守村抱儀

文学分野の人

鶯卿 – 江戸時代後期の俳人

鶯卿の生涯と背景 鶯卿は、江戸時代後期の俳人です。本名は大久保浩輔(ひろすけ)といい、1803年(享和3年)に江戸の町人家庭に生まれました。幼少の頃から俳諧を学び、1820年(文政3年)に18歳で俳諧師として名を連ねました。鶯卿の俳風は、師匠の其角(きかく)の影響を受け、芭蕉の写実的な俳風を尊重したものでした。また、鶯卿は漢学にも通じており、その知識を生かして俳句に独自の風情を吹き込みました。 鶯卿は、俳人として活躍する傍ら、幕府の役人としても仕えていました。1831年(天保2年)に大久保家の家督を継ぎ、1841年(天保12年)には寺社奉行に任命されました。寺社奉行は、寺社に関する行政を司る役職で、鶯卿は幕府の宗教政策を担う重要な立場に就きました。鶯卿は、寺社奉行として辣腕を振るい、寺社の改革に尽力しました。 鶯卿は、俳人として、寺社奉行として、幕末の動乱期に活躍した人物でした。鶯卿の俳句は、写実的でありながらも独自の風情があり、現在でも多くの俳句ファンに愛されています。また、鶯卿は寺社奉行として、寺社の改革に尽力し、幕府の宗教政策を支えました。鶯卿は、江戸時代後期の俳壇と政界に大きな足跡を残した人物です。
文学分野の人

「抱儀」

- 守村抱儀(もりむら-ほうぎ)とは 守村抱儀は、江戸時代中期に活動した儒学者、医学者、蘭学者、本草学者、俳人、狂歌師、浮世絵師、戯作者、風俗評論家、教育者である。諱は宗一、字は子寿。通称は守村清太郎。号は抱儀、秋 étude(あきがく)など。別号に略称として「抱」と称した。 守村抱儀は、1708年(宝永5年)に江戸の日本橋に生まれた。父は勘定奉行の守村宗昌。母は尾張藩士・遠山氏の娘。幼い頃から学問に優れ、11歳のときに儒学者の荻生徂徠に入門した。徂徠の没後は、その門人の太宰春台に師事した。また、医学を貝原益軒、本草学を貝原益軒に学び、蘭学を吉雄幸助に学んだ。 1739年(元文4年)、24歳のとき、幕府の儒官となり、のちに大学頭まで昇った。1745年(延享2年)には、日本の百科全書である『和漢三才図会』の編纂を命じられ、1749年(寛延2年)に完成させた。『和漢三才図会』は、動植物、鉱物、天文学、地理、歴史、文化など、あらゆる分野の情報を網羅したもので、当時の日本人の知識欲を大いに刺激した。 守村抱儀は、儒学者としてだけでなく、医学者、蘭学者、本草学者、俳人、狂歌師、浮世絵師、戯作者、風俗評論家、教育者としても活躍した。特に、浮世絵師としては、「守村抱儀の浮世絵」として知られる作品群を制作し、その独創的な画風で人気を博した。 守村抱儀は、1763年(宝暦13年)に56歳で亡くなった。 守村抱儀は、江戸時代中期に活躍した博学多才な人物でした。その功績は大きく、日本文化の発展に大きな貢献をしたと言えます。