奈良県立橿原考古学研究所

研究者

樋口隆康考古学者の生誕とその後の人生

樋口隆康の生い立ちと学問 樋口隆康は、1900年4月12日に東京で生まれた。父は工学博士の樋口健一、母は書家の樋口ちよ。樋口は、幼い頃から考古学に興味を持ち、東京帝国大学文学部考古学科に入学した。1923年に東京帝国大学を卒業し、大学院に進学した。1926年に東京帝国大学を修了し、助教授となった。 樋口は、1930年に東京帝国大学教授に就任し、1941年に文学部長に就任した。1945年に東京帝国大学を退職し、京都帝国大学教授に就任した。1949年に京都帝国大学を退職し、同志社大学教授に就任した。1970年に同志社大学を退職し、名誉教授となった。 樋口は、日本の考古学の発展に大きな貢献をした。1930年代には、日本の考古学の基礎を確立した。1940年代には、日本の考古学を国際的な学問に発展させた。1950年代には、日本の考古学を一般の人々に普及させた。1960年代には、日本の考古学の発展に貢献した。 樋口の主な著作には、「日本の考古学」「日本の古代文化」「日本の歴史」「日本の考古学史」などがある。樋口は、1979年4月12日に80歳で亡くなった。
研究者

岸俊男 – 優れた日本史学者

-# 古代史研究のパイオニアとしての岸俊男 岸俊男氏は、古代史研究のパイオニアとして知られる歴史学者です。 1926年、大阪府に生まれ、京都大学文学部を卒業後、同大学院で学びました。卒業後は、東京大学講師、東京大学教授、東京大学名誉教授を歴任しました。 岸俊男氏の古代史研究は、史料批判を重視し、考古学や民俗学などの他分野の研究成果も積極的に取り入れたものでした。また、古代史の研究において、社会経済史的な視点を取り入れたことも特徴的です。 岸俊男氏の研究成果は、古代史研究に大きな影響を与え、日本の古代史像を大きく変えることになりました。また、岸俊男氏は、古代史の普及にも努め、一般向けの著作を多く執筆しました。 岸俊男氏の主な著作としては、「古代史の謎を解く」、「日本の歴史01 邪馬台国と大和朝廷」、「日本の古代国家と東アジア」などがあります。 岸俊男氏の古代史研究は、日本の歴史学の発展に大きな貢献をしたと評価されています。 岸俊男氏の古代史研究の業績は、以下の通りです。 * 古代史研究における史料批判を重視した。 * 考古学や民俗学などの他分野の研究成果も積極的に取り入れた。 * 古代史の研究において、社会経済史的な視点を取り入れた。 * 古代史の研究成果を一般向けに普及させた。 岸俊男氏の古代史研究は、日本の歴史学の発展に大きな貢献をしたと評価されています。