奈良時代

歴史上の偉人

– 道証

-道証の生涯- 道証は、江戸時代初期の浄土真宗の僧侶です。1592年(文禄元年)に越前国敦賀郡今庄村(現在の福井県敦賀市)に生まれ、1662年(寛文2年)に京都で亡くなりました。 道証は、幼い頃から仏教に帰依し、15歳で得度して僧侶となりました。その後、京都の知恩院で学び、1622年(元和8年)に帰郷して、敦賀に教行寺を開きました。 道証は、熱心な布教活動を行い、多くの人々を浄土真宗に帰依させました。また、1637年(寛永14年)には、藩主の松平光長に招かれて、福井城下に三昧堂を建立し、布教活動を行いました。 道証は、1662年(寛文2年)に京都で亡くなりましたが、その遺徳を偲んで、教行寺に道証廟が建立されました。道証廟は、現在も敦賀の観光スポットの一つとなっています。 道証は、浄土真宗の布教活動に尽力した僧侶として知られています。その功績は、現在も人々に語り継がれています。
歴史上の偉人

ー「円興」と奈良時代

-「円興」と奈良時代- -円興の生涯と功績- 円興は、奈良時代初期に活躍した僧侶です。701年に生まれ、770年に亡くなりました。平城京の東にあった大安寺の住職を務め、奈良東大寺の大仏の開眼供養を主導した人物として知られています。 円興は、若い頃から仏教を学び、20歳の時に出家しました。その後、唐に留学して、天台宗の教えを学びました。735年に帰国し、奈良東大寺の大仏の開眼供養を主導しました。開眼供養には、聖武天皇や光明皇后ら皇族や貴族など、多くの人々が集まりました。 円興は、奈良東大寺の大仏の開眼供養を成功させたことで、聖武天皇や光明皇后から厚い信頼を得ました。その後、奈良東大寺の別当に任命され、奈良東大寺の運営に携わりました。 また、円興は、奈良時代初期の仏教界を代表する人物として、多くの弟子を育てました。弟子の中には、後に奈良東大寺の住職を務めた玄昉や、奈良東大寺の大仏の建立に尽力した行基などがいます。 円興は、奈良時代初期の仏教界に大きな影響を与えた人物です。円興の功績は、奈良東大寺の大仏の開眼供養の成功や、多くの弟子の育成など、多岐にわたります。円興は、奈良時代初期の仏教界を代表する人物として、今日もなお人々に尊敬されています。
歴史上の偉人

高元度-遣唐使として唐に渡った奈良時代の官吏

-遣唐使藤原清河をむかえる使節として唐にわたる- 奈良時代、日本の遣唐使として唐に渡った官吏の中で、最も有名な人物の一人が藤原清河である。藤原清河は、718年に遣唐使として入唐し、唐で8年間を過ごした。帰国後は、日本の政治や文化の発展に大きな貢献をした。 藤原清河が唐に渡った理由は、遣唐使藤原清河をむかえる使節としてであった。藤原清河は、唐の皇帝玄宗から遣唐大使に任命され、日本に派遣された。しかし、藤原清河は途中で病にかかり、唐に留まることになった。 藤原清河は、唐で8年間を過ごした間に、唐の政治や文化を深く学んだ。藤原清河は、唐の官僚制度を日本に導入し、日本の政治制度の改革に貢献した。また、藤原清河は、唐の文化を日本に伝え、日本の文化の発展に貢献した。 藤原清河は、726年に日本に帰国した。藤原清河は、帰国後すぐに右大臣に任命され、日本の政治の中枢で活躍した。藤原清河は、737年に薨去したが、藤原清河の功績は、日本の歴史に長く語り継がれている。
歴史上の偉人

– 巨勢総成

-巨勢総成とは- 巨勢総成(こせの むねなり)は、日本の古代豪族の一人とされる人物。姓(カバネ)は連。 ※『日本書紀』では、敏達天皇32年(583年)に巨勢惣成が新羅に派遣されて国書を手渡したとする記述がある。 ※『新撰姓氏録』によると、巨勢氏の祖先は、景行天皇の皇子である建部武彦命とされる。 ※巨勢総成は、欽明天皇の時代には、大連(おおむらじ)を務めていた。 ※「巨勢総成」の「巨勢」という氏(姓)は、奈良県桜井市巨勢町(旧宇陀郡巨勢村)を根拠地とした豪族である。 ※巨勢氏は、物部氏、蘇我氏、大伴氏と並んで、古代日本の四大家族の一つとして数えられている。 ※巨勢氏は、軍事、外交、経済、文化など、さまざまな分野で活躍した。 ※『続日本紀』では、天武天皇4年(675年)に巨勢総成が陸奥国に派遣されて蝦夷を討伐したとする記述がある。 ※巨勢総成は、持統天皇の時代には、左大臣や右近衛大将などを歴任した。 ※巨勢総成は、文武天皇の時代には、内大臣を務めた。 ※巨勢総成は、慶雲4年(707年)に致仕した。 ※巨勢総成は、和銅2年(709年)に薨去した。
歴史上の偉人

雀部真人とは?その生涯と功績を解説

雀部真人による祖先の氏(姓)の変更 雀部真人は、古代日本の貴族であり、天武天皇の皇子である。彼は、日本における氏(姓)の変更という大きな改革を行ったことで知られている。 雀部真人が氏(姓)の変更を行った理由は、当時の氏(姓)制度が複雑で、身分を明確にするために必要なものだったからである。当時の日本では、氏(姓)は血縁関係だけでなく、居住地や職業によっても決まっていた。そのため、同じ血縁関係を持つ人々でも、氏(姓)が異なるということがよくあった。 雀部真人は、この複雑な氏(姓)制度を改め、血縁関係に基づく氏(姓)制度を確立した。これにより、身分を明確にし、社会秩序を安定させることができた。 雀部真人が氏(姓)を改めたもう一つの理由は、氏(姓)による差別をなくすためであった。当時の日本では、氏(姓)によって身分が差別されていた。例えば、皇族や貴族は高い身分とされ、庶民は低い身分とされた。雀部真人は、この差別をなくすために、氏(姓)を血縁関係に基づいて改めた。これにより、氏(姓)による差別をなくし、社会の平等を促進することができた。 雀部真人が氏(姓)を改めたことは、日本における氏(姓)制度の大きな改革であり、社会秩序の安定と社会の平等を実現する上で大きな役割を果たした。
歴史上の偉人

多治比邑刀自-平安時代前期の女官

多治比邑刀自の生涯 多治比邑刀自は、平安時代前期に活躍した女官である。参議・多治比廣貞の娘として生まれ、幼少の頃から宮廷に出仕した。 16歳のとき、仁明天皇の寵愛を受け、典侍となった。仁明天皇との間には、惟喬親王、光孝天皇、仁善皇女の3人の子供を儲けた。 850年、仁明天皇が崩御すると、空祚となった。このとき、多治比邑刀自は、惟喬親王を皇位に就かせるために尽力した。しかし、惟喬親王は、叔父である文徳天皇に敗れ、皇位を継ぐことができなかった。 858年、文徳天皇が崩御すると、多治比邑刀自は、光孝天皇の即位に尽力した。光孝天皇の即位により、多治比邑刀自は、皇太后となった。 881年、光孝天皇が崩御すると、多治比邑刀自は、宇多天皇の即位に尽力した。宇多天皇の即位により、多治比邑刀自は、太皇太后となった。 892年、多治比邑刀自は、74歳で崩御した。多治比邑刀自は、平安時代前期の女官として、大きな役割を果たした人物である。
歴史上の偉人

人物伝記 – 石上麻呂

-# 石上麻呂の生涯 石上麻呂は、奈良時代の貴族・武人で、石上乙麻呂の子。官位は従五位下・紀伊守・正五位下・左大臣まで昇った。 石上麻呂は、天平14年(742年)、石上乙麻呂の子として生まれた。天平勝宝7年(755年)、従五位下に叙爵し、紀伊守に任命された。天平宝字3年(759年)、正五位下に昇叙され、左大臣に任命された。 石上麻呂は、藤原仲麻呂の乱では、孝謙天皇を支持して戦った。乱後、功績により従四位上に昇叙され、太政大臣に任命された。 天平宝字8年(764年)、石上麻呂は、病のため薨去した。享年23。 石上麻呂は、若くして亡くなったが、その生涯は波乱に満ちたものであった。藤原仲麻呂の乱では、孝謙天皇を支持して戦い、功績を挙げた。しかし、乱後、藤原仲麻呂の残党によって暗殺されたとされる。 石上麻呂は、武勇に優れ、文才にも長けた人物であった。その死は、朝廷に大きな衝撃を与え、その後の日本の政治に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

粟田道麻呂とは?

粟田道麻呂の生涯 粟田道麻呂は、716年に生まれ、771年に亡くなった奈良時代の貴族であり、政治家です。彼は、藤原氏の一族として生まれ、743年に参議に任命され、758年には左大臣に昇進しました。また、彼は、752年に遣唐使として唐に渡り、唐の文化や制度を日本に伝えました。 道麻呂は、藤原氏の中でも最も有力な貴族であり、聖武天皇や孝謙天皇に仕えました。彼は、藤原仲麻呂の乱を鎮圧するなど、数多くの功績を残しました。また、彼は、東大寺の大仏の建立にも尽力しました。 道麻呂は、政治家としてだけでなく、学者としても知られています。彼は、多くの書物を著し、また、唐から多くの書物を日本に持ち帰りました。道麻呂の功績は、日本の歴史に大きな影響を与え、彼は、日本の歴史上最も重要な人物の一人とされています。 道麻呂は、771年に亡くなり、京都の粟田山に葬られました。彼の墓は、現在でも粟田神社として残されています。
研究者

勤操 – 奈良-平安時代前期の僧侶

勤操の生い立ちと修学 勤操は、奈良時代末期から平安時代初期の僧侶です。大和国(現在の奈良県)生まれ。俗名は浄人(きよひと)。大安寺で良弁に師事し、天平10年(738年)に得度しました。その後、唐に渡り、慈恩寺で智周に師事して学びました。帰国後、東大寺で戒壇院を建立し、戒律の復興に努めました。また、大安寺で法華滅罪の法会を修し、延暦16年(797年)に法華滅罪の勅を賜りました。弘仁6年(815年)に大安寺別当となり、同15年(824年)に没しました。 勤操は、幼い頃から聡明で、学問を好みました。10歳の時に出家し、大安寺で良弁に師事しました。良弁は、奈良時代の高僧で、東大寺の開山でもあります。勤操は、良弁から仏教の教えを学び、戒律についても厳しく指導されました。 18歳の時、勤操は唐に渡りました。唐は、当時、仏教が盛んな国であり、多くの高僧がいました。勤慈恩寺で智周に師事し、仏教の教えを学びました。智周は、慈恩宗の祖であり、戒律についても厳格な学者でした。勤操は、智周から戒律について厳しく指導され、戒律の復興を志すようになりました。 勤操は、3年後に帰国しました。帰国後、東大寺で戒壇院を建立し、戒律の復興に努めました。戒壇院は、僧侶が戒律を授かるための施設です。勤操は、戒壇院を建立することで、戒律の復興を推進しました。また、大安寺で法華滅罪の法会を修し、延暦16年(797年)に法華滅罪の勅を賜りました。法華滅罪の勅とは、法華経を唱えることで、罪を滅することができるという勅命です。勤操は、法華滅罪の勅を賜り、法華経の信仰の普及に努めました。 勤操は、平安時代初期の僧侶として、戒律の復興と法華経の信仰の普及に努めました。勤操の功績は、日本の仏教の発展に大きな影響を与えました。
歴史上の偉人

– 林浦海の生涯と功績

林浦海とは 林浦海は、新羅末期から高麗初期の僧侶であり、新羅の王族出身である。姓は金、諱は浦海、号は東岳、法号は梵日国師である。新羅の景哀王の曾孫であり、景明王の甥にあたる。 林浦海の生年については正確には不明であるが、874年頃と推定されている。新羅の王族に生まれたが、幼少の頃に両親を亡くし、叔父の景明王に引き取られた。景明王は林浦海を王位継承者として育てたが、897年に景明王が急逝したため、林浦海は王位に就くことはなかった。 景明王の死後、新羅は混乱に陥り、高麗の太祖王建が朝鮮半島を統一した。林浦海は高麗に仕え、太祖王建から厚遇された。太祖王建は林浦海を国師に任命し、仏教の興隆に努めた。 林浦海は、新羅と高麗の文化交流にも貢献した。林浦海は、中国に留学して仏教を学び、帰国後に新羅に仏教を広めた。また、林浦海は、高麗の太祖王建の命を受けて、高麗に仏教を伝えた。 林浦海は、942年に亡くなった。享年68。林浦海は新羅と高麗の仏教の発展に大きな功績を残した。
歴史上の偉人

大伴安麻呂とは? 万葉の父と称された公卿の生涯と功績

-飛鳥・奈良時代の公卿- 大伴安麻呂は、飛鳥時代末から奈良時代初期にかけて活躍した公卿です。彼は、天武天皇の時代に右大臣に任命され、文武天皇の時代には太政大臣に昇進しました。大伴安麻呂は、万葉集の編纂に携わり、「万葉の父」と称されています。 大伴安麻呂は、640年に生まれたとされています。彼は、大伴長徳の子として生まれ、幼い頃から才能豊かであったと伝えられています。大伴安麻呂は、18歳の時に天智天皇に仕官し、その後、天武天皇の時代には右大臣に任命されました。 大伴安麻呂は、文武天皇の時代には太政大臣に昇進し、朝廷で大きな権力を握りました。彼は、万葉集の編纂に携わり、万葉集の成立に大きく貢献しました。万葉集は大伴安麻呂の死後、810年に完成したと言われています。 大伴安麻呂は、707年に亡くなりました。享年68歳でした。大伴安麻呂は、万葉集の編纂に大きく貢献し、日本の文化の発展に寄与した功績で知られています。 大伴安麻呂は、飛鳥・奈良時代の公卿として、朝廷で大きな権力を握りました。彼は、万葉集の編纂に携わり、万葉集の成立に大きく貢献しました。大伴安麻呂は、日本の文化の発展に寄与した功績で知られています。
歴史上の偉人

恵忠→ 日本の僧侶と教師

恵忠の生涯 恵忠は、平安時代初期の日本の僧侶であり、最澄とともに天台宗を確立した人物である。延暦21年(802年)、近江国愛知郡(現在の滋賀県愛知郡)に生まれる。俗名は、源定(みなもとのただし)。幼いころから聡明で、10歳のときに比叡山に登り、最澄の弟子となる。18歳のときに受戒し、法名を恵忠とする。最澄が没した後は、天台宗の第二祖として、その教えを継承した。 恵忠は、天台宗の教学に詳しく、また、優れた実践家でもあった。山林を歩き回り、修行を重ねた。また、多くの弟子を育て、天台宗の発展に貢献した。また、恵忠は、最澄の思想をさらに発展させ、止観行を説いた。これは、坐禅と念仏を組み合わせた修行法で、天台宗の重要な教えの一つとなっている。 恵忠は、貞観18年(876年)、75歳で亡くなった。天台宗の第三祖である円珍によって、比叡山の根本中堂に葬られた。恵忠の死後、天台宗はさらに発展し、平安時代中期には、日本仏教の主流となった。 恵忠は、最澄とともに天台宗を確立した人物であり、天台宗の発展に大きく貢献した。恵忠の教えは、今日でも天台宗の僧侶たちの修行の指針となっている。
歴史上の偉人

賀陽豊年 – 奈良平安前期の官僚

賀陽豊年の生涯 賀陽豊年は、奈良平安前期の官僚であり、文章博士・参議を務めた。 天平宝字8年(764年)、文室真人(文室御井の孫)の子として生まれる。母は、美濃守・大伴池主の娘。 宝亀元年(770年)、従五位下に叙せられ、伊予介に任命される。その後、太宰少弐、長門守、豊前守を歴任する。 桓武天皇が即位した延暦4年(785年)、文章博士に任命される。延暦7年(788年)、従五位上に昇叙される。延暦8年(789年)、参議に任命される。 延暦10年(791年)、卒去。享年28。 賀陽豊年は、若くして文章博士・参議を務めた有能な官僚であった。また、和歌にも優れており、三十六歌仙の一人に数えられている。
歴史上の偉人

「吉弥侯横刀」

「吉弥侯横刀」の生涯 「吉弥侯横刀」は、鎌倉時代に作られたとされる日本刀である。その名は、初代の所有者である吉弥侯に由来する。吉弥侯は、鎌倉幕府の御家人であり、武勇に優れていたことで知られていた。 吉弥侯横刀は、全長約80cm、刀身は約60cmである。刀身は、鎬造りで、反りは中反である。地鉄は、板目肌が良く詰んでおり、刃文は互の目乱れである。 吉弥侯横刀は、吉弥侯が鎌倉幕府に仕えていた頃、数々の戦いで活躍した。元寇の戦いでは、吉弥侯は「吉弥侯横刀」を振るい、多くの敵を討ち取ったと伝えられている。 鎌倉幕府が滅亡した後、吉弥侯横刀は、吉弥侯の子孫に受け継がれた。しかし、戦乱の世にあって、吉弥侯横刀は、何度か盗難に遭い、所在不明となってしまう。 江戸時代になって、吉弥侯横刀は、再び発見された。その後、吉弥侯横刀は、幕府の重臣である酒井家によって所蔵され、代々伝承されてきた。 明治維新後、吉弥侯横刀は、酒井家から東京国立博物館に寄贈された。現在、吉弥侯横刀は、東京国立博物館の常設展示品として公開されている。
歴史上の偉人

高麗殿嗣 – 奈良時代の官吏

-遣渤海使として活躍- 高麗殿嗣は、奈良時代の官吏です。733年(天平5年)に渤海に使者として派遣されました。このとき、高麗殿嗣は渤海国王の大欽茂から非常に丁重に扱われ、渤海の制度や文化を詳しく知ることができました。帰国後、高麗殿嗣は渤海に関する報告書を朝廷に提出し、渤海との友好関係を促進するのに貢献しました。 渤海は、7世紀に朝鮮半島の北部で建国された国です。渤海は、唐と日本に朝貢し、両国と友好関係を保っていました。渤海は、文化的に非常に発達した国であり、漢字や仏教が盛んでした。 高麗殿嗣の遣渤海使としての活躍は、渤海との友好関係を促進し、渤海の制度や文化を日本に伝えるのに大きな貢献をしました。高麗殿嗣は、奈良時代の外交官として重要な役割を果たした人物です。
歴史上の偉人

藤原今川:平安時代前期の官吏

- 藤原今川の生い立ちと経歴 藤原今川は、平安時代前期の官吏である。藤原良房の子で、藤原北家良房流の祖となる。 今川は、仁寿3年(853年)に藤原良房と紀氏の間に生まれた。藤原良房は、藤原北家良房流の祖であり、藤原基経や藤原時平の父としても知られている。今川は、藤原良房の三男として生まれたが、兄の藤原基経が早くに亡くなったため、藤原北家良房流の嫡男となった。 今川は、天安元年(857年)に叙爵して従五位下に叙せられ、その後、右近衛少将、右近衛中将、右近衛大将を歴任した。貞観4年(862年)には、従四位下に叙せられ、右衛門権佐に任じられた。貞観6年(864年)には、従四位上に叙せられ、右衛門権佐に任じられた。貞観8年(866年)には、正四位下に叙せられ、蔵人頭に任じられた。貞観10年(868年)には、従三位に叙せられ、中納言に任じられた。 陽成天皇の即位後、今川は、右大臣に任じられた。陽成天皇は、今川の姉である藤原高子の息子であり、今川は、陽成天皇の舅にあたる。今川は、右大臣として、陽成天皇の政権を支えた。 元慶8年(884年)、陽成天皇が退位した後、今川は、太政大臣に任じられた。今川は、太政大臣として、光孝天皇、宇多天皇の政権を支えた。 寛平9年(897年)、今川は、72歳で薨去した。今川は、藤原北家良房流の祖であり、藤原基経や藤原時平の父としても知られている。今川は、平安時代前期の政界で大きな影響力を持った人物である。
歴史上の偉人

「百済倭麻呂」という人物について

-百済倭麻呂とは- 百済倭麻呂(くだら の わまろ)は、奈良時代の貴族・薬師寺別当。姓は宿禰のち真人。官位は正三位・参議、大宰帥。百済の王族・武寧王の子孫で、百済復興のため唐に対して対馬・壱岐の返還を求め、また新羅との境界線を旧任那境界に戻すように朝廷に働きかけた。 百済倭麻呂は、百済の第26代王である武寧王の子孫である。父は、百済の第29代王である義慈王の弟である武良王である。母は、新羅の第28代王である武烈王の娘である金氏である。百済倭麻呂は、702年に日本に亡命した。706年に従五位下に叙せられ、左衛士府に任官された。708年に正五位下に叙せられ、兵部少輔に任官された。710年に正五位上に叙せられ、中務少輔に任官された。711年に従四位下に叙せられ、治部少輔に任官された。712年に正四位下に叙せられ、中務大輔に任官された。713年に従四位上に叙せられ、治部大輔に任官された。714年に正四位上に叙せられ、中務大輔に任官された。715年に従三位に叙せられ、治部卿に任官された。716年に正三位に叙せられ、中務卿に任官された。717年に参議に任官された。718年に大宰帥に任官された。721年に正三位に叙せられ、参議に再任された。722年に没した。
歴史上の偉人

「恵美押勝」について

恵美押勝の生涯 恵美押勝は、奈良時代の貴族・政治家です。皇位継承問題に深く関わり、桓武天皇の即位に貢献しました。しかし、桓武天皇に疑われて失脚し、最期は自害に追い込まれました。 恵美押勝は、天平宝字2年(758年)に生まれました。父は恵美恵尺、母は藤原仲麻呂の娘である藤原媛子です。恵美押勝は、藤原仲麻呂の養子となり、藤原南家の一員として育ちました。 恵美押勝は、早くから聡明で、学問を好みました。また、弓馬の術にも長けていました。藤原仲麻呂の死後、恵美押勝は、桓武天皇の信任を得て、権勢を振るいました。 しかし、恵美押勝は、権勢を笠に着て、横暴な振る舞いをするようになりました。桓武天皇は、恵美押勝を疑い始め、延暦4年(785年)に恵美押勝を九州に流罪にしました。 恵美押勝は、九州に流罪された後も、桓武天皇に反抗する姿勢を崩しませんでした。桓武天皇は、恵美押勝の処刑を命じました。恵美押勝は、延暦13年(794年)に自害に追い込まれました。 恵美押勝の生涯は、権勢と野望に翻弄された生涯でした。恵美押勝は、桓武天皇の即位に貢献した功績を残しましたが、横暴な振る舞いによって失脚し、悲惨な最期を遂げました。
歴史上の偉人

僧侶「仁耀」- 華厳宗の称徳天皇の愛僧

-華厳宗の華厳僧としての生涯- 仁耀(744年 - 808年)は、華厳宗の僧。俗姓は笠朝臣。東大寺の僧となり、華厳宗の教学を学び、華厳宗の僧として活動した。称徳天皇の愛僧となり、華厳宗の総本山である東大寺の大講堂の建立を推進した。 仁耀は、744年に河内国丹比郡(現在の大阪府南河内郡)に生まれた。父は笠朝臣荒、母は金光明皇后の妹である。仁耀は幼い頃から仏教に親しみ、東大寺の僧となった。東大寺では、華厳宗の教学を学び、華厳宗の僧として活動した。 768年、称徳天皇が即位すると、仁耀は称徳天皇の愛僧となった。称徳天皇は、華厳宗を篤く信仰しており、仁耀が東大寺の大講堂の建立を推進するのを支援した。東大寺の大講堂は、782年に完成し、華厳宗の総本山として、華厳宗の教学の中心地となった。 仁耀は、789年に東大寺の別当に就任した。東大寺の別当は、東大寺の最高責任者であり、華厳宗の代表者でもあった。仁耀は、東大寺の別当として、東大寺の発展に尽力した。 仁耀は、808年に死去した。享年65。仁耀は、華厳宗の発展に貢献した高僧として、現在でも敬愛されている。
歴史上の偉人

「玄賓」

「桓武天皇の病気平癒を祈祷」 桓武天皇は、平安京遷都や弘法大師の招聘など、日本の歴史に大きな足跡を残した天皇です。しかし、彼の治世は、疫病や天災などの災厄に見舞われることも多く、桓武天皇自身も病気に悩まされていました。 そんな中、桓武天皇は、弘法大師に病気平癒を祈祷させました。弘法大師は、密教の宗祖として知られていますが、呪術にも長けており、桓武天皇の病気を平癒させました。 桓武天皇は、弘法大師の祈祷のおかげで病気が平癒し、その後も長寿を全うしました。弘法大師の祈祷は、桓武天皇の命を救っただけでなく、平安京の繁栄にも貢献したと言われています。 弘法大師の祈祷は、桓武天皇の病気平癒以外にも、様々な奇跡を起こしたと言われています。例えば、弘法大師は、旱魃に苦しむ村人に雨乞いを行い、雨を降らせたと言われています。また、弘法大師は、海難に遭った船を救助したとも言われています。 弘法大師の祈祷は、人々を救い、世の中を良くするために使われました。弘法大師は、真言宗の開祖としてだけでなく、呪術師としても人々に敬われています。
歴史上の偉人

丈部稲麻呂-奈良時代の防人-人生と和歌

-丈部稲麻呂の経歴と生涯- 丈部稲麻呂は、奈良時代の防人であり、和歌を残した人物です。生没年は不詳ですが、8世紀前半頃に生まれたと考えられています。出身地は不明ですが、現在の奈良県南部にあったと推測されています。 丈部稲麻呂は、防人として九州に派遣されました。防人は、辺境の警備にあたる兵士のことです。丈部稲麻呂は、九州で数年を過ごした後、故郷に帰還しました。 故郷に帰還した丈部稲麻呂は、和歌を詠みました。彼の和歌は、防人として九州で過ごした経験や、故郷への思いを詠ったものが中心です。丈部稲麻呂の和歌は、万葉集に収められています。 丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活や故郷への思いを詠ったものが多いです。彼の和歌は、万葉集に収められており、その数は30首ほどです。丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活の厳しさや、故郷への思いを切々と詠っており、万葉集の中でも特に人気のある和歌です。 丈部稲麻呂の和歌は、防人としての生活の厳しさや、故郷への思いを切々と詠っており、万葉集の中でも特に人気のある和歌である。
歴史上の偉人

「太徳太理」

天平18年(746)従五位下となる 天平18年(746)正月、藤原仲麻呂は左大臣に任ぜられた。仲麻呂は、聖武天皇の寵妃であり、孝謙天皇の母である光明皇后と結託して、権勢を振るっていた。 また、この年に藤原広嗣が筑紫で反乱を起こした。広嗣は、仲麻呂の専横を非難し、光明皇后の廃位を要求した。しかし、仲麻呂は広嗣を討伐し、反乱は鎮圧された。 広嗣の乱の後、仲麻呂はますます権勢を強めた。仲麻呂は、自分の娘である阿倍内親王を孝謙天皇の皇太子に立て、皇室を支配下に置いた。 天平19年(747)、藤原仲麻呂は右大臣に任ぜられた。仲麻呂は、太政大臣の地位を手に入れるために、光明皇后を退位させ、阿倍内親王を天皇に即位させようと企てた。 しかし、仲麻呂の企みは露見し、天平勝宝元年(749)に仲麻呂は失脚した。仲麻呂は、孝謙天皇によって逮捕され、淡路に流された。 仲麻呂の失脚後、孝謙天皇は政権を掌握した。孝謙天皇は、天平勝宝5年(753)に譲位し、淳仁天皇が即位した。 淳仁天皇は、孝謙天皇の異母弟である。淳仁天皇は、孝謙天皇の夫である藤原広嗣を殺害した疑いがあり、孝謙天皇とは不仲であった。 淳仁天皇は、藤原仲麻呂の失脚後、藤原仲麻呂の残党を討伐した。また、淳仁天皇は、孝謙天皇の寵臣である道鏡を重用した。 道鏡は、僧でありながら、淳仁天皇の寵愛を受けて、権勢を振るった。道鏡は、淳仁天皇を廃位し、自分が天皇になろうと企てた。 しかし、道鏡の企みは失敗し、天平宝字3年(759)に淳仁天皇は廃位され、孝謙天皇が重祚した。 孝謙天皇は、道鏡を逮捕し、淡路に流した。孝謙天皇は、天平神護元年(765)に崩御し、光仁天皇が即位した。
歴史上の偉人

角広弁とは

角広弁の歌 角広弁の歌は、兵庫県但馬地方の郷土芸能である角広舞を題材にしたわらべ歌です。角広舞は、平安時代から伝わる伝統芸能で、毎年1月15日に但馬地方の各地で行われます。角広舞には、毎年1月15日に但馬地方の各地で行われる「角広舞」を題材にしたわらべ歌です。角広舞は、平安時代から伝わる伝統芸能で、毎年1月15日に但馬地方の各地で行われます。角広舞には、様々な演目があり、その中には「角広弁歌」という演目もあります。角広弁歌は、角広舞の踊りの合間に歌われる歌で、但馬地方の郷土芸能を紹介する内容となっています。 角広弁歌の歌詞は、但馬地方の方言で歌われており、歌詞の内容は、角広舞の踊りの様子や、角広舞の歴史などを紹介しています。角広弁歌は、但馬地方の郷土芸能を伝える貴重な資料であり、また、角広舞の魅力を伝える歌としても親しまれています。 角広弁歌は、但馬地方の郷土芸能である角広舞を題材にしたわらべ歌です。角広舞は、平安時代から伝わる伝統芸能で、毎年1月15日に但馬地方の各地で行われます。角広弁歌は、角広舞の踊りの合間に歌われる歌で、但馬地方の方言で歌われています。角広弁歌の歌詞は、角広舞の踊りの様子や、角広舞の歴史などを紹介しています。角広弁歌は、但馬地方の郷土芸能を伝える貴重な資料であり、また、角広舞の魅力を伝える歌としても親しまれています。
歴史上の偉人

「久米若売」について

- 久米若売の生涯 「久米若売」とは、古代日本の神話に登場する女神です。彼女は、月読命と高皇産霊命の間に生まれたとされ、別名「月読之妻」とも呼ばれています。久米若売は、その名を冠した「久米若売神社」の主祭神とされており、主に女性を守護する神として信仰されています。 久米若売の生涯については、神話や伝承によって異なる記述が残っています。一説によれば、彼女は月読命と高皇産霊命の間に生まれた後は、地上に降りてきて、人々に機織りや養蚕などの技術を教えたとされています。また、彼女は、日本を統治する天皇の祖である瓊瓊杵尊(ににぎの尊)の妻となり、天孫降臨に協力したとされています。 また、久米若売は、疫病を鎮める神としても崇められています。古くから、疫病が流行する際には、久米若売神社に参拝して厄除けを祈願する風習がありました。 久米若売は、日本神話において重要な役割を果たした女神であり、現在でも多くの人々から信仰を集めています。彼女の神社は、全国各地に点在しており、その中でも特に有名なのが、京都府綾部市にある久米若売神社です。この神社は、国の重要文化財に指定されており、毎年多くの参拝客でにぎわっています。