女御

歴史上の偉人

藤原元善 – 光孝天皇の女御

-藤原元善の生涯- 藤原元善は、光孝天皇の中宮で、宇多天皇の生母である。父は大納言藤原良房で、母は贈皇太后藤原明子である。 元善は、幼い頃から聡明で、和歌に優れていたという。十四歳の時、光孝天皇の女御となった。 光孝天皇が崩御した後、元善は宇多天皇の摂政となり、政務に当たった。元善は、宇多天皇が幼少の間、政権を安定させ、国政を円滑に運営した。 元善は、宇多天皇が元服した後も、引き続き摂政として政務を執った。しかし、宇多天皇が親政を開始すると、元善は摂政を辞任した。 元善は、摂政を辞任した後も、宇多天皇に仕え、政治に参画した。元善は、宇多天皇の信頼が厚く、宇多天皇の政治的指南役を務めた。 元善は、寛平八年(896年)に五十八歳で崩御した。元善は、藤原氏の一族として、光孝天皇と宇多天皇に仕え、政治に大きな影響を与えた。 -藤原元善の業績- 藤原元善は、摂政として、以下の業績を挙げている。 * 寛平延喜の治の基礎を築いた。 * 菅原道真を登用し、政治改革を行った。 * 平安京の碁盤の目状の道路網を整備した。 * 遣唐使を廃止した。 -藤原元善の人物像- 藤原元善は、聡明で、和歌に優れ、政治的手腕に長けた人物であった。元善は、光孝天皇と宇多天皇に仕え、政治に大きな影響を与えた。 元善は、また、慈悲深く、民を思いやる心を持った人物であった。元善は、飢饉や疫病の際、民を救済する措置を講じ、民衆から慕われた。 藤原元善は、平安時代前期の政治家として、大きな功績を残した人物である。元善の業績は、後の世に大きな影響を与えた。
歴史上の偉人

藤原琮子 – 平安時代後期の女御

藤原琮子とは 藤原琮子(ふじわら の たまこ)は、平安時代後期の女御。大政大臣・藤原忠実の娘。九条道家の正室。後白河天皇の猶子。法名は長寿院。 父・忠実の薨去に伴い、天治元年(1124年)に後白河天皇の猶子となり、同年4月に内親王宣下、同7月に女御宣下を受けて後白河天皇の女御となる。天皇との間に子はなかったが、後白河天皇の養子で皇太子となった守仁親王(後の二条天皇)を養育している。 久安6年(1150年)の保元の乱の際に、夫・道家が崇徳上皇方に与したために、後白河天皇や琮子らは鳥羽殿に幽閉された。しかし、道家が後白河天皇方に降伏したことで解放された。 保元2年(1156年)の平治の乱で、道家が平清盛側についたために、後白河天皇や琮子らは再び鳥羽殿に幽閉された。しかし、道家が平清盛に降伏したことで解放された。 その後も、琮子は後白河天皇の側近として活躍し、仁安元年(1166年)の憲仁親王(後の高倉天皇)の誕生にも関与した。 嘉応元年(1169年)に薨去。享年56。
歴史上の偉人

【】大宮院(1225-1292)

-経歴- 大宮院(1225-1292)は、鎌倉時代前期の皇族であり、女院。後堀河天皇の女御で、亀山天皇の生母。 * 生誕(1225年) 大宮院は、建保3年(1225年)に、後堀河天皇の第二皇女として誕生しました。母は、権大納言・三条実房の娘である昭訓門院藤原重子です。 * 後堀河天皇の女御(1239年) 嘉禎元年(1239年)、大宮院は、後堀河天皇の女御となりました。この時、大宮院は14歳、後堀河天皇は18歳でした。 * 亀山天皇の生母(1249年) 建長元年(1249年)、大宮院は、亀山天皇を出産しました。亀山天皇は、後堀河天皇の第一皇子であり、大宮院の第一子でした。 * 後嵯峨院の准母(1272年) 文永9年(1272年)、後堀河天皇が崩御し、亀山天皇が践祚しました。亀山天皇の即位に伴い、大宮院は、後嵯峨院の准母となりました。 * 落飾出家(1280年) 弘安3年(1280年)、大宮院は、落飾出家しました。出家後の法名は、崇観門院です。 * 崩御(1292年) 正応5年(1292年)、崇観門院は、67歳で崩御しました。崩御の場所は、京都の仁和寺です。 大宮院は、鎌倉時代前期の皇族であり、女院として、朝廷に大きな影響力を持ちました。また、亀山天皇の生母として、皇室の繁栄に貢献しました。
歴史上の偉人

橘常子 – 平安時代前期の女御

橘常子の生涯 橘常子は、平安時代前期の女御です。常子内親王の乳母を務め、清和天皇の寵愛を受け、女御の地位に就きました。常子は、清和天皇との間に、皇子・惟喬親王と皇女・恬子内親王を出産しました。 常子は、清和天皇の死後、出家して尼となり、法名を「行観」と改めました。常子は、出家後は、清和天皇の冥福を祈りながら、余生を過ごしました。 常子は、879年に亡くなりました。享年49歳でした。常子の墓は、京都市左京区にある松尾山護国寺に葬られています。 常子は、その生涯において、清和天皇の寵愛を受け、女御の地位に就きました。また、常子は、清和天皇との間に、皇子・惟喬親王と皇女・恬子内親王を出産しました。常子は、清和天皇の死後、出家して尼となり、清和天皇の冥福を祈りながら、余生を過ごしました。 常子は、平安時代前期の女御として、その生涯を全うしました。
歴史上の偉人

藤原延子(2) – 平安時代中期の女御

- 藤原延子の生涯と功績 藤原延子は、平安時代中期の女御で、藤原実資の娘です。 延子は、弘仁2年(833年)に生まれ、15歳で清和天皇の女御になりました。延子は、清和天皇の寵愛を受け、貞観8年(866年)に唯仁親王(後の陽成天皇)を産みました。 しかし、延子の幸せは長く続きませんでした。貞観11年(869年)、清和天皇が崩御すると、延子は息子である陽成天皇の摂政として権力を掌握しました。しかし、延子は政治に不慣れだったため、藤原良房や藤原基経などの摂関家の圧力を受け、政権を奪われてしまいました。 延子は、政権を失った後も、陽成天皇を支え続けました。しかし、陽成天皇も、延子の死後わずか2年後に崩御してしまいました。 延子は、政略結婚によって権力を得た女性でしたが、息子である陽成天皇の死後は、落魄の人生を送りました。延子は、寛平3年(891年)に59歳で亡くなりました。 延子は、藤原良房や藤原基経などの摂関家と権力争いを繰り広げ、政権を奪われたという負の側面が強調されることが多いですが、息子である陽成天皇を支え続けたという功績は高く評価されています。 延子は、平安時代中期を代表する女御の一人であり、その生涯は、平安時代の女御の生き方を象徴しています。
歴史上の偉人

「藤原麗子」(⇒陰明門院(おんめいもんいん))

陰明門院(おんめいもんいん)の生涯 藤原麗子(陰明門院)は、平安時代中期に活躍した公家の女性です。藤原道長の娘として生まれ、一条天皇の中宮となりました。藤原道長の長女であり、栄華を極めた藤原一門の象徴的存在でした。 一条天皇の死後、彼女は上東門院となりました。そして、後一条天皇の生母となり、皇太后となりました。 陰明門院は、優れた政治的手腕を持ち、藤原一門の勢力を維持することに貢献しました。また、文化にも造詣が深く、和泉式部や赤染衛門などの女流作家を庇護しました。 陰明門院は、永承6年(1051年)に薨去しました。享年43でした。彼女の死は、藤原一門の衰退を象徴する出来事とされました。 生涯を通じて、陰明門院は、政治的に重要な役割を果たしました。彼女は、藤原一門の勢力を維持するために、巧みに権力を操りました。また、文化の振興にも貢献し、平安時代中期に華やかな文化が花開く一翼を担いました。 陰明門院は、平安時代中期に活躍した魅力的な女性でした。彼女は、政治的手腕と文化への造詣を兼ね備えた、傑出した人物でした。彼女の生涯は、栄華と悲劇が交錯したドラマチックな物語です。
歴史上の偉人

「忠子女王(1)」(?-904)

忠子女王(1)とは 忠子女王(1)(?-904)は、平安時代中期の皇族。仁明天皇の皇女で、母は藤原永子。文徳・清和二天皇の異母姉、陽成天皇の姉。桓武平氏の一族である平高見王の妻。 忠子女王は仁明天皇の第二皇女として生まれ、祖父嵯峨天皇より忠子の名を賜った。貞観3年(861年)、父仁明天皇が崩御し、弟文徳天皇が即位してからも宮中で過ごす。貞観18年(876年)、桓武平氏の一族である平高見王と結婚し、忠子女王は平姓を賜る。 忠子女王と平高見王との間には、源経基・源経邦・源基経・源基明・源有明ら5人の息子と、源満子の1人の娘が生まれた。忠子女王は、夫の平高見王とともに、平氏の一族の繁栄に尽力した。 仁和4年(888年)、忠子女王の弟である陽成天皇が崩御し、忠子女王の甥である光孝天皇が即位した。光孝天皇は、忠子女王を准三宮に叙し、その夫である平高見王を従二位に昇叙した。 延喜4年(904年)、忠子女王は薨去した。享年64。忠子女王は、嵯峨天皇の皇女として生まれ、文徳・清和・陽成の三天皇の姉として、平氏の一族の繁栄に尽力した女性であった。 忠子女王は、その生涯を通じて、皇室と平氏との関係を円滑にする役割を果たした。忠子女王が存命していた間は、皇室と平氏の間には大きな争いは起こらなかった。しかし、忠子女王が薨去した後の平将門の乱や藤原純友の乱では、皇室と平氏の間で激しい戦いが繰り広げられることとなった。
歴史上の偉人

洞院太后として知られる平安時代前期の皇族→ 班子女王

-班子女王の生涯と功績- 班子女王は、平安時代前期の皇族であり、洞院太后として知られる。清和天皇の皇女で、宇多天皇の同母妹、醍醐天皇の母である。 班子女王は、貞観8年(866年)に誕生した。幼名は温子女王、諱は滋子、班子女王のほかに班子内親王とも呼ばれた。母は藤原高子で、班子女王は高子の第3子だった。 班子女王は、幼い頃から聡明で、学問を好んだ。また、容姿も美しく、性格も温厚だった。そのため、清和天皇や宇多天皇、醍醐天皇の寵愛を受けた。 班子女王は、寛平9年(897年)に参議・藤原時平と結婚した。時平は、藤原基経の第4子で、班子女王の異母兄だった。 班子女王は、時平との間に、敦慶親王(醍醐天皇)、益子内親王、慶頼王、雅子内親王、清子内親王の5人の子女をもうけた。 延喜4年(904年)に時平が死去した後は、班子女王は出家して、洞院に居住した。そのため、洞院太后と呼ばれるようになった。 班子女王は、出家後も醍醐天皇を補佐し、政務を担った。醍醐天皇は、班子女王を尊敬しており、班子女王の意見を重んじた。 延長8年(930年)に醍醐天皇が死去した後、班子女王は落飾して、法名を証菩提室と名乗った。その後、班子女王は文徳天皇の皇后だった藤原明子とともに、尼寺である法華寺に入り、余生を送った。 天慶9年(946年)に班子女王は、法華寺で死去した。享年81だった。 班子女王は、平安時代前期の皇族として、政治や文化に大きな影響を与えた人物である。
歴史上の偉人

藤原媓子 – 平安時代中期の皇后

藤原媓子の生涯 藤原媓子は、平安時代中期の皇后です。藤原北家の嫡流である藤原頼通の娘として、長和5年(1016年)に生まれました。媓子は、天資聡明で容姿端麗であり、幼い頃から帝の后になることが期待されていました。 寛仁2年(1018年)、媓子は後一条天皇に入内し、 средняя балла оценки 儀仗に叙せられました。媓子は、天皇の寵愛を受け、寛仁4年(1020年)には皇子敦成親王(後の後朱雀天皇)を出産しました。 媓子は、皇后として、宮中の儀式や行事を主催し、天皇を補佐しました。また、媓子は、藤原氏の権勢を拡大するため、積極的に政治に関与しました。 しかし、媓子は、藤原氏の専横を批判する反藤原派の公卿たちから反発を受けました。寛仁6年(1022年)、媓子の父である頼通が失脚し、媓子自身も皇后の座を追われました。 その後、媓子は、出家して尼となり、永延2年(988年)に亡くなりました。 媓子は、平安時代中期の藤原氏の全盛期を象徴する人物です。媓子は、天皇の皇后として、宮中の儀式や行事を主催し、天皇を補佐しました。また、媓子は、藤原氏の権勢を拡大するため、積極的に政治に関与しました。 しかし、媓子は、藤原氏の専横を批判する反藤原派の公卿たちから反発を受け、皇后の座を追われました。その後、媓子は、出家して尼となり、永延2年(988年)に亡くなりました。
歴史上の偉人

ー永原原姫とは?

-永原原姫の生涯- 永原原姫は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての女性です。鎌倉幕府の初代将軍、源頼朝の妻であり、嫡男である源頼家の母でもあります。 永原原姫は、1157年に越後の豪族、千葉常胤の長女として生まれました。幼名は八重姫で、のちに原姫と改名しました。1179年に、源頼朝と結婚します。頼朝は、永原原姫の父である千葉常胤の挙兵に応じ、平氏打倒の兵を挙げました。頼朝が平氏を滅ぼして鎌倉幕府を開いた後、永原原姫は頼朝の嫡男である頼家を生みました。 頼家は、1192年に源頼朝の跡を継いで鎌倉幕府の第2代将軍となりました。しかし、頼家は暗愚で、幕府の権力を失墜させました。1203年に頼家は伊豆修善寺に幽閉され、永原原姫も頼家とともに修善寺に幽閉されました。翌年、頼家は暗殺され、永原原姫は尼となり、1225年に亡くなりました。 永原原姫は、鎌倉幕府の創設に貢献し、頼朝の死後は頼家を支えました。しかし、頼家の死後は尼となり、悲劇的な生涯を送りました。 -永原原姫の生涯を、年表にしてまとめると以下のようになります。- * 1157年越後の豪族、千葉常胤の長女として生まれる。 * 1179年源頼朝と結婚。 * 1192年源頼朝が亡くなり、頼家が鎌倉幕府の第2代将軍となる。 * 1203年頼家が伊豆修善寺に幽閉され、永原原姫も頼家とともに修善寺に幽閉される。 * 1204年頼家が暗殺される。 * 1225年永原原姫が尼となり、亡くなる。
歴史上の偉人

– 百済貴命

-百済貴命の生涯- 百済貴命は、6世紀後半に活躍した百済の王族です。百済聖王の孫であり、武寧王の弟にあたります。名は「貴」の字と「命」の字から成り、「貴い運命を持つ人」を意味しています。 貴命は、554年に百済の王子として生まれました。若い頃から才能を発揮し、武術や学問に秀でていました。また、人柄も良く、民衆からの人望も厚かったと言われています。 582年、兄の武寧王が亡くなり、貴命が即位しました。貴命は、百済の王として、国内の安定と発展に尽力しました。また、新羅や高句麗との関係改善にも努め、百済の国際的地位を高めました。 598年、貴命は新羅の軍勢を破り、新羅の首都である金城を占領しました。これは、百済にとって大きな勝利であり、貴命の威信は高まりました。 しかし、600年、貴命は新羅の反撃を受けて金城を奪還され、百済は再び新羅に押されるようになりました。貴命は、新羅との戦いを続けましたが、602年に病のため亡くなりました。 貴命の死後、百済は衰退の一途を辿り、660年に滅亡しました。しかし、貴命の功績は、百済の歴史において高く評価されています。 -貴命の性格- 貴命は、聡明で勇敢な人物でした。また、人柄も良く、民衆からの人望も厚かったと言われています。 貴命は、武術や学問に秀でており、特に武術では百済随一の使い手でした。また、貴命は、新羅や高句麗との関係改善にも努め、百済の国際的地位を高めました。 貴命は、百済の王として、国内の安定と発展に尽力しました。また、新羅や高句麗との関係改善にも努め、百済の国際的地位を高めました。 -貴命の功績- 貴命は、百済の王として、国内の安定と発展に尽力しました。また、新羅や高句麗との関係改善にも努め、百済の国際的地位を高めました。 貴命の最も偉大な功績の一つは、598年に新羅の軍勢を破り、新羅の首都である金城を占領したことでした。これは、百済にとって大きな勝利であり、貴命の威信は高まりました。 しかし、貴命は、600年に新羅の反撃を受けて金城を奪還され、百済は再び新羅に押されるようになりました。貴命は、新羅との戦いを続けましたが、602年に病のため亡くなりました。 貴命の死後、百済は衰退の一途を辿り、660年に滅亡しました。しかし、貴命の功績は、百済の歴史において高く評価されています。
歴史上の偉人

平安時代の女御「平等子」- その生涯と業績

-平安時代の女御「平等子」- その生涯と業績- -平等子の生涯- 平等子は、平安時代後期に活躍した女御です。藤原忠実の娘として生まれ、1156年に後白河天皇の女御となりました。平等子は、天皇の寵愛を受け、皇子を産みましたが、1160年に崩御しました。享年27歳でした。 平等子は、天皇の寵愛を受けただけではなく、政治にも関与したと言われています。1158年、平治の乱が起こると、天皇とともに平清盛を支持し、乱の平定に貢献しました。また、平等子は、文化にも精通しており、和歌を詠むことも得意でした。その和歌は、当時の歌集に収められています。 平等子は、短すぎる生涯でしたが、天皇の寵愛を受けた女御として、そして、政治や文化に関与した女性として、歴史に名を残しています。 -平等子の業績- 平等子は、政治や文化に関与し、多くの業績を残しました。 政治面では、1158年の平治の乱で、天皇とともに平清盛を支持し、乱の平定に貢献しました。また、平等子は、天皇の側近として、政務にも参与していました。 文化面では、平等子は、和歌を詠むことも得意でした。その和歌は、当時の歌集に収められています。また、平等子は、書道にも優れており、その書は、現代でも高い評価を受けています。 平等子は、短すぎる生涯でしたが、政治や文化に関与し、多くの業績を残しました。その業績は、平安時代後期の歴史を語る上で、欠かせないものとなっています。
歴史上の偉人

皇室の由緒ある女性の人生

-東福門院の生涯- 東福門院(1110 - 1180)は、平安時代末期の皇族、女院。平安時代末期の天皇である後白河天皇の中宮であり、その皇子である二条天皇の母でもある。 東福門院は、鳥羽天皇の第六皇子である崇徳天皇の皇女として生まれた。母は、藤原公実の娘である藤原泰子である。東福門院は、幼い頃から聡明で学識が深く、また、容姿端麗で高貴な気品を備えていた。 1131年、東福門院は、後白河天皇の妃となり、中宮となった。東福門院は、後白河天皇の寵愛を受け、1139年に二条天皇を産んだ。二条天皇は、後白河天皇の第一皇子であり、東福門院にとって初めての皇子であった。 しかし、二条天皇は、1164年に26歳の若さで崩御した。東福門院は、二条天皇の崩御に深く悲しみ、出家して法然上人に師事した。東福門院は、法然上人の教えに深く帰依し、念仏を称えて阿弥陀仏の浄土に往生することを願った。 1180年、東福門院は、71歳で崩御した。東福門院は、二条天皇の崩御後に、出家して法然上人に師事し、念仏を称えて阿弥陀仏の浄土に往生することを願った高貴な女性であった。
歴史上の偉人

青綺門院

-青綺門院- -天皇の女御- 青綺門院は、平安時代中期の皇族・女御。醍醐天皇の第二皇子・敦実親王の娘。母は右大臣・藤原元氏の女。 -生涯- 青綺門院は、天慶4年(941年)に敦実親王と藤原元氏の娘の間に生まれた。幼名は淑景。長和元年(1012年)に死去した。享年72。 -天皇の女御- 青綺門院は、天慶9年(946年)3月18日に村上天皇の女御となった。村上天皇の皇后は安子内親王であったが、安子内親王は天慶7年(944年)に死去しており、青綺門院は村上天皇の事実上の第一の妻であった。 青綺門院は、天慶10年(947年)に長女の昌子内親王を産んだ。昌子内親王は、後に冷泉天皇の皇后となった。青綺門院は、天暦2年(948年)に次女の康子内親王を産んだ。康子内親王は、後に円融天皇の皇后となった。 青綺門院は、天皇の女御として、政治にも影響力を持った。天暦4年(950年)には、藤原師輔の罷免に反対して、村上天皇に抗議した。また、天徳2年(958年)には、藤原実頼の罷免に反対して、村上天皇に抗議した。 青綺門院は、冷泉天皇と円融天皇の母として、2代にわたって天皇の母となった。また、青綺門院は、一条天皇の祖母でもあった。 青綺門院は、長和元年(1012年)に死去した。享年72。青綺門院の死後、村上天皇は藤原義孝の娘の藤原詮子を入内させて、女御とした。 -子女- * 昌子内親王(947年 - 991年) - 冷泉天皇の皇后 * 康子内親王(948年 - 1001年) - 円融天皇の皇后 * 為平親王(950年 - 951年) * 広平親王(952年 - 1011年) * 資平親王(953年 - 998年) * 敦平親王(956年 - 989年) * 尊平親王(957年 - 980年) * 隆平親王(959年 - 1015年) * 道平親王(960年 - 972年)
歴史上の偉人

紀乙魚 – 平安時代前期の女御

- 紀乙魚の生涯 紀乙魚は、平安時代前期の女御です。平城天皇の第四皇子・嵯峨天皇の女御で、皇子の仁明天皇と平恒貞親王を産んでいます。 乙魚は、参議・紀古佐美の娘として生まれました。母は、参議・坂上田村麻呂の娘です。乙魚は、聡明で容姿端麗な女性として知られていました。 弘仁元年(810年)、乙魚は嵯峨天皇の女御となります。弘仁2年(811年)、彼女は皇子・仁明天皇を産みます。弘仁4年(813年)、乙魚は平恒貞親王を産みます。 乙魚は、嵯峨天皇の寵愛を受け、夫の死後も長く内裏に留まり、権勢を振るいました。 承和9年(842年)、乙魚は落飾して、法名を貞子としました。彼女は、承和14年(847年)に亡くなりました。 乙魚は、嵯峨天皇の妻として、多くの皇子の生母となりました。また、彼女は、嵯峨天皇の寵愛を受け、夫の死後も長く内裏に留まり、権勢を振るいました。乙魚は、平安時代前期の女御として、重要な役割を果たした女性でした。
歴史上の偉人

– 藤原多可幾子

-藤原多可幾子の生涯- 藤原多可幾子は、1906年(明治39年)3月25日、東京府東京市(現・東京都)に生まれた。父は男爵・藤原冬嗣、母は子爵・酒井忠亮の娘・輝子。多可幾子は、5人兄弟の4番目の子どもとして生まれた。 多可幾子は、幼い頃から非常に利発であり、成績優秀であった。1922年(大正11年)に東京府立第一高等女学校を卒業後、東京帝国大学法学部に進学した。多可幾子は、大学在学中に社会問題に関心を持ち、社会運動に参加するようになった。1926年(大正15年)に大学を卒業後、社会運動に専念するため、三菱銀行を退職した。 多可幾子は、1927年(昭和2年)に日本共産党に入党した。多可幾子は、党内で積極的に活動し、1931年(昭和6年)に党中央委員に選出された。しかし、1933年(昭和8年)に党が弾圧を受け、多可幾子も逮捕された。多可幾子は、1934年(昭和9年)に保釈されたが、1937年(昭和12年)に再び逮捕され、懲役10年の判決を受けた。多可幾子は、1945年(昭和20年)に刑期満了で出獄した。 多可幾子は、出獄後、日本共産党の再建に尽力した。多可幾子は、1949年(昭和24年)に党中央委員に選出され、1950年(昭和25年)には党書記長に就任した。多可幾子は、書記長として党の指導にあたったが、1955年(昭和30年)に党内闘争に敗れ、失脚した。 多可幾子は、失脚後も社会運動を続け、1970年(昭和45年)に日本婦人団体連合会の会長に就任した。多可幾子は、会長として日本の女性運動の発展に貢献した。1981年(昭和56年)に会長を退任した後は、社会評論家として活躍した。 多可幾子は、2001年(平成13年)1月26日に老衰のため、東京都内の病院で死去した。享年94。
歴史上の偉人

源暄子とは?その生涯と歴史的 significance

源暄子(みなもとの のぶこ)とは?その生涯と歴史的 significance 源暄子の生涯 源暄子は1122年に源家の子孫として生まれた。父は源為義、母は藤原長子は女で、天皇家以外の男性と結ばれたことから准后と呼ばれた。源暄子は幼い頃から聡明で、特に和歌と琵琶に秀でていた。平安時代の末期、後に高倉天皇となる皇子・守仁親王の后となった(1151年)。高倉天皇は、源暄子をとても愛し、高倉天皇の寵愛を受けていた。彼女は1153年に最初の子供である安徳天皇を産んだ。しかし安徳天皇は、わずか2歳で亡くなってしまった。1155年には、二番目の子どもである守貞親王が生まれた。守貞親王もまた、わずか2歳で亡くなってしまい、源暄子は深い悲しみの中、1177年に亡くなった。 源暄子の歴史的 significance 源暄子は、平安時代の末期に活躍した女性で、彼女の生涯は、平安時代の歴史を理解する上で重要な意味を持っている。彼女は、高倉天皇の寵愛を受けていた女性であり、安徳天皇と守貞親王の母であった。安徳天皇は、源平合戦の後に滅亡した平家の最後の天皇であり、守貞親王は、後鳥羽天皇の父である。源暄子は、この2人の天皇の母であり、平安時代の歴史に大きな影響を与えた女性であった。また、和歌と琵琶に秀でていた文化人でもあり、平安時代の文化を象徴する人物の一人であった。
歴史上の偉人

藤原仲子(1)とは? 〜朧月夜のモデルとなった平安時代前期の女御〜

-藤原仲子の概要- 藤原仲子は平安時代前期の女御であり、村上天皇の寵愛を受けました。 929年に生まれ、藤原忠平の娘として生まれました。藤原忠平は、摂政や関白を務めた権勢のある人物であり、仲子は幼い頃から大切に育てられました。 仲子は容姿端麗で、和歌や音楽の才能にも恵まれていました。村上天皇は仲子を気に入り、945年に女御として入内しました。仲子は村上天皇の寵愛を受け、950年に為平親王(後の冷泉天皇)を、952年に憲平親王(後の円融天皇)を出産しました。 仲子は、村上天皇の死後もその権勢を維持し、摂政や関白を務めた藤原実頼や藤原頼忠と協力して、朝廷の政務を執りました。 仲子は985年に亡くなり、朱雀天皇の御代に亡くなりました。享年57歳でした。 仲子は、平安時代の女性として、権勢と美貌を兼ね備えた人物として知られています。また、藤原実頼や藤原頼忠と協力して朝廷の政務を執ったことから、政治家としても辣腕を振るいました。 仲子は、平安時代の女性を代表する人物であり、その生涯は多くの作品で描かれています。中でも、村上天皇との恋愛関係を描いた小説「更級日記」は有名です。
歴史上の偉人

平安時代の女性-源基子-を紐解く

- 平安時代の女性源基子- 平安時代中期に活躍した女御 源基子は、平安時代中期に活躍した女御である。彼女は、平安時代屈指の権力者である藤原道長の一級大臣であり、後一条天皇の母でもある。 基子は、藤原氏の流れを汲む源満仲の娘として誕生した。満仲は、平安時代中期に活躍した武将であり、摂津・和泉・河内の国守を務めた。基子は、満仲の娘として、平安時代の公家社会において高い地位を占めていた。 基子は、16歳の時に後一条天皇に入内し、皇子を授かった。皇子はいずれも幼くして亡くなってしまったが、基子は後一条天皇の寵愛を一身に受けていた。 基子は、後一条天皇の寵愛を利用して、藤原道長の権力を拡大した。基子は、道長の娘の彰子を入内させ、彰子と後一条天皇の間には皇子敦成親王が誕生した。敦成親王は、後一条天皇の死後、三条天皇として即位した。 基子は、三条天皇の母として、朝廷において大きな権力を握った。彼女は、藤原道長の権力を利用して、自分の娘を次々と公家に嫁がせ、藤原氏の権力を盤石なものとした。 基子は、1027年に62歳で亡くなった。彼女は、平安時代中期に活躍した最も influential な女性の一人である。彼女は、藤原道長の権力を拡大し、藤原氏の繁栄に貢献した。また、彼女は、後一条天皇の母として、朝廷において大きな権力を握った。
歴史上の偉人

嘉子女王に関する記事

-嘉子女王とは- 嘉子女王は、1988年11月29日に、秋篠宮文仁親王と秋篠宮紀子妃の長男として生まれた。現在は、敬宮愛子内親王に次ぐ皇位継承順位第3位である。 嘉子女王は、幼い頃から聡明で、学習院初等科を首席で卒業した。その後、学習院女子中等科に進学し、現在も在学中である。 嘉子女王は、皇室の公務にも積極的に取り組んでいる。2018年には、両親とともにベトナムとラオスを訪問した。また、2020年には、第26回全国豊かな海づくり大会に臨席した。 嘉子女王は、将来的には皇室の重要な一員として活躍することが期待されている。
歴史上の偉人

藤原正子-平安時代前期の女御

桓武天皇の女御として 藤原正子は、桓武天皇の女御であり、嵯峨天皇の生母として知られています。彼女は藤原北家出身で、藤原冬嗣の妹でした。桓武天皇が桓武天皇宮ノ庄で即位してすぐに、藤原正子は女御に任じられました。 藤原正子は、桓武天皇に寵愛され、嵯峨天皇、淳和天皇、恒貞親王など、多くの皇子皇女を産みました。嵯峨天皇は、桓武天皇の死後、皇位を継承し、淳和天皇は、嵯峨天皇の死後、皇位を継承しました。 桓武天皇の死後、藤原正子は、皇后に追尊されました。また、彼女は、天台宗の開祖である最澄の師としても知られています。最澄は、藤原正子の庇護のもと、比叡山に延暦寺を建立しました。 藤原正子は、平安時代前期の有力な女性であり、桓武天皇の女御として、嵯峨天皇と淳和天皇の生母として、大きな影響力を持ちました。また、彼女は、天台宗の開祖である最澄の師としても知られ、日本の仏教史にも大きな足跡を残しました。
歴史上の偉人

恭礼門院 – 江戸時代中期の女御

恭礼門院の生涯 恭礼門院(きょうれいもんいん)は、江戸時代中期の女御です。1683年(天和3年)に鷹司家(鷹司兼熙の妹)に生まれ、1705年(宝永2年)に中宮となり、1710年(正徳元年)に女御となりました。1726年(享保11年)に崩御し、京都の泉涌寺に葬られました。 恭礼門院は、生来聡明で、和歌や書道をよくしました。また、能楽や茶の湯にも通じていました。女御となってからは、後水尾天皇の妹であり、徳川家光の正室であった東福門院の遺志を継いで、貧困者や孤児を救済する事業に取り組みました。 1726年(享保11年)に恭礼門院が崩御した際には、朝廷や幕府から深い悲しみの声が寄せられました。また、多くの人々が恭礼門院の徳を偲んで、泉涌寺に参詣しました。 恭礼門院は、江戸時代中期に活躍した女御として知られています。その聡明さと慈悲深さは、多くの人々から敬愛されました。
歴史上の偉人

建春門院 – 平安時代後期の女御

-建春門院の生涯- 建春門院(1171年~1242年)は、平安時代後期の女御で、後白河天皇の寵妃として知られています。平清盛の娘である平徳子(徳子)を母として誕生し、源頼朝の乳母となったことから「頼朝の乳母」とも呼ばれています。 建春門院は、1183年に後白河天皇の女御となり、1184年に安徳天皇を出産しました。しかし、安徳天皇は平氏の壇ノ浦の戦いで入水し、建春門院は後白河天皇と離縁しています。 その後、建春門院は源頼朝と親密になり、1192年に頼朝の娘である大姫を養女として迎えています。大姫は、後に後鳥羽天皇の皇后となり、建春門院は大姫の養育に努めました。 建春門院は、1242年に72歳で亡くなりました。建春門院の死後、頼朝と建春門院の間に生まれた宗尊親王が、後鳥羽天皇の養子として、第83代の天皇となる後堀河天皇に即位しました。 建春門院の一生は、平氏政権から鎌倉幕府への権力の移行期に生きた女御として、波乱万丈なものとなりました。しかし、建春門院は、頼朝と後鳥羽天皇の両天皇に仕え、その生涯を通じて日本史に大きな影響を与えた女性でした。
歴史上の偉人

平安時代中期の女御 – 藤原和香子

藤原和香子の生涯 藤原和香子は、平安時代中期の女御です。摂政・藤原頼通の娘として生まれ、一条天皇に入内しました。 和香子は、宮中に仕える前から一条天皇の寵愛を受けており、入内後もその寵愛は変わりませんでした。一条天皇は、和香子と女御の間に3人の皇子と4人の皇女を儲けました。 和香子は、一条天皇の崩御後も女御の地位に就き、後一条天皇と後朱雀天皇の2代にわたって宮中に仕えました。和香子は、政治的な才覚にも優れており、摂政・藤原頼通や関白・藤原教通らと協力して政務を執りました。 和香子は、和歌にも優れた才能を持ち、いくつかの歌集を残しています。和香子の歌は、平安時代の宮廷文化を反映しており、当時の貴族の生活や心情を垣間見ることができます。 和香子は、天喜4年(1056年)に薨去しました。58歳でした。和香子は、一条天皇の崩御後も女御の地位に就き、2代にわたって宮中に仕えたことから、平安時代の女性の理想像として称賛されました。 和香子の生涯は、平安時代の貴族の女性の姿を垣間見ることができる貴重な史料となっています。