奇稲田姫

歴史上の偉人

「脚摩乳・手摩乳」:日本神話の神秘的な夫婦

「脚摩乳・手摩乳」:日本神話の神秘的な夫婦
歴史上の偉人

「古事記」に登場する神-八島士奴美神

八島士奴美神の出自とその両親について 八島士奴美神は、「古事記」に登場する神であり、国生みの神話に登場します。八島士奴美神は、伊邪那岐命と伊邪那美命の間に生まれた神であり、八島の別名である「八洲」の主宰神として知られています。 八島士奴美神は、国生みの神話の中で、伊邪那岐命と伊邪那美命が淡路島、伊豫国、隠岐国、壱岐国、筑紫国、肥国、豊国、日向国、薩摩国、大隅国、土佐国、伊賀国、近江国、美濃国、飛騨国、信濃国、上野国、下野国、常陸国、陸奥国、出羽国、佐渡国、越後国、越中国、能登国、加賀国、越前国、若狭国、丹後国、丹波国、播磨国、美作国、備前国、備中国、安芸国、周防国、長門国、豊前国、豊後国、肥前国、肥後国、日向国、大隅国、薩摩国、壱岐国、対馬国、隠岐国を産み、これらの国を八島と称したとあります。 八島士奴美神は、八島の主宰神として、豊穣をもたらす神として信仰されており、農業や漁業の神として崇められています。また、八島士奴美神は、国土を守護する神としても知られており、国家安泰や平和を祈る神として信仰されています。 八島士奴美神は、「古事記」以外にも、「日本書紀」や「風土記」などにも登場する神であり、我が国で古くから信仰されている神の一柱です。
歴史上の偉人

素戔嗚尊 – 古事記や日本書紀に記された神

- 伊邪那岐と伊邪那美の子である素戔嗚尊 素戔嗚尊は、古事記や日本書紀に記された神である。伊邪那岐と伊邪那美の子であり、天照大神の弟にあたる。素戔嗚尊は、荒々しく気性の激しい性格であり、しばしば問題を起こしていた。 ある日、素戔嗚尊は天照大神の織物を汚してしまった。天照大神は激怒し、天の岩戸に閉じこもってしまった。世界は闇に包まれ、人々は困り果てた。そこで、八百万の神々が集まって、素戔嗚尊をなだめようとした。素戔嗚尊は、二度と天照大神に危害を加えないことを約束し、天照大神は天の岩戸から出てきた。 その後、素戔嗚尊は高天原から追放され、出雲の国に降り立った。素戔嗚尊は、出雲の国で八岐大蛇を退治し、稲田姫を助けた。素戔嗚尊と稲田姫は結婚し、多くの子供をもうけた。 素戔嗚尊は、荒々しく気性の激しい性格であったが、同時に、正義感の強い神でもあった。素戔嗚尊は、人々を苦しめる悪霊を退治し、人々を救った。素戔嗚尊は、人々から敬われ、愛される神である。 素戔嗚尊は、現在でも多くの人々に信仰されている。素戔嗚尊を祀る神社は、全国各地に数多くある。素戔嗚尊は、厄除けや縁結びの神として信仰されている。
歴史上の偉人

奇稲田姫 – 日本神話における美しい姫

-# 出雲の地で生まれた姫 奇稲田姫は、日本の神話の登場人物の一人です。彼女は稲作の神である須佐之男命の妻であり、大国主命の母親として知られています。奇稲田姫は、出雲の国で生まれたとされ、その美しさは広く知られていました。 ある日、須佐之男命は出雲の国にやってきました。そこで彼は、奇稲田姫の美しさに一目惚れし、彼女を妻に迎えました。奇稲田姫は、須佐之男命との間に大国主命を授かり、幸せに暮らしました。 しかし、ある日、須佐之男命は天照大神に怒りを買い、追放されてしまいました。奇稲田姫は、須佐之男命を慕って追いかけましたが、途中で見失ってしまいました。奇稲田姫は、悲しみに暮れながら出雲の国に戻り、そこで大国主命を育て上げました。 大国主命は、成長すると立派な青年となり、出雲の国を治めるようになりました。奇稲田姫は、大国主命を誇りに思い、幸せに暮らしました。 奇稲田姫は、日本の神話の重要な登場人物の一人であり、その美しさは広く知られています。彼女は、須佐之男命の妻であり、大国主命の母親として、日本の神話の物語に欠かせない存在です。