪鳥は、夫である陸軍軍医の坂元襄と共に、従軍歌人として満州に渡った。雪鳥は、戦地で国の勝利を祈念する数多くの軍歌を作詞し、兵士たちを鼓舞した。中でも、雪鳥の代表作とも言える『露営の歌』は、戦意高揚に大きく貢献し、国民に広く愛唱された。 -# 文学者としての活躍 日露戦争後、雪鳥は、文筆活動に専念する。歌集『翠黛集』や詩集『千里集』などを発表し、女流歌人としての地位を確立した。また、与謝野晶子や石井柏亭らと雑誌『明星』を創刊し、新時代の文学を牽引していった。 -# 晩年 晩年の雪鳥は、日本各地を旅し、講演や句会などで活躍した。1934年(昭和9年)には、文部大臣賞を受賞した。1939年(昭和14年)、雪鳥は、71歳で病のため死去した。
文学分野の人

「天邪鬼」

天邪鬼とは何か? 天邪鬼とは、日本の妖怪の一種で、人の言うこととは反対のことをする性格の悪い妖怪とされています。天邪鬼は、人の言うことを素直に聞かないだけでなく、わざと反対のことをして人に迷惑をかけることもあります。 天邪鬼の性格は、様々な説があります。一説には、天邪鬼は元々は人の心に潜む悪い心の象徴であると言われています。また、天邪鬼は、人の言うことを素直に聞くことができない心の弱さの表れであるとも言われています。 天邪鬼は、様々な形をしています。中には、人間の姿をした天邪鬼もいますが、天邪鬼は、動物や植物の姿をしたこともよくあります。天邪鬼は、人の心の悪い部分の象徴であるため、その姿は醜いことが多いです。 天邪鬼は、人に様々な迷惑をかけます。天邪鬼は、人の言ったことをわざと反対のことをして、人に迷惑をかけます。また、天邪鬼は、人の言うことを素直に聞かないため、人に迷惑をかけます。 天邪鬼は、人の心に潜む悪い心の象徴であるため、天邪鬼を退治することは、人の心を良くすることになります。天邪鬼を退治するためには、天邪鬼の性格を理解することが大切です。天邪鬼の性格を理解することで、天邪鬼を退治する方法が見えてきます。 天邪鬼は、人の心に潜む悪い心の象徴ですが、天邪鬼を退治することで、人の心を良くすることができます。天邪鬼を退治するためには、天邪鬼の性格を理解することが大切です。天邪鬼の性格を理解することで、天邪鬼を退治する方法が見えてきます。
歴史上の人物

「天探女」

# 大見出し「「天探女」」 - 「記紀に登場する謎多き女神」 天探女(あまのさぐめ)は、日本の神話の女神である。古事記と日本書紀に名前が登場するが、その詳細は不明なことが多い。 天探女が登場するのは、天照大神が天の岩戸に隠れたときの話である。天照大神が岩戸に隠れたことで、地上は暗くなり、人々は困った。そこで、八百万の神々が集まって、天照大神を岩戸から誘い出す方法を相談した。 そのとき、天探女が名乗り出て、「私は天照大神を岩戸から誘い出します」と言った。天探女は美しい女神で、天照大神もその美しさに惹かれていた。天探女は、天照大神に舞を披露し、その舞の美しさに天照大神は心を奪われた。そして、天照大神は岩戸から出てきて、地上は再び明るくなった。 しかし、天照大神が出てきたとき、天探女は岩戸に閉じ込められてしまった。天探女は助けを求めたが、誰も彼女を助けてくれなかった。天探女は岩戸の中で孤独に死んだと言われている。 天探女は、謎多き女神である。彼女はなぜ岩戸に閉じ込められたのか、なぜ誰も彼女を助けなかったのか、など、彼女の死には多くの謎が残されている。 天探女は、日本の神話の重要な女神である。彼女は、天照大神を岩戸から誘い出したことで、地上に光を取り戻した。しかし、彼女は岩戸に閉じ込められて孤独に死んだ。天探女の死は、日本の神話の悲劇の一つである。