女性運動家

政治分野の人

猿橋ユリ→ 女性運動に尽力した先駆者

-女性運動への貢献- 猿橋ユリは、日本の女性運動に大きく貢献した人物です。彼女は、女性労働者の権利を擁護するために労働組合を組織したり、女性に選挙権を与えるための運動を展開したりしました。また、女性教育の重要性を訴え、女性のための学校を設立するなど、女性の社会的地位向上のため精力的に活動しました。 猿橋ユリが特に力を入れたのは、女性労働者の権利の保護です。彼女は、女性労働者が低賃金で長時間労働を強いられている現状を問題視し、女性労働者の権利を擁護するために労働組合を組織しました。また、女性労働者が労働条件を改善するためにストライキを起こした場合には、積極的に支援しました。 猿橋ユリは、女性に選挙権を与えるための運動にも積極的に参加しました。彼女は、女性も男性と同じように選挙権を持つべきだと主張し、女性に選挙権を与えるための法案の制定を働きかけました。また、女性に政治に参加するよう呼びかけ、女性の政治参加を促進しました。 猿橋ユリは、女性教育の重要性も訴えました。彼女は、女性も男性と同じように教育を受ける権利を持つべきだと主張し、女性のための学校を設立しました。また、女性に教育を受ける機会を与え、女性の社会的地位を向上させるために、積極的に活動しました。 猿橋ユリの女性運動への貢献は、日本の女性の地位向上に大きな影響を与えました。彼女の活動により、女性労働者の権利は保護され、女性に選挙権が与えられました。また、女性の教育が促進され、女性の社会的地位が向上しました。猿橋ユリは、日本の女性運動の先駆者として、今日もなお尊敬されています。
政治分野の人

久布白落実 – 大正・昭和時代の女性運動家

-大叔母・矢島楫子の影響- 久布白落実は、戦前から戦後にかけて活躍した女性運動家です。大正・昭和時代という激動の時代を生き、女性の権利向上に尽力しました。 久布白落実は、1889年(明治22年)に岡山県久米郡久米南条村(現・美咲町)に生まれました。彼女の母は、矢島楫子の妹である久布白満寿恵でした。楫子は、明治維新後に女子教育に力を注ぎ、東京女子師範学校(現・お茶の水女子大学)の初代校長を務めた人物です。落実は、楫子の影響を受けて幼い頃から女性問題に関心を持ち、1919年(大正8年)に東京女子大学を卒業後は、家事講習会や婦人会の運営など様々な社会活動に携わりました。 1921年(大正10年)、久布白落実は夫の久布白茂と共に渡米します。渡米後は、全米婦人参政権協会の活動に参加し、女性の選挙権獲得運動に尽力しました。また、1923年(大正12年)には、国際婦人参政権同盟の東京大会に出席し、国際的な女性運動にも参加するようになりました。 1928年(昭和3年)、久布白落実は帰国し、日本婦人政権獲得同盟に参加します。同団体は、女性の選挙権獲得を目指して活動する団体で、落実は同団体の幹部を務め、全国各地を巡回して講演会や集会を開催しました。1946年(昭和21年)、女性の選挙権が認められると、落実は参議院議員に当選し、初の女性国会議員の一人となりました。 久布白落実は、戦後も女性運動に積極的に参加し、1956年(昭和31年)には、婦選獲得運動の功績が認められて勲四等瑞宝章を受章しました。1965年(昭和40年)に76歳で亡くなるまで、女性の権利向上のため精力的に活動し続けました。 久布白落実は、大叔母・矢島楫子の影響を受けて、幼い頃から女性問題に関心を持ち、女性運動に生涯を捧げた人物でした。彼女の功績は、今日の女性の権利向上に大きく貢献しています。
文学分野の人

– 大田菊子

-大田菊子- -大正・昭和時代の編集者- 大田菊子(おおた きくこ、1901年(明治34年)1月11日 - 1982年(昭和57年)8月29日)は、大正・昭和時代の編集者、エッセイスト。エッセイの名手として知られるが、執筆活動のみならず編集者として雑誌運営に辣腕を振るった。淑徳高等女学校の同級生だった大倉燁子とともに、少女雑誌『少女の友』の編集長を務めた。また雑誌『暮しの手帖』『婦人画報』の編集長も歴任した。 -幼少期~青年期- 大田菊子は1901年(明治34年)1月11日、東京市日本橋区小伝馬町(現在の東京都中央区日本橋小伝馬町)に生まれた。父は日本銀行の役人、母は元士族の娘であった。菊子は4人姉弟の二女で、3歳下の妹にエッセイストの大田静江がいる。 菊子は幼い頃から秀才で、淑徳高等女学校へ進学した。淑徳高等女学校では、大倉燁子と同級生であった。大倉燁子は大倉財閥の令嬢で、のちに小説家・編集者として活躍する。菊子と大倉燁子は、ともに文学部に所属しており、文学や演劇に親しんだ。 -編集者としての経歴- 1920年(大正9年)、菊子は淑徳高等女学校を卒業し、日本橋の出版社「博文館」に入社した。博文館は、雑誌『少女の友』を発行しており、菊子は『少女の友』の編集室に配属された。 菊子は、編集者として『少女の友』の改革に取り組んだ。『少女の友』は、それまで少女向けの娯楽雑誌という性格が強かったが、菊子は、少女の教育や啓蒙を目的とした記事を掲載するよう方針転換した。また、菊子は、少女作家の発掘にも力を入れ、のちに大活躍する作家を多く輩出した。 1923年(大正12年)、関東大震災が発生した。『少女の友』の編集部も被災し、一時発行が中止された。しかし、菊子は、震災から1ヶ月後には編集を再開し、『少女の友』の復興に尽力した。 1925年(大正14年)、菊子は、博文館を退社し、大倉燁子とともに「大倉燁子社」を設立した。大倉燁子社は、雑誌『少女の友』を引き継いで発行した。また、菊子は、大倉燁子社で雑誌『暮しの手帖』を創刊した。 『暮しの手帖』は、家庭生活に役立つ情報やエッセイを掲載した雑誌で、主婦層に人気を博した。菊子は、『暮しの手帖』の編集長として、読者の生活を豊かにすることを目指した。 1935年(昭和10年)、菊子は、大倉燁子社を退社し、フリーランスの編集者として活動した。菊子は、雑誌『婦人画報』の編集長を務めたほか、多くの雑誌や新聞にエッセイを寄稿した。 菊子は、1982年(昭和57年)8月29日に死去した。享年81。 -エッセイストとしての経歴- 菊子は、編集者としてだけでなく、エッセイストとしても活躍した。菊子のエッセイは、日常の生活を題材としたものが多く、親しみやすくユーモアに富んでいる。菊子は、エッセイの名手として知られ、多くの読者から親しまれた。 菊子のエッセイは、現在でも多くのアンソロジーに収録されており、読み継がれている。また、菊子のエッセイをまとめた単行本も数多く出版されている。 -菊子の功績- 菊子は、少女雑誌『少女の友』の編集長として、少女の教育や啓蒙に努めた。また、雑誌『暮しの手帖』の編集長として、主婦層の生活を豊かにすることを目指した。菊子は、編集者として、多くの雑誌の改革に取り組み、日本の雑誌文化の発展に貢献した。 菊子は、エッセイストとしても活躍し、親しみやすくユーモアに富んだエッセイで多くの読者から親しまれた。菊子のエッセイは、現在でも多くのアンソロジーに収録されており、読み継がれている。菊子は、編集者としてもエッセイストとしても、日本の文化に多大な貢献をした。
政治分野の人

「奥むめお」-大正-昭和時代の女性運動家

-奥むめおの生涯と活動- 奥むめお(1895年-1999年)は、大正-昭和時代の女性運動家。日本における女性参政権獲得運動の第一人者として知られる。 大阪府生まれ。1914年に日本女子大学に進学し、在学中に労働運動に参加。1922年に女性参政権獲得を目的とした「婦人参政権期成同盟会」を結成し、会長に就任。1925年には国際女性同盟に加盟し、国際的にも活動した。 1929年に「婦人参政権期成同盟会」は「日本婦人政治同盟」に改組され、奥むめおは引き続き会長を務めた。1931年には「婦人参政権獲得期成同盟会」を結成し、全国的な運動を展開した。そして、1945年にようやく女性参政権が獲得された。 戦後、奥むめおは日本国憲法制定に尽力し、1946年には衆議院議員に当選した。1954年には参議院議員に当選し、1971年まで3期務めた。参議院議員在職中は、女性労働法の制定や男女平等法の制定に尽力した。 1999年に104歳で死去。女性参政権獲得運動の功績が評価され、2000年に勲一等宝冠章が追贈された。 奥むめおは、女性参政権獲得運動の先駆者として、日本の女性運動史に大きな足跡を残した。その功績は、今もなお評価されている。
政治分野の人

加藤シヅエ – 明治から平成を生きた婦人運動家

加藤シヅエの生い立ちとアメリカ留学 加藤シヅエは、1897年(明治30年)に愛知県岡崎市に生まれました。父は加藤勇五郎、母は加藤サダです。勇五郎は裁判所判事、サダは薬剤師でした。シヅエは、5人兄弟の3番目の子どもでした。 シヅエは、幼い頃から勉強によく、成績は常に優秀でした。しかし、シヅエの母親は、女性は学校に行く必要はないと考えており、シヅエを家事の手伝いに専念させようとしました。しかし、シヅエは母親の反対を押し切って、高等女学校に進学しました。 シヅエは、高等女学校を卒業後、東京の女子英学塾に入学しました。女子英学塾は、キリスト教系の女子校で、シヅエはここで、キリスト教の教えに感化されました。シヅエは、女子英学塾を卒業後、アメリカに留学しました。 シヅエは、アメリカで、コロンビア大学とハーバード大学で学びました。シヅエは、アメリカで、社会学と政治学を学び、フェミニズム運動にも参加しました。シヅエは、アメリカで、多くのことを学び、アメリカの民主主義に感銘を受けました。 シヅエは、1922年(大正11年)に帰国しました。帰国後、シヅエは、婦人参政権運動に参加しました。シヅエは、婦人参政権運動で、リーダー的な役割を果たし、1946年(昭和21年)に、日本の女性に参政権が与えられました。 シヅエは、婦人参政権運動以外にも、社会運動にも積極的に参加しました。シヅエは、労働運動や平和運動に参加し、社会の改善に努めました。シヅエは、1974年(昭和49年)に、永眠しました。
歴史上の人物

河崎なつ – 日本の女性教育者、女性運動家

河崎なつ - 日本の女性教育者、女性運動家 -河崎なつの生涯- 河崎なつは1845年、信州松本に生まれた。父は松本藩医、母は松本藩士の娘。なつは幼い頃から聡明で、6歳のときには藩校の授業に同席するほどであった。12歳のときには、藩の命により江戸に出て、洋装裁縫を学ぶ。帰郷後は、松本藩の女学校で教師を務める。 1871年(明治4年)、河崎なつはアメリカに留学する。アメリカでは、マウント・ホリヨーク大学で学んだ。1874年(明治7年)に帰国し、東京女子大学の前身である東京女子師範学校で教鞭をとる。 河崎なつは、女性教育の重要性を訴え、日本の女性教育の発展に尽くした。1882年(明治15年)には、女子教育の普及を目的とした「女子教育会」を設立した。また、1885年(明治18年)には、日本で最初の女子専門学校である「東京女学館」を創設した。 河崎なつは、日本の女性運動にも尽力した。1890年(明治23年)には、「日本婦人矯風会」を設立し、女性の社会的地位の向上を目指して活動した。また、1895年(明治28年)には、日本の女性として初めて国会議員に立候補した。 河崎なつは、1921年(大正10年)に死去した。享年76歳。河崎なつの功績は、日本の女性教育の発展に大きな影響を与え、日本の女性運動の先駆者として知られている。
歴史上の人物

「植村環」

-「植村環」- -女性運動家・牧師としての人生- 植村環(うえむらたまき、1875年5月20日~1966年12月20日)は、日本の女性運動家、牧師である。女性の社会的地位向上とキリスト教信仰の普及に尽力した。 -生い立ちと結婚- 植村環は、1875年に東京神田の基督教徒家庭に生まれた。父は牧師の植村正久、母は梅原婦佐子である。環は、18歳の時にキリスト教に入信し、1901年に渡米してオベリン大学に入学した。オベリン大学で、環は社会学と神学を学び、1905年に卒業した。 1906年に帰国後、環は日本基督教婦人矯風会に入会し、女性の社会的地位向上のための活動を開始した。1908年には、同会の会長に就任し、1911年には世界女子基督教婦人矯風会の会長に就任した。また、環は1912年に日本基督教婦人伝道協会を設立し、女性の伝道活動にも尽力した。 1918年に、環は牧師の油井昇(あぶらいのぼる)と結婚した。油井は、1919年に日本基督教ホーリネス教会の創立者の一人となり、環も同教会に参加した。環は、ホーリネス教会で牧師として働き、女性の社会的地位向上とキリスト教信仰の普及に尽力した。 -晩年と死- 1953年に、環はキリスト教東亜交誼会(現・日本基督教連合)の会長に就任した。また、1954年には、世界基督教協議会(WCC)の総会に日本代表として出席した。環は、1966年に東京で死去した。 -栄誉と業績- 環は、女性の社会的地位向上とキリスト教信仰の普及に尽力した功績により、1955年に勲三等宝冠章を受章した。また、環は1965年に、日本基督教団の名誉会員に推挙された。環は、日本初の女性牧師であり、女性の社会的地位向上に貢献した先駆者の一人である。
歴史上の人物

山川菊栄:女性解放を追求した評論家

-社会主義から見た女性解放- 山川菊栄は、婦人参政権の実現や労働者階級の女性解放を訴えた評論家であり、日本社会党の初期の指導者でもあります。 彼女は、女性の解放は資本主義の廃止と社会主義の実現によってのみ達成されると主張しました。 山川は、資本主義は女性を二つの方法で抑圧していると主張しました。第一に、資本主義は女性を経済的に男性に依存させています。これは、女性が男性よりも低い賃金で雇われることが多く、男性ほど経済的に自立していないことを意味します。第二に、資本主義は女性を家父長制のイデオロギーにさらしています。これは、女性は男性に従属すべきであり、男性の役割は女性を保護し養うことであるという信念です。 山川は、社会主義はこれらの両方の抑圧形態を廃止するとしています。社会主義の下では、女性は経済的に自立し、男性と同じ条件で雇用されるでしょう。さらに、社会主義は家父長制のイデオロギーを廃止し、男女は平等なパートナーとして扱われるでしょう。 山川の社会主義に対する信念は、彼女の人生における個人的な経験によって形作られました。彼女は1890年に東京に生まれました。彼女の父は政府高官でしたが、彼女の母は貧しい農家の出身でした。山川は、彼女自身が経済的に自立するためには教育を受けなければならないことを早くから認識していました。彼女は東京女子高等師範学校に通い、そこで社会主義の考え方に触れました。 1911年、山川は日本社会党の創設メンバーになりました。彼女はすぐに党の指導者となり、1921年には党の委員長に選出されました。山川は、女性参政権や労働者階級の女性解放を訴えて精力的に活動しました。1925年には、彼女は治安維持法で逮捕され、1年間投獄されました。 山川は、1932年に獄外で死去しました。彼女は52歳でした。しかし、彼女の思想は今日でも生き続けています。彼女は、女性解放のための闘いの先駆者であり、彼女の仕事は世界中の女性に影響を与え続けています。
歴史上の人物

山口小静 – 大正時代の女性活動家

-大正時代の女性活動家山口小静- 山口小静は、大正時代に活躍した日本の女性活動家で、男女同権や女性参政権の推進に尽力した人物です。1878年に大阪府に生まれ、1901年に東京女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)を卒業しました。その後、女子高等師範学校に就職し、教鞭を執りながら、女性運動に参加するようになりました。 1911年に、山口小静は平塚らいてう、伊藤野枝らとともに、女性解放運動団体「青鞜社」を設立しました。青鞜社は、女性の社会的・経済的な地位向上を目的とする団体で、山口小静は同社の主要メンバーとして活躍しました。青鞜社は、女性が男性と対等な権利を持つべきだと主張し、女性参政権の獲得や、女性の職業機会の拡大などに取り組みました。 山口小静は、また、女性のための教育機関の設立にも尽力しました。1918年に、彼女は女子大学設立期成会を組織し、女子大学の設立運動を展開しました。その結果、1920年に日本初の女子大学である日本女子大学が設立されました。 山口小静は、大正時代の女性運動の草分け的存在であり、その功績は大きく評価されています。彼女は、女性が男性と対等な権利を持つべきだと主張し、女性参政権の獲得や、女性の職業機会の拡大、女性のための教育機関の設立などに取り組みました。彼女の活動は、日本の女性の社会的地位の向上に大きな貢献をしました。
政治分野の人

松本員枝 – 昭和時代の女性運動家

-生い立ちと若年期- 松本員枝は1921年4月1日、愛知県名古屋市に生まれた。父は建築技師の松本清四郎、母は静江である。松本は4人兄弟の末っ子として、中流家庭に育った。 松本は幼い頃から勉強熱心であり、学校では常に成績優秀であった。また、活発な性格で、スポーツや音楽にも親しんだ。高校卒業後は、東京女子大学に進学し、英文科で学んだ。 大学在学中は、学生運動に関わるようになり、女性解放運動に興味を持った。1947年に大学を卒業後、松本は労働省に入省した。労働省では、女性労働者の問題や雇用差別などに取り組み、早くから女性運動家として頭角を現した。 1951年、松本は国連婦人の地位委員会に派遣された。国連婦人の地位委員会は、女性の権利と地位の向上を目的とした国連機関であり、松本はそこで世界の女性運動家たちと交流を深めた。 国連婦人の地位委員会への派遣を機に、松本はさらに女性運動にのめり込むようになった。1954年、松本は労働省を退職し、専業主婦として女性運動に専念することになった。
政治分野の人

櫛田ふきと戦後日本の女性運動

- フェミニズムと民主主義 第二次世界大戦後、連合国による日本占領下で、日本は民主化政策の一環として、女性の参政権を獲得しました。これは、女性が選挙権と被選挙権を持つことを意味し、女性が政治に参加できるようになりました。 櫛田ふき氏は、戦後日本の女性運動において重要な役割を果たした人物です。彼女は、1945年に日本婦人有権者同盟を結成し、女性の参政権の実現に尽力しました。また、1946年には日本初の女性国会議員に当選しました。 櫛田氏の活動は、日本の女性運動において大きな影響を与えました。彼女は、女性が政治に参加することが民主主義にとって不可欠であると主張し、女性の権利向上に努めました。また、彼女は、女性が経済的に自立することが重要であると考え、女性の労働問題にも取り組んでいました。 櫛田氏の活動によって、日本の女性たちは、政治に参加する権利を得ることができ、女性の社会的地位も向上しました。また、女性が経済的に自立することが重要であるという考え方は、日本の女性運動において重要な理念となりました。 櫛田氏の活動は、日本の民主主義の発展に大きな貢献を果たしました。彼女は、女性が政治に参加することが民主主義にとって不可欠であると主張し、女性の権利向上に努めました。また、彼女は、女性が経済的に自立することが重要であると考え、女性の労働問題にも取り組んでいました。櫛田氏の活動によって、日本の女性たちは、政治に参加する権利を得ることができ、女性の社会的地位も向上しました。また、女性が経済的に自立することが重要であるという考え方は、日本の女性運動において重要な理念となりました。
歴史上の人物

 岩崎盈子

-岩崎盈子- -岩崎盈子の生涯と活動- 岩崎盈子は、1874年に長崎県で生まれました。父は三菱財閥の創業者である岩崎弥太郎、母は喜勢子です。盈子は幼い頃から英語とフランス語を学び、16歳でアメリカに留学しました。留学中は、ウォルサム女子大学で学び、1894年に卒業しました。 盈子は帰国後、三菱財閥の経営に参加しました。彼女は、三菱合資会社の取締役に就任し、1909年には三菱合資会社の社長に就任しました。盈子は、三菱財閥を近代化し、日本の財閥の中で重要な地位を築きました。 盈子は、社会活動にも積極的に参加しました。彼女は、日本赤十字社の副社長を務め、1923年の関東大震災では、救援活動に尽力しました。また、盈子は、東京女子大学を創設し、女子教育の発展に貢献しました。 盈子は、1946年に72歳で亡くなりました。彼女は、日本を代表する財界人と社会活動家として、今もなお尊敬されています。 -岩崎盈子の功績- 岩崎盈子は、日本の近代化に貢献した功績を多く残しました。彼女が三菱財閥の社長として行った改革は、日本の財閥制度の発展に大きな影響を与えました。また、盈子が創設した東京女子大学は、日本の女子教育に大きな貢献を果たしました。 盈子は、社会活動家としても活躍しました。彼女は、日本赤十字社の副社長を務め、1923年の関東大震災では、救援活動に尽力しました。また、盈子は、恵泉女学園を創設し、女子教育の発展に貢献しました。 岩崎盈子は、日本を代表する財界人と社会活動家として、今もなお尊敬されています。彼女の功績は、日本の近代化に大きく貢献しており、日本の歴史に永遠に刻まれています。
政治分野の人

・「大久保さわ子(1926~)について」

大久保さわ子の生涯と功績 大久保さわ子(1926~2018)は、日本の看護師、助産師、保健師、政治家です。参議院議員を5期務め、厚生労働大臣、法務大臣を歴任しました。 1926年、福井県に生まれる。1945年、京都府立看護専門学校を卒業し、看護師となる。1946年、助産師となる。1949年、保健師となる。 1955年、参議院議員に初当選する。1960年、厚生労働大臣に就任する。1962年、法務大臣に就任する。1963年、参議院議員を辞職する。 1964年、参議院議員に再選される。1968年、参議院議員を辞職する。1971年、参議院議員に再選される。1975年、参議院議員を辞職する。 1979年、参議院議員に再選される。1983年、参議院議員を辞職する。1986年、参議院議員に再選される。1990年、参議院議員を辞職する。 1991年、勲一等旭日大綬章を受章する。2018年、老衰のため死去する。享年92歳。 大久保さわ子は、日本の看護師、助産師、保健師、政治家として、日本の医療と福祉の発展に貢献しました。
政治分野の人

山高しげり→ 大正から昭和の女性運動家

市川房枝や山高しげり女性参政権運動の二大巨頭 市川房枝と山高しげりは、大正から昭和にかけて活躍した女性運動家であり、女性参政権運動の二大巨頭として知られています。 市川房枝は、1893年に東京に生まれ、1914年に日本女子大学校を卒業しました。卒業後は、日本女子大学校附属高等女学校で教鞭をとりながら、女性参政権運動に参加しました。1920年には、国際婦人参政権同盟の東京支部長に就任し、1924年には、日本婦人参政権協会を設立しました。 山高しげりは、1892年に大阪府に生まれ、1913年に大阪府立天王寺高等女学校を卒業しました。卒業後は、大阪朝日新聞社に入社し、記者として活躍しました。1920年に、日本女子大学校附属高等女学校に転職し、市川房枝と知り合いました。山高しげりは、市川房枝とともに、女性参政権運動に参加し、1924年には、日本婦人参政権協会の副会長に就任しました。 市川房枝と山高しげりは、ともに、女性参政権運動に尽力し、1945年に、女性参政権が実現しました。戦後は、ともに、参議院議員に当選し、女性の地位向上に貢献しました。 市川房枝は、1981年、山高しげりは、1970年に死去しました。しかし、二人の功績は、今もなお、女性運動の礎として語り継がれています。
政治分野の人

「飯島愛子」

昭和後期-平成時代の女性運動家 飯島愛子は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した日本の女性運動家、社会運動家、ジャーナリストである。女性差別や性暴力に対して声を上げ、女性解放運動を牽引した人物として知られる。 1938年、東京都に生まれる。東京大学文学部社会学科を卒業後、朝日新聞社に入社する。記者の仕事をする傍ら、女性問題に関する記事を執筆し、女性解放運動に参加するようになった。1970年代初頭、女性解放運動団体「女人会議」を結成し、代表となる。女人会議は、女性差別撤廃や男女平等の実現を訴え、さまざまな運動を展開した。 1975年、飯島は「女性報道人クラブ」を結成する。女性報道人が置かれている厳しい状況を改善することを目的とした組織で、女性報道のあり方や女性記者を取り巻く環境について議論が行われた。また、飯島は、女性差別や性暴力に関する書籍を執筆し、世論啓発活動にも努めた。 1980年代以降、飯島は、女性問題に加えて、核兵器廃絶や環境問題などにも取り組んだ。1985年には、女性と核兵器廃絶を求める「平和女性会議」を結成し、代表となる。平和女性会議は、核兵器廃絶や平和の実現を訴え、さまざまな運動を展開した。 飯島は、女性解放運動や社会運動を通じて、女性の地位向上や男女平等の実現に貢献した。その功績は、多くの女性から敬意を集めている。2008年、飯島は、80歳で亡くなった。 飯島の残した功績は、現在でも女性解放運動や社会運動に携わる人々に大きな影響を与えている。飯島の生き方は、女性たちが差別や抑圧に屈することなく、自分らしく生きることができる社会の実現を目指して闘うことの大切さを教えてくれる。
その他

「田中美津」

小見出し 「リブ新宿センターを拠点としたウーマンリブ運動」 本文 1970年、田中美津はリブ新宿センターを設立しました。リブ新宿センターは、女性解放運動であるウーマンリブ運動の拠点として機能し、女性たちの権利向上や社会変革を目指した運動を展開しました。 リブ新宿センターでは、女性たちの意識を高めるための学習会や講演会、女性差別に対する抗議活動などが行われました。また、女性たちの生活を支援するための各種相談事業も行われていました。 リブ新宿センターは、ウーマンリブ運動の重要な拠点として、日本の女性解放運動に大きな影響を与えました。田中美津は、リブ新宿センターを拠点として、女性たちの権利向上や社会変革を目指した運動を展開し、日本の女性解放運動に大きな功績を残しました。 リブ新宿センターは、ウーマンリブ運動の拠点として、日本の女性解放運動に大きな影響を与えました。田中美津は、リブ新宿センターを拠点として、女性たちの権利向上や社会変革を目指した運動を展開し、日本の女性解放運動に大きな功績を残しました。 田中美津は、リブ新宿センターを拠点として、ウーマンリブ運動を展開しただけでなく、女性に関する様々な研究や執筆活動も行いました。田中美津の研究や執筆活動は、女性の地位向上や社会変革に貢献しました。
政治分野の人

「甲斐喜与」

甲斐喜与の生涯 甲斐喜与は、1901年(明治34年)1月13日に、宮城県桃生郡長部村(現・石巻市)に生まれた。父は甲斐作太郎、母はウタ。喜与は、5人兄弟の次女であった。 喜与は、幼い頃から聡明で活発な少女であった。小学校を卒業後、宮城県女子師範学校に入学した。師範学校卒業後は、小学校の教員として働き始めた。 1928年(昭和3年)、喜与は、東京女子高等師範学校に入学した。同校卒業後は、女子美術学校の教員となった。 1933年(昭和8年)、喜与は、渡米した。アメリカ合衆国では、ニューヨーク州立大学バッファロー校で美術を学び、1936年(昭和11年)に美術修士号を取得した。 1937年(昭和12年)、喜与は、帰国した。帰国後は、女子美術学校の教員として働き続けた。 1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結した。戦後、喜与は、女子美術学校の校長に就任した。 1951年(昭和26年)、喜与は、女子美術大学に改組された女子美術学校の初代学長に就任した。 1959年(昭和34年)、喜与は、女子美術大学の学長を辞任した。 1977年(昭和52年)11月29日、喜与は、東京都中野区の自宅で死去した。享年76。 喜与は、日本の女子美術教育の発展に貢献した人物である。喜与の功績を称え、1981年(昭和56年)には、喜与の出身地である石巻市に「甲斐喜与記念館」が設立された。
歴史上の人物

塚本ふじの人生と功績

-塚本ふじの人となり- 塚本ふじは、1892年(明治25年)に長野県松本市に生まれました。旧姓は小池です。家計を助けるため、16歳の時に信濃毎日新聞社に入社しました。記者として活躍した後、1918年(大正7年)に塚本善隆と結婚し、塚本姓となりました。 塚本ふじは、結婚後も記者として働き続け、1924年(大正13年)には信濃毎日新聞の女性記者として初めて渡欧しました。ヨーロッパで見た女性の社会的地位の高さと、日本の女性の地位の低さに衝撃を受け、女性の地位向上を目指すようになりました。 1926年(大正15年)、塚本ふじは、日本の女性初の代議士である市川房枝らとともに、婦人参政権獲得運動を始めました。塚本ふじは、婦人参政権獲得のための講演会や座談会を全国各地で開催し、女性の政治参加の重要性を訴えました。 1946年(昭和21年)、塚本ふじは、念願の婦人参政権を獲得しました。1947年(昭和22年)には、日本の女性初の国会議員として衆議院議員に当選しました。塚本ふじは、国会議員として、女性の地位向上のための法律の制定や、女性の社会進出の促進に取り組みました。 塚本ふじは、1975年(昭和50年)に83歳で亡くなりました。しかし、塚本ふじの女性の地位向上への貢献は、今もなお語り継がれています。塚本ふじは、日本の女性の地位向上に大きな功績を残した偉大な女性です。
政治分野の人

– 藤田たき

-藤田たきの生涯- 藤田たきは、1893年(明治26年)1月24日、東京都日本橋区に生まれました。旧姓は石川たきです。父は石川岩吉、母は石川よねです。たきは、6人兄弟の末っ子でした。 たきは、10歳の時に、父が亡くなりました。母は、たきを女中奉公に出そうとしましたが、たきはこれを拒否しました。たきは、小学校を卒業した後、工場で働き始めました。 たきは、16歳の時に、藤田卯太郎と結婚しました。卯太郎は、たきより10歳年上の男性でした。卯太郎とたきは、東京で暮らしていました。 たきは、1913年(大正2年)に、第一子を授かりました。しかし、この子はすぐに亡くなりました。たきは、その後、4人の子を授かりましたが、そのうち3人は幼い頃に亡くなりました。 たきは、1937年(昭和12年)に、卯太郎が亡くなりました。たきは、その後、一人で子供を育て上げました。 たきは、1966年(昭和41年)に、老衰で亡くなりました。享年73歳でした。 たきは、生涯にわたって、貧困と差別の中で生きてきました。しかし、たきは、決して希望を捨てませんでした。たきは、子供たちのために、必死に働きました。そして、たきは、子供たちを立派に育て上げました。 たきは、強い意志と不屈の精神を持った女性でした。たきは、私たちに、どんな困難に直面しても、決して希望を捨ててはいけないということを教えてくれました。
歴史上の人物

広瀬勝代の生涯と功績

-広瀬勝代の生い立ちと若い頃- 広瀬勝代は、1887年(明治20年)10月20日、福島県二本松に生まれました。父親は、二本松藩士の広瀬武忠、母親は、岩代国の藩主であった松平容保の娘の敏子でした。勝代は、9人兄弟の5番目で、幼い頃は、二本松城の近くにある広瀬家の屋敷で育ちました。 勝代は、子供の頃から、活発で好奇心旺盛な性格でした。7歳の時に、二本松高等小学校に入学し、読書や絵を描くことを好みました。また、スポーツも得意で、特にテニスと水泳を得意としていました。 12歳の時、勝代は、東京の女子学院に入学しました。女子学院は、1888年に創立された、日本最初の女子校の一つであり、勝代は、そこで、英語や数学などの科目を学びました。また、勝代は、女子学院で、キリスト教に入信し、その後、一生涯、キリスト教徒として過ごしました。 18歳の時、勝代は、女子学院を卒業し、その後、しばらくの間、二本松で過ごしました。しかし、勝代は、二本松での生活に満足できず、20歳の時に、東京に戻り、聖路加国際病院の看護師養成学校に入学しました。 聖路加国際病院の看護師養成学校は、1889年に創立された、日本最初の看護師養成学校であり、勝代は、そこで、看護の基礎を学びました。また、勝代は、聖路加国際病院で、アメリカ人宣教師のアイリーン・カニンガムと出会い、カニンガムに大きな影響を受けました。 22歳の時、勝代は、聖路加国際病院の看護師養成学校を卒業し、その後、聖路加国際病院で看護師として働き始めました。勝代は、聖路加国際病院で、10年間、看護師として働き、多くの人々の命を救いました。
歴史上の人物

「富本一枝」

-青鞜社に参加し、「新しい女」として物議を醸す- 富本一枝は、1911年に青鞜社に参加し、「新しい女」として物議を醸した。青鞜社は、女性解放運動の精神から生まれた日本の女性初の文芸雑誌である。富本一枝は、青鞜社で活躍し、多くの記事や評論を発表した。 富本一枝は、青鞜社に参加した直後から、その活動的な言動や、自由奔放な生活スタイルで注目を集めた。富本一枝は、女性の権利を主張し、女性の社会進出を訴えた。また、恋愛や結婚についても、自由な考え方を示した。そんな富本一枝の考え方は、当時の日本の社会においては、非常に革新的なものであり、物議を醸した。 富本一枝は、青鞜社に参加したことで、「新しい女」として注目を集めた。富本一枝は、従来の女性像を打破し、新しい女性の生き方を模索した。富本一枝の活動は、日本の女性解放運動の発展に大きく貢献した。 富本一枝は、青鞜社に参加したことで、多くの反発も受けた。富本一枝の考え方は、当時の日本の社会においては、あまりにも進歩的であり、受け入れられにくいものであった。富本一枝は、多くの批判や中傷を浴びたが、それでも自分の信念を貫き通した。 富本一枝は、日本の女性解放運動の発展に大きく貢献した女性である。富本一枝の活動は、日本の女性たちの意識を変え、女性の社会進出を促した。富本一枝は、日本の女性解放運動の先駆者であり、その功績は高く評価されている。
政治分野の人

「駒井志づ子」

# 「駒井志づ子」 石川県出身の婦人運動家 駒井志づ子(1866-1941)は、明治時代から大正時代にかけて活躍した、石川県出身の婦人運動家です。女子教育、社会事業、平和運動など、さまざまな分野で女性の地位向上に尽力しました。 - 生い立ちと結婚 駒井志づ子は、1866年、石川県金沢市で生まれました。父親は、元加賀藩士の駒井重太郎、母親は、元加賀藩士の妻、駒井ちよでした。志づ子は、5人兄弟の末っ子でした。 志づ子は、1884年に18歳で結婚しました。夫は、石川県出身の医師、駒井竹太郎でした。竹太郎は、志づ子とは10歳年上でした。志づ子は、竹太郎との間に、10人の子供をもうけました。 - 女子教育への取り組み 志づ子は、結婚後、女子教育に力を入れ始めました。1896年、志づ子は、石川県金沢市に「駒井女学院」を創立しました。駒井女学院は、女子のための専門学校で、裁縫、料理、音楽、英語などの科目が教えられました。 駒井女学院は、多くの女子学生に人気を博し、創立からわずか数年で、生徒数は100人を超えました。志づ子は、駒井女学院の校長として、女子教育の普及に尽力しました。 - 社会事業への取り組み 志づ子は、女子教育に加えて、社会事業にも力を入れました。1899年、志づ子は、石川県金沢市に「駒井養老院」を創立しました。駒井養老院は、高齢者や障害者のための養護施設で、多くの高齢者や障害者に生活の場を提供しました。 駒井養老院は、石川県初の社会事業施設であり、志づ子の社会事業に対する熱意の表れでした。志づ子は、駒井養老院の院長として、社会事業の振興に努めました。 - 平和運動への取り組み 志づ子は、女子教育や社会事業に加えて、平和運動にも力を入れました。1914年、第一次世界大戦が勃発すると、志づ子は、石川県金沢市に「石川県婦人平和会」を結成しました。石川県婦人平和会は、戦争反対を訴える集会やデモ活動を行い、平和の実現を目指しました。 石川県婦人平和会は、多くの女性たちの支持を集め、会員数は1,000人を超えました。志づ子は、石川県婦人平和会の会長として、平和運動の推進に尽力しました。 - 晩年 志づ子は、1941年、75歳で死去しました。志づ子は、女子教育、社会事業、平和運動など、さまざまな分野で女性の地位向上に尽力した、偉大な婦人運動家でした。
歴史上の人物

農民運動に生涯を捧げた渋谷黎子の人生と功績

-激動の時代を駆け抜けた農民運動家- 渋谷黎子は、1900年、群馬県に生まれました。農業を営む家に生まれ、幼い頃から農民の生活の厳しさを知っていました。1920年、日本大学に入学し、農民運動に目覚めます。1922年、日本農民組合に加盟し、農民運動のリーダーとして活躍しました。 渋谷黎子は、農民の生活改善のために尽力しました。農民の権利を主張し、地主や政府と交渉を重ねました。また、農民の教育にも力を入れ、農民学校を開設しました。 1931年、渋谷黎子は治安維持法違反で逮捕され、投獄されました。しかし、釈放後も農民運動を続けました。1945年、日本が敗戦し、農地改革が行われます。渋谷黎子は、農地改革に積極的に参加し、農民の土地所有を支援しました。 戦後、渋谷黎子は農民運動を続けました。農民の生活改善のために尽力し、農民の権利を主張しました。1960年、渋谷黎子は日本農民組合の委員長に就任しました。1980年、渋谷黎子は亡くなりました。 渋谷黎子は、農民運動に生涯を捧げた農民運動家でした。農民の生活改善のために尽力し、農民の権利を主張しました。渋谷黎子の功績は、現在も農民運動に影響を与えています。
政治分野の人

vol.1 → 神近 市子

-青鞜社に参加し、ジャーナリストとして活躍- 神近 市子は、1883年(明治16年)に埼玉県に生まれました。1901年(明治34年)に日本女子大学校に入学し、英文科を専攻しました。神近は、在学中に平塚らいてうらの影響を受けて、女性解放運動に興味を持ち始めました。1903年(明治36年)に日本女子大学校を卒業後、神近は青鞜社に参加しました。青鞜社は、平塚らいてうらが主宰する女性解放運動団体で、神近は青鞜社発行の雑誌『青鞜』の記者として活動しました。 神近は、『青鞜』に多くの記事を寄稿し、女性の権利や社会的地位向上を訴えました。また、神近は、青鞜社主催の講演会やシンポジウムにも参加し、積極的に女性解放運動を推進しました。1911年(明治44年)には、神近は『青鞜』の編集長に就任し、雑誌の編集に携わりました。 1916年(大正5年)に、青鞜社は解散しましたが、神近はその後もジャーナリストとして活躍を続けました。神近は、1918年(大正7年)に『婦人公論』の記者として入社し、1922年(大正11年)には同誌の編集長に就任しました。神近は、『婦人公論』に多くの記事を寄稿し、女性の権利や社会的地位向上を訴え続けました。 神近は、1945年(昭和20年)に第二次世界大戦が終結するまでジャーナリストとして活躍しました。戦後は、神近は、日本国憲法の制定に携わり、1946年(昭和21年)に制定された日本国憲法には、神近が提案した男女平等の条項が盛り込まれました。神近は、1952年(昭和27年)に死去しましたが、その功績は現在でも高く評価されています。