学士院賞

学術分野の人

福井県出身の電気工学者 横山英太郎の生涯 – 明治から昭和時代の足跡をたどる

-電気試験所での研究とTYK式無線電話機の開発- 横山英太郎は、1892年(明治25年)に東京帝国大学工科大学電気工学科を卒業後、逓信省電気試験所に入所した。電気試験所では、無線電信の研究に従事し、1899年(明治32年)には、国産初の無線電信機を完成させた。その功績により、横山は1903年(明治36年)に工学博士の学位を授与された。 1904年(明治37年)、日露戦争が勃発すると、横山は陸軍に招集され、無線電信隊の隊長として従軍した。横山は、無線電信を駆使して、戦場の情報を迅速に伝達し、日本の勝利に貢献した。 日露戦争後、横山は電気試験所に復職し、引き続き無線電信の研究を続けた。1908年(明治41年)、横山は、無線電話機の開発に成功した。この無線電話機は、TYK式無線電話機と呼ばれ、世界初の商用無線電話機として大きな注目を集めた。TYK式無線電話機は、1910年(明治43年)に開催された日英博覧会で展示され、大きな反響を呼んだ。 TYK式無線電話機の開発は、日本の無線通信技術の発展に大きな貢献をした。横山は、この功績により、1918年(大正7年)に帝国学士院会員に選出された。横山は、その後も電気試験所で研究を続け、1924年(大正13年)に電気試験所長に就任した。横山は、電気試験所長として、電気試験所の発展に尽力し、1930年(昭和5年)に退官した。 横山は、1939年(昭和14年)に逝去したが、その功績は今もなお高く評価されている。横山は、日本の無線通信技術の発展に大きな貢献をした偉大な電気工学者である。
学術分野の人

大越孝敬氏-光ファイバー通信のパイオニア

- 大越孝敬氏-光ファイバー通信のパイオニア -# 光ファイバー通信のパイオニア-大越孝敬 大越孝敬氏は、1930年、広島県に生まれました。東京大学工学部電気工学科を卒業後、1955年に日本電信電話公社(現NTT)に入社しました。 大越氏は、1960年代初頭から光ファイバー通信の研究を開始しました。光ファイバー通信とは、光ファイバーと呼ばれるガラス繊維を使用して情報を伝送する通信方式です。光ファイバーは、従来の電線よりもはるかに細いにもかかわらず、はるかに多くの情報を伝送することができるため、将来の通信技術として大きな期待が寄せられていました。 しかし、光ファイバー通信の研究は、当初は困難を極めました。光ファイバーは、非常に繊細で、光を伝送する際に損失が生じやすかったのです。また、光ファイバーを製造する技術も未発達で、量産化することが難しかったのです。 大越氏は、これらの困難を解決するために、光ファイバーの製造技術の改良や、光ファイバーを保護するための新しいケーブルの開発に取り組みました。また、光ファイバーを伝送する光信号を増幅する技術の研究も行いました。 大越氏の努力により、光ファイバー通信の技術は大きく進歩し、1980年代には、光ファイバー通信の実用化に成功しました。光ファイバー通信は、瞬く間に普及し、現在では、世界中で使用されています。 光ファイバー通信の実用化により、大容量・高速な通信が可能になり、インターネットの普及や、モバイル通信の発展に大きく貢献しました。大越氏は、光ファイバー通信のパイオニアとして、通信技術の発展に多大な貢献をした人物です。
学術分野の人

平塚直秀 – 昭和・平成期の植物病理学者

-平塚直秀の経歴と業績- 平塚直秀は、1887年(明治20年)1月15日に新潟県高田市(現上越市)に生まれた。1907年(明治40年)に東京帝国大学農科大学農学部を卒業し、農商務省農事試験場勤務となった。1911年(明治44年)にアメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で学び、1913年(大正2年)に帰国した。 帰国後は、農商務省農事試験場に戻り、植物病理学の研究を続けた。1914年(大正3年)には、稲のイモチ病の病原菌を発見し、その病名を「イモチ病菌」と命名した。1915年(大正4年)には、稲の穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を「穂発芽病菌」と命名した。 1917年(大正6年)には、東京帝国大学農科大学農学部教授に就任し、1937年(昭和12年)までその職にあった。その間、1924年(大正13年)には、日本植物病理学会を設立し、その初代会長に就任した。1925年(大正14年)には、農学博士の学位を取得した。 1937年(昭和12年)には、東京帝国大学を退官し、日本大学教授に就任した。1945年(昭和20年)には、帝国学士院会員に選出された。1951年(昭和26年)には、日本学士院賞を受賞した。 1952年(昭和27年)10月2日に東京都で死去した。享年66歳。 平塚直秀は、日本の植物病理学の分野で活躍した先駆者の一人である。稲のイモチ病や穂発芽病の病原菌を発見し、その病名を命名したことは、植物病理学の分野で大きな功績を残したと言える。また、日本植物病理学会の設立や、日本学士院賞の受賞など、日本の植物病理学の発展に貢献した。
学術分野の人

廣川信隆-細胞の形作りの分子機構の解明

-急速凍結電子顕微鏡法の開発- 生物学の研究において、研究対象となる細胞や分子の構造を解明することは重要である。そのために、電子顕微鏡が用いられている。しかし、電子顕微鏡は、乾燥した試料を観察する必要があり、生きた細胞や分子の構造をそのまま観察することはできなかった。 廣川信隆氏は、生きた細胞や分子の構造をそのまま観察できる急速凍結電子顕微鏡法を開発した。この方法は、試料を急速に凍結させ、凍結させた試料を電子顕微鏡で観察するというものである。 急速凍結電子顕微鏡法は、生きた細胞や分子の構造をそのまま観察できることから、生物学の研究に大きな貢献をしている。この方法を用いて、神経細胞の構造や、細胞分裂の仕組みなど、様々な生物学的な現象が解明されてきた。 さらに、廣川信隆氏は、急速凍結電子顕微鏡法を改良し、時間分解能を向上させた。この改良により、生きた細胞や分子の動きをリアルタイムで観察することが可能になった。 時間分解能を向上させた急速凍結電子顕微鏡法は、細胞の動きを解析するのに役立っている。この方法を用いて、細胞が移動する仕組みや、細胞分裂の仕組みなどが解明されてきた。 廣川信隆氏が開発した急速凍結電子顕微鏡法は、生物学の研究に大きな貢献をしている。この方法を用いて、様々な生物学的な現象が解明され、生物学の進歩に貢献している。
学術分野の人

仁田勇(1899-1984)

-理化学研究所- 仁田勇は、1925年に理化学研究所に入所しました。理化学研究所は、1917年に設立された日本の国立研究機関であり、理学、工学、生命科学、医学などの幅広い分野の研究を行っています。仁田は、理化学研究所において、クロム酸の電解について研究を行い、1928年に博士号を取得しました。 1930年に、仁田は理化学研究所の助教授に昇進しました。そして、1932年に、仁田は理化学研究所の教授に昇進しました。仁田は、理化学研究所において、電磁気学、原子物理学、量子力学などの分野の研究を行いました。 1940年に、仁田は理化学研究所の所長に就任しました。仁田は、理化学研究所の所長として、理化学研究所の研究体制の強化を図りました。また、仁田は、理化学研究所の研究成果を社会に還元するために、理化学研究所の広報活動にも力を入れていました。 1945年に、仁田は理化学研究所の所長を辞任しました。しかし、仁田は、その後も理化学研究所の研究者として活躍を続けました。仁田は、1984年に亡くなりましたが、彼の研究成果は、現在でも多くの分野で活用されています。
学術分野の人

土居養二 – 植物病理学者

-土居養二の功績- 土居養二は、植物病理学の分野において多くの功績を残した。その中でも特に重要なものとしては、以下の3つが挙げられる。 -1. 馬鈴薯疫病の防疫法の確立- 土居養二は、馬鈴薯疫病の防疫法を確立した。馬鈴薯疫病は、馬鈴薯を枯死させる病気であり、当時は世界中で大流行していた。土居養二は、馬鈴薯疫病の原因となる菌を特定し、その菌を駆除する方法を開発した。この方法は、馬鈴薯疫病の蔓延を食い止めることに成功し、大きな被害を防止した。 -2. 病害虫の防除法の開発- 土居養二は、病害虫の防除法を開発した。病害虫は、農作物に被害を与える生物であり、当時は大きな問題となっていた。土居養二は、病害虫の生態を調査し、その弱点を利用した防除法を開発した。この方法は、病害虫の被害を軽減することに成功し、農作物の生産量を増加させた。 -3. 植物病理学の教育・研究の振興- 土居養二は、植物病理学の教育・研究の振興に尽力した。土居養二は、東京帝国大学に植物病理学教室を設立し、多くの学生を育てた。また、土居養二は、植物病理学に関する多くの著書を執筆し、植物病理学の普及に貢献した。 土居養二の功績は、世界中の農業に大きな影響を与えた。土居養二の研究成果は、今日でも活用されており、多くの農作物を病害虫から守っている。
学術分野の人

野島庄七 – 昭和後期から平成時代の生化学者

*国立予防衛生研究所化学部長としての業績* 野島庄七は、1982年から1987年まで国立予防衛生研究所の化学部長を務めました。この間、同研究所の化学部門の研究活動を活性化し、多くの重要な成果を上げました。 その一つは、細菌やウイルスなどの病原体の検出・同定技術の開発です。野島は、従来の培養法や血清学的検査法に加え、新しい分子生物学的検査法を導入し、より迅速かつ正確な病原体の検出を可能にしました。 また、野島は、環境中の化学物質の分析・評価にも力を入れていました。当時、環境汚染が社会問題化しており、環境中の有害物質を迅速かつ正確に測定する技術が求められていました。野島は、環境中の化学物質を分析する新しい機器や方法を開発し、環境汚染の監視・評価に貢献しました。 さらに、野島は、食品や医薬品の安全性評価にも取り組んでいました。食品や医薬品の中には、人体に有害な物質が含まれていることがあり、その安全性評価は重要です。野島は、食品や医薬品の安全性評価のための新しい試験法や基準を開発し、国民の健康を守ることに貢献しました。 このように、野島は、国立予防衛生研究所の化学部長として、多くの重要な研究成果を上げ、国民の健康を守ることに貢献しました。
文学分野の人

斎藤茂吉→ 偉大な歌人と医師の人生

-没後70年、斎藤茂吉の生涯を振り返る- 斎藤茂吉は、1882年11月10日に山形県東置賜郡高畠町で生まれました。1903年に東京帝国大学医科大学に入学し、1908年に卒業しました。卒業後は、山形県内の病院で勤務した後、1912年に上京し、東京帝国大学医学部の助手となりました。1914年には、同大学の講師に就任しました。 斎藤茂吉は、1915年に歌集「赤光」を出版し、歌壇にデビューしました。この歌集は、ロマン主義的な作風で、与謝野晶子や石川啄木など当時の歌人に高く評価されました。斎藤茂吉は、その後も「あらたま」「パンの会」などの歌集を出版し、短歌界をリードする歌人として活躍しました。 斎藤茂吉は、歌人として活躍する一方で、医師としての活動も続けていました。1921年に、東京帝国大学医学部の教授に就任し、1927年には、同大学の部長に就任しました。斎藤茂吉は、神経学の分野で多くの研究を行い、日本の神経学の発展に貢献しました。 斎藤茂吉は、1945年4月29日に、東京都杉並区の自宅で亡くなりました。享年62歳でした。斎藤茂吉の死は、歌壇に大きな衝撃を与え、多くの歌人がその死を悼みました。 斎藤茂吉は、偉大な歌人と医師でした。彼の作品は、日本の近代文学に大きな影響を与え、現在でも多くの人々に親しまれています。また、彼の医学的な研究は、日本の神経学の発展に貢献しました。斎藤茂吉は、日本の文化に多大な功績を残した偉人です。
学術分野の人

渡辺恵弘:造船工学のパイオニア

-渡辺恵弘造船工学のパイオニア- -渡辺恵弘の経歴と業績- 渡辺恵弘は、1896年(明治29年)に現在の広島県呉市に生まれた。1917年(大正6年)に東京帝国大学工学部造船学科を卒業後、三菱重工業に入社した。三菱重工業では、造船部門の技術者として活躍し、1939年(昭和14年)に造船部長に就任した。 渡辺恵弘は、造船工学の分野で数々の業績を挙げた。その中でも特に有名なのが、戦艦「大和」の設計である。大和は、第二次世界大戦中に日本海軍が建造した戦艦で、世界最大の戦艦として知られている。渡辺恵弘は、大和の設計に携わり、その高い技術力を発揮した。 また、渡辺恵弘は、超大型タンカーの設計にも携わった。超大型タンカーは、原油や石油製品を大量に輸送するための船舶で、1960年代以降に急速に普及した。渡辺恵弘は、超大型タンカーの設計に携わり、その建造技術の確立に貢献した。 渡辺恵弘は、1964年(昭和39年)に三菱重工業を退職し、東京大学教授に就任した。東京大学では、造船工学の研究・教育に携わり、多くの後進を育成した。渡辺恵弘は、1981年(昭和56年)に死去したが、その業績は現在も高く評価されている。 渡辺恵弘は、造船工学の分野で数々の業績を挙げた偉大な人物である。その功績は、現在も日本の造船業界において高く評価されている。
その他

青木延雄 – 医学研究の功績と学術的貢献

-青木延雄の生涯と経歴- 青木延雄は、1884年(明治17年)1月15日に山口県で生まれました。父は医師で、母は教育者でした。青木延雄は幼い頃から学問に興味を持ち、地元の小学校を卒業後、山口県立山口中学校(現・山口県立山口高等学校)に進学しました。山口県立山口中学校では、理系科目で優れた成績を収め、東京帝国大学(現・東京大学)医学部に進学しました。 青木延雄は、1909年(明治42年)に東京帝国大学医学部を卒業し、同大学の助手となりました。助手として、細菌学を研究し、1913年(大正2年)に学位を取得しました。その後、青木延雄は、ドイツに留学し、ベルリン大学で細菌学と免疫学を学びました。1918年(大正7年)に日本に帰国し、東京帝国大学医学部の教授に就任しました。 青木延雄は、東京帝国大学医学部の教授として、細菌学と免疫学を研究し、多くの重要な業績をあげました。青木延雄の業績の中でも最も有名なのは、赤痢菌の研究です。青木延雄は、赤痢菌の菌体構造を明らかにし、また、赤痢菌に対する抗体を発見しました。この研究により、青木延雄は、赤痢の治療法の開発に大きく貢献しました。 青木延雄は、赤痢菌の研究以外にも、チフス菌やコレラ菌の研究にも貢献しました。また、青木延雄は、免疫学の研究にも取り組んでおり、抗体の性質を明らかにしました。青木延雄の研究は、医学の発展に大きく貢献し、青木延雄は、日本の医学研究のパイオニアの一人として知られています。 青木延雄は、1962年(昭和37年)11月1日に死去しました。
学術分野の人

「国分正胤」1913-2004 コンクリート工学の研究者

-コンクリート工学の研究者 - 国分正胤- 国分正胤は、1913年12月25日に大阪府大阪市で生まれ、2004年8月3日に京都府京都市で亡くなった日本のコンクリート工学の研究者です。 国分は、1937年に東京帝国大学工学部土木工学科を卒業し、1941年に東京帝国大学大学院を修了しました。その後、東京帝国大学工学部助手、京都大学工学部助教授、京都大学工学部教授を歴任しました。 国分の研究は、主にコンクリートの物理的および化学的性質に関するものでした。彼は、コンクリートの強度、耐久性、および変形特性を研究し、コンクリートの品質を向上させるためのさまざまな方法を開発しました。国分の研究は、コンクリート工学の発展に大きく貢献しました。 国分は、1964年に日本コンクリート工学協会会長に就任し、1968年に国際コンクリート連合会長に就任しました。また、1981年には文化功労者にも選ばれました。 国分の研究は、コンクリート工学の発展に大きく貢献し、彼の業績は今日でも高く評価されています。
学術分野の人

「木村孟」

- 木村孟の経歴 木村孟は、1996年4月12日に北海道函館市で生まれた。2009年、13歳の時に函館大学付属千代台中学校を卒業し、函館ラ・サール高等学校に進学した。函館ラ・サール高等学校在学中は、野球部に所属し、投手として活躍。高校通算23勝を挙げ、全国高等学校野球選手権大会にも出場した。 2015年、函館ラ・サール高等学校を卒業し、東北楽天ゴールデンイーグルスに入団。入団1年目は、イースタン・リーグで12勝4敗、防御率2.86の成績を残し、新人王に輝いた。2016年は、一軍で14試合に登板し、2勝5敗、防御率4.85の成績を残した。 2017年は、一軍で20試合に登板し、7勝5敗、防御率3.48の成績を残した。2018年は、一軍で23試合に登板し、10勝7敗、防御率3.69の成績を残した。2019年は、一軍で24試合に登板し、12勝5敗、防御率3.26の成績を残した。 2020年は、一軍で16試合に登板し、6勝4敗、防御率3.59の成績を残した。2021年は、一軍で18試合に登板し、8勝5敗、防御率3.38の成績を残した。2022年は、一軍で15試合に登板し、4勝6敗、防御率4.76の成績を残した。 木村孟は、右投げ右打ちの投手。身長180cm、体重78kg。ストレートの最速は151km/h。変化球はスライダー、カーブ、チェンジアップ、フォークボールを投げる。
学術分野の人

– 「速水融」経済史・歴史人口学の大家

-速水融の生い立ちと経歴- 速水融は、1927年(昭和2年)9月27日に、兵庫県神戸市に生まれた。速水家は、代々神戸で海運業を営む家で、速水は三男であった。速水は、神戸一中(現・神戸高校)を卒業後、1949年(昭和24年)に東京大学経済学部に入学した。速水は、大学では経済史を専攻し、1953年(昭和28年)に卒業した。 卒業後は、東京大学経済学部助手となり、1957年(昭和32年)に助教授に昇進した。1962年(昭和37年)には、東京大学経済学部教授に昇進し、1988年(昭和63年)までこの職を務めた。速水は、東京大学教授在任中に、1974年(昭和49年)から1976年(昭和51年)まで経済学部長、1986年(昭和61年)から1988年(昭和63年)まで東京大学総長を務めた。 速水は、経済史・歴史人口学の大家として知られ、多くの業績を残した。速水の研究は、日本の経済史、特に明治維新以降の経済発展に関する研究が中心であった。速水は、日本の経済発展の原動力となったのは、明治政府による殖産興業政策ではなく、民間の企業家精神によるものであると主張した。また、速水は、日本の経済発展には、人口増加が大きな役割を果たしたと主張した。速水の研究は、日本の経済史研究に大きな影響を与えた。 速水は、学問的業績だけでなく、社会貢献活動でも活躍した。速水は、1989年(平成元年)に日本学術会議会長に就任し、1993年(平成5年)まで務めた。また、速水は、1994年(平成6年)から2001年(平成13年)まで総理府臨時行政調査会会長を務めた。 速水は、2002年(平成14年)9月28日に、75歳で亡くなった。
学術分野の人

「大村裕」

-大村裕の生涯- -若き日の大村裕- 大村裕は、1901年10月18日、東京に生まれた。父は陸軍軍人の大村文武、母は豊子。裕は、6人兄弟の3番目だった。 裕は、幼い頃から聡明で、勉強熱心だった。慶應義塾普通部を卒業後、慶應義塾大学文学部に進学。大学では、英文学を専攻し、卒業後は、新聞社に就職した。 -新聞記者として- 裕は、新聞社で、記者として活躍した。裕は、事件や事故を正確に報道し、人々の信頼を得た。1923年、関東大震災が発生すると、裕は、被災地を回り、被災者の声を報道した。 -小説家として- 1925年、裕は、新聞社を退職し、小説家として活動を開始した。裕は、短編小説や長編小説を執筆し、多くの作品を発表した。裕の作品は、そのリアリティと人間洞察によって高く評価された。 -第二次世界大戦中- 第二次世界大戦中、裕は、戦地特派員として従軍した。裕は、戦場の様子を克明に報道し、人々に戦争の悲惨さを伝えた。裕は、戦地で被弾して負傷したが、奇跡的に助かった。 -戦後- 戦後、裕は、小説家として活動を再開した。裕は、戦後の混乱と復興の様子を描き、人々に希望を与えた。裕の作品は、多くの読者に支持され、ベストセラーとなった。 -晩年- 裕は、1995年10月24日、肺炎のため、東京で死去した。享年94歳だった。裕は、その生涯を、新聞記者や小説家として活躍し、人々に情報を伝え、希望を与えた。 裕は、日本の文学界に大きな功績を残した偉大な作家である。裕の作品は、今もなお多くの人々に読み継がれている。
学術分野の人

神田信夫 – 東洋史学者

-# 神田信夫の生涯と業績 神田信夫は、1909年12月3日に東京に生まれました。1934年に東京帝国大学文学部東洋史学科を卒業後、東京高等師範学校助手、奈良女子高等師範学校教授、東京大学文学部教授を歴任しました。1970年に定年退官後、拓殖大学教授に就任しました。1996年11月23日に86歳で亡くなりました。 神田信夫は、主として宋代の経済史を研究しました。その業績は、宋代の商業の発展、貨幣経済の成立、都市文化の興隆など、宋代経済のさまざまな側面を明らかにしたものです。また、神田は、宋代の社会や政治についても多くの研究を行い、宋代の社会構造や政治制度を明らかにしました。 神田信夫の研究は、宋代経済史研究の基礎を築き、宋代史研究全般に大きな影響を与えました。神田の研究は、宋代だけでなく、中国経済史全体の発展を理解するうえでも重要なものとされています。 神田信夫の主な著作には、以下のようなものがあります。 * 『宋代の商業と都市』 (1942年) * 『宋代の経済史研究』 (1950年) * 『中国経済史研究』 (1957年) * 『宋代社会史研究』 (1963年) * 『宋代政治史研究』 (1971年) 神田信夫は、宋代史研究の第一人者として、その研究業績が高く評価されています。神田の研究は、宋代だけでなく、中国経済史全体の発展を理解するうえでも重要なものとされています。
学術分野の人

古賀逸策 – 昭和時代の電気通信工学者

-電気通信工学の発展に貢献した古賀逸策- 古賀逸策は、1926年(大正15年)に福岡県に生まれ、1951年(昭和26年)に東京大学工学部電気工学科を卒業しました。卒業後は、逓信省電気試験所に入所し、通信ケーブルの研究開発に従事しました。 古賀は、通信ケーブルの研究開発に大きな功績を残しました。1962年(昭和37年)には、光ファイバーケーブルの研究を開始し、1974年(昭和49年)には、世界で初めて光ファイバーケーブルによる電話伝送実験に成功しました。この功績により、古賀は1975年(昭和50年)に紫綬褒章を受章しました。 光ファイバーケーブルの研究開発に加えて、古賀は通信衛星の研究開発にも貢献しました。1977年(昭和52年)には、電気試験所の通信衛星研究室長に就任し、通信衛星の打ち上げや通信実験を指揮しました。1984年(昭和59年)には、通信衛星「さくら3号」の打ち上げに成功し、日本の通信衛星技術の確立に貢献しました。 古賀は、1986年(昭和61年)に電気試験所を退職した後も、通信技術の研究開発に携わり続けました。1990年(平成2年)には、財団法人通信ネットワーク技術研究所の理事長に就任し、通信ネットワークの研究開発を推進しました。1996年(平成8年)には、情報通信研究機構の理事長に就任し、情報通信技術の研究開発を推進しました。 古賀は、2002年(平成14年)に亡くなりましたが、その功績は今日でも高く評価されています。古賀の研究開発した通信技術は、日本の通信インフラの整備に大きく貢献し、日本の経済発展に寄与しました。古賀は、日本の電気通信工学の発展に貢献した偉大な技術者です。
学術分野の人

伊勢典夫 – 高分子化学の巨人

-伊勢典夫の研究と功績- 伊勢典夫は、高分子化学の分野で偉大な業績を残した日本の化学者です。1922年に東京生まれ。1949年に東京大学工学部を卒業し、同大学院に進学しました。1953年に東京大学で工学博士号を取得した後は、東京大学工学部教授を務めました。1992年に定年退職するまで、同大学で高分子化学の研究を続けました。 伊勢典夫の研究と功績は、高分子化学のさまざまな分野に及びます。中でも重要視されるのが、高分子合成に関する研究です。伊勢典夫は、高分子を合成するための新しい反応や触媒を開発し、高分子の分子量や分子量分布を制御する方法を確立しました。これらの研究成果は、高分子材料の性能を向上させ、高分子材料の新しい応用分野を切り拓くことに貢献しました。 また、伊勢典夫は高分子の構造と物性に関する研究も行いました。伊勢典夫は、高分子の構造と物性がどのように関連しているかを調べ、高分子の物性を制御する方法を開発しました。これらの研究成果は、高分子材料の性能を向上させ、高分子材料の新しい応用分野を切り拓くことに貢献しました。 さらに、伊勢典夫は高分子の機能化に関する研究も行いました。伊勢典夫は、高分子に新しい機能を付加する方法を開発し、高分子材料の新しい応用分野を切り拓きました。例えば、伊勢典夫は、高分子に光機能を付加する方法を開発し、光学材料やディスプレイ材料としての高分子材料の応用を可能にしました。 伊勢典夫の研究と功績は、高分子化学の分野に大きな影響を与え、高分子材料の性能を向上させ、高分子材料の新しい応用分野を切り拓くことに貢献しました。伊勢典夫は、日本のみならず世界の高分子化学の発展に寄与した偉大な化学者です。 伊勢典夫の研究と功績は、数多くの賞や栄誉で認められています。1989年には、日本学士院賞を受賞しています。1996年には、アメリカ化学会からCentenary Award for Innovation in Chemical Scienceを受賞しています。また、伊勢典夫は、国際高分子学会の創立メンバーの一人で、同学会の名誉会員に選ばれています。 伊勢典夫は、2015年に亡くなりましたが、その研究と功績は、高分子化学の分野で今もなお受け継がれています。伊勢典夫は、高分子化学の巨人として、今後も長く語り継がれるでしょう。
学術分野の人

岩生成一 – 昭和を彩った日本史学者

-岩生成一の生涯と功績- 岩生成一(いわなり せいいち、1897年7月19日 - 1979年3月16日)は、日本の歴史学者。専門は日本中世史。学位は、文学博士(京都帝国大学・1943年)。京都大学名誉教授。 -幼少期と学生時代- 岩生成一は、1897年7月19日に岐阜県安八郡加納町(現・大垣市)に生まれた。幼少期に父を亡くし、母と兄によって育てられた。1918年に岐阜県立大垣中学校を卒業し、1922年に京都帝国大学文学部国史学科を卒業した。 -研究者としての歩み- 大学卒業後は、京都帝国大学文学部助手として勤務。1926年に「鎌倉幕府成立過程の研究」で文学博士号を取得。1928年に京都帝国大学助教授、1936年に教授に昇進した。1943年に「日本中世史の研究」で文学博士号を取得。 -主な業績- 岩生成一の主な業績は、日本中世史に関する研究である。特に、鎌倉幕府の成立過程や、室町幕府の政治制度、戦国時代の動乱などについて、多くの研究を発表した。 また、岩生成一は、京都大学史学科の創設に尽力した。1948年に京都大学史学科が創設されると、その初代学科長に就任した。 -受賞歴と栄誉- 岩生成一は、1956年に文化勲章を受章した。また、1960年に京都大学名誉教授となり、1965年には日本学士院会員に選出された。 -死去- 岩生成一は、1979年3月16日に京都市内で死去した。享年81。
学術分野の人

米原正義

-大見出し- 米原正義 -小見出し- 戦国時代の武士と文化を研究 米原正義(よねはら・まさよし)は、戦国時代の武士と文化を研究する歴史学者です。1950年に生まれ、東京大学文学部を卒業後、同大学院で博士号を取得しました。現在は、東京大学教授を務めています。 米原氏の研究は、戦国時代の武士の生活や思想、文化に焦点を当てています。特に、戦国時代の武士がどのようにして生き残ったのか、戦国時代の武士がどのような文化を創造したのか、という点に興味を持っています。 米原氏の研究は、戦国時代の武士と文化についての理解を深めるために大きな貢献をしています。米原氏の研究は、戦国時代の武士がどのようにして生き残ったのか、戦国時代の武士がどのような文化を創造したのか、という点について多くの新しい知見を提示しました。 また、米原氏の研究は、戦国時代の武士と文化について一般の人々に広く知ってもらうために役立っています。米原氏は、戦国時代の武士と文化についての多くの著作を発表しており、それらの著作は、一般の人々にも読みやすいものとなっています。 米原氏の研究は、戦国時代の武士と文化についての理解を深めるために、そして戦国時代の武士と文化について一般の人々に広く知ってもらうために、大きな貢献をしています。
学術分野の人

井上吉之 – 昭和時代の農芸化学者

- 京都高等蚕糸教授から京都帝大教授へ 井上吉之は、1914年(大正3年)に京都高等蚕糸学校教授に任命され、1916年(大正5年)には京都帝国大学農学部教授に昇進しました。京都高等蚕糸学校では、蚕糸学を専門とし、桑葉の栄養素と蚕の成長の関係、蚕の病害虫の研究などに取り組みました。 京都帝国大学農学部では、応用化学科を担当し、食品化学、栄養学、生化学などの講義を行いました。また、研究室では、米や小麦などの穀類の栄養素の分析、食品の保存方法の研究などに取り組みました。 井上吉之は、食品化学と栄養学の分野で多くの功績を残しました。1924年(大正13年)には、日本で初めて「栄養学」という用語を用いて、栄養学の重要性を説きました。また、1935年(昭和10年)には、日本初の栄養学の専門誌である「栄養学雑誌」を創刊しました。 井上吉之は、1941年(昭和16年)に京都帝国大学を退官しましたが、その後も研究を続けました。1949年(昭和24年)には、日本農芸化学会の会長に就任し、日本の農芸化学の発展に貢献しました。 井上吉之は、1961年(昭和36年)に82歳で亡くなりました。
学術分野の人

杉山正明-東洋史学者

杉山正明の経歴 杉山正明は、1885年(明治18年)に滋賀県大津市に生まれた。1909年(明治42年)に東京帝国大学史学科を卒業し、1911年(明治44年)に東京帝国大学助教授に就任した。1916年(大正5年)に東京帝国大学教授に昇進し、1921年(大正10年)に東京帝国大学総長に就任した。 杉山正明は、1925年(大正14年)に東京帝国大学を退官し、1926年(昭和元年)に東洋文庫を設立した。東洋文庫は、東洋に関する図書や資料を収集・保存・公開する機関であり、東洋学の研究拠点として重要な役割を果たしている。 杉山正明は、1945年(昭和20年)に死去した。享年60歳。杉山正明は、東洋史学の研究に多大な貢献をした学者であり、東洋文庫の設立者として、東洋学の発展に大きな功績を残した。 杉山正明の主な著作には、以下のものがある。 ・『東洋史学概論』(1923年) ・『東洋史研究』(1926年) ・『東洋史論集』(1934年) ・『東洋文化史』(1940年)
学術分野の人

諸星静次郎(1914年-2001年)

蚕糸学者の歩み 諸星静次郎は、1914年10月23日に福島県信夫郡喜多方町(現在の喜多方市)に生まれました。彼は、東北帝国大学農学部蚕糸学科に入学し、1939年に卒業しました。その後、東北帝国大学農学部蚕糸学科の助手として勤務し、1944年に助教授に昇進しました。そして、1948年に東北大学農学部蚕糸学科の教授に就任しました。 諸星静次郎は、蚕糸学の研究において、特に蚕の育種と養殖の分野で優れた業績を残しました。彼は、蚕の育種において、二元交配法を開発し、蚕の生産性を飛躍的に向上させました。また、養殖においては、桑園の合理化と蚕室の近代化を推進し、蚕の生産コストを大幅に削減しました。 諸星静次郎は、蚕糸学の研究だけでなく、蚕糸業の振興にも尽力しました。彼は、日本蚕糸学会の会長や日本蚕糸業連合会の会長を務め、蚕糸業の発展に大きく貢献しました。また、海外の蚕糸学者との交流にも積極的に取り組み、国際的な蚕糸学の発展に貢献しました。 諸星静次郎は、1991年に東北大学を定年退職し、名誉教授となりました。その後も、蚕糸学の研究を続け、多くの業績を残しました。彼は、2001年12月3日に87歳で亡くなりました。 諸星静次郎は、蚕糸学の発展に大きく貢献した偉大な蚕糸学者でした。彼の業績は、今日の蚕糸業の発展に大きくつながっています。
学術分野の人

「木下実」

木下実の経歴と研究 木下実の経歴 木下実は、1911年9月24日に三重県に生まれました。旧制第一高等学校を卒業後、1931年に東京大学理学部化学科に入学しました。1935年に東京大学を卒業後、同大学理学部助手となりました。1939年に東京大学理学部助教授に就任しました。1943年に東京大学理学部教授に就任しました。1961年に東京大学総長に就任しました。1967年に東京大学総長を退任しました。1968年に日本学術会議会長に就任しました。1970年に日本学術会議会長を退任しました。1975年に亡くなりました。 木下実の研究 木下実は、1930年代に有機合成化学の研究を始めました。1939年に、芳香族置換反応の新しい方法を開発しました。この方法は、後に「木下反応」と呼ばれるようになりました。木下反応は、有機合成化学において広く使用されている方法です。1940年代に、木下実は天然物化学の研究を始めました。1943年に、イソペントラエノールという新しい天然物を発見しました。イソペントラエノールは、ビタミンAの合成中間体として重要な物質です。1950年代に、木下実は酵素化学の研究を始めました。1955年に、アルドラーゼという新しい酵素を発見しました。アルドラーゼは、糖質の分解に関与する酵素です。木下実は、アルドラーゼの構造と機能を研究しました。 木下実の研究は、有機合成化学、天然物化学、酵素化学の発展に大きく貢献しました。木下実は、日本の化学界を代表する研究者の一人です。
学術分野の人

法学者米谷隆三

米谷隆三の生い立ちと経歴 法学者米谷隆三は、明治42年11月2日、埼玉県浦和市に生まれた。家は代々農業を営んでいたが、父隆雄は、早稲田大学に入学し、弁護士になった。隆三は、父と母タマの間に次男として生まれ、兄と妹がいた。 隆三は、浦和市立高砂尋常小学校に入学し、成績優秀だった。その後、浦和市立浦和中学校に進学し、さらに、東京帝国大学法学部に進学した。大学時代は、民法を専攻し、後に民法学の大家として知られるようになった末川博を師と仰いだ。 昭和15年、東京帝国大学法学部を卒業し、司法試験に合格した。その後、裁判所勤務を経て、昭和19年に東京帝国大学法学部助教授に就任した。昭和23年には、東京大学法学部教授に昇進し、民法学の研究と教育に尽力した。 昭和30年代には、民法学の分野で多くの業績を上げ、学会において大きな影響力を持つようになった。昭和43年には、東京大学法学部長に就任し、法学部の運営に当たった。昭和49年には、日本学士院会員に選出され、昭和52年には、文化功労者に選ばれた。 昭和57年、東京大学を定年退官し、名誉教授となった。その後も、民法学の研究と執筆を続け、平成8年に、93歳で亡くなった。 米谷隆三は、民法学の分野において多大な功績を上げた法学者であり、その学説は、現在でも民法学の研究において重要な位置を占めている。