女剣劇

エンターテインメント

「不二洋子」

「不二洋子」 女剣劇全盛期を築いた名優 不二洋子(ふじようこ、1913年(大正2年)10月18日 - 2003年(平成15年)5月14日)は、日本の女優である。 芸風 京マチ子、淡島千景、高峰秀子と共に、「東宝映画の四天王」の一人として数えられる。芸風は闊達で、豪快な立ち回りを見せた。また、その美貌と演技力から、多くのファンを獲得した。 女優になるまで 不二洋子は、1913年(大正2年)10月18日に、東京市芝区芝公園(現在の東京都港区芝公園)に生まれた。本名は、不破静子(ふわしずこ)。 不二洋子は、幼少期から剣道と舞踊を習っていた。1931年(昭和6年)に、東宝映画の「剣光(けんこう)」で女優としてデビューした。 その後、不二洋子は、多くの映画に出演し、人気女優となった。特に、1937年(昭和12年)に公開された「鞍馬天狗(くらまてんぐ)」が大ヒットし、不二洋子は一躍スターとなった。 戦後も、不二洋子は、映画やテレビに出演し、活躍を続けた。1965年(昭和40年)には、勲四等宝冠章を受章した。 不二洋子は、2003年(平成15年)5月14日に、心不全のため東京都内の病院で死去した。享年89。 不二洋子の死は、日本映画界に大きな衝撃を与えた。不二洋子は、女剣劇全盛期を築いた名女優として、その名が永遠に語り継がれるであろう。
エンターテインメント

沢竜二 – 昭和から平成にかけて活躍した俳優

人名辞典 - 沢竜二 本名澤村竜二 生年月日1943年1月19日 出身地東京都 職業俳優 ジャンル映画、テレビドラマ、舞台 来歴 沢竜二は、1943年1月19日に東京都で生まれた。1960年、東映ニューフェイス第7期に合格しデビュー。1961年、映画『燃えろ!太陽』で本格デビューを果たす。その後、数々の映画やテレビドラマに出演し、1970年代には「ヤクザ映画」のスターとして人気を博した。 代表作 『燃えろ!太陽』(1961年) 『不良番長シリーズ』(1968年-1972年) 『仁義なき戦いシリーズ』(1973年-1974年) 『トラック野郎シリーズ』(1975年-1987年) 『西部警察シリーズ』(1979年-1984年) 私生活 沢竜二は、1976年に女優の池玲子と結婚。1977年に長女、1979年に次女が誕生した。 死因と死後 沢竜二は、1997年5月2日に肺癌のため死去。享年54歳。 沢竜二は、昭和から平成にかけて活躍した日本を代表する俳優のひとりである。その豪快で男気溢れるキャラクターは、多くの人々から愛された。彼の死は、日本の芸能界に大きな衝撃を与えた。
エンターテインメント

浅香光代の軌跡

「浅香光代の数奇な生い立ち」 女優として活躍し、日本を代表する国民的女優となった浅香光代は、その数奇な生い立ちで知られています。浅香光代は、1933年8月2日、神奈川県横浜市に生まれました。父は船員、母は芸者でした。浅香光代が幼い頃、父は海難事故で亡くなり、母は再婚して生家を離れました。浅香光代は祖父母に育てられましたが、祖父母もまた他界し、浅香光代は孤児となりました。 浅香光代は、15歳の時に姉を頼って上京し、映画エキストラとして働き始めました。浅香光代の美貌と演技力はすぐに映画監督の目に留まり、1952年に『君の名は』で映画デビューを果たしました。その後、浅香光代は数々の映画に出演し、国民的女優として人気を博しました。 しかし、浅香光代の生い立ちは決して平坦なものではありませんでした。浅香光代は、幼少期に両親を亡くし、孤児として育ちました。また、浅香光代は、姉との確執や離婚、病気など、数々の苦労を経験しました。それでも、浅香光代は女優として活躍し続け、国民的女優として人々に愛され続けました。 浅香光代の数奇な生い立ちは、多くの人々の心に感動を与え、浅香光代は多くの人々にとって、人生のロールモデルとなりました。浅香光代は、2018年に84歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお人々の記憶に残っています。
エンターテインメント

「大江美智子(2代)」

大江美智子(2代)の生涯 大江美智子(2代)は、1951年12月2日に東京都で生まれた。幼少期は、父・大江健三郎氏の仕事の関係で、アメリカと日本を行き来しながら育った。高校卒業後は、東京大学文学部に入学し、フランス文学を専攻した。大学卒業後は、出版社に就職し、編集者として働いた。 1981年に、父・大江健三郎氏がノーベル文学賞を受賞したことを機に、大江美智子(2代)も作家としての道を歩み始める。1982年に、処女作『泳ぐ人』を刊行した。その後も、『燃える丘』『水の女』『彼女のいない部屋』など、数多くの作品を発表した。 大江美智子(2代)の作品は、女性の問題や社会問題をテーマにしたものが多く、その鋭い洞察力と美しい文体で、高く評価されている。1996年には、第11回伊藤整文学賞を受賞した。 大江美智子(2代)は、2021年8月3日に、乳がんのため、東京都内の病院で死去した。享年69歳。
エンターテインメント

女優・大江美智子 – 1910年から1939年まで活躍した昭和時代前期の舞台女優

-大江美智子女剣劇ブームを巻き起こした女優- 大江美智子は、1910年から1939年まで活躍した昭和時代前期の舞台女優です。本名は野村美智子。日本の女優の中で最初に国際的に名声を得た女優の一人です。 大江美智子は、1910年(明治43年)9月1日に、東京府東京市麹町区(現・東京都千代田区)に生まれました。幼い頃から日本舞踊を学び、16歳で松竹歌劇団に入団。1929年(昭和4年)に、川端康成の小説『浅草紅団』を原作とした川端康成の舞台『浅草紅団』に主演し、一躍人気女優となりました。 大江美智子は、1930年代に、女剣劇で大きな人気を博しました。女剣劇とは、女性が男性の扮装をして演じる舞台劇の一種で、1930年代に日本でブームとなりました。大江美智子は、女剣劇のスターとして全国を巡業し、その美貌と演技力で多くのファンを魅了しました。 大江美智子は、1939年(昭和14年)に、30歳の若さで亡くなりました。死因は、急性肺炎でした。大江美智子の死は、日本中を悲しみに包み、多くのファンが彼女の死を悼みました。 大江美智子は、日本の舞台女優として、大きな功績を残しました。彼女は、女剣劇ブームを巻き起こし、日本の演劇界に新しい風を吹き込みました。また、彼女は、日本の女優の中で最初に国際的に名声を得た女優の一人であり、日本の舞台女優の地位向上に貢献しました。