女優

エンターテインメント

水の江滝子

水の江滝子(みずのえたきこ、1911年3月2日 - 1990年1月20日)は、日本の映画女優。 水の江滝子の生涯 1. 生い立ち 水の江滝子は、1911年3月2日に、大阪府大阪市に生まれた。本名は、水野美智子。父は、呉服卸商の社長であり、母は、音楽教師であった。滝子は、5人兄妹の末っ子として育った。 2. 女優デビュー 1927年、滝子は、松竹蒲田撮影所のオーディションに合格し、女優としてデビューした。当初は、端役として出演していたが、1930年に公開された映画「公園の少女」で、主演を務めた。この映画はヒットし、滝子は一躍人気女優となった。 3. 1930年代 1930年代、滝子は、多数の映画に出演し、その人気は不動のものとなった。代表作としては、「戀愛三昧」(1930年)、「日の出前」(1931年)、「人生の並木路」(1932年)、「花咲く港」(1933年)、「限りなき前進」(1934年)、「人妻椿」(1935年)、「五重塔」(1935年)、「龍頭蛇尾」(1936年)、「海に吼える男」(1937年)、「鉄路に生きる人々」(1939年)などがある。 4. 1940年代 1940年代、滝子は、引き続き、多くの映画に出演した。代表作としては、「花嫁の夜」(1940年)、「今ひとたびの」(1941年)、「野菊の如き君なりき」(1942年)、「そよかぜ」(1943年)、「愛隣隣」 (1944年)、「そよかぜ」(1945年)などがある。 5. 1950年代 1950年代、滝子は、映画への出演を減らし、舞台やテレビドラマに出演することが多くなった。代表作としては、「女の園」(1951年)、「女の園」(1953年)、「女の園」(1955年)などがある。 6. 晩年 1960年代以降、滝子は、引退生活を送った。1990年1月20日、滝子は、肺炎のため、東京都内の病院で死去した。享年78歳であった。
エンターテインメント

「不二洋子」

「不二洋子」 女剣劇全盛期を築いた名優 不二洋子(ふじようこ、1913年(大正2年)10月18日 - 2003年(平成15年)5月14日)は、日本の女優である。 芸風 京マチ子、淡島千景、高峰秀子と共に、「東宝映画の四天王」の一人として数えられる。芸風は闊達で、豪快な立ち回りを見せた。また、その美貌と演技力から、多くのファンを獲得した。 女優になるまで 不二洋子は、1913年(大正2年)10月18日に、東京市芝区芝公園(現在の東京都港区芝公園)に生まれた。本名は、不破静子(ふわしずこ)。 不二洋子は、幼少期から剣道と舞踊を習っていた。1931年(昭和6年)に、東宝映画の「剣光(けんこう)」で女優としてデビューした。 その後、不二洋子は、多くの映画に出演し、人気女優となった。特に、1937年(昭和12年)に公開された「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」が大ヒットし、不二洋子は一躍スターとなった。 戦後も、不二洋子は、映画やテレビに出演し、活躍を続けた。1965年(昭和40年)には、勲四等宝冠章を受章した。 不二洋子は、2003年(平成15年)5月14日に、心不全のため東京都内の病院で死去した。享年89。 不二洋子の死は、日本映画界に大きな衝撃を与えた。不二洋子は、女剣劇全盛期を築いた名女優として、その名が永遠に語り継がれるであろう。
エンターテインメント

十朱幸代~昭和後期・平成時代の銀幕女優~

十朱幸代~昭和後期・平成時代の銀幕女優~ バス通り裏での華々しいデビュー 十朱幸代は、1945年1月1日に東京で生まれた。幼い頃から芸能界に憧れ、劇団東俳養成所に入所。同期に、いしだあゆみ、由美かおる、川津祐介らがいた。 1961年、映画『バス通り裏』でデビュー。バスガイドを演じた十朱幸代は、その可憐な容姿と、伸びやかな演技で一気に脚光を浴びた。この作品は、第12回ブルーリボン賞新人賞を受賞し、十朱幸代は、一躍トップ女優の仲間入りを果たした。 その後、十朱幸代は、数多くの映画に出演。1962年の『五番町夕霧楼』では、芸者役を演じ、第13回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。1963年の『野平布の女』では、漁師の娘を演じ、第14回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。1964年の『花実のない森』では、娼婦役を演じ、第15回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。 十朱幸代は、1966年に、俳優の仲代達矢と結婚。翌1967年には、長女を出産した。結婚後は、女優業を一時休業したが、1970年に復帰。1971年の『疑惑』では、医師の妻役を演じ、第22回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。1972年の『忍ぶ川』では、芸者役を演じ、第23回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。 十朱幸代は、1980年代以降も、女優として活躍を続けた。1984年の『ふるさと』では、農家の母親役を演じ、第37回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。1990年の『天と地と』では、戦国武将の妻役を演じ、第43回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞した。 十朱幸代は、2000年に、女優を引退。しかし、2002年に、映画『たそがれ清兵衛』に出演して、女優として復帰した。この作品は、第75回アカデミー賞外国語映画賞を受賞。十朱幸代は、この作品で第26回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞した。 十朱幸代は、2005年に、映画『隠し剣 鬼の爪』に出演して、女優として引退した。引退後は、講演活動やエッセイ執筆などを行い、精力的に活動していたが、2012年12月21日に、東京都内の病院で死去した。享年67歳。 十朱幸代は、日本の銀幕を代表する女優である。その可憐な容姿と、伸びやかな演技で、多くの人々を魅了した。彼女の死は、日本の映画界にとって大きな損失となった。
エンターテインメント

小泉今日子 – 昭和と平成の歌姫

- 小泉今日子 - 昭和と平成の歌姫 -# スター誕生で優勝し歌手デビュー 1982年、小泉今日子は「スター誕生!」のオーディションで優勝し、歌手デビューを果たします。デビュー曲は「私の16才」。当時16歳だった小泉今日子は、この曲で一躍人気者となります。 デビュー当時はアイドルとして売り出されていましたが、次第に演技力も認められ、女優としても活躍するようになります。1985年には映画「すてきな片想い」で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。その後も「マルサの女」「おろしや国酔夢譚」などに出演し、演技派女優としての地位を確立します。 1990年代には、音楽に回帰。1991年にリリースしたアルバム「ナツメロ」は、ミリオンヒットを記録します。その後も「あなたに逢いたくて~Missing You~」や「優しい雨」など、ヒット曲を連発。平成を代表する歌姫として活躍しました。 2000年代以降も、歌手や女優として活躍を続けています。2018年には、映画「万引き家族」に出演し、カンヌ国際映画祭で最高賞であるパルムドールを受賞。世界的な女優としての評価も獲得しました。 小泉今日子は、昭和と平成の歌姫として、長年にわたって日本の音楽シーンを牽引してきました。その歌声と演技力は、今もなお多くの人々を魅了しています。
エンターテインメント

白石加代子:芸能界で活躍する女優

-芸能界における白石加代子の初期の成功- 白石加代子は、10代の頃から芸能界で活躍する女優です。彼女は、1980年代に数々のテレビドラマや映画に出演し、人気女優の仲間入りを果たしました。 白石加代子は、1968年12月28日に東京都で生まれました。彼女は、幼い頃から芸能界に興味を持ち、13歳の時に芸能事務所にスカウトされました。1982年、彼女は14歳の時に女優としてデビューしました。 白石加代子は、デビュー直後から多くのテレビドラマや映画に出演しました。1983年には、映画「居酒屋兆治」で主演を務め、大きな話題になりました。この映画は、アカデミー賞にもノミネートされました。 1984年には、テレビドラマ「金曜日の妻たちへ」に出演しました。このドラマは、白石加代子の代表作の一つであり、彼女を一躍人気女優にしました。 白石加代子は、1980年代に多くの映画やテレビドラマに出演し、人気女優の仲間入りを果たしました。彼女は、その可愛らしい容姿と演技力で、多くのファンを獲得しました。
エンターテインメント

「水町庸子」

-女優 水町庸子の功績- 女優の水町庸子は、日本の映画やテレビドラマで活躍した名女優です。1925年に東京で生まれ、1948年に映画デビューしました。その後、数多くの映画やテレビドラマに出演し、国民的な人気を集めました。 水町庸子の代表作には、映画『七人の侍』(1954年)、『羅生門』(1950年)、『用心棒』(1961年)などがあります。また、テレビドラマでは『大河ドラマ 徳川家康』(1983年)、『おしん』(1983年)、『渡る世間は鬼ばかり』(1990年-)などに出演し、幅広い世代から愛されました。 水町庸子は、その演技力の高さで数多くの賞を受賞しています。映画『七人の侍』でブルーリボン賞主演女優賞を受賞し、テレビドラマ『大河ドラマ 徳川家康』で日本アカデミー賞最優秀女優賞を受賞しました。また、紫綬褒章や旭日小綬章などの栄誉も受けています。 水町庸子は、2014年に89歳で亡くなりました。しかし、その功績は今もなお語り継がれており、日本の映画やテレビドラマの歴史に大きな足跡を残した女優として記憶されています。 水町庸子が女優として成功を収めたのは、その演技力の高さに加え、その美貌と気品のある雰囲気が大きな要因として挙げられます。水町庸子は、その美しさから「日本のマドンナ」と呼ばれ、多くの男性から憧れを集めました。また、その気品のある雰囲気は、彼女が演じる役柄に説得力を持たせ、視聴者を魅了しました。 水町庸子は、その演技力の高さ、美貌、気品のある雰囲気で、日本の映画やテレビドラマの歴史に大きな足跡を残した女優として記憶されています。
エンターテインメント

– 夏木マリ

- 夏木マリのプロフィール 夏木マリは、日本の女優、歌手、タレント、ラジオパーソナリティである。1952年5月2日生まれ、東京都出身。血液型はA型。本名は、水町真理子。所属事務所は、有限会社夏木プロダクション。身長168cm、体重48kg。 夏木マリは、1970年に東宝芸能学校に入所し、翌1971年にデビュー。1972年に、映画『華麗なる一族』で主演を務め、女優としての地位を確立した。その後も、数多くの映画やテレビドラマに出演し、活躍を続けている。 夏木マリは、女優としてだけでなく、歌手としても活躍している。1973年に、シングル『絹の靴下』で歌手デビュー。1974年には、アルバム『夏木マリ』をリリースし、ヒットを記録した。その後も、数多くのアルバムをリリースし、歌手として活躍を続けている。 夏木マリは、女優、歌手としてだけでなく、タレント、ラジオパーソナリティとしても活躍している。1975年から、TBSラジオの『夏木マリ・石川次郎のハッピートゥモロー』のパーソナリティを務めており、人気を博している。また、数多くのバラエティ番組に出演し、タレントとして活躍を続けている。 夏木マリは、女優、歌手、タレント、ラジオパーソナリティとして、幅広く活躍している。その才能と美貌で、多くの人々を魅了している。
エンターテインメント

女優・麻実れいとは?宝塚歌劇団時代の活躍や代表作

-宝塚歌劇団に入団し,スターに- 麻実れいは、1953年8月23日、東京都に生まれ、1972年に宝塚歌劇団に48期生として入団しました。 宝塚歌劇団入団後は、その美貌と演技力で頭角を表し、1976年には雪組のトップスターに就任しました。 トップスター時代は、「ベルサイユのばら」や「風と共に去りぬ」など数々の人気作に出演し、圧倒的な人気を誇りました。 1985年に宝塚歌劇団を退団後も、女優として活躍を続け、テレビドラマや映画、舞台などに出演しています。 代表作には、「私鉄沿線97分」や「華岡青洲の妻」などがあります。 麻実れいは、宝塚歌劇団時代から現在に至るまで、その美貌と演技力で日本の芸能界を牽引する存在であり続けています。
エンターテインメント

– 東愛子→ 大正・昭和時代前期の女優

松竹下加茂入社と映画デビュー 東愛子は、松竹下加茂に入社して映画デビューを果たしました。松竹下加茂は、京都にある松竹の映画撮影所であり、多くの名作映画が制作されました。東愛子は、松竹下加茂で多くの映画に出演し、人気女優となりました。 東愛子が松竹下加茂に入社したのは、1920年のことです。当時、東愛子は16歳であり、松竹下加茂の女優養成所に入所しました。女優養成所では、演技やダンス、歌などのレッスンを受けました。 1921年、東愛子は松竹下加茂の映画「島の娘」で映画デビューを果たしました。この映画は、伊豆大島の漁村が舞台であり、東愛子は漁師の娘役を演じました。東愛子は、この映画で瑞々しい演技を披露し、一躍人気女優となりました。 その後、東愛子は松竹下加茂で多くの映画に出演しました。代表作としては、「不如帰」(1925年)、「生ける人形」(1926年)、「君よ知るや南の国」(1927年)、「綴方教室」(1928年)、「家庭の秘密」(1929年)などがあります。 東愛子は、松竹下加茂在籍中に、多くの映画監督と仕事をし、さまざまな役柄を演じました。東愛子は、その可憐な容姿と演技力で、多くの観客を魅了しました。 1930年、東愛子は松竹下加茂を退社し、独立しました。その後も、東愛子は映画に出演し続け、多くの映画監督と仕事をしました。東愛子は、1960年に映画を引退するまで、第一線の女優として活躍しました。
エンターテインメント

丹下キヨ子:昭和の女優とその人生

-銀幕への復帰と引退- ダンカ・ラドフォードとして知られていた丹下キヨ子が映画界に復帰したのは1970年代初頭のことだった。彼女は、大林宣彦監督の映画「TATTOO<刺青>あり」[1](1972年)に出演し、主演男優の愛人役を演じた。この映画は、公開当時には議論を巻き起こしたが、後にカルト映画として評価されるようになった。 丹下キヨ子はその後も、大林宣彦監督の映画「HOUSE ハウス」[2](1977年)や、神代辰巳監督の映画「キャバレー」[3](1986年)などに出演し、女優として活躍を続けた。しかし、1980年代後半になると、彼女の出演作は徐々に減っていき、1990年代に入ると、映画界から姿を消した。 丹下キヨ子が映画界を引退した理由は、明らかになっていない。しかし、年齢的な衰えや、映画界の環境の変化などが原因だったのではないかと推測されている。 丹下キヨ子は、1990年代後半に亡くなった。享年89歳だった。彼女は、昭和の映画界を代表する女優の1人として、現在でも多くの人々に愛され続けている。
エンターテインメント

山本富士子-女優の軌跡

-山本富士子の人生とキャリア- 山本富士子は、1917年1月9日に東京都で生まれ、1985年3月27日に他界した日本の女優です。本名は山本富士子ですが、芸名は「藤間紫」です。 山本富士子は、幼い頃から演劇に親しみ、1934年に松竹歌劇団に入団しました。1937年には、映画「燃える上海」でデビューし、その後は数多くの映画に出演しました。1948年には、映画「風雪」でブルーリボン賞主演女優賞を受賞しました。 山本富士子は、1951年に俳優の佐田啓二と結婚し、二児をもうけました。しかし、1958年に佐田啓二は急逝し、山本富士子はシングルマザーとして二人の子供を育て上げました。 山本富士子は、1960年代以降も女優として活躍し、1972年には映画「男はつらいよ」で寅さんのマドンナ役を演じました。1975年には、映画「恍惚の人」でブルーリボン賞助演女優賞を受賞しました。 山本富士子は、1985年に胃がんのため68歳で逝去しました。山本富士子は、その美しい容貌と演技力で、多くの人々に愛された女優でした。 山本富士子の主な出演作品は以下の通りです。 * 燃える上海(1937年) * 風雪(1948年) * 青い山脈(1949年) * 東京物語(1953年) * 夫婦善哉(1955年) * 暖流(1957年) * 男はつらいよ(1972年) * 恍惚の人(1975年)
エンターテインメント

ー中野良子

-中野良子ー大映演技研究所から三船プロへ- 中野良子は、1935年、東京都に生まれた女優です。父は俳優の中野誠一、母は女優の沢村貞子です。2人の姉も女優として活躍しました。 中野良子は、1953年に大映演技研究所に入所し、1955年に映画『青春の門』でデビューしました。その後、大映で数多くの映画に出演し、1957年には『あすなろ物語』でブルーリボン賞主演女優賞を受賞しました。 1960年に大映を退社した中野良子は、三船敏郎が設立した三船プロダクションに移籍しました。三船プロでは、映画『用心棒』『椿三十郎』『七人の侍』など、数々の名作に出演しました。 1964年に三船プロを退社した中野良子は、フリーランスとして活動を始めました。映画やテレビドラマに出演する傍ら、舞台にも出演しました。1990年には、NHK大河ドラマ『翔ぶが如く』に出演し、篤姫役を熱演しました。 中野良子は、2010年に85歳で亡くなりました。その生涯を通して、数多くの名作に出演し、多くの映画ファンに愛されました。 中野良子の出演作をいくつかご紹介します。 * 青春の門(1955年) * あすなろ物語(1957年) * 用心棒(1961年) * 椿三十郎(1962年) * 七人の侍(1962年) * 乱(1985年) * 翔ぶが如く(1990年) 中野良子は、日本の映画史にその名を刻む名女優でした。その功績は、永遠に語り継がれるでしょう。
エンターテインメント

蒼井優-日本の女優

-蒼井優-日本の女優- 蒼井優は、1985年8月17日生まれの日本の女優です。埼玉県出身、フラーム所属。 2000年に『リリイ・シュシュのすべて』で映画デビューし、2004年に『花とアリス』で第28回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞しました。 その後も、『フラガール』(2006年)、『ぐるりのこと。』(2008年)、『愛のむきだし』(2009年)、『彼女がその名を知らない鳥たち』(2017年)など数多くの映画に出演し、高い評価を受けています。 -蒼井優の演技力と魅力- 蒼井優は、演技力に定評のある女優です。彼女の演技は、自然体でリアリティがあり、見る人を映画の世界に引き込みます。 また、蒼井優は、その清楚で可憐な容姿から「国民的妹」とも呼ばれています。彼女の笑顔は、見る人を幸せな気持ちにさせます。 蒼井優は、演技力と魅力を兼ね備えた女優であり、今後ますます活躍が期待されています。 蒼井優の演技力と魅力は、以下の点に表れています。 * 自然体でリアリティのある演技 * 見る人を映画の世界に引き込む力 * 清楚で可憐な容姿 * 見る人を幸せな気持ちにする笑顔 蒼井優は、これらの演技力と魅力を生かして、数多くの映画に出演し、高い評価を受けています。今後も、彼女が活躍する姿に期待が集まります。
エンターテインメント

織賀邦江:昭和の女優

-織賀邦江の生い立ちと経歴- 織賀邦江は、1937年8月11日、東京都に生まれた。父は会社員、母は主婦で、邦江は一人っ子だった。邦江は幼い頃から映画や演劇が好きで、よく映画館や劇場に通っていた。中学卒業後、邦江は憧れの女優になるため、俳優養成所に入学した。養成所を卒業後、邦江は劇団に入り、舞台女優として活動を開始した。 1959年、邦江は映画「女ごころ」で映画デビューを果たした。この映画で、邦江はヒロインの妹役を演じ、その可憐な容姿と繊細な演技で注目を集めた。その後、邦江は映画やテレビドラマに数多く出演し、人気女優となった。 邦江が特に知られているのは、1963年に放送されたNHK連続テレビ小説「おしん」での主人公、おしんの母親役である。おしんは、東北地方の貧しい農家に生まれた少女が、苦労しながらもたくましく生きていくという物語で、邦江は、おしんを温かく見守る母親を好演した。このドラマは、日本中で大ヒットし、邦江も国民的女優となった。 邦江は、その後も女優として活躍を続け、2000年まで数多くの作品に出演した。邦江は、2001年に亡くなったが、その演技は今もなお人々に愛され続けている。
エンターテインメント

若水ヤエ子:昭和の喜劇女優

若水ヤエ子昭和の喜劇女優 ムーランルージュでのデビュー 若水ヤエ子は、1894年(明治27年)に東京で生まれた。本名は若水初子という。1913年(大正2年)、19歳のときにムーランルージュでデビューした。ムーランルージュは、大阪にあったレビュー劇場であり、当時は最先端の劇場として知られていた。若水ヤエ子は、ムーランルージュの舞台で、その可憐な容姿と明るい笑顔で人気を博した。また、そのチャーミングな演技も好評を博し、すぐにムーランルージュの看板女優となった。 若水ヤエ子は、ムーランルージュでの活躍を機に、映画界にも進出した。1917年(大正6年)に、映画『人生の縮図』に出演し、これが彼女の映画デビュー作となった。その後も、多くの映画に出演し、その人気を不動のものとした。若水ヤエ子は、喜劇女優として活躍し、そのコミカルな演技で人々を笑顔にした。 若水ヤエ子は、1954年(昭和29年)に死去した。享年60歳。
エンターテインメント

杉村春子:戦後の日本演劇界を代表する女優

杉村春子の生涯と経歴 杉村春子は、1906年に東京で生まれました。父は海軍軍人、母は元女優という家庭に育ちました。春子は幼い頃から演劇に興味を持ち、女学校卒業後は女優を志して松竹歌劇団に入団しました。 春子は、松竹歌劇団で頭角を現し、1927年に映画デビューを果たしました。その後、新派や歌舞伎などの舞台にも出演し、多くの作品で主演を務めました。 戦後、春子は劇団「俳優座」を結成し、芸術座や日生劇場などでも活躍しました。また、映画やテレビドラマにも出演し、国民的人気を得ました。 春子は、1997年に90歳で亡くなりましたが、その功績は今も語り継がれています。彼女が残した数々の名作は、日本の演劇界に大きな影響を与え、後世の女優たちにも尊敬されています。 春子の代表作には、映画「にごりえ」「細雪」「山椒大夫」、舞台「椿姫」「ハムレット」「マクベス」などがあります。また、テレビドラマ「大河ドラマ」の「太閤記」「元禄太平記」「徳川家康」などにも出演しました。 春子は、女優としてだけでなく、人間としても尊敬されていました。彼女は、常に謙虚で礼儀正しく、誰に対しても分け隔てなく接しました。また、情に厚く、困っている人を放っておけない性格でした。 春子は、日本の演劇界を代表する女優として、多くの人々に愛されました。彼女の功績は、これからも長く語り継がれることでしょう。
エンターテインメント

森律子の生涯と功績

明治-昭和時代の舞台女優 森律子は、明治・昭和時代の舞台女優であり、日本の近代演劇の草分け的存在として活躍しました。1884年(明治17年)に東京で生まれ、1968年(昭和43年)に死去しました。 森律子は、18歳で舞台デビューし、その後、新劇団に加わって女優としての活動を本格化させました。森律子は、新劇団で多くの舞台作品に出演し、その演技力は高く評価されました。また、森律子は、海外公演にも参加し、日本の演劇を世界に紹介しました。 森律子は、新劇団の解散後は、フリーの女優として活動しました。森律子は、フリーランスとして多くの舞台作品に出演し、その演技力はさらに磨かれました。また、森律子は、映画やテレビドラマにも出演し、幅広い活躍を見せました。 森律子は、その生涯で多くの舞台作品に出演し、日本の近代演劇の発展に大きく貢献しました。また、森律子は、海外公演にも参加し、日本の演劇を世界に紹介しました。森律子は、日本の演劇界の草分け的存在であり、その功績は高く評価されています。 森律子の代表作 * 「桜の園」(1910年) * 「人形の家」(1911年) * 「マクベス」(1912年) * 「ハムレット」(1913年) * 「ロミオとジュリエット」(1914年) * 「椿姫」(1915年) * 「カルメン」(1916年) * 「トスカ」(1917年) * 「蝶々夫人」(1918年) * 「サロメ」(1919年) 森律子の功績 * 日本の近代演劇の発展に大きく貢献 * 海外公演に参加し、日本の演劇を世界に紹介 * 日本の演劇界の草分け的存在 * その功績は高く評価されている
エンターテインメント

今井和子

-今井和子のプロフィール- 今井和子は、1960年9月1日に大阪府で生まれた女優です。身長159cm、血液型はA型。夫は俳優の西村雅彦。 今井和子は、1977年に芸能界デビュー。1980年にドラマ『3年B組金八先生』で注目を集め、一躍人気女優の仲間入りを果たしました。その後、ドラマ『男女7人夏物語』、『家政婦は見た!』、『JIN-仁-』などに出演し、幅広い役柄を演じてきました。 2016年には、映画『家族はつらいよ』で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞。2017年には、ドラマ『あなたのことはそれほど』で第95回ザテレビジョンドラマアカデミー賞主演女優賞を受賞するなど、その演技力は高く評価されています。 今井和子は、2010年に2年 youngerというアイドルグループを結成。自身もメンバーとして活動していました。 今井和子は、女優としてだけでなく、歌手やタレントとしても活躍しています。その飾らない人柄とユーモアのあるトークで、バラエティ番組でも人気を集めています。 2021年には、ドラマ『おかえりモネ』に出演。気象予報士の母親役を演じ、話題を集めました。 今井和子は、今後も女優として活躍を続けていくことでしょう。
作家

女優・劇作家・演出家・小説家の本谷有希子

本谷有希子のプロフィール 本谷有希子は、1948年12月15日生まれの女優、劇作家、演出家、小説家です。東京都出身。日本大学芸術学部演劇学科卒業。1976年に劇団「夢の遊眠社」を旗揚げし、主宰を務めています。 1980年に、劇団公演「戯曲『夏の夜の夢』」で岸田國士戯曲賞を受賞。1983年に、劇団公演「戯曲『リア王』」で読売文学賞を受賞。1985年に、劇団公演「戯曲『マクベス』」で毎日演劇賞を受賞。1987年に、劇団公演「戯曲『ハムレット』」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。 1990年に、劇団公演「戯曲『桜の園』」で読売演劇大賞を受賞。1992年に、劇団公演「戯曲『オセロ』」で毎日芸術賞を受賞。1994年に、劇団公演「戯曲『ロミオとジュリエット』」で読売文学賞を受賞。1996年に、劇団公演「戯曲『ヘンリー五世』」で日本演劇大賞を受賞。 1998年に、劇団公演「戯曲『リア王』」で読売演劇大賞を受賞。2000年に、劇団公演「戯曲『マクベス』」で毎日芸術賞を受賞。2002年に、劇団公演「戯曲『ハムレット』」で藝術選奨文部大臣賞を受賞。2004年に、劇団公演「戯曲『桜の園』」で読売演劇大賞を受賞。 2006年に、劇団公演「戯曲『オセロ』」で毎日芸術賞を受賞。2008年に、劇団公演「戯曲『ロミオとジュリエット』」で読売演劇大賞を受賞。2010年に、劇団公演「戯曲『ヘンリー五世』」で毎日演劇賞を受賞。2012年に、劇団公演「戯曲『リア王』」で読売演劇大賞を受賞。 2014年に、劇団公演「戯曲『マクベス』」で毎日芸術賞を受賞。2016年に、劇団公演「戯曲『ハムレット』」で芸術選奨文部大臣賞を受賞。2018年に、劇団公演「戯曲『桜の園』」で読売文学賞を受賞。2020年に、劇団公演「戯曲『オセロ』」で毎日芸術賞を受賞。 2022年に、劇団公演「戯曲『ロミオとジュリエット』」で読売演劇大賞を受賞。2024年に、劇団公演「戯曲『ヘンリー五世』」で毎日演劇賞を受賞。
エンターテインメント

汀夏子 – 宝塚の男役として活躍した女優

-# 宝塚歌劇団時代の活躍 汀夏子は、1969年に宝塚歌劇団に入団し、1973年に退団するまでの4年間、数多くの公演に出演しました。 入団直後の1969年には、月組公演『花のオランダ坂』で新人公演主演を務めました。これは、入団1年目の新人としては異例の抜擢でした。 その後、1970年には星組公演『ジーザス・クライスト=スーパースター』で、イエス・キリスト役を演じました。この公演は、宝塚歌劇団初のロックミュージカルとして話題を呼び、汀夏子は一躍注目を集めるようになりました。 1971年には、雪組公演『太陽と月と』で、月役を演じました。この公演は、汀夏子の代表作のひとつとして知られ、彼女の演技力が絶賛されました。 1972年には、花組公演『愛の航路』で、海王役を演じました。この公演は、汀夏子の最後の宝塚公演となりました。 汀夏子は、宝塚歌劇団時代から、その美貌と演技力で人気を集めました。男役として活躍しましたが、女性役も演じることがあり、その演技力の高さには定評がありました。 宝塚歌劇団退団後は、女優として活躍し、数々のドラマや映画に出演しました。また、歌手としても活動し、シングルをリリースしています。
エンターテインメント

小林聡美:昭和後期から平成時代にかけて活躍した女優

小林聡美の生い立ちと経歴 小林聡美は、1965年2月25日生まれ、大阪府出身の女優です。 1986年に、映画『さびしんぼう』でデビュー。 1987年、NHK連続テレビ小説『はっさい先生』で主人公の教師役を演じ、一躍人気女優になりました。 1990年代には、映画『月はどっちに出ている』(1993年)、『かもめ食堂』(2006年)、『ツユクサ』(2007年)などの話題作に出演。 また、テレビドラマでは、『男女7人夏物語』(1986年)、『すずらん』(1999年)、『それでも、生きてゆく』(2011年)などに出演し、その演技力が高く評価されました。 小林聡美は、飾らない自然な演技が特徴で、幅広い役柄を演じこなすことができる女優として知られています。 また、その独特の語り口調も人気を集めており、エッセイストとしても活躍しています。
エンターテインメント

北原文枝(1920年-1980年)→ 昭和期に活躍した女優

北原文枝 舞台からテレビへ 北原文枝は、1920年に京都府京都市で生まれ、1980年に東京都世田谷区で亡くなった日本の女優です。夫は、俳優の笠智衆でした。 女優としてのキャリアは、1935年に松竹歌劇団に入団したことから始まりました。1937年には、松竹映画「人妻椿」で映画デビューを果たしました。その後、数多くの映画に出演し、1940年代にはトップ女優として活躍しました。 第二次世界大戦後、北原文枝は舞台にも積極的に出演するようになり、1950年代には数多くの舞台に出演しました。1960年代に入ると、テレビドラマにも出演するようになり、1965年にはNHK連続テレビ小説「おはなはん」に出演して人気を博しました。 その後も、映画、舞台、テレビドラマと幅広く活躍を続け、1970年代にはNHK大河ドラマ「元禄太平記」に出演して、その演技が高く評価されました。1980年に亡くなるまで、日本の芸能界を代表する女優として活躍しました。 北原文枝は、その端正な顔立ちと、気品のある演技で多くの人々から愛されました。「昭和の美女」と呼ばれ、多くの男性ファンを魅了しました。また、その演技力は高く評価され、数多くの賞を受賞しています。 北原文枝は、日本映画、舞台、テレビドラマの発展に大きな貢献をした女優です。その功績は、今もなお語り継がれています。
エンターテインメント

水川八重子 – 大正から昭和の名女優

-大都映画時代のデビューと活躍- 水川八重子は、1915年4月27日に東京で生まれました。小学校卒業後、日本女子商業学校に入学しましたが、中退して1930年に大都映画に入社しました。大都映画は、松竹キネマ、日活に次ぐ、日本第三の映画会社で、水川は、すぐにその看板女優のひとりとなりました。 水川は、1931年に公開された『姉と妹』でデビューし、その清楚な美貌と演技力で一躍注目を集めました。その後も、『村の鍛冶屋』(1932年)、『母は君を愛す』(1933年)、『幸福の鏡』(1934年)などに出演し、大都映画を代表する女優として活躍しました。 しかし、1937年に大都映画が倒産すると、水川は松竹キネマに移籍しました。松竹キネマでは、『土』(1939年)、『馬』(1941年)、『愛染桂』(1942年)などに出演し、その演技力をさらに磨きました。 水川は、1945年に、映画監督の黒澤明と結婚しました。黒澤明の監督作品には、しばしば水川が出演し、『酔いどれ天使』(1948年)、『羅生門』(1950年)、『七人の侍』(1954年)などに出演しました。 水川は、1968年に女優を引退しましたが、1992年に公開された黒澤明の遺作『まあだだよ』に出演し、その生涯に幕を閉じました。
エンターテインメント

– 瑳峨三智子

瑳峨三智子の生い立ちと経歴 瑳峨三智子(さがみちこ)は、1942年4月15日生まれの日本の女優、歌手、タレント。本名は田中美智子。東京都出身。血液型はA型。 幼少期は、父親の仕事の関係で海外を転々とする。1955年に帰国し、東京都立青山高等学校に入学。高校在学中は、演劇部に所属し、舞台女優を志す。 1960年に高校を卒業後、劇団四季に入団。1961年に劇団四季を退団し、フリーランスとして活動を開始。1962年に放送されたNHKのテレビドラマ「スリラー劇場」で女優デビューを果たす。 1964年に放送されたフジテレビのテレビドラマ「東京警備指令 ザ・ガードマン」にレギュラー出演。このドラマで、瑳峨三智子は歌手デビューも果たし、ドラマの主題歌「ガードマンの歌」が大ヒットする。 1966年に放送されたTBSのテレビドラマ「男はつらいよ」にレギュラー出演。このドラマで、瑳峨三智子は国民的人気を獲得し、一気にトップスターの仲間入りを果たす。 1967年に発売されたシングル「悲しい酒」が大ヒット。この曲は、オリコンチャートで1位を獲得し、ミリオンセラーを達成する。 1968年には、映画「男はつらいよ」に主演。この映画も大ヒットし、瑳峨三智子は国民的女優としての地位を確立する。 1970年代には、女優、歌手、タレントとして幅広く活躍。1975年には、タレントの萩本欽一と結婚。1977年には、長女を出産する。 1980年代以降は、女優としての活動を続け、多くのテレビドラマや映画に出演。2000年代以降も、女優としての活動を続けている。